転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450358322/

1: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:18:42.46 ID:8Ub7EkSLo



―――事務所


「ピニャ、ピニャーア」ゴロゴロ


加蓮「……なにあれ」

泰葉「さぁ……」


「ピーニャ…ピニャン」ノビーッ


加蓮(事務所に来たらよく分からないのが)

泰葉(ソファーでくつろいでた)


李衣菜「……ちょっとかわいい、かも」

加蓮「えっ」

泰葉「えっ」





2: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:21:19.62 ID:8Ub7EkSLo

「ピニャッ?」


泰葉「あ」

加蓮「こっちに気づいた」


李衣菜「よーしよしよし、おいで~」

加蓮「ちょ、ちょっと李衣菜……! そんな得体の知れない生き物を――待ってそもそも生き物?」

「ピニャー!」トテチコ

李衣菜「おお~♪ 来た来たっ」

泰葉「意外と人懐っこい……」



3: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:24:05.77 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「よしよし」ナデナデ

「ピー、ニャー♪」

加蓮「……電池で動いてるんじゃないの、これ」

李衣菜「えー? こんなにふっかふかなのに」モフモフ

泰葉「おもちゃにしては……ちょっと動きが自然すぎる気がするけど」

加蓮「裏っ側にタグとか付いてるんじゃ……」ヒョイッ

李衣菜「あっ! 加蓮そんな乱暴しちゃダメだよ!」

「ピニャアン…♡」

加蓮「ってお尻の穴あった!?」



4: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:26:04.34 ID:8Ub7EkSLo

泰葉「じゃあやっぱり生き物?」

李衣菜「当たり前でしょ、まったくもう」

「ピニャピニャー」

加蓮「うぅ、わけ分かんない生き物のお尻見ちゃった……!」

李衣菜「ねぇ、キミどこから来たの?」

泰葉「さすがに言葉は通じないんじゃ……」

「ピニャ!」ピッ

李衣菜「あっちだって」

加蓮「当然のように意思疎通しないでよ……」




5: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:29:44.43 ID:8Ub7EkSLo

「ピニャ…」ジーッ 

泰葉「え? あ……わ、私になにかようかな?」 

「……」ジッ 

泰葉「……えっと」 


「…ピニャーン!」ピョーン 

泰葉「へっ――」 


びたーんっ 


泰葉「※♭%#@$~~~ッッ!!!???」 

「ピニャー♪」 

加蓮「顔に張り付いたー!?」



6: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:32:45.03 ID:8Ub7EkSLo

泰葉「と、とって! とっへ~っ!」モガモガ 

加蓮「や、泰葉! 待ってて今すぐ取るから! 離れなさいよこのっ、緑!」グイグイ 

「ピーニャーピーニャー♪」 

泰葉「い、いたいいたいっ! かっ加蓮もっと優しく……!」 

加蓮「なにこの吸着力おかしいでしょ! 李衣菜も手伝っ――」 

李衣菜「いいなぁ泰葉……」 

加蓮「李衣菜!!」



7: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:34:40.61 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「わ、分かったよ……そんな怒んないでよ。……良い子だから、泰葉から離れてあげて、ね?」 

「ピニャ…」 


「ピニャッ」ピョイッ 

泰葉「っぷは! はぁ、はぁ……!」 

加蓮「李衣菜の言うことは聞くんだ……泰葉、大丈夫?」 

泰葉「な、なんだか……ミントみたいないい匂いがした……」 

加蓮「嘘!?」 

「ピニャー♪」



8: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:37:05.85 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「いきなり飛びついたり、ミントの香りしたり……キミ、けっこうロックだね!」 

「ピニャン!」フンス 

泰葉「もう少しだけ嗅いでいたいかも……」 

加蓮「えぇー……」 

「ピーニャ?」 

李衣菜「いいよ、って言ってるみたい」 

泰葉「ほ、ほんと? ……じゃ、じゃあ……失礼します」ヒョイ 

「ニャーピニャ」 

泰葉「くんくん……ふふっ♪」 

加蓮「泰葉までおかしくなった」



9: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:38:56.27 ID:8Ub7EkSLo

泰葉「加蓮もどうぞ? とってもいい匂いだから」 

加蓮「わ、私まで巻き込まないでよ! 絶対イヤだからっ」 

李衣菜「ほら、ミントと言えば加蓮なとこあるじゃん」 

加蓮「私の曲汚さないで! なにが悲しくてこんな緑でブサイクな……!」 


「ピニャ…」ウル… 


泰葉「あ……」 

李衣菜「泣きそう」 

加蓮「ちょ」



10: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:40:57.02 ID:8Ub7EkSLo

「ピニャ…ピニャン」ホロリ 

李衣菜「あーあ……泣かしちゃった」 

泰葉「加蓮……。さすがに可哀想よ……」 

加蓮「だ、だって、でも……!」 

「…ピーニャ?」 

加蓮「う……!」 


「ピニャー…」トテトテ… 

「ピニャ…♪」ピトッ スリスリ 


加蓮「」キュン



11: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:44:27.83 ID:8Ub7EkSLo

加蓮「……そ、その」 

「ピニャ」 

加蓮「…………ご、ごめんね。ひどいこと言って」 

「ピニャン♪」スリスリッ 

加蓮「許して……くれるの?」 

「ピニャピニャ」 

加蓮「……ふふ。あったかいね、アンタ」ナデ… 

「ピーニャァ♡」グリグリ 

加蓮「ちょっと、もう……くすぐったいでしょ。ふふっ♪」 


泰葉(いいお話……!) 

李衣菜(うん……!)



12: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:46:04.79 ID:8Ub7EkSLo

加蓮「あ……ほんとにミントの香りする」ハスハス 

「ピピニャン♪」 

李衣菜「あはは、笑ってる」 

泰葉「ふふ、かわいい……♪」 

「ピニャンッ」 

加蓮「意外と愛嬌あるじゃない。ねぇ、アンタ……ここに住む?」 

「ピニャ?」



13: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:47:45.23 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「え、ここに住むって……」 

泰葉「ああ、そっか。この子、どこから来たのか分からないものね」 

加蓮「うん、隙間から入り込んで来たのかもしれないし。野良……猫? 犬? どっちか分からないけど」 

「ピニャ? ピーニャア」 

泰葉「あれ? 首振ってる……」 

李衣菜「誰かに飼われてるのかな?」 

加蓮「んー、リボン付いてるからそうなのかなぁ。残念……」



14: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:49:40.26 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「お? 加蓮、すっかりこの子にご執心?」ニヤニヤ 

加蓮「えっ、あ、その! く、くせになるかわいさというか、なんというか……!」ゴニョゴニョ 

泰葉「ふふ……♪」 

「ピニャニャン♪」 


がちゃり 


P「ただいまー。おまたせぴにゃ、ご飯買ってきたぞー!」



15: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:52:30.01 ID:8Ub7EkSLo

泰葉「あ、Pさん。お疲れさまです」 

李衣菜「おかえりなさい……って、ぴにゃ?」 

「ピッ! ピーニャー♪」ピョイーン 

加蓮「あ!」 


P「お、みんなお疲れさま。……おーおー、悪かったなぴにゃこら太。遅くなった」ナデナデ 

「ピニャ♪ ピーニャア♪」スリスリスリスリ 


李衣菜「……すごく懐いてる」 

泰葉「もしかして……」 

加蓮「Pさんのペットなの!?」



16: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:54:16.31 ID:8Ub7EkSLo



――― 


P「――ごめんな、なにも言わずにこいつ置いといて。家の自動給餌器が壊れちゃってさ、連れてきたんだよ」 


ぴにゃこら太(ペット)「ピニャ!」 


泰葉「そうだったんですか……どうりで人懐っこいはずです」 

李衣菜「Pさん、ペットなんて飼ってたんですね。知りませんでした」 

P「まー、独り暮らしも長いからな。癒やしをくれるぞ、こいつは。なー?」 

ぴにゃこら太(ペット)「ピニャーン♪」



17: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:55:48.98 ID:8Ub7EkSLo

加蓮「ふふ、なんだかPさんが帰ってきたらすごく嬉しそう」 

ぴにゃこら(ry「ピニャンピニャン」グリグリ 

P「はは、甘えん坊なんだよ。……お前たちみたいにな?」 

泰葉「こっ、ここまでじゃないです! ……た、たぶん……」カァ… 

李衣菜「そ、そうですよ! こんなに甘えられるわけ……」モジモジ 

加蓮「あ、甘えていいなら思い切り甘えてあげてもいいけど……」テレテレ 

P「冗談で言ったんだが」



18: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:57:25.60 ID:8Ub7EkSLo

ぴにゃ(ry「ピーニャ! ピニャニャー♪」ピョンピョン 

P「ん? どうした……あぁ、……ふふ、そっか」 

李衣菜「なんて言ってるんですか?」 

P「『仲良くしてくれて嬉しい』ってさ。ありがとな、三人とも」 

泰葉「……ふふ。私たちも嬉しいです」 

李衣菜「へへ、はいっ」 

加蓮「だからなんで意思疎通出来るの?」



19: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 22:59:07.79 ID:8Ub7EkSLo

P「なにを言ってるんだ加蓮。犬や猫じゃないんだから出来るに決まってるさ」 

加蓮「犬や猫じゃないんだ!?」 

李衣菜「まぁどう見ても違うよね。緑の毛色って見たことないし」 

泰葉「骨格からして違うものね」 

加蓮「それはそうだけど……じゃ、じゃあなんなのこの子は?」 

P「ぴにゃこら太はぴにゃこら太だぞ? それ以下でもそれ以上でもない」 

ぴ(ry「ピニャ?」 

加蓮「……無理やり納得しないといけない流れだよね、これ」



20: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 23:01:08.91 ID:8Ub7EkSLo

李衣菜「まぁなんだっていいじゃん! かわいいは正義って言うし!」 

泰葉「ええ、そうね。Pさん、私に抱かせてくださいっ」 

P「ああ、いいぞ。ほらいけぴにゃ、遊んでもらえ!」 

緑「ピニャーン♪♪」ピョコーン 

泰葉「きゃっ! ふふっ、もう顔に張り付いちゃダメだよ?」ナデナデ… 

李衣菜「えー、私はむしろ張り付いてもらいたいんだけど」 

加蓮「そ、それはちょっと……泰葉、私にも抱かせてっ」



21: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 23:03:43.51 ID:8Ub7EkSLo

泰葉「待って、もう少しだけ……もふもふ……♪」 

李衣菜「次私ー♪」 

加蓮「あっ、李衣菜ずるい! 私が先~♪」 

緑「ピニャピニャ♪」 


きゃいきゃい ぴにゃぴにゃ…… 


P「……うん、和む」ニコニコ 



おわり 



ちひろ「新種です。新種ったら新種なんです。新種。OK?」



22: ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/17(木) 23:05:44.40 ID:8Ub7EkSLo

というお話だったのさ 
前回が最終回だと思った人、大丈夫自分もこれじゃ最終回だと思った 

ネタが生まれる限りだりやすかれんは続く……



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/17(木) 23:38:31.87 ID:OPngbfIH0

ぴにゃはミントの香りなのか…… 



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 00:14:03.03 ID:XxCS6Ay50

乙です。 
緑って見て最初ちひろさんを想像しちゃった






他のおすすめSS
モバP「ちえりあつめ」 
水野翠「もう一つの的」 
梶原修人「ここが346プロか…」高垣楓「屍を使うなんてばかねえ♪」 
モバP「かわいいなぁ」 
モバP「ダイジェストで送る荒木比奈」 
フレデリカ「カーナビごっこ」 
仁奈「新番組 どうぶつのきもちになるですよ!」 
服部瞳子「シャキッとせい、工藤!?」工藤忍「…はいっ!」 
「出席番号25番、長富蓮実」 
五十嵐響子が吉岡沙紀の首筋をぺろぺろするだけのお話