転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1384750188/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:49:48 ID:pnWMCd9s

聖徳太子「妹子のやつ、どこまで道を聞きに行ったんだろう…
太子ちょっぴり寂しい気分」

毒妹子「ヒヒーン」

聖徳太子「どうどう。毒妹子もお腹が空いたのか。
私も朝に食べたサーロインステーキじゃ物足りないと思っていた所なんだよね。
ちょっと食べ物でも探しに行こう」

毒妹子「ブルルッ」

聖徳太子「よーしよし毒妹子も一緒に行きたいのか。
それじゃ背中に失礼。よいしょっと」

毒妹子「ヒヒヒーン!!」ガバッ

聖徳太子「オォウ!?」ドサッ

聖徳太子「この馬畜生め!私を誰だと思ってやがる!
聖徳太子だぞ!
聖なる道徳心を持つ太い子供と書いて聖徳太子だぞ!」

ズシン…ズシン…

聖徳太子「あっ、人がいるぞ毒妹子!
すいませーん!」

巨人「…」ズシン…ズシン…



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:53:15 ID:pnWMCd9s

聖徳太子「ちょいとそこのお方。
食べ物か何かを持ってない?
できればオニギリがいいんだけど…」

巨人「…」

聖徳太子(ヒエエ~~~!!
よく見たらこの人、全裸で相当デカァァァァ!!)



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:18:37 ID:pnWMCd9s

小野妹子「あーもー。あのクソ太子はいったいどこへ…。
離れてからまだ五分も経ってないのに…」

小野妹子「しかし、本当にここはどこなんだろう。
人が全くいないし、どこまでも巨大な壁があるし…」

ヒエエエエエエ…

小野妹子「この情けない悲鳴は…太子!?
何やってんだよあのイカジャージは!!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:26:10 ID:pnWMCd9s

巨人「うー…」

聖徳太子「あ、全裸で寒いのかな?
悪いけど君に合うジャージは持ち合わせが…」

ガシッ

聖徳太子「うひゃっ!?」

巨人「あー…」アーン

聖徳太子「ヒエエエエエエ!!
私を食べても美味しくないぞ!
イカ臭いしジャージだし!
妹子おおおお!!!
早く助けろおおおお!!!」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:31:58 ID:pnWMCd9s

小野妹子「あっ、いた!
って何あの全裸の人!?
でっけえええええ!!!」

太子「妹子おおおお!!!
早く助けろこのウンコジャージ!!」

妹子「どういう状況ですか!?
っていうか誰がウンコジャージだ!」

太子「痛たたたた!!!
出る!内臓が出る!!
ヘルプミー!!」

パクッ

妹子「太子ぃぃぃ!!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:36:47 ID:Ns.wWnEk

ギャグマンガ日和か
まさかのコラボ!



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 18:29:50 ID:zNdPjqcM

もはや奇行種どころか変態種ばかりだよww



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 20:30:23 ID:pnWMCd9s

巨人「バリッバリッ」

妹子「あ、でも太子が死ねば僕にとっても都合がいい気がしてきた。
すいません汚物処理してもらって…」

巨人「あー…」ガシッ

妹子「うわっ!
ちょっと待ってください!
僕は美味しくないですよ!
美味しくないって言っても太子よりは美味しいと思いますけど!」

巨人「あー…あ?」ガクガク

妹子「いててててて!!…え?」

巨人「ウ…ウ…ウオオオオオ!!」バターン



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 20:39:04 ID:pnWMCd9s

巨人「…」シュウウウ…

妹子「し、死んだのかな…」

聖徳太子「あービックリした」ズルッ

妹子「うわっ生きてた」

聖徳太子「うわっとは何だ!妹子の分際で!
もっと感動しやがれ!」

妹子「ていうか太子、めちゃくちゃバリバリされてたのに、よく無事でしたね」

聖徳太子「いや無事じゃないよ。
ほら、ジャージのお尻の部分が破けちゃったし」プリン

妹子「ジャージだけ!?ケツ汚っ!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 20:44:46 ID:pnWMCd9s

妹子「それにしても…何なんですかねこの人」

聖徳太子「妹子の親戚に似たような全裸の人いなかったっけ?」

妹子「いねぇよ!
おそらく、太子なんかを口にいれたから耐えきれずに死んでしまったんだと思いますけど。
臭すぎて」

聖徳太子「やだ…私の体臭臭すぎ…?」

「おおーい!!あんたらこんなとこで何やってるんだ!」

妹子「あ…よかった。普通の人だ…」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 22:55:23 ID:pnWMCd9s

巨大樹の森

芭蕉「ねぇ。曽良くん。
ここはいったいどこなんだろうね」

曽良「知りませんよ。
芭蕉さんが森で蝶々追っかけてたら、いつの間にかこんな場所に出たんじゃないですか」

芭蕉「困るよ曽良くん。
ちゃんと道を覚えておかないと…ごめんなさい…無言で首締めないで…」ギリギリ

曽良「口の聞き方に気をつけてください」ギリギリ

芭蕉「お昼ご飯に甘い物付けてあげるから許して…あ!そ、曽良くん人がいるよ…し、死ぬ…」ギリギリ

曽良「あの人全裸じゃないですか。
芭蕉さん。いってきてください」

芭蕉「ぼ、僕が行くの…?
こういうのは弟子の曽良くんが…」

曽良「早く」

芭蕉「わかったよ…」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:07:23 ID:pnWMCd9s

芭蕉「師匠を締めるとは何て弟子だ…。
師匠の顔が見て見たいよ…あ、私だった」

芭蕉「西洋の人かな…身長高いし金髪だし。
ここはスーパー芭蕉英会話を使うぞ」

巨人「…」

芭蕉「ハローエクスキューズミー。
ここがどこだか分かりま…

巨人「…」ブンッ

芭蕉「せんがくじっ!!」ビタァァァン!

曽良「あ。芭蕉さんが吹っ飛んできた」

芭蕉「パオマァッ!」ビターン



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:14:07 ID:pnWMCd9s

曽良「芭蕉さぁん。何やってるんですか。
早く聞いてきてくださいよ」

芭蕉「ちょっと待ってよ曽良くん!
あの人いきなり殴ってきたよ!?
普通じゃないって!」

曽良「芭蕉さんに比べたら普通ですよ。
ほら早く」ビシッ

芭蕉「痛っ!わかったから蹴らないで!」ビシッ

曽良「頼みますよ。それっ」ビシッ

芭蕉「痛いっ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:32:53 ID:pnWMCd9s

芭蕉「言葉が通じてないのかなぁ…。
こうなったら僕の俳句で…」カキカキ

芭蕉「エ、エクスキューズミー…。
とりあえずこの俳句を読んで落ち着いてくれるかな…」

巨人「うー…?」

すいません 
ここがどこだか 
知りません?

バショー・マッツォ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:44:05 ID:pnWMCd9s

芭蕉「プルコギッ!」ビターン

曽良「なんでまた吹っ飛んで来てるんですか。
ん…これは…」ピラッ

芭蕉「あっ、それはあの人に分かりやすいように俳句で読んでもらおうと思って…」

曽良「五七五でどこだか聞いてるだけじゃないですか」ドコッ

芭蕉「オウッ!
今度は季語もいれるから…オウッ!」ドコッ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:53:29 ID:pnWMCd9s

曽良「誰ですか、バショー・マッツォって」ドコッドコッ

芭蕉「アムゥ!
そっ、それは海外デビューする時のペンネームで…アムゥ!
お願いだから腹パンはやめて…アムゥ!」

曽良「ふざけているんですか…ん?」

「前方に巨人発見!距離200!
総員かかれっ!!!」

バシュウウウ!

芭蕉「曽良くん!あの人達、飛んでるよ…腹パンはやめてください…」

曽良「本当ですね。
彼らはいったい…それっ」ドコォ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:03:13 ID:l3D68DAk

ズバァァァン…

芭蕉「人殺し!?
あの人首切られたよ!」

曽良「統率された動き…。
まるであの巨人を倒すためだけの攻撃…。
ここがどこだか彼ら聞いてみましょう」

芭蕉「う、うん。じゃあいってくるよ…」

曽良「いえ、面倒くさいことになりそうなので僕が行きます」

芭蕉「そう思うなら最初から行ってよ!」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:49:56 ID:gbLrG4zs

アニメの声で脳内再生余裕だったw
違和感のなさがすごい



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 11:44:56 ID:l3D68DAk

運良く駐屯兵に拾われた聖徳太子と小野妹子。

ジャージ姿で聖徳太子はケツ丸出しだったため、駐屯兵の基地に連れていかれることに。



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 11:59:42 ID:l3D68DAk

ハンネス「エロ本を読みながら歩いていたら、いつの間にかあそこにいた、と?」

聖徳太子「そうなんだよね。
不自然な所は無いと思うから、早く解放して欲しいんだけど」

ハンネス「いや、不自然な点しか見当たらねぇんだが。
エロ本を夢中に読んでたら壁外に出てたってどういうことだよ」

妹子「壁外…?
あの、信じてもらえないと思いますが本当なんです。
ところでここはどこなんですか?」

ハンネス「は?ここはトロスト区だろ」

聖徳太子「とろすとく?
妹子、日本にそんな所あったっけ?」

妹子(ちょっと待ってください太子。
なんかおかしいですよこの人達…。
全員、西洋の人みたいだし、同じ服着てるし…。
あんまり近寄らないでください。
吐息がドリアンみたいな匂いがして吐きそうです)

聖徳太子「えっ、朝こっそり食べた海老ドリアの匂いする?」

妹子「あんたサーロインステーキの他にそんなもんまで食べてたのか!
どうりで出発の時間に一時間も遅れてくるわけだよ!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/20(水) 16:42:18 ID:l2e1n.Oo

ギャーギャー

駐屯兵A「うーん…怪しいけど敵ってワケでもなさそうですね」

ハンネス「巨人に襲われておかしくなっちまったのか?
なんにせよ、この2人は憲兵にでも引き渡すか…」

駐屯兵A「いっそ開拓地にで行ってもらった方がいいかと思いますけど」

ハンネス「そうだな…っておい!
あの2人はどこ行った!」

駐屯兵A「いつの間に!?
追いかけます!」

ハンネス「…いや、いい。
これ以上部屋が臭くなるのはごめんだ」

駐屯兵「ですね…。
まだ腐った生肉みたいな匂いしますよ…」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/20(水) 17:03:06 ID:l2e1n.Oo

小野妹子「どうにか抜け出せましたね。
憲兵に引き渡すとか言ってましたし…」

聖徳太子「いや~走ったから喉乾いちゃったよ。ちょっと失礼」

小野妹子「あっ!何飲もうとしてるんですか太子!
僕にもくださいよ!」

聖徳太子「黙りやがれ!
お前は水溜りの水でも飲んでろ!」ゴクゴク

聖徳太子「熱っつううううう!!」ブバァァァ

小野妹子「あっちぃ!何ですかそれは!?」

聖徳太子「苦っ!畜生!
妹子!毒でもいれたのか!」

小野妹子「知りませんよ!
どっから持ってきたんですかそれ!」

聖徳太子「え、さっきの部屋の机にあったから…これ苦っ…
妹子にあげるぞ。感謝しやがれ。
ほれっ」バシャッ

妹子「ぎゃああああああ!!
何すんだこの汚ケツジャージが!」
ボコォ

聖徳太子「オゲブッ!」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/20(水) 19:32:56 ID:l2e1n.Oo

聖徳太子「妹子妹子。
私、とんでもないこと発見したゃったぞ」

小野妹子「え!もしかして、この現状について何か分かったんですか!?」

聖徳太子「あぁ…驚くんじゃないぞ…」ゴゴゴゴゴゴ

小野妹子「……」ゴクッ

聖徳太子「さっきお前にかけたやつのシミがオッパイに見える…」ゴクッ

小野妹子「あ、もう喋らないでください。
酸素がもったいないです」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/20(水) 19:40:42 ID:l2e1n.Oo

聖徳太子「この野郎!
世紀の発見だぞ!もうちょっとリアクションしやがれ!」ガシツ

妹子「うわっ!離せ!
服が破けちゃうだろうが!」

ギャーギャー

クリスタ「…なんか騒がしいな」テクテク

聖徳太子「口にヨダレ流し込んでやる!
くらいやがれオッパイジャージめ!」グイグイ

小野妹子「臭ぁっ!!!やめろっ!!!」グイグイ

クリスタ(ケツ丸出しジャージとノースリーブジャージが絡み合ってるううううう!!!)ギャアアアアアア



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/21(木) 20:19:06 ID:D646NaiM

聖徳太子「往生際の悪い妹子め!
こうなったら最終手段をくらえ!
飛鳥文化アタック!!」ゴロゴロ

小野妹子「掴みながら回転するな!!
ぎゃああああ!!」


ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

クリスタ(絡み合ったままこっちに回転してきたあああ!!)ウワアアアアア

小野妹子「止めろおおお!!
太子!前に人が!!」ゴロゴロ

聖徳太子「止まろうと思っても坂道で止まれないんだよね。
これぞ最終奥義、エンドレス飛鳥文化アタックだ」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/21(木) 20:27:16 ID:D646NaiM

小野妹子「そこのお嬢さん!!
止めてくださいいいい!!」

クリスタ「チクショー!!
明日からやっと訓練兵だってのに、こんな変態共と関わってたまるか!」ズダダダダダ

聖徳太子「逃げたぞ!
妹子、追いかけてやれ!」

小野妹子「なんでだよ!
お嬢さぁぁぁん!
逃げないで横に避けてください!!
駄目だぁぁぁ!聞こえてねえええ!!」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 21:01:38 ID:AsXZvKmA

小野妹子「いてて…すいません…」

太子「……」

クリスタ「最悪だ…変態にまきこまれるし変な液体も付いてるし…何これ臭っ…。
もう死にたい…」

小野妹子(あ、太子のヨダレだ…)

聖徳太子「…す…す…」

小野妹子「ほら太子も謝って!
早く土下座してください!!」

聖徳太子「好きです!結婚してくれ!」

クリスタ「えっ…」

小野妹子「おぉい!
何言ってんだこの面白カリアゲは!!」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 21:34:57 ID:bTvxDhf2

効果音がちゃんと日和!



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 06:41:38 ID:T7vQwLP.

クリスタ「ご、ごめんなさい…。
あんまり臭い人はちょっと…」

聖徳太子「あ、実家はどこ?
ご両親に会いに行くぞ。
式は和式と洋式どっちにする?
隋風もありだよね。
仲人はフィッシュ竹中さんにやってもらおう。
あとは日取りなんだけと…」

妹子「すいません!この人ちょっと頭が弱くって…。
ほら!地面に頭擦り付けて謝ってください!」グリグリ

クリスタ「大丈夫ですから!
オブゥ!本当に臭っ!
それじゃ行きますね!」ズダダダダダダ



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 19:46:26 ID:T7vQwLP.

聖徳太子「トホホ…いってしまった…」

小野妹子「あんな可愛い子が汚いおっさんと結婚してくれるわけないでしょう。
勝手にうろちょろしないでくださいよ。
それより、ここがどこだか調べたりしないと…」

聖徳太子「あっ!馬車だ!
ヤッホーイ!一番乗り!」

小野妹子「だからうろちょろすんなっていってるだろうが!
勝手に乗るな!」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 19:59:49 ID:T7vQwLP.

馬車内

小野妹子「…とりあえず乗り込んでしまったものの、これってどこへ行くんですかね…」

聖徳太子「訓練所って書いてあったぞ」

小野妹子「訓練所って…?
乗ってる人は子供みたいですし。
あと目が死んでる気が…」

聖徳太子「なんか怖い人もいるぞ…
なんか馬車叩いてる人もいるし…」

エレン「駆逐してやる…駆逐してやる…」ガッガッ

小野妹子「あの男の子は1人で凄い喋ってますけど…」

アルミン「ウヒェヒィ…巨人の弱点はうなじ…そこを削いじゃうんだよ…そうするとね…ウヒヒ…」

聖徳太子「あ、あの子は可愛いぞ。
…ナイフ舐めまくってるけど」

ミカサ「ワタシ…巨人…コロス…」 ピチャピチャ

小野妹子(超えええええ!!)



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 23:14:53 ID:T7vQwLP.

エレン「駆逐してやる…駆逐してや…ウボエッ!
なんか臭いくないか…この馬車…」ガッガッ

アルミン「ウヒヒ…臭いといえば巨人の口の中だよね…ウヘヘェ」

小野妹子「すいません。
この馬車ってどこへ向かってるんですか?」

※以下、エレン達は通常に戻ります

エレン「どこって…そりゃ訓練所に決まってるけど…」

アルミン「えっ…おじさん達も訓練兵志望なんですか?」

聖徳太子「誰がおじさんだ。
こちとらまだビチビチの30代…」

小野妹子「ちょっと太子は黙っててください。
訓練兵っていったい何の訓練するんですか?」

ミカサ「巨人を倒すための訓練…としか言いようがない故」

聖徳太子「巨人?
あの妹子の親戚のことかな」

小野妹子「だからいねぇって言ってんだろうが!」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 23:30:45 ID:T7vQwLP.

小野妹子「ちょっと待ってください。
状況が飲み込めないんですけど…」

聖徳太子「まるで別世界に迷い込んだみたいだな。アハハハハハ」

小野妹子「別世界ってそんなまさか……まさかぁぁぁ!?
ねぇ君!ここはどこで西暦は何年!?」

アルミン「かくかくしかじかですけど…」

聖徳太子「うわぁ便利」

小野妹子「言ってる場合か!
そんな馬鹿な…!
マズイですよ太子!
早く馬車から降りないと!」

聖徳太子「えっそうなの?」

エレン「途中で逃げ出すのは重罪だぞ。
火炙りの後、四肢をもがれて壁上で斬首刑になるからな」

聖徳太子「ヒエエエエエ!!
何それ怖っ!!」

小野妹子「ど、どうしよう…」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 23:47:34 ID:T7vQwLP.

小野妹子「こ、こうなったらとりあえず訓練兵とやらになるしか…」

聖徳太子「ふざけやがれ!
お腹空いたし、私は帰るぞ!」

小野妹子「あっ!太子!」

ダッソウシャダ!ツカマエロ!

ウワッ!ナンダコイツ!モノスゴイウゴキスルゾ!
キモチワルッ!

カコメカコメ!

イガイトタサイダゾ!

ヨシ!ツカマエタゾ!ヒヲオコセ!クサァァァ!!

聖徳太子「チクショー!
離しやがれ!!聖徳太子だぞ!偉いんだぞ!
熱い熱い熱ぅぅぅい!!
妹子おおお!!
あ!あいつも逃げようとしてました!
捕まえてください!」

小野妹子「やめろぉ!巻き込むんじゃねぇえええ!!」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 23:55:04 ID:T7vQwLP.

妹子「はぁ…はぁ…。
この子が説得してくれなかったらどうなってたか…」

アルミン「…いや、できればもう関わりたくないです…」

聖徳太子「お礼に甘い物あげる。
確かこの前の残りがポケットに…あ、あった。
ほれ、飴ちゃん」

つ【ティッシュに包まれた飴】

アルミン「えええ…」

小野妹子「この芋虫が!!」ゴシャアアア

聖徳太子「パオマァァァ!!」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 02:30:12 ID:H6rhOUeo

ペトラと妖精


ペトラ「昨日から立体機動の調子がおかしい…。
ガスの出が悪いんだよね…」

バシュッ…バシュッ…

ペトラ「なにか詰まってるのかな?
ちょっと分解してみよう…」カチャカチャ

パカッ

妖精「あ、どうも…立体機動の精霊です…」ギチギチ

ペトラ「ギャアアアアアッ!!!」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 02:45:59 ID:H6rhOUeo

妖精「まったく…いきなりブレードを喉に刺さなくてもいいじゃないですか…。
人間だったら死んでましたよ」ドクドク

ペトラ「立体機動にギチギチに詰まった人がいたら誰だってそうするよ…」

妖精「しっかりしてくださいよ。
せっかく魔法少女に選ばれたんですから」

ペトラ「魔法少女!?
いきなり何言ってんだこいつ!」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 22:23:43 ID:H6rhOUeo

妖精「僕はあなたに魔法少女の力を与えに来たのです。
魔法の力を与える代わりに、困っている人を助けてください」

ペトラ「なんで私が!?だいたい、もう少女って年齢じゃないんだけど!」

妖精「じゃあ魔法熟女で」

ペトラ「熟女じゃねーよ!!」

妖精「えー…めんどくさいなこの人…」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 11:49:22 ID:jVHy4s9Y

妖精「もう魔法の力は渡しましたからね。
頑張ってくださいよ」

ペトラ「いつの間に!!
拒否権はないの!?」

妖精「えー。魔法ですよ魔法。
せっかく魔法の力が使えるようになるんですよ?」

ペトラ「いや、魔法っていう時点でかなり胡散臭いし…」

妖精「嫌ならやらなくてもいいんですけど、その代わりにあなたのお父さんがやる事になります」

ペトラ「やめろ!!
それほとんど脅迫じゃない!」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 06:21:02 ID:ooyHVlOY

妖精「じゃあやります?」

ペトラ「ぐぬぬ…分かったわよ…!」

妖精「ありがとうごさいます。
年寄りは物分りが良くて助かrザクッ



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 06:32:51 ID:ooyHVlOY

妖精「いきなりうなじ削がれた…なんて人だよ…」

ペトラ「次年寄りとか言ったらミンチにするから」

妖精「分かりましたよ。
じゃあ、とりあえず魔法少女に変身してみましょうか」

ペトラ「変身?どうやってやるの?」

妖精「変身の言葉はもう伝わってるはずです。
心の中に浮かんだ言葉を叫んでください」

ペトラ「わ、分かったわ…よし」

「ラブリープリティーペトランラン!!へーんしーん!!」クワッ



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 06:36:19 ID:ooyHVlOY

シーン…

ペトラ「…あれ?」

妖精「…全然違いますよ。
何ですかペトランランって…」

ペトラ「ギャアアアアア!!
言わないでええええ!!」

ザクッ



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 06:46:31 ID:ooyHVlOY

妖精「いてて…足の腱削がれた…。
いいですか?
変身の言葉は『万象一切灰燼と為せメイクアップ』です」

ペトラ「ゴツ過ぎだろ!
本当に魔法少女なの!?」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:44:55 ID:ooyHVlOY

妖精「ブレードがステッキ代わりになってますから。
抜刀しながら叫んでください」

ペトラ「無駄にかっこいいわね…。
じゃあ気を取り直して…」

「万象一切灰燼と為せ!メェェェイクアァァプ!!!」シャキッ

オルオ「おいペトラ…さっきからうるsザクッ

ペトラ「オルオオオオオオ!!」シャラララ



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:06:51 ID:ooyHVlOY

妖精「よし、変身成功ですね。
早速困っている人を助けに行きましょう」

オルオ「 」チーン

ペトラ「オルオオオオオオ!!
しっかりしてええええ!!
っていうか何この死神装束!?」

妖精「それが魔法少女の姿ですよ。
丁度いいですね。
じゃあとりあえずこの人が困っているので治してあげましょう」

ペトラ「この致命傷も治せるの…?
首取れかかってるのに…」

妖精「魔法の力なら簡単ですよ。
じゃあ呪文を唱えて、願いを言ってください。
呪文は『炎煉とし帰す。
恍惚と啼き滅す。
我が指の血筋よ、黙さずヒト、欲さず獣。
酣に満ちる 碧くして紅き腕よ震えろ。
罰・蔑・閾・幹・潸然の彼方。
犠牲無き未来を称え、混沌を揺らし朝へ死せ。
破道の九十六「一刀火葬」です。」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:08:01 ID:ooyHVlOY

ペトラ「長ぁっ!?無理だよ!!」

妖精「じゃあ『一刀火葬』でいいですよ」

ペトラ「ずいぶん適当ね…」

妖精「ほら、早くしないと手遅れになりますよ」

ペトラ「分かってるわよ!え~っと…
『一刀火葬』!!
オルオの傷を治せ!!」

ズドオオオオオオ!!



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:12:40 ID:ooyHVlOY

ペトラの放った一刀火葬は刀身状の爆炎を上げ、兵舎の半分を消し飛ばした。

ペトラは思った。

何故、私がこんな目に。

だが、遅かった。否、遅過ぎた。

ペトラの後悔の念とは裏腹に、一刀火葬は高く燃え上がり、気付くとあたり一面は焼け野原になっていた。



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:29:21 ID:ooyHVlOY

ペトラ「 」

妖精「上出来ですね。この人も直に目を覚ますでしょう」

ペトラ「…ど、どうしよう…これ…」

妖精「大丈夫ですよ。また呪文を唱えれば元に戻ります」

ペトラ「また吹き飛んじゃうでしょ!」

妖精「まぁ何も無いところでやれば…」

ペトラ「…そうね」

妖精「あ、言い忘れましたけど、一刀火葬には反動があるんですよ」

ペトラ「焼け野原にする以外にまだあるの!?」

妖精「はい。あなたの大切な人の服が消し飛びます」

ペトラ「ちょっ!嘘でしょ!?」

妖精「本当です。
ちなみにあなたの大切な人は…」

ペトラ「はっ!お、お父さん!?」

妖精「リヴァイ兵長ですね」

ペトラ「 」



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:38:05 ID:ooyHVlOY

リヴァイ「…で、前回の壁外遠征の成果だが…」

バーン

ハンジ「 」

エルヴィン「 」

ミケ「 」

ピクシス「 」

ナナバ「 」

モブリット「 」

リヴァイ(パンツ一丁)「…巨人の生態について新たなの報告がある」

ハンジ(続けるの!?)

エルヴィン(眉一つ動かさないとは…流石だ)



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:44:30 ID:ooyHVlOY

ペトラ「じょ、冗談でしょ…?」

妖精「本当です。
あ、困っている人がいるみたいですね。
行きましょう」

ペトラ「待って!
この惨状はどうすればいいの!?」

妖精「後で直せばいいですよ。
ついでに周囲の人の記憶も消せば問題無いでしょう」

ペトラ「…そうね。何でも良くなってきちゃった」

妖精「でしょう?
魔法の力は気に入りましたか?」

ペトラ「ねーよ!
で、次は誰を助ければいいの?」

妖精「リヴァイ兵長ですね。
服が無くて困ってるみたいです」

ペトラ「兵長オオオオオ!!」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:49:18 ID:ooyHVlOY

ペトラ「早く兵長に服を届けなきゃ!!
あ、これでいいや!」ガサガサ

妖精「一刀火葬でワープすれば直ぐてすよ」

ペトラ「もう焼け野原だからいっか!
よし!『一刀火葬』!!」

スドオオオオン…

オルオ「 」ジュッ



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:59:19 ID:ooyHVlOY

リヴァイ「エルヴィン、この報告書なんだが…」

バーン

エルヴィン「 」

ハンジ「 」

以下略

リヴァイ(裸)「…今日は一段と冷えるな…」



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 20:20:38 ID:ooyHVlOY

ペトラ「うわっ!凄い!
本当に一瞬で着いた!」

妖精「この中にいるみたいですね」

ペトラ「兵長!!大丈夫でs…」バーン

リヴァイ(裸)「…どうしたペトラ。
今は会議中だ」

ペトラ「……」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 20:22:37 ID:ooyHVlOY

リヴァイは一糸纏わぬ凛とした姿で佇んでいた。

ペトラは考えた。

この場をいっそ焼き払うべきではないのか、と。

ペトラ「兵長。これをどうぞ」スッ

ペトラは冷静であった。
風呂上りの寝巻きを渡すように服を渡したのだ。

リヴァイ(裸)「…丁度寒いと思っていた所だ。
ありがとう」

リヴァイからの感謝の言葉。

初めて聞いたその言葉にペトラは身を震わせる。

ペトラ「お風邪を引かれません様に。
それでは失礼します…」

バタン

リヴァイ(ネグリジェ)「…会議を再開するぞ」

エルヴィン「…そうだな」



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 20:31:50 ID:ooyHVlOY

その後、山奥で放った一刀火葬により事態は丸く収まる。

リヴァイ(ネグリジェ)は調査兵団を辞めようとしたらしいが、全力で止められた。

魔法少女ペトラは今日もどこかで困った人を助けている。
頑張れペトラ。
負けるなペトラ。

ペトラ「今日も魔法の力で全てを塵に!
一刀火葬で万事解決!
ぜーんぶ燃やし尽くしちゃうんだから☆

ついでに私の魔法も無くなればいいのに」

ペトラと妖精 完



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 21:05:55 ID:7dZJ9tGE

そうか、小さいからペトラのネグリジェでも着れるんだ



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 17:36:04 ID:0WiTG6hM

シール

キース「今回、我が訓練兵団の事を市民や他兵団の者に知ってもらうため、絵が上手いという貴様にパンを買うとついてくる似顔絵シールのイラストを頼んだのだが…」

ミーナ「何か問題でもありましたか?」

キース「…試しに私も三つほど買ってみた。
その結果がこれだ」

【アルミン】【アルミン】【アルミン】

キース「アルレルト訓練生ばかりではないか!!」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 17:42:40 ID:0WiTG6hM

ミーナ「え…何がいけないんですか?」

キース「馬鹿か!
アルレルト訓練兵の割合が多過ぎるだろう!!
たまたまかと思ってもう三つほど買ってみたのだが…」

【アルミン】【アルエレ】【アルライ】

キース「気色悪いわ!!」



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 20:37:08 ID:0WiTG6hM

キース「全てアルレルト訓練兵のシールってどういうことなんだ!!
アルレルト訓練兵のシールは何種類ある!?」

ミーナ「全種類ですけど」

キース「全種類!?
馬鹿みてぇな種類だな!!
私は訓練兵全員の似顔絵書けと言ったはずだぞ!」

ミーナ「訓練兵全員って何人いると思ってるんですか。
それに、私はアルミン以外のイラストは書けませんし、書く気もありません。
アルミンとカップリングさせなきゃどうしてもグロくなってしまうんです」

キース「嘘をつくな!
試しにワグナー訓練兵を書いてみろ!」

ミーナ「できました」

キース「どれどれ…」

つ【巨人に丸呑みされるトーマス】



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 20:47:53 ID:0WiTG6hM

キース「なんでだよ!!!
ワグナー訓練兵に恨みでもあるのか!?」

ミーナ「ありませんけど、アルミン以外を書こうとするとこうなっちゃうんです」

キース「おかしいだろ!!
作画も変わってるし!!
アルレルト訓練兵のイラストはやたらと顎が尖ったりしてるのに、何でワグナー訓練兵は妙にリアルなんだよ!!!」

ミーナ「アルミン以外は正直どうでもよくて…」

キース「こっちに作画変えろ!!
あと巨人は書かないでいい!!」

ミーナ「わかりましたよ」

キース「一週間以内に書き直せ!
分かったな!!」

ミーナ「わかりました」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/03(火) 19:23:55 ID:yJlKkc.2

一週間後

キース「…先週、書き直しを要求し、出来たと報告が入ったのでまた三つほど買ってみたのだが…」

つ【顎の尖ったエレン】【顎の尖ったベルトルト】【顎の尖ったジャン】

キース「何故こうなった!!!」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/03(火) 19:28:19 ID:yJlKkc.2

ミーナ「作画をこっちにしろって言ったじゃないですか」

キース「違うわ!!
ワグナー訓練兵の方にしろと言ったんだ!!
だいたいこのセリフはなんだ!!」


エレン【お前の全てに欲情する】


キース「こんな事言わないだろ!!」

ミーナ「私の中のエレンは言いますよ」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 19:16:48 ID:TaJ19PHM

キース「他二枚もおかしいだろう!!
こんな事言うわけなかろうがッ!!」

ジャン【立体機動のコツ?
いいぜ。お前の立体起動も使いこなしてやるよ】

キース「意味深過ぎるわ!!」

ベルトルト【ほら、ちゃんと見てよ…僕の超大型巨人…!】

キース「やめろおおおおお!!!」ゲボァッ

ミーナ「私の探究心は止められませんよ」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 19:24:24 ID:TaJ19PHM

キース「やかましい!!
顔中の穴という穴から血が出たぞ!!」

ミーナ「落ち着いてください教官」

キース「…そうだ。
私が渡した女訓練兵の写真はイラストにしたのだろうな?」

ミーナ「ああ。それなんですが、写真間違えて渡してません?」

キース「…え?」

ミーナ「これ、イラストにしていいんですかね」



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 19:27:25 ID:TaJ19PHM

つ【クリスタのトイレシーン】【入浴中のサシャ】【フランツとズッコンバッコンしてるハンナ】

キース「 」

ミーナ「憲兵さん、こいつです」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 19:28:33 ID:TaJ19PHM

シール 完



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 19:31:13 ID:TaJ19PHM

途中で気付いたんだけど、これドッキリチャンチョコのネタだった

やっぱり実物のイラストが無いと何か面白くなかったね
ごめん

次はバショーさんの出番になるよ



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 20:04:54 ID:maa6VK36


元ネタ知らんけどおもろいよ



113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 20:25:57 ID:H/eYzTIQ


日和も進撃もなかなか濃い作品なのにここまで違和感ないって凄いな



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 19:58:18 ID:MCwPEqLQ

奥の細道

なんやかんやで調査兵団に迎えられた芭蕉と曽良。

曽良「芭蕉さぁん。面白そうなんで立体機動覚えてくださいよ」

の一言で調査兵団で立体機動を教わる事になりましたとさ。

終わり



117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 20:04:39 ID:MCwPEqLQ

ネス「じゃあまずは立体機動の平衡感覚を身に付ける訓練だ」

芭蕉「曽良君…本当にやるのかい?」

曽良「面白そうじゃないですか。
ほら早く」ゲシッ

芭蕉「痛いっ!分かったから蹴らないで!」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 20:12:02 ID:MCwPEqLQ

芭蕉「あれ?結構簡単だよ…」

ネス「初めてにしちゃ上手いな。
ソラの方は…」

曽良「……」ブラーン

ネス「…まぁ練習すればできるようになるだろ」

芭蕉「ドヤッ」

曽良「…チッ」ブチッ

ネス(ワイヤーを素手で千切った!?)

芭蕉「どうしたんだい曽良君?
もしかしてできないの?」

曽良「こんな所に丁度いい刃物が」スラッ

芭蕉「えっ」

ネス「おい!勝手にブレードを抜くな!!」



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 15:10:49 ID:FiJg.YmI

芭蕉(生命の危機を感じる…。
いや、冷静になるんだ芭蕉。
これは曽良君から威厳を取り返すチャンスなんじゃ…)

曽良「……」ビュッビュッ

芭蕉(ヒイイイイ!?
無言で素振りしてるううう!!
…いや、ここで引いては芭蕉の名が廃る!)

芭蕉「おい曽良く…いや、曽良ぁぁぁ!!」

ビュッ

芭蕉「ヒィッ!?」スカッ



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 19:22:57 ID:FiJg.YmI

芭蕉「そ、曽良君!
人にそんなもの向けちゃダメだよ!」

曽良「人とは思っていないので大丈夫です」ビュッ

芭蕉「何が大丈夫なの!?
サラッとひどい事言うね!?」スカッ

曽良「ちょこまかしないでくださいよ芭蕉さん。
切れ味が分からないじゃないですか。
腕一本で我慢しますから」ビュッ

芭蕉「試し切りで腕落とそうとしないで!!
うひゃっ!?」スカッ

曽良「…チッ」

ビュッ スカッ

ビュッ スカッ

ビュッ スカッ



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 23:22:12 ID:FiJg.YmI

ネス(バショーは空中での動きが上手いな…。
もしかすると…いや無いな)

曽良「……」ビュッ スカッ

芭蕉「…ドヤァ」

曽良「芭蕉さん。ちょっと降りてもらえますか?」

芭蕉「曽良君が来ればいいんじゃないかなぁ」ドヤァ

曽良「…分かりました」ニヤッ

芭蕉「えっ」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 13:59:08 ID:mkoBMVSI

曽良「……」スタスタ

芭蕉(落ち着け芭蕉!!
この芭蕉・フライハイがあればそう簡単には……)

曽良「…」パシュッ

ゾスッ

芭蕉「ケツがぁぁぁぁ!!!」

ネス「おぉい!!
アンカーを人に打つな!!」

曽良「落ちないでくださいよ。
いま行きますから」キュルキュル

芭蕉「いだだだだだだ!!!
ちょっと待って曽良君!!
お尻とれちゃうよ!!!」

曽良「……」キュルキュル

芭蕉「ヒイイイイイ!!
無言でゆっくり上がって来たぁぁぁぁ!!」

ガシッ



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 14:03:30 ID:mkoBMVSI

芭蕉「ヒイイイイイ!!」ジタバタ

曽良「暴れないでくださいよ。
綺麗に削げないじゃないですか」

ネス「危ないからやめろ!!
っていうかバショーのケツどうなってんだよ!?」

バキッ

芭蕉曽良「あ」



130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 14:12:50 ID:mkoBMVSI

芭蕉「ヒイイイイイ!?
私のベルトが取れたぁぁぁぁ!!!」ヒュウウウウ

曽良「落ち着いてくださいよ。うっとおしい。
大丈夫ですから」

芭蕉「本当!?早くどうにかして!!」ヒュウウウウ

曽良「僕のアンカーを他の所に刺せば落ちませんよ」パシュッ

芭蕉「た、助かった…。
って、曽良君?
私はどうすればいいの?」

曽良「そのまま落ちればいいんじゃないんですかね」バシュウウウ

芭蕉「えっ」

芭蕉「ホギャアアアア!!」ビタァァァン



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:15:47 ID:cgTjXh.I

バショーのケツどうなってんだよワロタ



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 17:58:15 ID:FdazWLVA

息抜きに書いてみた

故郷~旅の終わり~

故郷を目指して長い旅を続ける巨人一行。
その旅も遂に終わりを迎えたのです。


ライナー「遂に故郷に着いたな…」

アニ「あんな故郷って地味だったっけ…」

【ゴール】



138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 17:58:45 ID:FdazWLVA

ベルトルト「さぁ早く行こうよ」

ライナー「………」

アニ「ライナー?」

ライナー「うおおおお!!!一番乗り貰ったアアアア!!」

アニ「あの野郎!!
ちゃっかり一番乗り狙ったやがった!!」

ライナー「油断したな!ノッポにチビめ!!」

アニ「チクショー!
ベルトルト!腕を巨人化させて!!」

ベルトルト「よし!伸びろ腕!!」ガリッ

ズウゥゥン!!

ライナー「グアアアア!!!ア○ルがあああ!!」



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 17:59:18 ID:FdazWLVA

ライナー「何すんだよ…ベルトルトも無闇に巨人化するのはやめろ」

ベルトルト「元はといえばライナーが悪いんだろ…」

ライナー「全く…仲間割れしてたら死んだミーナが悲しむぞ」

アニ「いやあんたが…」

ライナー「いいか?
ミーナの巨人に食われる直前の言葉を思い出すんだ」

ミーナ『ちょ、ちょっと待って!
豚とかよく言われたけど、私普通に華奢だし腐った女子の味がするって!マジだから!!』



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 19:35:17 ID:FdazWLVA

アニ「じゃあみんなで同時にゴールしようよ」

ライナー「3 2 1で入るぞ」

ベルトルト「わかったよ…って、アニの靴でかっ!!」

アニ「お前等をいつでも蹴り殺すために金具を詰めてるんだよ」

ライナー「怖っ!!やめろ!
ズルはするんじゃねぇ!脱げ!!
皆で同時にゴールしねぇと意味無いんだよ!」

ベルトルト「真っ先に抜けがけしようとしてくせに!」

ライナー「チームワークを乱すな!
ミーナが死ぬ前日に言った言葉を思い出すんだ!」

ミーナ『やっぱりカプの醍醐味っていうのは可愛いアルミンと、ワイルドなライナーが…って何で私を見てヒソヒソ話すの?
ライナー、目怖っ』



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 19:36:49 ID:FdazWLVA

アニ「じゃあ手からゴールしようよ」

ライナー「それならいいか…」

アニ「よし」指ドーン

ライナー「やめろおおおお!!」

ベルトルト「なんで指だけ巨人できてるの!?
いつからそんな事できるようになったんだよ!」

アニ「私の指は元からこうだよ」

ライナー「仲間にそんな嘘ついてまで1番になりたいか!
この氷の女王め!!
ミーナが死ぬ3日前に言ってた事を思い出せ!」

ミーナ『エレンはミカサが好きとかブラックなジョークはやめてよ!
エレンはアルミンを本妻に、ライナーとは一夏の甘いアバンチュールって決まってるの!
そしてジャンとは仲が悪い風に見えるけど、あれは照れ隠しで本当はね…え?2人はもう付き合ってる?
だからそんなブラックジョークはやめてって!!』



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 19:46:00 ID:FdazWLVA

アニ「じゃあもう頭から入ろうよ」

ライナー「そうだな…カッコ悪いが…」

ベルトルト「よし…あ、ちょっと待って」頭ニューン

ライナー「待てええええ!!」

アニ「なんでデコだけ伸びてんのさ!」

ベルトルト「これが僕の最終形態さ」

ライナー「ダメだ!ダメだ!!
頭は中止!!
ケツから入るぞ!」

アニ「うわぁ…ケツに入れるとか…うわぁ…」

ベルトルト「そういうの本当に好きだよね」

ライナー「うるせええええ!!
こんなんじゃ死んだミーナが泣くぞ!!
あいつに初めて会ったときの言葉を思い出せ!」

ミーナ『豚小屋出身家畜以下です!!
味には自信あります!
なんちゃって!ぶー!!』



143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 19:50:51 ID:FdazWLVA

ライナー「もう後腐れなく競争で決めるか…」

アニ「後悔するんじゃないよ」

ベルトルト「フライングは絶対にダメだからね」

ライナー「当たり前だ。戦士の名に誓おう」

ライナー「よし…ヨーイドンだぞ?
それじゃあ行くぞ…。

っしゃあっ!!!」ダッ!

アニ「てめえええええ!!」

ベルトルト「何が戦士の名に誓うだよ!!
ほとんど予想通りじゃないか!」



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 23:33:24 ID:FdazWLVA

アニ「ベルトルトォ!!」

ベルトルト「任せてくれ!」カリッ

ズドオオオオオン!

ライナー「ハッハー!
お前のリーチは把握済みだ!!
ウケケケケケケ!!」

ベルトルト「ムカつくよあのゴリラ!!」

アニ「早くどうにかしないと!」

ベルトルト「くそっ!届かない!!
うおおおおおおお!!
指から熱い蒸気出ろおおおおお!!」

ブシュウウウウ!!

ライナー「熱アアアアアアアア!!
ケツがアアアアアアアア!!」ゴバアア



147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 23:34:11 ID:FdazWLVA

ライナー「お前らさぁ…。
いい加減しろよ?
新能力をホイホイ使うのはとりあえずやめろ。
よし、仕切り直すぞ」

アニ「なに言ってんだこいつ…」

ベルトルト「次は無いからね」

ライナー「ヨーイドンだぞ。
行くぞ……よー…………………ろいの巨人!!」ダッ!

アニ「おおおい!!
よーろいの巨人って何!?」

ライナー「馬鹿め!
よっしゃあああ!!貰ったアアアア!!」

ベルトルト「くそが!!
行くよアニ!!」ダッ!

アニ「うおおおおおおお!!」ダッ!



148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 23:35:06 ID:FdazWLVA

ライナー「うげぇ!?
こいつら想像以上に速い!!」

アニ「筋肉ダルマより身軽なんだよ!」

ベルトルト「もう少しで追いつくよ!」

ライナー「チクショーー!!
負けるかあああ!!」ガリッ

カッ

鎧「オオオオオオオオッ!!!」

アニ「あいつ巨人化しやがった!!
1番は私だあああ!!」ガリッ

カッ

女型「キアアアアアア!!!」

ベルトルト「チクショオオオオオオオオ!!」ガリッ

カッ

超大型「アアアアアアアア!!」

「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ズドドドドドドドドドドドドドドド



149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/07(火) 23:35:55 ID:FdazWLVA

スゥゥゥ…

ミーナ『やっぱり王道はエレアルだよね』

鎧「」

女型「」

超大型「」

ミーナの幽霊か何かは分かりませんが、3人の目の前で1番に故郷に入ったのミーナでした。
もしかしたら1番故郷に行きたかったのはミーナなのかもしれませんね。

おしまい



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/08(水) 16:43:04 ID:jPTSZ3ck

クッソワロタ






他のおすすめSS