転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530425027/

7: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:11:28.94 ID:H3ozFito0

ほたる「……」ドキドキ

歌鈴「……」ソワソワ

朋「おはようございま――」

ほたる「――あっ、とっ、朋さん!」ダッ

歌鈴「おはようございますっ、朋さん!」ダッ

朋「きゃっ!?」

朋「お、おはよ、二人とも……どしたの?」

ほたる「あっ、え、えっと……」

歌鈴「こっ、こっちに来てくださいっ!」ガシッ

朋「へ……?」

歌鈴「行きましょう、ほたるちゃん!」

ほたる「あ、はいっ!」ガシッ

朋「え、ちょ、ちょっと! どこ行くのーっ!?」



8: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:12:13.11 ID:H3ozFito0

朋「ねぇ、二人とも!」

歌鈴「ひ、秘密ですっ!」

ほたる「とりあえずこっちに来てください!」

朋「あ、うん……」

朋「……」

朋「……あのさ、二人で腕掴んで引っ張るのって歩きづらくない?」

ほたる「……まあ」

歌鈴「でも、離しちゃうと朋さん逃げちゃうかもしれないし……」

朋「や、逃げないわよ……どこに行くかわからないけどさ」

歌鈴「ひ、秘密ですっ!」

朋「あ、うん、それはわかってるけど……」

歌鈴「えっと、も、もうちょっとなので……ひゃあっ!?」コケッ

朋「わっ!?」

ほたる「え……きゃっ……!?」

朋「いたた……」

ほたる「……みんな繋がってましたから、みんなこけちゃいましたね」

歌鈴「あうぅ……ごめんなさい……」

朋「や、大丈夫だけど……」

朋「……こんなことになるかもしれないし、やっぱり手離してくれる?」

歌鈴「……はい」

ほたる「に、逃げないでくださいねっ!」

朋「大丈夫だって」



9: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:12:46.89 ID:H3ozFito0

歌鈴「つきましたっ!」

ほたる「朋さん、こちらです」

朋「ん」

歌鈴「……」

朋「……あ、これあたしが先に入らないとダメなやつ?」

ほたる「あ、お願いします」

朋「んー」

朋「っしょっと」ガチャ

茄子「お誕生日!」

芳乃「おめでとうございましてー!」

朋「わっ!?」

朋「茄子さんに、芳乃ちゃん……?」

ほたる「おめでとうございます、朋さん!」

歌鈴「ささ、中へどうぞどうぞ!」

朋「歌鈴ちゃん、ほたるちゃんも……!」

朋「ありがとっ、みんなっ!」

茄子「どういたしましてー♪」

芳乃「ともあれ、まずはこちらへどうぞー」

朋「っと、そうだったわね」




10: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:14:12.37 ID:H3ozFito0

ほたる「朋さんの席はこちらです」 

朋「ん、わかった」 

朋「……ふふっ。みんなが祝ってくれてうれしいっ!」 

朋「期待しててよかったわ!」 

芳乃「おや、期待していたのでー?」 

朋「もちろん! 今日は朝からドキドキしてたもん!」 

朋「だから、歌鈴ちゃんとほたるちゃんがあたしを連れて行こうとしたときなんて……」 

朋「だいぶ驚いたけど、おんなじくらいワクワクしてたの!」 

ほたる「あ……じゃあ、最初からバレてたんですね」 

朋「まあ……なんとなくね」 

歌鈴「あうぅ……秘密にする意味無かったんですね……」 

茄子「んー、完全にサプライズにしたかったんですけどねー」 

朋「あはは、ごめん……なのかな」 

朋「……正直1週間以上前から期待してたのよね。あたしの誕生日」 

朋「みんなもなんかコソコソやってたみたいだし」 

芳乃「おやー……」 

朋「……あと、ほたるちゃんからあたしに『プレゼントの案考えました!』ってメッセージも来たし」 

ほたる「あっ! わ、忘れてくださいって言ったのに!」 

朋「そうね。『忘れてください!』って5回くらい来てたわね」 

朋「すっごく慌ててて……ふふっ」 

ほたる「言わないでください、もうっ! もうっ!」 

茄子「よしよしー♪」ナデナデ 

朋「そんな感じで、みんなからお祝いしてもらえるのがすっごく楽しみだったの!」 

朋「ありがとねっ、みんな!」 

芳乃「どういたしましてー」 

茄子「でもでも、もちろんこれで終わりじゃないですよー♪」 

朋「!」 

茄子「ふふっ、いっぱいお祝いする方法を考えましたので、楽しみにしててくださいねっ」 

朋「うんっ!」



11: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:14:48.84 ID:H3ozFito0

芳乃「それでは、まずは……」 

朋「まずは?」 

芳乃「わたくしの法螺貝にて、そなたの生誕を祝う音をー――」スッ 

朋「ま、まって!?」 

芳乃「んー? 嫌でしてー?」 

朋「ううん、そうじゃなくって……」 

朋「うれしいんだけど……うるさくない?」 

芳乃「……あー」 

朋「この部屋って消音……ってわけでもないわよね?」 

芳乃「……ですなー」 

茄子「うーん……その辺のこと考えてませんでしたね」 

歌鈴「どど、どうしましょう……?」 

芳乃「ふむー……」 

芳乃「……なれば、法螺貝を使わずに音をならせばいいのですねー」 

芳乃「お任せくださいませー」 

芳乃「すぅ……」 

芳乃「ぶおぉー」 

茄子「あっ、なるほど♪ 自分が法螺貝になるんですねー♪」 

芳乃「でしてー。さあ、みなも共にー」 

歌鈴「へ、私たちもですか!?」 

芳乃「うむー。法螺貝ではないため大きな音はでぬゆえー、量を多くするのでしてー」 

芳乃「みなで朋殿を祝う音を奏でましょー」 

茄子「はーい♪」 

ほたる「……わかりました」 

歌鈴「は、はいっ! よーし……」 

芳乃「それではみなー。声を合わせてー」 

芳乃「ぶおぉー」 

茄子「ぶおぉー♪」 

歌鈴「ぶ、ぶおーっ」 

ほたる「ぶおぉー……♪」 

朋「……ふふっ」



12: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:15:38.73 ID:H3ozFito0

芳乃「……ふぅ」 

芳乃「いかがでしてー?」 

朋「みんな可愛かったわ」 

芳乃「そういうことを聞いているのではないのでして」 

朋「わかってる。うれしかったわよ」 

朋「みんなの可愛い声が聴けて……なんて」 

芳乃「そういうことを聞いているのではないのでして!」 

朋「ふふっ♪」 

歌鈴「……うぅ、あ、あとから恥ずかしくなってきました」 

ほたる「法螺貝の真似をする……なんてなかなかないですからね」 

ほたる「わ、私もちょっと恥ずかしく……」 

茄子「朋ちゃん朋ちゃん。さっきのみんなの声録音してたんですけど、いります?」 

朋「あっ、欲しい!」 

歌鈴「かっ、か、茄子さん!」 

ほたる「消してくださいっ!」 

茄子「朋ちゃんへの誕生日プレゼントだからダメですよー♪」 

歌鈴「えーっ!」 

ほたる「うぅ……」 

芳乃「……恥じらうことはありませぬー」 

芳乃「みな、素敵な音色でしたよー?」 

ほたる「そういうことじゃないんですっ!」 

芳乃「おやー?」



13: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:16:32.63 ID:H3ozFito0

歌鈴「うぅ……とっ、朋さん!」 

歌鈴「絶対に! 絶対に他の人に見せたりしないでくださいね!」 

朋「はーい」 

歌鈴「……こほん」 

歌鈴「続きましてっ! ケーキです!」 

朋「わっ、待ってました!」 

茄子「ふふっ。こちらです……じゃーん♪」 

朋「わっ……緑色?」 

ほたる「抹茶味なんです」 

朋「へぇ……抹茶……」 

ほたる「……もしかして苦手でしたか?」 

朋「ううん! ただ、珍しいなーって」 

茄子「このメンバーでお祝いなので、ちょっと和っぽくお祝いしてみたかったんですよねー♪」 

朋「あ、なるほど」 

ほたる「評判のいいケーキ屋さんのケーキなので、きっと美味しいと思いますよ」 

朋「そっか……ふふ、楽しみ」 

茄子「でも、その前にー♪」 

歌鈴「まずはろうそくからですね!」 

朋「……っと、そうね!」 

芳乃「こちらに年齢分のろうそくがありますー」 

芳乃「ざくざくと立てましょー」



14: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:17:33.08 ID:H3ozFito0

芳乃「できましてー!」 

茄子「うーん、ろうそくがいっぱいですねー」 

歌鈴「一本一歳分はやりすぎでしたかね」 

ほたる「でも……全部火をつけたらきっと綺麗ですよ」 

歌鈴「あ、そうですねっ! ではさっそく……」 

歌鈴「ひとーつ、ふたーつ、みーっつ……」 

歌鈴「……よしっ、つきました!」 

芳乃「ではあかりを消しますねー」パチッ 

茄子「……ふふっ、やっぱりきれいになりましたね」 

朋「そうね……綺麗……」 

茄子「まあ、今から消すんですけどねー♪」 

朋「……そうだったわ」 

芳乃「……こほん」 

芳乃「では、まずはわたくしたちからお祝いの歌をー」 

茄子「せーのっ♪」 

茄子「お誕生日おめでと~♪」 

朋「待って」 

茄子「あら?」 

朋「……ハッピーバースデートゥユーじゃないの?」 

茄子「和っぽくお祝いしてみたいのでー♪」 

朋「ああ、そういう……」 

茄子「……じゃ、改めまして」 

茄子「お誕生日おめでとー♪」 

芳乃「お誕生日おめでとー♪」 

歌鈴「お誕生日ーおめでとーもさーん♪」 

ほたる「お誕生日おめでとー♪」 

朋「……さすがアイドルね、みんな歌上手いわ」 

芳乃「そなたもアイドルでして」 

歌鈴「ささっ! ふーっと吹き消してください、ふーっと!」 

朋「うん!」 

朋「すぅ……」 

朋「ふーっ!」 

ほたる「わっ、全部消えましたね……!」 

芳乃「さすがアイドルー、肺活量がすごいのでしてー」 

朋「みんなもアイドルでしょ」 



15: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:18:29.94 ID:H3ozFito0

茄子「さて、それじゃあ切り分けますねー♪」 

芳乃「うむー、お願いしましてー」 

茄子「ふふっ、5等分も私にかかればお茶の子さいさいですよー♪」 

茄子「いち、に、さん、よん、ご……っと!」 

朋「……こんなにぱぱっと切り分けてるのにちゃんと5等分になってるのがすごいわよね」 

茄子「私ですから♪」 

茄子「ささ、お好きなものをどうぞ♪」 

朋「じゃ、私これ!」 

芳乃「なればわたくしはこちらをー」 

歌鈴「じゃあ、こちらで」 

ほたる「私はこれがいいです」 

茄子「ふふっ、みんなきれいにばらけましたねー♪」 

茄子「っと……バースデープレートは朋ちゃんに」 

朋「やった!」 

芳乃「ふふー」 

茄子「それでは、いただきまーす♪」 

朋「いただきますっ!」 

朋「……うん、おいしい!」 

ほたる「……よかった」 

歌鈴「ほたるちゃんが選んだんですよね?」 

朋「そうなんだ!」 

ほたる「あ、はい……美味しいみたいで何よりです」 

ほたる「……ほんとだ、美味しい」 

茄子「ふふっ、大成功でしたねー♪」 

ほたる「うん……♪」 

芳乃「うむー、美味美味ー」 



16: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:19:09.95 ID:H3ozFito0

茄子「さて! ケーキを食べてる途中ですけどー」 

茄子「朋ちゃん」 

朋「なになに~?」 

茄子「こちらをどうぞ♪」 

朋「わっ……もしかしてプレゼント!?」 

茄子「ふふ、もちろん♪」 

芳乃「わたくしたち4人の思いを込めたプレゼントでしてー」 

朋「そっか……ありがとっ!」 

朋「ね、開けてもいい?」 

歌鈴「は、はいっ!」 

ほたる「……」 

朋「箱の中身はー……」 

朋「……石?」 

芳乃「でしてー」 

茄子「でも普通の石じゃないんですよ?」 

茄子「私たちの力をたくさん込めた超パワーストーンです♪」 

朋「……どういうこと?」 

茄子「その名の通りです♪」 

朋「……?」 

芳乃「ふむー、ではこの石をいかにして作ったかお教えしましょー」



17: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:23:51.53 ID:H3ozFito0

芳乃「まずは霊験あらたかな土地をいくつか選びましてー」 

芳乃「その中からほたる殿に一つ選んでもらいましてー」 

朋「どうしてほたるちゃんに?」 

ほたる「その……私が選ぶところなら、何かしらあるだろう……って、芳乃さんが」 

芳乃「彼女が選ぶところならばより強い力があるかと思ったゆえー」 

朋「あー、なるほど」 

芳乃「……そして、みなでそこへ向かったのですー」 

芳乃「そうしてそこへ赴いたならばー、今度は茄子殿に適当な石を拾ってもらいましてー」 

茄子「なんとなく一番よさそうな感じのものを拾いました♪」 

芳乃「茄子殿ならばプレゼントに最適なものを選んでくれるかとー」 

朋「うんうん」 

芳乃「これにより拾われた石がそちらなのですがー」 

芳乃「そのままだと悪しき力もまだ残っておりましてー」 

芳乃「というか、ほとんどが悪しき力でありましてー」 

歌鈴「持ってるだけで不幸なことが起こりそうでしたね」 

茄子「別の石を自分用に持って帰ってきたんですけど、確かに不幸なことが起こるようになりましたねー」 

ほたる「も、持って帰ってきたんですか!?」 

茄子「はい♪ せっかくだったので」 

芳乃「何をしてるのでして」 

茄子「ふふっ、これを持ち歩くようになってから信号で止まることが多くなって楽しいです♪」 

朋「えぇ……」 

茄子「なんなら見てみますか?」スッ 

朋「うわっ、ほんと……すっごくまがまがしい感じがしてるわ」 

朋「……この石も同じ場所で拾ったのよね?」 

茄子「そうですよー♪」 

朋「それにしてはこっちは全然まがまがしくないわね」 

歌鈴「私と芳乃ちゃんで頑張りましたから!」 

朋「……っていうと?」 

芳乃「朋殿が茄子殿の石に感じた通り、その石も元々はまがまがしいものでありましたー」 

芳乃「しかし、わたくしと歌鈴殿で石を清めー、悪しき力を善き力へと変換したのですー」 

歌鈴「たくさんの神様にお願いしましたねー」 

芳乃「うむー。それゆえ、そちらの石は様々な善き力が入りましてー」 

芳乃「ゆえに、こちらの石は超パワーストーンなのでしてー」 

朋「なるほどねぇ……」



18: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:24:54.88 ID:H3ozFito0

朋「んー……」 

芳乃「……」 

ほたる「……反応、ありませんね」コソコソ 

歌鈴「そ、そうですね……もしかして、失敗だったでしょうか?」コソコソ 

茄子「うーん……朋ちゃんなら喜んでくれるかと思ったんですけど」コソコソ 

芳乃「ふむー……目論見が外れましてー?」コソコソ 

朋「うーん……」 

ほたる「ど、どうしましょう?」コソコソ 

芳乃「……もう一つプレゼントはあるゆえー、そちらで――」コソコソ 

朋「――よし、諦めよっ!」 

芳乃「!」ビクッ 

朋「……あれ、みんな固まってどしたの?」 

歌鈴「ななな、なんでもないでしゅっ! すっ!」 

ほたる「え、えっと……それで、何を諦めたんですか?」 

朋「や、この石なんかアクセサリーにできないかなーって考えてたのよ」 

朋「でもそれなりに大きいからちょっと難しいかなーって思って」 

朋「削ったりしたらできるかもしれないけど、せっかくのご利益も無くなっちゃうかもしれないし……」 

朋「だから、もうこのまま持ち運ぶしかないわねーって」 

朋「ちょっと重いけど、きっとご利益はたくさんあるもん。肌身離さず持ち歩くわ!」 

朋「ありがとねっ、みんな!」 

芳乃「ほっ……喜んでくれたなら何よりでしてー」 

朋「そりゃ、もううれしいわよ!」 

朋「こんな手作りパワーストーンなんて絶対他じゃもらえないしねっ!」 

朋「ふふっ、本当にうれしいっ!」 

ほたる「……ふふ、よかった」



19: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:25:27.35 ID:H3ozFito0

朋「でも、ずるいわ」 

朋「あたしも一緒に行きたかった。パワーストーン探し」 

茄子「朋ちゃんのプレゼント探しですからねー♪」 

朋「そうなんだけどー……すっごく楽しそうだし」 

茄子「楽しかったですよー、ねー♪」 

ほたる「ね、ねー……♪」 

朋「うー……ずーるーいーっ!」 

芳乃「ふふー、今度は共に参りましょうねー?」 

朋「絶対だからね!」 

芳乃「うむ、約束でしてー」 

歌鈴「そうそう、朋さん! 実はもう1個プレゼントがあるんです!」 

朋「えっ、本当!?」 

朋「あたしこんなに至れり尽くせりでいいのかしら……?」 

茄子「ふふっ、なんてったって誕生日ですから♪」 

歌鈴「ささっ! こちらを開けてみてください!」 

朋「うん!」 

朋「こっちはなにかしら……ふふっ♪」 





おしまい



20: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:27:00.06 ID:H3ozFito0

ふじともお誕生日おめでとう! 
最近ではクールな一面も見れたふじとも。今後ともいろんな姿が見れることを楽しみにしてる。 


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。 
あと序盤めっちゃガバってすいません。 
読んでくださった方ありがとうございました。



21: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/07/01(日) 15:30:09.41 ID:H3ozFito0

一昨年の朋まゆの誕生日 
まゆ「朋さんの誕生日」 


去年の朋茄子芳乃の誕生日 
芳乃「朋殿の願いをー」茄子「叶えるのでしてー♪」 


去年の朋とPの誕生日 
朋「今日はそばを離れないからね!」【SS】 


良かったらこちらもよろしくお願いします






他のおすすめSS
モバP「壁に乙倉」 泰葉「障子に乙倉」 
千川ちひろ「パソコンくらい買いましょうよ」モバP「……」 
幸子「カワイイボクと新しいユニット?」 
島村卯月「笑顔を育ててくれた場所」 
一ノ瀬志希「搾精洗脳のススメ」 
ちひろ「素直になれないアイドル達」 
フレデリカ「ハロウィンパーティーごっこ」 
フレデリカ「普通に支払う焼肉ごっこ」 
P「未ー央ー……」モミッ 本田未央「へっ!?」 
未央「どんな本が好きなの?」文香「好きな本…ですか?」