転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391332635/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 18:17:15.03 ID:tmdky39o0

サーニャ「あっ・・・んん、あぁんっ///」


エイラ「サーニャがあんなことするなんて///」コウフンスルンダナ


サーニャ「んっ、ふぅ・・・いやぁ///」


エイラ「うぅ~・・・なんだか私も変な気分になってきたんダナ」


サーニャ「エイラぁ・・・エイラぁ・・・」


エイラ「!?」


エイラ「今私の名前読んで・・・?」




的なのをお願いします



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 18:34:18.79 ID:tmdky39o0

ガタッ

サーニャ「誰・・・!?」


エイラ「わ、私なんダナ」


サーニャ「エイラ・・・」


エイラ(サーニャのアソコ・・・すごい濡れてる///)


サーニャ「・・・見たの?」


エイラ「えっ・・・そ、それは///」


サーニャ「見たのね・・・エイラのエッチ///」


エイラ「あぅ・・・」



誰か・・・誰かお願いするんダナー



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 18:41:51.95 ID:tmdky39o0

サーニャ「・・・」


エイラ「・・・」


エイラ(うぅ・・・沈黙が辛いゾ)


サーニャ「・・・エイラ」


エイラ「うぇ!?な、なんダサーニャ」


サーニャ「エイラは・・・しないの?」


エイラ「な、なにを」


サーニャ「さっき私がしてたこと」


エイラ「・・・してない」


サーニャ「そう・・・」シュン



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 18:48:54.92 ID:tmdky39o0

サーニャ「・・・エイラは」


エイラ「?」


サーニャ「あんな私・・・嫌よね」


サーニャ「汚らわしいと思ってるでしょ・・・?」


エイラ「そ、そんなこと・・・!!」


サーニャ「エイラは優しいから・・・」


エイラ「サーニャ・・・」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 18:56:36.31 ID:tmdky39o0

サーニャ「私はエイラを裏切っってしまったの」 


サーニャ「エイラは純粋に私のことを思ってくれてるのに」 


サーニャ「私は・・・そんなあなたを好きになってしまったの!!」 



サーニャ「女の子同士なのに・・・」 


エイラ「サーニャ!!」ダキシメー 


サーニャ「!?///エイラ・・・?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:05:21.04 ID:tmdky39o0

エイラ「私も・・・サーニャのことが好きダ!!」 


エイラ「ずっとずっと、サーニャのことだけを思ってた」 


エイラ「確かにさっきのを見た時はびっくりしたケド・・・」 


エイラ「初めてあんなサーニャを見て・・・より愛おしく思ったゾ!」 


エイラ「それに、まぁ・・・正直興奮したんダナ」 


サーニャ「エイラ・・・嬉しい」チュッ 


エイラ「んっ・・・」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:13:11.65 ID:tmdky39o0

サーニャ「んん・・・はぁっ、ふぅ・・・」 


エイラ「はぅ・・・んっ、ぷはぁ・・・さ、サーニャ!?///」 


サーニャ「ふふ・・・エイラ、顔が真っ赤よ?」 


エイラ「~~~///そういうサーニャも・・・ここがヌルヌルなんダナ」ネチョー 


サーニャ「っ///それはさっき・・・」 


エイラ「さっき、なに・・・?」ニヤッ 


サーニャ「はぅ・・・///」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:21:23.41 ID:tmdky39o0

エイラ「照れるサーニャ可愛い・・・」 


サーニャ「もぅ・・・エイラなんて知らないっ」 


エイラ「・・・えいっ」ズボッ 


サーニャ「ひゃあぁぁぁ!!///」 


エイラ「おぉ・・・すんなり指が入ったゾ・・・」 


サーニャ「え、エイラぁ・・・や、やめてぇ///」 


エイラ「ご、ごめん・・・痛かったカ?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:29:14.23 ID:tmdky39o0

サーニャ「ううん・・・そうじゃないわ///」ハァハァ 


エイラ「そ、そうカ・・・よかった」ホッ 


サーニャ「・・・」 


エイラ「ん、どうしたサーニャ」 


サーニャ「・・・・・・・不公平だわ」 


エイラ「え?」 


サーニャ「私だけ恥ずかしい思いをしているわ」 


サーニャ「私もエイラを可愛がりたい」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:36:13.51 ID:tmdky39o0

エイラ「えっ、いや・・・私はいi」 


サーニャ「脱いで、今すぐ」 


エイラ「」 


エイラ「い、いや!私は本当にいいんダナ・・・」 


サーニャ「ダメよエイラ。観念して」 


エイラ「うぅ~・・・///」ヌギヌギ 


サーニャ「エイラ・・・綺麗///」 


サーニャ「・・・あら?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:45:12.71 ID:tmdky39o0

サーニャ「エイラのここ、もうこんなに濡れてるわ」ヌルヌル 


エイラ「っ触っちゃ・・・あぁ・・・っ///」 


サーニャ「ふふ・・・人にはあんないじわるなこと言って」 


サーニャ「実はエイラのほうがエッチだったのね」クスクス 


エイラ「そ、そんなことないんダナ・・・///」 


サーニャ「そう・・・ならここはなんでこんなに濡れてるのかしら?」ヌチョヌチョ 


エイラ「くっ・・・うぅ、あぁぁん///」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:50:41.13 ID:tmdky39o0

サーニャ「エイラ、見て。エイラのえっちな液で私の指がヌルヌルよ」 


エイラ「ハァ・・・ハァ・・・そ、そんなの見せないで///」 


サーニャ「なめて」 


エイラ「え?」 


サーニャ「なめてって言ったの」 


エイラ(サーニャがS・・・だと・・・) 


サーニャ「ほら・・・なめて?」 


エイラ「・・・はい」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 19:58:26.67 ID:tmdky39o0

エイラ「」ペロペロ 


サーニャ「ふふ・・・エイラ、犬みたい」 


エイラ「うぅ・・・///」 


サーニャ「どう?自分のえっちな液の味・・・おいしい?」 


エイラ「・・・わからないんダナ」ハァハァ/// 


サーニャ「クスッ・・・自分のえっちな液なめて興奮するなんて」 


サーニャ「困った変態さんね」 


エイラ「サーニャだって・・・かなり濡れてるじゃないカ・・・」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:05:10.45 ID:tmdky39o0

サーニャ「あら・・・犬のくせに私に反抗するの?」 


エイラ「そ、そんなつもりじゃ・・・」アセアセ 


サーニャ「ふふ・・・そんなダメ犬にはお仕置きしないと」 


エイラ「え・・・?」 


サーニャ「エイラ、こっちにきて座って?」 


エイラ「あ、あぁ・・・って、この位置は・・・///」 


エイラ(サーニャのあそこが目と鼻の先に///)



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:12:20.00 ID:tmdky39o0

エイラ(サーニャのあそこ・・・すごくきれいなんダナ) 


サーニャ「主人の汚れた場所を綺麗にするのも、犬の役目だと思うの」 


エイラ「・・・ない」 


サーニャ「え?」 


エイラ「汚くないっていったんだゾ!」 


エイラ「サーニャのここ、すごくきれいなんダナ」 



サーニャ「ふぇ!?そ、そんなこと・・・ない、わ///」 


サーニャ「もぅ・・・変なこといわないで」 


エイラ(可愛い・・・)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:19:50.89 ID:tmdky39o0

サーニャ「こほん・・・エイラ、罰としてここをきれいにして」 


エイラ(むしろご褒美なんダナー) 


エイラ「」ピチャピチャ 


サーニャ「」ビクッ 


サーニャ(な、なに今の・・・体中に電流が走ったみたい///) 


エイラ「サーニャ・・・サーニャぁ・・・」 


サーニャ「ふふ・・・そんなにんんっ・・・一心不乱に貪って、はあぁん///ほ、本当に犬みたい・・・あっ、んはぁ///



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:29:56.23 ID:tmdky39o0

エイラ(うわぁ・・・いっぱいえっちな液が出てくる) 


エイラ(サーニャが気持ちよくなってくれたら私もうれしいゾ!) 


エイラ「」ピチャピチャ…ズチュッ 


サーニャ「ああぁぁんっ///」 


サーニャ「だ、だめぇ・・・っし、舌を中にぃんんっ・・・入れないでぇぇ///」 


サーニャ「っ謝るから・・・エイラを、んふぁ///い、犬扱いしたこと、謝るからぁぁっ///」 


エイラ「わかった」 


サーニャ「はぁ・・・はぁ・・・どうして、やめて・・・」 


エイラ「どうしてって・・・サーニャがやめてっていうから」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:34:42.14 ID:tmdky39o0

サーニャ「そんな・・・」 


エイラ「んじゃ、そろそろ寝るカ」 


サーニャ「ま、待って///」 


エイラ「ん、なんダ」 


サーニャ「あの・・・続き、しよ・・・?」 


エイラ「でもやめてっていってたダロー」 


サーニャ「あ、あれは・・・違うの。・・・っとにかくお願い、エイラ・・・」 


エイラ「どーしよっかな~」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:39:56.89 ID:tmdky39o0

エイラ「さっき私のこと犬とか変態とかいってたしナ~」 


サーニャ「ごめんなさい・・・」 


エイラ「どうしてもシてほしいカ?」 


サーニャ「あんなとこで止められて・・・我慢できるはずがないわ///」 


エイラ「んー・・・そうダナ、シてもいいケド」 


エイラ「それなりのおねだりの仕方が・・・あるんじゃないカ?」 


サーニャ「・・・変態///」 


エイラ「サーニャもナ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:43:35.50 ID:tmdky39o0

サーニャ「・・・てください」 


エイラ「ん~?全っっ然聞こえないんダナー」 


サーニャ「っ///わ、私のお・・・m・・・・てください」 


エイラ「寝るゾー」 


サーニャ「待って!待って!・・・ちゃんと、いうから・・・」 


エイラ「早くしてほしいんダナ」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 20:52:40.75 ID:tmdky39o0

サーニャ「わ、私の・・・」 

エイラ「うんうん」 

サーニャ「~~~っ///私のおまんこをぺろぺろしてください!!」カァァァ/// 

エイラ「!!///」 

エイラ(破壊力がやばすぎる) 

サーニャ「エイラぁ・・・もう我慢できない・・・///」 

エイラ「わ、私も///」 

サーニャ「ふふ・・・エイラ、そういえば明日は休暇よ」 

エイラ「今日は寝かせないゾ」 

サーニャ「望むところよ」クスッ 



おわり







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
 
蒼星石「ジュンくんを嫉妬させたいんだ」 
コナン「やっぱ巨乳は最高だな!」 阿笠「ハァ……」