転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394018446/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:20:46 ID:.Es4XZqM

自スレ無くなったから代走を投下



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:24:46 ID:.Es4XZqM

アルミン「くっ…殺せ!」

男1「はぁ?何言ってんだよ異端者!」

男2「ついに頭がおかしくなったのか?」

大将「へへっ。
いじめられすぎておかしくなったんだぜ。
おらっ!」

ボコッ

アルミン「ンホオオオオオオオオオオッ!!!」

!!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:28:09 ID:.Es4XZqM

男達「!?」

大将「でけぇ声出すなよ!
ビックリするだろ!!」

ボコッ

アルミン「ヒギイッ!?」

男1「お、おい…いつもと様子が違うぞ…」

男2「なんで顔赤らめてんだよ!」

アルミン「くっ…!
…お前らの慰み物になるぐらいなら死んだ方がマシさ…!
さぁ!殺せえええ!!」

男達「ちょっ!?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:31:30 ID:.Es4XZqM

アルミン「服をビリビリに破いてメチャクチャする気だろう!
エロ同人誌みたいに!
エロ同人誌みたいに!!!」

大将「何言ってんだこいつ!?」

男1「同人誌ってなんだ…?」

男2「さぁ…?
慰み物ってどういう意味だ?」

大将「お、俺に聞くなよ!」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:47:22 ID:.Es4XZqM

アルミン「くっ…すっとぼけるなよっ…!
僕をいじめる時どさくさに紛れていろんなとこ揉みしだいてるくせにさ…!」

男1「してねぇよ!!」

アルミン「したよ!
特に大将!君が1番触ってきてるじゃないか!!」

男2「えっ…」

大将「おおおおおおい!!?
俺はやってねぇ!
俺はやってねぇ!!」

男1「そんな何処かの親善大使みたいに言われても…なあ?」

男2「確かに前からそんな気が…」

大将「お前らアアアッ!
くそっ!この異端者め!!
適当言うんじゃねぇ!!」

ボコッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 20:50:22 ID:.Es4XZqM

アルミン「ンホオオオオオオオオオオッ!!」

男1「…ちょっと離れてくれよ」

大将「違うつってんだろ!!」

アルミン「ンホオオオオオオオオオオッ!
ンホオオオオオオオオオオッ!!
ンホオオオオオオオオオオッ!!!」

男2「おい…やらしい目でこっち見るなよ…」

大将「だからあああっ!!」

アルミン「ン ホ オ オ オオオオオオオアアアアアアッ!!!!」

大将「うるせええええええ!!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:15:35 ID:.Es4XZqM

アルミン「ほら!!掘れよ!!
雄の本能のままにさああああああああ!!!」

大将「やめろ!パンツ脱ぐんじゃねぇ!!
うわあああああっ!?
すげぇデカチ○コオオオオッ!!」

男1「黒おっ!?」

男2「ず、ずるむけじゃねぇか…!」ゴクッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:24:35 ID:.Es4XZqM

エレン「何やってんだてめぇらアアアッ!!」

大将「チッ!
エレンが来やがった!
やっちまえ!!」

アルミン「っしゃあっ!」

大将「なんでお前が返事すんだよ!
黙ってろこの異端者め!!
男1と2!行くぞおおお!!」

男1「指図すんなよ変態…」

男2「なんかしらけたな…帰るか」

大将「お、おい…!」

エレン「燃えろ星達よ!!
ブーメランテリオス!!!」

ドカァァァ

大将男1男2「ぐきゃああああああっ!!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:28:28 ID:.Es4XZqM

そして時は流れ…

大将「…なんてこともあったな」

アルミン「ははっ。懐かしいね。
しかし大将まで訓練所に来ると思わなかったよ」

大将「…うっせえ。
生産者なんて柄じゃねぇんだよ」

アルミン「そうだね。
君が畑耕して芋掘りしてる姿は想像できないよ」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:34:56 ID:.Es4XZqM

アルミン「…でさ、なんで調査兵団にまで入ったの?」

大将「しょうがねぇだろ。
成績上位に食い込めなかったから憲兵にはなれなかったんだ」

アルミン「駐屯兵でもいいだろう?」

大将「気分だよ気分。
駐屯兵で一生過ごすなんで退屈だからな。
いじめっ子の大将が今じゃ調査兵団の期待の星に!
みたいなのもいいだろ?」

アルミン「ごめん。想像できない。
他にも理由あるんでしょ?
ミカサが好きで付いてきた…とかさ」

大将「ばっ…!
あんな化け物に惚れるわけないだろ!」

アルミン「どうだかなぁ…。
さっさと吐いた方がいいと思うよ?」

大将(お前のデカチ○ポに惚れたなんて言えるかよ!)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:48:47 ID:.Es4XZqM

アルミン「…後悔してない?」

大将「あ?何をだよ」

アルミン「調査兵団に入ったこと」

大将「してるに決まってんだろ。
心から入らなきゃよかったって思ってる」

アルミン「だよね。
…ぶっちゃけ僕もだよ」

大将「初めての壁外遠征で所属部隊が全滅。
巨大樹の上で完全に孤立、か。
笑えもしねぇよ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:53:19 ID:.Es4XZqM

アルミン「ついでに生存者も重傷って付け加えといてよ」

大将「…だな。
あー…痛ってぇ…。
怪我のこと思い出させんなよ…」

アルミン「ごめん。
…肋骨折れてるでしょ。
思いっきり地面に叩きつけられてたし」

大将「命あるだけマシだろ。
…いや、いっそのこと死んだ方が楽だったかもな。
っていうかお前の方が重傷だろ…」

アルミン「…ああ。
そういえば右足食い千切られたんだった…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/05(水) 23:59:43 ID:.Es4XZqM

アルミン「うっ…く…」

大将「おい!しっかりしろ!
顔がマッツァオじゃねぇか…!」

アルミン「ごめん…。
僕はもうダメみたいだ…。
…君だけなら立体機動で逃げれる。
僕のことはもういいから他の部隊と合流して…」

大将「…無理だ。
さっきの衝撃で立体機動が壊れた」

アルミン「…僕のを使って逃げてくれ」

大将「…!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:02:05 ID:73/wXtnM

大将「馬鹿…いうなよ」

アルミン「…それしかないよ。
2人で野垂れ死ぬよりマシさ」

大将「…ズボン脱げ」

アルミン「えっ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:05:58 ID:73/wXtnM

アルミン「…あの時の続きをする気かい?」

大将「…誤解するな。
止血し直してやるからさっさとしろ」

アルミン「ちょっ…ちょっと…」

ズルッ

大将「我慢しろ。
ほら脱がすぞ」ズルッ

ドゥルンッ

大将「うおっ!?
なんでノーパンなんだよ!!」

アルミン「ノーパン派なんだよぉ…」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:08:53 ID:73/wXtnM

大将「……」ジーッ

アルミン「ちょっ…あんまり見ないで…恥ずかしいから」

大将(でけぇ…っ!
あの時より更にデカチンになってやがる…!
黒光りも増して…!)ゴクッ

アルミン「……大将?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:11:06 ID:73/wXtnM

大将「はっ!?
さ、さっさと止血するぞ!」

アルミン「…大将」

大将「な、なんだよ…」

アルミン「…舐めて…いいよ?」

大将「なっ…!?」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:14:49 ID:73/wXtnM

大将「こんな時に馬鹿なこと言うんじゃねぇ!」

アルミン「こんな時だから、だよ…。
最期に…君にしてもらいたいんだ」

大将「アルミン…!?」

アルミン「僕はね…昔から大将の事が…」

大将「やめろっ!!
それ以上言うな!!」

アルミン「…?」

大将「…それを聞いたらもっと後悔しちまうだろ…!」

アルミン「…!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:19:49 ID:73/wXtnM

大将「こんな時に…言うんじゃねぇっ…!
俺だってお前のことが…!」

アルミン「大将…」

ムクムクッ

大将「!?」

アルミン「嬉しいよ大将…。
嬉し過ぎてこんなになっちゃったよ…」ギンギン

大将(す、凄ぇ……!
巨大樹にも劣らないほどの巨根…。
なんで光沢なんだ…!)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:23:39 ID:B.MyhfKU

アルミン「…僕の事を愛してるなら…して…欲しい。
僕の肉棒が熱いうちに…!
お願いだ…」

大将「う…うあああああああああああああっ!!!」

カプッ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:28:56 ID:B.MyhfKU

アルミン「んああっ!//.
す、凄い…!
大将の口マ○コ温かくって気持ちいいよぉ…!」

大将(うおっ…デカすぎて口に入りきらないっ…!)

ジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッ

アルミン「んんんっ!、」ビクッ

大将「んっ、おっ、ぷあっ…んうっ…!」

ジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッジュッポッ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:34:04 ID:B.MyhfKU

アルミン「ら…らめぇっ…っ!
そんなにっ、先っちょばっかり、しごいちゃ……んううっ!!」

大将(しょうがねぇだろっ…!
ここまでしか入らねぇんだから…!)

ヂュウウウウウウ

アルミン「ひあっ、?
吸っちゃ、だめぅ、気持ちい、気持ちいいよぉおおおお!!!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:43:57 ID:B.MyhfKU

アルミン「うっ、あっ、も、もう、出るっ、出ちゃうよぉおおおお!」

大将「んぐっ!?」

アルミン「イ、イグッ!
口マ○コでイッグウウウウウウッ!!」

ブッシャアアアアアアアアア

大将「んむううううう!?」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:47:33 ID:B.MyhfKU

大将「はぁ…はぁ…すげぇ量だったが…全部飲んだぞアルミン…」

アルミン「…ありがとう」

大将「…何言ってんだ。
お互い様だ……アルミン?」

アルミン「……」

大将「……アルミン」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:52:10 ID:B.MyhfKU

エレンゲリオン「オアアアアアッ!!」

大将「…あれは!?
エレン!!おおおおい!!!」

エレン(あれは…大将とアルミン!?)

大将「アルミン…俺、お前の分まで生きるから…!
雲の上から見ててくれよ…」

エレン(えっ?
あいつなんで顔がザーメン塗れなの?
っていうかアルミンは何でチ○コ出して倒れてんの!?)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 00:57:36 ID:B.MyhfKU

大将「悪い…アルミンはもう…」

エレン(アルミン…そんな…!
チ○コでけぇ…っ!)

大将「巨人と交戦した時にアルミンは右足を…それで…くっ!」

エレン(お前が…お前が殺したんだろ!!
アルミンを犯り殺したんだろうがあああっ!!)

エレンゲリオン「ウオオオオオオオオオオオオッ!!!」

大将「エレン…そんなに悲しんで…当たり前か…お前らずっと一緒だったもんなき」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 01:01:01 ID:B.MyhfKU

ブンッ

大将「えっ」

ドコオオオン

エレン(殺す!!絶対殺すぅ!!!)

大将「ちょ、待って!
何で俺狙ってんの!?」

エレンゲリオン「ガアアッ!!」

大将「ひいいっ!!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 01:03:46 ID:B.MyhfKU

エレンゲリオン「モエオ!!ホジタヂヨオオオオッ!!!」

大将「待って待って!!
それ洒落にならないから!!
死んじゃうから!!」

エレンゲリオン「ブーエランテイオスウウウウウッ!!!」

大将「ぐきゃああああああああっ!!!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 01:04:22 ID:B.MyhfKU

終わり



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 02:27:50 ID:sK.gL0aU

パッと見ではクソスレかと思ったが面白かった



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/06(木) 02:59:04 ID:aDwx/TNQ

大将…合掌
乙でした






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
 
エレン「モテな過ぎしにたい」 
クリスタ「エレン、セッ○スしよ」 エレン「は!?」