転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1389436114/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:28:34 ID:YZ3yMaNA

夜のテンションで思いついたSSを投下します



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:29:25 ID:YZ3yMaNA

ジャン「…うーん…」

ジャン(今何時だ…?夜中の2時か…目が覚めちまったな。もう一回寝よう。)


エレン「ミカサお前…手冷たすぎだろ。ちゃんと毛布かぶれよ。」


ジャン(!?)


ミカサ「私はいい。エレンが冷えてしまう。」


ジャン(え、ミカサ!?なんで…忍び込んできたのか!?くそ、見えねぇ!)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:30:10 ID:YZ3yMaNA

エレン「いいからこっち寄れよ。寒いだろ。」

ミカサ「私が勝手に押しかけてきた。エレンが気を遣う必要はない。」

エレン「ちゃんと体あっためて寝ないと、また悪い夢見たらどうすんだ。」

ミカサ「…」


ジャン(あぁ…怖い夢を見たのか…。それでエレンのところにもぐりこんできたんだな。)

ジャン(それにしてもエレンのやつめ…羨ましい!!)ギリィッ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:31:04 ID:YZ3yMaNA

エレン「ミカサ、温めてやるからこっち来い。」

ミカサ「…」

エレン「いつものやつしてやるから。ほら。」

ミカサ「」モゾモゾ

エレン「よし、いい子だ」ギュッ


ジャン「……っ!」」ギリィッ


エレン「今皆寝てるから、声は出すなよ。」

ミカサ「…わかった。我慢する。」


ジャン(…は? 声?)




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:32:18 ID:YZ3yMaNA


ミカサ「…ひゃっ」

エレン「…おい」

ミカサ「ご…ごめんなさいエレン、指が冷たくて」

エレン「あぁ、悪い。ていうか…相変わらず腹筋ガチガチなのに胸はちゃんと柔らかいんだな」


ジャン(!!?)


ミカサ「ん…エレ…、ぁっ」ビクッ

エレン「…先端硬くなってんじゃねぇか、やっぱり寒いんだろお前。」

ミカサ「ぅ…」


ジャン(!!!?)


ミカサ「ん…ぁ、は、ぁぁ…」


ジャン(!!!!?)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:33:07 ID:YZ3yMaNA

ミカサ「はぁ、はぁっ、ぅ…エレン…さむい…」

エレン「大丈夫だ、ちゃんと温めてやるから」


ハァッ ハァッ ……


ミカサ「っ! エ、エレン…まだ…」

エレン「胸だけじゃ温まらないだろ」

ミカサ「で、でも」

エレン「おい足閉じんなよ」

ミカサ「…」

エレン「足開け」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:34:25 ID:YZ3yMaNA








 クチュ…



ミカサ「ぁっ…」ビクンッ

ジャン「」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:36:17 ID:YZ3yMaNA


エレン「相変わらずぬるぬるしてるな、ここ」ヌチャ…

ミカサ「…っ、ん、ふ…、エレ…」

エレン「…指いれるか?」

ミカサ「…ぃ、いい、いれなくて、いい…」

エレン「そうか…じゃあ今日はここだけでいいんだな?」クリッ

ミカサ「あっ」ビクッ


グリグリ…



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:39:42 ID:YZ3yMaNA


ミカサ「は、あ、ぁ、ぁ、ぁ、あぁ…」

エレン「キツイなら俺の服噛んでていいぞ。頼むから乳首は噛まないでくれよ」ギュウッ

ミカサ「ん…」ギリッ

エレン「よし、いい子だ」ナデナデ

 
 グリグリグリ…


ミカサ「ん、んぅっ、んんん!!」

ジャン「」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:52:02 ID:YZ3yMaNA


ミカサ「―――っ!んんんっ」ギリギリッ

エレン「…ミカサ」グリグリグリ

ミカサ「はぁ、ェレ、エレン、エレン…っ ぁ、ぁ、ぁ」

エレン「大丈夫、大丈夫だ。もうすぐ温かくなる。」

ミカサ「ゃ、エレン、くる、きちゃう、ゃ、ゃあっ」ビクッ ビクンッ


 グリュッ グリッ グリグリグリ…


ミカサ「ぁ、ぁ、あぁ、あ、あ、あっ―――!!」ビクビクビクッ

ミカサ「…………」ハァ、ハァ…

エレン「…」ヌチュ…

ジャン「」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:52:38 ID:YZ3yMaNA



エレン「…どうだ?」

ミカサ「ぅ…あった、かい……」ハァ、ハァ…

エレン「ならよかった」

ミカサ「エレン、手、洗わなければ…」

エレン「いいよこれくらい。舐めときゃいい」ペロ…


ジャン「」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:56:54 ID:YZ3yMaNA

エレン「もう大丈夫だな。ほら、ちゃんと毛布かぶれ」

ミカサ「うん」

エレン「もう寒くないな?」

ミカサ「うん」

エレン「寒いときはいつでも温めてやるから」

ミカサ「うん」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:57:31 ID:YZ3yMaNA


エレン「おやすみ、ミカサ」ギュッ


ミカサ「…おやすみなさい、エレン」ギュゥッ


ジャン「………」


ジャン「…」


ジャン「」


ジャ




おわり



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 19:58:33 ID:YZ3yMaNA

終わりです
すみません

ミカサはエレンにクリ責めされて喘げばいいよ



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 20:08:05 ID:svhTUOkg

指とかナニとか挿れないんですかーチラッチラッ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:25:03 ID:lTmX.uoE

ジャン(朝…か)

ジャン(なんかひでぇ夢を見ていたような気がs)

アルミン「エレンおはよー、あれ?ミカサ来てたんだ」

ミカサ「ん…アルミンおはよう」

アルミン「はやく戻らないと教官に見つかっちゃうよ。」

ミカサ「うん…熟睡してしまっていた…。」

アルミン「エレン起きてー。そんなしっかり抱きしめてたらミカサが動けないよ。」

エレン「ん…あ、アルミンおはよう」


ジャン「」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:25:40 ID:lTmX.uoE

エレン「うわ、もうすぐ起床時間じゃねぇか。ミカサ大丈夫か?」

ミカサ「大丈夫、見つからないように帰るから。」

エレン「じゃあ、また食堂で。」

ミカサ「うん。」

エレン「寒くなったらいつでも来いよ」

ミカサ「…うん、分かった。」


ジャン「」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:26:36 ID:lTmX.uoE

※数日後

ジャン「うーん…」パチッ

ジャン(ん?今何時だ…2時か…また目が覚めちまっt)


ミカサ「エレン、寒い…」

エレン「ほら、こっち来いよ」ギュウッ


ジャン「」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:34:18 ID:lTmX.uoE

ミカサ「ぁっ…ぇ、えれん…あの…」

エレン「なんだ、胸はもういいのか?」

ミカサ「ち、ちがう、…ぁっ」

エレン「…もう下の方行くか?」

ミカサ「…下の方は…エレンの手が、んっ、汚れて、しまう…」

エレン「そんなの気にしなくていいって」

ミカサ「でも…」

エレン「…じゃあ、自分でやってみるか?」


ジャン「」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:43:33 ID:lTmX.uoE

ミカサ「やり方が分からない…」

エレン「教えてやるよ」

ミカサ「…うん」


ジャン「」


エレン「とりあえず自分で触ってみな」

ミカサ「…」サワリ…

エレン「…どうだ?」

ミカサ「…ど、どうって」

エレン「濡れてるか?」

ミカサ「えっと…多分、濡れてないと思う」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:52:09 ID:lTmX.uoE

エレン「そうか…」ガバッ

ミカサ「え?」

エレン「ボタン外すぞ」

ミカサ「ぇ…エレン、ゃ、まって」

エレン「…」プチッ プチッ…

ミカサ「……!///」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 13:57:09 ID:lTmX.uoE

エレン「……」

ミカサ「エ、エレン、胸が、寒…、あっ!」


ジャン(あの野郎、一体何やっt)


ミカサ「ふ…、ぁ…、ゃ、舐めな、で…、エレン…」

エレン「…」ペロ…ピチャ…


ジャン「」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:04:15 ID:lTmX.uoE

エレン「…」チュウッ

ミカサ「あっ!」ビクンッ

エレン「…」チュウ…ペロ…

ミカサ「ぁ、ぁああ…」

エレン「ぷはっ…ミカサ…」

ミカサ「…」ハァ、ハァ…

エレン「もう一回触ってみろ」

ミカサ「…」クチュ…

エレン「どうだ?」

ミカサ「……濡れてる」


ジャン「」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:08:51 ID:lTmX.uoE

ミカサ「…ぬるぬる、してる…」

エレン「そのぬるぬるを指に絡めて、全体に塗り回して」

ミカサ「…んっ」ヌリヌリ…

エレン「ちゃんとクリトリスまで塗ったか?」

ミカサ「く…くり…?」

エレン「あー…えーと、ここだよ、ほら」クリッ

ミカサ「ひゃっ」ビクッ

エレン「俺がいつも触ってるとこ」

ミカサ「ぅ…わ、わかった」


ジャン「」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:14:05 ID:lTmX.uoE

エレン「先端にツルツルしたやつがあるだろ」

ミカサ「…うん…」

エレン「擦ってみろ」

ミカサ「…ぁ、」ビクッ

エレン「どうだ」

ミカサ「へ、へんなかんじがする」

エレン「しばらく擦ってみな」

ミカサ「うん…、…っ、ぅ、は…ぁ」


ジャン「」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:19:29 ID:lTmX.uoE

エレン「どうだ?」

ミカサ「ぅ…ぁ…、し、しびれ、て…」ハァ、ハァ…

エレン「もう一回ぬるぬるを手につけて」

ミカサ「…」ヌチュ…

エレン「もっと速く擦ってみろ」

ミカサ「…っ、ふ、ぁ、あ、あぁ、ぁ…っ」ビクビクッ


 ハァ、ハァ、ハァ…


ジャン(チンポ痛ぇ…)



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:23:19 ID:lTmX.uoE

ミカサ「ぅ、ぅぅ…、」

エレン「どうした?」

ミカサ「……」

エレン「まだイってないだろ」

ミカサ「ぇ、い、いくって、どこに…」

エレン「ぁー…まだ温かくなってないだろ?」

ミカサ「む、むり…こわい…」

エレン「そうか…」


ジャン(…終わりか?よし、そのままとっとと寝ちまえ)



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:30:28 ID:lTmX.uoE


ミカサ「っ! ぇ、えれんっ」


ジャン(!?)


エレン「最後はちゃんとやってやるよ」ヌチュッ

ミカサ「ぁっ」ビクンッ

エレン「もう一回教えてやるからよく聞いとけよ」


ジャン(!!!?)



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:31:21 ID:lTmX.uoE

エレン「まず割れ目全体をなでる」ヌチャヌチャ…

ミカサ「……っ!」ブルッ

エレン「しっかり濡れてるな」

ミカサ「ぅっ…」

エレン「ぬるぬるを指に絡めて、そのままクリトリスまで塗り上げる」

ミカサ「ふあっ…ぁ、」ビクンッ


ジャン(解説付き…だと…!!?)



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 14:56:47 ID:lTmX.uoE

エレン「最初はゆっくりでいい」ヌチャ…ヌチャ…

ミカサ「は、あぁ、ぁぁ…」

エレン「ぬめりが足りないとおもったら指を入れればいい」ズプッ

ミカサ「ぅあっ! …ぁあっ」ビクビクンッ

エレン「中をじっくりと掻き回して…」プチュッヌチュ…

ミカサ「ぁ、ぁぁ、あ…」ブルブルッ

エレン「…どうだ」

ミカサ「ぁ、足が、ぶるぶる、する…」ビクッビクッ

エレン「そうか」ズル…クリッ…

ミカサ「あっ!」ビクンッ



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:00:02 ID:lTmX.uoE

エレン「クリトリスと、割れ目全体を一緒に撫でる」ヌチュ…ヌチュッ

ミカサ「ふぁ、ぁ、ぁあ…」

エレン「ちょっと速くしていくから、シーツかなんか握っとけ」

ミカサ「ぅ…」ギュゥッ


 ヌチュッヌチュッヌチュッ…

 ハァ、ハァ、ハァッ――


ジャン「」

ジャン(音に水気が増してきたな…)



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:02:42 ID:lTmX.uoE

ミカサ「ぁ、ぁ、ぁぁ、ぁああっ」ビクッビクッビクッ

エレン「どうだ、ミカサ」ヌチャ ヌチャ ヌチャ…

ミカサ「ぁ、分からな、ぁっ、ぁ、」ビクンビクン

エレン「気持ちいいか」ヌチャ ヌチャ ヌチャ…

ミカサ「ぁ、ぅ、ぅん、ぃ、ぃぃ、気持ち、いいっ、ぁっ」ビクッ ビクッ

エレン「ミカサ…」ヌチャ ヌチャ ヌチャヌチャヌチャ…

ミカサ「ぁ、ぁ、ぁ、ぁあっ、――――っ!!」ビクビクビクッ!!


エレン「……」ピチャ…



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:05:30 ID:lTmX.uoE

ミカサ「………」ハァ、ハァ…

エレン「…あったかいか?」

ミカサ「………」ハァ、ハァ…

エレン「…ミカサ」クリッ

ミカサ「ゃ、あっ…」

エレン「…ミカサ」

ミカサ「ぅ……あったかぃ…エレン…」


ジャン「」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:06:11 ID:lTmX.uoE

エレン「もう大丈夫だな?」

ミカサ「うん、エレン、あったかい…」

エレン「あぁ。」


 ハァ… ハァ… ……


ミカサ「えれん」

エレン「ん?」

ミカサ「エレン」

エレン「聞こえてるよ」

ミカサ「……キスしてほしい」


ジャン「!!?」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:10:05 ID:lTmX.uoE




エレン「……」

ミカサ「……」


ジャン「………」


ミカサ「………んぅっ」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:12:46 ID:lTmX.uoE

 ピチャッ…チュパッ……


ミカサ「ん…ふ…ぁ…」

エレン「ぷはっ、ミカサ、ちゃんと口開けろ」

ミカサ「……」

エレン「よし、いい子だ。舌出して。」

ミカサ「……」


ジャン「……」


ミカサ「んっ! んん…」


 チュプ…ジュルッ……



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:17:56 ID:lTmX.uoE

ミカサ「ぇ、ぇれ、くるしい…」

エレン「…お前がしろっていったんだろ」

ミカサ「ぅ……」

エレン「いいから黙ってろ」

ミカサ「んんっ!…ふ…ぁ、」


 ピチャ…チュプ…


ジャン「」


 ハァ、ハァ、ハァ…



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:19:29 ID:lTmX.uoE

エレン「ふぅ…」チュパッ…

ミカサ「はぁ、はぁ、エレン…」

エレン「…お前まさかまた濡れてないか?」

ミカサ「…っ/// そ、そんなことは、ない…」モジ…

エレン「…そうか…」

ミカサ「エレン」

エレン「ん?」

ミカサ「……あったかい、…とても。」

エレン「…そうか」


ジャン「」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:20:16 ID:lTmX.uoE

エレン「俺もあったかいよ」

ミカサ「……よかった」

エレン「…おやすみ、ミカサ」

ミカサ「おやすみなさい、エレン」


ジャン「……」

ジャン「…」




55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:21:29 ID:lTmX.uoE

おわり



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:37:25 ID:DflNFHuQ

元気出せよジャン
お前女装アルミンがおじさんにいやらしく触られる場面を間近で見れたんだから
なんて羨ましい



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:52:55 ID:lTmX.uoE

おまけ↓



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:53:33 ID:lTmX.uoE

※数日後 男子兵舎


アルミン「そういえばこの前またミカサ来てたね」

エレン「あぁ、怖い夢見るたびに忍び込んでくるな」

アルミン「ふーん…いつもどうやってなだめてるの?」

エレン「んー…なんかいっつも『寒い』って言ってるから、とりあえず体を温めることに専念してる」

アルミン「へー、だから毎朝抱きしめた状態なんだね」

エレン「いや、実際には抱きしめて温めてるんじゃなくてもっと具体的n」

ジャン「ジャアアアアアアアアン!!!」

エレン「!? びびったじゃねぇか!どうしたいきなり」

ジャン「いや、なんでもねぇ」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:54:05 ID:lTmX.uoE

アルミン「で、なんだって?」

エレン「いや、まずはこう…シャツの下から手を入れて腹筋を」

ジャン「ダァッシェェエエエエイ!!」

エレン「!? どうかしたのかジャン!」

ジャン「いや、すまん、何でもねぇ」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:54:54 ID:lTmX.uoE

アルミン「え、シャツ?何?」

エレン「撫でまわして、そこから胸を揉」

ジャン「セィヤァァァ!!」

アルミン「ごめん、さっきからジャンが大声で叫び続けてるから正直聞き取れないんだけど、一応続けて。」

エレン「あぁ、胸を揉んでるとな、ミカサの息がどんどん荒くなってきてさ」

ジャン「ゲッダァァン!!」

エレン「顔真っ赤にして両手で口を抑えるんだよな」

アルミン「うん?(全然聞こえない…)」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:55:41 ID:lTmX.uoE

エレン「乳首つまんでやると体が撥ねてちょっといじめてやりたくなr」

ジャン「ゆーれる まーわる ふーれる せつなぁぁいっきもち――!!!」

アルミン「ぅ、うん?(なんか歌ってる?)」

エレン「で、ある程度したらスカートめくり上げて、股の間をさすってやr」

ジャン「ぎゅっと だーかれ もーえる こーいーごぉぉぉこぉろぉぉぉ!!!」

アルミン「へー(もう聞いたふりしてればいいかな…)」

ジャン「はぁ、はぁ、ぅ…ゲホゲホッ!」

エレン「大丈夫かジャン…」

ジャン「な…なんでもね…ゲホゴホ!」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:56:32 ID:lTmX.uoE

エレン「そしたらまた顔真っ赤にしてさ、もう声も抑えられないみたいで」

アルミン「ん?声?」

エレン「あぁ、ずっと涙ぐんでて、なんか可愛いからちょっといじめてやりたくもなるんだが」

アルミン「え、ミカサ泣いてるの?」

エレン「あぁ、とりあえず指をつっこn」

ジャン「エーターナールァァァァアアアブ!!」

コニー「おいさっきからうるせぇよ!全然眠れねえっつーの!」

ジャン「す…すまん…ゴホッ」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:58:08 ID:lTmX.uoE

エレン「まぁそんな感じだ」

アルミン「うん、ほとんど聞き取れなかったけど分かった。」

エレン「とりあえず寝るか」

アルミン「そうだね」

エレン「おやすみ」

アルミン「おやすみー」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:58:44 ID:lTmX.uoE

コニー「え、ジャンお前、泣いてんのか?」

ジャン「ちげえよ目に巨人が入ったんだよ」

コニー「どういうことだよ」

ジャン「いいからもう寝ようぜ」

コニー「あぁ、おやすみ」

ジャン「おやすみ…」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 15:59:26 ID:lTmX.uoE

終わりです



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 16:04:54 ID:K4tC7jWg

きてたあああ

エレンさんどこでこんな温め方覚えたんですか
最高です。



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 16:25:31 ID:YmmDyb6Y

アルミンは知ってんのかと思った



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 22:18:40 ID:LhUQcAEg

乙!
そしてジャンも乙
しかしミカサを喘がせるだけ喘がせてそれ以上の事はしないエレンはある意味賢者だなw






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
ミカサ「エレンと恋人になりたい」 
エレン「オレだってキスぐらいしたことあるぞ」 
エレン「アニの日記?」 
ミカサ「エレンの心の声だけが聞こえる都合のいい薬を作ってほしい」 
エレン「アルミンがねぼけてる」アルミン「エレンがねぼけてる」