転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365412953/

1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:22:34.04 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「はぁ~ぁ~。芳佳ちゃん」

リーネ「芳佳ちゃんと会えなくなって、寂しいな…」

リーネ「芳佳ちゃん、芳佳ちゃん…」

リーネ「一人でデキることも、虚しいし」

リーネ「芳佳ちゃんとセッ○スしたいよぉ…」

リーネ「あ、そうだ(唐突)、ペリーヌさんがいた」

リーネ「ペリーヌ邸の復興手伝ってあげてるし、ま、多少はね?」



前スレとの関連はありません。
前スレ 【R-18】シャーリー「なぁ、堅物。恋をしたことはあるか?」









2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:23:26.57 ID:9Y7l8/eL0



朝 ペリーヌ邸

リーネ「朝食のミルクに芳佳ちゃんが使ってた不思議な薬を混ぜて…」サーッ!

ペリーヌ「皆、おはよう」

リーネ「おはようございます、ペリーヌさん」

オハヨー オハヨウペリーヌオネエチャン ォァヨー ペリーヌオジョウサマオハヨウゴザイマス

リーネ「はい、ホットミルクです。カラダが温まりますよ?」ミルクヲイレマショウ、コウチャヲイレマショウ

ペリーヌ「あら、いいわね。いただきますわ」

リーネ「…」

ペリーヌ「ほんと、カラダが芯から温かくなっ、て…?」






3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:24:58.27 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「どうかしましたか、ペリーヌさん」

ペリーヌ「い、いえ、なんでもありませんわ…」

ペリーヌ(!?カラダが熱くなって…。最近の疲れが溜まってるのかしら…え、下腹部が熱く…)

リーネ「じゃあ、いただきましょうか。はい、いただきます」

イタダキマス イタダキマスー 

ペリーヌ「い、いただきます…ひっ!?」

リーネ「?」

子供1「どうかしたの、ペリーヌお姉ちゃん」

ペリーヌ「いえ…何でもありませんわ…」

ペリーヌ(なんですの!?なんなんですの、これは!まさか、こ、これが殿方の…ひぃっ)






4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:27:44.99 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「ペリーヌ、さん…?」

ペリーヌ(どうして、なんで…もしかして、さっきミルクを飲んで…何か入っていたの…?)

リーネ「…」

ペリーヌ(と、とにかく。私は貴族。こういう時でも自然に…)

ペリーヌ「今朝のスコーン、とてもおいしいわね」

リーネ「本当ですか?皆が手伝ってくれたんです」ワタシモテツダッタヨー ワタシモワタシモー

ペリーヌ「そう。お手伝いして、偉い、わね」

ペリーヌ(ダメ!皆に見られて、コレが、ギンギンに…今席を立ったらバレて…)






5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:32:50.83 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「ご馳走様でした」ゴチソウサマデシターオイシカッター

ジャン「ペリーヌお嬢様、本日のご予定ですが、議員の方々との会合もございませんので、ごゆっくりおやすみくださいませ」

ペリーヌ「え?あぁ、そうね。そうするわ。ありがとう」

ペリーヌ(今日だけでもおやすみがあれば、コレをなんとかできるはず…)

リーネ「あ、でも今日は、確か私街へ出かけなくちゃいけなくて、子供たちの授業が…」

ペリーヌ「…あぁ、えと」チラッ

子供たち「キャッキャ、ヤァートォーマテー、ソレラケノカロリーセッスェ」

ペリーヌ(こんな時でも、子供たちへの授業は、遂行しないと…子供たちの将来のため…)

ペリーヌ「わ、私が引き受けますわ」

リーネ「お願いしますね。では、またあとで」







6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:33:37.32 ID:9Y7l8/eL0



敷地外 木陰 

リーネ「ふふ、ウィッチ○ポ生やされちゃったペリーヌさんはどうするのか、見ものだね…」ミモリデスゥー 



ペリーヌ「さ、皆、授業を始めますわよ」 

子供たち「わぁーわぁー」 

アメリー「ほら、ちゃんと席について」 

ペリーヌ(教壇があって助かったわ…これなら授業できるわね) 






7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:36:04.44 ID:9Y7l8/eL0



敷地外 木陰 

リーネ(なんだ、普通に授業してるんだ…つまんない…。そうだ、教壇が邪魔。打ち抜いちゃおう) 

ボーイズMk-1対装甲ライフル構え ドゥンッ!  



教室 

バァンッ! 

ペリーヌ「!?」 

ペリーヌ(教壇が…、壊れて、銃撃…そんなことより、隠さなきゃっ!) 

子供たち「すごい音ー、オモシローイ、キャッキャ」 

ペリーヌ(だめ!隠せない、不自然過ぎるわ…。後ろ向きで授業しましょう…) 






8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:36:35.46 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「授業を続けます」 

アメリー「え?だって今銃撃が。それになんで後ろ向いて」 

ペリーヌ「続けます!」 

子供たち「ハーイ」 



リーネ「これが貴族のたしなみってヤツなの…。ペリーヌさん、すごいですよ、ふふっ」 

リーネ「もうめんどくさいからヤっちゃおう。私もムラムラ止まらないし」 

リーネ「この如何にもな自作の書籍を、机に置いて…」 






9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:38:32.41 ID:9Y7l8/eL0



書斎 

ペリーヌ(授業はなんとか終わったものの…これじゃ満足に歩くことすら…んっ…擦れてv) 

ペリーヌ(仕方ありませんわ。今日はもう何もないはず。おとなしく部屋で治し方を見つけましょう…) 

ペリーヌ「あら、何かしら。机に本が…なになに、ウィッチ病気一覧?」 

ペリーヌ「ガリアに伝わる古い文献なのね…えと、なになに…これはウィッチ○ポって名前ですのね。下品な名前だこと…」 

ペリーヌ「魔翌力供給と精神が不安定な時に生えてしまうもので、はぁ、やっぱりそうだったのね…」 






10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:39:27.77 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「ふむふむ、処置としては、え…っと。女性と行為に及ぶか、自慰行為をするか…」 

ペリーヌ「前者は、ダメね。誰にも言えませんわ…言ったところで、リーネさんに迷惑がかかるもの」 

ペリーヌ「えっと、自慰行為についても書かれているわね。まずは、ズボンから全部出してみる、と…」スルッ 

ペリーヌ「こんな凶暴なカタチしているのね…それにさっきからギンギンで、何か液体出てますし…」 

ペリーヌ「なになに?そのあとは、優しく手で包んであげる…」キュッ 

ペリーヌ「ひっ!あ、今ビクンって…い、いや…なにいまの…気持ちよかっ…」 





11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:41:11.77 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「だ、だめですわ!こんなの、はしたないですわ!私は貴族ですのに…」 

ペリーヌ「で、でも一刻を争うのも事実。し、しかたありませんのよ…気持ちいいからしてるのでは…」コスコスッ 

ペリーヌ「あっv 声、でちゃ…うそうそうそ!気持ちいいですわ…不肖ペリーヌ、こんな、こんな…」 

ペリーヌ「はぁっはぁっはぁっ…指が止まら…あんっv どんどん汁が溢れて…」コシコシコシコシ 

ペリーヌ「きもちい、気持ちよすぎですわっv こんなの、あ、何かこみ上げて…これが、イクってことなの…?」 

ペリーヌ「い、イクっ、イキますわv」コスコスコスッ 






12 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:42:37.38 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「ペリーヌさん」ガチャッ バタン 

ペリーヌ「!?え、あ、いやぁっ、みないで、みないでくださいましっ」 

リーネ「あら、ペリーヌさん、それ、どうしたんですか?なにしてたんですか?」スットボケ 

ペリーヌ「こ、これは、最近の疲れで…病気の一種らしいの…それで処置を行って…」 

リーネ「本当ですか?廊下まで気持ちの良さそうな声が聞こえてましたけど、ふふっ」 

ペリーヌ「な、なにを言って、リーネさん…」 






13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:43:23.45 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ(イク寸前で止められて、わたくしのウィッチ○ポがぐちゅぐちゅに…) 

リーネ「私でよければ、お手伝いしますよ?ペリーヌさん」耳元ボソッ 

ペリーヌ「い、いえ遠慮しておきますわっ!早く部屋から出ていって、んっ、くださいまし…」 

リーネ「いいですけど…させてくれないなら言っちゃいますよ?アメリーさんとかジャンさんに。あ、子供たちにも」 

ペリーヌ「そ、そんな…そんなことされたら…私の威厳が、子供たちの未来が…」 

リーネ「そうですよね。クロステルマン家がどうなることか…。ねぇ、どうしたらいいと思います?」クスッ 






14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:46:07.31 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「り、リーネさん、貴方…。手伝って、くださいまし…」 

リーネ「はい、分かりました、ペリーヌさんそのまま椅子に座っててください」ヒザマズイテ、ギュッ 

ペリーヌ「…あっv」 

リーネ「イキますよ?」ゴシゴシゴシゴシッ 

ペリーヌ「きゃぁああぁぁぁっv それ、はやっ…き、きき気持ちいいです、わっ…v」 

リーネ「ふふっ。知ってます、気持ちいいですって声、でちゃってますよ?」シュコッシュコッシュコッ 






15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:49:17.17 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「あぅぅ、こんな、なんでリーネさん、お上手なんですの…あんっv」 

リーネ「それは、どうしてだと思います?ふふっ」 

ペリーヌ「えっ…と、」 

リーネ「芳佳ちゃんと毎日えっちしてたからですv」耳元ボソッ 

ペリーヌ「…」ゾクゾクゾクッ 

リーネ「ペリーヌさん、びくびくってして…えっちな匂いいっぱい出て…目の前でこんなの見せられたら…」 






16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:54:34.69 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「リーネさん、まさかっ…だめですわっ」ドキドキ 

リーネ「あー…ふふっ、ダメって言いつつも止めないんですね。やっぱり咥えて欲しかったんですか?」 

ペリーヌ「はっ、ち、ちがっ…//////」 

リーネ「プライド許しませんよね、舐めて欲しいだなんて。言えませんよね」コシコシ 

ペリーヌ「くっ…あん、んっ…」 

リーネ「でも、きっとこうされた方が、すぐ出ると思うし治りやすいと思いますよ?」 






17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 18:55:01.60 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「そ、そう。そういうことなら、お願い致しますわ。これは処置を施すため、しかたなく、」 

リーネ「はいはいv わかってますよ、ペリーヌさんv んむっんん゛んぅぅーーーv」 

ペリーヌ「あ、あああぁぁっv いっきに、全部咥えられて、あ、あぁ…」 

リーネ「んっん゛っんん゛ぅv ぷはっ、ペリーヌさんの、芳佳ちゃんよりはないけど、それでもすごいですv」 

ペリーヌ「あの豆狸も…」ゴクリ 






18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:00:06.47 ID:9Y7l8/eL0



コンコンッ 

ペリーヌ「!?」 

アメリー「ペリーヌさん、いますか?子供たちが一緒に遊びたいと聞かなくて…」アソボーオネエチャンアソボウヨー 

ペリーヌ「え、えと…い、まはぁっv」 

リーネ「んっんっ…楽しいことが起きそうですね。机の下に隠れますね」レロレロレロ 

子供たち「わぁー」ガチャッ 

ペリーヌ「あ、だめですわっ」 






19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:04:37.56 ID:9Y7l8/eL0



アメリー「こらぁ、勝手に開けない!分かった?」 

子供たち「はぁーい。お姉ちゃん遊ぼうよぉ」 

ペリーヌ「んっ、あとでなら、んぁっ!今は、だ、だめ…だめですわっv」 

アメリー「ほら、ペリーヌさんは忙しいの。分かった?我慢してね」 

子供たち「じゃあまたあとで遊んでね、ばいばーい」 

アメリー「すみません、ペリーヌさん。あれ、顔赤くないですか?体温測ってあげ、」 






20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:05:30.47 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「大丈夫、ですっv あ、ん…ひっ、こっちにくるのは、だめ、だめだめだめっですわ…」 

アメリー「? そうおっしゃるなら…。体調には気をつけてくださいね。そうだ、リーネさん知りませんか?」 

ペリーヌ「えっ?い、いえ知りませんわ…んっ、だめぇっ…」 

アメリー「そうですか。街へのお買い物から帰ってきているらしいのですが…頼みごとがあったのに…」 

ペリーヌ「見つけたら、あっv アメリーが探してたと伝えますわ」 

アメリー「分かりました。お願いしますね。それでは」ガチャッ 






21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:06:21.43 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「リーネさん!貴方なにを考えてっ…」 

リーネ「でも、さっきより気持ちよさそうにしてましたよ?背徳感で興奮しちゃいました?ふふっv」 

ペリーヌ「うぅ、早く終わらせてくださいまし…なにか出そうで、むずむずしますわ」 

リーネ「もうイキそうなんですね。分かりました。では、イキましょうかv」ゴシゴシゴシッ 

ペリーヌ「あぁぁぁっv ひぃ、んっ、あ、あぁぁぁっv」 

リーネ「あはv もうビクビクして、あ、今膨らんできましたね…いいですよ、手に出してください、ペリーヌさんv」 

ペリーヌ「あ、あ、でちゃ、でちゃ…出ちゃう出ちゃう出ちゃいますわっv い、いいい、いk」 






22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:08:34.24 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「…」ピタッ 

ペリーヌ「えっ。なんで、止めて…」 

リーネ「んー、飽きちゃいました。反応が普通過ぎて。これじゃあ面白くありません。戻りますね」 

ペリーヌ「待ってくださいまし…酷いですわ、ここまでシておいて…」 

リーネ「自分でスればいいじゃないですか。やっぱり私の手と口が気持ちよかったですか?」 

ペリーヌ「え、えと…」 

リーネ「素直に言ってください」 






23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:12:37.07 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「り、リーネさんの手と口の方が気持ちよかったですわ…これで、いい?」 

リーネ「それで、どうしたいですか?もう手と口は疲れちゃったので、できませんよ?」 

ペリーヌ「私は、出したいのです…」 

リーネ「それなら、私とスるしかないですよね?」 

ペリーヌ「…っ!」ドキッ 

リーネ「今、ウィッチ○ポがぴくってなりましたね。ソレで返事するなんて、下品ですねペリーヌさん」 

ペリーヌ「…////」 

リーネ「どうしたいですか?どうされたいですか?言ってください」 






24 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:13:31.11 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「リーネさんと、せっくすさせてくださいまし…////」 

リーネ「ふふ、野蛮な言い方ですね。そんなにしたいんですか?ふふっ」 

ペリーヌ「お願いですわ…。もう、耐えられない…」 

リーネ「そうですねぇ。お願いの仕方が違いますよ。それにそんな小さな声じゃ聞こえません」 

ペリーヌ「くっ…リーネさんとセックスしたいです。お願いしますわ…v」 

リーネ「はぁ。ガッカリです。ほら、私のココ見てください。もうこんなになっていますよね?」スルッ 

ペリーヌ(リーネさんが…足を開いてズボンを脱いで…) 

リーネ「セックスって、私のココにペリーヌさんのウィッチ○ポを入れるんです。入れたいですよね?」 






25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:14:15.42 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「入れたいです、入れたいですわ!お願いしますわ、リーネさんっ!」 

リーネ「もっとはしたなく言ってください、ペリーヌさん」 

ペリーヌ「も、う…これ以上は…うぅ…」 

リーネ「もう一度聞きます。これが最後ですよ?どうしたいですか、ペリーヌさんv」 

ペリーヌ「リーネさんのおま○こに私の発情ウィッチ○ポ挿入させてください、リーネさんとセックスしたいですわ!」 

リーネ「ふふっ。貴族も、そんな言葉使うんじゃ、没落しても仕方ないですよね…いいですよ、させてあげますv」 

ペリーヌ「あ、あぁ…」 






26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:16:23.23 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりですよ?ふふっv」 

ペリーヌ「…//////」ドキドキドキ 

リーネ「そこに座ったまま。私が上に乗りますから…んっ、はぁぁぁぁっv」ズププププ 

ペリーヌ「あああぁぁぁっv そんな、気持ちいいっ!気持ちいいですわぁっv」 

リーネ「当たり前ですよv ん、あはv 子宮奥にキスしちゃってますね…v これだけでびくびくしてますねぇv」 

ペリーヌ「あああ、ああっぁぁぁっv でちゃ、でちゃうぅうう…v」 

リーネ「いいですよ。私のナカでいっぱい出していいんですよ。びゅーびゅーってシてくださいv ふふっ」ズチュズチュズチュ 






27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:17:00.45 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「動かれたら、あ、あああああぁぁぁっv イクいきますわぁっv イクイクイクイクイク!」 

リーネ「そんなケモノみたいな声あげちゃって…んっあ、んっ…くぅんっv いいですよ、イってv」耳カプッ 

ペリーヌ「イキますわぁっv いく、リーネさんのおま○こに、せーしでちゃ、あ、あああぁぁっv いくうぅぅうっvv」ビュルビュル 

リーネ「んっ、あ…熱ぅ…v これ、久しぶりに感じたぁ…ふふ、気持ちよかったですか?ペリーヌさん」 

ペリーヌ「えぇ、とっても…でも、収まってない…」ギンギンッ 

リーネ「仕方ないですねぇ。じゃあこのままもう一度シましょうかv んっんっんっあ、んにゃあぁぁっv」ズチュズチュッ 

ペリーヌ「あぁぁっv イったばかりなのに、また気持ちよくてぇっv どうしましょ、わたくし、わたくしっv」 






28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:17:46.00 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「んっ、はぁんっv 私のおま○この虜になっちゃいますか?ねぇ、ペリーヌさんv」 

ペリーヌ「なって、もうなっていますわっv リーネさん、リーネさぁんっv リーネさんのおま○こ気持ちよすぎてぇv」 

リーネ「私のおま○こは気持ちいい。気持ちがいいのは当たり前。そうでしょ?v」 

ペリーヌ「えぇ、えぇっv その通りですわぁぁっv あ、またイくイクイク!出したい、リーネさんのおま○こにぃっv」 

リーネ「はい、たっぷり出してくださいねv」 

ペリーヌ「いくぅぅっv いく、あ、イキますわぁっv リーネさん、でちゃ、あ、んんんぁぁぁああぁっvvv」ビュクビュクッ 

リーネ「ん、もうっv そんなに出されても、受け止めきれませんよ、ペリーヌさんv」 






29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:18:25.12 ID:9Y7l8/eL0



ペリーヌ「っ、まだ収まってない…えと…私は、わたくしは…」 

リーネ「いいですよ、気が収まるだけ搾り取ってあげますねv」ズプズプズプッ 

ペリーヌ「あああ゛あああぁああぁぁぁっv ぎもぢよくてぇっv りーねさぁん、わたくしぃぃっv」 

リーネ「ふふっ、呂律回ってませんね…v それに、私が上で動いてあげてるのに、椅子ガタガタしちゃって…」 

ペリーヌ「あ、あぁ、あああぁんんっvv ひっ、はぁっはぁぁっvv あ、あへ、アヘアヘっv」 

リーネ「聞こえてませんね…あんっv っ、わたしも、いっぱいせーし出されて気持ちよくなって、そろそろイキそ…」 

ペリーヌ「リーネさん、リーネさんっv またでちゃ、また出しても、んっいいかしらぁっv」 






30 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:21:04.53 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「いいですよ、好きなだけ出してくださいv んっ、はぁんっv 私も、いく、イクイク!イっちゃ…」 

ペリーヌ「イキますわ、いくいくっ!あ、あんっぅv イクイクイクイクイクイク!イクぅぅうーーーーーっvv」ビュルビュルッ 

リーネ「ふふっv 赤ちゃん作る部屋にびゅうびゅうってミルク出してぇぇっv、あ、いくいく、イっちゃうぅぅうぅvvv」 

ペリーヌ「はぁっ、はぁっ…」 

リーネ「ペリーヌさん、もう終わりなんですか?そんなんじゃ満足できないんですけど…」 

ペリーヌ「あれ、まだ収まらなくて…」ギンギンッ 






31 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:24:22.46 ID:9Y7l8/eL0



リーネ「それは、薬による発現ですよ。いくらえっちしたところで、収まりません」 

ペリーヌ「えっ、まさかリーネさんが…」 

リーネ「ふふっv それを抑える薬持ってますけど、どうしたらいいと思いますか?ペリーヌさん」 

ペリーヌ「っ!…寝室に一緒に行ってくださいませんか、リーネさん…v」 

リーネ「ふふっv えぇ、そうですねv いいですよ、ペリーヌさんv」 






32 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:25:36.19 ID:9Y7l8/eL0




後日 

リーネ「はぁ~。ペリーヌさんで遊んだのはとても楽しかったけど。まさか、」 

■ 

ペリーヌ「子供たちを性奴隷にして売り出せば、復興も捗りますわ!私の復興の疲れも調教で取れますし、一石二鳥ですわ!」 

アメリー「復興…あっ(察し)」 

ペリーヌ「アメリー、貴方も復興を目指しているものとして協力なさい」 

アメリー「えっ?えっ?い、いや、いやぁぁぁぁ~~~~」 

■ 

リーネ「なんてことになるなんて…。でも、私のおかげでクロステルマン家は立て直せそう」 

リーネ「ふふっ、この設定で本が出せそう。  プルミエ・ブルー ~ある貴族の末路~  ってタイトルで」 

リーネ「私も芳佳ちゃんと会えるまで、子供たちとペリーヌさんで解消できるし、ありがとう扶桑のお薬」 






33 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:29:42.14 ID:9Y7l8/eL0



その頃 502 

サーニャ「エイラとここに来たのはいいけれど、ニパさんが邪魔ね」 

サーニャ「そうだ、ストライカーに調整しておかなきゃ。雷が落ちるように…」 

エイラ「な、なにしてるんだ、サーニャ」 

サーニャ「なにって、細工よ。墜とさなきゃ…」 

エイラ「さ、さーにゃ?」 

サーニャ「エイラと私の仲を邪魔する人は消さなくちゃ。仕方ないよね」 



テテテテンッ デデデンッ!           つづく 






34 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/08(月) 19:30:17.21 ID:9Y7l8/eL0



オワリナンダナ(・×・) 
読んでくれた人ありがとう。 

今回は、少し軽めなえっちにしておきました。 
前回のSSにスーパーペリーヌリクエストがあったので書いてみました。 
次回はもっミーナです。もしかしたらエイラーニャか、501以外かもしれません。 

ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ 






35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 19:33:38.30 ID:EK7sTXaM0

乙ダナ 
このリーネちゃんに言葉責めされたい 



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 23:26:04.49 ID:ac3tullQ0

乙ダナ 
これは枯れてしまうんダナ






他のおすすめSS