転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1331263398/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:23:18 ID:G7s3HAk2

男「駄目か」

女「断固拒否する」

男「そっか……駄目か……」

女「無理だから」

男「……」ジー

女「見んな屑」

男「駄目?」

女「死ね」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:24:59 ID:G7s3HAk2

男「どうしても!」

女「嫌だ」

男「お願い!」

女「自分でなんとかして」

男「それじゃぁ治まりが付かないんだよ。限界に気付いたんだ」

女「じゃぁ取っちゃえ」

男「後生だから!」

女「……死ね」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:26:15 ID:G7s3HAk2

男「俺の事嫌いなのか?」

女「嫌いになりそう」

男「まだ嫌いじゃないんだな!だったら!」

女「たった今嫌いになった」

男「え!?何故!??」

女「その反応はおかしい」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:28:30 ID:G7s3HAk2

男「良いじゃないか。お互いもういい歳なんだから、そろそろ、な?」

女「死んじゃえ」

男「人生何事も経験よ?」

女「んな経験いらん」

男「なぁ女……SEX、しようぜ?」

女「きもい」

男「お願いします!!」ゲザァァァ

女「死ね」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:30:32 ID:G7s3HAk2

男「お願いします!!」

女「……」

男「お願いします!!!」

女「うるさい」

男「うるさいのはこの口です!!上下の口でふさいでください!!」

女「死ね」

男「お前さっきから死ね死ね言いすぎだろ!!」

女「だってマジで死んでほしいんだもん」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:32:37 ID:G7s3HAk2

女「死ねよ、屑」

男「酷い……」

女「酷くない。お前の方がひどい」

男「なんで……俺はただ……お前とSEXしたいだけなのに……」

女「それがひどいって言ってんの。ねぇ、冗談にしては性質が悪いし、いい加減しつこいよ?」

男「冗談なんかじゃない。俺は本気でお前とSEXしたいんだ!」

女「糞が……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:33:56 ID:G7s3HAk2

男「SEXしてください!」

女「笑えない」

男「お願いします!今すぐ俺を抱いてください!」

女「笑えない」

男「よし分かった、脱ぐぜ、俺は!!」バッ

女「バイバイ。二度とさようなら」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:35:59 ID:G7s3HAk2

男「待って!」

女「待たない」

男「俺の何がいけないってんだ!」

女「全部」

男「じゃぁ整形してくるよ!だから」

女「その性根を矯正しなさい」

男「――なぁ嬢ちゃん、スケベしようや……」

女「悪化してる」

男「五千円までなら払うから」

女「腐ってやがった」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:37:51 ID:G7s3HAk2

男「お願いしますから!」

女「今日はもう疲れた。帰る、バイバイ」

男「うぅ……」メソメソ

女「……」ガチャッ

男「うぅ……うぅうぅ……」メソメソ

女「……」バタン


女「最低な奴……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:41:07 ID:G7s3HAk2

後日

男「なぁ、女」

女「何?」

男「SEX」

女「死ね」

男「まだ何も言ってないぞ!?なんだ、性別という意味の英語からお前はどんな淫らな連想を」

女「うるさい。死ね」

男「なんで……」

女「男にしては、笑えない冗談だよ」

男「冗談なんかじゃ……」

女「本当につまんないから、それ」

男「うぅ……」グス

女「……」スタスタ

男「うぅ……うぅうぅ……」メソメソ

女「……」スタスタ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:52:48 ID:G7s3HAk2

後日

男「女、」

女「死ね」

男「まだ何も言ってないぞ!?お前は一体話しかけられただけでどんな嫌らしい妄想をしたんだ!」ハァハァ

女「うざいから」

男「このいやしんぼめ!欲しがり屋さんめ!!」

女「死ね」

男「そんなこと言って本当はうれしいくせにぃぃぃいいいい!?」ツネッ

女「きもい。うざい。屑。死ね」ギュゥゥゥゥ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:53:34 ID:G7s3HAk2

男「痛い痛い!ごめんなさい!お願いだから二の腕思い切り抓まないで!!剥がれる!!」

女「じゃぁもうそういうこと言わない?」

男「そういうことってどういう痛い痛い痛い痛い!!」

女「言わないって約束したら離す」

男「わ、分かったよ、言わない、言わないからお願いします、このとおり……!!」

女「……うむ、よし」

男「……暴力女……!」

女「なんか言った?」

男「いえ、何も」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 12:57:02 ID:G7s3HAk2

男「出会い系を始めようと思う」

女「あっそ」

男「おすすめとかない?」

女「知らない」

男「でもたくさんメール来るのはうざいなぁ……」

女「へぇ」

男「JFの広告とかも埋まったらいやだな……」

女「そうかそうか」

テーテレッテテッテレテー

男「おっ。ロッテリアのクーポン来た」

女「よかったね」

男「帰りに寄ってく?」

女「奢り?」

男「なわけあるかい」

女「けち……」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:02:19 ID:G7s3HAk2

男「じゃんけんで勝ったらバニラシェイク買って」

女「あたしが勝ったら奢ってくれるなら」

男「それは等価交換なのか……!?いや、でも勝てば良いのだし……」

女「じゃーんけん!」

男「えっちょ!?」


女「頂きます」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:02:32 ID:G7s3HAk2

男「……召し上がれ」

女「元気出せよ」

男「無理……これは痛い方の出費だ……」

女「優しさ半額クーポンしてやったじゃん」

男「もう半分は俺の金で出来ているじゃない……」

女「みみっちい」

男「くそ……勝ってればシェイクと漫画一冊買えたのに……」

女「……当然なんだよ、バカ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:06:28 ID:G7s3HAk2

男「SEXしたい」

女「あっそ」

男「SEX!SEX!!」

女「うるさい」

男「SEXしたいZEX☆」

女「わけわかんないし」

男「なんかもう、目に映る女性全員とSEXしたい感じ」

女「犯罪者」

男「いや、犯すのではなく犯されたいんです」

女「死んDEATH」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:08:11 ID:G7s3HAk2

男「今俺の家じゃん?」

女「はい」

男「俺がこう、ベッドに横たわるとするじゃん?」

女「はいはい」

男「で、眠るじゃん?」

女「そうですか?」

男「でさ、起きたら……」






男「女が……いないじゃん……」グスッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:12:02 ID:G7s3HAk2

男「なんで昨日勝手に帰ったのよ」

女「帰りたくなったから」

男「俺に一言は!?」」

女「寝てたでしょ」

男「起こしてくれればよかったのに!」

女「めんどくさかった」

男「『おや、なんだか下腹部の様子が……!?』みたいな起こし方で!」

女「ふーん」

男「『おめでとう!男は脱☆童貞になった!!』」

女「よかったね」

女「そんで、良かったついでにほれ鍵」

男「あ、おう」

女「来るときちゃんと戸締りしてきた?」

男「おうさ」

女「ならよし」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:15:14 ID:G7s3HAk2

男「ねぇ……今晩、抱いて……?」

女「お断りします」

男「いけず……俺のここ……じゅんじゅんしてほてりが治まらないの……なんとかして……」

女「独りでなんとかしてください」

男「切ないのぉ……切ないのぉ……」

女「……出会い系で、なんとかすればいいじゃないですか」

男「いや、なんか怖くて。それに変な病気移されてもいやだし」

女「まぁ、それが良いよ」

男「ねぇ、だから女が……」

女「さて、帰ろうかな」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:20:39 ID:G7s3HAk2

男「……」

女「おはよう、男」

男「あ、おはよう」

男「……」

女「どうしたのさ」

男「え?いや、別に」

女「また良からぬモノを溜め込んでいるんですかね?爆発なら家で一人でやってよ?」

男「いや、違うけど」

女「ふーん。ならどうしたのさ?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:21:00 ID:G7s3HAk2

男「いや、別になんでも」

女「気になるんですがね」

男「うーん……」

女「……」ツネッ

男「んっ……痛い、何だよ?」

女「……んふふ」

男「はぁ?あぁ??」ギュゥ

女「男のほっぺ、柔らかい」

男「はぁ……」

女「男変な顔ー」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:22:47 ID:G7s3HAk2

男「……実はですね」

女「はい」

男「告白を、されまして」

女「……ほぅ。それはそれは」

男「人生で初です」

女「それはそれは」

男「嬉しいんです」

女「それはそれは」

女「では、お受けするんですね?」

男「……」

男「どうしよっか?」

女「なぜあたしに訊く」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:25:24 ID:G7s3HAk2

女「よかったじゃん」

男「うん……」

女「うれしいんでしょ?」

男「そりゃね」

女「じゃぁ良いんじゃない?」

男「うん……でも、さ」

女「でも?なにさ」

男「……」

女「言えよ」

男「……やっぱり、男としてはこう、一度くらい……」

女「一度くらい?」

男「フッてみたいんです」

女「死ね」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:28:24 ID:G7s3HAk2

女「最低だよ、お前」

男「うん……わかってる……だからこうして葛藤しておるのですよ……女の子告白を無下にしたい衝動と、
もう二度とこんな据え膳をもらえなかったらという恐怖に、板挟みにされて……」

女「据え膳いうなし」

男「いっそ涙の海で抱かれたい」

女「意味わからん」

男「俺はどうすれば良いのだろうか?」

女「知らん」

男「こんなとき、貴方ならどうする?」

女「知らん」

女「けど」

女「お前は悪い奴じゃないって、信じてるぜ?」

男「かっこいい……」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:32:02 ID:G7s3HAk2

数日後

男「女ー」

女「なんでしょうか、男君」

男「何それきもい」

女「なんだと?」

男「あ、女さんだ。良かった、邪念が消えたんだな」

女「なんだとぉ?」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:32:24 ID:G7s3HAk2

男「というか、まぁ、久しぶり」

女「久しぶり。さようなら」

男「早くない?」

女「遅いくらい」

男「マジですか」

女「マジです」

男「今日昼飯一緒に食べない?」

女「唐突ですね」

男「奢るから」

女「仕方ないなー」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:34:21 ID:G7s3HAk2

男「この数日の空白期間、何してました?」

女「家で漫画読んでゲームして、バイトしてました」

男「そうですか。概ねいつもどおりですね」

女「はい」

男「人の金で食う飯は美味いですか?」

女「とっても」

男「それは良かった」

女「そうですか」

男「実はですね」

女「はい」

男「フラれました」

女「ほほう」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:37:58 ID:G7s3HAk2

男「思っていたほどつまんないって言われました」

女「それはそれは」

男「俺ってつまんないんですかね?」

女「さあ?」

男「慰めてください」

女「じゃぁ楽しいです。それはもう、とっても」

男「うれしい」

女「バニラシェイクをもう一杯奢ってくれたらもっと楽しくなる気がする」

男「……はいはい」ガタッ

女「楽しいですね」

男「そうですか」

女「楽しいよ、あたしは」

男「……そっすか。ありがとう」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:43:09 ID:G7s3HAk2

女「慰めてほしいの?」

男「別に。特に傷心ってわけじゃないし。あ、でも、飯代とかデート代の事を思うと憂鬱」

女「奢ったの?」

男「いや。でもさ、なんか無駄になった気がしてならない。あの金で漫画何冊買えたか……」

女「そんなだからフラれたんじゃないの?」

男「そっか」

女「直さないとね。またフラれちゃうよ?」

男「そうですか」ゴトッ

女「そうですよ」チュー



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:46:58 ID:G7s3HAk2

男「なぁ」

女「何さ」チュー

男「俺とSEXしたい?」

女「したくない」

男「どうして?」

女「なんか、男とはそういう関係にはなりたくない」

男「傷ついた。俺って魅力なんだな、本当に」

女「もっとずっと先に、昔はいろいろあったねって言い合える仲で居たいのですよ」

男「そうか。俺はお前なら後腐れなくSEXしてくれるって信じてるから」

女「死ね屑」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:51:52 ID:G7s3HAk2

男「ひどい」

女「酷くない。男が最低なだけだ」

男「自分に正直なんだよ」

女「くそったれ」

男「自分に嘘吐いたってしょうがないだろ?」

女「死ね」

男「ほら、女も自分に正直になって痛い痛い痛い痛い!!」ツネ

女「いい加減しつこいよ」ギュゥゥゥゥゥ

男「ごめんなさい!痛いから離して!首の皮は地味に痛い!!」

女「もうそういうこと言わないって約束する?」

男「約束するから!離して!」

女「ならよし」パッ



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:52:15 ID:G7s3HAk2

数日後

男「SEXしようぜ」

女「死ね」


終わり



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 13:53:34 ID:G7s3HAk2

やまなしいみなしおちなし

諸君、女の子は思ったほどSEXに寛容ではないぞ。注意めされよ

ではさらば



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 14:37:25 ID:IrArHZ4.




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 14:53:59 ID:N/3C98yE

むしろなぜ女の子がSEXに寛容だと思ったww
乙!






他のおすすめSS