転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1511707183/

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/26(日) 23:39:43.68 ID:+QFXT/1W

曜「っ…ごめん」

梨子「前も言ったけどさ?敬礼とかヨーソローとか辞めてくれない?一昔前のオタクみたいで気持ち悪いんだけど」

曜「…」

梨子「聞いてるの?」

曜「…うん、わかった、やらない」



2: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/26(日) 23:43:24.81 ID:+QFXT/1W

千歌「梨子ちゃーん!曜ちゃーん!」

梨子「千歌ちゃん!」

曜「…」

千歌「二人なに話してたの?」

梨子「今度のライブの話、ね?」

曜「うん」

千歌「へえー、そろそろだもんね、次もたくさん輝こうね!」

梨子「うん!」



3: 名無しで叶える物語(庭) 2017/11/26(日) 23:45:42.42 ID:hTjy50bk

闇を感じる




4: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/26(日) 23:48:20.76 ID:+QFXT/1W

梨子「ねえ?聞いた?」 

曜「え?」 

梨子「梨子ちゃーん!曜ちゃーん!だって?私のが先に呼ばれてる」 

曜「…」 

梨子「これ意味わかる?」 

曜「梨子ちゃんのが優先順位が高いって事だね…」 

梨子「うん!そっ!」



9: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2017/11/26(日) 23:58:16.87 ID:sxkIvNqL

アニメ曜ちゃんは虐められると弱そう



10: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/27(月) 00:02:42.98 ID:dBxA09+Q

曜「もう善子ちゃん!ww怒ったぞ!」 

善子「ひぇああ!ちょ!ギブキブギブ!」 

梨子「ちょっと?!!なにやってるの?!!!」 

曜&善子「!」 

梨子「曜ちゃん辞めて!!離してあげて!なんでコブラツイストなんてしてるの?!!」 

曜「…」パッ 

善子「おわったた~!もう!人の技真似するなんて卑怯じゃない!」 

梨子「善子ちゃん大丈夫?!!怪我とか無い?!」 

善子「えっ?うん、大丈夫だけど」



11: 名無しで叶える物語(茸) 2017/11/27(月) 00:02:43.72 ID:K1+XSdlR

性悪梨子たまんねぇ



18: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/27(月) 00:15:48.81 ID:dBxA09+Q

ダイヤ「何事ですの?」 

鞠莉「ワーッツ?」 

梨子「曜ちゃん、ライブ近いんだよ?こういうことしてもしものことあったらどうするの?ちょっと考えたら分かるよね?」 

曜「ごめん」 

善子「え、いや、私も悪いから、寧ろ先にやったの私だし!」 

梨子「そうなの?でもそういう時って上級生がしっかりしてなきゃ駄目だよね?」 

曜「うん」 

善子「っっ」 

鞠莉「うふっ!梨子はみんなのマミーミタイデスネー!」 

梨子「もうっ!今真面目に話してるんだけど!」 

ダイヤ「頼りになりますわね梨子お母様」 

梨子「もう!ダイヤさんまで!」



20: 名無しで叶える物語(茸) 2017/11/27(月) 00:17:32.76 ID:K1+XSdlR

上級生の信頼も着実に勝ち得て行く策士ぞくぞくする



21: 名無しで叶える物語(禿) 2017/11/27(月) 00:18:25.32 ID:Q9MXySr+

この梨子ちゃんはクラスの委員長やってそう



24: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/11/27(月) 00:24:32.34 ID:Z1k3EHXe

アニメ曜は割と本当にオタクっぽいからなあ



25: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/27(月) 00:25:59.23 ID:dBxA09+Q

梨子「おい渡辺」 

曜「…ん、なに」 

梨子「さっきのなんだけどさ、暴力もまず論外なんだけど善子ちゃんにベタベタ触らないでくれるかな?」 

曜「ベタベタなんて」 

梨子「距離近いのも気にくわない、私が善子ちゃんと最近仲良いのは知ってるよね?」 

曜「知ってる」 

梨子「だったら辞めて、ベタベタくっつき回るの、バス一緒に帰るのも辞めてね?」 

曜「…」 

梨子「分かった?」 

曜「私のが先に……」 

梨子「なぁにぃ?」 

曜「分かったよ」



35: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/27(月) 00:39:13.65 ID:nwhHBPIv

弱ってる曜ちゃん正直大好き



52: 名無しで叶える物語(茸) 2017/11/27(月) 03:46:18.74 ID:9l/tftcL

りきゃこだと思って見ると何の違和感もない



53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/27(月) 04:35:07.75 ID:2fnKG2Pu

梨子(花瓶を下の階まで持っていけって言われたけど…大きすぎて階段降りるのが怖い…)フラフラ 

曜(あ…梨子ちゃん…) 

梨子(慎重に…慎重に……) 

曜(大変そう…手伝って…あげないと…) 

梨子(下に…誰かいる…?) 

梨子(落とさないように……っ!?)フラッ ツルッ 

曜「梨子ちゃん、私も一緒に……!!」 

ガッシャーン バシャァッ 

梨子(や、やっちゃった…!階段から落ちそうになって手を…じゃなくて下に人が…!) 

曜「ぇ…ぁ……」 

梨子(…なんだ…誰かと思ったら…) 

梨子「大丈夫?手を滑らせちゃって…」 

曜「ひっ…ごめっ…ごめん…なさっ…」グスッ 

梨子「え…?」 

曜「も、もう…なにも…しない、から…ころさ…ないで…」ポロポロ 

梨子「ち、違うの…これは手が滑って…!」 

曜「ぃ、いやっ…こ、来ないでぇっ…!」



88: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/11/27(月) 20:53:00.08 ID:2fnKG2Pu

>>53 

梨子「ぁ…ごめん…なさい…」 

曜「…はっ…はっ……」ガタガタ 

梨子「本当に…わざとじゃ…ないの…」 

梨子「足元が見えなくて…それで…」 

曜「…うそ…だ……」 

梨子「う、嘘なんかじゃ…!」 

曜「だって…梨子ちゃん…ずっと…ずっと…!」 

梨子「っ……」 

曜「……もう…来ない、から…」 

梨子「え……?」 

曜「…さよなら…桜内さん…っ…」ダッ 

梨子「…ぁ…曜…ちゃん…待って…」



58: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2017/11/27(月) 09:50:28.06 ID:oREbYTlj

このペカりを見ても同じこと言えんの? 
a9NGNHU



59: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/27(月) 09:59:40.30 ID:gQ8aupm6

>>58 
肉まん取り上げたい



61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/11/27(月) 12:15:29.10 ID:ZZelp7N9

漫画曜ってどんな逆境でも乗り越えそうだし曇る事が無さそうだわ



93: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/28(火) 00:13:48.72 ID:EeTtLd+6

曜「あ、ルビィちゃん花丸ちゃんおはよう」 

ルビィ「ぅゅ、うん、おはよ」 

曜「…」 

花丸「行こっルビィちゃん」 

曜「(そうだ、梨子ちゃんに変な噂流されてるんだった)」



95: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/28(火) 00:26:32.21 ID:EeTtLd+6

ルビィ「ねえ花丸ちゃん今のは…」 

花丸「…おらもちょっと心が痛むけど自分のしたこと分かって貰いたいから」 

ルビィ「あの事ならルビィ全然気にしてないよ」 

花丸「おらは気にしてるの、ルビィちゃんが衣装の事に口出ししてきて困ってるって曜ちゃんが梨子ちゃんに相談してたってこと」 

ルビィ「ルビィが悪いから」 

花丸「ルビィちゃんは助けになりたかっただけなのに、自分なりのアイディアがあるならあるでそう言えば良いのに言わないままにして、スッキリしないんだから」 

ルビィ「ぅゅ」



96: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/28(火) 00:39:47.04 ID:EeTtLd+6

善子「へえーそんなことあったの?」 

ルビィ「善子ちゃんっ、いつのまに」 

花丸「うん、これ、LINEのスクショ」 


曜:ルビィちゃんにたくさんアイディア出されてさ(汗)困ってるんだけど通話で聞いてくれる? 


花丸「このあとルビィちゃんの悪口を延々と聞かされたそうずら」 

善子「へ、へえー、曜ってそういうところあるのねっっ意外っっ」ワナワナ 

ルビィ「違うの、ルビィが悪いの…ルビィが余計な口出ししなければ」



97: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/28(火) 00:48:14.70 ID:EeTtLd+6

曜「…」 

曜「(ホントはどれも良いアイディアで困ってるって電話したのに…)」 

曜「(異変に気づいて梨子ちゃんに問い詰めてみたら)」 

曜「(あなたのことがむかつくし嫌いだから嘘流したんだって、今後むかつく行動する度にこういう事が起こると思ってねって)」 

曜「(いまのところ梨子ちゃんの注意全部聞き入れてるけど今度は何をされるんだろう…怖い…)」



138: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/02(土) 14:33:38.51 ID:tUta1eSc

千歌「最近、曜ちゃん元気なくない?」 

曜「え?」 

曜(千歌ちゃんっ……!) 

梨子「そんなことないわよね?」 

梨子「ねぇ、曜ちゃん?」 

曜「う、うん……」 

曜「渡辺曜はいつでも元気ハツラツであります!」 

千歌「うーん、曜ちゃんと梨子ちゃんがそういうなら、千歌の勘違いかなあ」



139: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/02(土) 14:38:23.34 ID:tUta1eSc

曜の家 

曜と梨子の通話 


梨子「なに被害者づらしてるの?」 

曜「え?」 

梨子「曜ちゃんが自分に酔って可哀想なオーラ出してるから千歌ちゃんが気を遣ったじゃないの」 

曜「っ、そんなこと」 

梨子「いい加減にしてよね、人に迷惑ばっかかけてさ。曜ちゃんが一緒にいると千歌ちゃんのためにもならないと思う」 

梨子「それじゃ」プツ 



曜「…………」 

曜「っう、ううう、うあ」 

曜「千歌ちゃん……」 

曜「もうやだよぉ…………助けて…………」



140: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/02(土) 14:45:54.35 ID:tUta1eSc

曜「うっ、うう、ひぐっ、ぐす」 

ぷるるるるるるる 

曜「……誰だろ」ゴシゴシ 

着信 千歌ちゃん 

曜「も、もしもし、千歌ちゃん?」 

千歌「曜ちゃん、家着いた?」 

曜「うん、10分前くらいには着いたよ」 

千歌「話があるんだけどいいかな?」 

曜「話?」 

千歌「うん、ちょっと学校ではできない話、いま時間大丈夫?」 

曜「うんっ、大丈夫。大丈夫だよ」 

千歌「ありがとう曜ちゃん」 

千歌「あのね、実は梨子ちゃんのことなんだけど」



141: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/02(土) 15:28:26.04 ID:tUta1eSc

千歌「あのね、チカね、実は梨子ちゃんのことが、その、好きなんだ」 

曜「ーーーーえ?」 

千歌「あ、そのぅ、まだ曜ちゃんにしか話してないから誰にも言わないでね」 

曜「…………」 

千歌「曜ちゃん?聞いてる?」 

曜「ーー-あ、うん。聞いてる。聞いてるよもちろん。」 

曜「そっかあ、千歌ちゃんが梨子ちゃんをかあ」 

千歌「うう」/// 

千歌「それで、ね、明日、告白をしようと思ってるんだ」 

曜「へえ」 

千歌ちゃんが明日告白するーー 

ーー梨子ちゃんに 

千歌「明日の放課後、ふたりきりになれるように取り計らって欲しいんだ」 

曜「うん」 

それから千歌ちゃんと何を話したか 

なんて返事をしたのかは覚えてない



150: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 14:29:30.55 ID:/gRdU8r5

曜「ーーーーえ?」」 

曜「振られた?千歌ちゃんが?」 

千歌「……チカのことは友達として好きなんだって」 

曜「そう、なんだ」 

千歌「ごめんね、せっかく手伝ってくれたのに」 

曜「そんなこと……ねぇ、明日は気晴らしに、どこかに出かけない?久しぶりに2人でさ」 

千歌「今は、そういう気分じゃないよ……」 

曜「そう、だよね」 

曜「でもさ、そういう時こそ誰かと居たほうがいいと思うし、気が変わったら電話してよ」 

千歌「うん、曜ちゃん、ありがと」 

曜「どういたしまして」 

千歌「それじゃ、またね」 

曜「ばいばい」 

プツ 


曜「…………」



153: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 14:52:07.14 ID:/gRdU8r5

次の日 

梨子「遅いよ」 

曜「だってこんな急に呼ばれて、来ただけでも……」 

曜「それで、急に呼び出してなんの話?」 

梨子「買い物付き合ってもらおうと思って」 

曜「は?」 

梨子「曜ちゃん体力自慢でしょ。ちょうどいいしお願い」 

梨子「まずあの店からね」



155: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 14:56:30.47 ID:/gRdU8r5

美術用品店 

梨子「曜ちゃん、画材とかわかる?」 

梨子「衣装デザインのノートの絵上手かったよね」 

曜「色鉛筆しか使わないから詳しくないよ」 

梨子「そう、まあ期待してなかったけどね」 

梨子「これと、これもきれてたかな。あと新しい……」 

曜「ねぇ」 

梨子「んーなあに」 

曜「……千歌ちゃんのこと振ったんだって?」 

梨子「……千歌ちゃん話したんだ」 

梨子「なにか言ってた?」 

曜「千歌ちゃんのことは友達として好きって言われたって」 

曜「どういうこと?」 

曜「千歌ちゃんのこと好きだったんじゃないの?」 

梨子「千歌ちゃんのことは好きよ。友達として大切に思ってる」 

曜「千歌ちゃん泣いてたよ」 

梨子「…………」 

曜「また自分が普通なせいだって言ってた」 

梨子「……私だって傷つけたかったわけじゃないわよ」 

曜「じゃあ付き合ってあげればよかったじゃん」 

梨子「はぁ、何言ってるの?」 

梨子「曜ちゃん、おかしなこと言ってるよ」 

曜「おかしいのは梨子ちゃんでしょ」 

曜「千歌ちゃんのことが好きだから、私にあんなに嫌がらせしたんじゃないの?」 

梨子「……曜ちゃん、いつになく強気だね、千歌ちゃんが絡んでるから?」 

曜「話逸らそうとしないで!」



156: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 14:59:34.65 ID:/gRdU8r5

梨子「…………」 

曜「今度はだんまり?」 

梨子「……最初はそうだったし、ずっとそう思ってたよ」 

梨子「でも昨日告白されて気づいたの」 

梨子「今は千歌ちゃんのことそういう風に思ってないんだって」



158: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 15:03:53.80 ID:/gRdU8r5

曜「飽きたってこと?」 

梨子「違う!」 

梨子「そう悪者にしようとしないでよ」 

梨子「千歌ちゃんが私のこと好きでも、私が別の人を好きだったってだけの話でしょう」 

曜「他に好きな人がいるんだ」 

梨子「ええ」



189: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/04(月) 21:22:46.92 ID:N2JnEmYd

曜「私帰るね」 

梨子「待って、今日は付き合ってよ」 

曜「そういう雰囲気じゃないじゃん」 

曜「私は聞きたいこと聞いたし」 

曜「そもそも今日なんで呼んだの?」 

梨子「いいから」 

梨子「黙って付き合って」 

梨子「じゃないと、曜ちゃんが千歌ちゃんのこと好きだって、千歌ちゃんに言うよ」 

曜「っ」 

曜「いいかげんに……」 

梨子「…………」プルプル 

曜「…………」 

曜「……わかった」 


それから今日一日、私は梨子ちゃんの買い物に付き合った 

会話はずっとなかった



190: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/04(月) 21:24:23.08 ID:N2JnEmYd

翌日 

曜(千歌ちゃん大丈夫かな……引きずって無いといいけど) 

曜「千歌ちゃん、おはよう!」 

千歌「曜ちゃん、こっち来て」ガシッ 

曜「えっ?」 

曜「ちょ、ちょっとどこ行くの」 

千歌「…………」 

曜「ねぇ、千歌ちゃん……」 

千歌「…………」カベドンッ 

曜「わっ!」 

千歌「曜ちゃん……」 

曜「はいぃぃ…………」 

千歌「曜ちゃんと梨子ちゃんって付き合ってるの?」 

曜「え、えっ、え!?」 

千歌「どうなの?」 

曜「つつつ付き合ってないよ!?」



192: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/04(月) 22:02:05.88 ID:N2JnEmYd

千歌「ほんとに?」 

曜「本当だよ」 

千歌「でも昨日、梨子ちゃんと2人で出掛けてたよね?」 

曜「え」 

千歌「見たって人がいるの」 

千歌「昨日何してたの?」 

曜「なにって……」 

曜(結局なんだったんだろう) 

曜「…………」 

千歌「黙らないでよ」 

曜「……普通に、買い物とか、お店見て回ったりしただけだよ」 

千歌「それならなんですぐ答えられなかったの」 

千歌「ねえ、曜ちゃん、私そんなに頼りなく見える?」 

曜「えっ?」 

千歌「付き合ってるならさ、そう言ってくれればいいのに」 

千歌「私に気を遣って隠したりしなくていいんだよ」 

曜「気を遣ってなんて!」 

千歌「言ってくれれば、ちゃんと応援したのに」 

千歌「告白だってしなかったのに」ダッ!! 

曜「千歌ちゃんっ!」



206: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/06(水) 11:58:09.37 ID:d2YO8784

ーーー 

ーーーーーー 

梨子「今日千歌ちゃんと曜ちゃん雰囲気悪いね」 

梨子「喧嘩したんだ、珍しい」 

曜「喧嘩っていうか、なんていうのかな」 

曜「ねえ、お願い。梨子ちゃんから千歌ちゃんに否定してよ」 

梨子「どうして?」 

曜「どうしてって、それは」 

梨子「そんな噂が流れてて、喧嘩したのはそれが原因なんだ」 

曜「……うん」 

梨子「千歌ちゃんと曜ちゃんが仲良くなるのを、私が助けると思う?」 

曜「……そうだよね」 

曜「……それでも、お願い」 

梨子「…………」 

梨子「そんなに、私と付き合ってるって言われるの嫌なの?」 

曜「…………嫌に決まってるでしょ」 

曜「梨子ちゃんだって、私なんかとそんな噂されるの嫌でしょ」 

曜「梨子ちゃんは私のこと大嫌いなんだから」 

梨子「……そうだね」 

梨子「わかったわ」 

梨子「誤解解いておいてあげる」



207: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/06(水) 14:13:44.57 ID:4NHYaYVS

梨子「ごめんね、急に呼び出して」 

千歌「それはいいけど、話って?」 

梨子「……千歌ちゃんが告白してくれたときと逆だね」 

千歌「……そういうの、やめてよ。梨子ちゃんは曜ちゃんと付き合ってるんでしょ?」 

梨子「付き合ってないよ」 

千歌「じゃあ、先週の日曜は2人で何してたの?」 

千歌「それに今までだってチカに隠れて2人で色々話してるみたいだったし……」 

梨子「それはね……」 

千歌「それは?」 

梨子「相談に、乗ってもらってたの」 

千歌「相談?」 

梨子「そう、千歌ちゃんに告白されて、あの時は、びっくりして断っちゃったけど」 

梨子「でもやっぱり後悔して」 

梨子「曜ちゃんに相談して、背中を押してもらったの」 

千歌「それって……」 

梨子「告白、断っておいてすっごく図々しいよね。ごめん」 

梨子「けど、やっぱり私も千歌ちゃんのことが好き」 

梨子「だからどうか私と付き合ってください」 

千歌「そんな……」 

梨子「ダメかな……」 

千歌「ダメじゃない!ダメじゃないよ!」 

千歌「チカ、何してたんだろ、勝手に勘違いして怒って、梨子ちゃんと曜ちゃんに迷惑かけて」 

千歌「私こそごめん」 

千歌「これからよろしくお願いします!」 

千歌「大好きだよ、梨子ちゃん!」



208: 名無しで叶える物語(あら) 2017/12/06(水) 14:25:37.52 ID:g/9TL6qj

何するつもりなの桜内さん



216: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 00:55:48.53 ID:fmaxORG0

千歌「あっ、曜ちゃーん!」ダッダッダッ 

曜「わわっ、千歌ちゃん!」 

千歌「おはよう曜ちゃん!」 

曜「おはよう」 

千歌「昨日まではごめんね」 

千歌「チカ、勘違いして、曜ちゃんを問い詰めたり避けたりしちゃって」 

曜(梨子ちゃん、本当に誤解解いてくれたんだ) 

曜「ううん、全然いいよ」 

千歌「ありがとー!」ダキッ 

曜「わわっ……えへへ」 

千歌「あっ、いけないいけない」パッ 

曜「?」 

千歌「ちょっと寂しいけど、もう気軽にこういうことしちゃいけないよね」 

千歌「許してくれたこととは別に、もう1つありがとう!」 

曜「んん、どういたしまして?」 

千歌「おかげさまで、梨子ちゃんと付き合えるようになったよ!」 

千歌「ほんとうにっ、ほんっっとうにありがとう!」 

曜「え……」 

曜「それってどういう……」 

千歌「曜ちゃんと友達で本当に良かった!」 

千歌「曜ちゃんも誰か好きな人ができたらチカに相談してね!」 

千歌「チカ、全力でサポートするから!」 

曜「……………………」 

曜「その時はよろしくね、千歌ちゃん!」 

千歌「うんっ!」



220: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 01:31:50.01 ID:fmaxORG0

それから3年が流れた 

???「隣いい?」 

曜「……梨子ちゃん、どうしたの、席ならまだ他にも空いてるところがあるよ」 

梨子「話があるからに決まってるじゃない」 

梨子「今日私の家来てくれる?」 

曜「やだ」 

梨子「即答ね」 

曜「今日も練習があるから」 

梨子「まじめだ」 

曜「水泳と高飛び込みだけで入って来てるからね、毎日練習してないと居場所がなくなっちゃうよ」 

曜「梨子ちゃんだって、ピアノの特待生でしょ。同じじゃないの?」 

梨子「私だって毎日練習してるわよ」 

梨子「でも、今週千歌ちゃんが来るから」 

曜「……そっか」 

梨子「私たち、千歌ちゃんの前では仲良いことになってるんだから。お互いの近況をある程度伝え合ってないと不自然でしょう」 

曜「……学科が違うと、会うこともほとんどないし。そこまでする必要ないんじゃない?」 

梨子「でも千歌ちゃんはそう思わないかもしれないもの」 

梨子「余計な心配はかけたくないでしょ?」 

曜「……わかったよ。19時ごろでいい?」 

梨子「ええ」



231: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 22:56:28.11 ID:fmaxORG0

千歌「梨子ちゃん!曜ちゃーん!」 

梨子「こら、そんなに騒がないの」 

千歌「えへへ。2人に会えたのが久しぶりだから、嬉しくてつい」 

梨子「先月も会ったし、ほとんど毎日電話もしてるじゃない」 

千歌「電話と実際に会うのじゃ全然違うよぉ」 

千歌「曜ちゃんもそう思うよね?」 

曜「そうだね」 

千歌「ほらね、それとも……梨子ちゃんはうれしくないの?」 

梨子「嬉しいに決まってるじゃない」 

千歌「えへへ」 

曜「立ち話もなんだし、どこかでお昼食べようよ」 

千歌「それなら千歌お弁当作って来たんだ」 

曜「千歌ちゃんが?」 

千歌「うん、ちゃんと曜ちゃんの分もあるからね」 

曜「おおおぉー!ありがとう!」 

梨子「それじゃあ、今日はいい天気だし、外で食べるのもいいんじゃないかしら」 

千歌「チカ、代々木公園行ってみたいなあ。すっごく大きいんでしょ?」 

曜「それじゃあ、代々木公園まで全速前進っ、ヨーソロー!」 

曜(あ、しまった)チラッ 

梨子「ふふ、なんだかそれ久しぶりに聞いたわね」 

曜(セーフ?ていうか気にしてないのかな)



232: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 22:58:26.34 ID:fmaxORG0

梨子「緑がいっぱいで気持ちいいわね」 

千歌「東京にもこんなところがあるんだねー、なんだかちょっとしたピクニック気分」 

千歌「2人はよく来るの?」 

梨子「私はあんまり」 

曜「私はたまに来るよ。ここでランニングすると気持ちいいんだ」 

千歌「あはは、曜ちゃんの筋トレマニアぶりは相変わらずだね」 

千歌「それじゃあそろそろお弁当食べよっか」 

曜「待ってました!」 

千歌「今回は自信作だよ!ほら!」パカッ 

曜「おおーおいしそー」 

梨子「これはすごいわね」 

千歌「へへー、最近じゃ旅館で料理作るところまで任せてもらえるようになったんだ」 

千歌「料理の腕前じゃ、もう梨子ちゃんにも曜ちゃんにも負けないよ」



233: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 23:26:42.51 ID:fmaxORG0

千歌「これなんか自信作なんだー、ほら梨子ちゃん、あーん」 

梨子「ちょ、ち千歌ちゃん!?」 

千歌「へ?」 

梨子「デートは明日だったでしょ。ほら、今は曜ちゃんが一緒なんだから」 

千歌「なんだかつい自然にやっちゃった」 

千歌「恥ずかしいところ見せちゃってごめんね、曜ちゃん」 

曜「あはは、梨子ちゃんが慌てるところなんて久しぶりに見れたからね、全然いいよ」 

梨子「もう」



234: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 23:36:23.16 ID:fmaxORG0

梨子「ふぅ、美味しかった」 

曜「ご馳走様です」 

千歌「お粗末様でした」 

曜「この後はどうする?」 

千歌「少し休んだら身体動かさない?」 

千歌「公園で遊んでる子供たち見てたら私も刺激されちゃった」 

梨子「ええぇ……私スカートなんだけど」 

曜「じゃああんまりか激しくないやつがいいかな」 

千歌「じゃあ私ボーリングやりたい!」 

梨子「それならまあいいけど、なんでボーリング?」 

千歌「私最近練習してるんだー結構上手いよ?」 

曜「千歌ちゃん昔から球技好きだったもんね」 

梨子「でも卓球が一番得意だったんじゃないっけ」 

千歌「卓球も好きだけど、千歌が強すぎて、みんな相手してくれないんだもん」 

曜「さすが旅館の娘だね」 

梨子「旅館の娘だから強いわけじゃ……あれ、そうなのかな?」 

梨子「出発する前に、私ちょっとお化粧室に行って来るわね」 

千歌「いってらっしゃーい」



236: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/07(木) 23:59:26.77 ID:fmaxORG0

曜「千歌ちゃん楽しそうだね」 

千歌「うん、楽しいよ」 

千歌「曜ちゃんもでしょ?」 

曜「そうだね」 

曜「千歌ちゃんが幸せそうなにしてるのを見ると、私も嬉しくなって来るよ」 

千歌「曜ちゃん?」 

曜「ん?…………あ、何言ってんだろ私」 

千歌「何か元気じゃなくなることでもあったの?」 

曜「いや、なんでもないよ」 

曜「なんとなくそう思って、ぽろっと出ちゃっただけ」 

曜「特に意味はないかな」 

千歌「そう……」 

千歌「でもね、確かに気持ちはわかるかな」 

千歌「私も曜ちゃんが幸せそうにしてたら嬉しいから」 

曜「千歌ちゃん……」 

千歌「えへへ、こういうのいいよね」 

曜「うん……」 

曜「ずっと親友でいようね」 

千歌「当たり前だよ」



237: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/08(金) 00:00:48.03 ID:thwy5jMM

千歌「だから、曜ちゃんもさ。幸せになって私のこと嬉しくしてよね」 

曜「そうだね、頑張るよ」 

千歌「それで、曜ちゃん、いい人とか居ないの?」 

曜「へ?」 

千歌「曜ちゃんモテるくせにそういう話一切してくれないじゃん」 

千歌「大学にいい人居ないの?」 

曜「えー……ちょっと嬉しかったのに、そういう話ー?」 

千歌「それでどうなの、ねえねえ」 

曜「うーん、居ないかなあ。水部一筋だし」 

千歌「本当にー?」 

曜「ほんとほんと」 

千歌「うりゃっ」コチョコチヨコチョ 

曜「ちょっ、ちかチャァん!?ひゃっ!」 

千歌「うりゃうりゃりゃりゃ、吐かないとこうだぞー!」 

曜「ちょ、やめっ、あははは、ひっ、あははははは」 

千歌「吐けー!吐くのだー!」 

曜「そこ、そこダメだって、ちかちゃん、うひぃい」 

梨子「ただいまーって、何してるの?」 

千歌「永遠の友情を誓い合っていたであります!」 

曜「ちかちゃんっ、そ、そっそれ、わたたたしのせりふっ、ふふふ、やめてぇ」 

梨子「そう、永遠の友情…………これが?」



243: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/08(金) 18:44:47.35 ID:hETWh0WL

曜「遊んだねー!」 

千歌「疲れたー!」 

梨子「ふふ、楽しかったわね」 

曜「それじゃあ、私はそろそろここで」 

千歌「えーもっと一緒にいようよー」 

曜「名残惜しいけどね、いつまでも恋人同士の邪魔はできないよ」 

曜「帰るのは明後日だっけ」 

千歌「うん、朝の8時」 

曜「それじゃあ明後日見送りに行くよ」 

梨子「曜ちゃん、明後日は一時限目から講義あるんじゃなかったっけ」 

千歌「そうなの?」 

曜「そーいえばそうだったかも」 

千歌「それじゃあ無理しなくていいよー。一月もしたらまた来るし」 

曜「んー……わかった。それじゃあ、ここでお見送りするね」 

千歌「またねー曜ちゃん」 

梨子「またね」 

曜「うん、明日のデート楽しんでねー」 

曜「ばいばーい」



244: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/08(金) 19:17:11.04 ID:hETWh0WL

2日後 

曜「お腹すいたー」 

曜「よーし、いただきま」 

梨子「こんにちは、曜ちゃん」 

曜「梨子ちゃん……こんにちは」 

曜「どうしたの」 

梨子「これ、千歌ちゃんのお土産。一昨日渡し忘れたんだって」 

曜「そうなんだ、じゃあ貰うね」 

梨子「それじゃあ」 

曜「昨日どうだった?」 

梨子「え?」 

曜「デート」 

梨子「2人で楽しんだわよ」 

梨子「それが?」 

曜「ううん、いや、楽しかったなら良かったなって」 

曜「千歌ちゃん凄く楽しみにしてたし」 

梨子「……そう」 

梨子「曜ちゃん、あなたっていつもそればっかりよね」 

曜「え?」 

梨子「いつも千歌ちゃん千歌ちゃん」 

梨子「千歌ちゃんの彼女は私なのよ」 

曜「わかってるよ……」 

梨子「わかってない。大切な人のことで喜べるのはいいことかもしれないけど」 

梨子「それだけでいいってわけでもないでしょう」 

梨子「少しは自分の幸せでも探したらどうなの?」 

曜「…………」



245: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/08(金) 19:18:26.06 ID:hETWh0WL

ーーだから、曜ちゃんも、幸せになってねーー 

曜(一昨日、千歌ちゃんも同じようなこと言ってた) 

曜(梨子ちゃんも、心配してくれてるのかな) 

梨子「あなたのそういうところほんっとうにめんどくさいと思う。だから嫌い」 

曜「……でも私はやっぱり、梨子ちゃんのこと嫌いじゃないかも」 

梨子「え?」 

曜「梨子ちゃんのこと誤解してたお詫びに、ハンバーグあげるよ」 

梨子「あ、うん」



246: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/08(金) 19:19:16.73 ID:hETWh0WL

ちかりこルートend



251: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/08(金) 20:28:00.52 ID:nQmeJ3L4

梨子視点で色々分かる感じかな



252: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2017/12/08(金) 20:54:29.35 ID:3+Wb9Nsw

ようりこエンド 
ようちかエンド 
ようちかりこエンド 
全部頼むわ



273: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/11(月) 20:39:32.11 ID:+ECdNSk7

梨子「2人って本当に仲が良いわよね」 

千歌「もちろん!」 

曜「小さい頃からずっと一緒だからね」 

梨子「2人みたいな関係って素敵ね」 

梨子「私はお父さんの仕事の都合で転校することもあったから、そういう人いなくて、ちょっと羨ましいな」 

千歌「…………」カオミアワセ 

曜「…………」コク 

千歌「大丈夫!」ガハッ 

曜「私たち、梨子ちゃんのことも大好きだよ」ギュ- 

梨子「はわ、はわわわわぁ」



276: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/11(月) 20:57:38.84 ID:+ECdNSk7

夜 千歌と梨子の家のベランダ 


千歌「それでね、曜ちゃんの番は最後だったんだけど、前の選手の人はがすっごく有名な人だったの」 

千歌「だから、チカ、曜ちゃんがプレッシャー感じてないかなってすっごく不安だったんだけど」

千歌「曜ちゃんの番の時、飛び込み台の上から一瞬千歌の方を見て笑ってくれてね」 

千歌「声のは出してないけど、『大丈夫だよ』って気持ちが伝わったの」 

千歌「その後の演技は、その日の大会の選手でいっちばん綺麗だったんだ」 

梨子「なんだかすっごくドキドキする話ね」 

千歌「でしょっ、曜ちゃん、ちょーかっこいいよね!」 

梨子「そんなに曜ちゃんのこと好きなのに、2人は付き合ったりしないの?」 

千歌「付き合う?」 

千歌「うーん……」 

千歌「考えたことなかったかも」 

梨子「えぇ……」 

千歌「だって今がこれ以上ないくらい楽しいんだもん」 

千歌「ずっとこのままで居られたらいいな」



295: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/14(木) 22:56:30.78 ID:8P9gXL00

数日後 

曜の練習を見に来た2人 




ザプンッ 

梨子「……綺麗」 

千歌「でしょー、曜ちゃんすごいんだあ」 

梨子「…………」 

千歌「梨子ちゃん?」 

梨子「……あ、えっと、なにかしら?」 

千歌「どうしたの梨子ちゃん、見惚れちゃった?」 

梨子「っ違うわよ」 

梨子「練習これで終わったみたいだし、曜ちゃんのところ行こう?」ダッ 

千歌「え、うん」



296: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/14(木) 22:59:43.43 ID:8P9gXL00

梨子「曜ちゃんっ、お疲れ様!」タタタタ 

千歌「おつかれー」 

曜「梨子ちゃんと千歌ちゃん、来てたんだ」 

曜「って、梨子ちゃん、プールを走ると……」 

梨子「きゃあっ!」 

曜「危ないっ!」ガシッ 

梨子「……曜ちゃん、ありがとう」 

千歌「梨子ちゃん、大丈夫?」 

梨子「え、ええ」 

梨子「いたっ」 

曜「足捻っちゃってるね」 

梨子「……ごめんなさい」 

曜「気にしないで」 

曜「私は梨子ちゃんのこと医務室に連れて行くから、千歌ちゃんは荷物持って来てもらえる?」 

千歌「うん、わかった。梨子ちゃんのことお願いね」 

曜「それじゃあちょっと持ち上げるね」 

梨子「きゃっ」 

梨子(これってお姫様抱っこ!?) 

曜「体勢、辛かったら言ってね」 

梨子「う、うん…………」ドキドキ



321: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 02:58:44.23 ID:nxoHw24/

梨子(あれから曜ちゃんと一緒にいると、なんだかドキドキしちゃう……) 

ーーちゃーん 

梨子(これって……) 

梨子ちゃーん 

千歌「おーい、梨子ちゃーん?」 

梨子「ん、千歌ちゃん、どうかしたの?」 

千歌「どうかしたの、じゃないよ、さっきから何度も呼んでるのに」 

梨子「あら、ごめんなさい。ちょっとボーッとしてたみたい」 

曜「梨子ちゃんがボーッとしてるなんて珍しいね」 

梨子「よよ曜ちゃん!?」ドキドキ 

曜「うん、曜ちゃんだよ」 

曜「どうしたのそんなに驚いて」 

梨子「い、いえ、なんでもないの」 

千歌「なんだか今日の梨子ちゃんぼーっとしてること多いよね」 

千歌「大丈夫?熱でもあるんじゃない?」 

曜「そうだね、ちょっと心配だよ、顔も少し赤いし」 

梨子「顔が赤いのは、それは……はわわ」 

曜「梨子ちゃん、ちょっとおでこ触るね」スッ 

梨子(はわ、はわわわ、はわーーーー!)



322: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 02:59:57.16 ID:nxoHw24/

曜「んー、熱はないのかな」 

梨子「うううぅぅ」 

千歌「…………」シュン 

梨子(あっ、千歌ちゃん……) 

梨子「曜ちゃん、ごめん、もう良いから」 

曜「え、うん」 

梨子「じゃあ、私念のため保健室行ってくるよ」 

曜「付き添うよ」 

梨子「大丈夫、一人で行けるから」 

曜「……うん」 

千歌「お大事にね」 

梨子「だから熱なんてないのに、心配し過ぎよ」 


梨子(千歌ちゃん、少し悲しそうな顔してた) 

梨子(千歌ちゃんは曜ちゃんのこと好きなんだもん、目の前であんなのを見せられたら嬉しくないよね) 

梨子(曜ちゃんはどう思ってるのかな)



325: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 03:03:48.21 ID:nxoHw24/

次の日 

梨子「ねえ、曜ちゃんって、千歌ちゃんのこと好きなの?」 

曜「え、どどうして?」 

梨子「曜ちゃんと千歌ちゃんってすっごく仲良いじゃない」 

曜「梨子ちゃんだって大親友だよ」 

梨子「ありがとう」 

梨子「でも2人はそれだけじゃなくて、特別な感じがするような気がして」 

曜「と、特別かあ、えへへ」 

梨子「それで、どうなの?」 

曜「え、いや、そんなこと言えないよ」 

梨子「ふーん、やっぱり好きなんだ」 

曜「何も言ってないのに!」 

梨子「だって顔に書いてあるもの」 

曜「うぅ、誰にも言わないでね」 

梨子「もちろん」 

梨子(やっぱり曜ちゃんも千歌ちゃんのこと……) 

梨子(あとから来た私が、2人の間に入ってっちゃダメだよね……)



326: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 03:04:36.90 ID:nxoHw24/

曜「梨子ちゃん、一緒に帰らない?」 

梨子「ええ」ドキドキ 

梨子「あれ、千歌ちゃんは?」 

曜「今日は用事があるって」 

梨子「そうなんだ」 

梨子(じゃあ今日は2人きりなんだ)ドキドキ 

梨子(あ、でも……) 

梨子(千歌ちゃんはどう思うのかな……) 

梨子「ごめん、私も用事があったの思い出したわ」 

曜「あ、そうなんだ……」シュン 

梨子「じゃあ私行くね」 

曜「また明日」 

梨子「ええ」



327: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 03:08:28.87 ID:nxoHw24/

それから、私は曜ちゃんと2人きりになることを避けるようになった 

一緒にいるとドキドキした分だけ罪悪感がのしかかってきて辛かったから 

それから同じようなことが何度か続いて 


曜「ねえ、梨子ちゃん、私、梨子ちゃんのこと怒らせるようなこと、しちゃったかな」 

梨子「え」 

曜「ごめん、心当たりがなくて……」 

梨子「特に、そういうこともないわよ」 

曜「じゃあ、なんで最近私のこと避けてるの?」 

梨子「避けてないよ」 

曜「嘘だよ。だって……」 

曜「…………」 

梨子「…………」 

梨子「別に、曜ちゃんが悪いわけじゃないの」 

曜「じゃあなんで」 

梨子「ただ私にはもうあんまり近づかないで」 

梨子「もう行くから」 

曜「ちょっとまって!」ガシッ 

梨子「っ、やめて」 

曜「ごめん……」 

曜「でも納得できないよ、理由だけでも教えて」



328: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 03:09:02.36 ID:nxoHw24/

梨子「理由、理由なんてそんなのーーー」 

梨子(私が曜ちゃんのこと好きだから) 

梨子(なんて言えるわけない) 

曜「千歌ちゃんのこと好きだから?」 

梨子「え?」 

曜「だって、梨子ちゃんが私のこと避けるようになったのって、私が千歌ちゃんのこと好きだって話してからだよね」 

曜「怒ってないなら、これが理由なんじゃないの」 

梨子「違う!」 

曜「梨子ちゃんも千歌ちゃんのこと……」 

梨子「違うってば!」 

曜「だって……」 

梨子「理由はね……」 

梨子「曜ちゃんのこと嫌いだから」 

曜「え」 

梨子「わかったならもういいでしょ」 

梨子「離して」 

曜「あ、うん……」ボ-ゼン 


梨子「…………」タッタッタッ 

梨子(言っちゃった……) 

梨子(これで良かったのかな……) 

梨子(でもこれが2人のためになるはず、なんだもん……)



329: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/19(火) 03:09:47.63 ID:nxoHw24/

私はついに引っ込みがつかなくなってしまった 

この日言ったことを嘘にしないために私は曜ちゃんにキツくあたるようになった 

それから曜ちゃんとの関係はどんどん悪くなった 

けれどその方が、2人の幸せになると思った 

曜ちゃんから嫌われれば告白しようなんて思わなくなる 

そうすれば2人の邪魔をしなくて済む 

だからさっさと、2人には付き合って欲しかったのに 

それなのに 

千歌「梨子ちゃんのことが好きです」



338: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/20(水) 13:10:01.68 ID:dX/GDQB9

千歌「チカと付き合ってくれませんか?」 

梨子「え……え?」 

梨子(どうして……?) 

梨子『千歌ちゃんは曜ちゃんのことが好きなんじゃないの?』 

私はすんでのところでその言葉を飲み込んだ 

千歌「ダメ、かな」 

梨子(頭が混乱して何も考えられない) 

梨子「……ごめん」 

千歌「っ」 

梨子「私は千歌ちゃんのこと友達としてしか見たことがないの……」 

梨子「だから、ごめんなさい」 

千歌「……そっか……っ、ううぅ」 

千歌「ごめんね、急にこんなこと言って」 

梨子「私こそ、ごめん」 

千歌「謝らないでよ、梨子ちゃんは何も悪くないんだから」 

千歌「これからも友達で居てくれる?」 

梨子「ええ、勿論よ」



339: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2017/12/20(水) 13:10:47.10 ID:jnhtOKag

梨子(千歌ちゃん、どうして) 

梨子(単に私の勘違いだったってことなのかな.) 

梨子(なら、曜ちゃんに今までの事謝らないと……) 


曜ちゃん 発信中 

プルルルル 

梨子「もしもし、曜ちゃん?」 

梨子「明日どうしても話したいことがあるの」



340: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2017/12/20(水) 13:11:12.55 ID:jnhtOKag

次の日 

梨子(約束の時間から30分も過ぎてる) 

梨子(やっぱり来てくれないかな……) 


梨子「あっ」 

梨子「遅いよ」 

曜「だってこんな急に呼ばれて、来ただけでも……」 

曜「それで、急に呼び出してなんの話?」 


梨子(それは、今までの事を……) 

梨子(でも、それには、昨日千歌ちゃんに告白されたことを話さないと) 


曜「?」 


梨子(やっぱり言うのはもうちょっと話しやすいタイミングになってからにしよう) 


梨子「買い物付き合ってもらおうと思って」 

曜「は?」 

梨子「曜ちゃん体力自慢でしょ。ちょうどいいしお願い」 

梨子「まずあの店からね」



341: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2017/12/20(水) 13:28:35.75 ID:jnhtOKag

美術用品店 

梨子(曜ちゃん、絵上手だからこういうところ好きそうだし、ここでなら普通に話せるかな) 


梨子「曜ちゃん、画材とかわかる?」 

梨子「衣装デザインのノートの絵上手かったよね」 

曜「色鉛筆しか使わないから詳しくないよ」 

梨子「そう、まあ期待してなかったけどね」 

梨子「これと、これもきれてたかな。あと新しい……」 


梨子(あぁ、こんなこと言いたいわけじゃないのに) 

梨子(曜ちゃんが突き放す言い方するから私もつい……) 

梨子(いや、私がいままであんな態度取ってたから当たり前だよね……) 

梨子(早く謝らないと) 


梨子「ようちゃ……」 

曜「ねぇ」 

梨子「……ん、なあに」 

曜「千歌ちゃんのこと振ったんだって?」 

梨子「……千歌ちゃん話したんだ」 

梨子「なにか言ってた?」 

曜「千歌ちゃんのことは友達として好きって言われたって」 

曜「どういうこと?」 

曜「千歌ちゃんのこと好きだったんじゃないの?」 


梨子(やっぱりそう思われてるんだ) 

梨子(早く誤解とかないと)



374: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 00:53:29.27 ID:r7qFC3U+

梨子「千歌ちゃんのことは好きよ。友達として大切に思ってる」 

曜「千歌ちゃん泣いてたよ」 

梨子「…………」 


梨子(じゃあどうすればよかったっていうのよ) 


曜「また自分が普通なせいだって言ってた」 

梨子「……私だって傷つけたかったわけじゃないわよ」 

曜「じゃあ付き合ってあげればよかったじゃん」 

梨子「はぁ、何言ってるの?」 

梨子「曜ちゃん、おかしなこと言ってるよ」 


梨子(本当に何言ってるんだろう)



375: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 00:57:32.62 ID:r7qFC3U+

梨子「曜ちゃん、おかしなこと言ってるよ」 

曜「おかしいのは梨子ちゃんでしょ」 

曜「千歌ちゃんのことが好きだから、私にあんなに嫌がらせしたんじゃないの?」 

梨子「……曜ちゃん、いつになく強気だね、千歌ちゃんが絡んでるから?」 



曜「話逸らそうとしないで!」 


梨子(曜ちゃんは千歌ちゃんのことをこんなに……) 

梨子(でも、千歌ちゃんが好きなのは私で) 

梨子(両想いじゃないんだったら、私だって曜ちゃんんこと……) 


梨子「…………」 

曜「今度はだんまり?」 



梨子「……最初はそうだったし、ずっとそう思ってたよ」 

梨子「でも昨日告白されて気づいたの」 

梨子「今は千歌ちゃんのことそういう風に思ってないんだって」 


梨子(……なんて言えば、私のこと少しは見てくれるかな) 


曜「飽きたってこと?」 

梨子「違うよ」 

梨子「そう悪者にしようとしないで」 

梨子「千歌ちゃんが私のこと好きでも、私が別の人を好きだったってだけの話でしょう」 



曜「他に好きな人がいるんだ」 

梨子「ええ」 

曜「……」 

梨子「……」 

梨子(曜ちゃんは、なんて思ったんだろう) 

曜「……」 

曜「私帰るね」 

梨子「!」



376: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 00:59:35.61 ID:r7qFC3U+

梨子「待って、今日は付き合ってよ」 

曜「そういう雰囲気じゃないじゃん」 



曜「私は聞きたいこと聞いたし」 



曜「そもそも今日なんで呼んだの?」 


梨子「いいから」 



梨子「黙って付き合って」 


梨子(今別れたら、もう曜ちゃんと話せない気がする) 



梨子「じゃないと、曜ちゃんが千歌ちゃんのこと好きだって、千歌ちゃんに言うよ」 


梨子(あぁ、最低だ) 

梨子(でも一緒にいれさえすれば謝れる) 


梨子(ううん、結局私は) 

梨子(自分のことしか……) 


曜「いいかげんに……」 



梨子「…………」プルプル 

 

曜「…………」 

曜「……わかった」 


 

それから今日一日、曜ちゃんは私に付き合ってくれた 

会話はずっとなくて、謝ることはできなかった



377: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:30:43.64 ID:r7qFC3U+

翌日 


梨子「今日千歌ちゃんと曜ちゃん雰囲気悪いね」 


梨子「喧嘩したんだ、珍しい」

 

曜「喧嘩っていうか、なんていうのかな」 

曜「ねえ、お願い。梨子ちゃんから千歌ちゃんに否定してよ」

 

梨子「なにを?」
 

曜「梨子ちゃんと私が付き合ってるって」 


梨子「そんな噂が流れてて、喧嘩したのはそれが原因なんだ」 

曜「……うん」 


梨子(私と曜ちゃんが付き合ってる) 

梨子(そうだったらどんなにいいのかな) 

梨子(このままにしてたら、本当にならないかな) 




梨子「千歌ちゃんと曜ちゃんが仲良くなるのを、私が助けると思う?」

 

曜「……そうだよね」 

曜「……それでも、お願い」 


梨子「…………」



378: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:31:56.93 ID:r7qFC3U+

梨子(なんにも言い返さない) 

梨子(やっぱり曜ちゃんには千歌ちゃんしか映ってないんだ) 


梨子「そんなに、私と付き合ってるって言われるの嫌なの?」 

曜「…………嫌に決まってるでしょ」 

曜「梨子ちゃんだって、私なんかとそんな噂されるの嫌でしょ」 

曜「梨子ちゃんは私のこと大嫌いなんだから」
 

梨子(早く謝ってれば) 

梨子(ううん、私が曜ちゃんのこと避けたりしなきゃ) 

梨子(千歌ちゃんが曜ちゃんのことを好きだって勘違いしなきゃ) 

梨子(何か変わってたのかな) 


梨子「……そうだね、わかったわ」 

梨子「誤解解いておいてあげる」



379: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:34:17.86 ID:r7qFC3U+

放課後 

梨子「千歌ちゃん来てくれるかしら」 

梨子「曜ちゃんのためにも、私たちのためにも、誤解解かないと」 

梨子(……でも) 

梨子(千歌ちゃんの誤解を解いて、それでどうなるんだろう) 

梨子(私たちは、元の3人に戻れるのかな) 

梨子(きっと無理だよね) 

梨子(私と千歌ちゃんは、これからも友達って言ったけど、きっと気まずいまま) 

梨子(曜ちゃんに謝れたとしても、千歌ちゃんと気まずい私は、きっと曜ちゃんとも疎遠になる) 

梨子(私は1人きりに……) 

梨子「……そんなの嫌だな」



380: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:34:47.48 ID:r7qFC3U+

梨子(千歌ちゃんが告白して来なければ拗れることもなかったのに) 

梨子(千歌ちゃんが曜ちゃんを好きなら) 

梨子(そもそも、本当に千歌ちゃんは私のこと好きなのかしら) 

梨子(……) 

梨子(なんて酷いことを思うんだろう) 

梨子(千歌ちゃんの気持ちを疑うなんて) 

梨子(千歌ちゃんはとっても良い子だもの、千歌ちゃんと付き合う子はきっと幸せなんでしょうね) 

ーじゃあ付き合ってあげればよかったじゃんー



381: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:35:52.72 ID:r7qFC3U+

梨子「!」 

梨子「だめよ、そんなの」 

梨子(でも、仮に千歌ちゃんと付き合ったら) 

梨子(私は千歌ちゃんと一緒に居られる) 

梨子(千歌ちゃんと一緒に居れば、曜ちゃんとも一緒に居られる) 

梨子(そういえば前に言っていたわね) 

千歌『ずっとこのままで居られたらいいな』 

梨子(そのためならきっと許してくれる) 

梨子(なら……) 

千歌「梨子ちゃん、おまたせ」 

梨子「あ、えっと、ごめんね、急に呼び出して」 



千歌「それはいいけど、話って?」



382: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:49:05.16 ID:r7qFC3U+

梨子「……千歌ちゃんが告白してくれたときと逆だね」 

自分の声と表情が薄ら寒い 

千歌「……そういうの、やめてよ。梨子ちゃんは曜ちゃんと付き合ってるんでしょ?」 

梨子「付き合ってないよ」 

千歌「じゃあ、先週の日曜は2人で何してたの?」 

千歌「それに今までだってチカに隠れて2人で色々話してるみたいだったし……」 

梨子「それはね……」 

千歌「それは?」 

梨子「相談に、乗ってもらってたの」 

千歌「相談?」 

梨子「そう、千歌ちゃんに告白されて、あの時は、びっくりして断っちゃったけど」 

梨子「でもやっぱり後悔して」 

梨子「曜ちゃんに相談して、背中を押してもらったの」 

嘘がスラスラと出てくる自分が気持ち悪い 

千歌「それって……」 

梨子「告白、断っておいてすっごく図々しいよね。ごめん」 

梨子「けど、やっぱり私も千歌ちゃんのことが好き」 

梨子「だからどうか私と付き合ってください」 

千歌「そんな……」 

梨子「ダメかな……」 

千歌「ダメじゃない!ダメじゃないよ!」 

千歌「チカ、何してたんだろ、勝手に勘違いして怒って、梨子ちゃんと曜ちゃんに迷惑かけて」 

千歌ちゃんが本気で申し訳なさそうにしてる前で私はどんな顔をしてるんだろう 

今だけは鏡を見たくなかった 

千歌「私こそごめん」 

千歌「これからよろしくお願いします!」 

千歌「大好きだよ、梨子ちゃん!」



383: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:49:33.78 ID:r7qFC3U+

こんな嘘だらけの私だけど 

千歌ちゃんのことは本気で好きになろう 

一番身近で、笑顔の可愛らしいこの素敵な女の子を 

でも 

千歌ちゃんのことを好きになるなら 

曜ちゃんにはもう謝れないんだろうな 

梨子「ええ、私も、千歌ちゃんのことが大好き」



384: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:53:00.87 ID:r7qFC3U+

ちかりこルート 梨子視点end



385: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 01:58:36.24 ID:r7qFC3U+

保守してくれている方々いつもありがとうございます 

本当は分岐して別ルートやるつもりでしたが 
別ルート入った場合に曜視点で梨子がなんでこんな行動とったか説明するのが難しかったので 
先に展開を沿ったものを書きました



390: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2017/12/27(水) 12:38:47.84 ID:AUy9nzNi

ひとまず乙でした



392: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 22:46:04.99 ID:r7qFC3U+

実は>>216までなにも考えずに書いてた 

曜が千歌に助けてほしいって思ってるときに、千歌から電話がかかってきて、期待して電話に出たら真逆の内容で曜ちゃん可哀想 
というのを見たくてちょっと書いてみただけで続くつもりはなかった 
反応があったから続き書いて見た次第です 
その後もとにかく振り回しまくれば面白くなるだろうって思って後先考えずに、曜ちゃんをいじめました 

千歌と梨子が付き合ったあたりで、曜が自殺して 
2人は気まずくなって別れてエンドというのを想定していたのだけど 
死はさすがに安易かなと少し考えたら、梨子ちゃん天使説が急遽降りてきて 
>>216から展開をちゃんと考えるようになった



393: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 22:46:47.91 ID:r7qFC3U+

実は梨子に悪意なんてなくて 
行動は全部2人のためで 
曜視点で一番純粋に見えた千歌こそ実は一番計算高かった 
視点を変えると印象が全然変わって見えるというのをやりたいと思ってた 

そして曜視点では千歌の望みが叶いちかりこルート 
梨子視点では曜の望みが叶いようちかルート 
千歌視点では梨子の望みが叶いようりこルート(一番純粋だった梨子が報われる意味も込めて) 
視点のキャラが報われるんじゃなく、視点のキャラ身を引いて好きな人が幸せになる話にしたかった 
急に3年経ったのもそれが理由で 
誰も悪意なんて持ってなかったのだから誰かに不幸になって欲しくなくて 
それなりにみんな幸せになるように書いた



394: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 22:47:47.60 ID:r7qFC3U+

そして一番人物像が語られてない千歌ちゃんについて 
千歌は梨子と曜が2人だけで何か話してること 
自分がいない時2人の態度が違うことには気付いていて 
自分は普通だけど、2人は特別な輝いてる女の子だから置いていかれてしまうと思いました 
そして2人が付き合い始める前に自分が告白すれば3人でいられると考えました 

千歌にとって梨子と曜の優劣はないけど 
曜ちゃんは幼馴染だからどんなことがあっても一緒に居られる 
梨子ちゃんはまだ繋がりが薄いから曜ちゃんと付き合ったら離れていってしまうかもしれない 
そういう理由で梨子に告白しました 

なのである意味梨子の見立ては間違ってもなかったし 
だからこそ予想外でした



395: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 22:48:26.31 ID:r7qFC3U+

千歌が自己評価低いのはこの世界だとスクールアイドルを始めていないからです 
だから曜も高飛び込みを続けてるし 
他のキャラは一切出さないようにした 

曜の高飛び込みを見にいった帰りに、梨子が「千歌ちゃんは部活しないの?」って話を振ったり 
千歌の家で部の申請届けを見つけるといったイベントを挟むか迷いました 
千歌は曜が自分のせいで高飛び込みを疎かにするのが嫌で結局諦めることにしています



396: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2017/12/27(水) 22:50:27.87 ID:r7qFC3U+

グランドルートはスクールアイドルを始めて終わりというのも一つの案でしたが 
そこまで持っていく文才はなくて 
梨子と曜が険悪になる理由は弱かったし(ちゃんと渡辺呼びするくらい険悪だったら、ようちかルートで梨子が身を引くときにスレタイの台詞を言わせて、自分は曜のこと好きなんかじゃないアピールができた) 
書いている途中で千歌の行動原理を梨子に取られちゃったりしました 

思った以上に長文になってしまってこんなの書くくらいなら続き書けよと思わなくもないですが、自分の力不足をお許しください 

そもそもSS自体まともに書いたことなくて 
安価のようちかSSを3つ書いたことあるくらいです 

自分には力がなくて全然書けませんでしたが、SS書きさんに使える設定があれば是非使っていただければ本望です



397: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/28(木) 03:09:07.10 ID:IYnfelPN

乙~ 
また機会があれば書いてくれー



399: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2017/12/28(木) 07:46:00.02 ID:VP7cgRMu

乙でした 
イッチのSS良かったと思うので、気が向いたら 
また書いて欲しいな






他のおすすめSS