転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394892489/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:08:09 ID:KnnrAYOE

承太郎「メールか」ピ


差出人:DIO

件名:ときとめれる奴で明後日10しに焼肉行こうせ

本文:なんならお前の知ってる奴連れて来てもいいそ
   はしょはしょしょえん(←変換てきない)


承太郎「・・・?」

承太郎(濁点打てないのか・・・?)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:12:27 ID:KnnrAYOE

明後日10時

承太郎「来たぞ」ガララ

DIO「遅いぞ・・・ってなんでポルナレフが一緒なんだ」

承太郎「チャリオッツって速いだろ?時止めの素質があるんじゃあないかと思ってな」

DIO「相対的に時を止めるのか。まがいもn」

承太郎「あ゛?」

DIO「」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:16:26 ID:KnnrAYOE

ポルナレフ「で、なんで呼んだんだよ」

DIO「別に貴様は呼んでない」

ポルナレフ「酷いなオイ・・・昔はオレ部下だったろ」

DIO「そうだったかァ?」ヘラヘラ

ポルナレフ「」イラッ

ディエゴ「来たぞ」ガララ

DIO「貴様も遅いッ!このDIOがたった1人で2分も待ってたんだぞォ!?」ガタ

ディエゴ「2分かよ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:18:53 ID:KnnrAYOE

ディエゴ「で、なんで呼んだんだよ?」

DIO「時止めで何をしているか、どんな欠点があるか、他人の時止めとはどう違うか・・・を喋るためだな」

ポルナレフ「帰っていいか承太郎。ハミられそうだ」ガタ

承太郎「待て、ブランドー2人を同時に相手するのはキツい」ガシ

ディエゴ「オレもこいつを相手するのはキツい」

DIO「貴様ァア!!」ガタ




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:20:52 ID:KnnrAYOE

プッチ「来たよDIO」ガララ

DIO「プッチ!?なんでここに」

承太郎「一応俺の時止めに入門してきたから呼んだ」

DIO「たまには気が利くな貴様」

プッチ「何か注文したのかい?」

DIO「まだだ。まだこれから人が来るしな」

全員「?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:23:35 ID:KnnrAYOE

ポルナレフ「オイオイ待てよ、まだ時止めできるスタンド使いがいるのか?」

DIO「・・・スタンド使いではないな」

ポルナレフ「は?」

ニノマエ「来たよー」ガララ

当麻「ギョウザある?」ピシャン

DIO「よく来た」

ディエゴ「誰だよ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:28:01 ID:KnnrAYOE

ニノマエ「かくかくしかじか」

承太郎「まるまるくまぐま・・・なるほど、スタンドではなくSPEC・・・」

ポルナレフ「しかも無限に止められるとかチートじゃあねえか」

ディエゴ「死んだSPECホルダーを呼び出せるってのも大概だと思うがな」

ニノマエ「おじさん達5秒しか止められないんでしょ?wwwww雑魚だねwwwww」

全員「」イラァ

グルド「来たぞ」ガララ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:30:08 ID:KnnrAYOE

DIO「おおよく来た」

グルド「Mハゲに絡まれて、来るの大変だった」ドサ

ニノマエ「ねぇ誰このデブ」

グルド「惑星ごと消し飛ばすか?あ?」

DIO「落ちつけ」

グルド「すまんすまん」

ポルナレフ(何なのこいつら)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:32:24 ID:KnnrAYOE

ドラえもん「来たよ。のび太君も一緒でいいかな?」ガララ

のび太「お願いします・・・」

ニノマエ「別にいいよ。君、何年生?」

のび太「え・・・小5です」

ニノマエ「フーン・・・よろしく」

DIO「全員そろったなー、じゃあ注文するぞ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/15(土) 23:32:59 ID:KnnrAYOE

飽きた
終わる



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 00:02:40 ID:vcfnPp5g

アフロディ「…」
ほむら「…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:01:56 ID:kw.M.SX.

仮面ライダーオーズのスーパータトバコンボもありですな



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:03:12 ID:kFFNhIn6

じゃあ時止めAVの奴も入れよう



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 16:14:40 ID:.sd5WNVg

店員「お決まりですか?」

DIO「女の血」

グルド「食用の地球外生命体」

店員「」

ニノマエ「全員ビビンバでwwwwwwwww」

店員「はい」

DIO「あっ、貴様!」

当麻「餃子」

店員「かしこまりましたー」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 16:45:33 ID:.sd5WNVg

グルド「こ・・・このオレが低俗なサル野郎のガ・・・ガキに飯を勝手に決められるとはなァァ・・・」ギリギリ

DIO「な・・・なんてことだ・・・このDIOが・・・飯を決められただと?このDIOがあのガキに飯を決められて・・・新メニュー、すだれ炙り焼を食べることが・・・食べることができないだと!?」ググググ

ポルナレフ「いいね、オレビビンバ好きだぜ」

のび太「僕もビビンバ好きだよ」

ニノマエ「へえー」ピシガシグッグッ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 16:48:05 ID:.sd5WNVg

ディエゴ「ビビンバ来る前に時止めについて話そうぜ」

承太郎「そうだな・・・おい、そこのタヌキ」

ドラえもん「タヌキじゃなくてネコだ!」

承太郎「え・・・そうなのか(困惑)」

ニノマエ「ねえねえ、タヌキさんはどうやって時を止めてるの?ww」

ドラえもん「タヌキじゃなーーーいッ!」バン!



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 16:53:08 ID:.sd5WNVg

ドラえもん「僕はタンマウォッチっていう道具を使って時を止めてるんだ」

DIO「道具にたよるとは貧弱貧弱」

ニノマエ「制約とかは無いの?」

ドラえもん「ないよ。・・・まあ、一回壊れちゃって、時間が動かなくなったことはあったね」

のび太「あの時は焦ったよ」

ポルナレフ「ヘェエ~、使用者が死んでも時間はずっと止まってるわけか」

ニノマエ(僕の上位互換だと?)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:00:10 ID:.sd5WNVg

ディエゴ「じゃあそこの・・・ニノマエとか言ったか?」

ニノマエ「え・・・ああ、僕か」

ニノマエ「先に来てた人達には言ったけど、僕も自分が生きている限りは止めれるよ」

ニノマエ「厳密には時を止めてるんじゃなくて超スピードなんだけど・・・まあ僕が最強のSPECホルダーだよ」ドヤァ

ニノマエ「この世界の中では違う速度で生きている生物もいっぱいいるよ。僕の能力はそういうことさ」

DIO「・・・承太郎と同じということか」フラフラ

承太郎(立ち直りやがった)



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:06:57 ID:.sd5WNVg

ポルナレフ「あんたも時を止めれるのか?」

当麻「え・・・まあ、私のSPECは死んだSPECホルダーを蘇らせるSPECなんだけどさ」

当麻「弟も死んだから弟も呼び出せて、弟のSPECも使えるんだよ」

グルド「・・・それってあらゆる能力が使えるってことか?」

当麻「死んでて、なおかつ協力してくれればね」

全員(チートだ・・・)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:14:30 ID:.sd5WNVg

DIO「次は貴様だデブチビ」

グルド「何だと!?誰がチビ・・・」

DIO「?」←195cm

グルド「・・・」←145cm

グルド「・・・チッ」

ニノマエ「」プークスクスクス



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:18:34 ID:.sd5WNVg

グルド「」ギロ

当麻「やべ」ギュ!

ニノマエ「お、おかしくないよ」ギュウウウウウウ

グルド「ならいいがな」チッ

グルド「俺も時間停止だ。ただし、かなり体力を消費するから長い間は止められないし、止めている間に攻撃もできない・・・」

ニノマエ「」クスクス

当麻「」ギュウ!

ニノマエ「な、なんでもないよ」ギュウウウ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:24:51 ID:.sd5WNVg

グルド「次はお前だぞDIO」

DIO「ンッン~♪ついにこのDIOの能力を解き明かす時が来たか・・・」

のび太「何この人・・・」ヒソヒソ

ドラえもん「100年前からこういう人だよ」ヒソヒソ

DIO「野比のび太!貴様喋っているな!!」

のび太「」ビク

DIO「スタンド能力というのは、だ。持っていると守護霊のようなものがつくのだ」

ニノマエ「守護霊?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:27:36 ID:.sd5WNVg

DIO「この守護霊が殴ったり蹴ったりして攻撃するんだが・・・時間を止めれば鬼に金棒だな」

DIO「まァこのDIOは100年ほど前に不死身の肉体を手に入れてな・・・鬼が金棒と爆弾を持っているようなものだ」

DIO「停止できるのは5秒~10秒程だな。止まっている時間を数えるというのもおかしいが・・・」

ニノマエ「10秒wwwwwカスだねwwwwwwwwwww」

DIO「血ィ吸って屍生人にしてやろうか?」ガタ

ニノマエ「へえ?」キュポ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:31:27 ID:.sd5WNVg

承太郎「ん・・・おいDIO、頭どうした」

DIO「え?」

プッチ「本当だ、何か書かれている」

DIO「WRYY!?鏡ッ鏡ッ!!」ゴソゴソ

承太郎「鏡持ってるとか女子力高いな」

DIO「これは・・・!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ニノマエ「『切り取り線』だよ」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:39:24 ID:.sd5WNVg

DIO「何・・・だとォォ・・・!?」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ニノマエ「『スタンド』を出したら・・・その線に沿って頭を真っ二つにするよ」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

DIO「・・・」

DIO(吸血鬼も脳を破壊されればそれまでだ・・・従うか)

DIO「・・・分かった」スト



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:46:38 ID:.sd5WNVg

ニノマエ(焦った・・・こっちもスタンドは見えないからね)

ニノマエ「で、そっちは?」

承太郎「・・・俺か?」

DIO「そいつは5秒しか止められない雑魚だから話しかけてm」ドッゴオ

DIO「うッげェェーーーーーーーーッ」ドガァアン

承太郎「てめーも5秒しか止められなかったろうが・・・」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 17:50:58 ID:.sd5WNVg

店員「おまたせしましたー」ゴト ゴト

ニノマエ「あ、来た」ゴト

DIO「WRY・・・すだれ炙り焼・・・」パクパク

グルド「何だそれ美味いのか?」ガツガツ

DIO「知らん。部下から聞いた」バクバクバク

のび太(乗り気じゃなかったのによく食べるなーこの2人)



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:46:57 ID:UQNad.Qc

あれ?おかしい・・・DIOがかわいく見える



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:57:00 ID:.sd5WNVg

グルド「ごっそさん」ゴトン

DIO「人間の食事もたまにはよいな」ゴトン

ドラえもん「早いね」ゴトン

当麻「あんたに言われたくはないと思う」ゴトン

ポルナレフ「お前ら全員はえーよ」

プッチ(私以外に加速の能力者が・・・!?)

DIO「では、どうして敗北したか話し合おうではないか」

ディエゴ「互いの失敗談を話し合い、今後につなげていくのか」

DIO「そうだな。ぶっちゃけると他人の不幸をあざ笑いたいだけだが」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:05:35 ID:.sd5WNVg

DIO「じゃあまずこの中で一番優秀そうなニノマエ君に聞こうではないか?」ニヤニヤ

ニノマエ「・・・」

ニノマエ「そうだね。僕の能力は超スピードだから、自分より速い電気は止められないし、熱も止められない。それでやられたこともあるし」

ニノマエ「僕の中の時間はものすごいスピードで流れてるから、毒が常人より早くまわって負けたこともある」

DIO「そういえばプッチも加速の能力だがなんで負けたんだ?」

プッチ「酸素濃度濃くされて倒れた上に頭潰された」

DIO「・・・加速能力は環境とかそんなのでやられているのか」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:10:35 ID:.sd5WNVg

ニノマエ「そっちの・・・帽子かぶってた人は?」

ディエゴ「俺か?」

ニノマエ「うん」

ディエゴ「ヴァレンタインっていう大統領がいてだな、そいつの能力で俺は平行世界に飛ばされたんだ」

グルド「で?」

ディエゴ「そしたらルーシーって女がその飛ばされた世界における俺の首を持っていてな」

ディエゴ「同じ世界に同じ人間は存在できないから死んだんだ」

ドラえもん「時止め関係ないね」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:13:14 ID:.sd5WNVg

ディエゴ「・・・で、一巡前の俺は?」

DIO「私か」

DIO「ありのまま起こったことを話すぜ・・・俺はロードローラーで承太郎を潰したと思ったら脱出されてオラオラされた。何を言ってるのk」

ディエゴ「承太郎は?」

承太郎「そこの神父と闘っている最中に娘が危険に晒されてな。自分の命を犠牲にして助けた」

DIO「聞けイ!!」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:18:12 ID:.sd5WNVg

グルド「俺はさっき言った通り時間停止に体力を消費するからな・・・それで闘いが不利になったというのもあるが」

グルド「Mハゲに不意打ちで首ちょんぱされて死んだ」

DIO「は?首斬られた程度で死ぬのか貴様」

グルド「は?」

DIO「このDIOは体を縦に真っ二つにされ、塔から突き落とされ、その結果首を自分で切断し、船ごと爆破され、100年間海の底にいたが生k」

承太郎「日光浴したとたん消滅するくせに」

DIO「うぐ」

ニノマエ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:25:33 ID:.sd5WNVg

承太郎「・・・とりあえずは」

承太郎「ニノマエは能力の弱点を突かれ、その他は油断・慢心していたところを突かれ、俺は娘を助ける行動をして突かれた」

承太郎「ニノマエは完全な時止めであれば負けなかったし、俺はもっと長い間時間を止められていれば負けなかった。グルドは時止めに体力を消費しないシステムなら勝てた」

全員「・・・」

承太郎「能力に穴があり、そこで負けたと言える」

グルド「そうだな。俺が弱いわけじゃないy」

承太郎「しかし、その能力の穴を意識して行動すれば負けることはなかったのではないか?ニノマエは能力の弱点をさらけ出さず、グルドは時止めを使わず普通に攻撃を回避すればよかった」

全員「・・・」

承太郎「つまりは全員・・・油断して負けたわけだな」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:30:20 ID:.sd5WNVg

承太郎「だから、慢心せずに全力を出して戦えば勝てたというわけだな。今後は皆それを念頭に置くようにすればいい」

全員「・・・」

承太郎「もともと今回は時止めの弱点なんかについて話し合うためにみんな来たんだろう?これで終わりだな」

ディエゴ「そうするか」ガタ

グルド「時止めを使わずに戦う・・・か」

DIO「人間ごときがこのDIOに説教など・・・」

DIO「白けてしまったな。今回はこれでお開きにしよう」

DIO「承太郎!次にやるときには負けんぞ」

承太郎「・・・」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:31:23 ID:.sd5WNVg

DIO「じゃあ解散だ。夜道には気をつけろよ」

全員「じゃあ、また今度」

DIO「ああ」

店員「」ポン

DIO「!」

DIO「何だ・・・店員か」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:33:30 ID:.sd5WNVg

店員「お勘定」

DIO「え?」

店員「お勘定」

DIO「い、いや、少し待て」

店員「いいや。待てんな」

DIO「貴様!人間ごときが・・・」

店員「ほう?」ス

パタ

DIO「帽子を・・・」

ベジータ「誇り高いサイヤ人を人間と同じ扱いにするか・・・」

DIO「!?」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:34:12 ID:.sd5WNVg

ベジータ「ビッグバンアターーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!!」ドガァアアアアアン

DIO「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA」




51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:35:00 ID:UQNad.Qc

なんでサイヤ人が働いてんだよwww



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:36:44 ID:UQNad.Qc

乙!
楽しかった



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 19:40:17 ID:IH5eTOeY

オチ適当でワロタ



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:08:25 ID:SJ8LN6vg

乙。SSらしくて良かった。






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
古泉「涼宮さんの耳元でアイラブユーとでも囁くんです」 キョン「こうか?」 
【ごちうさ】みさくらなんココア 
遊作「復讐の先にあるのは…」 
れんげ「こまちゃんライターでのオ○ニーは危ないからやめるのん」 
夏海「駄菓子屋、腕相撲で勝負だ!!」楓「なんでだよ」