転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1392892773/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:39:33 ID:lHroCB4A

エレン「ミカサやアルミンみたいな親友を増やしたい」

エレン「まずは>>2(進撃キャラ)に話しかけてみよう」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:41:01 ID:KU5wUcAA

ハイスペック系エレンに出てくるエリメガさん



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:41:52 ID:lHroCB4A

>>2
読んでないごめん
進撃のキャラで頼む
↓再安価



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:42:28 ID:ToBqFlVk




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:46:22 ID:lHroCB4A

エレン「まずは王に話しかけてみよう。こんにちは」

王「…」

エレン「…」

王「…」

エレン(そういえばこの人喋ったことなかった気がする)

王「…」

エレン「サ…サンダル似合いますね」

王「…お前は誰だ?」

エレン「えーと名前はエレン・イェーガーと言います。趣味は>>7です」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:46:51 ID:Gkg3evyE

殺人




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:48:45 ID:lHroCB4A

エレン「えーと名前はエレン・イェーガーと言います。趣味は殺人です」

王「…」

エレン(いきなり過激すぎたかな…子供のころに殺っちゃってるしな)

王「いい趣味をしておる」

エレン「は…はい!」(あれ?褒められた)

王「何人くらい殺した?」

エレン「>>10くらいです」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:50:58 ID:9wI8vqa2

あなたと同じ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:55:11 ID:lHroCB4A

エレン「あなたと同じくらいです」

王「ふむ…やりおるな」

エレン「あ…ありがとうございます!」(また褒められた!仲良くなれそうだ!)

王「…」

エレン「…」(しかしまだ沈黙が気まずいな…)

エレン「あ…あの…ゲームでもしませんか?」

王「ゲーム?」

エレン「はい…たとえば>>14とか!楽しいですよ!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 19:56:02 ID:M8LQZVNc

王様ゲーム



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:02:47 ID:lHroCB4A

エレン「はい…たとえば王様ゲームとか!楽しいですよ!」

王「よいぞ…はじめよう」
---------------------------
エレン「王様だれーだ!」

王「ワシじゃ!」

エレン「そうじゃなくて王様の札を引いた人が王様なんだよ!俺が札を引いたから俺が王様」

王「む…」

エレン「じゃあ王様が俺に>>20する」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:03:56 ID:DfdU/Lhs

王位を譲りその後自害



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:11:34 ID:lHroCB4A

エレン「じゃあ王様が俺に王位を譲りその後自害する」

王「OK!」

王は自害して王位はエレンに移りエレン王が誕生した

エレン「これで憲兵団も駐屯兵団も調査兵団も使いたい放題だな」

エレン「さあまずは…おっぱいも見たいし、おっぱい揉みたいし」

エレン「>>23のおっぱいでも見るために城に呼ぶか」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:13:45 ID:XIZ2V5co

キース



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:25:13 ID:lHroCB4A

エレン「キースのおっぱいでも見るために城に呼ぶか」

キース「エレン王お招きいただき光栄に仕ります」

エレン「キース教官…」

キース「王!教官などととんでもない!キースと呼んでください」

エレン「キ…キース」///(やべぇ呼び捨て超萌えるし照れる)

キース「なんでしょうエレン王」

エレン「キースのお…おっぱいが見たい…」

キース「え…」///

見つめ合う目と目
止まる時間

キース「…仰せの通りに」

キースはおっぱいをあらわにした



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:27:12 ID:lHroCB4A

エレン「…」

キース「そ…そんな目で見つめないでくださいエレン王」///

エレン「綺麗だよ。肌も年齢を感じさせないし乳首の形も綺麗だ」

キース「いや…そんな言葉にしないで…」///

エレン(さわってみる?>>28)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:29:52 ID:XIZ2V5co

さわる



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:32:55 ID:lHroCB4A

エレン(触ってみるか…)ゴクリ

エレン「キースそのまま近くに」

キース「は…はい」///

エレン「少し触れてもいいかな…」

キース「え?さ…逆らえないの知ってて、聞くなんてズルい…」

エレン「…ごめん」

エレンはそっとキースのおっぱいに触れた

エレン(揉んでみる?>>30)



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:35:14 ID:9Wk84Obc

焦らす



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:40:30 ID:lHroCB4A

エレン(このまま焦らしてみるか…)

触れるか触れないかの距離でエレンは
キースの胸の谷間やピンと尖ったその先端を行ったり来たりする
空気がかきまぜられるのか時折キースから小さな息が漏れる

キース「…や!ひゃ!」

エレン(やべぇ…キース教官めちゃくちゃ可愛い)///

キース「エ…エレン王の…い…いじわる…ひゃ!」

エレン「このままキースのおっぱい弄りを続けるか?」

>>32-35
続ける・他のキャラと交流する
多数決



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:44:03 ID:xn35j83.

続ける



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:46:50 ID:UB5Ddb2I

やめる



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:47:42 ID:i3b5jT1Q

他のキャラと交流する



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:49:54 ID:vby93Siw

他キャラ



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:53:39 ID:lHroCB4A

エレン(…は!キース教官ってよく見たらガチムチの爺さんじゃないか!)

キース「…はぁはぁ」

エレン(うわーよく見たら気持ち悪い…俺は今まで何してたんだ?)

エレン「キースよ…もう帰っていいぞ」

キース「…え!やだ!そんな!ここまで焦らしといて!」

ぶんぶんと首を振りすがり付くキースを
エレンは憲兵に連れ出させた

エレン(王様も飽きてきたけど、権力があるから普段目上の人間も動かせるもんな)

エレン(あともう少しだけ遊んでみるか…)

エレン「>>3を呼ぼう」(エルヴィンやナナバ等、普段のエレンより上のキャラ)



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:54:15 ID:lHroCB4A

安価ミス

安価↓



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:54:50 ID:psiLb.1A

カルラ



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 20:58:25 ID:lHroCB4A

エレン「カルラを呼ぼう」
-------------------------------------
カルラ「エレン王。お呼び頂き光栄です」

エレン「カルラ生きていたのか」

カルラ「なんて…偉そうにしてるんじゃないよ!」ポカッ

エレン「うわわわ!いてぇ…か、母さん」

カルラ「いつから親を呼び捨てで呼ぶようになったんだい!」

エレン「ご…ごめん」

エレンは両目いっぱいに涙を溜めて
そしてカルラに抱き着いた

エレン「母さん…生きてたんだね。よかった…よかった…本当に」

カルラ「…エレン。お前も大きくなって…」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:02:41 ID:lHroCB4A

二人はしばし再会とお互いの無事を称え喜んだ

カルラ「ところでなんで王様になんてなったの?」

エレン「それはアルミンやミカサみたいな友達が欲しかったから…」

カルラ「バカだね…エレンは。権力を笠に着た人間関係なんて、たかが知れてるだろ?」

エレン「!!」

エレンの心に稲妻が走る

カルラ「ミカサとは…アルミンとは…どうやって親友になったか考えてごらん」

エレン「そうか…」

カルラはうんうんとうなずいた

エレン「ミカサとは>>43で仲良くなって、アルミンとは>>44で仲良くなった」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:04:33 ID:tkGxZuHM

弱った所につけこんで



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:04:43 ID:I.49j6/U

餌付け



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:08:40 ID:lHroCB4A

エレン「ミカサとは弱った所につけこんで仲良くなって、アルミンとは餌付けで仲良くなった」

カルラ「…なんてこと!そんな子に育てた覚えはないよ!」

エレン「でも母さん…俺はそういう方法しか知らないんだ!」

エレンがそう伝えるとカルラの体が光り出す

カルラ「…あ…母さんは、もう天国に帰る時間が来たようだ…」

エレン「母さん!母さん!もっと俺に教えてくれ…!!」

カルラ「…おまえは、それでもいい友達を作ってるじゃないか。信じた通りに生きるんだ…よ…」

カルラは光に包まれて消えた



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:14:23 ID:lHroCB4A

エレンはカルラが王の身分になることを嫌ったため
王の身分を捨てた
その日から壁内は王政ではなく国民投票政になった

エレン「よし…俺の友達の作り方。弱味に付け込んで餌付けして仲良くなるには…>>48が一番だな」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:22:54 ID:I6uZjjjs

強姦



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:24:28 ID:lHroCB4A

エレン「弱味に付け込んで餌付けして仲良くなるには…強姦が一番だな」

エレン「ミカサとアルミン以外で強姦したら喜びそうなのは>>51だ(進撃キャラ)」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:26:28 ID:XxX/R18I

ユミル



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:34:35 ID:lHroCB4A

エレン「ミカサとアルミン以外で強姦したら喜びそうなのはユミルだ」
-------------------------------------------
ユミル「エレン!ひさしぶりだな」

エレン「ユミル、ちょっと荷物を取りに行きたいんだ。倉庫まで着いて来てくれよ」

ユミル「ん?」
-------------------------------------------
ユミル「エレン…やけに遠い倉庫だな…というかここ使われてる…!!!!!」ングッ!

エレンはユミルに猿ぐつわをかませて
そのまま後ろ手にロープを縛る

ユミル「んー!んー!うぐううぐうう」

エレン「ユミル…お前も脇が甘いな。男と二人きりでこんなとこまで来るんじゃないぞ」

エレンはゆっくりと近づいた

まずどこから触る?
>>55



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:36:36 ID:tkGxZuHM




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:41:28 ID:lHroCB4A

エレン(まずは髪からだ…強姦と言っても優しくしなきゃな)

エレンはゆっくりとユミルの髪に触れた
もっと固い髪を想像していたが
思ったより柔らかくさらさらしている
その髪に指を通し手櫛で解いてやる

ユミル「う…んふ…」

エレン「気持ち良いか?」

黒毛の馬のような艶かなユミルの髪を
エレンは一通り弄んだ

エレン(次は>>58を触るぞ)



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:52:43 ID:eSSIqoQA

脳味噌



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:56:29 ID:lHroCB4A

エレン(次は脳味噌を触るぞ…)

エレンはユミルの頭をかち割ろうとしたその時!

ぺチン!

誰かの手がエレンの頬をぶった

エレン「>>60!!?(進撃キャラ名)」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 21:58:10 ID:BwPfz3V2

エレン



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:03:03 ID:lHroCB4A

エレン「エレン!?」

エレン「おまえは」

エレン「おまえは」

エレン「俺?」

エレン「俺?」

エレン「俺?」エレン「俺?」エレン「俺?」エレン「俺?」
エレン「俺?」エレン「俺?」
エレン「俺?」


エレン「俺?」


エレン「俺?」

エレン「俺?」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:03:52 ID:lHroCB4A

エレン「なに?」

エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」
エレン「なに?」
エレン「なに?」エレン「なに?」


エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」


エレン「なに?」エレン「なに?」
エレン「なに?」エレン「なに?」
エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」エレン「なに?」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:04:29 ID:M8LQZVNc

こえぇよ…



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:06:26 ID:lHroCB4A

エレン…エレン…エレン

ん?

起きて…起きて


起きて!!!

エレン「!!!」

ミカサ「もう帰らないと日が暮れる」

エレン「…あれ?ミカサ…お前…髪が伸びてないか?」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:08:08 ID:lHroCB4A

ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」
ミカサ「伸びてないよ」

ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」
ミカサ「伸びてないよ」

ミカサ「伸びてないよミカサ「伸びてミカサ「伸びてないよ」

ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」
ミカサ「伸びてないよ」

ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」ミカサ「伸びてないよ」
ミカサ「伸びてないよ」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:09:41 ID:lHroCB4A

伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界が暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界が暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界がまっくろろろ暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界が暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界がま暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界が暗くなっていく
伸びていくどこまでもミカサの髪が永遠に
そして視界がま暗くなっていく



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:10:27 ID:lHroCB4A

そして俺の視界はとうとう真っ暗のミカサの髪に埋め尽くされた












111111111111



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:11:29 ID:lHroCB4A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



THE END



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:12:16 ID:xDQ9AYag

なにこれこわい



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 22:24:38 ID:SqXLYcY6

安価の割にく良い終わり方だ
おつ!






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
エレン「ミカサって腹筋凄すぎて妊娠したら赤ちゃん潰れそうだよな」 
アルミン「ねえ、エレン。もし僕が女の子だったらどうする?」 
エレン「サシャと付き合うことになった」 
サシャ「食べ物の怨みは恐ろしいんですよ?」 
アルミン「クリスタの下着が盗まれた?」