転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550993161/

1: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:26:01.52 ID:CXE3Ui0JO

【765プロライブシアター】
百合子「すごいよねぇ、ロコちゃん。アイドルアルティメイトで優勝するなんて。」


杏奈「これで、トップアイドルの仲間入りだって…プロデューサーさんが言ってた。」


百合子「私たちも頑張らないと、だね!」


杏奈「うん…でも、今はロコに…おめでとうって伝えたい、よ…。」


百合子「私も。ロコちゃん、もう来てるかなぁ?」


ロコ「ユリコ!アンナ!グッドモーニングです!!」


百合子「うわビックリした!」



2: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:27:42.26 ID:CXE3Ui0JO

百合子「どうしたの?やけにハイテンションだけど。」


杏奈「トップアイドルになれて…嬉しい、とか…?」


ロコ「もちろんそれもありますが、ビッグニュースがあるんです!」


百合子「ビッグニュース?」


ロコ「見せたいものがあるので、ロコについてきてください!」



3: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:30:10.67 ID:CXE3Ui0JO

杏奈「更衣室に来て…鍵までかけて…秘密の相談?」


ロコ「あまり人に見せるものではありませんので。フレンドの2人にだけ特別なんです。」


杏奈「何かな…わくわく…。」


ロコ「これです!」ヌギヌギ


百合子「ちょっ、ちょっと!?どうしてスカートを脱ぐの!?」




4: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:31:02.09 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「よいしょ、っと。」ヌギッ 


百合子「パンツまで!?前!前を隠して!」 


ロコ「恥ずかしがらずに見てください!ほら!」 


百合子「えぇ…?えーっと……へ?」 


杏奈「ロコ…そのお股のものって…もしかして…!?」 


百合子「いやいや!ありえないでしょ!」 


杏奈「で、でも…アレってどう見ても…。」 


ロコ「ペニスです。」 


百合子「ロコちゃん!?」



5: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:32:16.61 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「紛れもなくロコのペニスです!」 


杏奈「ど、どうして…ロコのお股におちんちんが…!?」 


百合子「そういえば、噂で聞いたことがある!」 


百合子「トップに登りつめたアイドルには、1週間、おちんちんが生えるって!」 


杏奈「トップアイドルに、おちんちんが…!?ど、どうして…!?」



6: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:33:31.49 ID:CXE3Ui0JO

百合子「優秀なアイドルの遺伝子を広く残すために、種をばらまくんだよ。そのためにおちんちんが生えるらしくて…。」 


ロコ「イグザクトリーです!」 


ロコ「つまりこのペニスこそが、ロコがトップに立ったというエビデンスなんです!」 


百合子「な、なるほど…でも、それでいいの?おちんちんが生えるなんて嫌じゃない?」 


ロコ「生えたと言ってもワンウィークでロストするらしいので。」 


ロコ「それよりも、こんなレアなエクスペリエンス、アーティストのインスピレーションを刺激されずにいられません!」 


百合子「逞しいなぁ。」 


杏奈「ねぇ…ちょっといい…?」



7: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:34:56.65 ID:CXE3Ui0JO

百合子「どうしたの?」 


杏奈「えっと…おちんちんが生えて…どうして、遺伝子が残せる…の?」 


ロコ「……えっ?」 


杏奈「その…おちんちんって、男の人が…おしっこするところ…でしょ?」 


百合子「えーっと…杏奈ちゃん。セックスって知ってる?」 


杏奈「?」 


ロコ「つまり、ガールズアマリリスとボーイズバスターブレイドをコネクトするといいますか…。」 


百合子「その表現やめて。」 


杏奈「えと…よくわかんない…。」 


ロコ「…どうしましょう、これ。」 


百合子「どうするも何も…教えるしかないでしょ。」



8: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:36:04.29 ID:CXE3Ui0JO

──『受精』。それは精子達の永遠の憧れ。 


──だが、その頂点に立てるのは、ほんの一握り。 


──そんなサバイバルな膣内に、数億の精子が足を踏み入れていた! 


ロコ「……これ、何ですか?」 


百合子「勉強用に用意した、性教育の動画だよ。」 


ロコ「大丈夫ですかね?色んな意味で。」 


百合子「ナレーションはともかく、中身は普通の動画だと思う。多分。」 


百合子「───それで、理解できた?」 


杏奈「な、何とか…あぅ。」 


ロコ「恥ずかしかったみたいですね。」



9: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:37:12.55 ID:CXE3Ui0JO

杏奈「それで…ロコもするの?その…セックス。」 


ロコ「まさか!ロコはまだチャイルドですよ!ペアレントになるには早すぎます!」 


ロコ「そんなことより、今はアートの方が大事なので!」 


ロコ「このペニスからどんなアートを生み出そうかと、インスピレーションが止まらないの!」 


百合子「頑張ってねー…。」 


ロコ「(それから、ロコのふたなりライフがスタートしました!)」



10: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:38:32.93 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「(ある日のこと)」 


百合子「そもそも、おちんちんから着想を得たアートって何?」 


ロコ「よくぞ聞いてくれました!これを見てください!」 


百合子「おちんちんの彫刻!?ロコちゃんのエッチ!」 


ロコ「エッチじゃないです!アートです!」 


百合子「どどどこが!ただのおちんちんじゃない!」 


ロコ「古くからヌードというのはワールドワイドにポピュラーなアートのテーマなんです!」 


杏奈「確かに…裸の人の彫刻とか…美術の教科書に載ってる、ね…。」 


ロコ「それをエッチな目で見る方がエッチなんですよ!」 


百合子「納得いかない!」 


杏奈「これ、ロコのおちんちん…なの?」 


ロコ「はい。型を取ってクリエイトしました。」 


杏奈「これが…ロコの…。同じ物が…ロコのお股にも…。」チラッ 


ロコ「アンナ?」 


杏奈「な、なんでもない…よ!」



11: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:39:23.00 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「(またある日のこと)」 


ロコ「今日のアートは2人に喜んでもらえると思います。」 


百合子「あんまり良い予感がしないんだけど。」 


ロコ「じゃーん!こちらです!」 


杏奈「ひぃ!な、何そのモンスター…!?」 


百合子「またおちんちんじゃない!」 


ロコ「違いますよ!ゴッドマーラです!」 


百合子「マーラって、あの魔神マーラ?」 


ロコ「はい!どうです?リアルなクリーチャーみたいでしょう?」 


ロコ「どうぞ、遠慮せずにタッチしてください。」 


杏奈「い、意外と柔らかい…ね。」 


百合子「でも中は硬いような、不思議な感触だね。」 


ロコ「実物と同じになるよう、マテリアルにもこだわりましたから。」 


百合子「えっ!?これ、本物のおちんちんの触り心地なの!?」 


ロコ「はい。」 


百合子「そ、そう…これがロコちゃんの…。」チラッ 


ロコ「ユリコ?」 


百合子「な、なんでもない!」



12: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:40:09.70 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「(ペニスからアイディアを得てアートをクリエイトする日々。)」 


ロコ「(それはとてもエキサイティングでファンタスティックでした。)」 


ロコ「ふふふ~ん♪」 


百合子「どうしてだろう…。最近、ロコちゃんを見ていると、胸が苦しいの。」 


杏奈「杏奈も…。正確には、ロコと言うより…。」 


百合子「…ロコちゃんの、おちんちん。」ゴクリ 


ロコ「(ただ、ロコは気づいていませんでした。)」 


ロコ「(ロコのビハインドに迫るダークシェイドに。)」



13: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:41:11.80 ID:CXE3Ui0JO

【765プロライブシアター】 


ファンA「ロコ様ー!お顔を見せてくださいー!」ドンドン! 


ファンB「ロコちゃーん!!優しくぎゅっと抱きしめてー!!」ドンドン! 


ファンC「ほあーーー!!ほあーーー!!」ドンドン! 


ロコ「ごめんなさい!今日のロコはビジーなので!」 


百合子「な、何この騒ぎ!?」 


杏奈「劇場の外に…誰かいる、の…?」 


ロコ「ユリコ!アンナ!シアターのスタッフを呼んできてください!」 


百合子「ふぅ…何とか追い払って貰えたね。」 


ロコ「はぁ…はぁ…。」



14: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:42:02.56 ID:CXE3Ui0JO

百合子「ロコちゃん、大丈夫?」 


ロコ「はい、何とか…。」 


杏奈「来る途中で、追っかけに会うなんて…災難、だね…。」 


百合子「熱心過ぎるファンも考えものだよね。」 


ロコ「そんな可愛いものじゃないですよ!何人いたと思うんですか!?」 


杏奈「えっと…100人くらい…?」 


ロコ「しかもガールズばかり!これも全てロコのペニスのせいなんです!」 


杏奈「え…どういうこと…?」



15: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:42:57.89 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「ロコのペニスは、セックスによってベビーを作るためのペニスって言いましたよね。」 


ロコ「だからきっと、セックスのパートナーを見つけやすいよう、フェロモンが出ているんですよ。」 


百合子「それが女性ファンに無意識に働きかけているんだね。」 


杏奈「ファンというより…ゾンビゲームのゾンビみたいだった…よ。」 


ロコ「もしもファンに捕まれば、無理やり…うぅ…。」



16: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:43:44.71 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「このままではゴーホームもインポッシブルです…。」 


百合子「…大丈夫だよ!だって、おちんちんって、今日で消えるんでしょ?」 


ロコ「あっ、そういえばその通りです!」 


杏奈「あとどれくらいで…なくなる、の…?」 


ロコ「えっと…あと2時間ですね。」 


百合子「それまで劇場の中にいれば安心だよ。」 


百合子「それに、もし何かあっても、私たちがロコちゃんを助けるよ。」 


杏奈「杏奈も…。ロコは大切なお友達…だから。」 


ロコ「サンクスです、2人とも!」 


ロコ「それでは、ペニスが消えるまで、ロコはロコアートにコンセントレイトしますね。」 


杏奈「頑張って、ね…。」 


百合子「…………さて。」



17: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:44:40.28 ID:CXE3Ui0JO

百合子「最初はグー、じゃんけん…ポン。」 


杏奈「やった、杏奈の勝ち…。」 


百合子「うう…それじゃあ最初は杏奈ちゃんから、だね。」 


杏奈「でも…杏奈の力で…勝てる、かな…?」 


百合子「大丈夫だよ。私も協力するから。」 


杏奈「百合子さん…。」 


ロコ「あのー…?」 


百合子「ッ!?」



18: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:45:54.65 ID:CXE3Ui0JO

百合子「ろ、ロコちゃん!?どうしたのかな!?」 


ロコ「2人がコソコソ話しているのが気になったんですが…何の話ですか?」 


杏奈「げ、ゲーム…だよ。ボスの攻略会議してたの…。」 


百合子「そそそう!その通り!」 


ロコ「はぁ…それなら良いんですが。」 


杏奈「それより、アートは良いの…?」 


ロコ「そうですね。向こうで作ってきます。」 


百合子「……ふぅ。」



19: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:46:34.83 ID:CXE3Ui0JO

杏奈「どうしよう…警戒されたかも…。」 


百合子「睡眠薬を使おう。ちょうど手元にあるから。」 


杏奈「流石百合子さん…。どうしてそんな物持ってるかは…聞かないでおく、ね…。」 


百合子「これをアイスティーに混ぜて飲ませれば…。」 


ロコ「あのー…。」 


杏奈「ッ!?」



20: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:47:36.77 ID:CXE3Ui0JO

杏奈「こ、今度は何…!?」 


ロコ「またコソコソ話してましたが、何しているんですか?」 


百合子「ボス攻略会議だよ!」 


ロコ「ボスに睡眠薬を飲ませるんですか?」 


杏奈「す、睡眠爆破で…楽に狩ろうかなって…!」 


ロコ「…もしかして、ロコペニスのフェロモンでエキサイトしていません?」 


百合子「ま、まっさかぁ!友達のおちんちんに興奮するわけないじゃない!」 


杏奈「ロコ…友情を疑う、の…?」 


ロコ「そういうわけじゃないですが…。」 


百合子「ほら、早く新作を作ろうよ。ファンも待ってるよ?」 


杏奈「ロコの新作…楽しみにしてる、ね…。」 


ロコ「…わかりました。」



21: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:48:11.89 ID:CXE3Ui0JO

百合子「……ふぅ。なんとか誤魔化せた。」 


杏奈「どうしよう…警戒心マックス…だよ。アイスティー…飲んでくれない、かも…。」 


百合子「こうなったら奇襲をかけよう。2人がかりなら勝てるはず。」 


杏奈「うん…それしかない、ね…。」 


百合子「よし、行こう!ロコちゃんのおちんちんゲット作戦だよ!」 


ロコ「ほらぁ!やっぱり!」 


百合子「ッ!?」



22: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:49:33.30 ID:CXE3Ui0JO

百合子「しまった!聞かれた!」 


杏奈「もう…百合子さんってば…。」 


ロコ「ロコに何をするつもりだったんですか!?」 


百合子「何をって…決まってるでしょ。」 


杏奈「ロコナイズ、だよ…。」 


ロコ「ロコナイズをセックスの隠語みたいに言うのやめてください!」



23: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:50:28.23 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「どうして…2人はフレンドだと思ってたのに!!」 


百合子「残念。ロコちゃんの友達の百合子と杏奈はもういないんだよ。」 


杏奈「今日からはセックスフレンド…だよ。」 


ロコ「そんな…!?」 


百合子「私たちね、ずっと耐えてきたんだよ。ロコちゃんのおちんちんの誘惑に、ね。」 


杏奈「でも…もう限界…。杏奈、ロコとセックスしたい…。」 


ロコ「ダメです!そんなことしたら、ベビーができてしまいます!」 


杏奈「いい、よ…。杏奈、ロコの赤ちゃん…欲しい。」 


百合子「わぁ、杏奈ちゃんってば大胆だね。」 


ロコ「く、クレイジー…!」



24: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:52:39.50 ID:CXE3Ui0JO

百合子「さてと。それじゃあ大人しくしてもらおうかな。」 


杏奈「痛い目にあいたくないよ、ね…?」 


ロコ「そんな…やだ…誰か…誰か…」 


ロコ「誰かーーーーー!!!」 


百合子「ッ!?が…はっ…!!」 


杏奈「ッ!?百合子さ…ぅっ…!?」 


ロコ「…え…2人が急に苦しみ始めた?」 


百合子「ぐっ…がっ……!?」 


杏奈「あぅぅ…!!ぐぅ…!!」 


ロコ「2人とも…?どこか苦しいんですか?」 


百合子「駄目…!ロコちゃんを犯すなんて…できない!」 


杏奈「嫌…だ…!杏奈…ロコに酷いこと…したくない…!」 


ロコ「(正気に戻ってる!?)」 


ロコ「2人とも!しっかりしてください!」 


百合子「ロコちゃ…逃げ、て…!私…もう…駄目…!」 


杏奈「杏奈が…杏奈でいる間に…早く…!」 


ロコ「ッ!……2人とも、ソーリーです!」ダッ!! 


ロコ「(今のうちに、どこかにハイドしないと!)」



25: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:53:37.93 ID:CXE3Ui0JO

【更衣室】 
ロコ「ドアをロックして…これで、時間が稼げますね。」 


ロコ「それにしても、2人がどうしてあんなことを…。」 


??「…こえる…聞こえるかい?ロコ…。」 


ロコ「えっ、誰?誰かいるんですか?」 


??「私だ…私だよ…。」 


ロコ「私って誰ですか!?」 


??「私は君。君の中の君。つまり…」 


ペニス「私は君のペニスだ!」 


ロコ「ペニスが喋った!?」



26: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:54:56.09 ID:CXE3Ui0JO

ペニス「トップアイドルのペニスだからね。魂くらい宿るさ。」 


ロコ「まさかそんな…。」 


ペニス「それより、今、君は友人たちに強姦されようとしているね?」 


ロコ「そ、そうなんです!」 


ペニス「何を隠そう、君の友人を操っているのは私だ。」 


ロコ「知ってますよ!!」



27: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:56:03.45 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「早く2人を元に戻してください!」 


ペニス「そうはいかない。このままでは私は童貞のまま消えることになる。」 


ペニス「私もペニスとして生を受けた身。性交体験を味わってから消えたい。」 


ロコ「ふざけないでください!」 


ロコ「そんなことのために、ファンやロコのフレンズをコントロールしたんですか!?」 


ペニス「そうとも。それが女性を意のままに操る能力、マインドファッカーだからね。」



28: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:57:40.29 ID:CXE3Ui0JO

ペニス「さて。私の寿命もあと1時間。その前に、君にはセックスをしてもらうよ。」 


ロコ「残念ですが、セックスしようにもパートナーがいませんよ!」 


百合子「ロコちゃーん。いるんでしょー?開けてよー。」 


ロコ「ッ!?」 


杏奈「あったよ…ドアのスペアキー…。」 


百合子「でかした!」 


ロコ「ユリコ!?アンナ!?」



29: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 16:58:50.99 ID:CXE3Ui0JO

ペニス「ここは袋小路だ。君は2人に犯される運命なんだよ。」 


ロコ「こ、このままだと、2人がレイパーになってしまいます!」 


ペニス「友達を強姦魔にしたくない?ロコ。それは君が2人を拒むからだよ。」 


ペニス「逆に考えるんだ。和姦にしちゃえばいいさって、考えるんだ。」 


ロコ「嫌です!!」 


百合子「ロコちゃん、見ーつけた!」 


ロコ「ひぃっ!?」



30: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:00:27.69 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「ユリコ!アンナ!お願いですから正気に戻って!」 


百合子「無理だよ。私たちは今、人格を完全に操られているから。」 


杏奈「おちんちんの…奴隷…だよ…。」 


ロコ「くっ…ど、どうにかしてエスケープしないと…!」 


ペニス「させない!!」 


ロコ「っ!?ぼ、ボディがパラライズして動かない…!?」



31: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:01:32.30 ID:CXE3Ui0JO

ペニス「残念だが、私の力で君の動きを止めさせてもらったよ。」 


ロコ「ペニスがボディをコントロールするって、そんなにセックスしたいんですか!?」 


ペニス「ペニスのレゾンデートルって、セックスコミュニケーションそのものなんです!」 


ロコ「それ以上やめて!」 


杏奈「あれ…?嫌がっている割に…抵抗しない、の…?」 


百合子「なんだ。下の口は正直だね。」 


ロコ「返す言葉もないです!!」



32: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:02:18.38 ID:CXE3Ui0JO

百合子「それじゃあ、そろそろ始めようか。」 


杏奈「脱がせるから…じっとしてて、ね。」 


ロコ「うぅ、このままじゃ…。」 


杏奈「わくわく…ドキドキ…。」ズルッ 


ロコ「はぅぅ!」ボロン 


百合子「…………は?」 


杏奈「…………え?」 


ロコ「ん?」



33: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:02:59.31 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「2人とも、どうかしましたか?」 


杏奈「えと…ロコのおちんちん…そんなに大きかったっけ?」 


百合子「前に見たのと違う気がするんだけど…。」 


ロコ「え、そうですかね?」ビキビキ 


杏奈「う、うん…指どころか腕くらい大きいような…?」 


百合子「おちんちんって、こんなに大きくなるの…?」 


ロコ「ファーストエクスペリエンスなので、ロコにもよくわかりません。でも…」 


ロコ「まだビッグになるみたいです。」ビキビキビキビキ 


杏奈「ひ、ひぃぃっ!?」



34: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:04:15.55 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「すごい…なんてパワフルなペニスなんでしょう。」 


杏奈「あわわ…な、何あのサイズ…!?あんなの入れたら…杏奈が裂けちゃう…!百合子さん、助けて…!」 


百合子「…………。」 


杏奈「ゆ、百合子さん…?」 


百合子「全然違うじゃん!何で!?」 


杏奈「ッ!?」 


百合子「言ったよね。この前のロコアートはロコちゃんのおちんちんをモデルにしてるって。」 


百合子「それなのに、この実物は何!?」 


ロコ「あの時はイレクションしていませんでしたし、当然でしょう。」 


百合子「当然って、こんなに大きいなんて聞いてないよ!」 


百合子「もういい!私、セックスやめる!」ダッ 


杏奈「百合子さん!ま、待って…!」ダッ 


ロコ「ええ…?」



35: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:05:11.42 ID:CXE3Ui0JO

ペニス「…………。」 


ロコ「えっと…?」 


ペニス「まぁ、しょうがないよね。所詮童貞は嫌われ者だからね。」シオシオ 


ロコ「げ、元気出して!チェリーだって、ハッピーなことはありますよ!」 


ペニス「そんな心にもない言葉で、童貞ペニスが元気になるわけないだろう!」 


ロコ「じゃあどうすればいいんですか!」 


ペニス「ペニスを慰める方法なんて、ペニスを慰める以外無いだろう!」 


ロコ「ハードラックです…。」 


ロコ「(こうして、ロコのふたなりライフはフィニッシュしました。…色んな意味で。)」ドプッ!!



36: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:06:28.04 ID:CXE3Ui0JO

【後日談】 
ロコ「それで、何か言うことは?」 


百合子「本当に申し訳ありませんでした!!」 


杏奈「あんなことするつもりじゃ…なかった、です…!!」 


ロコ「まぁ、2人を誘惑したロコのペニスが悪いんですけどね。」 


ロコ「それでも、もっと抵抗できなかったんですか?」 


百合子「したよ!負けたけど!」 


杏奈「やっぱり、おちんちんには勝てなかった…よ。」



37: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:07:18.41 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「それでも、ストロングなウィルがあればペニスにも負けないと思うんです。」 


百合子「そんな無茶な…。」 


杏奈「ロコも、やってみればいい…よ。」 


ロコ「OKです!そういうチャンスがあれば、絶対にウィンしてみせま……ん?」 


ヴ---ヴ---ヴ--- 


杏奈「百合子さん…スマホ、震えてる…よ?」 


百合子「プロデューサーさんから電話だ。はい、もしもし。」ピッ 


百合子「…えっ!私と杏奈ちゃんが!?」



38: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:08:38.24 ID:CXE3Ui0JO

杏奈「杏奈が、どうしたの…?」 


百合子「やったよ、杏奈ちゃん!私たち、Sランクアイドルへの昇格が決まったんだよ!」 


杏奈「え、Sランク…!?」 


百合子「うん!これで私たち、トップアイドルの仲間入り……ん?」 


杏奈「えっ…トップアイドル…ってことは…?」 


百合子「ひぃぃぃ!!な、何か生えてるし!!」 


杏奈「杏奈も!!こ、これってまさか…!?」 


ロコ「ペニスですね。」 


百合子「ロコちゃん!?」



39: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:09:41.39 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「2人とも。実はロコ、グッドなアイテムを持っているんですよ。」 


杏奈「アイテム…?」 


ロコ「はい。ロコアートのニューエディション…ペニスドレスアップアートです。」 


ロコ「つまり、ペニスをよりアーティスティックにドレスアップするためのアクセサリーですよ。」 


百合子「アクセサリーって、例えばどんな?」 


ロコ「これです。」ドサドサッ! 


杏奈「た、沢山ある…ね…。」



40: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:13:43.61 ID:CXE3Ui0JO

百合子「これ、アクセサリーというよりオナホールとローションじゃ…?」 


ロコ「もっとノーマルなアクセサリーがいいですか?それなら、ペニスに付けるリングやピアスもありますが。」 


百合子「一般的なアクセサリーなのに狂気度が増したよ!?」 


杏奈「ね、ねぇ…この細い棒みたいなの…何?」 


ロコ「ペニスにインサートするスティックですよ。こう、ペニスにずぶずぶ~っと。」 


杏奈「ひぃぃ!!想像しただけで…痛い、よ!!」



41: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:17:38.23 ID:CXE3Ui0JO

ロコ「クリエイトしたは良いものの、身につけるモデルがいなくて困ってたんです。…ところで、クエスチョンですが」 


ロコ「ロコたち、フレンズですよね?」 


百合子「待った!そんな怪しいおもちゃでフレンズに何をする気!?」 


ロコ「何って…ロコナイズですよ。」 


百合子「やっぱり隠語じゃん!!」 


杏奈「ていうか、全然勝ててない、よ…!!」 


ロコ「さぁさぁ、2人とも…マーベラスなロコアートにしてあげますからね♪」 


百合子「に、逃げないとって…あ、あれ!?」 


杏奈「体が…動かな……あっ…!?」 


百合子&杏奈「「アッーーー!!」」 
【終わり】



42: ◆2xoSemqxLg 2019/02/24(日) 17:18:34.12 ID:CXE3Ui0JO

以上です。楽しんで貰えたら幸いです。



44: ◆NdBxVzEDf6 2019/02/24(日) 18:16:12.47 ID:/VqYNkEk0

今回は喋るどころか他人を操りだしたな、ペニスってすごい 
乙です 

>>1 
ロコ(15) Vi/Fa 
kB1EHIB
K08xU5K


望月杏奈(14) Vo/An 
Kkepr1C
BuBT0ew
 

七尾百合子(15) Vi/Pr 
wLBStGP
fa9M0SY



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/24(日) 18:26:36.19 ID:BOpHr1EFO

喋るペニスってなんなん……






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
P「趣味を見つけたい」 
春香「やんちゃな千早ちゃんの誕生日」 
千早「幸せなら手をたたこう」 
千早「最近モノが増えてきたわね」 
P「深夜残業」