転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558265361/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:29:21.72 ID:wUNv0k9g0

P「あ、悪い。急に言われたらびっくりするよな」

夏葉「……ええ。詳しく説明してもらえるかしら」

P「ああ。その……なんて言えばいいのか。たまにストレスがたまるとさ」

夏葉「ええ」

P「もうダメだー、ってなって癒しが欲しくなるわけなんだが……」

夏葉「それで、その……も、モフ? りたくなったってことね」

P「そう。ダメか?」

夏葉「ダメかどうかは別にしても……それ、白昼堂々言うことではないと思うのだけれど」

P「ああ。仕事中に言うことじゃなかったな……すまん。もふもふしたい衝動に駆られて……ふと、な……」

夏葉「ふと、ってそれ言う相手を間違えたらアウトよ?」

P「わかってる。だから夏葉なんだ」

夏葉「……私以外にいないの?」

P「そうだなぁ……ああ、夏葉以外いない」

夏葉「……………………そう」






2 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:30:07.80 ID:wUNv0k9g0

P「小宮さんに頼んでもいいんだが、ちょっと小さいから満足感に欠けるしな……」

夏葉「……アナタ、それ冗談でも笑えないわよ?」

P「あ、いや、そういうつもりで言ったんじゃないんだ! 小宮さんがダメとか誰でもいいとか、そういうことを言うつもりは一切ない!」

夏葉「……いいわ。聞かなかったことにしてあげる」

P「ありがとう。それで、なんだが……ダメか……?」

夏葉「…………“私が”いいのよね」

P「ああ」

夏葉「………………“私じゃなきゃ”いけないのよね」

P「ああ!」

夏葉「いいわ。…………というか、そこまで言われたら断れないじゃない。もう」

P「ホントか!?」

夏葉「ええ。でも、場所は選ばせてもらうわ」

P「うん。任せるよ」

夏葉「そう、ね……私の家、というのはどうかしら。時間は今日の仕事終わりでどうかしら」

P「問題ないよ」

夏葉「決まりね。待ってるわ」




3 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:30:35.78 ID:wUNv0k9g0

○ 

~夏葉の家~ 


P「さて、ちょっと緊張してきたな……」 

P「………………よし! ぴんぽーん、と」 

P「………………」 

P「…………」 

夏葉「はーい。……あら、早かったのね」 

P「ああ。全速力で仕事を片付けてきた」 

夏葉「ふふ、良い心掛けじゃない。それに、着替えてきたのね」 

P「そりゃあ、まぁ、こんな一大イベントがあるからな」 

夏葉「一大イベント……そうね。そう、よね……」 

P「夏葉も着替えたんだな」 

夏葉「ええ。収録で少し汗もかいたから」 

P「そっか。……それで、えっと、本日はお招きいただき……」 

夏葉「え、ええ……上がって頂戴?」 

P「ああ。あとこれ、つまらないものだけど、良かったら食べてくれ」 

夏葉「そんな気を遣う必要なんてないのに」 

P「無理を言ってお願いしてる身でそういうわけにもいかないだろ」 

夏葉「じゃあ、ありがたくいただくわね」 



4 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:31:18.38 ID:wUNv0k9g0

P「…………」 

夏葉「…………」 

P「…………」 

夏葉「……そ、それでなのだけれど」 

P「あ、ああ」 

夏葉「……心の準備はいいかしら」 

P「ああ。いつでも大丈夫だ」 

夏葉「そう。……私の方も、問題ないわ」 

P「……その、もう、ここで……リビングでいいか?」 

夏葉「ここで!?」 

P「あ、だめだったか?」 

夏葉「……いえ、取り乱してごめんなさい。いいわよ。私はどこでも」 



5 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:31:47.79 ID:wUNv0k9g0

P「なんかちょっと緊張するなぁ。久々だし」 

夏葉「久々……当然なのかもしれないけれど、プロデューサーにもそういう経験があるのね」 

P「ああ、でも最後はかなり前だけどな」 

夏葉「参考程度に具体的には何年前なのか、聞いてもいい?」 

P「何年……そうだなぁ……小学生以来じゃないか」 

夏葉「小学生!?」 

P「そんなに驚くことか?」 

夏葉「ちょっと早過ぎじゃないかしら……」 

P「え、もっと前だと思ってた? それこそ幼稚園とか」 

夏葉「そんなわけないでしょう!?」 

P「めちゃくちゃ食い気味だな」 

夏葉「食い気味にもなるわよ。もう」 

P「そのときの子は、結構人懐っこい子でさ。ところ構わず触って触ってー、って子でさ」 

夏葉「…………」 

P「夏葉?」 

夏葉「デリカシー、って言葉知ってるわよね」 

P「あっ……。いや、比べるつもりはないんだ。ごめん」 

夏葉「わかればいいのよ」 



6 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:32:53.20 ID:wUNv0k9g0

夏葉「それにしても……プロデューサーの前の……前の子はそんな感じだったってことは、誰に対してもそうだったんじゃないかしら」 

P「……おお、よくわかるな」 

夏葉「ちょっと考えたらわかるわよ」 

P「さすが夏葉だな」 

夏葉「……ねぇ、それ、嫌だとは思わなかったの?」 

P「あー。まぁ、ちょっと複雑ではあったよな。結局誰でもいいのかよ! ってさ」 

夏葉「でしょうね……」 

P「もう昔の話だけどな。夏葉はそんなことないか?」 

夏葉「心外ね。見ればわかるでしょう? そんなに軽くないわ」 

P「あはは。だよな。賢そうだもんな」 

夏葉「賢い、とかそういう話ではない気がするのだけれど……」 

P「そうかなぁ」 



7 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:33:20.92 ID:wUNv0k9g0

夏葉「……それじゃあ、その」 

P「ああ」 

夏葉「いつでもいいわよ」 

P「……ああ」 

夏葉「目、瞑っているわね」 

P「え、そんなに嫌か?」 

夏葉「嫌ではないわよ。……でも、ほら、そういうものでしょう?」 

P「……そういうものなのか」 

夏葉「そういうものなのよ」 

P「そうか……。じゃあ、失礼して……っと」 



8 : ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:33:56.05 ID:wUNv0k9g0

夏葉「…………」 

P「………………」 

夏葉「…………」 

P「かわいいーーー!! このもふもふ感!! カトレア―!」 

夏葉「えっ」 

P「夏葉から写真見せてもらったり、話を聞いたりする度に会いたかったぞー!」 

夏葉「えっ……えっ????」 

P「カトレアー! もふもふだなお前ー!」 

夏葉「そういう話!?!?!?!?」 



おわり 



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/19(日) 21:48:08.83 ID:3O3a7AcDO

乙 

どっかのおんみょうじたんを思い出す






他のおすすめSS