転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1419979259/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/31(水) 07:40:59 ID:wteG.0ec

シンジ「え?」

ゲンドウ「帰れ」

シンジ「いや、呼んだのそっちですよね…?」

ミサト「帰りなさい、シンジ君」

シンジ「」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/31(水) 12:12:43 ID:4exnzrEQ


レイ「帰って、碇君」

シンジ「!?」

リツコ「帰るのよ、シンジ君」

シンジ「え…いや、だr」

冬月「帰りたまえ、シンジ君」

マヤ「帰って、シンジ君」

日向「帰るんだ!シンジ君!!」

シンジ「なにこの四面楚歌!!?」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/31(水) 17:17:52 ID:Iy4rxcVs

泣けばいいよ




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 18:20:35 ID:wPk1tLUQ

シンジ「なんでだよ父さん! せっかく来たのに……こんなのないよ!!」

ゲンドウ「……ではお前は戦えるのか? あの使徒と」

シンジ「え……?」

ゲンドウ「今、エヴァに乗れるのはお前しかいない。しかし私は自分の可愛い息子をそんな危険な目に遭わせたくはない……」

シンジ「と、うさん……?」

ゲンドウ「どちらにせよこのまま使徒が攻めてくれば人類は滅ぼされ、皆死ぬことになる。
     だったら腹を括って仲間同士一緒に死のうと父さんは職員の皆と決めたんだよ」

シンジ「そんな……」

ゲンドウ「でもどうしてもその前にシンジ、お前の顔が見たくてな。
     ……うん。最期に可愛い最愛の息子の姿を見られてよかった」ニッコリ

シンジ「父さん……いやだよ、父さん……!! だったらなんで最初からエヴァなんて造ったんだよ!!」

ゲンドウ「シンジ……使徒は真っ先にここへと攻めてくる。
     だから……せめてお前だけは今すぐこの場所からなるべく離れたところへ逃げるんだ」

シンジ「だったら最初から逃がせよ!! わざわざ危険なところへ呼び出しといて、なに覚悟を決め満足に死にゆくダンディーな男の生き様みたいな顔してんだよ!?」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 18:36:30 ID:wPk1tLUQ

ミサト「シンジ君……!!」

シンジ「えっ?」ビクッ

ミサト「逃げなきゃ駄目よ。ここから、何よりお父さんの側から……!」

シンジ「だからそれなら最初から連れてくんなって話だよ!! 連れてきたのあんただろうが!!!」

ミサト「ふふ、あれは私があなたくらいの歳の頃だったわ……。私もね、昔は父親が苦手で憎んですらいた……。でもあの時父が私に」

シンジ「やめてよ! いきなりそんな死亡フラグ満載な過去回想始めないでよ!! お前の自分語りとか心底どうでもいいよ!!!」

リツコ「………ふぅ」カチッ スパー

リツコ「シンジ君。人にはね、時に自らの運命を受け入れなければならない時がある。
    でも……それを乗り越えることで人間は強く成長してゆくのよ」フー…

シンジ「お前もすべてを悟って諦観した皮肉混じりの微笑みを浮かべながら遠い目して黄昏つつ煙草をふかすいい女みたいな雰囲気出してんじゃねーよ!!!!
    そもそもここで死んだら成長する前に何もかも終わりなんだっつーの!!!」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:38:08 ID:wPk1tLUQ

レイ「碇君」

シンジ「……なんだよ」

レイ「私のこと好き?」

シンジ「えっ……?」ドキッ

レイ「私とひとつになりたい?」

シンジ「……」

レイ「心も身体もひとつになりたい?」

シンジ「……」

レイ「それはとてもとても気持ちのいいことなのよ」

シンジ「…………」ドキドキ



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:39:17 ID:wPk1tLUQ

レイ「あなたの望むものは何? あなたは何を願うの?」

シンジ「………………」ドキドキドキドキドキ

レイ「私は」




ゲンドウ「あ、今から最後の晩餐に出前頼むけどみんな何がいい~?」ガチャッ

レイ「にんにくラーメンチャーシュー抜きをお願いします」

シンジ「なんなんだよもう!!!!!!」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:52:00 ID:wPk1tLUQ

日向「…………みんな、ちょっと待って下さい!!」

シンジ「!」

日向「やっぱり駄目です……このまま黙っていようかと思っていましたが、俺にはもう我慢出来ません……!!」

シンジ「……よかった。中にはまともな人もいた…!」

日向「俺……俺……!」










日向「葛城さん!! あなたのことがずっと前から好きでした!!!!」

シンジ「………………」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:53:28 ID:wPk1tLUQ

ミサト「えええええ~~~~~っっっ!!??///」

青葉「おお!?」

マヤ「きゃーっ!!///」

リツコ「まあ。大胆なプロポーズするわね、日向君ったら」フフフ

レイ「ぽかぽかする」

冬月「若いな」

ゲンドウ「ああ…」

シンジ「なんかもう今すぐみんな死ねばいいのに。いやどうせこのまま放っといても死ぬけどさ」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 20:07:09 ID:wPk1tLUQ

ミサト「あの、日向君ごめんなさい。あなたの気持ちは嬉しいんだけど、私その……」モジモジ

日向「いいんです、葛城さんの気持ちは分かってますから。ただ死にゆく前にどうしてもこれだけはあなたに伝えておきたかった……」キリッ

ミサト「日向君……」

リツコ「ふふ、感動的ね」

マヤ「日向さん……っ」グスグス

青葉「ひゅーう! 男見せたな日向!」ポン

冬月「まったく、年寄りを泣かせおって…」グスッ

ゲンドウ「……冬月先生」ポン

レイ「早くにんにくラーメン食べたい」

シンジ「……お前は飽きてんじゃねえよ!」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 20:23:49 ID:wPk1tLUQ

マヤ「あの……っ!」

ミサト「ん? どうしたのマヤちゃん」

マヤ「あの、その……わ、私もっ! 今告白したい人がいますっ!!」

青葉「うおおおおおっ!?」

ミサト「おーっと、ここでまさかの場外乱入とはこれは番狂わせねー!」

日向「そうか、頑張れマヤちゃん! 俺も応援してるぞ!!」

青葉「さあ、日向に倣って君も勇気を出して告白するんだ!!」

マヤ「みんな………ありがとうございます!! あのっ、私! その……赤木リツコ先輩、私先輩のことが好きです!!」バッ

リツコ「えっ、わ、私!?」

青葉「おおーっ!? まさかの百合キター!?」

冬月「キマシだな」

ゲンドウ「ああ…」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 20:31:31 ID:wPk1tLUQ

マヤ「先輩……私、先輩と出会ったばかりの頃から知的で大人で素敵な先輩のことずっと見てました!! あなたのことが本当に好きなんです!!」

リツコ「マヤ……」

ミサト「……」ゴクリ

青葉「……」ゴクリ

日向「……」ゴクリ

冬月「……」ゴクリ

ゲンドウ「……」ゴクリ






レイ「……スープ美味しい」ゴクリ

シンジ「……だからお前は勝手にひとりでにんにくラーメン食ってんじゃねーよ!」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 20:56:10 ID:wPk1tLUQ

リツコ「……そう。あなたの気持ちは分かったわマヤ。そうね、後輩のあなたがここまでの勇気を出したのなら先輩である私も今この場で告白しなければならないわね」

ミサト「え?」

リツコ「……ごめんなさいマヤ。碇司令、私はあなたのことをお慕いしておりますわ」

ゲンドウ「!?」

シンジ「!?」

マヤ「!?」

ミサト「!?」

日向「ま、まさかのここへ来ての三角関係……だと……!?」

青葉「どうなるんだこれぇ!?」

リツコ「司令。私と過ごしたあの熱い夜……忘れたとは言わせませんことよ……?」

ゲンドウ「………………」ダラダラダラダラ

冬月「……碇」

マヤ「……不潔…」ボソッ



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:12:19 ID:wPk1tLUQ

シンジ「………なんでだよ!! ただでさえアレな事態なのにこの上なんで知りたくもない親父のクソ気持ち悪い部分を知らなきゃならないんだ!! うわああああああああ!!!!!!」

レイ「碇君、落ち着いて。ほらあなたも食べる?」フーフー

シンジ「お願いだから君はもう黙っててよ! 誰か僕を助けて! 僕に優しくしてよ!
    誰かまともな人が僕に話しかけて! 真っ当な人が僕を構ってよ!! もうこいつら全員嫌だよ!!!!」

ゲンドウ「……リ、リツコ君。私は…」オロオロ

冬月「修羅場だな」

マヤ「先輩! こんなボソボソ喋る気持ち悪いオッサンなんかより私の方がずっと先輩のこと愛してますよ! 先輩!!」ガシッ

リツコ「マヤ、分かってちょうだい。私にはこの人しかいないの…!」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:14:18 ID:wPk1tLUQ

ミサト「リツコ、正気なの!? 目を覚ましなさい!」

リツコ「ほっといて! あなたこそいつまで経っても加持君に対して素直になれないくせに…!」

ミサト「なっ!?/// そ、そんなこと今は関係ないでしょ!? ていうかそもそも私はあんな奴なんて……っ」

日向「葛城さん、素直になりましょうよ。いつまでも意地を張っていても自分が辛いだけですよ」ポン

ミサト「日向君……」

青葉「ふふんふんふふーん、ジャーン♪」

レイ「ラーメン美味しい」ズルズル






シンジ「……………………」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:03:58 ID:wPk1tLUQ

 ッドガァァァアアアアン!!!

シンジ「ッ!?」ドテッ

ゲンドウ「! ……奴め、ついにここに気付いたか」

 ズシーン! ズシーン!

シンジ「とうとう使徒が…!!」

 グラグラグラ…

ミサト「あっ、シンジ君危ない!」

シンジ「えっ?」

 ガシャーーーーンッ!!!

シンジ「うわあああああっっ!?」バッ


 シーーン…

シンジ「………?」チラッ

初号機「………………」ガッシリ

シンジ(! エヴァが……)



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:17:15 ID:wPk1tLUQ

マヤ「なっ、エヴァが動いた!?」

リツコ「まさか、有り得ないわ! エントリープラグも挿入していないのよ、動くはずないわ!」

ミサト「……インターフェースも無しに反応している。というより…守ったの…? 彼を」

シンジ「…………」

初号機「…………」ジッ

シンジ「……もしかして君は僕の味方なの?」

初号機「……」コクリ

シンジ「!!」

シンジ「……そっか……そっか!!」パァッ

ゲンドウ「……シンジ!?」

シンジ「ありがとう……そうだ、僕には君がいる! 僕はひとりじゃない! 僕はここにいていいんだ!!」バッ

ゲンドウ「シンジ、やめろ!! それに乗ってはいけない!! 今すぐ帰れ!!」



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:23:58 ID:wPk1tLUQ

ミサト「そうよ、帰りなさいシンジ君!」

レイ「帰って、碇君」ズルズルズル

リツコ「帰るのよ、シンジ君」

冬月「帰りたまえ、シンジ君」
マヤ「帰って、シンジ君」

日向「帰るんだ! シンジ君!!」

青葉「ああ、帰れ、シンジ君!」

シンジ「あはは、やだなあ皆揃って。そう何度も言われなくたって僕はすぐに帰りますよ」

ゲンドウ「……そうか」

シンジ「うん」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:24:34 ID:wPk1tLUQ



シンジ「そこのクソヒゲを殲滅したらすぐに……ね?」ニッコリ

ゲンドウ「えっ…」


 ――終劇







他のおすすめSS