転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346422548/

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:46:34.76 ID:HsuQPR8e0

ラウラ「味もみておこう」ペロペロ

一夏「ふわあああああッ!!」

ラウラ「うぇえ…まずいな…」

一夏「そんなものよりケーキでも食べよう!ココアもあるぞラウラ!」

ラウラ「食べる食べるー」


別にえっちくなくてもラウラは可愛い



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:55:46.01 ID:HsuQPR8e0

ラウラ「あつっ!」

一夏「すまん、熱かったか?火傷してないか?」

ラウラ「うむ、大丈夫だ。…念の為診てくれ」レロー

一夏「あーちょっと赤くなってるな。ほら水だ」

ラウラ「はひはほう。ほほほれほほままへはへーひははへらへはい」レロー

一夏「舌しまっていいからね?」

レロー



別にえっちくなくてもラウラは可愛い



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:04:33.74 ID:0ki7CbDO0

レロー

ラウラ「ひりひりする」

一夏「(あれからラウラは舌を出したりひっこめたりしている)」

ラウラ「ケーキがうまい」モリモリ

一夏「(物を食べたり喋ったりするたびにこうなる)」

ラウラ「うーまだちょっと…」レロー

一夏「(そんな様子を見ているとまるで彼女が)」

ラウラ「一夏~」レロー

一夏「可愛い愛犬か何かに見えてくるのである」ナデナデ

ラウラ「?」レロー


別にえっちくなくてもラウラは可愛い




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:16:46.58 ID:0ki7CbDO0

コンコン 

一夏「誰だろう?どうぞ!」 

ガチャ 

箒「入るぞ。なんだラウラとお茶していたのか?」 

ラウラ「うむ、大事な嫁との穏やかなひと時だ」レロー 

箒「うらy…まぁいい。…なんで舌が出っぱなしなんだ?」 

一夏「ココアで火傷しちゃったらしくてさ。まだひりひりするらしいんだ」ナデナデ 

ラウラ「♪」レロー 

箒「!?」 

一夏「舌に塗る薬とかなくてさー、まぁ大したことはないみたいだけど」モフモフ 

ラウラ「♪」レロー ヘッヘッヘ 

箒「(ラウラの姿をした犬がいる)」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:24:47.60 ID:0ki7CbDO0

箒「とりあえず座っていいか?ベッドを借りる」 

一夏「構わないぞ。ちょっと待ってろ、箒の分もお茶を準備する」 

箒「すまん」ポスン 

ラウラ「一夏、少し食休みをとらせてもらう!私もベッド借りるぞ」 

一夏「おう、いいぞ。牛になるなよー」 

箒「大事にならなくてよかったな、ラウラ」 

ラウラ「うむ!」ゴロゴロー 

箒「(これはこれですごく可愛いかもしれない…)」 

ラウラ「気持ちいい!」 

ゴロゴロー



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:32:52.97 ID:0ki7CbDO0

箒「その…ラウラ?」 

ラウラ「なんだ?」ゴロゴロゴロピトッ! 

箒「(ベッドの上で三回転半を決めるとは、器用なヤツ)」 

箒「私も…撫でていいか?」モジモジ 

ラウラ「?別に構わないが」レロー 

箒「ほ、本当かっ!ありがとう!」ナデナデ 

ラウラ「♪」レロー 

箒「うむ、これはよいものだな!」ムフゥ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:33:56.32 ID:e9tNp7is0

おい 



かわいいな



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:45:23.99 ID:0ki7CbDO0

箒「(我慢できないぞ!)」 

箒「ラウラー」だきっ 

ラウラ「おー、箒はやわらかいな。とても気持ちいい…」 

箒「よしよし」ナデナデ 

ラウラ「んぅ…」 

箒「よーしよしよしよし」ナデナデモフモフ 

ラウラ「ぬー」サレルガママ 

一夏「箒ー、待たせたな…ってなんだお前もラウラを撫でてるのか?」 

箒「う、うむ、これは犯罪的な可愛さだな!」 

一夏「そうだろうそうだろう?」 

ラウラ「ケーキとココアだ!」ガバッ 

一夏「もう食べただろう?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:54:36.51 ID:0ki7CbDO0

一夏「ん、でももう舌は出てないな。マシになったか?」 

ラウラ「うむ!だから嫁よ、早く私のカップにココアを注ぐのだ」 

ラウラ「早く持って来いッ!! スチュワーデスがファースト・クラスの客に酒とキャビアをサービスするようにな…」 

ドドドドドドドドド 


一夏「はいはい、どうぞ。言っとくけどちゃんとフーフーしろよ」 

ラウラ「わかった!フーフーする!」フー 

箒「私のケーキも少し食べるか?分けてやるぞ」 

ラウラ「食べる食べるー」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:11:10.80 ID:0ki7CbDO0

コンコン 

一夏「ん、今度は誰だろう?どうぞ!」 

箒「どうせいつものメンバーだろう。一夏、そいつの分は私がお茶の準備をするぞ」 

一夏「サンキュ!」 

ラウラ「」ゴクゴク 

ガチャン 

セシリア「一夏さーーーーっん!お邪魔いたしますわ!」 

一夏「セシリアだった」 

箒「ほらな、言った通りだろ」 

セシリア「箒さん!?…あとラウラさんも!まぁ後者はいつものことですけれど」 

セシリア「それよりも一夏さん!美味しいケーキを頂きましたので持ってきましたの!一緒に食べましょう?」 

一夏「ありがとな、丁度よかったよ。お茶してたところだったからさ」 

ラウラ「ほへほ、おはわり」 

一夏「おかわりじゃねぇ!お前また火傷しただろ!?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:23:27.32 ID:0ki7CbDO0

一夏「あーあー・・・、今回もそんなにひどいわけじゃないけど」 

ラウラ「まだケーキがあるからな」レロー 

一夏「食べすぎだよ、ケーキもココアも駄目」 

ラウラ「」レロー 

箒「ケ、ケーキぐらいなら少しはいいだろう!?火傷はしないし、なっ!?」 

一夏「だめだめ、そうやって甘やかしてるとラウラのためにならないぞ」 

セシリア「(一番あとから来たとはいえ、なんてアウェー感ですのっ…!)」ギリギリ 

セシリア「ラ、ラウラさん、ジュースもありますわよ!ほらしっかり冷やしてありますわ!お飲みになって!」 

ラウラ「おぉ!恩に着るぞ!」 

一夏「それならいいか…」 

箒「(くっ!このままではラウラが釣られてしまう!)」 


ラウラ「だいぶ良くなったが、少しだけヒリヒリする」レロー 

ラウラ「しかしながら一夏の言うとおりだ、ここは食事を控えることにする!食休みだ!」ゴロン 

ゴロゴロー 

一夏箒セシリア「(かわいい)」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:41:25.95 ID:0ki7CbDO0

セシリア「ともかく!お茶にしましょう一夏さん!」 

一夏「そ、そうだな。箒、ありがとう」 

箒「うむ、私ももう少し頂くとしよう」 

セシリア「それでは一夏さん、はい、あーっん」 

一夏「照れるな…///」アーン 

箒「むっ、一夏!私のも是非食べてみてくれ!」 

セシリア「あーら、何を張り合っていらっしゃるのでしょう!?私が先ですわ!」 

一夏「(いつもの展開になってきましたが、ケーキより目の前の4つのプリンが食べたいです)」 

一夏「食べる!両方食べるから!押さないで!」 



ラウラ「」ゴロゴロー



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:47:25.10 ID:0ki7CbDO0

一夏「何個ケーキを食ったんだ…お腹いっぱいだ」 

セシリア「あの…いかがでしたか、お味の方は?」 

箒「なかなかよかったぞ」 

セシリア「箒さんには聞いていませんわ!」キー! 

一夏「美味かったよ、ありがとう、セシリア」 

セシリア「い、いえいえ!機会があればまたお持ちいたしますわ!その時は二人きr」 

箒「私も食べたい」 

セシリア「さ、三人で頂きましょうね…!」 

箒「ラウラもな」 

セシリア「はぁ…分かりましたわ。また皆さんお誘いします」 



一夏「さぁお腹もいっぱいになったところで」 

箒「そうだな…頃合いか」 

セシリア「…なんですの?」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:57:03.87 ID:0ki7CbDO0



一夏箒「食休みだ!!!!!!」 


セシリア「えっ」 



一夏「そういうことだ、セシリア」ゴロン 

箒「ケーキ、ご馳走様。私たちは休むことにする」ゴロン 



セシリア「えええええぇっ!!?」 




ラウラ「zzz」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 02:09:22.86 ID:0ki7CbDO0

一夏「食べたらほら…眠くなるだろ?昼寝だよ…」ウトウト 

セシリア「一夏さんはともかく、あなたはどうして一緒に寝転んでますの!?」 

箒「眠たいんだ…あとにしてくれないか」ウトウト 

セシリア「むきーーーー!!認めませんわ!認めません!」 

箒「一夏…んん…」ポスッ 

セシリア「!!?頭を一夏さんの胸に預けるなんて!許せませんわ!」 

セシリア「この怒り、晴らさずにはいられませんわーーーーー!!」 

一夏「じゃあセシリアも一緒に休むか…?」 



セシリア「へっ…?」 




ラウラ「んうー…zzz」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 02:20:53.97 ID:0ki7CbDO0

セシリア「よろしいんですの…?」 

一夏「ほら、狭いけど…あとラウラがベッドから落ちないようにしてやって…」 

セシリア「わ、わかりました」 

一夏「おやすみ、セシリア…」 



セシリア「うふ…」 

セシリア「ふへっ、へへへ…」 

セシリア「ご一緒させていただきますわー!!一夏さぁーん!!」 

一夏「静かにね」 

セシリア「(はい)」 




ラウラ箒「zzz」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 02:29:59.00 ID:0ki7CbDO0

ゴソゴソ 

セシリア「(こ、これはチャンスですわ)」 

セシリア「(ラウラさんが挟まっていますが、一夏さんはこっちを向いて寝ています!)」 

セシリア「(寝息が!吐息が近い!近いですわ!)」 

セシリア「(箒さんは完全に寝入っている様子。慣れた感じが小憎らしいですが…)」 

セシリア「(あぁ一夏さん、一夏さぁん…)」ウットリ 

セシリア「(これぐらいなら許されますわよね?胸に顔をうずめるぐらい…箒さんだってしていたんですもの)」ピトッ 

セシリア「(スー…ハー…落ち着きますわ…)」 


クンカクンカ



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 02:39:46.18 ID:0ki7CbDO0

セシリア「(それにしても、ラウラさんの体温はあったかいですわぁ…)」 

セシリア「(銀髪でサラサラ…眠っていると本当に天使ですわね)」ナデナデ 

ラウラ「むにゃ…」 

セシリア「(うふふ、なんだか親子みたいですわ)」ギュー 

セシリア「(あれ…私も眠くなって…いけませんわ…)」 

セシリア「(チャンスですけど…これも…悪くないですわね…)」 




全員「zzz」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 02:49:31.96 ID:0ki7CbDO0

1時間後 



シャル「これは…一体どういうことなのかなぁ…?」 

鈴「箒、一夏、ラウラ、セシリアが一緒に昼寝してるわね」 

シャル「遊びにに来たら鍵が空いてて」 

鈴「ノックもしたけど返事がないから覗いてみたけども」 

鈴「まさかこんなことになってるなんてね」 

シャル「はぁ…羨ましいなぁ…もうちょっと早く来ればよかった」 

鈴「いいじゃない、このままもぐりこんじゃえばさ、ちょっと狭いけど!」 

ボスッ 

シャル「えええ!?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:02:38.02 ID:0ki7CbDO0

鈴「んん~一夏ー」モゾモゾ 

一夏「うぅ…ん…」 

シャル「大胆だね、鈴…一夏の真上に乗るなんて…」 

鈴「昼寝中の一夏はなかなか起きないわよー、昔はよく鼻つまんだり悪戯したもんだわ」ニシシ 

シャル「そうなんだ…じゃあ僕はどこにもぐりこもうかな」 

鈴「あんたも一夏の上に来なさいよ、大丈夫、起きて重いなんて言ったらぶっ飛ばしてやるんだから!」 

シャル「うぅ…恥ずかしいけど…お邪魔します!」ボスッ 

一夏「うぐぅっ!?…うぅん…zzz」 

鈴「ほらね?」 

シャル「本当だ…」 

シャル「いちかぁ…」 



自分そろそろ寝ていいですかね



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:09:11.29 ID:0ki7CbDO0

鈴「じゃああたし、このまま寝ちゃうから…ふぁあ…」 

シャル「うん、おやすみ。みんなあったかくて僕もすぐ寝ちゃいそう」 




コンコン 

千冬「…返事がないな」 

千冬「ルームメイトから候補生たちがここにいると聞いたのだが」 

千冬「一夏、入るぞ」 

ガチャ 


千冬「これは…」 

全員「zzz…」 

千冬「ふむ」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:19:37.95 ID:0ki7CbDO0

千冬「…」 


千冬「ボーデヴィッヒ、腹が出ているな。直しておくか…」 

千冬「篠ノ之、綺麗な髪だというのにぐしゃぐしゃだな…手櫛ですまないな」 

千冬「オルコットは少し汗をかいているな、ボーデヴィッヒを抱いてるからか。拭いてやろう…」 

千冬「凰とデュノアは掛け布団もなしか、全く…。薄いこのブランケットで構わないか…」 

千冬「やれやれ、手間がかかるな」 


千冬「あと30分くらい寝かせておいてやろう」 

千冬「コーヒーでも淹れて飲むか。お、なんだケーキもあるじゃないか」 

千冬「一息ついたら、馬鹿な弟を起こすとしよう…」 




終わり!



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:23:48.81 ID:0ki7CbDO0

明日残ってたらスレタイみたいにしたい(大嘘 
おやすみお前ら



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:30:53.89 ID:lnrSSOHu0

乙。凄く良かった 
どのヒロインたちも平等に可愛かった 
また頼む



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:31:28.76 ID:e9tNp7is0

おっつー






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
一夏「ストーカーがクローゼットにいたのか・・・怖い事件だ」
アリス「眠る前に」 
一夏「夏ーはこーかんがかーゆくなるー」