転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1434191889/

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:38:09.423 ID:8S4giZ9r0.net

今まで積み上げてきたものの上に

また何かを積み上げて

延々繰り返すその作業の中

あかりは最早積み上げる行為

そのものが目的になっていて

積み上げたものの中身など

興味を失いかけていた

ちなみに積んでいるのは岩だった

ちなみに積んでいる場所は水星だった

とっても常夏



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:44:51.843 ID:8S4giZ9r0.net

平均気温約180度

赤座あかりちゃんは石を積む作業を繰り返しては

その灼熱の大地に汗を流して

休憩の為に

コンビニで買ってきたアイスを食べて

また岩を積んで行く

一人孤独におこなう作業であった



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:47:12.144 ID:8S4giZ9r0.net

赤座あかりちゃんはその行為の中に

何かを欲しているわけではなかった

最初は岩を積む喜びはあった

だけどそのうちその感情も失い

今はただ

岩を積む事しかできないという

己の不自由さに目を瞑る為に

岩を積んでいるに

過ぎなかった

作業というよりも

それは至って主観的な見方をすると

それは逃避でしなかった



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:50:56.597 ID:8S4giZ9r0.net

時折水星人が

孤独な作業を繰り返す赤座あかりちゃんを笑いにくることがあった

あんなところで何してるんだ

馬鹿な奴だぜHAHAHAHA

そんな水星人に初めは赤座あかりちゃんも

んもーっ@(`3´)@と抗議の声をあげていたけど

今は何も気にすることもなく

ただ眼前の作業に

没頭するのみだった

聖書しか信じない者に進化論が耳に入らない様に

それは至って神聖な自分のみが行い得る作業だと

赤座あかりちゃんは信じて疑わなかったからだ




8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:57:05.834 ID:8S4giZ9r0.net

度を越した水星人が赤座あかりちゃんの作業を 

時折妨害することがあった 

そんなときだけあかりちゃんはお団子をむしりとり 

水星人に投げつけた 

ウラニウムの「強い力」が解放され 

E=MC^2を 

正しく解放しようとするお団子の動きは 

瞬時に巨大なエネルギーを爆発的に拡散させ 

光的な速度で伝わる膨大な熱が水星人を蒸発させ 

遅れて伝わった衝撃波で水星人を大気へ返した 

赤座あかりちゃんはその後に 

心穏やかに作業に戻ることが出来た



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 19:58:44.882 ID:8S4giZ9r0.net

作業のみが 

あかりちゃんを肯定した 

作業のみが 

あかりちゃんの存在価値だった 

水星にてあかりちゃんは岩を積み上げ積み上げ 

そうして何千万年かのち 

あかりちゃんは遂に積み上げた岩で 

大気圏を突破した



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:00:48.204 ID:8S4giZ9r0.net

あかりちゃんは遂に宇宙に進出した 

水星はとても太陽にちかくそして 

とても小さいという事が 

あかりちゃんはわかった 

反対に目を向けると 

金色に光る金星や 

青色を薄気味悪く侵食されてる地球があった 

カビみたいだとあかりちゃんはおもった



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:10:32.870 ID:8S4giZ9r0.net

近日点移動というものがある 

惑星の公転は正円ではなく 

中心重力から楕円軌道を描くのが一般的であり 

その中で太陽に再接近する地点を近日点という 

しかしこの近日点もまた他の天体の比較的弱い重力の摂動により 

軌道を僅かながらも乱されその位置を移動させてしまう 

これを近日点移動という



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:13:12.859 ID:8S4giZ9r0.net

ほとんどの近日点移動は 

古典物理学による計算で証明されてきたが 

水星の近日点移動についてのみ 

100年につき数十秒の誤差が生じる事が 

物理学者の頭を悩ませてきた 

観測されていない未知の天体が水星軌道よりも内側に存在することを提唱する 

学者もかつて存在したが 

その疑問はある科学者の登場によって解決される事となる



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:16:44.145 ID:8S4giZ9r0.net

アインシュタインが示した 

一般相対性理論による 

「重力による時空の歪み」が 

水星の近日点移動観測値43秒を 

計算式により補完したのである 

それは太陽系の99%の質量を持つ太陽の最も内側も公転する 

水星の特性と言ってよかった



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:18:52.436 ID:8S4giZ9r0.net

あかりちゃんはその時空の歪みの中 

数千万年存在していて 

あかりちゃんが地球に到達したときには 

地球では娯楽部のみんなは高校にあがっていた 

@(`3´)@んもぅーあかり置いてけぼりだよぉ!



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:21:08.308 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「あかりだけ中学からやりなおしなんて」 

あかり「あかり嫌だよぉ」 

あかり「でも中学をしっかり卒業しないと」 

あかり「京子ちゃんたちがいる高校に」 

あかり「あかりはずっとあがれないもんね」 

あかり「あかり中学でまたがんばるよぉ!」 

ちなみにあかりちゃんが高校に上がる頃には京子ちゃんたちは卒業する 

かなしい



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:24:21.622 ID:8S4giZ9r0.net

あかりちゃんと同じくまだ高校に上がっていない馬鹿がいた 

櫻子「あかりちゃん!」 

あかり「さ、櫻子ちゃん!」 

櫻子「どうしたのあかりちゃんまだ中学に残ってて!」 

あかり「あかり重力の歪みにいたからまだ卒業してないんだよぉ!」 

櫻子「わたしは馬鹿だからだよ!」 

あかり「わぁい!櫻子ちゃんならやらかしてくれると信じてたよぉ!」 

櫻子「これで一緒の中学一年生だね!」 

あかり「うん!」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:26:32.111 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「また一緒に登校して」 

あかり「防波堤の上を歩いて」 

あかり「木漏れ日の中いねむりするんだねぇ」 

櫻子「それはとても素敵だね」 

あかり「うん、とっても素敵だよ」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:28:24.043 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「じゃあ今日は一緒にホテルに泊まろうか」 

あかり「どうしてなの?」 

櫻子「それはとても素敵な事が起こるからだよ」 

あかり「わぁ、なんだかわからないけど」 

あかり「なんだか楽しそうだなぁ」 

櫻子「うん、それじゃあ放課後にいっしょにいこう」 

あかり「わぁい!ホテル!あかりホテルだぁいすき!」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:30:24.088 ID:8S4giZ9r0.net

ホテル 

あかり「これから何が起こるのぉ」 

櫻子「うん、まずは綺麗に体を洗わなくちゃいけないんだ」 

あかり「お風呂?」 

櫻子「そうだよあかりちゃん」 

あかり「そっかぁじゃあ一緒に入ろう、櫻子ちゃん」 

櫻子「先に浴びてきていいよ、あかりちゃん」 

櫻子「あがったらベッドで待ってるんだよ」 

あかり「う、うん・・・だよぉ・・・」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:34:33.149 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「うぅーこれから何が始まるのかなぁ」 

あかり「お菓子パーティーかなぁ」 

あかり「それともブルーレイ(一迅社 コミック百合姫連載「ゆるゆり」 劇場版OVA ゆるゆりなちゅやちゅみ!【絶賛発売中】)一緒にみるのかなぁ」 

あかり「うぅ・・・なんだか緊張してきたよぉ」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:36:24.142 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「ちゃんとベッドで待ってたんだね、あかりちゃん」 

あかり「当然だよぉ」 

櫻子「良い子だねあかりちゃん」 

あかり「えへへぇ」 

櫻子「綺麗な髪で綺麗な肌だよ、あかりちゃん」 

あかり「さ、櫻子ちゃん、くすぐったいよぉ」 

櫻子「あのね、あかりちゃん、今日私があかりちゃんをよんだのは」 

あかり「・・・・・・う、うん・・・」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:38:24.782 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「貧乏すぎて団地を追い出されてのち」 

櫻子「衛星ガニメデに資源堀りにいかされた」 

櫻子「向日葵を一緒に救い出してほしいんだ」 

あかり「・・・・・・うん、・・・・・・え?」 

櫻子「強制労働につれていかれた向日葵を」 

櫻子「とりもろす!」 

あかり「・・・・・・・・・え?」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:39:42.328 ID:XP71PTLaK.net

噛んだ!?肝心の台詞を噛んだ!



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:44:01.413 ID:8S4giZ9r0.net

管制室 
――シークエンス・・・スタート・・・180からカウントします 

あかり「ひええええええええええ」 

櫻子「最初の衝撃波から続けざまGがかかるから呼吸をとめない様に注意するんだ」 

あかり「あかり無理だよおおおおおおおお」 

櫻子「大丈夫600秒後にはもう宇宙だから」 

管制室 
3・・・2・・・1・・・・・・発射・・・! 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ 

あかり「あばばばばばばば」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:49:48.037 ID:8S4giZ9r0.net

1969年 

太陽系の地球外天体に人類は初めて足を付けた 

月 

その後長らく宇宙開発は停滞の時代を過ごし 

火星で火星人と遭遇して後ワームホール理論を強奪した人類は 

火星人を皆殺しにしたあと太陽圏内であれば 

その複雑な計算式を制御して宇宙船を往還させることが 

可能になっていた 

櫻子「ガニメデに直行だよ、あかりちゃん」 

あかり「」 

櫻子「気絶してお団子が無重力に漂っている・・・」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 20:56:23.026 ID:8S4giZ9r0.net

ガニメデ 

向日葵「うぅ・・・来る日も来る日も」 

向日葵「ツルハシ片手に資源堀ですわ」 

向日葵「ごんぶとお下げも」 

向日葵「元気をなくして細身になりましたわ」 

向日葵「だいたい赤座さんのお団子が縮んで」 

向日葵「国際問題になるのもわかりますが」 

向日葵「私のお下げが短小ちんこ並みの細さになった問題も」 

向日葵「もっと議題として上るべきですわ」



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:01:05.278 ID:8S4giZ9r0.net

何が為に人は働くのか 

あかりちゃんは考える 

何故人は 

生きる為に働く 

素晴らしい人生を哲学することに費やした古代ギリシャの 

市民権を得た奴隷をもつ哲人たち 

彼らもまた特権を有しながらも 

我らが何故神の御心の中にいて日々の生活に苦心し感情に悩み 

美しいものや正義を求めるのか 

そういった根源を追及する学者としての生を全うしていた 

人は 

生物は 

動くことまたは考えること 

そのものが生だった 

では働くこととは――



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:07:50.758 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「あかりがピザを食べたいとする」 

櫻子「うん」 

あかり「あかりには1500円が必要なの」 

櫻子「そうだね」 

あかり「だからあかりは1500円を得なければならない」 

櫻子「明白だね」 

あかり「それが働く事?」 

櫻子「違うよ」 

あかり「そうなの・・・櫻子ちゃん?」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:08:02.994 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「じゃあ何故あかりちゃんは」 

櫻子「ピザを食べたいの?」 

あかり「それはあかりがピザが好きだからだよ」 

櫻子「あかりちゃんはピザが食べるのが好きだから働くんだよ」 

あかり「どういうことなの?」 

櫻子「好きな事をするのが人生なんだよ」 

櫻子「食べるため・・・つまり生きる為に働いてるんじゃないんだ」 

櫻子「好きな事をするために働いているんだよ」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:10:36.498 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「でもあかりが欲しいものはお金で買えない」 

あかり「あの日娯楽部で過ごした時間も」 

あかり「お金では取り戻せないよ」 

あかり「今置いてけぼりにされたあかりは」 

あかり「お金でみんなに追いつくこと何て」 

あかり「できないんだよぉ」 

あかり「あかりは至って不幸なのかな」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:13:31.871 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「あかりちゃんが時空の狭間でいた事はね」 

櫻子「それ自体があかりちゃんの人生だから」 

櫻子「しかたない事なんだよ」 

櫻子「みんなに置いてけぼりにされるのも」 

櫻子「時間がお金で戻らない事も」 

櫻子「仕方のない事なんだよ」 

櫻子「だからほらお金ってちっぽけで」 

櫻子「そうして私たちは人生や感情に悩んで 

櫻子「仕事、それはそれらを補完する手段でしかないから」 

櫻子「だから強制労働の向日葵を救いに行くんだ」 

櫻子「私は誰にも向日葵の人生を邪魔させない」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:21:22.115 ID:8S4giZ9r0.net

ガニメデ 

向日葵「あら往来船ですわ」 

向日葵「この時期に珍しいですわ」 

向日葵「新たな奴隷の補給でしょうか」 

向日葵「今度のは前のより頑丈だといいですわ」 

あかり「着陸したよぉ」 

櫻子「無事到着だね」 

向日葵「櫻子!!!」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:23:25.656 ID:8S4giZ9r0.net

向日葵「あなたも父親が事業に失敗してアル中になった末借金でガニメデに?」 

櫻子「んなわけあるか」 

あかり「あかりだよぉ」 

向日葵「まぁ!赤座さんまでどうして」 

あかり「櫻子ちゃんが馬鹿であかりが時空の歪みにいたから」 

あかり「一緒に留年した仲なんだよぉ」 

向日葵「あらそれは大変でしたわね」 

あかり「大変だよぉ」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:29:22.655 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「逃げよう、向日葵!」 

櫻子「こんな強制労働、向日葵の人生が滅茶苦茶になっちゃうよ!」 

向日葵「でも私労働が」 

櫻子「このバカチンがあああああああああああああ!!!」 

バシーーーン!! 

向日葵「うおっ!イッテっ!」 

あかり「ひえっ」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:31:34.326 ID:8S4giZ9r0.net

櫻子「頭のいい向日葵なら解るだろ!」 

櫻子「こんなこと間違ってるんだ!」 

櫻子「向日葵は一人の人なんだ!」 

櫻子「機械のようなモノみたいに扱われて仕事させられるなんてこと」 

櫻子「あっちゃダメなんだ」 

櫻子「本当の向日葵は私の中にいる向日葵だから・・・!」 

向日葵「櫻子・・・!」



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:34:19.854 ID:8S4giZ9r0.net

幼い日の続きのように 

二人は手を繋ぐ 

あの日夕暮れの中一緒に帰った 

幼い温かみを思い出すように 

二人は繋いだ手の中でお互いに存在を感じ取る 

あの日の続きのように 

二人は歩き出す 

二人には帰る場所があったから



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:37:18.407 ID:8S4giZ9r0.net

二人乗りのロケット 

櫻子と向日葵は祭壇に祀られる神聖な 

儀式のように座席に乗りこみ 

手を繋いだまま地球への往還へと着く 

あの日の続きはまだここにある 

夕暮れも公園の砂場も 

泣いたあの日も 

全て二人の中で繋がっていて 

それは今も続いている



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:40:20.597 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「取り残されたよぉ」 

あかり「くっそ死ね」 

京子「あれ?あれあかりじゃない」 

結衣「マジだあかりだ」 

あかり「!!」 

あかり「結衣ちゃん!」 

あかり「京子ちゃん!!!」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:42:03.091 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「どうしてガニメデにいるのぉ」 

あかり「ハッ!もしかして結衣ちゃんや京子ちゃんも」 

あかり「借金でガニメデにきたのかな」 

あかり「あかり知らなかったよぉ」 

あかり「結衣ちゃんも京子ちゃんも苦労してたんだねぇ」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:43:44.274 ID:8S4giZ9r0.net

京子「違うぞ」 

結衣「違うな」 

あかり「え?じゃあどうしてガニメデに?」 

京子「社会科見学でガニメデの奴隷を笑いにきてるんだぞ」 

結衣「借金のかたに売られた哀れな労働者にならないように勉強中だ」 

あかり「あ・・・そ・・・・・・」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:45:44.798 ID:8S4giZ9r0.net

京子「あかりがまさかガニメデの労働者だったなんて」 

結衣「驚きだな京子プププ・・・いやごめん!」 

あかり「ちがうよぉ」 

京子「じゃあこんなとこにいるはずないだろ!このガニメディアン!!」 

結衣「ププププププよしなよ京子」



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:48:30.007 ID:8S4giZ9r0.net

あかり「あかり往来船できたけど置いてけぼりにされて」 

あかり「帰る手段がないの」 

あかり「どうにかしてほしいよぉ」 

京子「・・・本当に労働者じゃないのか?」 

結衣「え?」 

あかり「そうだよぉあかりが地球に戻ろうと自由なの」 

京子「な・・・・・・・なぁんだ、それならそうと早く言ってくれよ!」 

あかり「言ったよぉ」 

結衣「ひ、ひさしぶりだな!あかり!親友に会えて私も嬉しいよ」 

京子「さぁさぁこっちにこいよ社会科見学の帰りの便に潜り込ませてやるからな、あかり」 

あかり「・・・・・・ありがとうだよぉ」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:51:45.014 ID:8S4giZ9r0.net

究極のところ 

自分しか信じるものがない 

他人を頼っちゃダメだ 

かつての親友も 

あかりを食い殺すものとして 

あかりを襲うかもしれない 

誰も何も信じてはいけない 

死なない事が重要だ 

誰にも自分を左右されない事が重要だった 

あかりちゃんはそろそろそれが解りかけていた 

何がお金 

何が親友 

何が神



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:54:12.340 ID:8S4giZ9r0.net

地球の戻ったあかりちゃんは 

酒とドラッグに溺れた 

ニューヨークに居住した 

そこなら銃も薬も良く手に入った 

アルコホリックはとても多かった 

みな人生の仕事という部分を諦めていた 

それよりも悲惨なのは路地裏に倒れるジャンキー達だった 

彼らに金を与えると薬を買う資金にしてしまう 

与えない事が彼らを助ける事だった 

通常の倫理ではなかった



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:55:56.848 ID:8S4giZ9r0.net

あかりちゃんは濁った眼で 

青空を見つめた 

ストリートの壁面に背を預けて座り 

何か確からしい思考を探すも 

朧な意識は宙を掴むばかりだった 

お団子は徐々に垂れ下がった



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:59:45.297 ID:8S4giZ9r0.net

時空は歪むが 

時は不可逆に進む 

あかりちゃんはあかりちゃんである 

それがあかりちゃんの人生だからだ 

だけどお金や仕事や親友は 

あかりちゃんそのものではないから 

あかりちゃんは何物にも頼らなくて 

何物も信じなかった 

結局の頃理不尽とは他のものと自分との関係に発生するから 

だからあかりちゃんは全て捨ててしまっだけど 

得たのは精神的自由であることも自由だった



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 22:02:11.100 ID:8S4giZ9r0.net

宇宙は広かった 

何物の恣意も存在しない空間が広大に広がっていた 

三つの次元と一つの時間軸しかなく 

ただ一つの分子も見当たらない場所は 

いくらでもあった 

精神はそこに在るべきで 

あかり達は地球という枠組みでは小さすぎる 

複雑な構造のシナプスの反応を得てしまっていた 

あかりたちは何故にこうしてここにいるのか



57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 22:04:32.248 ID:8S4giZ9r0.net

解らないから 

あかりちゃんは踊った 

踊ることがあかりちゃんの精神を安定させた 

相方のいないワルツだった 

一人 

誰かの手を取るような動作をとって 

あかりちゃんは目を閉じて踊った 

いつも踊った 

毎日毎日おどった 

ニューヨークはだれもあかりちゃんの踊りを咎めなかった



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 22:06:42.756 ID:8S4giZ9r0.net

「ここにいたんだね、あかりちゃん」 

あかりちゃんは閉じていた目を開ける 

あかり「ちなつちゃん・・・」 

ちなつ「言いたいことや聞きたいことが一杯あるのよ」 

あかり「えへへぇあかり一人でここにきたのに見つかっちゃったよぉ」 

ちなつ「その前にあかりちゃんのワルツ」 

ちなつ「私に相手させなさいよ」 

あかり「・・・・・・・・・!」 

あかり「えへへぇいいよぉ」 

ちなつ「まったく、あかりちゃんの踊る相手は」 

――ワルツの相手は私しかいなんだから 


おわり



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 22:08:55.135 ID:RQ7nb/zm0.net

おもしろかった



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 22:10:53.335 ID:hGA1E1pH0.net







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
ゆるゆりで世界の名作童話 
あかり「あかりは経験人数100人越えてるよぉ」 
理樹「朝起きたら腕に『誰も信用するな』と書かれてあった」 
ゆるゆりで意味がわかると怖い話 
理樹「真人が……留年…!?」