転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1549454486/

1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:01:26.250 ID:hS+YBNfA0.net

男「奥さん!」

未亡人「あなたは主人と同じ会社の……なんでしょう?」

男「旦那さんが死んでしばらく経ちましたし、私と結婚して下さい!」

未亡人「喜んで!」

男「奥さんっ……!」



ゾンビ夫「ちょっと待て」



2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:04:35.839 ID:hS+YBNfA0.net

男「うわぁぁぁぁぁ!?」

未亡人「あなた、なんで生きてるの!?」

ゾンビ夫「生きてないよ、もう死んでるよ。なぜかゾンビとして蘇ってしまった」

未亡人「ゾンビですって!?」

男「ていうか、遺体は火葬されたんじゃ……」

未亡人「そうよそうよ! 骨だけになってなきゃおかしいわ!」

ゾンビ夫「火葬場が火力ケチったせいで生焼けになって、そのまま墓に埋めただろうが!」

未亡人「ああ、そういえばそうだったわね」



3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:05:37.206 ID:XmDyKk9jr.net

ぶっ飛んでんなあ




4: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:08:23.184 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「今さらなんの用よ?」 

ゾンビ夫「死んだ夫に今さらとかいうな。お前なに再婚しようとしてんだよ!?」 

未亡人「別にいいじゃない。あなたは死んだんだし」 

男「そうそう、お前は課の飲み会の帰りに、酔っ払って階段から落ちて死んだんだ」 

男「通行人が見つけた時には、もう冷たくなってたらしい」 

ゾンビ夫「たしかにそうだ。俺は死んだ。俺が死んだ以上、別に再婚したってかまわない」 

ゾンビ夫「だけど、いくらなんでも早すぎるだろ! せめてもう少し独り身でいてくれよ!」 

未亡人「善は急げっていうし」 

ゾンビ夫「急がば回ってくれよ!」



5: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:12:30.872 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「それとお前!」 

男「ん?」 

ゾンビ夫「階段から落ちた時のこと、俺は未だに覚えてる!」 

ゾンビ夫「俺はたしかに酔ってたけど、あの時俺は間違いなく背後から突き飛ばされたんだ!」 

ゾンビ夫「お前だろォ!」 

男「おいおい……被害妄想はやめてくれよ。なにか証拠でもあるのかい?」 

ゾンビ夫「証拠はない……が、お前しかいねーじゃねえか!」 

ゾンビ夫「直前までお前とも飲んでたし、俺が死んだら妻にプロポーズしてるし!」 

男「面白い推理だ……だけど証拠がなきゃ話にもならないねえ。ハーッハッハッハッハ!」 

ゾンビ夫「くっ……!」



6: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:15:43.460 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「まぁ、そのことはいい。もう水に流す」 

男「流しちゃうのかよ」 

ゾンビ夫「だが、俺はまだお前を俺に代わる夫として認めたわけじゃない!」 

ゾンビ夫「お前が本当にニュー・ハズバンドに相応しいか見極めるまで、お前たちが結婚することは許さん!」 

ゾンビ夫「そう、これこそが俺に与えられた使命! だからゾンビになれたのだ!」 

ゾンビ夫「妻と結婚したかったら、俺の屍を越えていけ!」 

男「分かったよ……」 

未亡人「ってことは、私たちしばらくは三人暮らし?」 

男「そうなるね」 

ゾンビ夫「楽しい共同生活の始まりだ!」



7: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:19:08.690 ID:XmDyKk9jr.net

この夫ノリノリである



8: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:20:17.730 ID:hS+YBNfA0.net

<会社> 

男「俺、昨日死んだあいつの奥さんにプロポーズしたんだ」 

同僚「えっ……マジで!? ……で、どうだったんだよ!?」 

男「オーケーしてもらえたよ。彼女も寂しかったんだろうな」 

同僚「くうっ、いいなぁ~!」 

男「だけど、とんでもないことになっちゃって……」 

同僚「とんでもないことって?」 

男「いや……なんでもない」



9: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:23:04.155 ID:hS+YBNfA0.net

男「ただいま」 

ゾンビ夫「お帰り!」 

未亡人「お帰りなさい」 

男(マジで三人暮らしが始まっちゃったよ) 

ゾンビ夫「さっそく、どっちが優れた夫か勝負を始めるぞ!」 

ゾンビ夫「夫というのはやはり稼ぎが多くなければならない……」 

ゾンビ夫「俺の生前最後の給与明細とお前の明細、どっちが稼いでるか、尋常に見せ合おう!」 

男「いいよ」



10: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:25:46.057 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「ま、負けた……!」 

未亡人「ずいぶん差があるわね」 

ゾンビ夫「同じ会社の同じ課に勤めてたのに……! どんだけ査定低かったんだよ俺……」 

男「お前、ドジでしょっちゅうヘマしてたからなぁ」 

ゾンビ夫「うぐ……」 

男「だから階段から落ちて死ぬなんて死に方するんだよ」 

ゾンビ夫「あれはお前の仕業だっつうの!」 

男「で、どうする? 負けを認めてくれるのか?」 

ゾンビ夫「いや……まだだ!」



11: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:28:53.084 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「次は……料理勝負だ!」 

男「料理……?」 

ゾンビ夫「今時の夫は料理もできなきゃ話にならない! 男子厨房に入らずなんてナンセンス!」 

ゾンビ夫「料理で俺を越えてみやがれ!」 

男「あんまり自信ないけど、やってみるよ」 

未亡人「審査員は私がやるわね!」



12: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:31:34.552 ID:hS+YBNfA0.net

男「ハンバーグを作ってみたよ」 

未亡人「どれどれ……」パクッ 

未亡人「あら、おいしい! ひき肉と玉ねぎが上手に調和しあってるわ!」 

ゾンビ夫「次は俺のチャーハンを食ってくれ!」 

未亡人「どれどれ……」モグモグ 

ゾンビ夫(クックック、料理勝負は後攻が有利と紀元前から決まってんだよ) 

未亡人「……なにこれ。油でギトギトな上、全然塩気がないんだけど」 

ゾンビ夫「死人だけあって、どうも塩は苦手で……」 

未亡人「勝者、男さん!」 

ゾンビ夫「後攻なのに負けた……!」



14: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:34:31.911 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「次は体力勝負! かけっこだ!」 

男「いい年してかけっこて」 

ゾンビ夫「うるせえ、やるんだよ!」 

未亡人「位置について、よーいドン!」 

タタタタタタッ タタタタタタッ 

男「ゴールだ!」 

ゾンビ夫「ダ、ダメだ……両手を前に出すゾンビ走りじゃ全然スピードが出ない……」



15: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:36:46.320 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「こうなったら……夜の営み勝負!」 

男「どうやって勝負すんだよ、それ」 

ゾンビ夫「あいにく死んだ俺からはもう、そういう機能は失われてるから……」 

ゾンビ夫「お前ら……俺の目の前で抱き合え! 判定してやる!」 

男「ええっ!?」 

未亡人「いいの?」 

ゾンビ夫「かまわん! ヤれ!」



16: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:40:15.467 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「…………!」 

ゾンビ夫「な、なにィ! あんなテクがあったとは……!」 

ゾンビ夫「おおっ、そんなプレイも! マジかよ……!」 

ゾンビ夫「まだいくのか!? なんという持続力! バイアグラでも飲んでるのかよ!?」 

ゾンビ夫「すげえ……すごすぎるぜ……! 次元が違いすぎる……!」 

男「どうだった?」 

ゾンビ夫「完敗です……」



17: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:43:26.551 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「これであなたの四連敗ね。どうするの?」 

ゾンビ夫「うぐぐぐ……」 

ゾンビ夫「……認めん!」 

ゾンビ夫「俺が認めない以上、お前らは結婚できないし、俺も成仏はしない!」 

ゾンビ夫「分かったな!」 

未亡人「こりゃ当分の間、私たち結婚できそうにないわね」 

男「まあ、しょうがないよ。三人暮らしを楽しもう」



18: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:48:16.599 ID:hS+YBNfA0.net

<会社> 

同僚「え、まだ結婚せず、同棲みたいなことしてんの?」 

男「ああ……結婚するのはしばらく無理そうだな」 

同僚「奥さんが死んだ夫(あいつ)のことを忘れられないからか?」 

男(忘れられないどころか、一緒に暮らしてるんだけど……) 

同僚「いつまでもおあずけ状態じゃツライだろ。いっそ別れた方がいいんじゃ……」 

男「だけど今の生活も……わりと楽しいよ」 

同僚「ふうん……」



19: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:50:58.551 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「ふあーあ……ヒマだなぁ……」 

ゾンビ夫「あ、そうだ。風呂掃除でもやろうか?」 

未亡人「あなたがやると、かえって汚くなっちゃうわよ」 

ゾンビ夫「ゾンビだからなぁ」 

未亡人「もう死んでるんだから、思う存分のんびりしなさいよ」 

ゾンビ夫「だけどヒマなんだよなぁ……。俺、特に趣味もなかったし……」 

未亡人「だったらバイトでもしたら?」 

ゾンビ夫「そうだな、探してみるか」



20: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:54:24.850 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫(ゾンビでもできるアルバイト、か……) 

ゾンビ夫(工場関係は衛生面でアウト……) 

ゾンビ夫(接客系は見た目でアウトだろう) 

ゾンビ夫(力仕事はゾンビってるこの体じゃとても無理だし……) 

ゾンビ夫「あ~~~~~、ゾンビってなんもできねえなぁ! まさに死人に職無しってか!」 

ゾンビ夫「!」ハッ 

ゾンビ夫「――お!」 

ゾンビ夫「これいい! これなら俺にもできそうだ! さっそく電話しよう!」



22: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 21:57:34.887 ID:hS+YBNfA0.net

<遊園地のお化け屋敷> 

ヒュードロドロ… 

女性客「こわ~い……」 

男性客「大丈夫さ、この遊園地のお化け屋敷はチャチなことで有名――」 

ゾンビ夫「グオオオオオオオッ!!!」バッ 

男性客「うわああああああっ!!!」 

女性客「キャーッ!!!」 

ゾンビ夫(ふっふっふ、ゾンビにこれ以上向いてる仕事は他にあるまい)



24: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:01:28.725 ID:hS+YBNfA0.net

男「三人で映画でも見に行かない?」 

未亡人「ちょうど今、映画館でゾンビ映画やってるわ。すごいCGなんだって」 

ゾンビ夫「へっ、こちとら本物のゾンビだぜ? CGのゾンビなんか怖くないぜ!」 


…… 


グオオオオオ… ウオオオオオ… 

ゾンビ夫「怖えええええっ……!」 

男「最近のCGは凄いな……!」 

未亡人「本物よりも本物らしいわね」



25: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:04:25.706 ID:hS+YBNfA0.net

男「銃でゾンビを倒しまくるゲームを買ってきたから、みんなでやろう!」 

未亡人「わぁっ、面白そう!」 

ゾンビ夫「そんなゲーム買ってくるなんて、俺へのあてつけかよ~?」 


…… 


ゾンビ夫「うおおおっ! 死ね死ねゾンビども! 死人はとっととあの世行け!」バキューンバキューン 

男「…………」 

未亡人「…………」 

ゾンビ夫「何か?」



29: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:09:03.663 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「二人とも、ご飯よー」 

男「わぁっ、おいしそう!」 

ゾンビ夫「いただきまーす」 

モグモグ… ポロポロ… 

男「最初は戸惑ったけど、三人暮らしもなかなか楽しいね」 

未亡人「そうね、ずっとこのままでもいいかも」 

ゾンビ夫(ケッ、俺を殺しておいて、何いってやがる) 

ゾンビ夫(だけど、こいつはたしかに優秀だし、俺もこいつのことを認めつつある……) 

ゾンビ夫(もうこの二人は夫婦になっていい、と思っちゃってる) 

ゾンビ夫(なら俺は――)



30: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:12:34.532 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「……んん」 

ゾンビ夫「目が覚めちゃった……」モゾモゾ 


ヒソヒソ… ボソボソ… 


ゾンビ夫「ん?」 

ゾンビ夫(二人でなにか話してる……?)



31: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:15:10.801 ID:hS+YBNfA0.net

ヒソヒソ… 

未亡人「あの人、いい加減どうにかしないと……」 

男「そうだな、ゾンビの専門家に相談した方がいいかもしれない」 

未亡人「そんなのいるの?」 

男「分からないけど、探せばきっと――」 





ゾンビ夫「…………!」 

ゾンビ夫(だよな……俺みたいなのがいつまでも家にいたら迷惑に決まってる) 

ゾンビ夫(いよいよ、覚悟を決める時が来たようだな……)



32: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:18:33.221 ID:hS+YBNfA0.net

…… 

未亡人「はい……もしもし。うん、分かった。じゃあねー!」 

ゾンビ夫「どうした?」 

未亡人「今日あの人遅くなるんだって。同僚さんと飲んでくるみたい」 

ゾンビ夫「そっか……あいつにも別れをいいたかったけど、仕方ない」 

未亡人「え、どういうこと?」 

ゾンビ夫「俺は……今日でこの家を去るよ」



33: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:22:14.056 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「なんで!? いきなりどうして!?」 

ゾンビ夫「俺……こないだ、お前たちの話を聞いちゃったんだ」 

ゾンビ夫「いい加減俺をどうにかしたくて、ゾンビの専門家を探してるんだろ?」 

ゾンビ夫「だったら手間かけさせるより、自分から去った方がいいと思って……」 

未亡人「そんな……私たちはただ……」 

ゾンビ夫「いいんだ、お前たちを責めるつもりはない」 

ゾンビ夫「そもそも死人がいつまでも居座る今までの状況が異常だったんだ」 

ゾンビ夫「俺はどこか墓場か廃墟ででも暮らすから、お前らはちゃんと結婚して……」 

未亡人「違うのよ!」 

ゾンビ夫「えっ?」



35: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:25:46.402 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「私たちはあなたを追い出したかったんじゃないの! 助けたかったのよ!」 

ゾンビ夫「どういう意味だ?」 

未亡人「あなた、自分では気づいてないようだけど……あなたの体、どんどんボロボロになってるの」 

ゾンビ夫「え……」 

未亡人「皮膚はあちこちヒビ割れて、顔色も前よりずっと悪くなってる」 

未亡人「このところ、食事しててもノドから食べた物がポロポロ転がり落ちてるし……」 

未亡人「だから、ゾンビの体を修復できる人を探そうとしてたのよ……」 

ゾンビ夫(俺の体、そんなことになってたのか……知らなかった) 

未亡人「とにかく、あの人が帰ってきてから、もう一度話し合いましょ?」 

ゾンビ夫「……分かった」



36: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:28:59.675 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「あの人……遅いわね」 

ゾンビ夫「同僚と飲んでんだろ? 心配することないさ」 

未亡人「だけど、遅くなる時はいつも連絡くれるのに……」 

プルルルルル… 

未亡人「もしもし」 

未亡人「はい……?」 

未亡人「え、あの人が!? それで、容態は!? はい……分かりました……」 

ゾンビ夫「おい……どうした?」 

未亡人「病院から電話があって……男さん、階段から転げ落ちて重体なんだって……」 

ゾンビ夫「……なんだと!?」



38: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:32:45.380 ID:hS+YBNfA0.net

未亡人「どうしよう……重体って危ないってことだよね……」 

未亡人「このまま死んじゃうんじゃ……」 

ゾンビ夫「落ち着け」 

未亡人「!」 

ゾンビ夫「あいつは俺ほどドジじゃないし、運動神経も抜群だ。簡単に死ぬわけないさ」 

ゾンビ夫「とにかく……俺たちもすぐ病院へ行こう。タクシー呼ぼう」 

未亡人「うん、分かった!」



39: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:35:08.692 ID:hS+YBNfA0.net

ピンポーン… 



未亡人「タクシーだわ!」 

ゾンビ夫「もう来たのか? ずいぶん早いな」 

未亡人「事情は説明したし、きっと大急ぎで来てくれたのよ!」タタタッ 

未亡人「お待ちしてましたー!」ガチャッ



42: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:38:29.862 ID:hS+YBNfA0.net

同僚「…………」 

未亡人「えっ……?」 

同僚「夜分遅くすみません……」 

未亡人「あなたはたしか……同僚さん、ですよね?」 

同僚「今度はもう抜け駆けされるわけにはいかない……」 

未亡人「はい?」 

同僚「僕と……僕と結婚してくれぇぇぇぇぇっ!!!」 

未亡人「!?」 

同僚「僕はずっとあなたのこと好きだったんだ! 愛してたんだ! 結婚したいんだ!」 

同僚「婚姻届も持ってきた! さあ、ハンコを押すんだぁぁぁぁぁ!!!」 

未亡人「ちょ、ちょっと……!」



43: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:41:26.292 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「同僚、お前なにやってんだ!?」 

同僚「!?」ビクッ 

同僚「お前……なんで生きてる?」 

ゾンビ夫「ああ、そういやお前は知らなかったな。俺は――」 

同僚「あんな派手に頭から転がり落ちたのに、なんで生きてんだよぉぉぉぉぉっ!!!」 

ゾンビ夫「いや、だから俺はもう死んでて……え?」 

ゾンビ夫「なんで俺の落ち方を知ってんだよ、お前……」 

同僚「…………」 

ゾンビ夫「まさか……俺を突き飛ばしたのはお前か? お前なのか!?」 

同僚「……ああ、そうさ!」



46: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:45:46.400 ID:hS+YBNfA0.net

同僚「俺はずっとこの人が好きだったのに、お前に先を越されて結婚された」 

同僚「だから課の飲み会の後、密かに尾けて階段から突き落としてやった!」 

同僚「で、未亡人になったこの人に――と機会を探ってたらどうだ!」 

ゾンビ夫「先にあいつがプロポーズしたわけか……」 

同僚「そうだ! あの野郎、抜け駆けしやがって……!」 

未亡人「もしかして、男さんが階段から落ちたのも……」 

同僚「ああ、俺だよ」 

同僚「後頭部からガツンとイッてたからなぁ、ありゃ絶対に助からない!」 

同僚「さあ、今こそ結婚してくれぇ!」ガシッ 

未亡人「や、やめてえっ!」



47: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:47:55.325 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「やめろっ!」ガシッ 

同僚「なんだそりゃ? 全然力入ってねーぞ」 

ゾンビ夫(ダメだ……! 俺の体、本当にボロボロなんだ……!) 

同僚「どけえっ!」ブオンッ 

ゾンビ夫「ぐわっ!」ゴキッ 

ドサッ… 

同僚「ヒャハハ、首が折れやがった! ありえない方向に曲がってやがる!」 

同僚「なんで生きてたか知らねえが、今度こそ死んだだろ!」 

未亡人「あなたぁっ!」



48: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:51:09.608 ID:hS+YBNfA0.net

同僚「さあ、さあ、さあ! 結婚しよう! やっと俺の番なんだから!」 

未亡人「来ないで!」 

同僚「なんでそう拒絶するかなぁ。君のために二人も殺してあげたのに……」 

未亡人「君のため? 自分のためじゃないのよ!」 

同僚「そうかいそうかい。だったらぁ……君が三人目だぁぁぁぁぁっ!!!」ガシッ 

未亡人「あ、が……っ!」ミシミシ… 

同僚「ヒヒヒ、窒息しそうな顔もキレイだよぉ……」 


「ま、待て……」 


同僚「え?」



50: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:53:39.718 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「手をはなせ……」ブランッ 

同僚「ひっ!? お前、首が折れてるのに、なんで死なないんだぁ!?」 

ゾンビ夫「残念だったな……」 

ゾンビ夫「俺はゾンビ、もうとっくに死んでんだよォ!!!」 

同僚「わ、わわっ! ひいいっ! 来るな! 来ないでっ!」 

ゾンビ夫「グオオオオオオオオオオッ!!!」 

同僚「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」



51: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 22:56:49.322 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫「……失神しやがった。お化け屋敷での経験が生きたな」 

未亡人「あなた、あなたぁっ! よかった……!」 

ゾンビ夫「お前こそ無事でよかった」 


ブロロロロ… キキッ… 


ゾンビ夫「ちょうどタクシーも来たみたいだ」 

ゾンビ夫「同僚は縛り上げて、俺たちはすぐ病院に向かおう!」 

未亡人「うん!」 

ゾンビ夫「と、その前に首を直しておかないと」ゴキゴキッ



52: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:00:42.309 ID:hS+YBNfA0.net

<病院> 

未亡人「容態はどうなんでしょう?」 

医者「頭蓋骨を骨折しており、非常に危険な状態です。おそらく……今夜が峠でしょう」 

医者「また、命は助かっても、このまま意識が戻らない可能性も高く――」 

未亡人「そんな……!」 

ゾンビ夫「……お医者さん」 

医者「なんでしょう? ……あなたもずいぶん顔色が悪いですが」 

ゾンビ夫「俺を集中治療室に入れて下さい! お願いしますっ!」



55: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:04:09.074 ID:hS+YBNfA0.net

集中治療室―― 

ピッピッピッ… 

男「…………」 

ゾンビ夫「…………」 

未亡人(どうするつもりなの……?) 

ゾンビ夫「…………」ガシッ 

未亡人(手を握った……!)



56: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:07:29.223 ID:hS+YBNfA0.net

男『…………』 

男『……ん?』 

ゾンビ夫『ひどい目にあったな』 

男『ああ、誰かに背中を押されて……気づいたらこうなってた』 

ゾンビ夫『お前を押したのは、同僚だった。ちなみに俺を殺したのもあいつだったよ』 

男『なんだって……!?』 

ゾンビ夫『お前のことを疑ってすまなかった……許して欲しい』 

男『……いや、かまわないさ。お前が死んだとたん、奥さん狙ったのは事実だしな』 

男『今回のこともその罰だとして受け入れるさ』 

男『お前はこれからもゾンビとして奥さんを支え――』 

ゾンビ夫『いや、そのつもりはない』



57: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:10:43.991 ID:hS+YBNfA0.net

ゾンビ夫『俺の中でわずかにくすぶってる生命……全部お前にくれてやる』 

ゾンビ夫『そうすれば多分、お前は助かる』 

男『は……!? そんなことしたらお前は――』 

ゾンビ夫『俺、やっと分かったんだ』 

ゾンビ夫『俺がゾンビとして蘇れたのは、お前らの再婚を邪魔するためじゃなく』 

ゾンビ夫『きっと同僚の手から妻を守り、こうするためだったんだって』 

男『なにいってんだお前!』 

ゾンビ夫『じゃあな……あいつのこと、よろしく頼む』 

男『やめろ!』 


『幸せにしてやってくれよ……』 


男『やめろぉぉぉぉぉっ!!!』



58: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:13:28.006 ID:hS+YBNfA0.net

男「…………!」パチッ 

医者「意識が回復した!? おおっ、奇跡だ!」 

医者「しかし、患者さんの手を握っていた、あの顔色が悪い人はどこへ……!?」キョロキョロ 

男「…………」 

男「あいつは……?」 

未亡人「……旅立っていったみたい」 

男「そうか……」 



………… 

……



59: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:18:01.432 ID:hS+YBNfA0.net

時は流れ…… 



少年「ただいまー!」 

男「お帰り」 

妻「お帰りなさい」 

少年「今日は友達んちでゲームやったんだ! 楽しかったー!」 

男「へえ、よかったじゃないか」 

少年「あ、そうそう! 友達から面白いものもらったの!」 

妻「あら、なに?」 

少年「ほらこれ! ゾンビ人形!」 

男「!」 

妻「!」 

少年「ゾンビってもう死んでるのに動く人のことなんでしょ? 怖いよね~」



60: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:20:02.985 ID:hS+YBNfA0.net

男「…………」 

妻「…………」 

少年「あれ、二人とも泣いてる? どうしたの? そんなにゾンビが怖いの?」 







~おわり~



64: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 23:24:55.516 ID:l4bQU8Fcr.net

乙 
いい話でいいゾンビだった



67: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/07(木) 00:07:13.216 ID:SGzmYzLI0.net







他のおすすめSS