転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1463058008/

1 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:00:08.76 ID:sCjpUMXh0



1年前 

夜 黒森峰女学院 寮廊下

エリカ「まったく、あの子ったら全然ダメダメなんだから! 付け合せのミックスベジタブルを見るような目で見てくるし!」

エリカ「それに引き換え隊長は本当に素晴らしくて……」

エリカ「はぁ……なんであの子が副隊長なのよ……」

エリカ「どうして隊長は私を選んでくれないのよ……私ならもっと副隊長として隊長を支えることができるのに」

エリカ「くっ……西住みほ、絶対に負けないんだから!!」

エリカ「……ん? 隊長の部屋が開いてる……珍しいこともあるのね、あの隊長が……」

エリカ「そういえば隊長は今日遅くなるとか言ってたわね」

エリカ「いないとは思うけど、隊長の部屋に入る子がいたらいけないわ、閉めておかないと」コツコツ

エリカ「……はっ!!」

エリカ「今日遅いなら……入っても大丈夫かしら……見つかったら……」

エリカ「でもこれはチャンス……私が副隊長になって隊長をサポートするためにあの人をもっと知る必要があるのよ」

エリカ「勉強、そう勉強よ。西住流を学ぶため、まずは隊長がどんな生活をしているか……」

エリカ「そう、私はただ隊長に尽くしたい、その一心なのよ」

エリカ「隊長、待っててください、今行きます!!!」 ガチャッ パタンッ





前スレと関係あるかは尻ません。
前スレ:【ガルパンSS】エリカ「貴女の隣にいるのは誰?」【みほエリ、まほエリ】




2 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:01:18.54 ID:sCjpUMXh0



エリカ「ぐふ、ぐふふふふふ……」ヨダレダバー

エリカ「隊長の部屋、初めて入ったけどすごくいいにおい……」デレー

エリカ「これは決してストーカーなんかじゃないんだから、勉強なのよ逸見エリカ」

エリカ「それにしても簡素な部屋ね。まるですぐ消えてしまいそうな、生活感の無い部屋」

エリカ「オトナっぽいというか、人間味がないというか……でもそういうのにとらわれない姿勢、素晴らしいです」

エリカ「さてと、まずはアツアツの物色あるあるネタ100gから!」パンツァージャケット ガシッ

エリカ「すんすんすん! あぁっ! いつも話す時より隊長との距離が近いです、隊長!!」

エリカ「まるで私が隊長を……いやいや、隊長が私を包み込んでるような……包み焼きハンバーグ的な、」

エリカ「今度はこれをネタに、そういうシチュのヤツで……」

エリカ「……」

エリカ「じゃなかった、これじゃないわよ! 何ノリノリになってるのよ私は」ハンバーグハイ






3 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:01:47.26 ID:sCjpUMXh0



エリカ「どんどん行くわ! 続いてストーカー紛いの行為200gよ!!」

エリカ「……」

エリカ「は?」

エリカ「……」

エリカ「お洋服、質素なモノばかりね……ジャケットにデニムのパンツ、それに……」

エリカ「でもそれくらいがいいわ。私が甘ロリなんだし、並べば丁度いいわよね」

エリカ「そして最上段のここには……そうそう下着よね」

エリカ「1セット持って帰りたいけど、さすがに我慢よ、逸見エリカ」

エリカ「ちょっとだけ味見……」パクッ

エリカ「これで隊長が下着を身に着けたとき、私がそこにキスしたのと同じことになるわね」

エリカ「ぐふっ、どぅふふふっ、これはちょっと、ヤバイわね! 楽しいわね!!!」

エリカ「この香りを忘れないように、きちんと下着のにおいを肺に入れて帰りましょう」スゥゥゥゥゥゥーーーー!!





4 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:02:16.15 ID:sCjpUMXh0



エリカ「そして本棚ね。といっても、あんまり置いてないみたいだけど」

ホンダナ!! ムリダナ!!

エリカ「今フィンランドのほうから何かが……そういえば隊長は昔別の隊長を……ミーなんとか……」

エリカ「じゃなくて」

エリカ「えーと、戦車道のノートとかあるはずなんだけど……」ゴソゴソ

エリカ「ん、これは……日記? あの隊長が、珍しいわね」

エリカ「読むのはさすがに、プライベートだし……でも少しだけなら……勉強だし……」

エリカ「ええいっ、ままよっ!!」パラッ

エリカ「……なるほど、毎日一言ずつ書いているのね。隊長らしいわ。えーと、直近だと……」






5 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:02:42.95 ID:sCjpUMXh0



■『今日はみほと一緒に寝る日だ。すごく楽しみ。隊長権限で部屋を防音にして正解だった』 

エリカ「は? 隊長、あの子と寝るの? というかそれが楽しみ……?」 

エリカ「ま、姉妹なら当然か。私も姉がいるからその気持ちは少しだけ分かるわ。たまに寂しくなるわよね」 

エリカ「あの隊長も人の子だということね……意外な一面だわ」 

■『1日で撃破された回数が初の10回を超えた。さすがみほだ、私のことを隅々まで知りつくしている』 

エリカ「あの子が? 隊長を? そんなに勝った模擬戦なんてあったかしら……」 

エリカ「ま、妹なんだからクセを知っていて当然よね。そこに私とあの子の差があるということかしら。なるほど」メモメモ 

■『今日のは、まるで天使に後押しされているような感覚だった』 

エリカ「これは……同じドイツでもお姉ちゃん違いよね……」コラーハルトマン!!トゥルーデヤメテエエッ 





6 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:03:18.56 ID:sCjpUMXh0



■『みほが、逸見が欲しいと言っていた。私は飽きられてしまったのだろうか。悲しい』 

エリカ「私が、欲しい……?」 

■『昨日のは思い違いだったらしい。お姉ちゃんはこの先ずっと私のお姉ちゃんだそうだ。嬉しい』 

エリカ「……」 

■『なぜそこまで固執するのか聞いてみたがダメだった。私に隠し事とは、みほもオトナになった。嬉しいけど悲しい』 

■『みほが本格的に逸見に手を出そうとしている。私は姉として、彼女の■■として……』 

エリカ「文字がかすれて読めない……」 

■『日程が決まった。あとは上手く逸見を呼び込むだけらしい。さすが我が妹だ』 

エリカ「これは昨日の内容……それに、私の名前?」 

エリカ「なによ、これ……いったい、どういうこと……?」 

エリカ「私が欲しいって、どういう意味なのよ……西住みほ……」 






7 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:05:33.48 ID:sCjpUMXh0



コツコツコツ 

モウッオネエチャンッテバッ、フフフフ ハハハハ、ミホノスルコトニハオドロカサレルナァ ソレダケジャナインダヨ、コノアイダネテルエリカサンニ…… 

エリカ「やばっ!! この声は隊長と、西住みほ!?」 

エリカ「部屋にくる! でも今出たら鉢合わせしちゃうじゃない……」 

エリカ「くっ、仕方ない……正直に話してみようかしら……」 

エリカ「待って待って待って、そしたら西住みほに弱みを握られてしまうじゃない!!」 

エリカ「ああもう! どうすれば、どうすれば!!」 

エリカ「こうなったら隠れるしか……えーっと、クローゼットは……危ないかもしれない」 

エリカ「ベッド下、そうここよ。ここなら覗かれる心配も少ない」 

エリカ「部屋から出るまでやり過ごすしかないわね……」 

エリカ「んしょ、んしょ……」ゴソゴソゴソ 

エリカ「しまった! 日記も一緒に持ってきてしまったわ……でも戻すにはもう遅い……」 






8 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:06:01.09 ID:sCjpUMXh0



ガチャッ 

みほ「お邪魔しまーす。今日の夕食は特においしかったね、お姉ちゃん」 

エリカ(おいしかった? あの子、隊長とどこかに行っていたのかしら) 

まほ「そうだな、まさかみほがハンバーグを食べたいなんて言い出すとは。好きだったか?」 

みほ「ううん、なんとなく食べたくなったの。でもハンバーグって子供っぽいよね」 

エリカ「 」 

エリカ(ハンバーグのどこが子供趣味なのよ……いいじゃない、ハンバーグはドイツ発祥なんだし!) 

まほ「食べ物に子供っぽいも大人っぽいもない。ハンバーグに罪はないさ」 

みほ「そうかな?」 

まほ「そうだよ」 

エリカ(ハンバァァァァァァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーグ!!) 嬉 

エリカ(やっぱり隊長は私のこと分かってらっしゃる!) 

エリカ(あ、でもその食事私呼ばれてない) 

エリカ(ハンバアアアアアアアアアアアアアアーーーグ!) 泣 






9 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:06:27.49 ID:sCjpUMXh0



シーン…… 

エリカ(あれ? 声が聞こえなくなった……どうしたのかしら……) 

ギシッ 

エリカ(って、うぁ! ちょっ! 二人ともベッドに座って、近い近い! 隊長のおみ足が近いわ!!) 

エリカ(スラリと細長く引き締まった脚……部位をひとつ取ってみても美しいです、隊長) 

エリカ(それに引き換え西住みほの脚は……ぷにぷにしてて可愛らしいわね、くっ!!) 

チュッ 

エリカ(? 何の音よ) 

エリカ(二人の鼻息かしら……え、え? どういうこと?) 

みほ「……ふふっ、お姉ちゃん、さっきデザートで食べたアップルシュトルーデルの味がする……v」 

まほ「そういうみほだって、モーンクーヘンの味がした」 

みほ「モーン、もーんだけにね」 しぃなMOON 他のSSはコチラをチェック!→http://pixiv.me/shilinamoon 

エリカ(二人は何を言ってるのかしら……) 

エリカ(って、味?! それってつまり、でも待って、え、え!? まさか、) 

まほ「みほ……もう一度、キスしてくれないか」トロン 

エリカ(えぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーーーー!??!?!) ハンバーグッ 






10 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:06:57.96 ID:sCjpUMXh0



みほ「うんv お姉ちゃん、大好きだよ?」チュッ 

まほ「んっ、んんんんっvvv」 

エリカ(え、は、はぁっ!? うそ、ウソでしょ!? なんで隊長が!? 西住みほと!?) 

エリカ(だって姉妹よ!? 姉と妹よ!? おかしい、こんなのおかしいじゃない!!) 

エリカ(これは夢よ、悪い夢。だってあの隊長が実の妹の西住みほとキスするはずが……) 

まほ「みほはキスが上手だな……v」 

みほ「お姉ちゃんが感じやすいんだよ?v」 

エリカ(ハンバァァァァァァーーーーーーーーーーーグ!!!)  





11 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:07:40.91 ID:sCjpUMXh0



みほ「お姉ちゃん、唇柔らかぁいv」 

まほ「みほには負けるさ。もうプルンプルンだぞ?v ふふっ……しかしいいのか? あの逸見が賛同するとは思えないが」 

みほ「ん~、そうだね、逸見さんは一番難しいかも。まるで黒い森の峰に独りで待つ花のよう」 

エリカ(私の名前……どういうこと……?) 

みほ「でもそういうのわくわくする。だってそんな高嶺の花が墜ちる姿って、ゾクゾクしない?」 

エリカ(な、なにを言ってるのよ、この子は……) 

みほ「それにね、お姉ちゃんのサポートのおかげでだいぶ計画も進んだの」 

みほ「大丈夫だよ、お姉ちゃん。逸見さんは必ず手に入れるから」 




みほ「ね、逸見さんv」 




エリカ「っ!?」ビクゥッ 

みほ「おかしいなぁ。呼ばれたら返事をしないと。戦車道においても点呼は基本だよ?」ニコッ 

みほ「分かってるんだから。ベッドの下に隠れているのは」 

エリカ「ひ、ひぃぃぃっ!! あいたっ!」ガサゴソ ゴツンッ! 

みほ「逸見さん、見ぃつけた~……」クスッ 






12 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:08:12.91 ID:sCjpUMXh0



みほ「どうしてそんなところにいるのかなぁ。盗み聞きはよくないよ?」 

エリカ「な、なにをやってるのよ! ふふふ、副隊長! し、姉妹でそんな、そんな」 

みほ「そんな? スキンシップだよ、逸見さんv」 

エリカ「だからって……それはもうスキンシップの範疇を、」 

みほ「超えてるって? 逸見さんは硬いなぁ。もっと柔らかくなればいいのに」 

みほ「まぁ、すぐにぐじゅぐじゅのとろとろにしてあげるけどね……」ボソッ 

エリカ「……?」 

まほ「……」じぃっ 

エリカ「あのっ!! 隊長、勝手に部屋に入ってすみませんでした。部屋が開いていたので閉めようとして、私……」 

エリカ「西住流をもっと知って、副隊長になって隊長をサポートしたかったんです……ごめんなさい」 

まほ「……分かった。お前の向上心に免じて何も責めるつもりはない」 

エリカ「ありがとうございます。……あと、このことは必ず秘密にして誰にも喋りませんので……」 

エリカ「それでは、あの……失礼します」コツコツ ドアガチャッ 





13 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:09:54.47 ID:sCjpUMXh0



みほ「秘密? 何を言ってるの? 秘密を知って帰れると思ってるのかなぁ。アハハ、おかしな逸見さん」 ドアバタンッ ガキンッ 

エリカ「え、えっ!? だから、もう謝ったでしょ! このことは秘密にするから、私がこの部屋にいたのも、」 

みほ「それは出来ないよ。だってこれは、」 

エリカ「じゃあどうすればいいの? ケーキでも奢ればいいワケ? それともボコのぬいぐるみ? ハンッ!」 

みほ「エリカさんの身も心も全部頂戴」ニコッ 

エリカ「はっ!?」ゾクッ 

みほ「だから、エリカさんの全部をくれないとこれは許されないことなの、分かった?」 

エリカ「いや、意味が分からないんだけど……隊長だってそう怒ってないし、」 

みほ「怒るとか、そういうことじゃないんだけどなぁ。エリカさんはまだ何にも知らないんだね、そこが可愛いんだけど」 

みほ「さっきスキンシップの範疇を超えてる、って言ってたよね」 

みほ「お姉ちゃん、スカートあげて。……エリカさん、じゃあこれも姉妹のスキンシップに入るのかなぁ」クチュッ 

まほ「んん、ああぁぁぁぁぁぁぁぁっvvvv」ビクビクビクッ 

エリカ「!?」 

エリカ「た、たいちょ……」 





14 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:10:44.48 ID:sCjpUMXh0



エリカ「アンタ、何して、」 

みほ「やっぱり。お姉ちゃんてば私とキスするだけでこうなっちゃうんだから」 

まほ「みほが上手すぎるんだ、止められるはずが、ないわ……v」 

みほ「そうかなぁ? でもお姉ちゃんの好きなところはもうわかっちゃってるから……こことかv」クチュッ 

まほ「んっ、ぁ、ああぁっv」 

みほ「お姉ちゃん、もう太ももまでえっちなのが垂れてるよ? ショーツもぐしょぐしょv」クチュクチュッ 

みほ「キスだけでこんなにしちゃうなんて……もしかして一緒に食事してる時からそうだったの?」グチュグチュッ! 

まほ「そ、そんなワケ、」 

みほ「あるよね? だってお姉ちゃん私の顔見てるだけでえっちな想像して濡らしちゃうもんね?」クチュッ 

まほ「ん、ひぃっv」 

みほ「お姉ちゃん、お姉ちゃん、好きv」ボソッ 

まほ「んぁ、んんんーーーっvv あぁっvv ダメだ、こんな、後輩に見られて、イっvv」ビクビクビクッ 

みほ「好き好きお姉ちゃん、イっていいよ? 私の手で、妹の指でいっぱいイっていいんだよ?」 

みほ「ほら、お姉ちゃんv お姉ちゃんv お姉ちゃんっv イってイって、いっぱいイってv」 

まほ「イっ、ああぁっ! イ、イクぅぅぅっv イ、イっちゃ、うぅぅああぁぁぁぁぁーーーっvvv」ガクガクプシャー 

エリカ(なんなのよ、これは……夢なら覚めなさいよ) 

まほ「あっ、は、はぁっ……」 

みほ「フフッ、お姉ちゃん、前にも増してイクのが早くなったんじゃない?」 

みほ「これなら1日で15回撃破も夢じゃない、かなv」 





15 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:13:10.88 ID:sCjpUMXh0



エリカ「あ、あ……たいちょ、う……」 

みほ「ふぅ……エリカさん、知ってますか? お姉ちゃんは私がオンナにシたんですよ?」 

みほ「それもずっと前から……v お姉ちゃん、小○生の頃から変わってないんだからv」 

みほ「あ、エリカさん、お姉ちゃんのこと好きでしたもんね。どうですか? 本当の西住まほは」 

エリカ「あ、あ……」パクパク 

みほ「開いた口が塞がらない? それとも次には大声で助けを呼ぶ?」 

エリカ「なっ……そんな……」 

みほ「そうだよね、声なんか出せないもんね。憧れの人が妹にショーツ越しに弄られてヨガってるなんて」 

みほ「挙句の果てに、後輩に見られながらイっちゃって、驚きだよね? フフフッ、アハハハハハハハッ!!」 

エリカ「ひぃぃっ!! 誰かぁ!! たすけ、」 

みほ「あぁ、叫んでも無駄だよ。書いてなかった? 隊長室は防音だって」 

エリカ「……っ!! あ、あ、開かない、なんでよ、開かない、開かないっ!」ダダダッ ガチャガチャガチャ 

みほ「それとこの部屋だけは内側からの解錠にも鍵がいるんだよね、これだよエリカさんv」チャリンッ 

エリカ「あ、あぁ……」ガクンッ 





16 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:13:37.94 ID:sCjpUMXh0



エリカ「わっ、私を、どうするつもりよ……」 

みほ「うーん、どうするつもりっていうか……もうなってるから、後は最後の仕上げってところなんだよねぇ」 

エリカ「どういう意味よ、それ……」 

みほ「今日は、エリカさんをお姉ちゃんみたいにする、最後の仕上げなの」 

エリカ「え、ちょっと待って! 私前回のSS↓で真面目だったんだけど!?」 
前回のみほエリSS→【ガルパンSS】エリカ「貴女の隣にいるのは誰?」【みほエリ、まほエリ】

みほ「あの、エリカさん……そういう発言はちょっとやめてもらえるかな……」 

まほ「それならっ! こういう場合は、まず……こうだ!!」逸見エリカ'sパンツ ズルッ 

エリカ「えええぇぇぇぇーーー!?」モーラッターッ! 

みほ「あの、お姉ちゃん? それは別のパンツ作品だし、それはパンツじゃないし、今はそういう時じゃないからやめて……」 

まほ「そうか、すまなかった」 

みほ(はぁ、もうホントこの人たち……) 

エリカ「隊長……ソレを返してもらえませんか……?」 

まほ「すまない、逸見。私は既にみほの犬なのだ」バァーンッ ドヤッ 

エリカ(なんて格好のつかないセリフ……この人本当に隊長なのかしら) 

エリカ「っていうか、すごくスースーするんだけど……恥ずかしい……//////」 

まほ「スースーするの、だな」 

みほ「だからそれはもういいって言ったよね、お姉ちゃん」 

まほ「あぁ、そうだった。反射的にその、出演していたから、」 

みほ「その先はもう言わなくていいから、ね? ね? 進めていい? ねぇ、いい? お姉ちゃん」ニコッ 

まほ「あ、あぁ……」 





17 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:14:16.14 ID:sCjpUMXh0



みほ「おほんっ」 

みほ「実はね、ここ何ヶ月かの間、ずっと逸見さんで……ううん、エリカさんで遊んでたの」 

エリカ「私で、遊んでた……? 何を言ってるの、私にはそんな記憶、」 

みほ「無い? そうだね、だって隠れていたから」 

エリカ「バカ言わないで! 私がそんな、」 

みほ「はい、じゃあこれ。エリカさんが一人でシてた時は毎回スマホで写すようにしてたの」スマホ 

エリカ「私の裸……っ! なにしてんのよ、アンタ!」 

エリカ「もおっ! どうしてそこまで私に構うの? 嫌がらせ? なんなのよ、アンタは!」 

みほ「その反対。大好きだから、だよ?v」 

エリカ「はぁっ!?」 

みほ「エリカさんってまるでボコみたい。傷ついても何度も歯向かってくるその姿勢」 

みほ「とっても、愛くるしいよv だから、ついいじめたくなっちゃうの……v」クスッ 

エリカ「何言って……」 

みほ「こうしてエリカさんをこの部屋に誘い込んだのも、全部作戦なの」 

みほ「……結構苦労したんだぁ。エリカさんって、中々捕まらないし、寝る時くらいしか見つからないんだもん」 

みほ「だから全部知ってるの。エリカさんが寝る前に高頻度で催眠オ○ニーシていたの」 

みほ「他にも催眠カウントとか、双子の姉妹による催眠オ○ニー導入とか、もうあらゆるジャンルの催眠オ○ニー全部」 

みほ「だからね、ヘンタイでオカシイのはエリカさんも同じなんだよ?v」 

エリカ「ウソよ、そんなの……ウソに決まってるわ……」 

みほ「言ってることが分からないって顔してる。大丈夫、言葉よりも記憶よりもその身体が覚えているからv」ニコッ 





18 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:14:52.06 ID:sCjpUMXh0



エリカ「いやっ! 言わないで! 聞きたくない!」 

みほ「エリカさんは自分だけは普通だと言っておきながら、全然普通じゃないんだよ? ね、エリカさんv」 

みほ「私かな、お姉ちゃんかな、どっちに攻められるのが良かったのかな、それともヨガったのかな?v」 

みほ「そうだ、今ここでオ○ニーシて見せて。そうしたら帰してあげる」 

エリカ「何言ってんのよ、そんなの出来るワケないじゃない!!」 

みほ「えぇ? 私の前であんなにキモチ良さそうにいっぱいシてたのに? 私は隠れてたけど」 

みほ「その時の動画があるんだよねぇ、どうする? お姉ちゃんに見てもらう?」 

エリカ「う……それだけは……」 

エリカ(確かいつも隊長隊長言ってたし、それがバレるのはマズいけど、でもこれはもっとダメよ、もう!!) 

みほ「じゃあ今すぐオ○ニーシて、今すぐ、Now!! パンツァー・フォー!」 

エリカ「分かったわよ……やればいいんでしょ、やれば!」 

エリカ(ほんと、なんなのよ、これは……) 





19 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:15:18.78 ID:sCjpUMXh0



エリカ「……んっv」スリスリッ 

みほ「ふぅん、エリカさんってそういう風にオ○ニーしてたんだ」 

エリカ「わ、悪いっ? あ、んんっv やだ、これ……んんっv」クチュッ 

みほ「もう濡らしちゃったの? あぁ、お姉ちゃんに見られてるから?」 

みほ「お姉ちゃん、もっと近づいて、鼻先があたるまでエリカさんに接近してくださいっ!」 

まほ「分かった」ズイッ 

エリカ「ひっ、あ、いや……隊長、見ないでください、そんなに間近で、あぁ、ぁぁぁぁっvv」 

エリカ(隊長の、鼻息があたって、んんっvv) 

みほ「あれ? さっきよりも水音が大きくなってない?」 

エリカ「んっv あ、あんっ も、見ないで、くださ、いぃぃっvv」クチュクチュッ 

まほ「そういうわりには、指の動きが早くなっているようだけど?」 

エリカ「いや、ダメですっv こんな姿、私、ああぁぁっv」 

みほ「どう? 憧れの隊長に、自分のオ○ニーを見せるのは。夢だったんでしょ? いつも言ってたもんねv」 

エリカ「やぁっv ちが、私はそんな、ひっvv んんっぁ、んんんーーーーっvv」ビクビクッ 






20 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:18:12.41 ID:sCjpUMXh0



まほ「私は素直な人間が好き、いつも言っているわよね?」 

エリカ「うぅっ……そうですぅっv 隊長とえっちするのが夢でしたぁぁぁっvv」 

エリカ「隊長の声を録音して、催眠音声と編集してオリジナルまほニーしてましたぁぁっvv」 

エリカ「隊長、お願いがあります……v あの、エリカって呼んでください、お願いしますぅうぅっっv」 

まほ「分かったわ。……エリカ、いつもそうやって私を想ってオ○ニーしているの?」 

エリカ「はい、はいぃっv シてます、隊長に私のおま○こぐしゅぐしゅ指で犯されること考えてますぅぅっv」 

まほ「ふぅん、私の指はどういう指でどんな動きをしていたの?」 

エリカ「細長く、すべすべしていて……けれど、わたっ、私の好きなところ全部わかっちゃって、それで、それでぇぇぇっv」 

まほ「ふふっ。エリカ、もうイクの? 私に見られてイクの? イクなら思いっきりイキなさい」 

エリカ「ふーっ、ふーっv 隊長、イキますぅっv 私、オ○ニー見られて、イキますうぅぅぅっvv」 

エリカ「ああぁっv いや、ダメ、もう、んんぁぁああぁあっっv イクイクイクっっvv」 

エリカ「隊長、見てください、私のここ、ビクビクって、ああぁぁぁぁーーーっv イくぅぅうぅっvvv」ガクガクプシャー 






21 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:18:42.92 ID:sCjpUMXh0



みほ「どう? 気持ちよかった? 気持ちよかったよね?」 

エリカ「はぁーっ……はぁーっ……」 

みほ「もしかして、今更恥ずかしくなった? さっきのエリカさん、快感に溺れていたようだけどv」 

まほ「みほ、私もそろそろ我慢できなくて、私の相手もシてほしいんだけど……」 

みほ「焦らなくても大丈夫v まずはエリカさんをもっとぐずぐずにシたいのv」 

エリカ「話が違うじゃない! これで解放してくれるって言ったじゃない!」 

みほ「んー、お約束だと思うんだけど」 

エリカ「何がお約束よ!」 

みほ「いいからいいから……エリカさんは私のモノでいればいいのv」クスッ 

エリカ「あ、あ……」ゾクッ 





22 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:20:01.23 ID:sCjpUMXh0



みほ「次は私がエリカさんの気持ちいいところをもっと見つけ出してあげるv」ガシッ 

エリカ「いや、離して! くっ、この、離しなさいよ! アンタなんかに私の、」 

エリカ(なっ! なんてチカラ……こんなぷにぷにの身体のどこにそんなチカラが……?) 

みほ「はいこれ、エリカさん飲んでv」グイグイッ 

エリカ「んっ、んぐっ! んぐんぐんぐっ! ……がはっ、げほげほぉっ、何すん……」 

みほ「これはね、イクたびに気持ちいいのが止まらなくクスリなのv」 

まほ「なるほど」 

エリカ(っ! カラダが、動かない……っ!!) 

みほ「あとカラダが上手く動かなくなるの」 

まほ「なるほど」 

みほ「それで私はこっちのクスリ、はいこれお姉ちゃん」グビグビ 

まほ「それは何のクスリなの?」 

みほ「私のはウィッチ○……じゃなかった、戦車棒のクスリだよ、なんでも扶桑の……」 

まほ「なるほど」 

みほ「お姉ちゃんのはエリカさんと同じクスリだよ」 

まほ「なるほど」 





23 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:20:36.45 ID:sCjpUMXh0



みほ「じゃあいくよお姉ちゃん、私たちのチカラでエリカさんを破壊するの!」ビィィンッ! 

みほ「これが本当のズプズプ作戦です!!」 

まほ(私今あんまりいらない気がするのだけど……) 

エリカ「う、うそよね……? そんなもので、私を……」 

みほ「うん? なぁんだ、もう分かってるんだね、そうだよ? 今からエリカさんを犯すんだよ?」 

エリカ「そんなの許されるワケ、あ、あ……」ガクガク 

みほ「怖い? 大丈夫。そんなの忘れちゃうくらいに、気持ちよくさせるからv」 

みほ「ふふ、私ね……この日を待ってたんだぁ……。エリカさんが私の目の前でベッドに倒れて脚を開いてるその姿」 

みほ「とっても可愛いよ。ふふ、エリカさん、エリカさん……v」クチュッ 

エリカ「い、あぁっv」 

みほ「ここがエリカさんの入り口、どう? 私の戦車棒あたってるの分かる? 分かるよね?v」 

エリカ「あ、いや……いや……やめっ、」 





24 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:21:37.20 ID:sCjpUMXh0



みほ「それでは……パンツァー・フォーv」ズププッ 

エリカ「んっ、んんんんんんんーーーーっvvv」ガクガクガクッ 

みほ「私の戦車棒、飲み込まれて……あぁぁぁっv エリカさんっvv」 

みほ「あはっv すごい、エリカさんのカラダ仰け反って……そんなによかった?」 

みほ「嬉しいな……でもそれだけじゃないの、エリカさんこっち見て、ほらこっち見てv」 

エリカ「んんっv 抜きなさいよ、これじゃあ本当に、えっちになっちゃうじゃないっ」キッ 

みほ「もうシちゃってるのにv うん、その顔とってもいいよv」ズプンッ 

エリカ「んっ、ああぁぁぁぁぁーーーーーーっvvv ひ、あ、いいぃぃっvvv」 

みほ「ああぁぁーーっv あっ、あんんっv もっと、もっと奥までぇぇっvv」ズプズプッ 

エリカ「ちょっと! アンタ、抜きなさ、んんんっv あ、い、くぅぅんっvv」 

みほ「もうすぐ、もうすぐだから、奥まで全部いれちゃうからぁぁっvv」ズプププッ 

エリカ「はっ、ひぃっv あ、あ゛あぁぁあ゛あぁぁーーーーーーっ!!」 

みほ「ここ? ここがエリカさんの一番奥なのかな?v あたったの分かった?v」コツンッ 

エリカ「知らないわよ! もう、抜いて、なんでこんなこと、んっv」 





25 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:22:45.48 ID:sCjpUMXh0



みほ「だからぁ、何度も言ってるのにv エリカさんが好きだから、欲しいからだよ?v」 

エリカ「それならもっと、普通のやり方で……」 

みほ「私は私の持てるチカラ全てを持ってエリカさんを墜とすから。そのうち私だけしか考えられなくなるv」 

エリカ「私は、負けないわ……! アンタなんかに、」 

みほ「それでこそエリカさんだよv でも大丈夫、もし墜ちちゃっても、ずっと愛してあげるからv」ニコッ ズプッ 

エリカ「ひゃぁぁぁっvv ちょっと、待っ、んんんーっvv」 

みほ「すごい声v エリカさん、どうしたの? もう抵抗はしないの?v」ズプンズプンッ 

エリカ「んっ、んっv あ、ふぁぁっvv」 

みほ「あっ、これっ、すごくぅっv きもちぃぃぃーーーっvvv」 

エリカ「あっあぁぁっvv はっあv んん゛ーーーっv」 

みほ「ふーっv はぁぁんっvv んっくぅぅぅんっvvv」ズポズポッ 

エリカ「はっv あ゛っv あっv おかしく、なっちゃ……んーっv」 

みほ「んっ……はっはぁぁっv どこ? どこが、んっv おかしくなるの?v」ズプンズプンッ 

エリカ「お……お……ソコ、だめぇぇーっvv んぁあぁぁーっvv」 

みほ「言わないと今までエリカさんが一人でシてきたことみんなにバラしちゃうよ?v」 

エリカ「なんで、そんな、んんんっv い、あひ、あんあんっvv」 

みほ「私はね、どんな手を使ってもエリカさんを手に入れたいのv」パチュッパチュッ 





26 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:23:59.17 ID:sCjpUMXh0



エリカ「お腹のナカぁっv えぐ、えぐられて、んんひぃぃぃぃいぃっvvvv」 

エリカ「ああぁぁっv い、いいいいぐぅっv いっくぅぅぅっv イっちゃうぅぅぅっvv」 

みほ「あ、ダメ……これ私、もう持たないかも……ね、全部ナカに出していいよね?」 

エリカ「ひぃっ!! ダメよ、それじゃあ妊娠しちゃうじゃない!!」 

みほ「エリカさん妊娠させたい!!v エリカさん、私の子を孕んでvv」 

エリカ「ダメよ、ダメよ!! それだけはゆるして、お願い、いやぁぁぁぁっv」 

みほ「一緒に……いこっv ちゃーんと全部エリカさんのおま○こに出してあげるからぁぁっvv」 

エリカ「……そんな、だって……んっああぁぁっvv 早くしないで、誰か助け、たいちょ、んんんっvv」 

みほ「エリカさんがそんなにぃっv 可愛いから、なんだよ……? ふふっv」ズパンズパンッ 

エリカ「あ゛あぁぁーーっv んんっv ああぁっvv もう、ダメぇっ!! ダメダメダメっv」 

みほ「イクよ、いーっぱい出すからね、エリカさんのおま○こに、私のせーしびゅーびゅー出しちゃうねっvv」 

エリカ「だめ、だめだめだめだめぇぇっvv だめよ! んんぁぁぁぁーーっvv」 

みほ「イク、いくいくいくぅぅっvv  でちゃう、でちゃ……v イッ……あ゛ーーーーーーっvv」ビュービュー 

エリカ「きちゃう……あ゛ぁ゛ぁーーーーーっvv あついの、きて、んっ、ん゛ん゛……v ん゛~~~vv」 

エリカ「私も、イくぅっv イヤなのに、いくいくっ! イっちゃ……イ゛っちゃう゛ぅぅぅぅぅぅーーーーv」ガクガクプシャー 





27 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:26:17.47 ID:sCjpUMXh0



みほ「んっ、ふ……はぁっ、はぁっ……ふふ、すごくよかったよ、エリカさんv」 

エリカ「……はぁーっ……はぁーっ……」ガクガク 

みほ「もう? 体力はあると思ったのに、こっちの体力は全然だねv でもまだ時間あるから早く起きて、」 

まほ「あの、私にもいい? みほ達のを見てただけで、もうこんなになっているの……」クチュッ 

まほ「みほ、助けて、どうにかして……v」 

みほ「仕方ないなぁ、お姉ちゃんv いいよ、エリカさんの隣に寝てね」 

まほ「んっ……あぁ、みほ……早く、早くv もうこんなに濡れているの」ドサッ 

みほ「じゃあ舌出して、うん、そうそうv んっ……んちゅっ、んん゛ーぅvv」 

まほ「ん、ちゅっ、ん、はぁ、はぁんっvv んっぅvv んっ、んっ……んっん、ちゅ……はぁ、はぁっv」 

みほ「あむっ……あむっ……んっ、んふぅっv んっぁ……んっvv ふふっ!」ズプンッ 

まほ「いいっv んぁあ゛あああ゛ぁぁぁーぁぁぁあ゛ああぁぁーーーーーあ゛あっvvvv」ガクガクンッ 





28 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:27:21.00 ID:sCjpUMXh0



まほ「そんなに急に、動いたら……ああぁぁぁぁっ! みほ、みほぉっv あぁんっvv」 

みほ「お姉ちゃん、おま○こ……んんんぁああっv すっごく熱いよぉっ?v」ズップンッ 

まほ「ひぃっv い、いま、一番奥まできて、んぁぁっv だめぇっv きもちいぃっvv 壊れちゃぅぅv」 

みほ「私も、私も気持ち良すぎてぇっv おかしくな、あぁぁぁっv んっ、ぁああぁっv」ズチュズチュズチュ 

まほ「みほの、おっきな戦車棒で、私のキューポラ、堕としにきてるぅぅっvv」 

みほ「ふふっv お姉ちゃんの、おま○この、ひだひだが、ああぁっv 絡み付いて、んゃあぁぁっvv」 

まほ「あぁぁっv みほ、みほぉっv っv すき、すきぃっvv」 

みほ「私もぉっv 私もだいすきぃっv 好きだよお姉ちゃぁぁんっv んっ、はぁんっv」モミモミ カプカプ 

まほ「やぁぁっvv おま○こしながら、胸揉んじゃ、あぁぁああぁあぁあぁっvv 噛んじゃだめよぉぉっvv」 

みほ「このおっぱい、堪らない、こんなに引き締まってるカラダなのに、ズルイぃv」 





29 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:28:11.83 ID:sCjpUMXh0



まほ「みほ、どうしよう、気持ちよすぎておかしくなるぅぅうううっvv あんっあんっぅvv」 

みほ「んっ、はぁんっv お姉ちゃんなんかあの頃からずっとおかしくなってるのにぃっvvv ほら、降りてきてるよv」 

まほ「隊長の私の子宮にちゅっちゅってしたら、私もういくいく! いくわぁぁっv」 

みほ「そっかぁ……イっちゃえ、お姉ちゃんv」ズプズプズプッ 

まほ「あ、あ゛あぁぁぁあ゛あ゛ああぁぁぁぁあああーーーvvv もうだめぇっ落ちるぅうぅっvvv」 

みほ「あ゛っあっあん゛っんんっああああぁぁぁぁーーーvvv 私もぉっv も、ダメぇぇっv」ズチュンズチュンズチュンッ 

まほ「わぁぁああぁっv だめええええっv そんなすごいのシたらダメっぇえええええv こわれちゃあぁあvv」 

まほ「こんなの、耐えられるワケないわっ! んっんっあああんぁぁっv いい、すごく、いいわぁぁv」 

みほ「じゃあね、お姉ちゃんv すきv 好き好き、お姉ちゃん好きv」ドチュドチュドチュッ! 

まほ「あ、か…はっ…今、すごいの来ちゃってた、うそうそ…うそ、いぐぅうううううううぅっvv」プシャアアアアアアアアア 

みほ「あ、くるくるくるぅっv でる、でちゃうよぉ、でちゃうぅぅっv ああぁぁいくぅううぅううぅうぅぅっv」ビュービュー 

みほ「ふぅ……はい、どーぞv」 

まほ「あっへえええええええええええええええええええええええええええーーーーーー!!!」V V ダブルピース!! 





30 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:28:49.83 ID:sCjpUMXh0



まほ「……あ、あへぇ……」ピクピク 

みほ「あはっ、お姉ちゃん? お姉ちゃん? 失神しちゃった。ちょっとやりすぎちゃったかなv」 

みほ「お姉ちゃんはすぐイクんだから、少し手加減しないとね……v」クスッ 

みほ「んー、これで終わりでもいいんだけどぉ……」チラッ 

エリカ「っ!!」ギクッ 

みほ「どう? 少しは回復した?」 

エリカ「いや、もうゆるして……ちょ、っとぉっ! ゆ、ゆるさないわよ、西住みほ!!」 

みほ「はいはい、足広げて。まだ分からないようだし、また教えてあげるからね……v」クスッ 

みほ「そして腕を掴んで、と……」ガシッ 

エリカ「いやよ、こんな格好!!」 

みほ「ふふっ、ガシガシ作戦です!v」ズプズプズプッ 





31 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:29:58.10 ID:sCjpUMXh0



エリカ「ひっ……! ま、また……せっくすして……あ、ああぁ……だめ、だめぇぇぇ……v」 

みほ「さっき出したせーしとエリカさんの愛液でぐちゅぐちゅだねーv 愛し合った証拠だよねっv」 

エリカ「あぅうぅうう、おま○こかき混ぜられてぇ……もう、おねがい、やめて、私が悪かったから、」 

みほ「聞こえないなぁvvv エリカさん、私だけのエリカさんっ、あ、はふぅっvv」ドチュドチュドチュッ 

エリカ「ひぃぃぃっ! あ゛ああ゛ぁぁぁぁっぁーーーーーーっvvv」ビクビクビクンッ 

エリカ「さっき、イっだぁぁーーーっv イったのぉぉぉぉぉっvv イ、イったのにぃぃっvv」 

みほ「もーっと、スゴイのが見たいのvv ねっ、エリカさんっ!!v」ズプンッ! 

エリカ「本当に、もう……無理よ、これ以上されたらおかしくなる、おかしくなるからぁぁっvv」 

みほ「そうなったら、一生私がえっちな面倒見てあげるって言ってるのにvv」ジュプジュポッ 

エリカ「んっv ああぁぁああぁーーっvv きもち、いっ……あんっ、あ、ああぁんっvv」 

エリカ「だめなのに、本当におま○こ壊れちゃう、のにぃぃっv おかしくなるぅv おかしくっぅううvv」 

みほ「いいんだよ? おかしくなってもv むしろ……おかしくさせちゃうから……ねっ!v」ズプズプッ!! 

エリカ「あ゛あ゛ああーーーーーっvv そ、そんな奥、だめ、だめ……よ……v」 

みほ「もうね、腰、止まらないのv ごめんね、エリカさんvv」ジュプジュプンッ 

エリカ「んんぁぁぁぁあああああああーーーっv もうダメだって、言ってるのに、聞きなさいよ、んんんーっvv」 

エリカ「ダメええええだめええええええーーーー!! 抜いでっ、抜きなさい゛よぉぉぉお゛おっvvv」ガクガクッ 

エリカ「いくっ、私イっぢゃぅう゛うぅっvv ダメなのにぃぃvv あ゛あぁああぁぁぁぁっvv」ガクガクプシャー 





32 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:31:11.48 ID:sCjpUMXh0



みほ「あはっv 勝手にイっちゃうなんて、悪い子にはオシオキv」バチュバチュッ 

エリカ「あ゛ーーーっ!v も゛ぉーイ゛っだのに゛ぃぃーーーvv やめ、でよぉ゛ぉぉーーーーvv」ガクガクッ 

みほ「わぁ、エリカさんったら……んっ!v すっごい顔してる……もっとシたくなっちゃったぁっ!!」ズパンッズパンッ 

エリカ「んっ、んっ! もう、だめだよ……とんじゃう、とんじゃうぅぅーーーーっvv」 

みほ「エリカさん……落ちちゃえv」ジュプッ! ズパンッズパンッズパンッ 

エリカ「あ、あ、あ……v ……ん゛ん゛ぁああ゛ぁああ゛あぁあ゛ああぁぁぁーーっっvvv」ガクガクガク 

みほ「あはっv エリカさん、壊れちゃったかな?v んっんっんんっvv」ズプズプッ 

エリカ「もう好きにしてよ、アンタの好きにしなさい、してよぉぉおっvvv」 

みほ「ふふっv うんっv うんっvv エリカさん、エリカさんのおま○こきもちぃぃよぉぉぉっvv」 

エリカ「わた、私もぉーーっv アンタの戦車棒で私のおま○こずんずんってされるの、気持ちいいのぉぉvv」 

みほ「んっんぁああぁっv あはっ、何かコツンって当たって……vv」 

エリカ「だめ、だめぇっv 子宮口におちん○んでチュッてキスするのダメよ、それはダメぇぇっvv」 

みほ「やっぱりそうだったんだねーv あはっ、好きなんだね? それなら、いっぱいトントンってノックしてあげるv」 

エリカ「あ゛ーーーーーーーーーーーーーーーっっっvvvv んっ、いぃぃぃっvvv」 

みほ「あはっv エリカさんったらヨダレ垂らして……本当に犬みたいっvv あ、はぁぁっv」 

エリカ「もう何でもいいわよぉっv 今だけは、おま○こもっとシてぇぇーっvv」 

みほ「すごいっv エリカさんのおま○こ私のせーし欲しがってる!v」ズプッジュプジュプッ 

エリカ「もう好きにシていいって言ったでしょぉっv 私のおま○こにびゅーびゅーってせーし出していいからぁぁぁっvv」 





33 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:32:27.17 ID:sCjpUMXh0



エリカ「アンタのせーしで、とぷとぷって子宮の中満たしてよぉぉっvv」 

みほ「うん、私のせーし、びゅーびゅーって全部出してあげるからv 覚悟してね?v」 

エリカ「うんっv うんっvv 思いっきり交尾して、イキたいのよぉぉっvv」キュンキュンッ 

みほ「ふふ……v じゃあ、脚で私のカラダ固定してね?v そうそう、せーし一滴も零さないでね?v」 

エリカ「うん……ぁ、くるっ、きちゃうぅ! 私、またイクイクイク! いっちゃ、いっちゃうぅ!!!vvv」 

みほ「あ゛ーっ、私もイ゛ぐぅぅーーっvv エリカぁぁぁーんっvv だいすき、すきすきすきすきぃぃっvv」 

みほ「キスして、キスしてぇっv んっあむっんっんんんんっv んちゅっんんっvv」 

エリカ「んんっ!? んっ、んっんんんんっv んっんんっvvvv ぷぁっ……vv」 

みほ「エリカさんv すき、だいすきぃっvv いぐっv イ゛っち゛ゃうぅぅぅぅぅぅーーっv」ビュービュー 

エリカ「みほ、みほぉっv んっv いくっv ぁ、あ゛あ゛ぁぁぁあぁぁーーーーっvv」ガクガクプシャー 





34 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:33:21.37 ID:sCjpUMXh0



みほ「あはっv エリカさん、げっと~v」 

エリカ「あ、か……はっ……」ピクピク 

みほ「さぁ、もっとイっていいよv エリカさん、大好きv」クリ ギュゥッ 

エリカ「アッヘえええええええええええええええーーーーー!!!!!!!」VV ダブルピース!! 

みほ「ふぅ、ここを攻略したら、後はウイニングランかなぁ」 

みほ「私、転校するね。それで、全ての戦車道がある高校を手中に収めるの」 

エリカ「アンタ、いったい何を……」ピクピク 

みほ「時がきたら、教えてあげるv ……じゃあ、行くね」 

みほ「ごめんなさいエリカさん。さようなら逸見さん」 

エリカ「ちょっ! ちょっと待ちなさいよ! そのタイトルは別なところでもう使ったでしょ!? 真面目なヤツで!」 

みほ「あぁ、そうだったっけ」 

エリカ「そうだったっけ、じゃないわよ! ここで↓使ってるじゃない!!」 
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6527886 

みほ「そうだった」 

エリカ「そうだった、でもないわよ! もう、アンタは、」 

みほ「フフッ……、また会う日まで……v」チュッ 

エリカ「……っ!!」トゥンクトゥンク  





35 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:34:24.99 ID:sCjpUMXh0



みほ「あ、そうそう。私がいない間、独りで頑張ってね、催眠オ○ニー大好きエリカさんv」 

みほ「それまで元気でいられるかな? でも催眠音声があれば催眠カウントオ○ニーができる! ご唱和ください!」 

エリカ「いやぁっ! もうイキたくない、やめて、数えないでよ!!」 

みほ「ふと思ったの。今私とえっちしたエリカさんが私の声だけでイケるかどうか、試したいなってv」 

エリカ「いや、ちょっと待って、ねぇ、」 

みほ「7」 

エリカ「やめてって、言ってるでしょ!」 

みほ「8」 

エリカ「ダメよ、本当にもうこれ以上はダメなんだから、」 

みほ「9……」 

エリカ「分かった、分かったわよ! 生意気言わないから!! アンタの奴隷でいいから、今はもう、」 

みほ「そっかぁ、嬉しいなv ……じゅうv」 

エリカ「アッヘぇぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」ガクガクプシャー 

みほ「大好き……私の可愛い可愛いエリカさんv」ナデナデ 

エリカ「あへぇ……」ピクピク 





36 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:35:21.18 ID:sCjpUMXh0



大洗女子学園 みほの部屋 

みほ「ということがあったの」 

優花里「なるほどぉ~。では黒森峰に入るころにはもうこんなことをしてたんですねえ。いつからこんなことを?」 

みほ「んー、ずっと前。本格的にはじめたのは……あの3人を……」 

優花里「どなたなんです?」 

みほ「あはは、ごめんね、これはまた今度かな」 

優花里「そうですかあ、残念ですう。……あっ、次はどうするんです? 強豪校のアヘ顔は蒐集ほぼ終わりましたがぁ」 

みほ「んー、なんか大学の人と戦いそうなんだよね」 

優花里「西住殿……何を言ってるのでしょうか……私にはさっぱり……」 

みほ「ごめんごめん、台本に……じゃなかった、まぁそんな気がするだけ」 

優花里「えーっとぉ、大学とではないですが次はエキシビジョンマッチがあるそうですよ」 

みほ「フフフ……あは、アハハハハハハハハ!!」 

優花里「西住殿ぉっ!?」 

みほ「私は、まだ止まるワケにはいかないから……」クスッ 





テテテテンッ デデデンッ!           つづく 






37 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/05/12(木) 22:36:07.96 ID:sCjpUMXh0



オワリナンダナ 
読んでくれた方、ありがとうございました。 

次回は4月25日か26日22時より作戦開始です。 
皆伝落ちました。灼熱が越えられません。 

某まとめサイト様、並びに各所でコメントくださる方、いつもありがとうございます。 
それでは、また。 

ストパンT.V.Aアルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ 









他のおすすめSS
 
 
 
 
 
ノンナ『カチューシャはいつも可愛いですね』カチューシャ「日本語で話なさいよ!!」 
【ガルパン】みほ「戦車道のない生活」 
【ガルパンSS】西住隊長は天才だから!凡人の気持ちなんてわかるわけがないですよ! 
西住みほ不可侵条約! 
ミカ「やあ、お帰り」 まほ「…何故ここにいる」