転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552485417/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:56:57.62 ID:oCqvYp2co

星野家

花「えいっ!えいっ!」 ハサキ!ハセリョウ!

ひなた「やっ!ほっ!」ハクブツカンオクリニシテヤルゼ!

乃愛「ねーねー、今ひなたちゃんのキャラと花ちゃんのキャラ、どっちが勝ってるの?」

ひなた「ちょっと花のキャラだな……でも!」

ひなた「ここで!」

花「あっ!」

ひなた「こうして!」

花「あうっ!」

ひなた「こうだぁー!!!」

花「ま、負けた…………」

乃愛「わ、ひなたちゃんすごーい!」

ひなた「へへーん!」

みやこ「ひ、ひなた、大変!!!」

ひなた「んあ? みゃー姉、どうしたんだ?」

みやこ「家のガスが壊れてお風呂がつかなくなっちゃった!!!」

ひなた「…………え」

ひなた「ええ~~~~~~っ!!!!!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:02:35.25 ID:oCqvYp2co

ひなた「そ、そんなぁ……今日みゃー姉と一緒にはいる約束だったのにぃ……」ヘナヘナ

乃愛「ひなたちゃんが萎んでる……大丈夫?」

ひなた「大丈夫じゃないかもしれない……」

乃愛「ミャーさんとのお風呂どれだけ大事にしてたの!?」

みやこ「うーん、私も明日大学あるからお風呂は入りたいんだけど……諦めるしかないのかなあ」

花「それはちょっと……」

乃愛「流石に乙女として越えちゃいけない一線を越えてるよミャーさん」

みやこ「だよねぇ……困っちゃったなあ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:12:31.28 ID:oCqvYp2co

花「ていうか……銭湯行けばいいのでは?」

乃愛「銭湯? そっか、そういえばそういうのあったね!」

花「ノアは行ったことないの?」

乃愛「私は無いかなあ……で、多分ミャーさんたちも……」

みやこ「ムリムリムリムリムリムリ!!!人がいるところとか無理だし、知らない人に裸見せるとかもっと無理だし!!!」

乃愛「まあ、行ったことあるわけないよね」

花「知ってた」

ひなた「私もミャー姉がいかないから行ったことねえ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:31:48.05 ID:oCqvYp2co

花「でも、銭湯は楽しいですよ、あわあわなお風呂もあるし、ぶくぶくなお風呂もあります、サウナも気持ちいいし、露天風呂は最高です」

乃愛「花ちゃん、銭湯好きなの?」

花「うん、お風呂好きだから」

ひなた「へぇ~~! 銭湯ってそんなところなのか、くぅ~行ってみたいなぁ!」

みやこ「きょ、興味は確かにあるけど……でも、それでも……」

花「……もしも行くなら、あまり人が来ない銭湯紹介しますよ」

千鶴「お風呂使えないだから仕方ないじゃない、折角教えてもらえるんだから、行きなさいよ」

みやこ「お、おかあさん……」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:18:25.59 ID:+e8v0DCWo

千鶴「花ちゃん、連れてってあげて、こう見えてこの子、実はそういうアトラクションとか好きだから」 

花「えっ、そうなんですか?」 

千鶴「そうそう、子供の時とかねぇ」 



幼みやこ『おがぁざぁぁぁぁん!!』ビェエエエ! 

千鶴『わっ、どうしたの、そんなに泣いて』 

幼みやこ『あれがいるがら、ゴーカートのれないのぉおお!!!!!』ビエビエ 

着ぐるみヒゲロー『プェーーーーーーーー』シュッシュツ!!! 

千鶴『あらあら……』 

千鶴「……なんて事があってね、昔からみやこは楽しいところには行きたいけど、人がいるから行けないって何時もいってたよ」 

みやこ「ちょ、ちょっとおかあさん!!!」 

花「へぇ~~~~」ニマニマ 

乃愛「ほぉ~~~~」ニマニマ



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:24:39.56 ID:+e8v0DCWo

花「他にはお姉さんの楽しいお話ないんですか?」 

千鶴「そうだねぇ……」 

みやこ「ちょっと!!」 



千鶴『みやこはプニプニのほっぺたで可愛いねぇ……フグみたいにプニプニ』 

幼みやこ『ふぐさんみたい……? わたし、ふぐさんになっちゃうの?』 

千鶴『…………ああ、そうだよ、みやこは実はフグなんだ、いつか下関の海で泳がなきゃいけないんだよ』 

幼みやこ『そ、そんな…………お、お母さん、いつかわたしがふぐになったら、下関まで来てね、そしたら、わたしを釣ってね!』ポロポロ 

千鶴『……プクッ、で、でもどうやってお母さんの釣竿を見分けるの?』 

幼みやこ『釣竿に写真つけてくれたらわかる!』 

千鶴『ブホッ!!!!!』 

みやこ『?』 



千鶴「って事も…………」 

みやこ「やめてぇ~~!!!お願いだからやめてぇ!!!!!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:53:47.30 ID:+e8v0DCWo

千鶴「うーん、どうしようかなあ、話す相手がいるならつい話してしまうなあ、銭湯に言ってくればもしかしたら話さないかもしれないけどねえ」 

みやこ「いきます!行くから許してお母さぁん!!!」 

千鶴「はい、じゃあ行ってらっしゃい」 

みやこ「ううっ、酷いよ、酷すぎるよお母さん……」 

ひなた「大丈夫だみゃー姉、可愛かったぞ!」 

みやこ「もっと恥ずかしくなるから慰めないでぇ」 

花「……あの」コソッ 

千鶴「ん? なんだい?」 

花「また今度、こっそりとお姉さんのちっちゃいときの話……教えて下さい」 

千鶴「……いいよ、たっぷり話そうね」ニカッ



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 12:29:42.69 ID:jwt6HPLFo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

みやこ「ああ……来てしまった……」 

乃愛「アタシ銭湯に来ただけで頭抱えて座り込んじゃう人始めて見た」 

花「でも、さっき言った通り、ここにはあまり人は来ませんよ、夏音と小依もたまに来るけど、人は何時も見ないって言ってました」 

みやこ「花ちゃん、ほんとぉ……?」 

花「はい、だから行きましょう?」 

みやこ「解った……でも、念のためひなた、先に行って? 誰かいたら教えてね、お姉ちゃん逃げるから」 

ひなた「おう!!」 

花「どんだけ用心深いんですか……」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 12:34:17.93 ID:jwt6HPLFo

ひなた「らーんらーんらんららーん♪ らーんらんららーん♪」トコトコ 

みやこ「こっそり……こっそり……」 

ひなた「……みゃー姉! 受付の人以外誰もいないぞ!!」 

みやこ「本当!?!?」 

ひなた「おう! 保証する!」 

みやこ「やった!! 花ちゃん! ノアちゃん! 早く行こ!私ジェットバスっていうのに入ってみたかったの!! あと露天風呂にも!! 銭湯とか初めて!!」 

乃愛「急にテンション高っ!!」 

花「ひなたのお母さんが言ってたこと、本当だったんだね」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 12:39:46.11 ID:jwt6HPLFo

みやこ「結構おっきいし、以外と綺麗だし、人がいないし、良いことずくめだー♪」 

花「まあ、だからお姉さん誘いましたからね、私もよく行きますし」 

みやこ「どうか、この銭湯が今のまま、お客さんがこない状態でずっと続きますように」 

花「お客さんが来ないならそのうち潰れますよ」 

ひなた「みゃー姉!後でアイス買って!」 

みやこ「いいよぉ~、コーヒー牛乳も買っちゃおうか!」 

ひなた「良いのか!?」 

みやこ「特別だよ? 楽しみだね!」 

ひなた「おう!」 

乃愛「……本当に楽しそうだね、ハナちゃん、良かったね」 

花「…………はい」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 21:52:23.07 ID:+e8v0DCWo

脱衣場 

花「コインロッカーとカギを腕につける事……は、流石に解りますよね、じゃあ、私はあっちで脱いできますから」 

みやこ「あ、うん、ありがとう!」 

ひなた「みゃー姉!脱がしてー!」 

みやこ「もー、こういう時すっごく甘えん坊なんだか…………」ピタッ 

ひなた「……みゃー姉? どうかしたか?」 

みやこ(よく考えたら…………) 

みやこ(花ちゃん、今私の後ろで服を脱いでる!?) 

みやこ(いやいやいや、一緒に銭湯に来ただけだし、変な意味は全然ないし、ドキドキなんかしないし…………) 

花「…………お姉さん、なに固まってるんですか?」 

みやこ「わひゃあ!?」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 22:22:40.27 ID:+e8v0DCWo

みやこ「は、花ちゃん、もう脱ぎ終わったの?」 

花「お姉さんが遅すぎるだけな気もしますけど」 

ひなた「わたしももう自分で脱いじゃったぞ、みゃー姉何言っても反応ないし」 

みやこ「あ、あはは、ごめんね、すぐに脱…………」 

みやこ(…………脱ぐ? 花ちゃんの前で?) 

みやこ 「……………………」プシュー 

乃愛「あ、また固まってる」 

みやこ「みゃーねーーー、はやくいこーーーー」 

花「…………はあ」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 22:26:48.50 ID:+e8v0DCWo

花「やっぱり帰りますか? 無理するのも良くないですし…………」 

みやこ「あっ…………う、ううん!? そんな無理なんてしてないの! ただちょっと…………」クルッ 

花「ちょっと、なんですか?」 

みやこ「…………き、きれいな肌だね」 

花「裸を見られてそう言われるのはちょっと気持ちが悪いです」 

みやこ「あっ、そっ、そうだ……記念にカメラ、あれ?持ってきてない!? なんで!?」 

花「持ってきてたら流石に通報しますよ!?」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 23:05:19.40 ID:+e8v0DCWo

乃愛「それよりぃ~~見てよ、ミャーさん、このアタシのプロポーション!」 

乃愛「サイキョーに可愛くて、悩殺イ・チ・コ・ロ だと思わない!?」クネックネッ 

みやこ「あー、うん、人の裸を見て綺麗とか可愛いとか言うのはちょっと違うと思うなあ」 

乃愛「そこで素に戻るのやめない?」 

ひなた「大丈夫だぞノア! ノアはいつでもどんなときでも可愛いぞ!」 

乃愛「あ、ありがとう…………」 

花「で、お姉さんはまだ脱がないんですか」 

みやこ「あ、うん、脱ぐね」 

みやこ「……………………」スルッ スルッ 

乃愛「…………なんか、ミャーさん色っぽい」 

ひなた「おお…………」 

みやこ「あまり見ないでくれないかな!?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 23:33:32.35 ID:+e8v0DCWo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

花「体洗いましたし、どのお風呂から行きましょうか」 

乃愛「あっ! アタシあれがいい! ジェットバス!!」 

みやこ「ジェットバス……ワクワクするね、ひなた」 

ひなた「おお、気持ちいいのかな!?」 

みやこ「きっと凄く気持ちいいよ!」 

ひなた「うおー!! 泳げるかな!?」 

みやこ「泳ぐのはだめじゃないかなあ……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 23:40:31.29 ID:+e8v0DCWo

ジェットバス 

花「…………へにゃ~」 

乃愛「はー、気持ちいい…………」 

みやこ「これは凄いねぇ……ちょうど肩凝ってたから、噴射してる水を肩に当てると堪らないよぉ…………ひなたの肩叩きより気持ちいいかも」 

ひなた「!? みゃ、みゃー姉!? 嘘だよな!? わたしの肩叩きの方が気持ちいいよな!?」 

みやこ「ジェットバスの方が良いかなあ…………」 

ひなた「な、何でだ!?何でなんだ!?」 

みやこ「ひなたはいつも思いっきり叩いてくるからだねえ…………」 

乃愛「あはは……ひなたちゃんらしいや」 

みやこ「まあ、それはそれで可愛くて良いんだけど…………ん?」 

シュノーケル「コシューコシュー」 

みやこ「……………………」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 23:55:32.68 ID:+e8v0DCWo

シュノーケル「コシューコシュー……」 

みやこ「……」バシャ! 

シュノーケル「フゴッ!? ブクブクブク……」 

松本「ぷはっ!!酷いわみやこさん!」 

みやこ「松本さん!?なんでお風呂に潜ってたの!?」 

松本「それは突然みやこさんが見えたからに決まって……ハッ!」 

松本「みやこさんの彫像のような美しいプロポーション! カメラカメラ……あれ!?持ってきてない!? なんで!?」 

みやこ「花ちゃん……いつもわたしこんなことしてたんだね、ごめんね」 

花「反省してください」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 00:14:38.74 ID:mhE+yIVlo

みやこ「お! 松本も来てたのか! 一人か!?」 

松本「ううん、ゆうも来てるわよ、ほら、向こうでジェットバスに流されてる」 

友奈「あ!みゃーこ! こんちゃ!」 

みやこ「こんにちは…………誰もいないと思ったんだけどなあ」 

松本「ああ、それはあれよ、つい癖でいつもの出しちゃったから」 

みやこ「いつものって何!?」 



松本「はあ、それにしても、みやこさんとの裸の付き合い……親友からさらにステップアップしちゃうかも」 

みやこ「あ、はい」 

松本「同じ学校の人には秘密よ? まあ、私は別にみんなに知られても良いんだけど、キャッ!言っちゃった!」 

みやこ「うん」 

松本「でも凄いわね、本当に偶然なのよ、運命で繋がってるとしか思えないわよね、私たち」 

みやこ「そうだね」 

乃愛「ミャーさんの魂が抜けてってる……!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 00:22:58.78 ID:mhE+yIVlo

ひなた「あ、みゃー姉!私サウナ行ってみたい!」 

みやこ「ん、じゃあ行ってみる? ……松本さんは?」 

松本「あ、申し訳ないけど、私はゆうを見なきゃいけないから」ナデナデ 

友奈「おねーちゃ、いかないの? いけばいいのに」 

松本「ふふ、大丈夫よ、ゆうは優しいわね」ナデナデ 

友奈「んー……」 

みやこ「そっか、じゃあまた今度ね」 

松本「ええ、また明日」 

みやこ(…………松本さん、妹ちゃんにはあんな顔もするんだなあ)



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 00:33:13.84 ID:mhE+yIVlo

サウナ 

みやこ「うわっ……あっついねえ」 

ひなた「すげえ……燃えてきた!」ごごごごご 

みやこ「ひなたには丁度良い場所かもね」 

花「サウナ室は、限界まで入ろうとせずに5分間程度の入室で十分です、慣れれば10分程度でも良いですけど……始めてなら5分ですかね」 

みやこ「…………花ちゃん」 

花「なんですか?」 

みやこ「わたしもう限界かも」ゼーゼー 

花「早い……」 



乃愛「サウナは美容にも効果的って聞いたことある! なんかダイエットもしやすくなるとか」 

花「きちんとした入りかたを続けてれば、ダイエットしやすい体になるらしいよ、続けなきゃだめだけど」 

乃愛「へぇ……ママに通えるように頼んでみようかな」 

みやこ「ノアちゃんの年でダイエットは要らないでしょ~」 

乃愛「ミャーさん解ってないなあ……ダイエットって言葉がお洒落なの!」 

みやこ「そ、そう……」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 00:40:55.72 ID:mhE+yIVlo

花「お姉さんはダイエットが必要かもしれないですけどね」 

みやこ「う゛っ゛ …………太ったように見える?」 

花「………………」ムニムニ 

みやこ「ひゃ、お腹をつつかないで、くすぐったいよ花ちゃん!」 

花「やっぱり柔らかくて気持ちいいので、このままで良いと思いますよ」ニコッ 

みやこ「ダイエットします……」 

花「まあ、お姉さんはお菓子食べ過ぎですからね」 

みやこ「花ちゃんに言われたくないかな」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:01:14.60 ID:mhE+yIVlo

みやこ「ていうかそろそろ限界! もう5分は経ったよね! 外で体冷やしてくるね」 

乃愛「まだ3分も立ってないと思うけど……」 

花「仕方ないよ、初めてなんだし」スタッ 

乃愛「あれ? ハナちゃんも限界?」 

花「ううん、少しだけお姉さんとお話してくる」 

乃愛「…………へえ~」ニマニマ 

花「……何」 

乃愛「べっつにぃ? 私はひなたちゃんと一緒にもうちょっとサウナ入ってるよ」 

ひなた「うおおおお!!! 暑い!体が暑いぞおお!!!!」 

花「解った」スタスタ 

乃愛「さあ、上手くいくかなあ?」 

ひなた「ん? 花の何が上手くいくんだ?」 

乃愛「ヒ・ミ・ツ♪」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:06:08.11 ID:mhE+yIVlo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

みやこ「ふう……体が冷える、サウナは銭湯初心者の私には早いなあ」 

花「お姉さん」トコトコ 

みやこ「あ、花ちゃん、花ちゃんもギブアップ?」 

花「いえ、少しだけ話したいことがあるんです、お時間いいですか?」 

みやこ「あ、うん、勿論いいけど……」 

花「そうですか、それなら……露天風呂にでも入りながら話しましょうか」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:09:06.12 ID:mhE+yIVlo

みやこ「露天風呂って、お湯は熱くて、お湯から上は涼しくて、不思議な感じ」 

花「これが堪らないんです、それに、ほら、月が見えるんですよ」 

みやこ「わあ…………真ん丸だねえ」 

花「ですね」 

みやこ「……で、花ちゃん、話したかった事って?」 

花「……………………」 

みやこ「おーい」 

花「少し静かにしてください! 今勇気出してるんです!」 

みやこ「あっはい、スイマセン……」 



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:10:33.41 ID:mhE+yIVlo

みやこ「……………………」 

花「…………………………」 

みやこ「……………………」 

花「……………………」 

みやこ「えっと」 

花「言いますよ!」 

みやこ「ひゃい!!」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:17:23.61 ID:mhE+yIVlo

花「お姉さん、この前私に一生お菓子作ってくれるって言ったじゃないですか」 

みやこ「あ、うん……言ったね」 

花「その、お菓子を作ってくれるのは良いんですけど、私も……その、貰えるならお返ししなきゃいけないと思ったんです」 

みやこ「えっ、コスプレして貰ってるし……」 

花「本当はしたくないのをしてるから、あれはノーカウントです! 別の方法があるならそれもやるんです!」 

みやこ「え、ええ……」 

花「…………で、お姉さん、人と話すのが苦手で、カフェとか、銭湯とか、本当は行きたいって思ってる所にいけないじゃないですか」 

みやこ「そ、そうだね……」 

花「お姉さんの代わりに私がやってあげます」 

みやこ「え?」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:21:06.48 ID:mhE+yIVlo

花「その、カフェの注文が出来ないなら、私も着いていってお姉さんの代わりに注文しますし」 

花「今回みたいに銭湯みたいなところに行きたいなら、人ができるだけいない場所を探してきます」 

花「お姉さんが私のためにお菓子を作ってくれるなら、私はお姉さんのために、お姉さんが行けない場所や出来ないことを、行けるように、やれるようにしてあげます」 

みやこ「そ、それってつまり、何時でもデートしていいって…………」 

花「……好きに考えてください」 

みやこ「で、デートしていいの!?」 

花「好きに考えてくださいって言ってるじゃないですか!!!」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:27:44.13 ID:mhE+yIVlo

花「い、いらないならいいです、別の方法を考えますし……」 

みやこ「いる! 超いるよ! 絶対いる!」 

花「……そうですか」 

みやこ「あー、本当に良いことずくめだよ、お風呂は気持ちいいし、花ちゃんとデートできる約束したし」 

花「…………もう」 

みやこ「ねえ、花ちゃん」 

花「なんですか?」 

みやこ「月が綺麗だねえ」 

花「っ!!! 何て事言うんですか!!」パシッ!! 

みやこ「うえっ!?」 

花「も、もう! 変なこと言わないで下さい! 知りません!わたしもう上がりますから!!」 

みやこ「え? う、うん、行ってらっしゃい?」 

みやこ「…………何で怒ってたんだろう」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:28:37.75 ID:mhE+yIVlo




花「………………」タタタタタ 

花「もう、何なの」 

花「この、もにょっとした気持ち」 








31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:30:22.04 ID:mhE+yIVlo

一方その頃 

ひなた「うおおおお!!!!!サウナは最高だな!!ノア!!」 

乃愛「ひ、ひなたちゃーん、もう出ようよ」 

ひなた「わたし、ここに来るために生まれてきたのかもしれねえ!!!うおおおおお!!!!!!」 

乃愛「ひなたちゃーーーん…………」 




おしまい



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:31:11.90 ID:mhE+yIVlo

ありがとうございました 
わたてんssはいつも君を待っています、勇気を出してスレを立ててみましょう



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/15(金) 01:34:36.39 ID:mhE+yIVlo

【わたてん】乃愛「ミャーさんってああ見えて完璧だよねー」 


【わたてん】みやこ「絶対にスタバなんて行かないからね!!」 


【わたてん】ひなた「雪が降ったぞ! みゃー姉!」 


【わたてん】ひなた「みゃー姉を生活習慣病から救うんだ!」 


たまには過去作宣伝をします、夏音ちゃんを花音ちゃんと間違えていた過去の自分を殺したくなります







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
 
フリーザ「ゴールデンになったけど念のためもう少し修行する」 
フリーザ「今年の新入歓迎会を兼ねたお花見についてですが……」ギニュー「はっ!」