転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547900497/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:21:37.63 ID:PudWixl40

「ちょっと想像してみて。もしも、私とあなたの距離が、10光年離れていると仮定して」

唐突にそんなことを言われても困る。
10光年という距離がどれほどのものなのか。
いまいちピンと来ないながらも、耳を傾ける。

「それがどのような意味を持つかと言うと、どれだけ高性能な望遠鏡を使っても、10年前のお互いの姿しか観測出来ないということなの」
「へぇ」

なんとなく、言ってる意味はわかる。
10光年先には、光が伝わるのに10年かかる。
だから、10年のタイムラグが生じるのだろう。

「だからあなたが望遠鏡を覗いて、たとえ私に一目惚れしたとしても、それは10年前の私」
「そしたら俺は、完全にロリコンになるな」
「そう。そして私は、ショタコンになるの」

小難しい話題のわりに結論はくだらなかった。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:25:43.01 ID:PudWixl40

「私はショタのあなたに告白すると思う」
「そしたら俺もロリのお前に告白するよ」
「でもそれがお互いに伝わるのは10年後」

望遠鏡を覗いて、好きだと口にする。しかし。
その口の動きが伝わるのには、10年を要する。
口パクの告白でしかないのに、もどかしい。

「10年後の私は、あなたの告白を喜べない」
「どうしてだ?」
「あなたが恋したのは、10年前の私だから」

なるほど。そうなるのか。それは非常に困る。
どうにか出来ないものか、悩みに悩んだ末に。
とても簡単な解決策があることに、気づいた。

「だったら俺は、1秒ごとに、告白するよ」

すると、吃驚したような顔をして、赤面した。

「……10年後の私は、きっとドン引きするわ」
「でも、そうすれば伝わるだろ」
「ええ、あなたが重いってことは伝わるわね」
「思いだって、想いだって、伝わる筈だ」
「なるほど。光速の想いは、重いわけね」
「どういう意味だ?」
「質量ある物質は光の速さに近づくにつれ、どんどん重くなるのよ。それで、動けなくなる」

言葉に質量があるかは不明だがしっくりきた。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:28:01.45 ID:PudWixl40

「でも、どうかしらね」
「なんのことだ?」
「そんなに好きと言われると、軽くなるかも」

そう言われると、そんな気もする。チャラい。

「じゃあ、1年に一度、とか?」
「そうね。その頻度なら、ロマンチックかも」

うっとり頬を染められ、照れ隠しに嘆息した。

「女って、面倒くさいな」
「男って、頭が悪すぎる」

頭が良い女と話すのは、楽しい。
頭が良くなりたいとは思わない。
たぶん、楽しく、なくなるから。

「でも、会って話せないのは寂しいな」
「だからこそ、愛しいと思えるんじゃない?」
「直接会って、話して、触れ合うのが一番だ」
「下心が見え見えよ。最低ね」

とか言いつつも、上機嫌で、クスクス笑った。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:30:15.48 ID:PudWixl40

「ワープとか出来たらいいのにな」
「瞬間移動みたいな?」
「そうそう、それそれ」

瞬間移動や転移魔法があれば、すごく便利だ。

「でも、そこに居るのは10年後の私なのよ?」
「あっ」
「それが、好きな相手だと、認識できる?」

どうだろう。想い人を、認識出来るだろうか。

「やっぱり、直接会わない方がいいかもね」
「そ、そんな……!」
「どんな答えでも、きっと軽く感じちゃうわ」

10年後の姿の相手を、認識出来たとして。
それでも、好きだと、伝えたとして。
結局は、お互い、出会ったばかりなわけで。
ましてや、10年前の相手に恋していた癖に。

その告白に、どれほどの重みがあるのだろう。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:33:29.71 ID:PudWixl40

「だからこそ、光速は超えられないのかもね」 

それは聞き覚えがある。光速は超えられない。 
軽くならないように、ズルを、しないように。 
そんな風に世界の法則は出来ているのだろう。 

「でも、俺は……」 
「空間の跳躍も、もちろんズルだから」 
「そんなことはわかってるけど!」 

わかっていても、届けたい気持ちがあるんだ。 

「やっぱり、あなたって重すぎ」 

そうなのだろうか。でも、軽くなるのは嫌だ。 

「……まるで、ブラックホールみたいね」 
「えっ?」 
「重すぎて、抜け出せられなくなりそう」 
「……悪かったな」 

貶されていると思って、拗ねると、笑われた。 

「あっ。落ち込んだ」 
「ほっといてくれ」 
「またそうやって、私を飲み込もうとする」 

別にそんなつもりはない。闇に堕ちただけだ。



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:35:27.82 ID:PudWixl40

「ブラックホールのことを教えてあげる」 

完全にへそを曲げても、おかまいなしに語る。 

「そもそも重さというのは、空間の歪みなの」 
「空間の歪み?」 
「おっ? 興味あるんだ?」 

つい反応してしまい、ブラックホール失格だ。 

「質量ある物質の存在は、空間を歪ませる」 
「なんか、カッコいいな」 
「でしょ? 一番重いのが、ブラックホール」 

なるほど。最強の重力魔法を操るラスボスか。 

「なんか、くだらない妄想してない?」 
「男のロマンだ」 
「やっぱり、男って、頭が悪すぎる」 

呆れて嘆息しながらも楽しそうに話を続ける。 

「ブラックホールは、空間の落とし穴なのよ」 
「悪い奴なのか?」 
「悪気や悪意はないと思うけどね」 

余計にタチが悪いな。それが自分とか悲しい。



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:37:42.67 ID:PudWixl40

「私たちの身の回りにも、空間の歪みはある」 
「たとえば?」 
「地球だって、月を離さないでしょ?」 

そう言われるとそうだ。月は地球の虜である。 

「その地球も、太陽に囚われていて、太陽でさえ、天の川銀河の中心にあるとされる、ブラックホールに捕まって、永遠に離れられないの」 

なにそれ。ブラックホールって、すごすぎる。 

「だから、重たいあなたは、とても魅力的よ」 

なにそれ。そんな褒め方されると嬉しすぎる。 

「だったら、その、俺と……」 

今しかないと思い、モジモジと告ろうとして。 

「もっと強引に出来ないの?」 

なんか、ガッカリされたので、言い訳をする。 

「なにぶん、悪気や悪意はないもので」 
「ちなみに、私は悪気や悪意がありまくりよ」 

薄々わかってはいたが、タチが悪い女である。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:40:21.99 ID:PudWixl40

「もしもお前が、10光年先に居たとしても」 

落ち着いて、冷静に、学んだことを活かして。 

「俺の想いは、決して、君のことを離さない」 

これでいい。これでいいのか? 大丈夫なのか? 

「……カッコつけすぎ」 
「あっ……すみません」 

ダメだね。いいわけなかった。振られました。 

「振られても、離さないんでしょ?」 
「えっ?」 
「何度振られても離してくれないんでしょ?」 
「いや、それはさすがに……」 

ただのストーカーじゃんと、引き下がったら。 

「離さないで」 
「あ、はい」 
「二度と、離れるつもりはないから」 
「お、おう」 
「1年ごとに、今と同じ言葉を、私に言って」 
「それはいくらなんでも恥ずかしいというか」 
「言いなさい」 
「あ、はい」 
「約束よ」 
「……わかったよ」 
「これから、よろしくね?」 
「ああ……こちらこそ、よろしく」 

なんか逆に捕まってしまって告白は成功した。 


【10光年先の相手への告白の仕方】 


FIN



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:43:36.95 ID:PudWixl40

引き続き、もう一作品、投稿します。 
とはいえ、本編とは一切関係ありませんので、興味ある方だけでお愉しみください。 

それでは以下、おまけです。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:44:44.14 ID:PudWixl40

「あー……飲み過ぎた」 
「大丈夫? 気持ち悪いの?」 
「ちょっと、ヤバいかも」 
「じゃあ、トイレに行こ」 

成人式の後、中学の同窓会が行われた。 
そこで久しぶりに会った男友達と意気投合。 
なんたってスーツが似合っていた。素敵だ。 
しかも、三揃いだ。スリーピースだった。 
スーツはいい。三揃い最高。ウェーイ! 
などと有頂天になり、おかわりをしまくって。 
楽しく、ぐびぐびお酒を飲んでいたのだけど。 

「私のペースに付き合わせちゃって、ごめん」 

ペースが速かったらしく男友達はダウンした。 

「いや、こっちこそ、面目ない……うぷっ」 

吐きそうな彼に肩を貸し、トイレに向かうと。 

「すごい行列だね」 
「……俺の命運も、ここまでか」 

トイレには長蛇の列が出来ていて、使用不可。 

「諦めちゃダメだよ!」 

男友達の手を引き、外へ出て、側溝まで誘導。 

「はい、ゲーして」 
「おえっ! おろろろろろろろろろろろろっ!」 

男友達の吐瀉物はちょっと美味しそうだった。



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:46:48.23 ID:PudWixl40

「大丈夫?」 
「申し訳ない……申し訳ない」 

心底申し訳なさそうな男友達を見て胸が弾む。 
弱っている男の人は、可哀想で、可愛かった。 
なにせスリーピーススーツ。上着は脱いでる。 
ベストの背中はツルツルした生地だったので。 
思わず、ナデナデするとまた身体が強張って。 

「んぷっ! おろろろろろろろろろろろろっ!」 

ビチャビチャ、ゲロを吐き出す姿にときめく。 

「まだ出そう?」 
「うぅ……ごめんなさい、ごめんなさい」 
「そんなに謝らなくていいよ」 
「だって、俺、情けなくて……ぐすんっ」 

泣き出した男友達を、私は優しく抱きしめる。 

「大丈夫だよ。大丈夫だから」 
「嫌いに、なってない……?」 
「なるわけないじゃん」 
「ほんとに……?」 
「うん。だからほら、もっと吐いて」 

気が緩んだ隙をついて、鳩尾に拳を入れる。 

「ぐふぇっ!? おろろろろろろろろろろっ!」 

おっと。つい、やり過ぎてしまった。反省。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:48:43.53 ID:PudWixl40

「ごめんね、でも君の為だから」 
「う、うん……わかってるよ」 

言い訳は完璧。これで無問題。さて、お次は。 

「ついでに、おしっこもしといたら?」 
「えっ?」 
「せっかくだしさ」 
「あ、ああ……そうだね」 

こちらに背を向け、用を足そうとする男友達。 
そうじゃない。それでは見えない。苛々する。 
待て待て。落ち着け。深呼吸だ。焦りは禁物。 
ひとまず冷静に、さりげなく、補助をしよう。 

「チャック、下ろしてあげる」 
「えっ? いや、自分で出来るから……」 
「大丈夫。暗くて何も見えないよ」 

見えないから、セーフ。チャックを下ろした。 

「持っててあげるね」 
「いや! それは流石に……!」 
「支えが必要でしょ?」 
「自分で出来るから!」 
「じゃあ、手を重ねてもいい?」 
「まあ、そのくらいなら……」 
「やった!」 

彼の手に私の手が重なり、発射準備は完了だ。



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:50:55.25 ID:PudWixl40

「そろそろ、出そうなんだけど……?」 
「早すぎ。我慢して」 
「も、もーいいかい?」 
「まーだだよ」 
「うぅ……もう、限界だってば」 
「泣いたって、ダメ」 

泣きべそをかく彼の耳元で、待てと命じる。 

「お願いします……どうか、おしっこを……」 
「あーもう! うるさいなぁ!」 
「ひっ!?」 
「どう? おしっこ、引っ込んだ?」 
「か、勘弁してくださいよぅ」 
「やだ」 

こんな愉しい事、やめられるわけないじゃん。 

「そんなに出したいの?」 
「はい……出したいです」 
「でも、出したら私に嫌われちゃうよ?」 
「き、嫌わないで、ください」 
「どうして嫌われたくないの?」 
「それは、その……」 
「もしかして、私に気がある、とか?」 
「はい……その通りです」 

誘導尋問をすると、すんなりゲロってくれた。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:52:25.92 ID:PudWixl40

「ふーん。君って、私のことが好きなんだ」 
「……はい」 
「じゃあ、好きって、ちゃんと言葉にして」 
「……好き、です」 
「私のこと、愛してる?」 
「はい……愛しています」 
「そっかぁ! 私も君が大好き! 愛してる~!」 

ぎゅっとハグしつつ、膀胱を圧迫してやると。 

「ふあっ!?」 

ちょろっと、私に何の断りもなく尿が漏れた。 

「えっ? ちょっと待って。なに、今の?」 
「今のは、その……」 
「あのさぁ……誰が出していいって言ったの?」 
「ご、ごめんなさい!」 

まったく、先が思いやられる。躾が、必要だ。 

「私は節操のない駄犬は嫌いなの!」 
「は、はい! 肝に銘じておきます!」 
「犬の返事は、わん! でしょ?」 
「わん!」 

元気の良い返事で、少しだけ溜飲が下がった。



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:53:55.55 ID:PudWixl40

「今日から君は私の犬だから。わかった?」 
「わん!」 
「よろしい」 

これにて躾は完了。犬にはご褒美をあげよう。 

「よーし、出せ!」 
「わん!」 

ちょろろろろろろろろろろろろろろろろんっ! 

「いっぱい出たね、偉いぞ」 
「わん! わん!」 

よしよしと撫でてやると、とても嬉しそうだ。 

「それじゃあ、交代ね」 
「えっ?」 
「今度は私が犬役をやるから」 
「えっ? えっ?」 

こういうのはどっちも愉しまないと損なのだ。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:55:12.60 ID:PudWixl40

「えっと……どうしたらいいんですかね?」 
「私に命令して」 
「命令って、たとえば?」 
「そこで、うんちしろ、とか」 
「おっ?」 

さりげなく、自分の望む方向へ、誘導すると。 

「そうすると、どうなるんですか?」 
「ここで、うんちするよ」 
「この側溝で?」 
「うん。君のゲロとおしっこの上にね」 

彼はポカンとしながらも、私にこう命令した。 

「じゃあ……うんちして」 
「わん!」 

下着を脱いでしゃがみ込むと、彼は豹変した。 

「おいおい、どんだけ糞がしたかったんだ?」 

そう言って、私のお尻をぺチンと叩いてきた。 

「ひぅっ!?」 
「はっ! 可愛い悲鳴だな、この雌犬がっ!」 

どうやら天性の飼い主の才能があったらしい。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:56:28.08 ID:PudWixl40

「や、優しくして……」 
「うるせぇ! 犬の癖に喋んな!」 
「くぅ~ん」 
「おら、尻を出せ。ぶっ叩いてやっからよ!」 
「きゃんっ!」 

パンパンお尻を叩かれて、キャンキャン鳴く。 

「そりゃ! おりゃ!」 
「きゃうん! きゃうん!」 
「これで、どうだ!」 
「わぉ~ん!」 

遠吠えと共に、ぷりっと、私は、脱糞をした。 

「ん? なんだ、これは?」 
「くぅ~ん」 
「これは糞か!? 漏らしたのか!?」 
「……わん」 

彼の手のひらに付着した便を認めて、頷くと。 

「フハッ!」 

彼は嗤い。高らかに哄笑して、愉悦に浸った。 

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」 
「んんっ……それ……好きぃ」 

愉しそうな彼と同じく、私も愉しくて幸せだ。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/19(土) 21:57:55.92 ID:PudWixl40

「ふぅ……愉しかった」 
「私も、とっても愉しかった」 

あらかじめ用意していたビニール袋を活用し。 
とりあえず拾える分の汚物は回収しておいた。 
彼にポケットティッシュでお尻を拭いて貰う。 

「綺麗になったよ」 
「ん……ありがと」 
「お尻、痛くない?」 
「ジンジンするけど……嬉しい」 
「それなら、良かった」 

笑顔で感謝を告げると、手を差し伸べられた。 

「さあ、飲み直そう」 
「また吐いちゃうよ?」 
「その時は、また頼む」 
「うん! 私に任せて!」 

曲がったネクタイを直してから上着を手渡し。 
彼の手を取り、にっこり嗤う。この先ずっと。 
彼は私の犬で。私は彼の犬だ。大団円である。 

互いが飼い主の私たちは未来永劫、愛し合う。 


【吐いて、漏らして、うんちして】 


FIN



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/20(日) 14:51:50.38 ID:IAYFHBfJo

キン肉マンじゃないのか…



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/01(金) 08:21:45.67 ID:3cIcsPCgo

クッソ綺麗な前半からの糞汚い後半きらいじゃない






他のおすすめSS