転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1417012304/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/26(水) 23:31:44 ID:YxromdQ2

キッツ「今貴様らがやってる行為は人類に対する反逆行為だ!
貴様らの命の処遇を問わせてもらう!
下手に安価でごまかしたり巨人化しようとした場合はライナー・ブラウンのケツに榴弾をブチ込む!
躊躇うつもりも無い!」

エレン「なんでライナーのケツに…」

キッツ「黙りやがれクソッタレ!
率直に問う!貴様の正体は何だ!?」

アルミン「ダメだエレン…!彼らはもう冷静じゃない!
まともな答えじゃごまかしきれないよ!」

エレン「くそっ…なんて答えりゃいいんだよ!」

キッツ「早く答えろ!ライナー・ブラウンが月まで吹き飛ぶぞ!」

エレン「>>3です」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/26(水) 23:36:44 ID:Pw5jboKE

カルシウム



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/26(水) 23:49:09 ID:YxromdQ2

エレン「カルシウムです」

キッツ「…」

アルミン「…」

ミカサ「…カルシウム?」

エレン「ああ…俺はカルシウムだ。
今…人類は巨人と言う名の脅威に晒されてる。
奴らは俺たち人類を蝕み、壊していく。
巨人は人間の骨で言う骨粗鬆症みたいなもんだ。


アルミン「何で骨に例えちゃったの!?」

エレン「つまり…骨粗鬆症の脅威に立ち向かえるのはカルシウム…つまり俺のことだ。
あとは分かるな?」ニッ

リコ「榴弾ブチ込みましょう」

キッツ「ああ…そうだな」

エレン「やべぇ!ライナーが…!」

アルミン「くっ…僕に任せて!」

エレン「アルミン!?」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/26(水) 23:52:54 ID:YxromdQ2

アルミン「HEY!」

キッツ「何だ貴様はぁ!!」

リコ「アルミン・アルレルト。
コロボックルです」

キッツ「マジで!?
…まぁいい。そこのコロボックル!!
何か弁明でもあるのか!?」

アルミン「ハッ!
エレンは>>7であります!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/26(水) 23:56:57 ID:s7.thetk

ふなっしーの中の人



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/27(木) 00:07:37 ID:idZsbskg

アルミン「ふなっしーの中の人であります!」

キッツ「なっ!?
馬鹿な事を言うな!
何の根拠も無いではないか!」

エレン「え?そうなの?」

アルミン「証拠ならあります!
エレンの動きを見れば一目瞭然のはずです!」

キッツ「まさか本当にふなっしーなのか!?
私はそう簡単には騙されんぞ!
だが!本当に本当に本物だというのなら!
ちょっとだけ!ちょっとだけ見てやってもいいぞ!」

リコ(ふなっしー好きなのかこの人…)



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/27(木) 00:13:33 ID:idZsbskg

アルミン「よし、情報通りだ…あの人はふなっしーの大ファンなんだよ。
必ず食いついてくると思った」

エレン「何の情報だよ」

アルミン「さぁエレン!
お膳立ては済んだ!
全身全霊でふなっしーの動きわんするんだ!
あの人を確実に騙せるほどの動きを!」

エレン「無理だ…巨人化してたから体力ねぇぞ」

アルミン「何言ってるんだエレン!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/27(木) 00:22:26 ID:idZsbskg

ミカサ「…アルミン、エレン。
…話がある」

アルミン「ミカサ!?」

ミカサ「…ふなっしーの中身は…実は私」

アルミン「なっ…」

エレン「ま、マジかよ…」

ミカサ「隠していてごめんなさい。
ふなっしーは私の内なる人格。
本当は普段からあれくらいはっちゃけたい…でも恥ずかしくてそんなことできない。
だから私はあの着ぐるみを着て暴れた。
するとどうだろう。
いつの間にかマスコミに取り上げられファンが増えていった」

アルミン「そうだったのか…」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/27(木) 09:13:39 ID:G1mNrk2M

ミカサかわいいなw



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:15:24 ID:5b0Ut8BQ

アルミン「…これは嬉しい誤算だ。
おかげでどうにか切り抜けられそうだよ。
…ミカサには辛い決断かもしれないけど…頼めるかな?」

ミカサ「…」グッ…

エレン「おい…いいのかよ…!
ふなっしーはお前の…お前だけの心のオアシスじゃねぇのかよ!」

ミカサ「…構わない。
それでエレンが助かるのであれば」

アルミン(正確にはライナーだけど黙っておこ)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:19:16 ID:5b0Ut8BQ

さよなら…私のふなっしー…

今まではっちゃけさせてくれてありがとう

エレンを守るためなら…あなたもきっと本望

着ぐるみが無くても私は踊れる…
例え正体を明かす事で2度とふなっしーになれなくても…
私は…ふなっしーだから……!

ミカサ「ミカサ、行きます」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:26:06 ID:5b0Ut8BQ

キッツ「おい!何を話して…」

ミカサ「ヒャッハー!!」

ドンッ!

ミカサの咆哮と共に衝撃が迸る。

キッツ「なっ!?」

ミカサ「こんにちわだなっしー!!」シュババババッ!!

キッツ「あの動き…まさか…!」

ミカサ「ふなっしーだなっしー!!」ギュッパァッ

ミカサ繰り出す異次元の圧倒的パフォーマンス

それは…


ーーーーーー駐屯兵団を魅了した


ワッ!!!



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:29:47 ID:5b0Ut8BQ

鳴り止まぬ拍手

鳴り止まぬ声援

とどまることを知らない熱気

ミカサその中心で片手を上げ立ち尽くした

ーーーー終わった

全てが終わったのだ

ありがとうミカサ

ありがとう駐屯兵団

さようならふなっしー


エレンは少し泣いた



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:36:33 ID:5b0Ut8BQ

キッツ「ふなっしー!ふなっしー!」

リコ「それで、エレン・イェーガーの処罰はどうするんですか?」

キッツ「え?あ、もういいんじゃないか?
ふなっしー見れたし」

リコ「いや、ふなっしーはミカサ・アッカーマンですよ。
エレン・イェーガーの処罰には関係ないと思いますが」

キッツ「だ、そうだ!
何か弁明はあるか!
無ければライナー・ブラウンのケツとその横にいるデカいやつに榴弾をブチ込む!
躊躇うつもりも無い!」

アルミン「チィッ!!意外と冷静に返された!」

エレン「ノッポ…ライナーよりデカいやついたか?」

ミカサ「ベルサイユだなっしー」

エレン「ああ…あのハゲか」

アルミン「…策を思い付いた」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 08:40:13 ID:5b0Ut8BQ

アルミン「>>20だ。
もう>>20しか残されていない」

エレン「マジかよ…」

ミカサ「…もうそれしかないかもしれなっしー」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 09:37:27 ID:S.2jj5X6

進撃BBSに移動



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/28(金) 09:40:20 ID:t/x3j1Xw

普通にやってるだけなのに逐一誘導するやつ本当にマジでクソウゼェわ

安価↓ならキッツの母親からの手紙を読み上げる



31:  2014/12/09(火) 17:36:52 ID:y7jMutCg

PC壊れてたから更新できなかったんだが、>>25は俺じゃないぞ!
ケータイはガラケーだから察してくれ・・・

>>20の誘導には悪いが安価下にさせてもらう

ごめん。遅れたけど再開します。



32:  2014/12/09(火) 17:43:55 ID:y7jMutCg

アルミン「ここに一枚の手紙があります!」カサッ

キッツ「手紙…?」

エレン「おい…何だよそれ?」

ミカサ「…?それは…」

アルミン「ハッ!キッツ隊長のお母様からの手紙であります!」

キッツ「!?」

アルミン「拝啓、キッツへ」

エレン「…その紙…!?」

ミカサ「シッ。騒がないで。気付かれるかもしれない。





この紙が白紙ということに」



33:  2014/12/09(火) 18:00:09 ID:y7jMutCg

ミカサ「ここからはアルミンの想像力と発想力。そして機転の良さが試される」

エレン「…なら心配要らないな。
アルミンはやばい時ほど最適解の判断ができる!」

ミカサ「…始まる。アルミンの異名『口先の異端児』の独壇場が…!」

アルミン『キッツや…最近の調子はどうだい?
隊長の任務は大変だと聞いております。
毎日毎日壁の工事や見回り、犯罪者から市民を守っているあなたを、
母は心から自慢の息子だと思っています』

キッツ「お、お袋なのか…!?」

リコ「おかしいでしょう!
何で今日初めて会った者が母からの手紙持ってるんですか!」

キッツ「くっ、なぜ貴様が母からの手紙を持っている!」

リコ「なんで手紙が偽者だと思わないんですか!?」

アルミン「それは…>>35だからです」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 19:17:23 ID:V6xWefvI

脅して書かせた



36:  2014/12/09(火) 19:31:59 ID:y7jMutCg

アルミン「…脅して書かせたから…ですよ」

エレン「…」

ミカサ「…」

キッツ「な、何だとォ!?」

アルミン「ヒャーハッハッハァ!!
そうだ!僕が脅して書かせたんだ!!
今、あなたの母親は僕の手の内にあるんだよ!
大人しく包囲を解いてもらいましょうか!」

キッツ「くっ…貴様ぁ…!」チャキッ

アルミン「おぉっと!そのブレードはしまってもらいましょうか!
下手に動くと…」ニヤッ

リコ「動くと?」

アルミン「ボン、ですよ」

リコ「嘘だろ」

アルミン「チッ」



37:  2014/12/09(火) 19:37:27 ID:y7jMutCg

アルミン「クソッ!横のメガネが厄介だ!」

ミカサ「あれで騙せるわけないなっしー」

エレン「確かにあのメガネの人のほうが厄介だな。
…そうだ>>39してみるか」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 20:14:18 ID:8/DTdBVI

ニプルファック



40:  2014/12/09(火) 21:00:09 ID:y7jMutCg

ミカサ「フンッ!!」ゴシャッ!!!

エレン「オウッ!?」

アルミン「ああっ!?エレンの顔面が陥没した!」

ミカサ「エレン。どこでそんな単語を覚えたの」ズアッ

アルミン「なんでミカサも知って…」

ミカサ「誰から聞いたの」

エレン「…あ?>>42だよ。
うるさい女を黙らせるならこれが一番だって…」ボタボタ



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 21:25:33 ID:ZIwltdiE

ジャン



43:  2014/12/09(火) 22:44:16 ID:y7jMutCg

ミカサ「そう。ちなみに意味は知っているの?」

エレン「さぁな…風呂場でコニーと話してるのが聞こえただけだ」

アルミン(ジャンェ…)

ミカサ「…ならよかった。それなら半殺しで済む」チャキッ

バシュウウウウウウウウウウウウ

キッツ「おいアッカーマン!!何をしている!!」

ミカサ「黙れハゲ」バシュウウウウウウ

キッツ「ヒィッ!?」

リコ「くっ!打ち方用意!目標ライナー・ブラウンのケツ!」

アルミン「だからなんでライナーのケツ狙ってるの!?」




ライナー「おい。あそこの固定砲台こっち向いてねぇか?」

ジャン「物騒なこと言うなよ…やっと避難できたってのによ」プハッ

ベルトルト「巨人がここにいるわけだろう。多分点検中なんだよ」

ライナー「誤射でもして俺らのケツに火をつけられたりしてな。ハハハ」



44:  2014/12/09(火) 22:50:54 ID:y7jMutCg

ジャン「ん?立体機動音しねぇか?」

ライナー「向こうの方からだ…ってミカサじゃねぇか」

ベルトルト「ちょ、並々ならぬオーラ放ってるよ!」

ジャン「お、おうミカサ。もしかして心配して…」

ミカサ「遺言はそれだけ?とは言っても殺すのは半分だけ。
もしかしたら手元が狂うかもしれない」チャキッ

ジャン「ファッ!?」



45:  2014/12/09(火) 23:45:39 ID:y7jMutCg

――――ああ。俺はここで死ぬのか

愛した女に殺される
最高じゃねぇか
クソみたいに訓練して
クソみたいにこき使われて
そんでもって巨人のクソになっちまう
そんなのはごめんだ

巨人はクソしねぇけどな

あぁ幸せだ

この死は俺のものだ
俺だけのものだ
死に急ぎ野郎には一生味えない

ハッ。ざまぁみやがれ



46:  2014/12/09(火) 23:49:29 ID:y7jMutCg

ライナー「何ぼさっとしてんだジャン!」

ジャン「俺の…俺だけの」ブツブツ

ベルトルト「だめだ!恐怖で我を忘れてる!」

ライナー「ああ!めんどくせぇな!とにかく逃げ――――」







ベルトルト「え?」



47:  2014/12/09(火) 23:54:02 ID:y7jMutCg

『ボ』

その音が聞こえた瞬間、ジャンを抱えたライナーが天高く舞い上がっていた。

僕は聞こえたんだ

ミカサがこう言ったんだ

This way...

ってね

一瞬冷静になったんだよ
そしてミカサの蹴りでライナーが吹っ飛ばされることに気付いた

恥ずかしながら漏らしたよ
ミカサのあの表情を見たらしょうがないだろう



48:  2014/12/09(火) 23:59:18 ID:y7jMutCg

ライナー「ゴフッ!」

ライナー(なんだ!?何をされ…っ!?)


リコ「撃ぇ!!!!」

ライナー「何故固定砲台が!?」

ライナー(何だよこの状況!?なんとかしねぇと死ぬぞ!)

ジャン「俺に任せろ…」

ライナー「ジャン!?」

>>50 
ジャンのとった行動



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/10(水) 00:03:45 ID:qkvN567s

超光速で移動する



51:  2014/12/10(水) 00:20:14 ID:Rpbw7WS6

ヒュパァッ!

ミカサ「!?」

リコ「なっ!?空中で消えただと!?」

ジャン「悪いなミカサ。やっぱまだ死ねねぇや」

ミカサ「ジャ―――」

トンッ

超高速の動きでミカサの背後に回りこみ当身

ミカサはなす術もなく崩れ落ちた

ライナー「お前…何者なんだ?」

ジャン「ただの訓練兵、さ」

ベルトルト(ビックリして巨人化するところだった)



52:  2014/12/10(水) 00:44:41 ID:Rpbw7WS6

エレン「よし、こっちが手薄になってきたぞ。
どうにか強行突破できねぇかな」

アルミン「ミカサはどうするの?」

エレン「あいつは置いていく。これ以上あいつの未来を潰すわけにはいかない」

アルミン「僕は?」

エレン「共に散ろうぜ」

アルミン「散ってたまるか畜生」

エレン「さてどうするか…」

アルミン「あそこの警備が薄い。どうにか突破できないかな」

どうする?
>>54



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/10(水) 00:56:37 ID:YxDhrQqY

ライナーがキッツ隊長の尻を狙ってる!とライナーに注意を向かせてその隙に逃げる



55:  2014/12/10(水) 01:18:35 ID:Rpbw7WS6

アルミン「キッツ隊長!ライナー・ブラウンはあなたの尻を狙ってる!」

キッツ「何だと!?
ええい!不貞な輩め!我が全勢力を持って叩き潰してくれる!」

アルミン「彼はこうも言っていた!
『まずは駐屯兵団のケツを総舐めにしてやる』と!」

ザワザワ…

駐屯兵A「まじかよ…」

駐屯兵B「俺には妻も子もいる…!冗談じゃねぇ…」

駐屯兵C「くそ!犯られる前に犯ってやる!!」

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!


アルミン「計 画 通 り」

エレン「よし今のうちに…」



56:  2014/12/10(水) 01:27:32 ID:Rpbw7WS6

こうしてエレンとアルミンは上手く逃げ出した

しかしライナーの本当の戦いはこれからだった!

迫りくる欲望と肉棒を剥き出しにした駐屯兵達!

ライナーに打つ手はあるのか!?

その時超光速の貴公子は!?


次回「悔しい…だが…感じちまうっ…!」





57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/10(水) 03:20:00 ID:HnwLbPyI







他のおすすめSS
 
 
 
ミカサ「エレン、胸が痛い」 
エレン「ミカサ…ヤりたい」ミカサ「は?」 
ミカサ「エレンエレンエレンエレンエレン!」クチュクチュクチュクチュ… 
エレン「クリスタに求婚したら大変なことになった」 
エレン「ライナーのチ●コでけぇwwwwwwwwwwwww」 
エレン「なぁ……なんであの時芋を食べたんだ?」サシャ「あの時?」 
ミカサ「もう一週間もエレンと寝てなくて死にそう」