転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555417892/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:31:33.14 ID:tYZninQx0

樹里「ちょこが1週間も学校休んでる?」


P「ああ。親御さんから連絡があって」


P「具合が悪いって、部屋からも出ようとしてないらしい……」


樹里「……流石にちょっと心配だよな。」


樹里「プロデューサー、アタシって今週もうオフなんだろ?」


樹里「ちょこの家、行ってきてもいいか?」


P「俺からも頼むよ。親御さんとか、学校の友達とかには相談しにくい事かもしれないし」


P「ユニットのメンバーとして、力になってやってくれ」



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:37:41.68 ID:tYZninQx0

「―――お邪魔します」


 翌日、智代子のご両親に挨拶をして、部屋の前まで案内してもらっていた。


「……ちょこ。起きてるか?」


 ノックをした直後、部屋から少しだけ物音が聞こえた。


「プロデューサーから聞いたんだ。しばらく学校行ってないって」


 返事はない。



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:40:05.18 ID:tYZninQx0


「……なんかさ、力になれることがあったら言ってくれよな」


 少しの間、アタシは智代子に掛けられる言葉を探していた。


「……ちょこはいつも、ちょっとしたことで表情ころころ変わってさ」


「明るくて、女の子っぽくて」


「アタシはこんなだからさ、なんか、いつもすげーって思ってた」




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:42:46.80 ID:tYZninQx0


 不器用だし、気の利いたことはたぶんできない。 


「だから、なんていうかさ、みんな ――― 」 


 だったら、言いたいことを言うしかないよな。 


「 ――― ちょこが大好きなんだよ」 


「...樹里ちゃん」 


 チョコレートの香りが、ドアの隙間から少しだけ鼻をつついた。 


「部屋、入ってもらってもいい?」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:44:17.70 ID:tYZninQx0


「その、来てくれて、ありがとうね」 


 目線を合わせず、パジャマ姿の智代子は気まずそうに笑う。 


 ぱっと見た感じ、やつれてたり目にクマがあったりするわけじゃない。 


「思ったより元気そうじゃねーか」 


 その様子を見て、ほんの少し安心する。 


 でも、少しだけ汗をかいていた。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:47:42.06 ID:tYZninQx0


「し、心配かけちゃって、ごめんね」 


「別にいいけど、プロデューサーにはちゃんと連絡しとけよなー」 


 アタシより女の子らしい部屋。 


 もうちょっとチョコレートっぽいかと思ってたけど。 


 落ち着きのない智代子を尻目に、勝手にベッドへ腰掛ける。 


 智代子に今日もし会えたなら、変に遠慮なんかせず、アタシらしく振舞おうと決めていた。 


「でさ、部屋に入れてくれたってことは、ちょっとは話す気があるってことだろ?」 


 アタシは、智代子が話し始めるのをゆっくり待つ。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:53:25.41 ID:tYZninQx0


「...えとぉ」 


 智代子の目線はまだ泳いでいる。 


 時折、私の太もものあたりに目をやるが、すぐに視線を逸らす。 


 やっぱりちょっと心配だ。 


「熱があるのか?」 


「……ちょこっとだけ」 


 少し調子を取り戻したみたいだ。 


「……そっか。じゃあ寝てた方がいいよな」 


 アタシは勢いよく足を上げて、弾みでベッドから立ち上がる。 


 思いきりスカートが捲れたが、友達同士だし気にはしない。



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:58:13.23 ID:tYZninQx0


「一応、色々お見舞い買ってきたぞ。チョコもあるぜ」 


「うん、あのね」 


 代わりにベッドに腰掛けた智代子が、意を決したように話し出す。 


「樹里ちゃんに、見てほしいものがあるの」 


 アタシはビニール袋からチョコ菓子を取り出して、智代子の方を振り返る。 



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:00:45.58 ID:tYZninQx0


 智代子は、自分の腰に両手の親指を当てて、 


 するすると、ズボンを下した。 


「……ちょこ、どうした?」 


「……これ。」 


 なんだろう、汗疹? 


 ちゃんと見て、という風に、智代子は少し背中をベッドに倒して、腰を浮かせた。 


 智代子の股が、いびつに膨れていた。 





10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:03:32.75 ID:tYZninQx0

 少しの間、アタシは智代子の隣に座って話を聞いていた。 

 バラエティ番組のオーディションの後、急にお腹が痛み出したこと。 

 お風呂に入ったとき、自分の知らない身体の一部に気が付いたこと。 

 時々痛いくらいに腫れて、とても苦しんでいること。 

「……こういう病気って、普通あるもんなのか?」 



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:07:21.90 ID:tYZninQx0

「調べたけど、全然わかんなくって……」 


 智代子の声がしだいに掠れていく。 


「お母さんにも………恥ずかしくて……言えなくってぇ……」 


 ぎゅっと智代子を抱きしめる。 


「……うん。怖かったんだよな」 


 しばらく智代子にくっつきながら、アタシはどうしたらいいのか考える。 



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:10:44.42 ID:tYZninQx0

 思いついたことがあった。 


 すごく勇気がいるけど、隣にいる友達の、こんな顔はもう見たくない。 


「これ、さ」 


 さっきよりも苦しそうに腫れていた。 


「ちょっと触ってもいいか?」 


「なんで……?」 


 まだカレシも作ったことないのに。 


「兄貴の隠してた雑誌、ちょっとだけ読んじまったことあってさ。」 


 ああ、メチャクチャ恥ずかしい。 


「ちょこの苦しいの、アタシが楽にしてやるから。」 



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:14:41.38 ID:tYZninQx0

「ふっ、ふっ、んっ」 


 指で包み込んで上下に擦るたび、智代子は短く声を漏らしている。 


「あっ、あっ、あっ、んっ」 


 半端に脱がせた下着はだんだんとずり落ちて、右の足首に引っかかった。 


 アタシは智代子の背中に回り、彼女の性器をさすっていた。 



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:19:06.89 ID:tYZninQx0

 抱きついているふたりの汗と、彼女の甘い香りが混ざって、 


 部屋は淫靡な匂いで満たされていく。 


「あっ」 


 智代子がひときわ高い声を上げた。 


 不器用なアタシの動きでも、彼女が喜んでくれていることが伝わって、 


 なんだか充実感を感じてしまう。 



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:22:50.19 ID:tYZninQx0

「そろそろっ、出るっ?」 


「おっおっぱいっ触ってっ」 


 アタシの声は聞こえていないようで、逆にリクエストされてしまう。 


 パジャマのすそから左手を潜らせて、下着の中から智代子の胸に触れる。 


「あえっあっあうっあっ」 


 口を塞ぐ余裕もなく、智代子は初めての気持ちよさに身を委ねている。 



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:25:57.35 ID:tYZninQx0


 アタシはというと、 


「はあっ、はあっ」 


 胸をまさぐる腕全体が智代子のお腹に触れ合って、彼女の柔らかさを全身で感じている気分になる。 


 彼女の精通を手伝うだけのはずが、いつのまにか興奮している自分に気が付いた。 



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:28:47.31 ID:tYZninQx0

「んっ、じゅりっちゃっんっ」 


「なにっなあにっ」 


 智代子が、たまらなく愛おしい。 


「なんかねっくるっくるよぉっお゙っ」 


 彼女が腰を痙攣させるたびに、私は全身を使って強く絡みつく。 


 汗だくになって、お互い呼吸も困難になるくらい、強く結びついたその時――――― 




ビューーーッ ビュッビュルルッビュルッビビュッ 



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:32:50.82 ID:tYZninQx0

「っあ゙ぁはぁっ…はぁぁぁぁぁ…………」 


 性器から飛び出たものは、可愛らしいピンクのカーペットを目いっぱい汚し、座っていたベッドシーツにボタボタと垂れ、最後にアタシの指にねっとりと絡みついて、勢いを止めた。 


 思い切り腰を突き出し、大股を開いて快楽に溺れていた智代子は、射精が収まると同時に全身の力ががくんと抜けた。 


 抱きついていたアタシも力を抜いて、一緒にベッドで横倒れになった。 


「……はぁ、っ、はぁ、はぁ」 


 しばらくの間、二人で呼吸を整えていた。 



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:36:02.17 ID:tYZninQx0

「ほら、拭いてやる」 


「ありがと、樹里ちゃ…あんっ」 


 初めての射精で敏感になっている智代子の性器を、ティッシュで優しく拭いてやる。 


 最初に見せてもらった時よりもずいぶん小さくなっていた。 


「ちょこ、苦しいか?」 


「ううん、すごく楽になった」 



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:41:24.08 ID:tYZninQx0

 智代子が、心底安心しきった顔でアタシを見つめている。 


「樹里ちゃん、ありがとうね」 


 その笑顔を見てアタシは、また5人みんなで集まって、これからも楽しく活動していける。 


 そんなふうに確信できた。 


「……おうっ」 



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:43:41.48 ID:tYZninQx0

「おい」 


 就寝時間となった智代子の部屋で、彼女は正座させられていた。 


「風呂に入ってた時は何とも無かったハズだよな?」 


「……ハイ。」 


 この日は結局、智代子のご両親のご厚意で泊めてもらう事になった。のだが。 



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:45:50.00 ID:tYZninQx0

「なんでまたデカくなってんだよ!!!」 


「……ごめんなさーーーい!!!」 


 新しいパジャマに着替えた智代子の股間は、正座していてもハッキリ分かるくらい勃起していた。 


「…そのですね。晩ご飯食べてるときにですね?」 


 両腕を組んで、智代子の言い訳を聞く。 



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:47:36.33 ID:tYZninQx0

「お風呂のときの樹里ちゃんの裸、思い出しちゃって……」 


 思いもよらないことを言われ、思わず顔を赤くしてしまう。 


「あっ……あたしのせいだってのかあ!?」 


「ご、ごめんね!?……でもね!?」 





「こんなこと、樹里ちゃんにしか頼めないんだよぉ~!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 22:48:15.54 ID:tYZninQx0

ありがとうございました。







他のおすすめSS