転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1391936487/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 18:01:27 ID:tTFtl9v.

※キャラ崩壊あり

※更新はちまちま。時間を見つけて更新します



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 18:05:22 ID:tTFtl9v.

リヴァイの手に握られた 小瓶…


ミカサ「おそらく、あなたに拭かれた霧…というものは媚薬入りの香水」


リヴァイ「少し甘ったるいくせえ臭いだが?」


ミカサ「それが香水」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 18:11:30 ID:tTFtl9v.

―数時間前―


ハンジ「ようやく出来た!!媚薬入りの香水!!」 ハアハア


ハンジ「フフフフ これを噴いたら 異性を魅了できる!魅惑の香水!!」


ハンジ「私は!なんて!部下思いなんだぁぁぁぁ」


ハンジ「調査兵団は変人の巣窟!変人の巣窟!あっ二回も言ってしまったが…」

ハンジ「世間から部下も そう思われ…尚且 いつ死ぬかという不安から結婚もできない…」 ハア



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 18:14:45 ID:tTFtl9v.

ハンジ「そ、こ、で! 私は皆の為に これを作ったんだ…」


ハンジ「媚薬入りの香水…これで異性を魅了できる」

ハンジ「まだ試作段階だから、効力を試したい」


ハンジ「誰に? モブリットとか!?あー!!楽しみだよ!」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:32:10 ID:tTFtl9v.

ハンジ「もうすぐ きっとモブリットが『分隊長!また一晩中、研究してたんですか!?起きてくださいよ!!』 とお越しにくるはず」 ニヤニヤ


ハンジ「警戒心の強いモブリットの事だ…香水をつけてくれ!と頼んでも、まず断るだろう」 ウーン


コン! コン! コン!


ハンジ「あー!!もう来た!!」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:35:34 ID:tTFtl9v.

ガチャッ! 

ハンジ「おっはよー!!!!」 シュッ シュッ シュッ


ハンジ「…………あれ?」


リヴァイ「……」


ハンジ「あれ?あれ?」


リヴァイ「まだ寝ぼけてんのか?クソ眼鏡」


ハンジ「……………」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:38:41 ID:tTFtl9v.

ハンジ「リヴァイ?」


リヴァイ「早く受けとれ、クソ眼鏡…エレンの日常生活についての報告書だ」


ハンジ「ん~エレンね、私としてはリヴァイの日常生活について、深く知りたいな」 チラッ 


リヴァイ「は?」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:42:55 ID:tTFtl9v.

ハンジ「あっ!?もしかしてヤキモチ?」


リヴァイ「………は?」


ハンジ「エレン、エレンって」


リヴァイ「エレンの巨人化について、調べるのがお前の仕事だろうが」


ハンジ「リヴァイ…」


ハンジ「抱いて!!」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:47:26 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「今が職務中だという事を除いて、百歩譲っても その可能性はゼロだ」

ハンジ「リヴァイ!!」 ガバッ

リヴァイ「離せ!クソ眼鏡!!」 グググッ


ハンジ「堅いことを言わず!!さあ!!」


リヴァイ「有り得ん!脳ミソくさったか?クソ眼鏡!!」 グググッ


ムチュ~!!



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:53:34 ID:tTFtl9v.

ハンジ「リヴァイとチューした!責任取れ!!」


ドカッ!バキッイィ


ハンジ「」


リヴァイ「…人の唇をなんだと思って」 フキフキフキ 


+++紫色の小瓶+++ 


リヴァイ「?」


しばし考える…



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:56:34 ID:tTFtl9v.

霧を噴き付けられた→ハンジがおかしい 


ハンジがおかしいのはいつもの事


いや、でも気持ち悪かった

ハンジが気持ち悪いのも いつもの事だな 


…………………



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 19:59:29 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「…だが、この液体が関係しているかも知れん」


リヴァイ「モブリットにでも聞くか… ハア」


バタンッ

スタスタスタ



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:02:54 ID:tTFtl9v.

ミケ「……リヴァイか?」


リヴァイ「ミケ、モブリットを見なかったか?」


スンッ ミケ「この甘い匂いは何だ?」


リヴァイ「…これはハンジに 「リヴァイったら!私を誘ってるの?」


リヴァイ「は?」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:08:37 ID:tTFtl9v.

ミケ「ごめんなさい…私ったら!あなたの気持ちに気付いてなくて」 


リヴァイ「」


ミケ「この甘い香りをつけて、私を誘ってるんでしょ?」


リヴァイ(お姉だったのか…)


ミケ「私の小さいangel…もう我慢しなくていいのよ」 ジリジリジリ 


リヴァイ(ミケに押さえつけられたら…)


リヴァイ(確実にヤラレル!) ダッ 


ミケ「あっ!待っ

リヴァイは最速で走った… 前だけを見て進んだ!!



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:15:41 ID:tTFtl9v.

―――― 

ハア ハア ハア 


リヴァイ(ここまで来れば…)


ミカサ「……………」


リヴァイ(またか…)


ミカサ「…」 リヴァイ「…」

リヴァイ「お前は エレンの馴染み…」


ミカサ「エレンの馴染み、それは馴染みの女…という意味」


リヴァイ(オカシナ奴だらけかよ)


ミカサ「エレンの嫁として聞きたい、エレンは元気ですか?」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:21:55 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「元気かどうかは本人に聞くんだな、俺が言える事は、死んではいないという事実だけだ」


ミカサ(チビが!) ムカッ


リヴァイ「…なあ?変な事を聞くが」


リヴァイ「俺は匂うか?」


ミカサ「………」


ミカサ「体臭という意味なら、臭いません」



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:26:20 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「…そうか」


ミカサ(なに?このチビ?加齢臭がするかしないか聞くなんて)


リヴァイ「この小瓶の液を噴きつけられてから…周りの奴らが、オカシイ」


ミカサ「小瓶の液?」


リヴァイ「こう…抱いてくれ、だとか 私のangelがどうとか」


ミカサ「自慢話ですか?」


リヴァイ「…いや真面目な話だ」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:31:02 ID:tTFtl9v.

ミカサ「あなたの言う事が本当だとしたら…」


ミカサ「東洋に昔から伝わる媚薬」


リヴァイ「…媚薬?」


ミカサ「おそらく」


ミカサ「本当に存在するというなら、喉から手が出るほど欲しい」


リヴァイ「なんの為に?」


ミカサ「エレンを私の虜にする為に」


リヴァイ「嫁なんだろうが?」


ミカサ「それは願望」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:40:01 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「………」


ミカサ「………」


リヴァイ「じゃあハンジの部屋で噴きつけられた霧は」


ミカサ「おそらく あなたに噴きつけられた霧は 媚薬入りの香水」


リヴァイ「…媚薬」


ミカサ「おそらく、ので私には それが必要」


リヴァイ「お前は 効いてねえだろうが?」


リヴァイ「媚薬なら 女のお前に効くはずだろうが」


ミカサ「うっ…それは」



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:43:52 ID:tTFtl9v.

2人「………」


リヴァイ「試してみるか?」

ミカサ「是非」 シュッ シュッ


ミカサ「どうでしょう?ムラムラしてますか?」


リヴァイ「いや全く」


ミカサ「不良品?」


2人「…………」



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:47:10 ID:tTFtl9v.

カツンッ 


「ミカサ…?」


ミカサ「?」


クリスタ「ミカサ!」 ガバッ

クリスタ「会いたかった…水汲みに言ったのに、帰ってこないから」 グスン 


ミカサ「…は?」


リヴァイ「おい」



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 20:51:44 ID:tTFtl9v.

クリスタ「あっ///リヴァイ兵長!」


クリスタ「お会いできて光栄です// ずっと憧れていたんで」


クリスタ「その…朝からこんな事を言うのは恥ずかしいんですが//」


クリスタ「抱いてください//」

ミカサ「クリスタがビッチに」


リヴァイ「これが媚薬の効果か?」


ミカサ「なら、私は何故?」



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 22:04:40 ID:tTFtl9v.

クリスタ「勿論 ミカサも///」


リヴァイ「お前もかよ」


ミカサ「クリスタは女の子、ので私の虜になるのはおかしいはず」



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 23:04:47 ID:tTFtl9v.

リヴァイ「…では 男に会うとするか」

リヴァイ、ミカサ
スタスタスタ


クリスタ「ああ///待ってください!!」


――――



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 23:12:03 ID:tTFtl9v.

ミカサ「ジャン」


ジャン(ミカサが俺の名を呼んだのか?ミカサが) 


ジャン「ぉ…おう!何だミカサ?」 


ミカサ「ジャン…私を見て 何か思わない?」 ギュッ


ジャン(ちょっ!マジかよ!!ミカサが俺の手を握るなんて!…夢を見てるのか?)


ミカサ(これもエレンに媚薬を使う為の実験)


ジャン「思うって?///」


ミカサ「その…ドキドキするとか」



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 23:17:14 ID:tTFtl9v.

ジャン(するに決まってるだろうが!!///) ドキドキ 

ミカサ「これで分かったはず、その薬は私に必要」


リヴァイ「俺はお前に これを渡すつもりはねぇよ」


ミカサ「何?独り占め?」


リヴァイ「これで確信しただけで、解毒方法を知りたいだけだ」



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 23:21:36 ID:tTFtl9v.

ミカサ「なら力ずくで…」 ジリジリ


リヴァイ「どんだけ必死だよ」


「リヴァイ!!」


リヴァイ「?」


ハンジ「探したよ!私にはリヴァイが必要なんだ!勿論リヴァイにもだけど」


ミケ「んもう!逃げるなんて!照れ屋さん!///」 


ジャン「うわっ!!(気持ちわりぃ)」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/09(日) 23:27:29 ID:tTFtl9v.

クリスタ「リヴァイ兵長!ミカサ!意地悪しないで///」 ウフフ 


リヴァイ「ここは任せた」 シュッ 


ミカサ「ズルイ!立体起動を使うとは!」


ミケ「あら?君も可愛いわね!」


ハンジ「どうしよう…浮気なんてしたら、リヴァイに怒られるよ」


ミカサ「」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:24:45 ID:ovKvjbws

―旧本部― 

パシュッ

リヴァイ「散々な目に合った」


オルオ「兵長?馬はどうしたんですか?どうして立体起動を?」


リヴァイ「………説明すんのが面倒くせぇ」


リヴァイ「考える事が山程ある…」


オルオ「お疲れの様子ですね?」


リヴァイ「色んな意味でな」

リヴァイ「エレン!!」


エレン「ぁっ!はい!!おはようございます!!リヴァイ兵長!」 バッ



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:28:00 ID:ovKvjbws

リヴァイ「お前の馴染み…あの根暗野郎だが」


エレン(根暗?馴染み?)


リヴァイ「色々疲れる」


エレン「(ええ!?)スミマセンでした!!」 


ミカサ「それは心外」



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:30:53 ID:ovKvjbws

リヴァイ「!?」


ミカサ「馴染みの女は否定しないが、根暗野郎は否定します」 


エレン「はあ!?」


ミカサ「さあ!!エレン!!思い切り嗅いで!!」


エレン「ちょっ!何をだ!?」

ミカサ「私の香りを!!」



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:34:04 ID:ovKvjbws

エレン「訳わかんねえ奴だな!」 


ミカサ「こう…ムラムラしないの?」


エレン「いや全く」


リヴァイ「お前のオープンすぎる態度が そそらねえんじゃないのか?」


ミカサ「そんなはずでは」


ミカサ(おかしい…ジャンはムラムラしたのに)



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:39:19 ID:ovKvjbws

ミカサ「酷い…エレン」


ミカサ「そこの年配の調査兵の方!ムラムラしますよね?」


オルオ「……19歳だ…」


オルオ「兵長、なんですか?これ」


リヴァイ「疲れる要因」



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:46:34 ID:ovKvjbws

エレン「何なんだ」


ミカサ「………エレンが何も感じない」 

ヒヒーン

「ミカサ!!」


ミカサ「…アルミン?」


アルミン「立体機動つけて飛び出したから びっくりしたじゃないか…」


エレン「アルミンお前まで「心配したよ!!!!



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 20:51:04 ID:ovKvjbws

アルミン「僕は心配で心配で心配で心配だったよ!!僕に内緒で勝手な事をしないで!!」


エレン「どんだけ心配なんだよ」


アルミン「ミカサ…僕の側半径1メートルから離れたらダメだよ?」


リヴァイ「ちかっ!!」


ミカサ「アルミン…気持ち悪い」



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 00:26:47 ID:vqS5DasA

エレン「アルミンまで…どうしたんだよ?」


リヴァイ(媚薬がどうとか…説明すんのが面倒だな)

ミカサ「どうしてアルミンには効いて エレンには効かないの」


アルミン「またエレンか!!君はいつもエレンばかりだ!!」 チッ 


エレン「性格かわりすぎだろ?」



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 20:22:38 ID:vqS5DasA

リヴァイ「あーあのクソ眼鏡!今度会ったら削いでやる」


ハンジ「呼んだ?」


リヴァイ「お前ら一体何なんだ…」


ハンジ「まあまあ 照れるなよ」


リヴァイ「削ぐ」



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 20:26:23 ID:vqS5DasA

ハンジ「ごめんよ~まさかリヴァイが入ってくるとは想定外」


リヴァイ「…で 何だ この薬は?」


ハンジ「まあ ご想像通りに媚薬だよ」


リヴァイ「なんの為に」


ハンジ「部下思いの私はだね、部下たちがもてる様に開発したんだ」


リヴァイ「もっと他にする事あんだろうが」



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:05:43 ID:vqS5DasA

ミカサ「この媚薬は不良品」

ハンジ「そんな事ないよー 失礼だな」


リヴァイ「いきなり変な薬振りかけるお前の方が失礼極まり」


ハンジ「もうリヴァイは効力切れたんだから 時効だよ」


ミカサ「エレンが私にクラクラしない、よって不良品」



52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:09:19 ID:vqS5DasA

ハンジ「なら モテそうにないオルオで試そう」


オルオ「」

ハンジ「あっ待って!私はマスクするから!」カサカサッ


シュッ シュッ シュッ



53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:12:19 ID:vqS5DasA

ミカサ「なんとも思わない…ただの老兵に見える」


オルオ「老兵言うな」


ハンジ「あー!もう!ペトラ呼んできて!!エレン」


エレン「はい!!」

タタタッ



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:16:18 ID:vqS5DasA

ペトラ「呼ばれました」


ハンジ「悪いね!!ペトラ」


オルオ「………」


ペトラ「オルオ、大丈夫?今日は舌を噛んでない?」
(ペトラがオルオの頬をなでる)


オルオ(なっ!?なんだよ これ!!)



55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:21:22 ID:vqS5DasA

ペトラ「舌を噛まないか心配なんだ…もし舌を噛んで死んだらと思うと心配」


ミカサ「舌を噛まないか心配されてる…なぜ?」 

エレン「そこ触れたらダメだ な


ペトラ「オルオ…調査兵団辞めて 二人で開拓地に行こう…オルオを危険な目にあわせたくない」 

リヴァイ「精鋭二人抜けたら困るな」



56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:24:13 ID:vqS5DasA

オルオ「兵長!!スミマセン!!俺っ 俺は調査兵団辞めます!!」


リヴァイ「は?」


オルオ「スミマセン!!惚れた女、幸せにしたいんです!」 グスッ


ハンジ「オルオ…それ媚薬効果だから……」



57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:31:31 ID:vqS5DasA

「ちょっと待った!!」


ペトラ「何?」


アルミン「オルオさん僕と幸せになりましょう!!僕は開拓地にいたから耕すの慣れてます!!」


ミカサ「アルミンややこしい」


アルミン「僕も辞めます!!どこまでも付いていきます」


エレン「アルミン 外の世界は?」



58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:38:12 ID:vqS5DasA

ミカサ「アルミンは男の子、なので不良品」


ハンジ「色んな要因が考えられるけど…ホルモンがどちら寄りか…に左右されるかな」


エレン、ミカサ「え!?」


ハンジ「アルミンは女性ホルモンの多い男の子」 


リヴァイ「ミケは?」


ハンジ「元々 お姉要素があったんじゃない?」



59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/11(火) 23:46:00 ID:vqS5DasA

ハンジ「ミカサは男性ホルモ… エレン「わー!!」


エレン「ミカサはブレないんだよ、きっと」


ミカサ「エレン?」


エレン「な!!」


ミカサ「そう エレン一筋」

エレン(ミカサの手に握られたブレード怖すぎ) 


ハンジ「ハハッ 色んな要因があるからね まあ…そういう事にしておこう」



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 19:21:41 ID:V9CEo0io

ミカサ「私には薬は必要ないという事」


リヴァイ「あんなに必死だったのにな」


オルオ「これは薬なんかじゃねえ…ペトラの本当の気持ちに決まってる」


ハンジ「うんうん、気持ちは分かるけど 事実を認めようね」


オルオ「ペトラ!!一緒になってくれ!!」


ペトラ「は?」


オルオ「一緒に開拓地に行って 家族を沢山作ろうな!!」



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 22:37:01 ID:V9CEo0io

ペトラ「何言ってんの?」


オルオ「」


ハンジ「オルオ媚薬効力、切れるの早っ!」


オルオ「」


エレン「オルオさん!結婚より仕事ですよ!一緒に巨人を駆逐しましょう!!」


オルオ「くっ!俺はな別にショックではないんだが!?」



64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 22:43:10 ID:V9CEo0io

ミカサ「可哀想」


アルミン「ミカサ!シッ!」


ハンジ「これにて一件落着ー、私は帰るわー」


リヴァイ「おいクソ眼鏡…お前のせいで 朝からする仕事が溜まってるじゃねえか」


ハンジ「ん?訓練?エレンの実験?なら是非とも手伝おう!!」


リヴァイ「草むしりだ」



65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 22:47:04 ID:V9CEo0io

ハンジ「……………」


ミカサ「私はエレンの嫁、なので手伝おう//」


アルミン「僕らも帰って訓練あるよね?ミカサ」


ミカサ「ムー 」


エレン「訓練頑張れよ」


ミカサ「エレンがそう言うのなら」


ミカサ「エレン、媚薬なんてなくてもいい」



66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 22:50:55 ID:V9CEo0io

エレン「当たり前だろ」


ミカサ「エレンと会えなくても頑張る」


エレン「ああ」


ハンジ「私も研究研究っと」

リヴァイ「く、さ、む、し、り だ!」


ハンジ「チェッ……」



―――――



67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/12(水) 22:56:48 ID:V9CEo0io

――― 

ミカサ「ねえ…アルミン」


ミカサ「あの媚薬…ジャンには効いたけど」


アルミン「そうなんだ?(まあジャンは元々ミカサが好きなんだろうしね)」


ミカサ「ジャンはお姉ってこと?」


アルミン「それジャンに言ったらダメだからね」


ミカサ「分かった、アルミンと私の秘密」


アルミン「あー……うん」


アルミン(ジャン………)



おしまい



68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 05:48:12 ID:AHuvKqjo

面白かった!乙






他のおすすめSS
ミカサ「私はエレンに着いていく」エレン「そうか」 
ミカサ「アルミン、惚れ薬を作って」 
エレン「ミカサシスターズ?」 
エレン「なんだ?みんなソワソワして……」 
エレン「サシャのことが気になって仕方がない」 
エレン「クリスタはファーストキスってまだ?」
エレン「なんだこの犬?」 
ライナー「助けてくれぇぇぇぇ」 
ミカサ「エレンの巨人で私のウォールマリアを突破しても構わない」 
ベルトルト「みんな、僕の名前ちゃんと覚えてるよね…?」