転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545849520/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:38:40.63 ID:rkjPEo8u0

8人目です

よかったらこっちも見てください
七咲逢 
【アマガミ】橘「七咲、許してくれるかな」 
棚町薫 
【アマガミ】橘「今日はカットの練習に付き合う日だったな、準備をして薫を待つか」 
森島はるか 
【アマガミ】橘「美也が車に乗りたそうにやってきた、仕方ない乗せてやるか」 
桜井梨穂子 
【アマガミ】橘「梨穂子のその後って…」 
中多紗江 
【アマガミ】橘「今日は中多さんのバイト先に遊びに行く約束だ!」 
絢辻詞 
【アマガミ】橘「絢辻さんとの生活を選んでよかった、二人で幸せになるんだ」 
上崎裡沙
【アマガミ】橘「コンパに誘われた…けど、僕の心は決まっているさ」






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:42:20.27 ID:rkjPEo8u0

ピンポーン

橘(…あれ、お客さんかな?)

梅原「よう」

橘「ああ、梅原、どうしたんだ?」

梅原「どうって事もないんだが…橘は何してたんだ?」

橘「それが…」

橘「あ、寒いだろ?とりあえず上がってくれよ」

梅原「おっ、いいのか?悪いなぁ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:43:50.20 ID:rkjPEo8u0

梅原「なるほど、部屋の片づけをねぇ」

橘「急に思い立っちゃってさ」

梅原「今日はそんな気分になっちまうよな」

梅原「俺もなんとなく…気がついたら橘の家に来てたんだよ」

橘「あはは、そうなのか」

梅原「で、あれが整理中の箱か?」

橘「うん、隅にあるのが要らない物の箱」

梅原「よし、それじゃいっちょう手伝ってやるか」

橘「そうか?じゃあよろしく頼むよ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:44:16.97 ID:rkjPEo8u0

梅原「そういやぁ橘の家に来るのも久しぶりじゃないか?」

橘「あぁ、そうかもしれないな」

梅原「隠し場所は相変わらずか?」

橘「さて、どうだろうな?」

梅原「あははは…お?これって…」

橘「どれどれ?」

橘「ああ、中学の時に梅原から貰った誕生日プレゼントだな」

梅原「懐かしいな、まだ持ってたのか、この望遠鏡」

橘「そりゃそうさ、僕はこれのおかげで星に…そうだ!」

梅原「ど、どうした?」

橘「梅原に見せたいものがあるんだ」

梅原「俺に?何だよ一体…」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:44:55.45 ID:rkjPEo8u0

梅原「…おいおい、狭いぞ」 

橘「すまんな、でもこれで…」 

梅原「お?」 

梅原「おお!すげえじゃねえか!」 

橘「ほ、本当か?」 

梅原「ああ、こりゃあ中々のもんだ」 

橘「気に入ってもらえてうれしいよ…」 

梅原「たまにここでぼーっと過ごしたりするんだろ?」 

橘「ああ、何だか落ち着くんだよ」 

梅原「なるほどなぁ…」 

梅原「いや…うん、俺にもわかる気がするよ…」 

梅原「あたたかくて…なんだか落ち着くな…」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:45:39.67 ID:rkjPEo8u0

数年後 

橘『…~先輩!』 

橘『……』 

橘『ご卒業、おめでとうございます!』 

~~~~~ 

橘「……」 

橘「……」ぱちっ 

橘「……」むくっ 

橘「夢か…」 

橘「あの時の夢を見るなんて…」 

橘「……」 

橘「今日は梅原のところに行く日だったな、準備しないと」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:46:09.96 ID:rkjPEo8u0

――――――― 

橘「やあ、元気か?」 

梅原「まあ、ぼちぼちだな」 

梅原「ほんとに元気なら、こんなとこにはいないけどな、ははは」 

橘「笑い事かよ…」 

橘「香苗さんから連絡あった時驚いたぞ」 

梅原「そうか、心配かけたな」 

橘「元気って言えるだけマシだろうけどな」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:50:00.08 ID:rkjPEo8u0

橘「まったく何やってんだか」 

橘「子どもが生まれてすぐ入院なんてよ」 

梅原「ああ…ついてないな」 

橘「店の方とかは大丈夫なのか?」 

梅原「ああ、そっちは親父がいるから問題ねえよ」 

梅原「それよりもやっぱり子どもの方が心配だよ」 

梅原「香苗ちゃんも心配だし…俺がこんな状態だからいろいろ任せっぱなしだし…」 

梅原「会える時間も少ないんだよ、仕方のねえことだけど」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:50:31.61 ID:rkjPEo8u0

橘「退院までの辛抱だよ」 

橘「僕なんか、いつでもどんな時に帰っても誰もいないんだ」 

梅原「……」 

梅原「あー…その、なんだ…そう悲しいこと言うなよ」 

梅原「大将だっていつかはいい人が見つかるだろ」 

橘「…だといいな」 

梅原「あの時同じように過ごしてた俺でさえ結婚できたんだ」 

梅原「もっと自信持てよ」 

橘「…ああ」 

橘「ありがとな、ちょっと元気出たよ」 

橘「梅原を元気づけに来たのに逆になっちゃったな」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:51:00.99 ID:rkjPEo8u0

橘「さて、僕はそろそろ帰ろうかな」 

梅原「……」 

梅原「なあ橘、ちょっといいか?」 

橘「なんだ?」 

梅原「もう昔のことだし聞いていいかな」 

橘「なんだよ、聞かれて困ることなんかあんまりないし、別にいいぞ」 

梅原「俺たちが高校2年のとき、ひとつ上の卒業式の日に誰かに会いに行ってたそうじゃねえか」 

橘「ずいぶんと前のことを聞くんだな」 

梅原「なんとなくな…今まで聞かないようにしてたんだが、突然聞きたくなってな」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:51:40.46 ID:rkjPEo8u0

橘「うん、行ったよ」 

橘「先輩におめでとうって言うためと伝えたいことがあったからな」 

梅原「……」 

橘「その先輩ってのは僕が本当に憧れてた先輩だよ」 

梅原「ずいぶんあっさり誰だか言うんだな」 

橘「言っても言わなくても何も変わらないからな」 

梅原「じゃあ…森島先輩か?」 

橘「いや、森島先輩じゃなくて…」 

香苗「まさ君元気~?」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:52:13.89 ID:rkjPEo8u0

香苗「あれ、橘君来てたの?」 

橘「ああ、うん」 

香苗「わざわざありがとね」 

香苗「意外と元気そうでしょ?」 

橘「そうだね、安心したよ」 

香苗「ちゃんとお礼言った?小さい時の付き合いでもこういう時はしっかりと言わないとだめよ」 

梅原「お、おお…今日はありがとな」 

橘「うん」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:52:50.12 ID:rkjPEo8u0

―――――― 

橘「梅原のやつ、思ったよりも元気そうで良かった」 

橘「なんか喉が渇いたな」 

橘「帰る前に飲み物でも買っておくか」 

橘「……」 

橘「あれ?」 

橘「おかしいな…財布が…」 

女性「あの、落としましたよ」 

橘「え?」 

女性「これ、あなたのですよね」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:53:24.86 ID:rkjPEo8u0

橘「あっ!そうです!」 

橘「ありがとうございます」 

女性「いえ、どういたしまして」 

女性「財布なんてなくしたら大変よ、橘君」 

橘「えっ…?」 

女性「ふふ…」 

女性「その顔は覚えてないって顔ね」 

女性「私よ、同じ高校の塚原響、ほらはるかとよく一緒にいた」 

橘「塚原先輩!?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:54:02.96 ID:rkjPEo8u0

塚原「思い出してくれたみたいね」 

橘「思い出したって忘れたことないですよ」 

橘「その、高校のときとずいぶん雰囲気が違ったから…」 

塚原「そんなに変わった?」 

橘「はい、大人の女性というか、すごくかっこいいです」 

塚原「ありがとう」 

橘「塚原先輩は…」 

子ども「ママー!」だきっ 

橘「!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:54:45.40 ID:rkjPEo8u0

橘「つ、塚原先輩…その子は…」 

母親「すみません!もう、何してるの」 

子ども「ママ」 

塚原「坊や、元気なのはいいことだけど、病院で走っちゃダメよ」 

塚原「わかった?」にこっ 

橘「…あ」 

子ども「うん!」 

母親「すみません塚原先生」 

塚原「いえ、いいですよ」 

子ども「ばいばーい」 

塚原「ばいばい」にこ 

橘「……」 

塚原「あの子がどうしたの?」 

橘「い、いえ…何でも」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:55:42.81 ID:rkjPEo8u0

橘(塚原先輩…すごくいい笑顔だったな…) 

塚原「ねえ、橘君」 

塚原「今の…自然に笑えてたかな」 

橘「はい、すごくいい笑顔でした、可愛かったです」 

塚原「え…」 

橘「あっ…い、いや…すいません!」 

塚原「…ありがとう」 

塚原「君にそう言ってもらえるとうれしいわ」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:56:15.95 ID:rkjPEo8u0

塚原「君と会うのは高校の卒業式以来だね」 

塚原「どうかな私…見た目だけでも立派な医者になれてるかな」 

塚原「あの日言ってくれたよね」 

橘「ちゃんと覚えてますよ」 

橘「見た目だけじゃなくてきっと立派なお医者さんですよ」 

塚原「そうかな?」 

橘「さっきの親子見てたら、いいお医者さんだって思いました」 

橘「保育士さんのお手伝いをしていた時と全然違いますね」 

橘「あの時は子ども泣かせちゃってましたから」 

塚原「あ、あれは…君も同じようなものだったじゃない」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:57:01.56 ID:rkjPEo8u0

塚原「…でも、ありがとうね」 

塚原「そんな風に褒めてくれたの橘君だけだわ」 

塚原「といってもあのことを知ってる人が周りにいないんだけどね」 

橘「はは…まあ、そうですよね僕と美也と森島先輩ぐらいですから」 

看護師「塚原先生、少しよろしいでしょうか」 

塚原「はい、あっ待ってください」 

塚原「ごめんね橘君、戻らないと」 

橘「いえ、僕こそ仕事中なのにすいません」 

塚原「橘君、その…また会えないかな?」 

橘「!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:57:45.18 ID:rkjPEo8u0

橘「もちろんですよ!」 

橘「何なら毎日でも!」 

塚原「た…橘君、病院内ではもう少し静かにね」 

橘「あ、す…すみません…」 

塚原「ふふっ、君は本当に変わってないね」 

塚原「そっかー、毎日でもねぇ…」 

塚原「じゃあ明日なんでどうかしら」 

橘「はい、いいですよ」 

塚原「えっ、い、今のは冗談…」 

橘「あ、冗談だったんですか…」 

塚原「……」 

塚原「明日…午後ならずっと空いてるから」ゴソゴソ 

塚原「これ、私の連絡先…あとで登録しておいて」 

橘「はい!」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:58:30.39 ID:rkjPEo8u0

――――― 

看護師「今の人、もしかして塚原先生の彼氏ですか?」 

塚原「ち、違います、高校の時の後輩ですよ」 

看護師「そうですか?」 

看護師「先生の顔、いつもみる笑顔とまた違った顔に見えましたよ」 

看護師「まるで好きな人に久しぶりに会えたみたいに」 

塚原「そんな…学生じゃないんですから…」 

看護師「ずっと顔赤いですよ」 

塚原「えっ」 

看護師「あ、気のせいでした」 

塚原「……」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:59:01.51 ID:rkjPEo8u0

―――――― 

塚原「ふぅ…終わった」 

塚原「あ、そうだ、橘君に返事しておかないと」 

塚原「……」ピッ 

塚原「ふふ…」 

塚原「あ…」 

塚原「おかしいな、つい笑っちゃうなんて」 

塚原「……」 

塚原「そういえば今日…高校の…橘君の夢を見たんだった…」 

塚原「まさかその日に本人と会うなんて」 

塚原「……」 

ピッ プルルルル 

塚原「もしもし、ごめんね突然」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 03:59:44.44 ID:rkjPEo8u0

夜 

塚原「……」 

森島「お待たせー」 

塚原「ありがとう、急な連絡なのに来てくれて」 

森島「そりゃひびきちゃんの奢りとなればいつでも、どこにいても、とんでくるわよ」 

塚原「誰も奢りなんて…」 

塚原「いや、奢りでいいわ…」 

森島「わお、ありがとう!」 

森島「それなら早く行きましょ!」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:00:15.82 ID:rkjPEo8u0

森島「さてさて、ひびき?」 

森島「相談事ってのは何かな?」 

塚原「うん…」 

塚原「年下の男の子と話すのってどうすればいいのかな…?」 

森島「?」 

森島「そういうことは私よりひびきの専門でしょ?」 

塚原「あ、そうじゃなくて、私たちより少し…年下」 

森島「……」 

森島「ふーん、そっかー…ついにひびきも橘君以外に興味を持ったのね」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:00:53.86 ID:rkjPEo8u0

塚原「えっ」 

塚原「な、なんで橘君が出てくるのよ」 

森島「だって、橘君のこと好きだったんでしょ」 

森島「私には何でもお見通しなんだから」 

塚原「そんな素振り見せた覚えないけど」 

森島「じゃあ違うの?」 

塚原「……」 

塚原「そ…それより私の相談に答えてよ」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:01:27.45 ID:rkjPEo8u0

塚原「はるかは昔から同年代ぐらいの男の人とはよく話してたから」 

塚原「この年になっても今までろくな恋愛経験なんてないから何を話せばいいのかわからなくて…」 

森島「なるほどねぇ~」 

森島「うーん…」 

塚原「……」 

森島「うーん…」 

塚原「……」 

森島「うーん…」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:02:04.65 ID:rkjPEo8u0

塚原「はるか?」 

森島「そのー…相手の人とひびきちゃんとの関係性やどんな人なのかがよくわからないから、一概には言えないかな~なんて」 

塚原「そう…」 

塚原「……」 

塚原「真面目で優しくて…久しぶりに会う人」 

塚原「えっと…高校の卒業式以来ね」 

森島「……」 

森島「高校の卒業式…?」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:02:32.50 ID:rkjPEo8u0

森島(あの日は全部見てたわけじゃないけど、基本一緒に行動してたよね) 

森島(だからひびきちゃんに会いに来てた人はだいたい見てたわけだから…) 

森島「なるほどね…」 

塚原「何が?」 

森島「わかったわ、ひびきちゃん」 

塚原「ほんとに?」 

森島「うん」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:03:04.36 ID:rkjPEo8u0

塚原「どういうことがいいのかな?」 

森島「そうねぇ、彼はけっこう子どもっぽいところがあるし、いつも子どもたちに話していることなんてどうかな」 

塚原「さすがにそこまで子どもじゃないわよ」 

森島「そう?まあ一応大人だしね」 

森島「じゃあちょっと年齢を上げて、ダッ君グッズの話なんかどうかな?」 

塚原「いや、それはおかしいでしょ」 

森島「いいと思うんだけどなぁ」 

塚原「それははるかだけ」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:03:47.77 ID:rkjPEo8u0

森島「美也ちゃんだって喜ぶわよ」 

森島「兄妹なんだから食いついてくれるって」 

塚原「兄妹だからって…」 

塚原「はるかが興味を持ってることでも、他の兄弟が持ってるかっていえば違うでしょ」 

森島「うーん、言われてみると確かに…」 

塚原「小さな子どもの兄と妹でも全然違う…」 

塚原「えっ」 

塚原「な、なんで兄妹って…」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:04:37.12 ID:rkjPEo8u0

森島「ふっふっふ、簡単な推理だよ」 

森島「あの日はほとんど一緒にいたわけだから、ひびきに会いにきた人をずっと見てたのよ」 

森島「その中で年下の男の人といえば…もう一人しかいないでしょ?」 

塚原「……」 

塚原「そっか…」 

森島「どう、当たってる?」 

塚原「…はるかにもわかっちゃうなんて」 

塚原「正解よ、会うのは橘君」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:05:11.59 ID:rkjPEo8u0

森島「わぉ、やったじゃない!」 

塚原「別に会うだけなんだし、そんな喜ぶことでもないわよ」 

森島「ほんとはうれしいくせに~」 

塚原「お互いもういい大人なんだから、学生のときのようにはいかないって」 

森島「ふーん…」 

森島「……」 

森島「じゃあ二人が会うとき私もついて行っちゃおうかな~」 

塚原「いやそれは…橘君もはるかがいきなり来たら驚いちゃうでしょ」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:05:47.40 ID:rkjPEo8u0

森島「それなら事前に連絡したらいいんじゃない?」 

塚原「あ…明日だから急な連絡になっちゃうでしょ」 

森島「へぇ~明日なんだ~」 

塚原「そ、そうだけど…」 

森島「じゃあ仕方ないね、今回は我慢してあげる」 

塚原「してあげるって…」 

森島「ひびきの楽しみを邪魔しちゃ悪いでしょ?」 

塚原「……」 

塚原「ただ話すだけだって…」 

森島「そうそう、美也ちゃんが言ってたけど、橘君って大人の女性が好きらしいよ」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:06:32.10 ID:rkjPEo8u0

翌日 

梅原「お…なんだ、今日も来てくれたのか?」 

橘「ああ、まあ…用事があってな、そのついでに」 

梅原「病院に用事なんて、お前もどこか悪いのか?」 

橘「いや…僕は別にどこも」 

橘「……」 

橘「なあ、ちょっと聞きたいんだけどさ…」 

橘「デートのときって何かプレゼントとかした方がいいのか?」 

梅原「……」 

梅原「え?」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:07:29.51 ID:rkjPEo8u0

梅原「ど、どうしたんだ!?」 

梅原「まさか彼女が!」 

橘「いや、そういうわけじゃなくてな…」 

橘「というか仮にそうだとしても驚きすぎだろ」 

梅原「や…悪い」 

橘「その…例えばの話だけどな」 

梅原「そうだなぁ…」 

梅原「俺の場合はちょっと特殊だったからな…」 

橘「特殊?」 

梅原「ああ、毎回寿司がいいって」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:08:02.84 ID:rkjPEo8u0

橘「ほんとに?」 

梅原「ああ、俺もな、まさかそんなことはないと思っていろいろやったんだけど、本当に寿司が良かったみたいだ」 

梅原「ちょっと変わってるのかもな」 

梅原「だから…プレゼントした方がいいのかどうかは俺はよくわからん」 

橘「そうか…」 

梅原「お前と相手の人との関係性にもよるんじゃないか?」 

橘「関係性か…そうだなぁ…」 

橘「……」 

橘「だ、だからあれは例えばの話だって」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:08:34.92 ID:rkjPEo8u0

―――――――― 

塚原「あれ、橘君もう来てたの?」 

橘「はい、ちょっと早かったですかね」 

塚原「ううん、ごめんね、それだと待たせたことになるわね」 

橘「全然気にしないでください」 

塚原「ありがとう」 

塚原「じゃあ早速どこか行こうか」 

塚原「橘君はここまでどうやって来たの?」 

橘「え、電車ですけど」 

塚原「ちょうどよかった」 

塚原「こっち来て」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:09:12.64 ID:rkjPEo8u0

塚原「さあ乗って」 

橘「え、これ塚原先輩の車ですか」 

塚原「そうだけど…車は嫌だった?」 

橘「ああ、いや、そういうことじゃなくて…」 

橘(高そうな車だなぁ…やっぱすごいな塚原先輩…) 

橘「じゃ、じゃあ失礼します」 

塚原「シートベルトしめてね」 

橘「はい」 

塚原「橘君って何か嫌いな食べ物とかあった?」 

橘「特にないです」 

塚原「そう、よかった」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:09:39.61 ID:rkjPEo8u0

橘「あの、どこに向かってるんですか?」 

塚原「そうね…着いてからのお楽しみってことにしておこうかしら」 

橘「あ…はい」 

塚原「安心して、変なところじゃないから」 

塚原「ちゃんと落ち着いた場所よ」 

橘(着いてからのお楽しみ…落ち着いた場所…) 

橘(つ、塚原先輩、まさか…!) 

橘(…ってその前に食べ物の話してるか)



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:10:14.66 ID:rkjPEo8u0

―――――――― 

塚原「ここね」 

橘「……」 

塚原「どうしたの、橘君?」 

橘「あ、いえ…」 

橘(ずいぶん高そうなところだけど…) 

塚原「……」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:11:03.88 ID:rkjPEo8u0

橘(高そう…じゃなくて高い…!) 

橘(どうしよう…) 

塚原「遠慮しないで、好きなもの頼んでね」 

橘「はい」 

橘(こんなところで遠慮しないでなんて言えるなんて…) 

橘(乗ってる車も高そうだし、なにより医者だもんな…) 

橘(もう僕とは住む世界が違う人なんだろうな…) 

塚原「……」 

塚原(ど…どうしよう…) 

塚原(橘君に少しでもいいところを見せようと思ったけど…思ったより高い…!) 

塚原(大丈夫…余裕はあるわ…なんとか、だけど)



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:11:38.69 ID:rkjPEo8u0

翌日 

塚原「……」 

看護師「おはようございまーす」 

塚原「おはようございます…」 

看護師「あれ、塚原先生なんだか元気ないですね」 

塚原「そうですかね…」 

看護師「体調が悪いんじゃないですか?」 

塚原「いえ、そんなことはないです…」 

看護師「なら…いいですけど」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:12:10.33 ID:rkjPEo8u0

――――――― 

塚原「…?」 

塚原(なんだ…はるかからか) 

塚原(やっほー!昨日はどうだった?…か) 

塚原(そんなこと聞かれてもねぇ…) 

塚原「……」 

塚原(強がっても意味ないし、正直に言っておこう…) 

塚原「……」 

塚原「はぁ…」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:12:54.93 ID:rkjPEo8u0

森島「あ、ひびきちゃんから返事が来た!」 

森島「なになに?」 

森島「うーむ…何やら大失敗したみたいね」 

森島「橘君の方はどうなんだろ」 

森島「……」 

森島「ちょっと探ってみよう」 

森島「えっと美也ちゃんの連絡先は…」



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:13:43.20 ID:rkjPEo8u0

夜 

橘「……」 

がばっ 

橘「うわっ!?」 

美也「だ~れだ!」 

橘「そ、その声は美也か!?何やってんだ」 

美也「なーんだ、つまんないの」 

橘「当たってるんだったら目隠しを外してくれ」 

美也「はいはい、しょーがないなー」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:14:26.48 ID:rkjPEo8u0

橘「はぁ…こんなとこにまで来るなんて、何か用か?」 

美也「んーとねぇ…」 

美也「たまたま近くを歩いてたらにぃにを見つけたから」 

橘「こんな時間に何してんだよ…」 

美也「にぃに何だか元気ないね」 

橘「そうか?…疲れてるだけだよ」 

美也「んー…ちゃんと休んでる?」 

橘「適度にはな」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:15:19.90 ID:rkjPEo8u0

美也「にぃににも誰かいい人がいればもう少し違うんだろうけどなー」 

美也「誰かいないの?」 

橘「……」 

橘「僕のことは別にいいだろ…」 

橘「それといい加減外でにぃにはやめろ」 

美也「はいはい」 

美也「そうは言ってもお兄ちゃん一人だなんて、もう美也は心配で心配で」 

橘「……」 

美也「そうだ、好きな人とかいないの?」 

橘「が、学生じゃないんだぞ…」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:16:00.01 ID:rkjPEo8u0

美也「じゃあ学生時代に彼女一人も作らなかったけど、好きな人はいたの?」 

橘「……」 

美也「そういえば、昨日お兄ちゃんがきれいな女の人と歩いてたのを見たって聞いたんだけど」 

橘「!?」 

橘「あ、あれは…えっ!?だ、誰が…」 

美也「へー、本当なんだ」 

美也「どうだったの?」 

橘「……」 

橘「たぶん相手の人に嫌われた…」 

美也「へ?」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:16:55.88 ID:rkjPEo8u0

橘「……」 

橘「妹にこんなこと言うのも変だけど…」 

橘「相手は僕が高校生の時に好きだった人なんだ…」 

橘「…思えば一年生の時からだったのかも」 

橘「最初はその憧れは違う人に向いてたけど、だんだん気づいてきて」 

橘「その人が卒業するころにやっとわかった…」 

橘「肝心な事は言えなかったけどな」 

橘「昨日は久しぶりに会うことができて、最後のチャンスだったのにな…」 

橘「……」



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:18:18.10 ID:rkjPEo8u0

橘「…美也、今日は疲れたんだ、帰って休ませてくれ」 

橘「お前も早く帰れよ、僕と違って一人じゃないんだからな」 

橘「じゃあな」 

美也「にぃに…」 

橘「……」 

美也「なるほど…」



51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:19:43.42 ID:rkjPEo8u0

数日後 

プルルルル 

塚原「はい、もしもし」 

森島「ひーびき、元気してる?」 

塚原「ええ、はるかほどではないけどね」 

森島「早速だけど、来週の日曜日あいてない?」 

森島「また久しぶりにごはんでも行きたいなーって思って」 

塚原「来週の日曜日?ちょっと待ってね」 

塚原「…えーと、うん、いいわよ」 

塚原「はるかがいきなり誘ってくるなんて、臨時のボーナスでも入ったのかしら」 

森島「え、えっとー、そういうわけじゃないんだけど…」 

塚原「わかってるって冗談よ」



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:21:17.55 ID:rkjPEo8u0

森島「あ、そうそう、せっかくだから今回はゲストを呼ぼうと思ってるの」 

塚原「ゲスト…?」 

森島「うん、私たちもよく知ってる二人だから」 

森島「じゃあまた詳しい事はメールするからね」プチッ 

塚原「……」 

塚原「よく知ってる二人…?」 

塚原「私たちもってことは高校の時の知り合いかしら…」 

塚原「まあ、はるかなら変な人連れて来ないだろうし、楽しみに待っておくとしましょうか」



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:22:29.34 ID:rkjPEo8u0

―――――― 

プルルルルル 

橘「もしもし?」 

美也「あ、にぃに、来週の日曜日空いてる?空いてるよね!」 

橘「決めつけるなよ…」 

橘「まあ、たぶん空いてると思うけど」 

美也「じゃあさ、その日美也とごはんね!」 

橘「え?」 

橘「なんでそんなこと…」



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:24:23.64 ID:rkjPEo8u0

美也「行かないの?」 

橘「何もメリットがないからな」 

橘「忙しいってわけじゃないけど、暇でもないしな」 

美也「残念だな~、せっかく可愛くて、大人の女性って感じの人が二人も来るのに」 

橘「たまには妹と食事をとるのも悪くないか」 

美也「にぃに…」 

橘「それで、場所と時間は?」 

美也「もぅ、慌てないの、ゆっくり説明してあげるからさ」



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:26:02.98 ID:rkjPEo8u0

―――――――― 

美也「は~るちゃん!上手くにぃにを誘えたよ、にしししし」 

森島「グッド!いいわよ美也ちゃん!」 

森島「全く、ひびきも橘君も一回失敗しただけで落ち込んであきらめちゃうなんて」 

森島「二人とも、らしくないわ」 

森島「両想いのくせに」 

森島「余計な事しないでって言われるかもしれないけど、そのまま放っておくこともできないわ」 

美也「でも、ちょっと心配だなぁ」 

森島「え、どうして?」 

美也「だって、いくら美也たちがサポートしても、結局は本人たちが何とかしないといけないんだよ」 

美也「塚原先輩は問題ないけど…にぃにだよ?」



56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:28:15.47 ID:rkjPEo8u0

森島「……」 

森島「大丈夫でしょ」 

森島「橘君にはひびきがついてるって考えれば安心でしょ?」 

美也「…そういわれると少しは」 

美也「じゃあ、美也たちは最初だけで、後は二人に任せてみない?」 

森島「うん、それはおもしろそうね」 

森島「そうねー…」 

森島「こういうのはどうかな?」



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:30:24.26 ID:rkjPEo8u0

翌週 

森島「ここよ、ここ!」 

森島「うーん、あっちはもうちょっと時間がかかるみたいね」 

森島「先に中で待ってましょうか」 

塚原「ええ」 

塚原「ところで、教えてくれなかったけど、相手の人たちって誰なの?」 

森島「だからそれは、会うまでの秘密」 

塚原「もうすぐなんだから教えてくれてもいいのに」



58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:31:29.04 ID:rkjPEo8u0

10分後 

美也「にぃに、急いで!」 

美也「もう10分も遅れてるんだよ!」 

橘「美也が遅刻するからだろ」 

橘「それとこんなとこでにぃにはやめてくれ、恥ずかしいだろ」 

美也「言い訳しないの、早く早く」 

橘「はいはい」 

美也「あ、ここだよ」 

橘「はぁ…相手の人に申し訳ないな…」



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:32:21.88 ID:rkjPEo8u0

――― 

ガチャッ 

美也「おっ待たせー!」 

森島「美也ちゃんおっそーい」 

橘「お待たせしまし…」 

橘「えっ!?」 

橘「も、森島先輩に塚原先輩!?」 

塚原「橘君!?」 

橘「お、おい美也、これはどういうことだ…?」 

塚原「はるか…知ってる二人って橘君兄妹なの…!?」



60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:33:34.27 ID:rkjPEo8u0

美也「可愛くて、大人の女性って感じの二人」 

橘「間違ってはないけど…」 

森島「そうよ、二人ともよく知ってるでしょ?」 

塚原「確かに知ってるけど…」 

橘「なんていうか…その…」 

美也「この前にぃにが嫌われたって思ってる相手の人って塚原先輩なんでしょ、美也知ってるよ」 

橘「な…」 

美也「嫌われたってのはにぃにの思い込みかもよ」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:34:24.26 ID:rkjPEo8u0

森島「前はちゃんと話せなかったんでしょ?」 

森島「それで諦めちゃうなんて、ひびきらしくないわ」 

塚原「でも、あれは…」 

森島「サヨナラ私の初恋~なんて言っちゃって」 

塚原「ちょっ…それ言わないで」 

森島「せっかく作った機会なんだから無駄にしないでよね」 

森島「大丈夫、今度はきっとうまくいくわ」



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:35:00.39 ID:rkjPEo8u0

橘(思いこみって言われてもな…) 

塚原(せっかく作った機会ねぇ…) 

橘(塚原先輩は本当に何とも思ってないんだろうか…?) 

塚原(橘君の気持ちはどうなんだろう…) 

橘(美也の場合、根拠なしに言ってる可能性が高いしな…) 

塚原(はるかの場合、気分で言ってる可能性もあるのよね…) 

橘「……」 

塚原「……」



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:35:52.72 ID:rkjPEo8u0

――――――― 

美也「あんまり二人話さないね」ひそひそ 

森島「んー…私たちがいると話しにくいのかも」 

美也「じゃあ…」 

森島「うん、そうね」 

森島「邪魔者はおいとまして、二人に任せますか」



64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:36:38.22 ID:rkjPEo8u0

森島「ねえひびき」 

塚原「なに?」 

森島「後はがんばってね」 

塚原「え?」 

美也「がんばれにぃに、応援してるぞ」ぽんっ 

橘「ん?どこ行くんだ?」 

森島「お会計は済ませときまーす」 

塚原「ちょっとはるか」 

橘「……」 

塚原「……」



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:37:43.13 ID:rkjPEo8u0

塚原「はぁ…」 

塚原「ごめんね、たぶんはるかのせいで」 

橘「いえ、きっと美也がおもしろがって言ったんですよ」 

塚原「で、でもせっかくだし…君さえよければこのまま…」 

塚原「どうかな…?」 

橘「あ…そ、そうですね、せっかくですし」 

塚原「……」 

橘「……」



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:38:30.37 ID:rkjPEo8u0

塚原「……」 

橘「……」 

塚原「あ、あの…橘君」 

塚原「この前はほんとごめんなさいね…」 

橘「い、いえ、あれは僕が悪いんですから」 

塚原「気を使わなくていいのよ…」 

塚原「医者なんていっても、結局一人じゃ大したことできないのよね」 

橘「そんなことないですよ、塚原先輩は立派です」 

塚原「…ありがとう」



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:39:15.98 ID:rkjPEo8u0

塚原「お世辞でもうれしいわ」 

橘「お世辞じゃないです」 

橘「正直、高校を卒業してからの塚原先輩のことはよく知らないです」 

橘「でも、僕は塚原先輩は素晴らしい方だと思ってます」 

塚原「……」 

塚原「じゃあ…前のことで私のことを嫌いになったとかは…」 

橘「なるわけないじゃないですか」 

橘「むしろ僕の方が…」 

塚原「そんな、私こそあんなことで嫌いになるわけないでしょ」



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:40:02.41 ID:rkjPEo8u0

塚原「だいたい私は橘君のことが好きなのに」 

橘「……」 

塚原「……」 

橘「……」 

塚原「……」 

橘「え…?」 

塚原「……」 

橘「……」 

塚原「え…」



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:40:53.96 ID:rkjPEo8u0

塚原「あ…ち、ちがっ…」 

塚原「この好きは人としての好きじゃないのよ!」 

橘(な、なんか変なパニックを起こしてるな…) 

橘(人としての好きじゃないってやっぱり嫌われてる…) 

塚原「恋愛感情として好きなの!」 

橘「…は」 

橘「あ…あの…塚原先輩…それ…本当ですか…」 

塚原「え…変なこと言ってた…?」



70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:42:12.68 ID:rkjPEo8u0

橘「僕としてはとてもうれしいことですけど…」 

橘「れ、恋愛感情としての好き…と聞こえましたが…」 

塚原「……」 

橘「あれ、塚原先輩?」 

塚原「……」 

橘(どうしよう、固まったまま動かないぞ) 

橘「……」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:43:39.46 ID:rkjPEo8u0

橘(うーん、困ったぞ) 

橘(僕のこれまでの人生の中でなかった経験だ…) 

橘「よし…」 

橘「……」 

橘「塚原先輩、今のが言い間違いでも嘘でも僕は構いません」 

橘「でも…もし本当だったら先輩に伝えたいことがあります」 

塚原「……」ぴく 

橘「…僕は塚原先輩にずっと憧れてました」 

橘「先輩と話すようになったのはもう卒業も近い時期でしたけど、その前からです」 

橘「恥ずかしながら、その気持ちが憧れではなく好きと気づくのが遅く、伝えようとした時にはもう先輩は卒業…」 

橘「最後まで言うことができませんでした」



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:45:00.98 ID:rkjPEo8u0

橘「相手が言うのを何年も待ってから言うなんて臆病や意気地なしなんて言われるかもしれませんが…」 

橘「今言わないと、この先本当にもう言えないんじゃないかとふと思ったんです」 

橘「塚原先輩、僕はあなたのことが好きです」 

橘「…よければ返事をいただけると」 

塚原「…わ、私はこれでも医者よ」 

橘(よかった、動いた) 

塚原「言い間違いや嘘はだめなのよ」 

橘「え、それはどういう…」 

塚原「わ…わかるでしょ、さっき言ったとおりよ」



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:46:30.40 ID:rkjPEo8u0

塚原「橘君は高校までの私しか知らないって言ったよね」 

橘「はい」 

塚原「それは私も同じなの」 

塚原「だからさ、これから少しずつお互いのこともっと知れたらいいなって思ってるんだけど…」 

塚原「どうかな…?」 

橘「はい、僕も同じ考えです」 

塚原「よかった」 

塚原「じゃあ…改めてこれからもよろしくね」



74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:47:06.37 ID:rkjPEo8u0

数年後 

看護師「橘先生」 

響「……」 

看護師「聞いてますか、橘先生」とんとん 

響「あ…」 

響「すみません、どうも何年たってもまだ慣れないですね」 

看護師「しっかりしてくださいよ」 

看護師「旦那さんが来てますよ」



75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:47:50.16 ID:rkjPEo8u0

橘「響、お弁当忘れてるよ」 

響「あっわざわざありがとう、純一」 

響「あ、すごい汗、これで拭いて」 

響「ネクタイも曲がってるわよ」 

橘「いやー、まさか二人ともお弁当忘れて出かけてるとは思わなくてさ、急いで幼稚園に行ってからこっちに来たからさ」 

響「あら、私を優先してくれなかったの?」 

橘「いや、そ、それはー…」 

響「ふふ、冗談よ、わかってるって」



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:48:37.04 ID:rkjPEo8u0

響「あなたには本当に感謝してるわ」 

橘「僕にはこうして響の役に立つことが何よりの喜びなんだ」 

響「私だってたまにはあなたの役に立ちたいわ」 

橘「何言ってるの、家のこととかやってくれるじゃないか」 

響「それは私の方が早いときだけじゃない、ほとんど純一に任せっぱなしだわ」 

橘「いいんだよ、僕は響がいてくれるだけで」 

響「もう、そんなことばかり言って…」 

橘「……」 

響「……」 

看護師「おほん!」 

看護師「当院内でのイチャつき行為は禁止されております」 

橘「あ…」 

響「はは…続きは帰ってからね」 

終わり



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/27(木) 04:50:14.85 ID:rkjPEo8u0


思った以上に遅くなってしまいました 
申し訳ないです 
美也編はちょっと番外編的な感じでやろうと思ってます 
次で終わりかな 

もし誰か希望があればやるかも



82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/29(土) 03:09:33.25 ID:oaIeGG20o

最高だった 






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
リーリエ「我等は 姿無きが故に それを畏れ」 
佐天「純愛漫画を描く能力かあ……」 
【けものフレンズ】ミミズク「ハカセ、早くシャワーを浴びてくるのです」 
野崎「ネタが思いつかない……」堀「野崎がスランプだ」若松「どうしましょう……」 
アスカ「きのこしゅごいでしゅぅううううううううう////」