転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394027574/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 22:52:54 ID:hlRCB91c

ストパンSSです
初なんでお手柔らかにお願いします
あとかなり短いと思います



エイラ「どうしよう…」


エイラ「よりにもよってサーニャ夜間哨戒休みで寝てるし…」


サーニャ「んん…」


エイラ「」ビクッ


サーニャ「…」ムニャムニャ


エイラ「ふぅ…一瞬起きたかと思ったんダナ」


エイラ「とにかく、この濡れた布団とズボンをなんとかしないと...」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 22:54:19 ID:hlRCB91c

物干し場



エイラ「ここに干して...」


芳佳「あれ、エイラさん?こんなところで何してるんですか?」


エイラ「」ギクッ


エイラ「よ、よぉ宮藤。たまには自分のものは自分で洗濯しようと思ってナ」


芳佳「私に言ってくれればやっておきますよ!」


エイラ「!!い、いや、大丈夫だ。宮藤は自分の仕事に専念してクレ」


芳佳「そうですか…」シュン



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 22:55:43 ID:hlRCB91c

芳佳「じゃあ私は皆さんの洗濯物を干すんで」


エイラ「なっ…ここでか?」


芳佳「??他にどこで干すんですか?」


エイラ「え?いや、アハハ...」


芳佳「...?」


ヨシカチャーン!


芳佳「あ、リーネちゃんも来たみたい」


エイラ(げっ…リーネまで来るのかよ!)


リーネ「はぁ...はぁ…ごめん芳佳ちゃん。遅くなっちゃった。…ってエイラさんもどうしてここに?」


芳佳「エイラさんは自分の洗濯物を干しにきたんだよ!」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 22:57:42 ID:hlRCB91c

リーネ「そうなんだ…良ければ私、干しておきますよ?」

エイラ「い、いや!だからいいって...」

リーネ「そう…ですか...」シュン

エイラ(どんだけ洗濯したがるんだよコイツらは...)

エイラ「てかお前ら朝食当番じゃなかったのカ?」

芳佳「いえ、今日の朝食当番はシャーリーさんとルッキーニちゃんです」

エイラ「そうか...」

エイラ(なんだってこんな日に限って…クソッ)

エイラ「あぁ!そういえばこれからやらなきゃいけないことがあるんだっタ!じゃあな」

芳佳「えっ洗濯は!?」



アーメガフッテモキーニシーナイー🎵



リーネ「いや、雨が降ったら洗濯物が乾かない……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 22:58:40 ID:hlRCB91c

廊下



エイラ(危ない危ない…危うく宮藤たちにバレるところだった…)


エイラ(ばれないように布団にくるまりながら歩こう)


バルクホルン「誰だ!?」


エイラ「」ビクッ


バルクホルン「なんだ、エイラか。布団を全身に纏っていたから誰だかわからなかった」


エイラ「そ、そうか。それはすまなかったな…んじゃ」


バルクホルン「待て」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:00:41 ID:hlRCB91c

エイラ「…な、何だよ」


バルクホルン「何だよ、じゃない。上官に会って挨拶もなしか?というより、なんだその恰好は!?なんかのサナギかお前は」


エイラ「い、いやぁ…ちょっと熱っぽくてさ……寒気もするんだ」


エイラ(うえぇ…とっさに嘘ついちゃったよ…どうしよう)


バルクホルン「なに!?それは大変だ!ちょっとでこを貸してみろ」ピタッ


エイラ「え、ちょっ…」


エイラ(顔が…近い!///)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:01:46 ID:hlRCB91c

バルクホルン「ふむぅ…確かに少し熱があるようだ」


エイラ「」カァァァ///


バルクホルン「今日は念の為自室で休養をとること。あとで宮藤にエイラを診てもらうように頼んでおく」


エイラ「ふぇ!?ち、ちが…っ」


バルクホルン「ん?あぁミーナや少佐には私から伝えておくよ。お前が心配することは何もない」


バルクホルン「だから今日はゆっくり休め。これは命令だ」


エイラ「あうぅ……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:02:54 ID:hlRCB91c

エイラーニャ部屋



バルクホルン「あとで何か消化にいいものを持って来てやる。じゃあな」


バタン!


フフ…イモウトヲカンビョウスルアネカ…ナカナカイイモダナ


エイラ「……」


エイラ(本格的にどうしよう)


サーニャ「……エイラ?」


エイラ「!!さ、サーニャ…起きてたのカ」


サーニャ「何言ってるの?もう起床時間よ、エイラ」クスッ


エイラ「そ、そうだったな…」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:04:08 ID:hlRCB91c

サーニャ「......」


エイラ「……」


サーニャ「ねぇ、エイラ」


エイラ「な、なんだサーニャ」




サーニャ「……何か隠してない?」


エイラ「!!」ギックゥッ


サーニャ「その布団…見せて?」


エイラ「い、嫌だ!」


サーニャ「…...」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:05:15 ID:hlRCB91c

エイラ「......」


サーニャ「……先日、バルクホルンさんが怒っていたわ」


サーニャ「私のフカイシモを食べたのは誰だ!って」


エイラ「」ビクッ


サーニャ「結局犯人はわからず仕舞いでその事件は迷宮入りしたんだけど……私、見たの」


サーニャ「大尉のイモをおいしそうに食べる人物を…」


エイラ「」ガクブル


サーニャ「エイラ、その布団…見せて?」


エイラ「……ハイ」


エイラ(サーニャが怖い...)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:06:27 ID:hlRCB91c



ビッショリ!



サーニャ「これは…何?」


エイラ「うぅ…」


サーニャ「エイラ…その年でおねしょしたの?」


エイラ「」


エイラ(もう死にたいんダナ...)


サーニャ「はぁ…エイラ?」


エイラ「…ハイ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:08:51 ID:hlRCB91c

サーニャ「今晩からおむつにする?」ニコッ


エイラ「いやだぁ……」ウルウル


サーニャ(ふふ…涙目のエイラ可愛い…)ゾクゾク


サーニャ「とにかく、このおねしょ布団とズボンをなんとかしないと…」


エイラ「ど、どうしよう...」


サーニャ(困り果ててるエイラ、超可愛い)


サーニャ「人が来る前に隠ぺいしないと…」ワクワク



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:10:29 ID:hlRCB91c

エイラ「…サーニャ、ひょっとして楽しんでないか?」


サーニャ「...」


サーニャ「そんなことないわ」キリッ


エイラ「なに今の間!」


サーニャ「そんなことより早く処理したいんでしょ?」


エイラ「あ、あぁ…でないと空気の読めない誰かさんが急に入っt…」

バタン!!

芳佳「エイラさん、大丈夫ですか!?」


サーニャ「あ...」


エイラ「」


サーニャ(エイラ…つくづく不幸ね…)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:13:51 ID:hlRCB91c

バルクホルン「全く…あきれて物も言えないとはこのことだ!」

坂本「まぁまぁ。エイラも無事なんだしいいじゃないか」

サーニャ・芳佳(精神的には瀕死状態なんですが……)

エイラ「」チーン…

ミーナ「そうね。誰だっておもらしくらいしたことあるだろうし…」

バルクホルン「ミーナまで!確かにおもらししたことは恥ずべきことかもしれんが、それを隠すために仮病を使うなど軍人としてあるまじき行為だ!
いや、軍人でなくともダメだろう」

ミーナ「トゥルーデ、その辺に…」

エイラ「ぐすっ……ふえぇぇ…えぐっ」

バルクホルン「あ...」

坂本「とにかく、この件は他言無用だ。エイラの威信に関わるからな」

サーニャ・芳佳・バルク「了解!」





エーリカ「………」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:16:32 ID:hlRCB91c

次の日・食堂



エイラ「おはよう」


シャーリー「お、エイラ。今日はおねしょ大丈夫なのか」


エイラ「え…」


ルッキーニ「うじゅ~大丈夫なの?」


エイラ「」


ペリーヌ「ちょ、ちょっとシャーリー大尉、ルッキーニさん!?そのような話は…」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:17:40 ID:hlRCB91c

エイラ「……ダヨ」


ルッキーニ「うじゅ?」


エイラ「なんダヨ!みんなで私を馬鹿にして!」


エイラ「みんな大っ嫌いダ!!」ダッダッ


シャーリー「ちょっと待てよ」ガシッ


エイラ「離せよ!大尉なんて…大尉なんて...」


ペリーヌ「どうしましょう…どうしましょう...」アセアセ


シャーリー「勘違いすんなよ。私は別にお前を馬鹿にしちゃあいない」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:19:11 ID:hlRCB91c

エイラ「……」


シャーリー「私はお前が心配なんだ」


エイラ「え...?」


シャーリー「まず、その話を私に言ったのはハルトマンだ」


エイラ「中尉が?」


シャーリー「あぁ。でもそれはお前を貶すためでもなければ辱めるためでもない。
あることを心配してのことだ」


シャーリー「おもらし…夜尿症といったかな。それは大人には滅多に起こらない。
しかし起きるとしたら、ある一つの原因が思い浮かぶんだ」


エイラ「な、なんだよそれ…」


シャーリー「ストレスだ」


エイラ「…ストレス」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:20:49 ID:hlRCB91c

シャーリー「あぁ。ハルトマンと一緒に調べてたら、資料がたまたま見つかったんだよ」


ルッキーニ「そうそう。ハルトマン中尉とシャーリー、ホント頑張って調べてたよねっ。
中尉なんか珍しく真剣な顔してたもん」


エーリカ「その言い方じゃ、私は常にぽけーとしてるみたいじゃん」


ルッキーニ「うげっ!?中尉、いつの間に...」


エーリカ「トイレに行くために起きただけだよ。じゃあね」テクテク…


オッ,ハルトマン!メズラシイジャナイカ!
ゲッ,トゥルーデ⁉
ゲッ,トハナンダ!


シャーリー「ははは…あいつも素直じゃないなぁ」


ルッキーニ「だねぇ~」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:22:16 ID:hlRCB91c

シャーリー「とにかく私が言いたいのは、悩みとかがあるなら誰かに相談しろ。
なんなら私でもいい。一人で抱え込むなよ」

エイラ「......」グスン

エイラ「あぁ、ありがとう、シャーリー!ルッキーニも!」ニカッ

ルッキーニ「えへへ~っ」

シャーリー「私たちだけじゃなく他のメンバーにも礼言っとけよ?
みんな心配してたんだからさ」

エイラ「あぁ!」

エイラ「ペリーヌ、ありがとうな。そんで心配かけた」

ペリーヌ「ふぇ!?わ、わたくしは、別に…」カオマッカ

エイラ「にしし」






サーニャ「......」

サーニャ(どうしてこうなったの…?)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:23:35 ID:hlRCB91c

一昨日夜



サーニャ(今日は久しぶりに夜間哨戒がないからエイラとの時間が増えるわ///)


サーニャ「エイラ…起きてる?」


エイラ「すー…」バクスイ


サーニャ「」



サーニャ「ふ、ふふふ…エイラったら。寝たふりなんて意地悪なんだから」クスッ


サーニャ「ねぇ、エイラ…起きてるんでしょ?」ユサユサ


エイラ「ムニャムニャ…モウタベレナインダナ…」


サーニャ「寝てる…」ガーン



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:24:48 ID:hlRCB91c

サーニャ「......」


サーニャ「ふふ…わかったわ、エイラ。そっちがその気なら私にも考えがあるわ」


サーニャ「エイラの体を隅々までいじっちゃうんだから…」





サーニャ「」ムニッ


エイラ「ん…」


サーニャ「」モミモミモミ


サーニャ(エイラの…すごく柔らかい…///)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:26:13 ID:hlRCB91c

エイラ「うーん…」


サーニャ「」ビクッ


エイラ「すー…」


サーニャ「」ホッ


サーニャ(びっくりした…でも起きる気配はないし、次は…)



サーニャ「よし、脱がそう」



プチップチッ シュルシュル バサッ


サーニャ「…ッ///」


サーニャ(エイラ…なんて綺麗なの...)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:27:12 ID:hlRCB91c

サーニャ(さらさらの髪…)


サーニャ(ちょうどいいくらいの大きさと張りのある胸...)モミモミ


エイラ「んぁ…」


サーニャ(すべすべで綺麗な肢体…)ペロペロ


エイラ「んん…はぁ、うぅ…」


サーニャ(そして割れ目…)サワサワ


エイラ「や、ぁ…はぅ……」ビクンッ


サーニャ(愛しい…エイラの全てが愛しい…)


サーニャ「はぁ…はぁ...」


サーニャ「ごめんね、エイラ…私、我慢できないの…」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:28:29 ID:hlRCB91c

30分後



エイラ「うぅ…はぁ、っ…んん…///」


サーニャ「ふふ…エイラ、私の指で感じてくれているのね…?
エイラのココ、もうトロトロよ?///」


エイラ「あ、あぁ…イク…ッ///」プシャ-


サーニャ「きゃっ」ベトベト


サーニャ「んもう…エイラったら///」


サーニャ「今度は一緒に気持ちよくなろう?」カイアワセ


アンアンッ エイラッキモチイイヨ
ハァハァ
イクッ プシャー



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:30:07 ID:hlRCB91c

回想終わり



サーニャ「......」


サーニャ「そう、あれから何回戦もシた私たちは、そのまま後始末を忘れて寝落ち…」


サーニャ(てかあれだけ乱れて起きないエイラもすごいわ…)


サーニャ「大量の愛液やおしっこは主にエイラのズボンとその周辺の布団へ
滴り落ちたまま放置した……」


サーニャ「これがこのエイラおもらし事件の真相…」キリッ


サーニャ「ついさっきまですっかり忘れてて慌てて来てみたら……」


サーニャ「......」


サーニャ「問題なさそうね」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:31:08 ID:hlRCB91c

翌朝



サーニャ「ふあぁ~…」


サーニャ「…ん?」



エイラサン,マタオモラシシタンデスカ?
チガウンダコレハ…
エイラ,オムツカッテコヨウカ?
ムリダナ


サーニャ「ふふ...」ツヤツヤ



終わり



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:33:49 ID:hlRCB91c

とりあえずやっと終わった・・・
見てくれた人いたかわかんないけど、
こんな駄文にお付き合いいただきありがとうございます
もっと発想力と文章力がほしいな


最後に
エイラーニャ大好きです



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:44:04 ID:Jjpam.NE

乙乙
サーニャひどすぎぃ!






他のおすすめSS