転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1391984808/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:26:48 ID:NbEzs/j2

P「おはようございまーす」

シーン…

P「ありゃ、事務所に誰もいない」

ヒュン

P「ん? なんだ? 変な感覚だな…」

ズズ…

ミョーン ミョーン

P「!? こ、これは…空間が歪んでいるのか!?」

カッ!!

P「うわっ!? 眩し──」

シュゥゥゥ…

ゴゴゴ ゴゴゴ

P「お…音無…さん…?」

小鳥「とんでもないものを発明してしまった…」ゴゴゴ



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:28:33 ID:NbEzs/j2

小鳥「えっと…どうしましょう、これ」

小鳥「ま、まずは誰か来る前に片付けないと」

P「あの、音無さん」

小鳥「ファッ!? プ、プロデューサーさん!?」

P「なんですか、その…キ○レツ大百科に出てくるような箱形の乗り物は」

小鳥「え、えーと…これは、その、ですね」アセアセ

小鳥「そ、そう! 舞台装置ですよ! 社長の知り合いの劇場から預かっていて…」

P「舞台装置で空間は歪みませんよね」

小鳥「うう…」ダラダラ



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:30:23 ID:NbEzs/j2

P「タイムマシン!?」

小鳥「え、ええ。趣味の工作で、その…できちゃい、ました」ポッ

P「なんでそこで顔を赤らめるのかはわかりませんが…それで未来や過去に自由に行き来できたりするんですか!?」

小鳥「あっ、未来には行けませんでした。行けるのは過去だけです」

P「いえいえ、それでも充分凄いですよ。学会に発表したらノーベル賞取れるんじゃ」

小鳥「いえいえ! そんな大それたことできませんよ! なんか恥ずかしいじゃないですか!」

P「恥ずかしいって…」

小鳥「それに、発表したら色々と大変なことになりそうですし! あくまでも、自分だけで楽しみます!」

P「そうですか…? まぁ、それもアリなのかな」

小鳥「さっきも過去の世界でちょっと楽しんできたところなんですよ。うふふ」

P「ん? 過去…」

P「もしかして、あの時の痴女は音無さんだったんですか!?」

小鳥「しまった」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:33:47 ID:NbEzs/j2

小鳥「って、こうしちゃいられないわ。他の皆が来る前に片付けないと」

P「あの~音無さん」

小鳥「あっ、プロデューサーさん。これは私がなんとかしますから、お気になさらず!」

P「いえ、手伝うとかじゃなくて。それ、俺にも使わせてもらえませんか?」

小鳥「えっ? えーと…」

P「あーあー、あの時の痴女のせいで女性に対してトラウマができたんだよなー」

小鳥「うっ!」

P「そのせいで20年近く彼女もできなかったんだよなー」

小鳥「も、もう! そんなこと言わなくても貸しますから!」

P「え、本当ですか?」

小鳥「だって、その…彼女…じゃないですか」ゴニョゴニョ

P「あっ、はは…そ、そうですね…」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:35:09 ID:NbEzs/j2

P(俺と音無さんは、数ヶ月前からお付き合いしている)

P(どっちから…というわけじゃなく、いつの間にか互いに惹かれあい、自然とそうなっていた)

P(俺が事務所に来て初めて会った時から、運命的なものを感じていたんだ。聞くと、音無さんもそうだったらしい)

P(それがどうしてなのかはわからないが…俺達が恋人同士になるにはそう時間はかからなかった)

P(このタイムマシン…過去の経験が原因なのだろうか)

小鳥「…あの、プロデューサーさん。そろそろ『音無さん』じゃなくて…」

P「え? なんだって?(難聴)」

小鳥「いっ、いえー♪ なんでもないでーす♪」

P(不満とかそういうのはない、音無さんは素敵な女性だし)

P(いや、だからこそと言うか。もっと若い頃に会っていれば…と言う想いはあった)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:38:43 ID:NbEzs/j2

P「乗り心地はあんまりよくないですね」

小鳥「まぁ、個人製作ですから」

グオーン グオーン

P(しかし、このタイムマシン…これを使えば、過去の世界の音無さんと色々出来るわけだ)

P(具体的にいうと、小さい頃の音無さんとチョメチョメできる!)

P(いや、それはちょっとまずいか)

P(そうだな、ぶっかけたい! それならまぁギリギリセーフだろう!)

P(恥ずべき事だが、それでも俺はこの欲望を抑える事はできないんだ…!)

P(多少気は引けるが、音無さんだって似たようなことをやってきたわけだし…俺だってそれくらいやっても構わないだろう!)

P(っていうか、やる!)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:41:49 ID:NbEzs/j2

小鳥「このダイヤルで時間を調整します」

P「ダイヤル? これはまたアナログな…細かい指定とかはできないんですか?」

小鳥「できたばかりなので…一周で1000年くらい遡るので、回すのは少しくらいにしておいてくださいね」

P「そうですか…仕方ないか」

小鳥「出発する時は、左側にある赤いボタンを押してください」

P「はい!」ポチッ

ゴゴゴゴ ゴゴ

P「うおおおおおおお!? めっちゃ揺れてる!?」グラグラグラ

P「こ、これ大丈夫なんですか!? ちょっと心の準備が…」

小鳥「プロデューサーさん、ダイヤル回して!」

P「あっ、忘れてた!」クリッ

ミョーン

………

……




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:45:35 ID:NbEzs/j2

ミョーン ミョーン

P「うおっ!! なんじゃこりゃ!」

P「なんだこのチカチカした空間は…時の狭間ってやつか…?」

グォォォォ…

P「このタイムマシンはどこに向かってるんだろうか」

P「あれ…適当にダイヤル回したけどちゃんと行き先決めてないぞ」

P「これは、一度戻った方がいいかもしれないな」

ォォォォ…

P「いや、でも変にいじったら何が起こるかわからないし…」

カッ!!

P「うおっ、眩し──」



……

………



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:48:24 ID:NbEzs/j2

シュゥゥゥ…

P「こ、ここは…」キョロキョロ

P(電柱に日本語の看板…国内なのは間違いない)

P(どれくらい昔なんだ? 道行く人に聞いてみよう)

P「すみません、今って何年でしたっけ!?」

通行人「あん? 今年は………年だけど」

P「なるほど! 浦安の超有名遊園地の東京○○○○ー○○○ができて数年くらいですか!(ビビリ)」

通行人(なんだこいつ…)ツカツカ

P「そうかそうか…よし、せっかくだしそこらの店で昭和の雰囲気を味わ──」

P「って、今の紙幣が使えないんだよな。変わったのは2000年ちょっとしてからだし」

P「硬貨も今の500円玉は駄目だし、100円以下も元号が平成じゃあ自販機くらいにしか使えないな」チャリン チャリン

コトン

ガー…

P「うん。昔と言っても、郊外の方となると今と劇的に変わってるわけじゃないな」グビッ

P「でも、やっぱ看板のセンスは古いよなぁ。この手書きみたいなフォント」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:50:02 ID:NbEzs/j2

P(さて、どうしようか。金が使えればしばらく観光と行きたいが、それは無理だし)

P(当初の目的を果たす…と言っても、この時代じゃ音無さんはまだ産まれても──)

P「はっ!?」

P(いや、待て…音無さんが産まれたのは確か来年)

P(なら音無さんは、今ちょうど母親のお腹の中にいるのでは…!?)

P「ジュース飲んでる場合じゃねぇ!」ダッ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:52:27 ID:NbEzs/j2

とある会場の控え室…

音無「………」

黒井「お疲れ様、音無」

音無「黒井さん…今日の舞台は…」

黒井「気にすることはない。アイドルだって人間だ、失敗することくらいある」

音無「でも…でも、私…!」

黒井「大丈夫。音無はよくやっているよ」ポンッ

音無「あ…」

音無「あの…黒井さん」

黒井「あっ、す、すまん。気安かったな」サッ

音無「く、黒井さん。私──」

黒井「か、風に当たってくる!」タッ

音無「あっ…」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:54:30 ID:NbEzs/j2

音無(私はアイドル…ファンの人達に夢を与えなければならない)

音無(あの人とは、所詮アイドルとプロデューサーの関係でしかない)

音無「…それでも」

音無「それでも、私は…」

トン トン

音無「あら…?」

トン トン

音無「誰かしら…黒井さんなら1度ノックしたら入ってくるはずだし…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:57:51 ID:NbEzs/j2

トン トン

音無「はい、どちら様ですか?」

ガチャ

覆面P「こんにちわっほい」

音無「!?」

P「ん、夜だからこんばんわっほいか? まぁ、どっちでもいいか」

音無「え? だ、誰?」

P「昭和のセキュリティってクッソ緩いのな。不法侵入してくださいって言ってるようなもんじゃないか」

音無「不法侵入って…あ、あなた、どこから入って…」

P「初めまして、音無さん…」

P(なのか? 音無さんの母親だし、結婚前の名字ってことも…下の名前も知らないし)

音無「ど、どうして私の名前を…」

P「あれ、音無さんでいいんですか」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 07:58:58 ID:NbEzs/j2

音無「も、もしかして高木さん? じゃ、ないですよね」

P「違いますよ」

音無「覆面なんて被って…怪しい人、警察を呼びますよ!」

P「ああ、無理無理。電話線切ってありますから。この時代まだまだ携帯は普及してないし連絡は不可能です」

音無「は…」ゾッ

P「実は、今日は音無さんに用があって」

音無「わ…私に何か…」

P「いえ、あなたじゃなくて…どっちも音無なのか。面倒だな」

P「面倒だからさっさとやっちまうか」

音無「だ…誰か!! 誰か、助け…」

P「静かにしてください。やれやれ、どうするか…」

P「ムッ、ちょうど折り紙の山が置いてあるな」

P「これを口に詰めとこう」グイッ

音無「むぐッ!?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:00:56 ID:NbEzs/j2

P「さて、ロリ音無さんにぶっかける!! と行きたい所だが」

音無「んーっ! んぐっ」

P「音無さんは今腹の中だから…」

P「中に突っ込まないとぶっかけにならないな」

音無「!?」

P「と言うわけで失礼」グイ

音無「んんーっ!!」グリグリ

P「あ、ちょっと暴れないでくださいよ」ドンッ

音無「~!!」ボコォ

P「そうそう。そうやって大人しくしててください、音無だけに」グイグイ

P「アイドルみたいなフリフリのスカートだから下着を脱がせやすくて助かるぜ」ポイッ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:02:44 ID:NbEzs/j2

P「よし、やるか」ズルッ

ギンギン!

音無「…!」ブルッ

P「んじゃ、ぶち込みますね」

音無「んーっ、んーっ!!」

P「あ、ちょっと逃げないでくださいよ」ガシッ

音無「んー!!」

グ…グリグリ…

P「くそっ、いきなりだから挿入らないか」

P「ローションとか…こういう所には置いてありそうなもんだが」キョロキョロ

P「ムッ、ちょうど水につけたなめこが置いてあるな」

P「このぬるぬるを塗り付けてローション代わりにしよう」スリスリ

音無(だ、誰か…黒井さん…)

P「だから逃げないでくださいって」ガシッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:03:59 ID:NbEzs/j2

P「ソイヤ!」

ズボォォォォッ!!

音無「…っ…!」

タラタラ

P「ムッ、血!? それにこの抵抗感は…」ググッ

音無「ぐすっ…すん…」

P「まぁ、どうでもいいか」メコリメコリ

音無「~~~~!!」

ペチンペチン



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:06:57 ID:NbEzs/j2

P「うっ、出る…音無さん、受け取ってください…!!」

音無(えっ…?)

ダボッ

音無「ふぁっ」ボトッ

ドピュゥゥゥーッ ビューッ! ベビビババボーッ!!

P「ふーっ…」ビクン

音無「あ…あ…」ブルッ

P「っはぁ…」ズボォォォォ!!

音無「はっ」ビクン

P「きれいに出たな」

トロトロ

音無「え…あ…うそ…中に…」ガクガク

P「ええ。外に出しちゃあぶっかけにならないでしょう?」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:08:42 ID:NbEzs/j2

コンコン

ガチャ

黒井「音無、どうした? 凄い音だが何か…」

黒井「あったの…か…」

P「うおっ!? 誰だ!?」

音無「黒井…さん…」

P「えっ、黒井社長!? 若っ!」

黒井「お…音無…? これは一体…」

黒井「お前…どうして俺の名前を!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:09:27 ID:wNK1Uddg

なんでなめこなんか置いてあんだよwww



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:10:09 ID:NbEzs/j2

黒井「いや、それより…彼女に…! 彼女に何をしたッ!!」

P「うおっ」

P(す、凄い気迫だ…素手で頭髪を根刮ぎ引き抜かれそうな、そんな雰囲気がある)

P(でも、小さい頃の音無さんにぶっかけるっていう目的は達成したわけだし…)

P「ここは逃げるか。失敬!」ドヒューン

黒井「待て、貴様…!」

音無「うっ、うっ…」グスッ

黒井「く…」

黒井(今、彼女を一人にするわけには…)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:13:10 ID:NbEzs/j2

黒井「警察に通報…」ガチャ

プーッ プーッ

黒井「くそっ…! 電話線が切られているのか…!!」

黒井「何かあの男の手がかりになるようなものはないか…?」

黒井「ム?」

ペラッ

黒井「これは、名刺…か?」

黒井「765…プロ…?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:15:28 ID:NbEzs/j2

………

……



ミョーン ミョーン

P「やれやれ、捕まったらどうなることかと思ったぜ」

P「さてと、元の時代に戻ろうか」

P「あれ…? 戻る方法、音無さんから聞いてないぞ…」

P「でも、音無さんが過去から戻ってきていたってことはどうにか操作すりゃ行けるよな」

P「えーと…ダイヤルを元の場所に動かせばいいのかな?」クイッ

ミョーン…



……

………



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:17:33 ID:NbEzs/j2

カッ!!

P「おっ! 着いたか…?」キョロキョロ

P「あれ? どこかの事務所だけど、765プロ…ではないな」

P「ダイヤルが戻りきってないのか。もっと先だな」クイッ

ミョーン

カッ!!

ガチャ

順二朗「おい、今中で何か光ってなかったか?」

黒井「気のせいだろう。疲れているのか、高木」

順二朗「…私にはお前の方が疲れているように見えるが」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:22:59 ID:NbEzs/j2

順二朗「なぁ黒井。お前、最近神経質になりすぎではないか? アイドルのスケジュールも徹底的に管理しているそうじゃないか」

黒井「当然だ…二度と、彼女と同じようなことがあってはならない」

順二朗「あれ以来、音無さんとは会っていないようだな」

黒井「…ああ」

順二朗「その音無さんだが…子供を生んだらしい。女の子だ」

黒井「…っ! なんだと…!?」

順二朗「待て、黒井。言いたいことはわかる。だがその前にこの写真を見てくれ」ピラッ

黒井「! 音無が…笑っている…彼女はまだ、こんな顔ができたのだな」

黒井「だがわからない…これはあの男の子だろう? 何故音無はそんな子を育てようなどと思えるのだ」

順二朗「父親は関係ない、彼女の娘だ。そしてこれは、音無さんの立ち直ろうという決意でもある」

黒井「決意…」

順二朗「音無さんのことは…本当に、心苦しい出来事だった。だが彼女は前に進み始めているんだ」

黒井「前に…」

順二朗「黒井…過去を悔やむなとは言わん。だが、お前も彼女と同じように…もう前に進むべきなんじゃないか?」

黒井「そう…だな。そうかもしれない…」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:25:27 ID:NbEzs/j2

順二朗「なぁ黒井、順一ちゃんが新しい事務所を作ったんだ」

黒井「順一朗さんが?」

順二朗「…よかったら、お前も来ないか?」

黒井「高木…」

順二朗「お前が前に進みたいというのなら…そのきっかけにはなるんじゃないかと思う」

順二朗「何より、黒井。私はお前と一緒に働きたい」

黒井「…考えておこう」

順二朗「そうか! なら返事を待つ、連絡はここに頼むぞ!」スッ

黒井「ああ、わかっ… ………」

黒井「765…プロ…?」

順二朗「ああ、変わった名前だろう?」

黒井「…この765プロ、社員は何人いるんだ…?」

順二朗「ああ、なんせ立ち上げたばかりでな。今は私と順一ちゃんだけだ」

黒井「…お前なのか? 高木…」

順二朗「え?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:30:17 ID:NbEzs/j2

………

……



ミョーン

グォォォ…ン

カッ!

P「ふぅ…今度こそ戻ってきたか?」

小鳥「プロデューサーさんっ!!」ガバッ

P「わっ!? お、音無さん…?」

小鳥「ああ、よかった…ちゃんと戻ってきた…」ギュゥゥ…

P「お、大げさだなぁ…」

小鳥「だって、だって、プロデューサーさん…全然戻って来なくて…」

P「え?」

P(窓の外に目を向けると、既に辺りは暗くなっているようだ)

P(俺が過去で過ごした分、戻る時間もズレたのかな)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:31:34 ID:NbEzs/j2

小鳥「私、元の時間に戻る方法言わなかったから…」グスッ

P「ああ…」

小鳥「だから、もう戻ってこないんじゃないかって…」

P「大丈夫ですよ音無さん。俺はここにいます」ギュッ

小鳥「あ…」

小鳥「…はい…」

………

………

………



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:37:24 ID:NbEzs/j2

P「落ち着きました?」

小鳥「はい、だいぶ。そっか、動いた分のダイヤルを戻すとちょっとだけ先に行っちゃうんですね」

P「これ、応用すれば未来に行けたりするんじゃないですか?」

小鳥「それはそのうち考えるとして…プロデューサーさん、過去に行って何してきたんですか~?」

P「え? あ、それは…」

小鳥「なんです? 私に言えないようなことですか?」

P「えーと…音無さんに…ちょっと」

小鳥「え? 何かやったんですか、もう…」

P「あれ? 覚えてない?」

小鳥「記憶にありませんよ。こっそりやったんでしょ? 知らないうちになんて、結構ヘンタイさんですね!」

P(ほっ…まぁ、小さい頃のことだったし覚えてないか)



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:43:14 ID:NbEzs/j2

P「そういえば、音無さんのお母さんってアイドルだったんですね」

小鳥「え? お母さんと会ってきたんですか!?」

P「ええ、まぁ。音無さんは小さかったので一緒でしたし」

小鳥「へっ!? そんなとこまで戻ったんですか!?」

P「しまった」

小鳥「プロデューサーさ~ん?」

P「あっ、いや、えーと…そうだ、音無さんのお母さんの名字って結婚前も音無でしたよね!」

小鳥「もう…はい、そうですね。ずっと音無です」

P「音無さんのお父さんって婿入りしたんですか?」

小鳥「あー…私、実は父親がいなくて…」

P「え!? そ、そうなんですか!?」

小鳥「女手一つで育ててくれて、周りの人達の助けもありましたし…それでなんとかかんとか」

小鳥「でもやっぱり苦労も多かったみたいで、そのせいか最近結婚しろ結婚しろってうるさいんですけどね。あはは」

P「そうだったのか…」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:44:44 ID:NbEzs/j2

小鳥「それにしても、若い頃のお母さんにも会ってきたんですね」

P「な、成り行き上ですよ」

小鳥「お母さん、結構美人だったし…もしかしてプロデューサーさんと何かあったり…」

P「いえ、違いますよ! 俺が好きなのは音無さん…いえ」

P「小鳥さんだけです!」

小鳥「あ…」

P「小鳥さん…一緒に帰りましょうか」

小鳥「はい、プロデューサーさん♪」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/10(月) 08:45:54 ID:NbEzs/j2

長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいました!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じています。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸れたのか、それは人それぞれだと思います。 少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちになってくれた方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にありがとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお願いします!ではこれにて。







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【ミリマス】真「プロデューサーに構ってもらいたいんだよ!」 
【ミリマスSS】高槻やよい「おやすみなさい」 
白石紬「私がモバプロに、ですか?」 
百合子「愚者の私に出来ること」 
【ミリマス】やよい「プロデューサーが構ってくれませんー」