転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416067196/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 00:59:56 ID:v19CtGHA

~とある日のごらく部~


ちなつ「こんにちわ~」

あかり「こんにちはだよぉ」


ガタン

結衣「ど、どういうこと・・・?」

京子「・・・・」


あかり「ど、どうしたの・・・?」

ちなつ「せ、先輩方?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:04:08 ID:v19CtGHA

結衣「京子!」

京子「・・・・」

結衣「何か言ってよ!!」

京子「・・・ごめん・・・」

あかり「へ?、ど、どうしたの」

ちなつ「どうしたんですか?」

結衣「ごめん、二人とも、ちょっと待って」

京子「ほんとごめん・・・」グスッ



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:07:10 ID:v19CtGHA

結衣「京子、ごめんだけじゃ分からないよ!!」

京子「・・・」

結衣「ちゃんと・・・ちゃんと説明してよ!!」

あかり「あ、あの」アセアセ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:17:02 ID:v19CtGHA

京子「バレちゃったんだ・・・」

結衣「え?」

京子「部室の無断使用」

あかり「ど、どういうこと?」

京子「生徒会も西垣ちゃんも色々誤魔化してくれてたけど、とうとうバレちゃったんだ」

結衣「え、てことは・・・」

京子「そう。部室はもう返さないといけないんだって」

結衣「そんな・・・」

あかり「え? ご、ごらく部無くなっちゃうの??」

ちなつ「そんな! 嘘ですよね!? 京子先輩!!」

京子「嘘なら良かったのにね」グスッ

あかり「な、なんで・・・」

京子「綾乃たちも精一杯誤魔化してたんだけど・・・ 最近何処かの部活が苦情を入れたらしくてね・・・」

結衣「それが先生の耳に渡ったのか」

京子「そういうこと・・・」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:21:39 ID:v19CtGHA

あかり「ど、どうするの・・・?

京子「わかんない どうしたらいいんだろ」

ちなつ「京子先輩・・・」

結衣「誰にバレたの・・・?」

京子「英語の百合先生」

結衣「あの先生か・・・」

あかり「確かにあの先生厳しいもんね」

ちなつ「一年生でも有名だよね」

京子「確かに、あの美人なのに冷徹な先生は有名だね」

結衣「ど、どうすれば・・・」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:26:55 ID:v19CtGHA

京子「ま、でも何とかしよう」

あかり「う、うん」

ちなつ「は、はい・・・」

京子「そ、そう落ち込むなよ・・ 何とかするから」

あかり「でもあかりたちここに戻ってこれないかもしれないんだよ・・・」

京子「だ、大丈夫だって! 違う場所見つけれるって」

あかり「で、でも・・・」

結衣「そんなのいやだ!!」

京子「!?」

ちなつ「!?」



あかり「!?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:32:32 ID:v19CtGHA

結衣「ここは・・・この部室は私達の・・・私達の思い出が沢山詰まってるんだ!!!」

京子「結衣・・・」

結衣「京子との二年間やあかりやちなつちゃんが入ってきてからの一年間 生徒会のみんなとも色々してきた」

あかり「結衣ちゃん」

結衣「そんな、そんな大切な場所を簡単には渡せない!!」
ちなつ「結衣先輩・・・」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:38:48 ID:v19CtGHA

京子「ま、まぁでも、まだ時間はちょっとあるし・・綾乃たちにも相談してみようよ」

あかり「う、うん」

京子「大丈夫だよ! 結衣もいった通りこの部室はごらく部とか生徒会の過ごしてきた大切な部室だ!
   意地でも守ってやる!!」

結衣「・・・・・」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:44:09 ID:v19CtGHA

~その日の放課後~

京子「帰ろっか」

あかり「う、うん」

ちなつ「そ、そうですね・・・」

結衣「・・・」

結衣(結局今日は、ほとんど喋らなかった)

京子「明日、綾乃にも相談してみるし、大丈夫だよ」

あかり「そうだね、信じるよぉ」

ちなつ「京子先輩お願いしますね!私達も向日葵ちゃんたちに相談してみますから!」

京子「まかせろ!!な!結衣」

結衣「・・・・へ?、あ、あぁそうだな」

京子「もう、ボウっとしてんなよ!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:49:48 ID:v19CtGHA

京子「よし、じゃあ帰るか・・・」

結衣「あ!」

京子「ん?どうしたの結衣?」

結衣「き、教室に忘れ物しちゃった・・」

あかり「じゃあ、校門で待ってるよぉ」

結衣「いや、いいんだ 皆は先に帰ってて・・・」

ちなつ「え、でも・・・」

結衣「いいから、今日はちょっと一人で帰りたい気分だし」

京子「・・・・分かった・・・」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 01:56:00 ID:v19CtGHA

~廊下~

タッタッタッ

結衣「ふぅ」

結衣(何回目の深呼吸だろ)

結衣(緊張してるのかな)

結衣「よしっ」

ガラララ

結衣「失礼します」

「あら、あなた二年生の船見さん・・」

結衣「やっぱり教室にいましたか・・・百合先生」

百合「ええ、それが?」

結衣「先生は、私が何故ここに来たのか分かってますよね?」

百合「英語の質問ではなさそうね・・・」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 02:02:09 ID:v19CtGHA

結衣「ごらく部・・・先生がなくそうとしてるんですよね」

百合「ごらく部?」

結衣「部室の無断使用のことです」

百合「あぁ、その事ね」

結衣「先生・・・・」

百合「もしかしてあの部室を返して欲しいの?」

結衣「・・・」コク

百合「そう言われても、これはあなたたちの校則違反だからねぇ」

結衣「そこを何とか!!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 15:58:15 ID:v19CtGHA

結衣「お願いします!!!」ドゲザ

百合「あ、あらあらちょっと待ってよ」

結衣「私の、私達の大切なごらく部を壊さないで下さい!!」

百合「・・・・・」

結衣「お願い・・します・・・お願い・・・」グスッ

百合「船見さん・・・」

結衣「なんでも・・・しますから・・・・」

百合「え?何でも・・・」

結衣「はい、何でもします だから、お願いですから、ごらく部を・・・!」

百合「へぇ、なんでもねぇ・・・」ニヤ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 16:03:12 ID:v19CtGHA

百合「ねぇ、あなたホントに何でもするの・・・?」

結衣「え・・?はい・・何でもします」

百合「その言葉に偽りは無いのね?」

結衣「はい・・・!」

百合「いいわ・・・考えてあげる・・・」

結衣「え?」

百合「私の言う通りにすれば、考えてあげるわ」

結衣「本当ですか!!!」パア

百合「ええ」ニヤ

結衣「分かりました!私なんでもします」

百合「いい心がけよ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 16:07:00 ID:v19CtGHA

百合「じゃあ、まずは立って」

結衣「はい」スタッ

百合「ん~そうね・・・次はその上着を脱いで貰おうかしら」

結衣「え・・・?」

百合「なにをしてるの?早く脱いで」

結衣「は、はい・・・」

百合「次は・・・靴も脱ごうかしら~」

結衣「あ、あの・・・先生・・」

百合「何かしら」

結衣「なにをしようとしてるんですか・・・?」

百合「いずれわかるは」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 16:12:28 ID:v19CtGHA

百合「無理やりってのもなかなか粋よね・・・」

結衣「あの・・・」

百合「じゃあ、船見さん・・・そのまま立ってて」

結衣「は、はい」

ガシ

結衣「キャッ」

百合「ふふ、可愛い声」

結衣「な、なにを・・!」

百合「大人しくしなさい」

結衣「や、やめて・・ん!」

百合「」チュー

結衣「やめて!!」バッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 16:19:27 ID:v19CtGHA

百合「船見さん、あなた何でもするんでしょう」

結衣「で、でもこんなの可笑しいですよ!こんなのレイプじゃないですか!」

百合「じゃあ、あなたはごらく部が無くなってもいいの?」

結衣「っ!」

百合「なんなら、歳納さんにでもしようかしら」

結衣「え?」

百合「あの子、あんな性格だけど、なかなか押しに弱いところあるしね ちょっと脅せば直ぐにできるわよ」

結衣「あ、あんた・・」

百合「あの赤座さんっていう一年生も良いかもしれないわね なんにも知らない純情な子を汚すってのも好みだわ」

結衣「だ、駄目だ!!」

百合「あの吉川さんも・・・」

結衣「止めて!!!」

百合「・・・」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 16:22:05 ID:v19CtGHA

結衣「私が・・・私がします・・・だから皆には」

百合「そう、それで良いのよ」

結衣「・・・・」

百合「ふふ」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 21:34:50 ID:v19CtGHA

百合「じゃあ、続きしましょうか」

結衣「はい・・・」

百合「服脱いで」

結衣「・・・・」ヌギヌギ

百合「ふふ、綺麗な肌ね船見さん」

結衣「くっ///」

百合「恥ずかしがってるの?ふふ可愛いわ」

結衣「・・・・///」ヌギヌギ

百合「下着も脱ぎなさい」

結衣「・・・・」グスッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 21:38:43 ID:v19CtGHA

百合「あら、泣いてるの?」

結衣「泣いてなんかないです・・・」グスッ

百合「つよがっちゃって・・・可愛い」

結衣「脱ぎました・・・」グスッ

百合「やっぱり綺麗だわ・・・」ピト

結衣「くっ・・・」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 21:51:59 ID:v19CtGHA

百合「じゃあ、船見さん机のうえに寝て」

結衣「はい・・」

百合「そして、股を広げるの」

結衣「・・・・はい・・・・」グスッ

百合「やっぱり綺麗だわ」クチュ

結衣「うっ・・・」

百合「感じてるの?」クチュ

結衣「感じて・・うっ・・なんか・・うっ・・ないです・・!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 21:55:23 ID:v19CtGHA

百合「ふふ、可愛い声が漏れてるわよ」クチュクチュ

結衣「あっ・・あん!!」

百合「さ、イッてもいいのよ」クチュクチュ

結衣(悔しい・・・)「あっ・・うっ・・」

百合「さあ、イっちゃいなさい」クチュクチュクチュクチュ

結衣「あ、あ、ああああああ・・・///」ビクンビクン



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 22:00:41 ID:v19CtGHA

結衣「・・・・」グスッ


結衣「その後私は教室内で何時間も犯され続けた」

結衣「いつの間にか意識を失って、目が覚めたら教室で寝ていた」

結衣「その出来事が夢じゃなかった事を私の下着と肌に染み付いた先生の甘い香りが訴えてる」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 22:06:46 ID:v19CtGHA

~数日後~

ごらく部室

京子「いや~ まさかあのお堅い百合先生が部室の無断使用を見逃してくれるとはね!!」

あかり「ほんとよかったよぉ」

ちなつ「ホッとしましたよ」

結衣「そ、そうだな」

京子「なんだ、結衣?あんまり嬉しくなさそうだな・・・」

結衣「そ、そんなことないよ!!」

京子「そうか?ならいいんだけど・・・」

ちなつ「でも、なんでいきなり許してくれたんでしょうね?」

あかり「きっと皆の誠意がつたわったんだよぉ」

京子「ま、どうでもいいじゃん!! 結果的に私達はごらく部を続けられるんだしさ」

あかり「そうだね」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 22:11:19 ID:v19CtGHA

トントントントンビョウシトントン!!!

京子「結衣、メール着てるよ」

結衣「あ、うん・・・」カチ

結衣「・・・・」

結衣「ごめん、用事出来たから帰るね」

京子「え~結衣帰るのかよ」

ちなつ「そんな~」

あかり「結衣ちゃんいないと寂しいよ」

結衣「ゴメンね・・・」

タッタッタッ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/16(日) 22:13:15 ID:v19CtGHA

メール

from:百合

本文

あの写真まだ持ってるからね

今すぐ来ないと歳納さんあたりに送るから









27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/17(月) 01:25:57 ID:CP3yDiGA

胸糞乙



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 09:37:25 ID:tyFWNbYY

乙乙






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
櫻子「向日葵。誕生日おめでとう!」 
【ゆるゆり】京子「別のマンガっぽくなる装置ー」 
【ゆるゆり】ちなつ「ごらく部黙示録ちなつ・・・!」ざわ・・・ 
鬼龍院皐月「纏流子は常にヘソ出しの格好をしているが」 
あかり「あかりとちゅー1回100円だよぉ」