転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552137332/

1: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/09(土) 22:15:32.69 ID:V8fzx31v0

ケッコン済且つ好感度200のネプチューンと指揮官がひたすら愛し合う(?)だけの小ネタ集


指揮官とネプチューン、どっちの視点で進行する? 安価下



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/09(土) 22:16:25.11 ID:NHrlmMZc0

ネプ



3: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/09(土) 22:58:22.53 ID:V8fzx31v0

【着替え】

ネプチューン「ご主人様、お洋服を着させてくださいませ♪」

指揮官「お前なあ…少しは恥じらえよ?」

ネプチューン「何を言ってますの?私達は誓い合った仲じゃありませんの~♪」

ネプチューン(下着姿で私に服を着させるよう指揮官様にお願いしています)

ネプチューン(目のやり場に困っているのか視線を逸らす指揮官様に近付くと)

ギュッ

指揮官「っ!」ビクッ

ネプチューン「早く着させてくれないと風邪をひいてしまいますわ」

ネプチューン(そのまま下着姿で指揮官様に抱きつきました)

指揮官「…分かったから…股間を撫でるのやめてくれ」

ネプチューン(そう言うと指揮官様は私に洋服を着させにかかります)

ネプチューン(途中、私の胸部や太腿の部分を凝視してたように見えましたが敢えて触れない事にしましたわ)



4: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/09(土) 23:00:07.84 ID:V8fzx31v0

……

指揮官「やっと終わった…さあ、デートに」

ネプチューン「お待ちくださいませ」

ガシッ

ネプチューン「その股間でデートに行っては白い目で見られてしまいますわよ?」

ネプチューン(膨らんだ股間を指摘すると私はズボンのファスナーを開け、指揮官様のペニスを取り出します)

指揮官「誰のせいだと…っ」

ネプチューン「んふっ…相変わらず硬くて逞しい…私が処理して差し上げますわ♪」

ネプチューン(指揮官様のペニスを口に咥えると裏筋を重点的に責め初めます)

ネプチューン(敏感な部分を責める度に指揮官様のペニスが痙攣し、より大きくなっていきます)

ネプチューン(最後に思い切り吸い上げるとより大きく震えて)

指揮官「っ……出る…!」

ドプッ ビュルッ

ネプチューン「んっ…!」ビク

ネプチューン(私の口内に大量の精液が吐き出されました)

ネプチューン(むせそうになりましたが、指揮官様の精液を少しも零さないよう飲み込んでいきます)

ネプチューン「っは……朝からこんなに溜め込んでるなんて……きゃっ!」ドサッ

ネプチューン(ペニスから口を離すと指揮官様にベッドの上へ押し倒されましたわ)

指揮官「悪いネプチューン…我慢出来ない……」パサッ

ネプチューン「全く…デートプランを見直す必要がありますわね」

指揮官「……誘ったのはお前とだろう?」


(この後デート前なのに滅茶苦茶ヤった)



5: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/09(土) 23:01:00.53 ID:V8fzx31v0

【選択】

ネプチューン「指揮官様、もし私からのお誘いとお仕事の依頼の両方が来ましたらどちらを選びますの?」

指揮官「それは……そうならないように努力する、だろ?」

ネプチューン「答えは…お仕事を早く済ませて私からのお誘いを受ける、ですわ~」

指揮官「何だよそれ…」

ネプチューン「分かりましたら早く残ってる委託の書類を書き終えてくださいませ」

指揮官「…手伝おうとは思わないのか?」

ネプチューン「それくらいの量なら指揮官様一人で十分かと思いまして~」

ネプチューン「それに…指揮官様を手伝うならこれだけで十分ですわ」

チュッ

ネプチューン「では、頑張ってくださいませ~」

指揮官「全く…お前という奴は」

ネプチューン「指揮官様、これも信頼してる証ですわ♪」




8: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/10(日) 22:55:37.67 ID:1ocFRZXZ0

【起床】 

チュンチュン… 

指揮官「…朝か」パチッ 

ネプチューン「おはようございます、指揮官様♪」 

ネプチューン(お目覚めになった指揮官様に一糸纏わぬ姿で朝の挨拶を交わします) 

指揮官「おはよう…って下着ぐらい付けろ!」 

ネプチューン「あら、それは指揮官様がやって頂けないと…私達、相思相愛なのでしょう?」 

指揮官「…襲っても知らないぞ」 

ネプチューン(そう言うと指揮官様は私に下着を着せにかかりました) 

ネプチューン(ブラジャーを付ける所まではいったのですけど、立ち上がってショーツを穿こうとした途端) 

ドサッ 

ネプチューン「きゃっ!」 

ネプチューン(指揮官様に仰向けで押し倒されました) 

ネプチューン(そして硬くなっているペニスを私の秘部に当てがってきました) 

指揮官「ネプチューン…お前のアソコも濡れてるじゃないか」 

ネプチューン「ふふ…指揮官様が起きる前に少し自慰していましたの♪」 

指揮官「お前も誘うのが好きだな…ヤっていいか?」 

ネプチューン「いいですわよ。但しその日の疲労は自己責任で♪」 

指揮官「じゃあ…」 

ズププッ… 

ネプチューン「あっ、ああぁぁっ♥」ビクビク 

指揮官「ネプチューンの中、いつもよりきついっ…我慢、出来ないっ…」パンパンパンッ 

ネプチューン「ーーーっ♥」ビクッ ビクッ 



(この後ネプチューンの腰が抜けるまで交わりました)



9: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/10(日) 22:58:48.70 ID:1ocFRZXZ0

【混浴】 

パンパンパンッ 

ネプチューン「っ♥ 指揮官様、そんなに突かれると私、我慢でき、あっ♥」ビクビク 

指揮官「何を言ってるんだ?散々誘ってきたのは、お前だろっ」パンッ 

ネプチューン「そん、なっ…別に誘ってなど、っ♥」ビクッ 

ネプチューン(誰もいない大浴場で私と指揮官様は混浴をしていました) 

ネプチューン(途中、指揮官様に髪や身体を洗ってもらい上半身を淵乗せながらマッサージをしてもらっていたら) 

ネプチューン「指揮官様、指揮官様っ♥」ビクビクッ 

ネプチューン(箍が外れたらしくその場で指揮官様に硬くなったペニスを秘部に挿入されて交わりが始まりました) 

指揮官「タオルも巻かずに身体を洗わさせたりマッサージさせたり…誘ってるとしか、思えなかったぞっ」パンパンパンパンッ 

ネプチューン「違いますわ、これは愛で、あっ♥」ビクッビクッ 

指揮官「愛なら…その愛に応えてヤってるのも愛だよな?」パンパンッ 

指揮官「ネプチューン、俺からの愛を…受け取れっ!」ッパン! 

ビュッ ビュルルッ 

ネプチューン「あっ……指揮官様の熱い精液が、私の中に沢山…♥」トロン 

指揮官「ふぅ…ネプチューン、動けるようになるまで被さってやる」ギュッ 

ネプチューン「そのような事しなくても…でも、折角ですし有り難く好意を受けますわ」 

ネプチューン(私とした事が指揮官様を見誤っていましたわ…)



10: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/10(日) 22:59:43.52 ID:1ocFRZXZ0

【口移し】 

ネプチューン「指揮官様、私にケーキを食べさせてくださいませ♪」 

指揮官「紅茶を入れたのにお前が食べるのかよ!」 

ネプチューン「ほら、あーん♪」 

指揮官「ったく、仕方ないな…ほら」 

パクッ 

ネプチューン「うふふ…おいひい…」モグモグ 

指揮官「全く…仕方ない、ケーキは諦め……」 

ネプチューン「指揮官様、顔をこちらに」 

指揮官「何だ?お誘いならもう勘弁」 

チュッ 

指揮官「っ!?」 

ネプチューン「ちゅっ……れろっ…じゅるっ…」 

指揮官「んぐっ……ごくっ」 

ネプチューン「どうです?私の口移ししたケーキのお味は」 

指揮官「お前なあ…普通に食わせろよ!」 

ネプチューン「あら、これは愛ですわ~うふふ♥」 



13: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/12(火) 22:17:37.35 ID:ep6lPFwu0

【布団】 

ーー事後 

ネプチューン「はぁ……ぁ…」ビクッビクッ 

指揮官「可愛い声をあげてたぞ、ネプチューン」 

ネプチューン「っ…わざわざ言うなんて意地悪ですわね…」 

指揮官「誘ったのに応えないと失礼だからな」 

ネプチューン「もういいですわ……寝ますから指揮官様、お布団をかけてくださいませ♪」 

指揮官「いや、普通に自分でかけろよ」 

ネプチューン「こういう時は殿方が女性に気をかけるものですわよ!」 

指揮官「はぁ…分かったよ」 

バサッ 

ネプチューン「ふふ、指揮官様も私の布団の中に…」 

指揮官「はいはい」 

モゾッ… ギュッ 

ネプチューン「指揮官様のお身体とても暖かいですわ♪」 

指揮官(くっ…ネプチューンの匂いと肌の感触がっ…)ムラムラ 


この後二回戦をヤった 



14: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/12(火) 22:18:29.34 ID:ep6lPFwu0

【期待】 

指揮官「なあネプチューン」 

ネプチューン「何ですの?お昼からいきなりエッチするのはー」 

指揮官「違うわ!…どうすればお前の期待に応えられるような指揮官になれるか聞きたい」 

ネプチューン「全く…私に聞かないとそれくらいも分かりませんの?ケッコンして、100回も告白して、何回もエッチした間柄ですのにー」 

指揮官「仕方ないだろ!お前の期待に応えられるよういくら頑張ってもまるで何か物足りない表情するし…」 

ネプチューン「仕方ありませんわね…教えてあげますわ」 

チュッ 

ネプチューン「答えは……私が認めるまで頑張る事ですわ~ふふ」 

ネプチューン「出来ないとは言いませんわよね…指揮官様?」ニコッ



15: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/12(火) 22:20:12.31 ID:ep6lPFwu0

【お願い】 

ネプチューン「指揮官様、何か叶えたい願い事とかありません事?」 

指揮官「なんなんだ?いきなり」 

ネプチューン「もし願い事がありましたら、私にお願いすれば叶うかもしれませんことよ?」 

指揮官「別に願い事なんて…」 

ネプチューン「あら、指揮官様は叶えたい願いも無い虚しい人ですの?」 

指揮官「…はぁ、言えばいいんだろ?ーーー」 


指揮官の願い事 安価下(スカやグロといった18G要素はNG)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/12(火) 23:02:34.54 ID:TI6DxyLVo

デート刷る



17: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/12(火) 23:14:07.27 ID:ep6lPFwu0

指揮官「ーーお願いします、俺とデートしてください!」 

ネプチューン「うふふ、よろしくてよ♪」 

ネプチューン「では私にデート用の服を選んで着させてくださいませ♪」 

指揮官「…少しは自分で着ようとは思わないのか?」 

ネプチューン「これは愛ですわ~うふふ♪」 

指揮官「仕方ないな…どんな服がいいんだ?」 

ネプチューン「今日は…身動きがしやすい服がいいですわね」 

指揮官「はいはい」 

…… 

ネプチューン「ちょっと時間かかりすぎですわよ?」 

指揮官「しょうがないだろ…いつやってもお前に着させるのは慣れないし」 

指揮官(それにいつ見てもお前の下着が…)ムラムラ 

ネプチューン「…いいですわ。では早く行きましょう♪」ギュッ



19: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/15(金) 21:38:11.40 ID:DWS4H0aC0

【証明】 

指揮官「っ……!」 

ビュッ ビュルッ 

ネプチューン「はふっ…!」ビクッ 

ドサッ 

ネプチューン(今回だけで何回目か分からない射精で私は果て、指揮官様の身体の上に倒れます) 

指揮官「はぁ…はぁ…これで俺の愛を証明出来たか?」 

ネプチューン「まだ、ですわ…あと1回指揮官様の精液を頂けたら」 

指揮官「じゃ、もう一回ヤってるよ」 

ネプチューン「え、待っ」 

グッ グッ 

ネプチューン「あっ、お待ちにぬっ、今すぐにやられては、んんっ!」ビクビク 

指揮官「何だ…もうイキそうに、なってるのか?」 

ネプチューン「そんな事、言われましてもっ…っ」ビクッ 

ネプチューン(指揮官様は躊躇わずに私の奥を何度も突いてきます) 

ネプチューン(あれ程交わったのにまだ性欲があるとは見誤っていましたわ) 

ネプチューン(淫らな声をあげながら何度も突かれていると) 

ビュッ… ビュルルッ 

ネプチューン「ーーーーっ♥」ビクッビクッ 


ネプチューン(指揮官様の精液が私の中に注がれ、あまりの気持ち良さに私はそのまま倒れて気を失いました) 


指揮官「ふう…気を失ってるけど愛は証明出来たって事でいいか」 

指揮官「全く小悪魔的な給仕だ」ナデナデ



20: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/15(金) 21:39:43.12 ID:DWS4H0aC0

【格差】 

ネプチューン「指揮官様、お悩みを聞いてくださいません事?」 

指揮官「構わないけど…どうしたんだいきなり?」 

ネプチューン「…どうして私の胸囲は他の開発艦達より劣っていますの!?」 

指揮官「あー…」 

ネプチューン「同じロイヤルの開発艦であるモナーク様はあるのに私は…不公平ですわっ!」 

指揮官「…きっと開発艦にも貧乳枠が必要だと一部の饅頭が」 

ネプチューン「貧乳が何ですの?」ニコッ 

ブンッ 

指揮官「……悪かったからトライデントを向けないでくれ」



21: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/15(金) 21:40:38.36 ID:DWS4H0aC0

【夕食】 

ネプチューン「お疲れ様ですわ指揮官様。(メイド隊が作った)夕食と私、どちらをお先になさいます事?」 

指揮官「…何で裸エプロンで出迎えるんだ?」 

ネプチューン「これは愛の1つですわ~うふふ♥」 

ネプチューン「それで夕食と私、どちらを先にいただきますの?」 

指揮官「じゃあー」 

カチャ… スルッ 

ガシッ 

指揮官「目の前の給仕係から頂く事にするか」ヌプ… 

ネプチューン「あらご主人様、もうこんなにお硬くしていましたの?」 

指揮官「お前だってこんなに濡れてるじゃないか」 

ネプチューン「ふふ…指揮官様と交わるのが我慢出来なくて少し慰めていましたの」 

指揮官「そうか…じゃあお望み通りにー」 

ズププッ… 

ネプチューン「あっ…あああぁぁっ♥」ビクビク 

ネプチューン(テーブルに両腕を立たせて上半身を支え、背後から指揮官様に突かれる形になっていますわ) 

指揮官「っ…相変わらネプチューンの中、凄く気持ちいいな…」パンパンパン 

ネプチューン「あっ、ダメですわ♥いきなりそんな奥を突かれてわ、あっ!」ビクビク 

指揮官「折角ネプチューンが用意してくれたんだ…ちゃんと頂かないと失礼だろっ」パンパンッ 

ネプチューン「そん、な、いきなり急がなくても、っ♥」 

指揮官「あまり時間をかけてもいけないからな……っ、出るっ!」ッパン 

ドプッ… 

ビュルルッ 

ネプチューン「ぁ……指揮官様の熱いのが入って、きましたわ…♥」ペタン 

ネプチューン(力が抜けた私はテーブルの上にへたり込んでしまいました) 

指揮官「さて…ネプチューンを頂いた事だし夕食を」 

ネプチューン「待ってくださいませ指揮官様…その前に、お着替えを」ググッ… 

指揮官「そうだったな…よし、着替える前にまたネプチューンを頂くか」ガシッ 

ネプチューン「!? 待ってくださいませ指揮官様、おかわりは一度だけにー」 

指揮官「悪いネプチューン…まだ食い足りないみたいだ」 

ネプチューン「そんな、あっー♥」 


(夕食までに数十分かかりました)



22: ◆Eo09tCyTBxcf 2019/03/15(金) 21:42:15.49 ID:DWS4H0aC0

ここまでお付き合い頂きありがとうございます。これにてこのSSは完結です 
ネプチューンのスキンが年内に来ることを祈ってます 


次に書くとしたら綾波×ジャベリンか残りの開発艦になると思いますけど恐らくもう会う事は無いと思われます



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/15(金) 21:51:28.10 ID:CUsquMZso

おつおつー







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
シカマル「めんどくせーけどIQ200以上の俺に任せておけ」 
【ドラえもん】三次元レコードプレイヤーで音楽を聴こう 
野崎「こちら浪漫学園前派出所」 
アクア「ねぇ、五億年ボタンって知ってる?」カズマ「ハァ?」 
恭介「そう…あれは確か中学生の時だったな」