転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1395846216/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:03:36 ID:yPLg0pdc

ハンジ「リヴァイ、もうやめようこんなことは」

リヴァイ「いきなり何言ってやがる。生理でも始まったのか?」

ハンジ「違うよ、もうこんな爛れた関係は終わりにしようって事。第一私達付き合ってもいないでしょ。もう普通の友達に戻ろう」

リヴァイ「ある意味友達じゃねえか」

ハンジ「そういう事じゃねーよ」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:05:24 ID:yPLg0pdc

リヴァイ「なんだかんだ言ってお前だって随分満足してたじゃねえか」

ハンジ「それはそうだけど終わった後なんだか虚しさがあるんだよ… やっぱり心の方も満たされてないと… あと貴方顔にかけるし、避妊具付けないで中に出すし」

リヴァイ「自分から顔にかけて~とか中に出して~って言ってきたんじゃねえか」

ハンジ「場を盛り上げるために言ったのにまさか本当に中出しされるとは思わなかったよ」

リヴァイ「アフターピル飲んでるんだから大丈夫だろ。地下街でも使っていたがあれは物凄く効く」

ハンジ「そういう問題じゃねーよ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:08:51 ID:yPLg0pdc




ハンジ「ていうかリヴァイ結構モテるんだから私じゃなくてもいいでしょ。例えば…ペトラとかに抜いてもらえばいいじゃないか」

リヴァイ「馬鹿言うなペトラにこんな情けねえこと頼めるか。第一俺はな、ハンジ…お前じゃなきゃだめなんだ」キリッ

ハンジ「ちょ、ちょっと何いきなり改まって///」

リヴァイ「いつ呼んでもただでヤらせてくれる女なんてそうそういねう、しかも前も似たようた事を言っていたがどうせ今回も流されてヤらせてくれるだろうしな」

ハンジ「」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:15:51 ID:yPLg0pdc

ハンジ「やっぱり全然わかってないじゃないか!ちょっとでも見直した私が馬鹿だった!じゃあねさよならリヴァイ!」

リヴァイ「待てハンジ!」

ハンジ「…なに?」

リヴァイ「お前がこの間言ってたエレンの実験、俺が頼んでやってもいいぞ」

ハンジ「え、ホントに…?」

リヴァイ「ああ。あいつなら多分○○○を切られても再生するだろう」

ハンジ「そ、そっか… じゃあしょうがないな~ きょ、今日だけだからねリヴァイ!」

リヴァイ「ああ」

リヴァイ(チョロいもんだ)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:23:38 ID:yPLg0pdc

書いたはいいけどどんなプレイするか決めてなかった




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:25:52 ID:3AS//ghE

ハンジ無料の大安売りか
いいね腐ってるほうが好みだ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:42:58 ID:3AS//ghE

じゃあ
リモコンバイブ入れて壁外遠征
木の上で待機中に中出しセックス



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:47:16 ID:yPLg0pdc

>>13のネタもらいます!



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:53:17 ID:yPLg0pdc

壁外調査の日

ハンジ「とは言えやっぱりこれはまずいでしょ…」

リヴァイ「エレンの○○○と引き換えだからな」

ハンジ「これに気を取られて巨人に食われたりしたらどうするの… 死んでも死に切れないよ」

リヴァイ「心配するな巨人はすべて俺が削ぐ」

ハンジ「貴方が言うと説得力あるね」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:04:26 ID:yPLg0pdc

『開門始め! 第××回壁外調査を開始する!前進せよ!!』

ハンジ(あーあ始まっちゃったよ…)

『右前方10m級確認!』

ハンジ「10m級か… 隊列を死守しっ…ひゃうっ!」ビクンッ

モブリット「分隊長、どうかされましたか?」

ハンジ「いや、何でもない…」

ハンジ(何でこんなタイミングでスイッチ入れるんだよ…!)

リヴァイ「……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:19:22 ID:yPLg0pdc

木の上で待機中

リヴァイ「…全然濡れてねえじゃねえか」

ハンジ「あの状況で濡れるほど神経図太く無かったよ。ていうか一々スイッチ入れるタイミングが私を殺そうとしているようにしか思えなかったんだけど」

リヴァイ「生きてるから結果オーライだろ」

ハンジ「はあ…ってちょっと!何脱いでんの!」

リヴァイ「静かにしろクソメガネ」

ハンジ「ちょ、ちょっと待ってよ… こんなところ誰かに見られたりしたら…あそこにペトラ達だっているのに…」

リヴァイ「……」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:32:23 ID:yPLg0pdc

ハンジ「こんなことしてるの見られたら…あっ、お、お尻触らないで…」

リヴァイ「この間条件を飲んだだろ。約束は守れ」

ハンジ「わ、わかったよ… 一回だけだからね…」

リヴァイ(ペトラ…)

ハンジ「リヴァイ、これでいい…? ひぎぃっ!?」ズブッ

リヴァイ(ペトラっ!ペトラっ!!)パンッパンッ

ハンジ「いっ、いきなりっ…!後ろからなんてっ…!!」

リヴァイ「声出すな…!すげえ締まりだ…」パンッパンッ



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:45:02 ID:yPLg0pdc

ハンジ「んっ…む、ふぅぅ…!!」

ハンジ(なんか今日のリヴァイいつもより激しい… 野外だから興奮してるのかな…)

リヴァイ(ペトラっ!!ペトラっ!!)パンッパンッ

ペトラ(兵長と分隊長すごいくっ付いてるけど何やってるんだろ。ここからじゃよく見えないなあ)

ハンジ「リヴァイ…中に出して! せーし! 膣内にドロッドロの精子出して種付けして…!!」

リヴァイ「くっ…出る…!中に出すぞ…!」ビュルルッ

リヴァイ(ペトラっ…!膣内に出すぞ…!!)

ハンジ「ハァッ…膣内あっつい…!!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:49:50 ID:yPLg0pdc

壁外調査後

リヴァイ「あの時はあんな場所で盛って悪かった」

ハンジ「別にいいよ。生きてるから結果オーライだよ」

リヴァイ「…また頼んでもいいか」

ハンジ「別にいつでもいいよ。わ、私じゃないとダメなんでしょ?///」

リヴァイ「ああ、やっぱりお前が一番だ」

おしまい



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:51:15 ID:yPLg0pdc

書いてから気付いたけどエレンとペトラが一緒に壁外調査に行くって事はリヴァイ班死ぬし、そもそも一緒に木の上で待機してない気がしたけど気にしないでください



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 02:23:30 ID:gAHc1tKM

細けえ事はいいんだよ






他のおすすめSS