転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1551624116/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/03(日) 23:41:56.80 ID:hPES6RpI0

ビィ「……なんだぁ? そんなに悩む事じゃねーだろ」

ビィ「皆と同じもんでいーじゃねーか!」

ビィ「…違う方がいーのか。 ……うーん」

ビィ「オイラもよく分かんねぇし…。 そだな…」

ビィ「>>2に聞いてみれば良いと思うぜ!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/03(日) 23:42:19.79 ID:z0fUpgBto

ハレゼナ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 00:24:30.96 ID:9frGsNja0


ハレゼナ「ヒヒヒッ! よ~ぅ団長! 何の用だぁ!?」

ハレゼナ「何?」

ハレゼナ「…。」

ハレゼナ「き、気が早いけど……準備は大事だもんね…」

ハレゼナ「え? 黒騎士…?」



ハレゼナ「…ケケケ!」

ハレゼナ「ヒャハハハ!! ゲヒャヒャヒャヒャヒャ!!」

ハレゼナ「ケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケ」

ハレゼナ「…最っ高にクレイジ~…」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 00:57:52.78 ID:9frGsNja0


ハレゼナ「ヒヒヒ! 何でもねぇ~!」

ハレゼナ「同じエルステの人だし…。ぼくも憧れる所はある…、…ので!!」

ハレゼナ「贈るものを考えるなら、ぼくは…。…キヒヒ、そうだなぁ…」

ハレゼナ「ロボットだぁ!! ああ、いいジャン!!」

ハレゼナ「そう、黒騎士専用ロボットだよぅ~! 専用メカメカスーツでもいいぜぇ!!」

ハレゼナ「造るのはぼくに任せなぁ。サイコーにキマッてるもんをくれてやるぜ~!」

ハレゼナ「ふぅ……。まぁ、そんなとこ…」

ハレゼナ「……ぼくはロボットかな…」

ハレゼナ「造るなら、二人乗りの超ラブリィなやつをくれてやるぜぇ~!」

>>5
1.ハレゼナともう少し喋る
2.別の団員の所へ行く(キャラ安価)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 00:59:03.63 ID:iSZtSm84O

2



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 05:07:20.14 ID:KuB86OLO0

2 マギサで。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 20:13:32.72 ID:9frGsNja0


ハレゼナ「ヒヒっ…! あ…、ほかの人のトコ行く…?」 

ハレゼナ「…やめた方が良いと思う、けど…」 

ハレゼナ「ぅうん……。バイバイ…。ラブリィメカ………造っとくから」 




マギサ「……あら。団長さん」 

マギサ「いらっしゃい。ふふ…私の部屋まで来るなんて珍しいわね……」 

マギサ「私から誘わないと来てくれないんだから……、これは、期待しても良いのかしら…? ふふふ…」 

マギサ「それで? なにかしら。本当に珍しいわね」 

マギサ「…!!」 

マギサ「いや、待って! 今、一瞬、未来が視えたわ! 私にとって…とても良くない事…」 

マギサ「…団長さん…、一体なにを……」 

マギサ「いえっ…。聞かない方が良い…、聞きたくないわ…」 

マギサ「ごめんなさい……団長さん」 

マギサ「部屋から…出ていって……お願い…」 


 マギサはまた、予知能力の事で震えている様だ… 
>>9 
1.部屋から出ていく 
2.手を取って震えを止める 
3.用を告げる



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 20:14:09.95 ID:wIfnx6iRo

2



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 21:28:11.81 ID:9frGsNja0


マギサ「あ…」 

マギサ「だ、団長さん……」 

マギサ「…でも」 

マギサ「いや…」 

マギサ「…」 

マギサ「…そうね」 

マギサ「ごめんなさい。自分の予知能力で怯えるなんて魔女失格ね。ああ…でも震えが止まらない、もっと、もっと強く手を握って頂戴…」 

 マギサは手どころか身体が震えていたので、グランはそれを止める為に彼女を抱きしめた。 

マギサ「…あ」 

マギサ「熱い…」 

 …マギサの震えが止まった後も、魔神モラクスが2人を離さまいと色々頑張った……



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 21:36:40.61 ID:9frGsNja0


マギサ「見苦しい所を見せてごめんなさい。もう大丈夫よ」 

マギサ「でも離さないわ」 

マギサ「抱きあったままでも、お喋りはできるでしょ?」 

マギサ「ふふ、そうでしょ? ふふふ…」 

マギサ「何も言わなくていい。ずっとこのままで良いじゃない」 

マギサ「ね…? 団長さん…」 

>>12 
1.マギサにアポロへの贈り物を相談する 
2.そろそろお暇する(次キャラ安価) 



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/04(月) 21:48:51.08 ID:nrKAw3tNO

1



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/05(火) 19:37:52.35 ID:1FDdMjta0

マギサ「ふふふ…」 

マギサ「何でもないわ。予知通りなの」 

マギサ「そうね……。街へ出てお店を巡りながら考えるのが良いんじゃないかしら」 

マギサ「ごめんなさい、具体的な物、思いつかなくて……ふふ」 

マギサ「お料理を作るのも良いけど、団長さん…不得意そうだしね…」 

マギサ「…まぁそれでも良いかしらね」 

マギサ「私の部屋、少しなら材料あるし…簡単な物でも一緒に作りましょ♪」 

マギサ「ええ。器具なら壺とか火があるし、できるわよ」 

マギサ「さぁいらっしゃい」 

 マギサと協力して食料を生み出した!



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/05(火) 19:41:04.22 ID:1FDdMjta0


ビィ「よう! 何かいいもんは見つかったか?」 

ビィ「ロボットと食料か! …ん? これから街にもいくのか、へへっ、頑張ってんなぁ!」 

ビィ「誰かと行くのか? マギサか? 何ならオイラがテキトーな奴、呼んでこようかぁ?」 

>>15 
1.マギサ 
2.ハレゼナ 
3.別キャラ安価 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/05(火) 19:42:21.09 ID:z7VdaIWzO

ナルメア



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/05(火) 20:38:04.47 ID:1FDdMjta0


ビィ「ならナルメアだな! あいつお前の頼みなら何でも聞くじゃねーかよ!」 

ビィ「いいかぁ?」 

ビィ「…よしっ、へへっじゃあ呼んでくるぜ!」 




ナルメア「♪~ お洗濯お洗濯」 

ビィ「なぁなぁ蝶の姉ちゃん」 

ナルメア「なぁに?」 

ビィ「グランが街へ出かけるのについてってやってくれよ。色々困ってんだ」 

ナルメア「こ、困ってる…? 団長ちゃん、大丈夫なの!?」 

ビィ「お、おいおい! そんな深刻な事じゃねーよっ、落ち着けって」 

ナルメア「でも…」 

ビィ「一緒に街へ出かけてやりゃいいんだよう。アポロのホワイトデーの贈り物を捜してやってほしいんだ」 

ナルメア「ほ、ほわいと、デー…?」 

ビィ「ああ!」 

ナルメア「団長ちゃん…」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/06(水) 21:19:57.31 ID:uD3Q0sgr0

 街にて―― 

ナルメア「団長ちゃん、団長ちゃん。 まずはお菓子のお店に行こっか?」 

ナルメア「黒騎士さんはお酒、飲むのかな。知らない?」 

ナルメア「お揃いの剣をプレゼントしたら良いと思うの」 

ナルメア「香水……は、一緒に来て一緒に選んだ方が楽しいわよね」 

ナルメア「団長ちゃん、あそこでお昼食べよっか」 

ナルメア「団長ちゃん」 

ナルメア「好きな物頼んでね団長ちゃん」 



ナルメア「気に入ったものがあったら言ってね」 

ナルメア「お姉さんが全部買ってあげる」 

ナルメア「お金なら心配しないで。今日は貯金全部持ってきたし、無くなっても稼ぐから」 

ナルメア「だから団長ちゃん。私に任せてね」 

グラン「>>18」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/06(水) 21:21:40.71 ID:WfbNqyPUO

僕のお金で送らないと意味がないよ



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/06(水) 23:36:17.32 ID:uD3Q0sgr0


ナルメア「あ、ご、ごめんねっ! そうだよね……ごめんね…」 

ナルメア「お姉さん、気を回しすぎちゃった…大切な贈り物を別の人に買ってもらうなんておかしいもんね…」 

ナルメア「ごめ…」 

ナルメア「――もぐっ?!」 

ナルメア「は、はんひょうはん……? …ん……ゴクン…」 

ナルメア「チョコ…?」 

ナルメア「うん……美味しい……」 

ナルメア「でも、今日は団長ちゃんの贈り物を決める為に――」 

 グランは贈り物を一先ず忘れ、ナルメアと買い物を楽しむ事にした! 



ビィ「なんだぁ? おめぇ、なにも買わずに帰ったのか?」 

ナルメア「楽しんじゃった…♪」 

ビィ「おいおい、目的を見失ッ――ンガンガ! なにしやがんでぃ相棒ぅ!!」 

ビィ「んまぁおめーが良いなら良いけどよ!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/07(木) 21:47:18.13 ID:mP4JuF6H0


 その夜――― 
  
 テクテク… 

ナルメア「黒騎士さん、お酒飲めるのかな…」 

ビィ「あんま飲むイメージねぇけどな…」 

ナルメア「今日のお買い物で美味しそうな物買いすぎちゃったから、ビィちゃんも遠慮せず食べてね」 

ビィ「仕方ねぇ。疲れて寝ちまったグランの代わりにオイラが頑張るぜ!」 




 コンコン 

黒騎士「ん…」 

ナルメア「こんばんわ~…」 

黒騎士「なんだ」 

フリーシア「貴女に客人とは珍しいですね」 

黒騎士「うるさい。黙れ」 

ナルメア「良いお酒が手に入ったから一緒にどうかな~、って」 

黒騎士「酒か…」 

ビィ「飲めるかぁ?」 

黒騎士「飲めない事もないが…」 

ナルメア「じゃ、じゃあじゃあ飲もっか!」 

 ドドン! 

フリーシア「…相当な量ですね」 

黒騎士「…おい、いくら何でも多すぎるのではな―――」 

 ポン!ポン!ポン!ポン! 

ビィ「空けちまった…」 

ナルメア「よし♪」 

フリーシア「これは、私も付き合うのですか?」 

黒騎士「…むしろ、お前だけ飲め」 

フリーシア「嫌です」 

 この後、3人は浴びるように酒を飲んだ… 


 朝―― 

ビィ「ひでぇ目に会ったぜ…」 

ビィ「よう…グラン、おはよう…」 

ビィ「黒騎士は今日は駄目だな……」 

ビィ「お前はまた贈り物を誰かに相談しに行くのか?」 

>>21



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/07(木) 21:51:04.85 ID:hmpawnjUO

オイゲンさん…いやお義父さんに聞こう



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/07(木) 22:38:24.87 ID:mP4JuF6H0


オイゲン「なんだ、早起きじゃねぇか」 

オイゲン「ああ、俺はいつもこんな時間だ。…なんだぁ、もじもじしやがって」 

オイゲン「なに? おと、…何て言ってんだ? 聞こえねぇぞ」 

オイゲン「まぁいい。何か用か?」 

オイゲン「…」 

オイゲン「ほぅ。アポロへ贈る物……好みの品か……」 

オイゲン「…」 

オイゲン「…」 

オイゲン「何が良いんだろうなぁ…」 

 知らない様だ… 




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 22:32:51.60 ID:YQheBrbf0

オイゲン「ホワイトデー…?」 

オイゲン「そのお返しか。オレぁ、アポロから貰ってねぇし考えちゃいなかったぜ」 

オイゲン「何でもいいと思うけどなぁ。何くれてやっても大喜びもガッカリもしないだろうしよ」 

オイゲン「…しかし。ハハハハッ! グランくらいにはチョコを渡してやれと言ったが、本当にやったか!!」 

オイゲン「どういう意図にせよめでてぇぜ! オレに言われたぐらいじゃ渡さねぇだろぉ!?」 

オイゲン「何にせよ悪ぃな、アイツの好みは分からん」 

オイゲン「そうだな、直で聞いてきてやっても良いぜ」 

オイゲン「オレも知りてぇしな。キレられるのは目に見えるが…まぁ、いいぜ」 

オイゲン「どうする? 聞いてくるか?」 

>>24



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 22:38:05.88 ID:XD5NooJ1O

お願い!



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 23:16:57.52 ID:YQheBrbf0


オイゲン「っしゃぁ! 任せな!」 



―――黒騎士の部屋 

オイゲン「ん…。朝っぱらから部屋の扉が開いている……」 

オイゲン「まさか男……。…いや、アポロの部屋にはあの宰相もいる…」 

オイゲン「まさか、アポロ!」 

 ガチャ!! 



アポロ「――」 

オイゲン「アポロ!」 

アポロ「――――」 

オイゲン「アポロ! あの宰相か!? だから危ねぇつったんだオレぁ! おいっ、おいっ、何をやられた!」 

 グラグラ 

アポロ「や――め―」ウプッ 

オイゲン「アポッ――」 

アポロ「ォロロロロロロロロロロロロ!!!!!!!!!」 

オイゲン「あああああああああああああ!!!!!」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 23:35:30.04 ID:YQheBrbf0

オイゲン「ぅっうぁぁ、毒かッ!? よし吐けっ、全部吐き出せ! 酒臭ぇっ、酒に入れられたか?!」 

アポロ「ごぶはぁ!!!!!!」 

オイゲン「アポロぉ…!」 

フリーシア「――」 

オイゲン「!! てめぇ、自分の盛った毒にやられたか! おいこの野郎!」 

 グラグラ 

フリーシア「――やめな――さ―」  

オイゲン「何の毒を――」 

フリーシア「ォロロロロロロロロロロロロ!!!!!!!!!」 

オイゲン「あああああああああああああ!!!!!」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 23:45:54.53 ID:YQheBrbf0

 その後、オイゲンは水を取りに行ったナルメアの説明を受けた… 


オイゲン「飲ませ過ぎだろ…」 

ナルメア「ごめんなさい…」 

アポロ「…」ポー 

オイゲン「しっかしどうすっかなぁ…。こりゃ全然酒抜けそうにねぇが…」 

アポロ「ヒック」 

オイゲン「んー……」 

>>28 




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/10(日) 23:49:23.55 ID:XD5NooJ1O

閃いた!グランの奴に看病させるか!あいつならアポロも嫌がらねえだろ!



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/11(月) 19:20:49.62 ID:pki4D3Km0

アポロ「う…」 

オイゲン「待ってろアポロ! すぐに連れて来てやるぜ!!」 

 ダダダダダ… 



 グランは酩酊しているアポロを看病する事になった! 

アポロ「うー」 

アポロ「ぬー…」 

アポロ「!」 

アポロ「き、さま。なにをしていりゅ…」 

アポロ「か、看病などいらぬ」 

アポロ「…うー」 



オイゲン「オレぁ、知らねぇんだがアポロは酔うとどうなんだ?」 

ナルメア「>>30」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/11(月) 19:34:49.93 ID:4Z71CKcBO

普段はなかなか言わない本音をいうなればようになるの



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/11(月) 19:36:12.44 ID:4Z71CKcBO

ミス、普段はなかなか言わない本音を言うようになるの、でお願いします



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/11(月) 22:26:27.99 ID:pki4D3Km0

アポロ「ぅぅ、気分が優れん……くそ…」 

アポロ「こんな醜態を晒すなど……無様だ…」 

アポロ「大丈夫だと思うが、フリーシアは野放しに放っていないだろうな…」 

 フリーシア ォェ… 

アポロ「…よひ。まぁ今更…裏切ったりはしまい…」 

アポロ「おいっ……貴様。うう…そこで…何をしている…」 

アポロ「グラン……っ。はぁはぁ…私は…」 

アポロ「やめろ……汗ぐらい自分で拭ける……」 

アポロ「うっ…それより、」 

>>33 
グランへの好感度コンマ 
00~20 大嫌い 
21~40 嫌い 
41~70 特に興味なし 
71~80 好き 
81~99 大好き



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/11(月) 22:28:04.11 ID:qjr4nAZO0

ふんすふんす!



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 00:10:50.45 ID:y5HXyYOg0

ゾロ目だ



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 18:43:28.59 ID:/+cE/zCb0

アポロ「で、出ていけ!」 

 アポロはグランが大嫌いのようだ! 

アポロ「貴様なんぞに看病されるものか、うーっ」 

オイゲン「おいおい!」 

 アポロがグランを大嫌いな理由は!?>>36



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 19:07:38.25 ID:hFPbOVY/O

オーキスとオルキスがグランと良くデートしてて寂しくなったから



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 20:11:29.55 ID:/+cE/zCb0

ナルメア「ふふ」 

フリーシア「ゴバーー!!!」 

オイゲン「そりゃあ駄目だ」 

アポロ「なんだ貴様とオーキスとオルキスという組み合わせは!! 全員に嫉妬だ!!!」 

アポロ「…デートくらいどと!? では私としたことがあるのか!? ないだろう!!!」 

アポロ「た、確かに私は自分からオーキスとオルキスの元から去ったが、いやしかし、デートは駄目だ!」 

アポロ「今時当たり前!? 単純な付き合いでもするだと!? 貴様クラリスの前でその台詞を言って来い!!」 

アポロ「とにかく嫌いだ! お前なぞ大嫌いだ! うー…」 

 アポロの剣幕に押され、グランとオイゲンとナルメアは部屋を出た…



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 20:20:02.14 ID:/+cE/zCb0

 ナルメアはまたデートしようね、と言って去っていった… 


オイゲン「ホワイトデイの返しはあの怒りを静めるモンだな」 

オイゲン「あの嬢ちゃんたちへの嫉妬なのか、それとも二人を取られた焦燥感なのかは知らねぇがなぁ」 

オイゲン「ははは! 子供っぽいアイツが見れてちょっと笑っちまった! オレにはまともに口利かねぇからよ!」 

オイゲン「で、どうすんだ。 団員にいろいろ相談してたらしぃが…ブツはもう決められそうか?」 

>>39



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/12(火) 20:33:05.68 ID:TYlwJAGlo

あと一つピースが足りない…オーキスとオルキスに会ってくる



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 20:25:36.33 ID:3misnt9C0

オイゲン「おう。じゃあ行って来い!」 



 エルステ帝国―――― 

アダム「ようこそエルステへ」 

アダム「いえ……貴方なら私が迎え入れるのは当然です。王宮に直接船を着ける方はグランさんの他にいません」 

アダム「はい。オーキスならばオルキス王女のお部屋にいます」 

アダム「二人には貴方が来た事は伝えてあります。準備が必要との事でしたので―――」 

ポンメルン「もう済んだ様ですねェ」 

オルキス「…団長さん!」 

オーキス「グラン」 

 オルキスとオーキスが走ってきた! 

オルキス「どうしたの? はぁはぁ。オーキスがそちらへ帰るのは明日だと聞いてるけど」 

オーキス「もう、帰らなきゃ…駄目?」 

オーキス「………アポロが?」 

オーキス「そう…」 

オーキス「…。大変」 

オルキス「ふふ…アポロもまだ可愛い所が残ってるのね」 

オルキス「じゃあ団長さん! またデート、しましょうか!」 

アダム「…オルキス王女」 

 オルキスはグランを引っ張って飛空艇へ駆け込んだ! オーキスも来た! 

アダム「追走します」 

ポンメルン「はい。お邪魔にならない様に護衛をお願いしますねェ」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 21:09:30.80 ID:3misnt9C0


ハレゼナ「ヒヒヒっ!! よぉ~う団長~! できたぜぇ徹夜で作り上げたぞ~、名付けて白髭頑駄無だぁ!」 

オーキス「ホワイトドール…」 

ハレゼナ「…え? 一緒に来い? うわわわわわ、ひっぱらないで~っ」 

 ハレゼナと彼女が作ったロボット連れ出した! 


マギサ「あら団長さん」 

マギサ「そう、それは嬉しいわね。喜んで受けるわ」 

マギサ「前に貴方と一緒に作った食料、もっと作っておいたからこれも持っていきましょ。皆で食べましょ♪」 

 マギサを連れだした! 


ナルメア「皆でお出かけ?」 

ナルメア「じゃ、じゃお姉さんがっ」 

 ナルメアを世話焼きが酷くなる前に連れ出した! 


オイゲン「♪~」 

 ダダダダダ!! 

オイゲン「おわ!!」 

オイゲン「…人、多すぎじゃねぇか…?」 

オイゲン「おいおい俺もか?」 

 オイゲンを連れだした!



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 21:32:58.31 ID:3misnt9C0

 トボトボ・・・ 

アポロ「くっ……酒に飲まれるとは情けない…」 

アポロ「二度と飲まん……」 

アポロ「…、グランに酷い事を言ってしまったな…。…何処にいるんだ」 

アポロ「はぁ…」 

 ゴォォォー 

アポロ「なんだ!?」 

オルキス「アポロー!」 

アポロ「オルキス!?」 

オーキス「アポロ!」 

アポロ「オーキス!?」 

 グラン達がハレゼナの造ったロボットに乗ってきた! 

アポロ「グラン…」 

アポロ「グラン、私は…!」 

グラン「>>43」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:06:54.58 ID:+R8s/8EbO

アポロー!!



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 20:33:55.03 ID:pLkugJ2c0

 アポロはグランの叫びに頬を染めた! 

アポロ「なんなのだ…」 

オルキス「一緒に来たかったのなら言えばよかったのに」 

アポロ「そのような無粋な真似はしない」 

オルキス「まぁそうね」 

アポロ「私は、お前達が幸せならそれでいい」 

コルワ「皆よ」バッ 

オーキス「あ…」 

コルワ「みんな幸せじゃなければ意味ないわ!」ババッ 

オルキス「その通り! お酒飲んで団長さんに絡むくらいならもう少し素直にならないと駄目でしょう」 

アポロ「…その件は謝る。すまないグラン」 

アポロ「……ふっ。よしてくれ、お前が酒を飲める歳になったら私は三十だ」 

オイゲン「構うかよ!」 

アポロ「うるさい黙れ」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 20:43:12.82 ID:pLkugJ2c0

アポロ「で、お前たちは一体何の集まりなのだ」 

アポロ「デート? 全員でか?」 

アポロ「私もか…」 

アポロ「ああ」 

アポロ「行くか」 

アポロ「お前の誘い、喜んで受けよう」 

アポロ「街に来ていくような服はあったかな」 


おわり



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 20:45:50.51 ID:bat1k0ddO

乙、そしてコルワさんはどこから出てきた



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 21:24:25.01 ID:8fNP/WQFo

ハッピーエンドあるところに彼女あり努々忘れることなかれ






他のおすすめSS