転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548810680/

1 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:11:20.21 ID:OyRatctVO

ガルパンSSです





2 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:13:00.73 ID:Mhi4tErs0

みほが高1の頃のお話


黒森峰女学園

小梅「みほさん見てみて。占い屋さんがある」

みほ「本当だ。学園艦に珍しいね」

小梅「ちょっと寄ってみない?」

みほ「わ、私は遠慮しようかな」

占い師「いらっしゃい」

みほ「小梅さん、私は見てるから興味あるなら遠慮なくどうぞ」

小梅「じゃあ、お願いします!」

占い師「はい。では手を見せていただけますか……ほう、これは水難の相!」



3 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:14:20.07 ID:Mhi4tErs0

小梅「水難の相?」

占い師「はい。貴女にはとんでもない水難の相が出ております。しばらくは水に気を付けたほうが良いでしょう」

小梅「はぁ……」

占い師「決して水には近づかないことです。それでは」

小梅「ありがとうございました」

みほ「た、大変なことになっちゃったね」

小梅「ただの占いだし、大丈夫だよ」

みほ「でも」

小梅「それに水に近づかないで生活なんてできるわけないし」

エリカ「……」

みほ「あれ、あそこにいるのって逸見さん?」



4 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:15:47.31 ID:Mhi4tErs0

小梅「あ、本当だ」

エリカ「!」ビクッ

エリカ「あ、副隊長たち……なんでこんなところにいるのよ?」

みほ「小梅さんがそこの占い屋さんに占ってもらってたの。逸見さんは?」

エリカ「わ、私は別に……占いに来たわけじゃないし!」

みほ「そうなんだ……」

エリカ「ええ……」

みほ・エリカ(なんか微妙に気まずい雰囲気)

小梅「そうだ!逸見さん夕飯まだですか?」

エリカ「え?まだだけど」

小梅「じゃあこの後三人でご飯食べに行かない?ね?」

みほ「えぇ!」

エリカ「はぁ?」

小梅「ダメ?」

みほ「私はそんな、もちろん行きたいけど、逸見さんさえ良ければ……」

エリカ「別に、断る理由ないけど」

小梅「じゃあ決定ですね!」

みほ(小梅さん、すごい外交力……)




5 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:17:01.82 ID:Mhi4tErs0

_________________________________________________ 


みほ「学園艦の端にこんな定食屋さんあったんだね」 

小梅「私は炒飯セットで!2人は?」 

エリカ「あなたチャーハン好きなの?じゃあこのハンバーグ定食」 

小梅「好きだよ。逸見さんはハンバーグ好きなんだね」 

みほ「え、えっと、どうしようかな」 

エリカ「優柔不断ね……副隊長とあろうものが」 

小梅「食事は関係ないんじゃ……」 

エリカ「日常の判断力は全てにつながるのよ。店員さん!お願いします!」 

みほ「ふぇっ!?」 

小梅「みほさんがまだ決まってないのに!」 

店員「お待たせしました」 

エリカ「ハンバーグ定食と炒飯セット、あなたは?」 

みほ「カツ丼でお願いします」 

店員「かしこまりました」 



6 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:17:47.41 ID:Mhi4tErs0

エリカ「ほらね、咄嗟の判断力はあるんだから普段からちゃんと胸を張りなさい」 

みほ「逸見さん……」 

店員「お水です」コトッ 

小梅「ありがとうございます」ゴクゴク 

小梅「はっくしょん!」 

バシャアッ 

みほ「ひゃっ?」 

エリカ「ちょっと!大丈夫?」 

小梅「は、はは。ちょっと服が濡れちゃっただけだから大丈夫だよ」フキフキ 

みほ「もしかして、今のが水難……?」 

エリカ「水難?」 

みほ「小梅さんがさっき占いで水難の相があるって言われて」 

エリカ「だとしたらしょぼい水難で良かったわね」 



7 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:21:04.01 ID:Mhi4tErs0

店員「お待たせしました。チャーハンセットとハンバーグ定食とカツ丼です」 

小梅「美味しそう!気を取り直して食べよ!」 

みほ・エリカ「いただきます」 

小梅「やっぱりチャーハンはこの一緒についてくるスープがポイントよね」フッフッフ 

小梅「まずはスープからいただきま」バッシャア! 

小梅「アッッ!ッツ!!熱っ!!!!」ドタバタ 

みほ「小梅さん!」 




8 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:21:51.46 ID:Mhi4tErs0

帰り道 

小梅「うう、散々な目にあった」 

みほ「もし水難の相が続いてるんなら、お祓いとかしてもらったほうが……」 

小梅「2回もやられたんだしもう大丈夫よ」 

エリカ「その根拠はわからないけど占いなんて信じない方がいいわよ」 

小梅「じゃあ、二人ともまた明日!」 

みほ「気をつけてね」 



小梅の部屋 

小梅「さて、洗濯物取り込まないと」 

ポツポツ 

小梅「やばっ雨降り始めた」サッサッ 

ザザァー! 

小梅「ふうセーフ。あと5分帰宅が遅かったら洗濯物びしょ濡れだった。やっぱり水難の相は終わったのね!」



9 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:25:52.45 ID:Mhi4tErs0

次の日 

小梅「みほさんおはよう」 

みほ「おはよう。昨日の夜すごい雨降ったけど大丈夫だった?」 

小梅「うん!この通り元気!」 

エリカ「あら、またあなた達と会うなんてね」 

小梅「おはよう逸見さんっ」 

エリカ「あ、そこ危なっ」 

ツルー バシャーン! 

小梅「ぐえっぷぅ!」 

みほ「小梅さんが滑って転んで深めの水たまりに突っ込んだ!大丈夫!」 

小梅「だ、大丈夫……」ビショヌレ 

エリカ「ま、まさか本当に……」 

みほ「ひぃ……」 



10 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:26:46.51 ID:Mhi4tErs0

戦車道訓練場 


まほ「皆、準決勝ではよく戦ってくれた。明日の決勝戦も必ず勝とう」 

オオオォー! 

まほ「では新たに5輌追加される決勝戦の車輌を発表する」 

ザワザワ…… 

まほ「まずⅢ号戦車、車長は赤星小梅!」 

小梅「えっ!私!?」 

オォォー! 

まほ「みほ、1年の車長はみほ、逸見に次いで3人目だな。実力を存分に発揮してくれ」 

小梅「あ、ありがとうございます!」 

まほ「続いて……」 

みほ「良かったね小梅さん」 

エリカ「やるわね」 



11 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:30:59.91 ID:Mhi4tErs0

まほ「……と、編成は以上だ。各自訓練の準備に入れ。昨日の雨でぬかるみが多くなってるから走行の際は水がはねやすくなるので気をつけるように」 

ハイ! 

小梅「ふっふふ、私が全国大会の車長……ふふふ」 

小梅「やば、緊張してお腹いたくなってきた」 

キュラキュラキュラ 

ドバシャーン!! 

小梅「ぶぅぇぇっ!?」ビッショリ 

先輩車長「あっごめん!そんなところに人がうずくまってるなんて思わなくてフルスピードで走っちゃった!大丈夫?」 

小梅「は、はい。大丈夫です。すいません」ビショビショ 

エリカ「今までで一番びしょ濡れになってるじゃない……」 

みほ「小梅さん……」 

小梅「着替えてきますね!」タッタッタ 



12 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:31:35.79 ID:Mhi4tErs0

エリカ「副隊長、ちょっといいですか?話があるんですけど」 

みほ「はい?」 

エリカ「明日の決勝戦、赤星をメンバーから外しましょう」 

みほ「え……」 

エリカ「あなたも気付いてるでしょ?最初はコップ一杯だった水難のレベルがどんどん上がってるって」 

エリカ「本当は占いなんて信じたくないんだけど……でもこのままだと戦車に乗ってる時に水難に合って、命に関わる事態になるかもしれないわ」 

みほ「でも、小梅さんは今までずっと頑張ってきて、やっと車長に選抜されたのに……」 

エリカ「決勝で戦いたい気持ちは私だって痛いほどわかるわ……あの子を解任できる権限があるのは隊長だけ。そして、隊長を説得できるのは副隊長であるあなたしかいない」 

みほ「でも……」 



13 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:32:18.66 ID:Mhi4tErs0

エリカ「こんな時も優柔不断なの!?しっかりしなさい!早く赤星を外すように隊長に言って!」 

小梅「大丈夫だよ、二人とも。心配してくれてありがとう」 

みほ「小梅さん……もし小梅さんの身に何かあったら私……!」 

小梅「確かに、このまま水難のレベルが上がったら、試合中私の戦車は川に沈むくらいのことが起きると思う」 

エリカ「やけに具体的に自覚してるわね」 

小梅「試合会場に大きな川があるでしょ?ああ、次の水難は間違いなくここだって確信したの」 

エリカ「そこまでわかってるなら今回は辞退すべきよ。そのかわり絶対に勝つって約束するから!」 

小梅「ううん。試合に出なかったら、それはそれで次の水難が襲ってくる。どの時はどんな難が来るのか予想できない」 

みほ「!」 

小梅「だったら、どんな水難が来るか予想できるこの試合で上手く活かせば……」 

みほ「!」ハッ 

みほ「そうか……その手があったかも」 

エリカ「……そこまで言うなら信じていいのね?」 

小梅「任せて!」 

みほ「わかりました。作戦を立ててみます。でも危なくなったらすぐに棄権してね」 

小梅「もちろん他の乗員の安全を第一に考えるよ」 



14 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:40:44.09 ID:Mhi4tErs0

試合当日 


『試合開始!!』 

まほ「では作戦通りみほの部隊は川沿いを迂回し奇襲を……」 

『隊長!Ⅲ号戦車が隊列を離れて単独行動しています!』 

まほ「何?赤星の車輌か。状況はどうなっている」 

みほ『こちら副隊長車。赤星さんは私の作戦で動いてます」 

まほ「聞いていないぞ」 

みほ『お願い!信じて!』 

まほ「そこまで言うならやってみろ」 




15 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:41:32.35 ID:Mhi4tErs0

カチューシャ「ふっふっふ。黒森峰を倒して先輩共に私の実力を示すのよ!」 

ノンナ「ウラ!」 

『斥候より報告!敵の戦車が単独でこちらに突っ込んできます!』 

赤星「ウオオオ!」 

ドドドドド 

カチューシャ「単独で!?馬鹿じゃないの?とっとと仕留めなさい!」 

ノンナ「ダ」 

ズバァッンッ!! 

ヒュンッ 

カチューシャ「ノンナが外した!?」 



16 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:42:14.80 ID:Mhi4tErs0

ノンナ「……っ!?次は必ず仕留めます」 

カチューシャ「どんどん近づいてくるわよ装填急いで!」 

小梅「うおおおおおお!」ドドドドドド 

ノンナ「……」カチッ 

ズバァッンッ!! 

カツンッ ヒュンッ 

カチューシャ「掠っただけ!?ちょっとノンナ!あんな狙いやすい的を外すなんてどうしちゃったのよ!?」 

ノンナ「わ、わかりません……!計器も異常なし、間違いなく撃墜できる軌道だったのに何故か弾が当たらないんです……!」 

小梅「うおおおおおお!」 

ガキィン! 

カチューシャ「ゼ、ゼロ距離……!」 

小梅「撃て!!!」 

ドバァンッ!!! 

カッ シュポッ 


『プラウダ高校フラッグ車、走行不能!黒森峰女学園の勝利!』 



17 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:46:40.59 ID:Mhi4tErs0

まほ「か、勝ったのか!?何が起こったか全くわからないがすごい作戦だったぞみほ」 

みほ「小梅さんのおかげです」 

エリカ「まさか本当にやってしまうなんてね。大したものだわ」 

小梅「試合が始まったら、私の戦車は川に落ちるという運命から逃れられない。 
つまり、逆に言えば川に落ちるまでは絶対に撃墜されないということ」 

みほ「うん、というわけでこれからⅢ号は沈むけど優勝したから許してねお姉ちゃん」 

小梅「総員の脱出完了!私は戦車と一緒に沈みます!」 

ズズズズズ 

エリカ「戦車がなにかに引っ張られるように川にずり落ちていく!」 

ドボォーーーン!! 

まほ「赤星ーー!?」 

ザバッ 

小梅「ぷはっ!はい!無事です!」 

みほ「このために潜水用スーツを着ておいてもらったの」 

まほ「そ、そうか……全くわけわからないが無事で良かった」 

まほ「みんなよくやった!我々の勝利だ!!」 

オオォオー! 

バンザーイ!バンザーイ! 



18 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:47:17.69 ID:Mhi4tErs0



こうして、黒森峰女学園は10連覇を成し遂げた。 
しかし凱旋のため帰港する道中で学園艦が沈没し、 
全員無事だったがショックを受けたみほは大洗に転校した。 




おわり 



19 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 11:48:21.69 ID:Mhi4tErs0

ありがとうございました!



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/31(木) 00:27:23.76 ID:8M6ZXqeb0

面白かった! 乙






他のおすすめSS
【ガルパン】ブラックボックス展 in アンツィオ 
【ガルパン】ショーギ・ウォー! 
【ガルパン】カエサル「ひなちゃんの大事なものが欲しい」 
【ガルパン】まほ「安斎、ミルクの時間だぞ」 
【ガルパン】奇妙な夢 
アールグレイ「母校に来るのは久しぶりねぇ」【ガルパン】 
オレンジペコ「名言格言禁止令です!」ダージリン「なんですって?!」 
【ガルパン】ダージリン「期末テストの勉強会をしましょう」 
みほ「昔の大洗女子学園に来ちゃいました」 
【ガルパン】エリカ「ネトゲをやってみるわ」