転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366376872/

1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:07:52.95 ID:YKp50/Nm0



501基地 早朝

サーニャ(眠い…今日もエイラのベッドに入っちゃおう…)

サーニャ(あれ、布団が……え…?)

サーニャ(え、いら…?じゃない…けど。エイラ…?)

サーニャ(心なしか、前に見せてもらった幼少期のエイラの写真にそっくり…)

サーニャ(え、ほんとうに…エイラ?これ、小さい…うそっ)

サーニャ「エイラが、小さくなってる!?」

ゴソゴソ

えいら「んぅ~、むにゃ、なんだよぉ。うるさいなぁ…」



前スレ 【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」








2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:09:42.17 ID:YKp50/Nm0




朝 ミーティング

サーニャ「ということで、夜間哨戒から帰ってきたらエイラが小さくなっていたんです。具体的に、10歳くらいに」

ミーナ「おかしなこともあるものね…。そういえば以前サーニャさんが小さk(ry」

バルクホルン「おっと、ミーナ。それ以上は」

美緒「魔翌力の暴走か、はたまた誰かの陰謀か。一つ言えるのは、戦力が減る。これは事実だ」

えいら「うぉーはなせー、おまえ、はなせぇぇぇー」

芳佳「わはー。小さいエイラさんって、弄り甲斐あるよねぇ」ほっぺたムニムニ

リーネ「そうだね、芳佳ちゃん。着せ替えしてみようか」髪イジリイジリ






3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:10:35.99 ID:YKp50/Nm0



ペリーヌ「私も、日頃の恨みを晴らさせてもらいましょうか、エイラさん」肩ガシッ

えいら「うわぁぁ、やめろ、やめろってぇぇー」

芳佳「こういうの、なんて言うんだっけ。幼女体型?」

ペリーヌ「幼児退行です!」

リーネ「…気にしてるんだ…」

エーリカ「で、なんでアリスっぽい服着てるの?」

サーニャ「昔、エイラが着てた写真を見たことがあって、箪笥にちょうど合うサイズが偶然あったので…」

リーネ「偶然…あっ(察し)」






4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:11:02.17 ID:YKp50/Nm0



エーリカ「でもさ、これどうすんの?このままほっておいて治るものなのかな」

ルッキーニ「うじゅーあたしお姉さん!うじゅぅー!」

シャーリー「よかったなぁ、ルッキーニ。妹ができたぞぉ~」

バルクホルン「妹!?そうか、なるほど、確かにエイラは妹だ。それが小さくなったら、私の妹だ」

ミーナ「バルクホルン?大尉?トゥルーデ?」

美緒「そうだな、ハルトマンの言うとおり、このままにはしておけんな…」







5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:12:30.68 ID:YKp50/Nm0




えいら「なぁ。ところで、おまえたち、だれなんだ」 

一同「!?」 

芳佳「えぇっ、エイラさん、私たちのこと覚えてないんですか!?」 

えいら「うん」 

ミーナ「困ったわね…記憶に障害もあるようだし…」 

美緒「私たちウィッチにはまだまだ分からないことがある。長い目でみようじゃないか。はっはっは」 

えいら「あ、でも。今日隣で寝てた奴のことは知ってる気がする」 

サーニャ「!?」 






6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:13:18.12 ID:YKp50/Nm0



えいら「なんだろう、よく知ってる気がする」ジー 

サーニャ「//////」 

えいら「…サーニャ」 

サーニャ「!」 

えいら「サーニャ」 

サーニャ「そうよ、私はサーニャよ」 

えいら「サーニャ、サーニャ。えへへ…////」 

サーニャ「」バタンッ 

芳佳「わぁ、サーニャちゃんが鼻血とヨダレを撒き散らしながら倒れた!」 

サーニャ「大丈夫よ」スクッ ダラダラダバァァァー 

リーネ(大丈夫じゃないよ、サーニャちゃん…) 






7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:15:28.33 ID:YKp50/Nm0



えいら「それで、姉ちゃんはどこだ?」 

芳佳「お姉さん?」 

バルクホルン「呼んだか?」 

えいら「おまえじゃない!姉ちゃんだよ、アウロラ姉ちゃん!」 

ミーナ「あぁ。貴女のお姉さんはね、ここにはいないわ。別の場所にいるの」 

えいら「いない…ねえ、ちゃ……っひく、ぐすっ…」ジワァッ 

芳佳「あー、ほらほら、泣かないで。ねっ?」 






8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:16:23.23 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「そうよ、エイラ。それくらいで泣いてちゃダメよ?」 

えいら「さーにゃ…うん…」 

サーニャ「ふふっ、いい子」ナデナデ 

えいら「//////」 

芳佳(なんでだろう。このエイラさん。とっても素直で…) 

リーネ(今までのエイラさんより、サーニャさんにベタベタで…) 

ペリーヌ(エイラさん、貴女、えいらさんに負けてしまいますわよ…) 






9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:17:17.19 ID:YKp50/Nm0



芳佳「それでね、エイラさん、あなたは昨日までここで仲間として戦っていて、」 

えいら「?」 

芳佳「はぁ…どうすればいいんだろ」 

サーニャ「…」ダバァーーーー 

芳佳(サーニャちゃん、ヨダレヨダレ!) 

サーニャ(だって、小さくなってるえいらだよ!?ヨダレ垂らさないで何を垂らすと言うの!?) 

芳佳(コイツ!直接脳内に…) 






10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:17:55.54 ID:YKp50/Nm0



エーリカ「話まとまらないね…とにかくさぁー、エイラがいない分は私とトゥルーデで補えばいいんでしょ?」 

ミーナ「そうね。少し大変だとは思うけど、よろしくね」 

エーリカ「じゃあ私お菓子追加ね。頼むよ、ミヤフジー」 

バルクホルン「ふむ、では私は。そうだな、えいらを毎晩部屋に寄越して貰おう」 

ミーナ「はいはい。エイラさんについては、医者に見てもらうことにしましょう」 

えいら「お医者さん!?痛いノカ?針刺すノカ!?痛いのはイヤだ、イヤダゾー!」ダダダッ 

サーニャ「あっ、エイラ!待って!行っちゃった…」 

ミーナ「はぁ…。では、エイラさんのお守りはサーニャさんと宮藤さん、リーネさんに任せるわ」 

サ芳リ「了解っ」 






11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:20:37.04 ID:YKp50/Nm0



501基地 廊下 

芳佳「エイラさーん、出てきてくださーい」 

リーネ「エイラさん、どこですかぁー」 

サーニャ「エイラ、どこなの?」 

えいら「注射しないか?」オソルオソル 

サーニャ「しないよ。ほら、隠れてないで出てきて」 

えいら「…」トテトテトテ 






12 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:22:27.94 ID:YKp50/Nm0




サーニャ「いい子、エイラ」 

えいら「えへへ…」ダキツキッ 

サーニャ「!」ダバァ 

芳佳「さ、サーニャちゃん、またヨダレが…」 

リーネ「でも、なんで私たちのことは忘れていて、サーニャちゃんのことは覚えていたの?」 

えいら「わかんない。けど、いつも一緒にいた気がする」 






13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:23:50.11 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「…うん」 

えいら「どこでも、何でも一緒にいて…それしか今は思い出せないな」 

サーニャ「それだけ思い出してくれれば、いいんだよ、エイラ」ニコッ 

えいら「サーニャ…えへへ…」 

芳リーネ「…」ポワァ~ 






14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:24:44.87 ID:YKp50/Nm0



午後 

ミーナ「今日はエイラさんとサーニャさんのペアで飛んでもらいたかったのだけれど、エイラさんじゃ無理ね。宮藤さん、いける?」 

芳佳「はい、いけます!けど…」チラッ 

えいら「やめろぉみやふじぃ、さーにゃはわたしのだかんな!さわるんじゃないぞー!」ガルルルル 

ミーナ「面倒くさいことが起きそうね…はぁ。サーニャさん、今日は一日お守りでいいわ…頼むわね」 

サーニャ「はい、了解しました」 

えいら「ふんっ、私のサーニャを取るなんて100年早いんだな、まったく…」 

芳佳「あは、はははは」 

サーニャ「じゃあ私たちはお医者さん来るまでお話しようか」 

えいら「うんっ」 






15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:38:14.22 ID:YKp50/Nm0



滑走路 

リーネ「ねぇ、木陰に隠れながらエイラさんたち、仲良くしゃべってるけど、なんだかほんわかするね」 

芳佳「そうだね。あ、サーニャちゃんに頭撫でてもらってる!普通のエイラさんなら卒倒ものだね」 

美緒「ほら、いくぞーもたもたするな」 

芳リーネ「はいっ」ブォォォ 

エーリカ「ほんと、エイラは今のままでいいんじゃない?クシシ」 

バルクホルン「うむ、私もそう思う。小さいエイラはかわいい。かわいいのは当たり前。そ、」 

シャーリー「でもさー、いつまでもあれは困るだろぉ」 

ルッキーニ「いいんじゃない?だってエイラ幸せそうな顔して、眠ってるみたいだし」 

シャーリー「そんなもんか」 






16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:42:20.07 ID:YKp50/Nm0



木陰 

サーニャ(エイラ、寝ちゃった…頭撫でられるの気持ちよかった?ふふっ) 

サーニャ(気持ちのいい風。暖かい日差し。膝枕されるエイラ。髪を梳かす私。いつまでもいつまでも) 

サーニャ(こんな、日が続けばいいね。でもね、小さいエイラは素直で可愛いけど。私は普段のエイラも好き) 

サーニャ(嫌いなエイラなんていない。一番のエイラなんていない。エイラが、どんなエイラでも、私は好き) 

サーニャ(私はわがままなのかな。それとも、) 

えいら「…んんっ」 

サーニャ「まだ、寝てていいんだよ」 

えいら「さーにゃ…むにゃむにゃ…」 






17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:44:24.65 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「何?エイラ」 

えいら「さーにゃ、さーにゃ…」Zzz 

サーニャ「…。ね、普段のエイラは私のこと、…なんでもない」 

えいら「んんぅ…んー、呼んだ…?」コシコシ 

サーニャ「起きちゃった。ごめんね。おはよう、エイラ」 

えいら「うん、おはよう、さーにゃ」 

サーニャ「そろそろお医者さんが来る時間だから、戻ろうか」 

えいら「うんっ」 






18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:45:43.21 ID:YKp50/Nm0



501基地 ミーナ執務室 

サーニャ「お医者さんにも分からない、とのことでした」 

ミーナ「そう…。困ったわね、そうなると一度エイラさんを原隊に戻すしか…」 

サーニャ「えっ…」 

美緒「そうだな。いつまでもここに置けん。私たちは家族だ。仲間だ。しかし、ここは最前線だ」 

サーニャ「…」 

美緒「分かるな、サーニャ」 

サーニャ「はい…」 

ミーナ「どう報告しようかしら…はぁ。それより」 






19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:46:15.03 ID:YKp50/Nm0



ドンドンドン 

美緒「早くサーニャを行かせたほうがいいか…」 

ガチャガチャガチャ 

サーニャ「…」 

ナカニイレローサーニャニアワセロー コラッエイラサンダメデスヨ ソウデスヨエイラサン ウォーハナセーハナセェェー 

ミーナ「報告ありがとう、サーニャさん。エイラさんのところに行ってあげて」 

サーニャ「はい。失礼します」 

ガチャッ 

えいら「さあにゃあぁ、こいつら私とサーニャを会わせないようにしようとする悪いやつらだぁぁぁー」 






20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:48:12.66 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「エイラ、ダメよ。ここで騒いでちゃ。ほら、いい子。夕食を食べて機嫌直して。ね?」 

えいら「むぅ…」プクゥー 

サーニャ「ごめんね、芳佳ちゃん、リーネさん。ほら、エイラも謝って」 

芳佳「い、いいよ、別になんともないから」 

サーニャ「エイラ」 

えいら「ご、ごめんなさい…」 

サーニャ「よくできました。さぁ、いこ?エイラ」テツナギッ トテトテトテ 

リーネ(エイラさんを飼いならしてるサーニャちゃん…!私も芳佳ちゃん飼いならしたいよぉ…) 






21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:50:48.66 ID:YKp50/Nm0



501基地 食堂 

えいら「これうまいな、ミヤフジとリーネの作る料理はうまいんだな。なんていう料理なんだ?」 

芳佳「今日はガリア料理を作ってみました。それはブイヤベースです」 

えいら「これ食べ方わかんないぞ…」 

サーニャ「エイラ、これはね…」 

ミーナ「あら、これは何かしら」 

リーネ「それはテリーヌです」 

ペリーヌ「!?」 






22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:54:02.04 ID:YKp50/Nm0



ミーナ「あぁ、フォアグラのね」 

エーリカ「ね、トゥルーデ、これなに?ピザ?」 

バルクホルン「私に聞かれても困る。知らんぞ」 

ペリーヌ「それはキッシュですわ。ほうれん草かしら」 

ルッキーニ「シャーリーシャーリーあれ取ってウジュウウゥー」 

シャーリー「あいよ」 






23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:54:42.21 ID:YKp50/Nm0



えいら「あー…わぁっ」 

サーニャ「あっ、ダメよこぼしちゃ。こっち向いて、拭いてあげるから」コシコシ 

えいら「ありがと…サーニャ。なぁなぁ、これはなんていう食べ物なんだ?」 

サーニャ「ガレットよ。確かにこれはエイラは食べずらいかも。卵最初に割っちゃってるし…。はい、あーんして」 

えいら「ん。あ、あーん…んっ」パクッ 

サーニャ「おいしい?」 

えいら「うん、うまいぞ、これ」モグモグ 

サーニャ「ふふっ…」 

リーネ(私も芳佳ちゃんにあーんしたい!あーんしたい!あーんしたい! あんっv あんっv ってさせたい!) 

シャーリー(で、出た~欲望塗れの黒リーネちゃんさんになっちゃ奴~) 






24 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:55:50.83 ID:YKp50/Nm0



501基地 脱衣所 

えいら「なんだー、サウナ今日使えないのかよー、まぁいっかー」ヌギヌギ 

サーニャ「残念だね。でもお風呂も結構気持ちいいんだよ、えい…らぁっ!?」 

えいら「ン?」 

サーニャ(見間違いじゃないよね、あれ、なんで、エイラ?女の子に無いものが、生えてる!?) 

えいら「んぁ?」 

サーニャ(え、でも、え?え!?) 

サーニャ「エイラ、なんで、あるの…?」オソルオソル 






25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 22:58:05.58 ID:YKp50/Nm0




えいら「わかんないけど、え、これ普通じゃないのか?サーニャにはないのか?」 

サーニャ「うん、無い。少し前に、どこかの世界線の私が自分で生やしてたけど、今の私にはないわ」 

えいら「ふぅん。変なことを言うんだな、サーニャは」 

サーニャ「と、とにかくエイラ、そのままで浴場に行ってはダメよ?」 

えいら「えぇー、お風呂って気持ちいいんだろ?うぉーいぃぃぃくぞぉぉぉー」大宇宙ステージ ダダダダッ 

サーニャ「え、エイラ!待ってぇー!」 






26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:25:52.76 ID:YKp50/Nm0




501基地 大浴場 

リーネ(あ、エイラさんだ。走っちゃ危ないのに…) 

リーネ「ひぃっ!」 

芳佳「どうしたの、リーネちゃん」(おっぱい) 

リーネ「あ、あぁ…」ガクガクガクブルブルブルバインバインバイン 

芳佳「エイラさんだ。あはは、走ってきて、可愛い、ね…!?」 

エーリカ「エイラ…って、男だったの?私初めて知ったよ!」 

バルクホルン「そんなワケないだろ!でも、これは…」ウチュウソウセイノヒカリ! 






27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:26:19.71 ID:YKp50/Nm0



シャーリー「うはー、すげぇな、おもしれぇー」 

ルッキーニ「なにこれ、ねぇねぇシャーリー、あれなに?」 

シャーリー「…。あれは、だな…」チラッ 

ペリーヌ「私を見ないでくださいまし!しかもあんなおぞましいものを…」 

美緒「まぁまぁ。これも一種の魔翌力暴走のひとつだろう。小さくなった拍子にそうなってしまったんだろう」 

ミーナ「あら、美緒。本当に貴女って狂言回しね」 

美緒「そうだろう、はっはっはっは」 






28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:30:10.53 ID:YKp50/Nm0




えいら「うわぁー、目に染みるぅーーー」 

サーニャ「もう、エイラ…。ほら、目瞑らないと泡が目に入るよ」シャカシャカシャカ 

えいら「うぅ、うぅ…」 

サーニャ「はい、できた。お湯かけるから、もうちょっと目瞑っててね」 

えいら「はーい」バシャァー 

サーニャ「さあ、次は体ね。といっても…」チラッ 

えいら「ン?」 

サーニャ(心なしか、みんなが見てる気がする) 

一同(やっぱりアレも洗っちゃうのか…?) 







29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:36:23.16 ID:YKp50/Nm0



えいら「はやくー、はやくはやくー」 

サーニャ「じゃあまずは左腕からね。はい、あげて」 

えいら「はい」 

サーニャ「…右腕…お腹…左足、右足。背中。そして…」コシコシコシコシ 

えいら「ン?」 

サーニャ「なんでもない、なんでもないよ、エイラ。っ…/////」カァー 

えいら「んっ、くすぐったいぞ…」 

サーニャ「…っ、…恥ずかし…////」ニギニギ 

一同(サーニャの手つきってなんだか、やらしい…) 






30 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:38:43.06 ID:YKp50/Nm0



501基地 エイラーニャ自室 

サーニャ「替えの服があってよかったね、エイラ」 

えいら「これ、またこの服着るのか…寝る時邪魔だぁー」ヌギヌギ 

サーニャ「あっ、もう…いいよ。一人で寝れる?それとも」 

えいら「一人で寝れるぞ!私は!」 

サーニャ「…そう。うん、じゃあねおやすみ。エイラ」 

えいら「おやすみ、サーニャ」 

サーニャ(一緒に寝たかったなぁ…はぁ。まぁ、明日一緒に寝れば…え、このまま戻らないなんてこと…) 






31 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:39:34.69 ID:YKp50/Nm0



えいら「さ、さあにゃ」 

サーニャ「うん?なに、エイラ」 

えいら「そっち行ってもいいか」 

サーニャ「っ、い…いいわよ。エイラ」 

えいら「んしょ」 

サーニャ「怖くなった?」 

えいら「ううん、違うんだ」 

サーニャ「寂しくなった?」 





32 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:40:28.49 ID:YKp50/Nm0



えいら「違う…」 

サーニャ「どうしたの?エイラ」 

えいら「サーニャ。なんか、カラダが変なんだ、熱い、熱い…」 

サーニャ「カラダが、熱い?…はっ!?」 

サーニャ(エイラのズボンが膨らんで…汁だくに!?) 

えいら「助けてくれぇ…」ウルウル 

サーニャ(可愛い!!かわいい!) 






33 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:40:58.02 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「治してほしい?エイラ」 

えいら「治るのか、これ…治してくれぇ…」 

サーニャ「ふふっ、いいよ。治してあげる…v」 

えいら「…うん」 

サーニャ「さぁ、エイラ。私とイイコトしましょ?ふふv 」クスッ 

えいら「…ぅ」ゾクゾクゾク 

えいら(なんか、こわい…) 






34 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:41:23.61 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「まずは、見せてね」スルスルスルッ 

えいら「んっ…」 

サーニャ「糸引いてる…小さくて可愛い…エイラ、どうしてこうなったか分かる?」 

えいら「し、知らない、何もしてない…」 

サーニャ「そうだね、エイラは何も知らないよね。私が教えてあげる」 

えいら「教えてって、え?なにを…」 






35 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:43:42.56 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりよ…ふふっ」パクッ 

えいら「んっ、うわ、なんで咥えて…きたな…いよ、んんぁっ!!」ビクビクビクッ 

サーニャ「んっんっ…れろれろ…まずは、皮剥いてあげるね…v」 

えいら「わ、わ、わぁぁっ、なんかぞくぞくって、あ、ああぁ」 

サーニャ(ゆっくり、ゆっくり…)ヌチュ… 

えいら「なんかこれぇ、ヘンにな、るぅっv 腰浮いちゃ、ああぁぁっ」 

サーニャ「はい、できたv これで立派になったねv」 






36 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:45:16.54 ID:YKp50/Nm0



えいら「はっ、はっ、はっ…」 

サーニャ「どう?気持ちよかった?」 

えいら「気持ちよかった…もっと、もっとしてぇっ」アタマガシッ グイッ 

サーニャ「んんん゛んんっぅ!? ん、んっ…ぷはぁっ、もう、強引だねエイラ…いいよ、んっんん…」ジュポジュポッ 

えいら「わあぁぁぁ、きもち、いいいっ、すごい…すごいよ、さあにゃぁぁっv」 

サーニャ「んっ…んくんくっ、んふっ…」チュゥゥチュポンッ 

えいら「ひゃあぁあっ、今の、なにっ」 






37 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:46:40.57 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「病み付きになっちゃった?ふふっ、もう一回やってあげるね…v」パクッ チュゥゥゥチュポッ 

えいら「んぁっぁぁっv なんか、くる、…奥からなにか、あ、あああ何かでそ、でちゃ…っv」 

サーニャ「まだダメよ。今出したら治らないわ」ニギニギッ ギュッ 

えいら「んっ、出したくても、だせない…な、なにが出るんだ…?」 

サーニャ「今から出すのはね、気持ちよかったっていう証拠よ。少しは収まった?続き、いくねv」パクッ 

えいら「うっ、ああぁ…さあにゃ、サーニャっ、口気持ちいいよぉっ、もっと舐めて、なめてぇっv」 






38 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:47:46.33 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「んっんんっんっ…んふっ、ふぅ…んくんくんくっv」ジュルジュル 

えいら「ああああぁぁっv どうしよ、でちゃいそう、でちゃっ…」 

サーニャ「もう?小さいから、仕方ないよね。いいよ、あーん」手コスコスコスッ 

えいら「あわわっ、さーにゃの手も、すきっv 早すぎ、あ、んんっv」 

サーニャ「膨らんだね…v れろれろ…舌に出して、口に入れて、顔にかけて…v」シュコシュコシュコ 






39 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:49:19.72 ID:YKp50/Nm0



えいら「でるでる、あああぁぁぁっv さーにゃ、あああぁぁぁぁっv」ビュルビュルビュルッ 

サーニャ「んっ…んっ、んっ!あ、はぁ…あつい…いっぱい出たね、エイラv」ニコッ 

えいら「はぁっ、はぁっ…はぁっ、今のが、気持ちよくなった証拠…?」 

サーニャ「そう。今のがイクってことよ。そして、これがせーえきね」 

えいら「はぁ、はぁっ…なんか、収まってない、治ってないよ、サーニャ…」 






40 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:54:28.49 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「そうだね、治ってないね…きっといっぱいこれを出せば治ると思うよ」クスッ 

えいら「ほんとかっ、じゃ、じゃあもういっかい、出したい…気持ちよかったし…/////」 

サーニャ「サーニャの口は気持ちがいい。気持ちがいいのは当たり前。そうでしょ?えぇ、いいわよ…今度は、こっちにしようか」 

えいら「わ、さーにゃ、なんで脱いで…」 

サーニャ「ここに入れると、もっと気持ちいいんだよ…、エイラv」スルスル 

えいら「ごくっ…」 

サーニャ「んっ、もう私も準備おっけーみたいだから、エイラはそのまま寝てて…」 






41 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:56:21.15 ID:YKp50/Nm0



えいら「あ、んっ!また握って…あ、あたって、サーニャの、…」 

サーニャ「サーニャの、おま○こよ?エイラ…v」 

えいら「ひっ…v」ゾクッ 

サーニャ「今からエイラの、ウィッチ○ポ…うん、ウィッチ○ポね。入れちゃうから…v」 

えいら「んっ、あ、ああぁさーにゃ…」 

サーニャ「あんっv 小さいエイラでも、ここは、んんっv 結構立派なんだね…v」ズプッ 

えいら「ああ、ああああぁぁぁぁっv 腰が、ああ、ああぁぁっv 抜けちゃ、んんぁぁぁっvv」 






42 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:57:01.46 ID:YKp50/Nm0



サーニャ「あ、はぁっv ふぅ、全部入ったね、エイラv どう、気持ちいい?v」 

えいら「あ、あああぁぁっv なんだよ、これえ、知らない、うああっわあああぁぁぁっvvv」 

サーニャ「気持ちよさそうだね、エイラ…v ワケわかんなくなっちゃってるかな、エイラv 」 

えいら「きもち、いいっ、さーにゃ、さーにゃっv」 

サーニャ「動くね…?」ボソッ ジュプッ 

えいら「ひ、あ…今、すごいのきてた…」 

サーニャ「…んっ、あ、あんっ、んっんっんっv ふふっ、エイラ、えいらぁぁっv」ジュプジュプッ 





43 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:57:33.90 ID:YKp50/Nm0



えいら「っわあああぁぁっv 待って、待って!さーにゃ、それ気持ちよすぎぃっv またでちゃ、い、イク!」 

サーニャ「待たない…v」ズプズプズプズプッ 

えいら「いくっ、さあにゃいくよぉっv せーえきでちゃ、うぅうっっv イクううぅぅぅっv」ビュクビュービュルッ 

サーニャ「あんっv 熱いの、子宮にかかってる…またいっぱい出したねv 治った?エイラv」 

えいら「治って、ない…も、もういっかい…/////」 

サーニャ「そうだね、もう一回出せば治るかもね…v」クスッ ズプズプッ 






44 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:58:20.44 ID:YKp50/Nm0



えいら「んっ、あああぁぁぁっv さあにゃああぁぁっv サーニャのおま○こすごい、すごい気持ちいいよぉっv」 

サーニャ「んん゛んあ゛ぁぁっv エイラのせーしと、私のおま○こでぐちゃぐちゃに、かき混ぜられてぇっv んんぁぁっv」 

えいら「はっ、はぁぁっv サーニャ、サーニャv」ムニュムニュ 

サーニャ「あんっv んっ、もう、小さくてもエイラは、んっ、おっぱい好きなんだねv 私もエイラ、好きよv」 

えいら「さあ、にゃ…さあにゃ、サーニャさあーにゃ、さああにゃあぁぁぁっv すきぃっ、すきすきすき、さあにゃ、すきっv」 

サーニャ「…」ゾクゾクゾクゾクゾクゾクッ 






45 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:58:48.24 ID:YKp50/Nm0



えいら「んっ、んっ、あ…ああああぁぁっv は、んっv」ウルウル 

サーニャ「っ!?ひ、うそ、またナカで、大きくなってきて、おま○こごりごりってぐりゅぐりゅって、は、ああ゛ああぁぁぁっv」 

えいら「うん、うんっ、おかしいんだ、また何か…あ、んっv 大きくなってる気がするよぉぉっv」 

サーニャ「膣壁グリュンネしちゃ、だめぇ、だめええぇっv えいら、私も気持ちーの、きてる、きちゃってるぅっv」 

えいら「イク、私またイクよぉぉっv さああにゃぁぁっv さーにゃのおま○こにせーしでちゃ、あああぁぁぁっvv」ドピュドピュ 

サーニャ「うんっ、イって、私のナカで…あ、あ、あ…んんぁああぁぁぁいくいく、私もイっちゃ…んにゃぁぁぁぁぁっv」ビクビクッ 






46 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/19(金) 23:59:26.61 ID:YKp50/Nm0



えいら「はっはっ、はぁっっv すごか、った…さーにゃ…」 

サーニャ「んっ、はぁ…また出されちゃった…そうね…、でもどうしてあんなに大きくなったのかな…」 

サーニャ(これが、エイラーニャパワー!?) 

えいら「な、なぁ…サーニャ…」 

サーニャ「どうしたの、エイラ」 

えいら「まだ治ってないみたいなんだ」ビクンビクン 

サーニャ「そうね。どうしたい?まだ出したい?まだ、私のおま○こにせーしびゅーびゅーって、したい?」クスッ 

えいら「出したい、出したいっ、さーにゃのおま○こにまたせーしびゅーびゅーしたいぃっv」ダイシュキホールドッ 

サーニャ「そうだね、出したいよねv じゃあ、えいらのしたいように、私を犯していいよ?v」 

えいら「さーにゃ、さーにゃあぁぁぁぁぁっv」ガバッ 

サーニャ「あんっv」 






47 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/20(土) 00:04:01.18 ID:INZU/Fbe0



次の日 

501基地 食堂 

芳佳「朝起きたら治ってたんですよね?」 

サーニャ「うん、普段のエイラだった」 

リーネ「エイラさんは?」 

サーニャ「疲れて寝てるわ。ぐっすり」 

リーネ「…あっ(察し)」 

サーニャ「それでね、小さくなった原因が分かったの」 






48 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/20(土) 00:05:36.75 ID:INZU/Fbe0



芳佳「なんなの、原因って」 

サーニャ「この間ね、扶桑の温泉郷へ行ったの」 

芳佳「湯涌温泉だっけ?」 

サーニャ「そう。そのときに、ぼんぼり祭り用に願いを書いてきたの。のぞみ札っていうんだけど」 

芳佳「ふぅん」 

サーニャ「エイラを1日でいいから小さい子供に戻してくださいって書いてきたの。オプションで生えてたけど」 

リーネ(あちゃぁー、サーニャちゃんってヘンタイだったんだね…) 

サーニャ「私、ぼんぼってたから願いが叶ったのかもしれない。ぼんぼれば願いは叶う。そうよね?」 





テテテテンッ デデデンッ!           つづく 





49 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 2013/04/20(土) 00:10:29.32 ID:INZU/Fbe0

オワリナンダナ 
読んでくれた人ありがとう。 

4月の初めに深友と花いろ巡礼してきました。 
西岸駅にエイラーニャのラミネートがあったらそれは私のです。 
もっミーナがうまくまとまらないので他の書き溜め投下していきます。 
次もよろしくお願い致します。 

ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/21(日) 12:26:09.80 ID:h9BLHD55o

乙 
おねしょたっぽくて良かったお






他のおすすめSS
紗夜「Roseliaの皆とカラオケに来てしまったけどもう無理漏れる」 
湊友希那「どうしても語尾に“にゃ”が付いてしまうにゃ……困ったにゃ」 
【バンドリ】友希那「これも試練よ!」リサ「えぇ……」【ガルパ】 
【メイドインアビス】ナナチ「ボンボルド」 ボンドルド「…」 
【ブレンド・S】桜ノ宮苺香「おはようございます」 
恭介「何故か俺の部屋にコミックL○が置かれてあった」 
あかり「苺ましまろ?」 
乙坂有宇「えっと…君は…」 友利「この子はあなたの」 歩未「恋人、なのです…!」 
【シンフォギア】響「GXでもクリスちゃんに名前呼ばれなかった!」 
夏海「兄ちゃん!」卓「......」