転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1331461706/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 19:28:26 ID:WRy//TA6

まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら」ファサァ

まどか「お願いがあるんだけど」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 19:29:28 ID:WRy//TA6

ほむら「……それはまどか自信の頼みかしら?」

まどか「うーん…難しいな」ティヒヒ

まどか「でも、ほむらちゃんはわたしが魔法少女になったら嫌なんでしょ?」

ほむら「もちろんよ」

ほむら「私はそのために何回も繰り返してきているんだから」

ほむら「でも、今回も失敗するでしょうね」

まどか「…さやかちゃんも杏子ちゃんもマミさんもいなくなっちゃたもんね」

ほむら「だからこの時間軸での私の時間はまどかの為に使うと決めたの」

ほむら「…話が逸れたわ。あなたの頼み事は何かしら?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 19:44:25 ID:WRy//TA6

まどか「わたしも一緒に時間戻りしたいな」

まどか「……なんて」

ほむら「まどか、それは本気で言っているの?」

ほむら「私と一緒に時間を巻き戻ろうだなんて…」

まどか「ほむらちゃんの魔法ってお互いに触っていれば平気なんだよね?」

まどか「きっとできると思うんだけどな」ニコッ

まどか「それに、わたしはやってみたいことがあるんだ。お願い、ほむらちゃん」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 19:51:59 ID:WRy//TA6

ほむら(確かに可能性はあるかもしれないわね)ホムホム

ほむら(さっきの質問から考えると、私が断ったらまどかは契約してでもやろうとするでしょうね)

ほむら「ええ、やってみましょう」

まどか「ありがとう。もう、ほむらちゃんをひとりにはしないよ」ダキッ

ほむら「ま、まどか//」

まどか「また学校で会った時、今度はわたしからほむらちゃんに声をかけるね」ティヒヒ

ほむら「……楽しみにしているわ」ギュッ

まどか「それじゃあ、またね」

ほむら「ええ」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 19:58:16 ID:WRy//TA6

ほむホーム

ほむら「さて、ここまではいつも通りだけれど」

ほむら「学校に行く日まではだいぶあるわね」

ほむら「まどかは無事に移動できたかしら…」

ピンポーン

ほむら「……!」

ほむら(誰っ?)

ほむら(こんな来客は今までなかったわ。まさか…)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:12:54 ID:WRy//TA6

ガチャ

ほむら「…まどか?」

さやか「まどかだと思った?残念、さやかちゃんでした!」バァン

バタン

さやか「ちょっ!閉めないでよ!」



ほむら(何で美樹さやかが…)



杏子「どーした?ほむらとかいう奴、いたんじゃねえのか」

さやか「いるけど、閉められちゃったよ~」

杏子「?」


ほむら(佐倉杏子まで!?)



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:22:14 ID:WRy//TA6

ガチャ

ほむら「一体何の用かしら?」ソーッ

さやか「ごめんごめん、とりあえず中に入れて欲しいかな?」

杏子「お前、図々しいのな」

さやか「杏子には言われたくないよ!」

ほむら「とりあえず玄関の前で騒ぐのはやめてもらえるかしら」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:36:17 ID:WRy//TA6

ほむら「それで、何故ここに来たの?」オチャヲダス

さやか「実はね…」

ほむら「……」ホム

さやか「このさやかちゃんにもわからないのだっ」

ほむら「……へ?」

さやか「あれ、滑った?」

杏子「滑るも何もないだろ、まったく」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:45:07 ID:WRy//TA6

杏子「あたしたちはまどかとかいう奴にここに行けって言われただけだ」

杏子「さやかと会ったのも昨日だよ」

さやか「何かもうすぐうちの学校にまどかの幼馴染が転校してくるとかで、先に会っておいて欲しいって」

杏子「あたしは何の関係もないのに…」

ほむら「まどかが?」

ほむら(無事に時間軸の移動ができたのね…良かった)フゥ

ほむら「美樹さやか、佐倉杏子。私のことはどの位聞いているのかしら」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:51:38 ID:3bhh/JX2

競馬やtotoの結果を覚えておけば……!



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 20:54:01 ID:WRy//TA6


さやか「あれ?苗字までどうしてしってるの?」

杏子「あいつもあたしのこと知ってたし、どうなってやがる」

ほむら「…今の答えで大体わかったわ、ありがとう」

ほむら(まどかは私がやろうともしなかったことを始めようとしているのね)

ほむら(私たちが最初からコンタクトをとれるようにしているなんて)

ほむら「それで、肝心のまどかは何をしているのかしら?」

さやか「まだもうひとり来るんだって言ってたから、もうすぐ来るんじゃないの」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 21:09:55 ID:WRy//TA6

ピンポーン

杏子「噂をすれば何とやらってな」

ほむら「きっと巴マミも一緒ね」スタスタ

杏子「何だって?」

ガチャ

まどか「ほむらちゃん、学校に来るまで待てなかったよ」ティヒヒ

ほむら「いいえ、私も会いたかったわ」

まどか「ほむらちゃん//」ダキッ

ほむら「ちょっと、まどか//」

マミ「ええと…お邪魔かしら?」

ほむら「巴マミは先に上がっていて頂戴。懐かしい顔に会えるわよ」

マミ「…?とにかく、お邪魔するわね」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 21:38:00 ID:WRy//TA6

ほむら「まどか、まどかなのよね?」ギュッ

まどか「そうだよ。わたしはわたし、鹿目まどかだよ」ギュウ

ほむら「まどかぁ//」

まどか「ほむらちゃん//」

さやか「…さやかちゃあん//」



まどほむ「……っ!?」バッ

さやか「あはは、そんな驚かないでよ」

さやか「それよりまどか。このほむらちゃんと、ずいぶんと仲がよろしいみたいだねぇ」

まどか「い、言ったよね。お、幼馴染だよ」

さやか「怪しいなあ。今まで聞いたこともなかったのに」

ほむら「美樹さやか、あなたは中にいたのではないのかしら?」

さやか「だってさー、杏子と今来た人が凄い顔して睨み合ってるんだもん」

まどか「杏子ちゃんとマミさんが?早く止めないと」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 21:44:39 ID:WRy//TA6

マミ「鹿目さん、あなた…」

杏子「お前も魔法少女だったのか。おかげで謎が解けたよ」

まどか「えっと、違うの。わたしは魔法少女じゃなくって」アセアセ

ほむら「魔法少女は私よ、まどかではないわ」ファサ

さやか「え?え?何の話?」

ほむら「まずは美樹さやかに魔法少女について話をしなければならないわね」

まどか「ついでに自己紹介もね」ティヒ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 21:53:34 ID:WRy//TA6

ほむら「…わかったかしら」

さやか「えっと、魔法少女っていうのは理解できたよ?」

さやか「でも、いきなりそれを信じろって言うのは無理があるかな」

まどか「さやかちゃん、お願い。信じて欲しいな」ウルウル

さやか「あははー。さやかちゃんも魔法少女、信じちゃうぞー!」

ほむら(まどかの涙目で上目使い……うらやましいわ)

マミ「さて、美樹さんが話についてこれるようになったのなら、今度は私たちの質問に答えてもらいましょうか」

ほむら「私とまどかがどうしてあなたたちを知っているか、でしょう?」

杏子「わかってんなら話は早いな」

ほむら「この際だから全て話すわ。ワルプルギスの夜のことも、魔女の生まれ方についてもね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 21:58:56 ID:WRy//TA6

マミ「…そんな」

マミ「ソウルジェムが魔女を生むなんて…」

杏子「いまいち信じなれない話ばっかだな。時間移動なんて、バカバカしい」

ほむら「嘘だと思うならキュゥべえに聞いてみるといいわ。時間移動が不可能ではないと教えてくれるはずよ」

さやか「……ねえ」

ほむら「何かしら」

さやか「恭介の腕って本当に治るの?」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 22:15:51 ID:WRy//TA6

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「今の話を聞いていなかったの?」

ほむら「あなたは上条恭介の腕を治すことが出来る。でもそうするとあなたは魔女になってしまうのよ」

マミ「そ、そうよ。これ以上ソウルジェムを増やすわけにはいかないわ!」

さやか「で、でもさ。恭介が仁美と付き合うのも知っちゃったわけだし」

さやか「あたしがしっかりしていれば魔女って奴にはならないんじゃ…?」

杏子「ま、筋は通ってるけどな。ホントにそれでいいのかい?」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 22:41:45 ID:WRy//TA6

さやか「……あたしは後悔なんてしないよ」

杏子「誰もが最初はそう言うんだよ」

マミ「……美樹さん、お願い。よく考えて」

まどか「さやかちゃん…」

ほむら「……はぁ」

ほむら「あなたって、本当に馬鹿ね」

さやか「そうだよ。あたしはバカだ」

さやか「でも、仁美とかは関係なしにあたしは恭介を助けたいの!」

ほむら「私が馬鹿と言ったのは、最初からあなたが負けを認めていることよ」

さやか「……?」

ほむら「美樹さやか、あなたは始めから上条恭介のことを諦めている」

ほむら「私は上条恭介が美樹さやか、あなたを選んだ時間軸だって知っているわ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 22:46:40 ID:WRy//TA6

さやか「えっ?」

ほむら「すなわち、あなたにも勝機はあるって言っているのよ」

ほむら(美樹さやかは重要な戦力になるわ)

ほむら(魔女化させないように契約をしてもらわないといけない)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 22:57:22 ID:WRy//TA6

まどか「ほむらちゃん?」ヒソヒソ

ほむら「嘘よ。そんなことなかったわ」

まどか「いいの?さやかちゃん、それで失敗したらまた魔女になっちゃうよ?」

ほむら「平気よ。上条恭介はきっとまどかが告白しても受け入れるに決まってるわ」

ほむら「あの年頃の男はみんなそんなものよ」

杏子『なあマミ…』テレパシー

マミ『何かしら佐倉さん』

杏子『ほむらのこと、どこまで信じる?』

マミ『正直信じられないのだけど、暁美さんが嘘をつく人には見えないわ』

杏子『ああ。胡散臭い奴だけど、わたしも敵には見えないな』

さやか「わたしが…恭介と…」エヘヘ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 23:04:34 ID:WRy//TA6

さやか「決めたっ!あたし、魔法少女になる!」

まどか「本当にいいの、さやかちゃん?」

さやか「それで恭介の腕を治してもらって、あたしは恭介に告白するの!」バアン

マミ「ちょ、ちょっと美樹さん」

杏子「マミ、好きにさせてやんなよ。あいつ間違いなく、自分の為に魔法少女になるんだ」

マミ「佐倉さん…そうね、人の願いにケチはつけられないわね」

ほむら(さて、この時間軸では最初から仲間が多くて楽になりそうね)

ほむら(私も積極的に声をかけていけば良かったのかしら?)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 23:15:22 ID:WRy//TA6

さやか「だいじょーぶですって、マミさん。魔女になんか絶対になりませんから」

まどか「もう、怖いこと言わないでよ」ティヒヒ

ほむら(まどかのおかげで私はまどかを助けることができるかもしれないわ)

ほむら(いえ、元々私が魔法少女になったのもまどかのおかげだった)

マミ「佐倉さん、私たちは先輩として美樹さんを守ってあげなきゃね」

杏子「そいつはマミの役目だよ。あたしには関係ないね」

マミ「もう、佐倉さんったら」

ほむら(結局、私はまどかに助けられてばっかりだったのね)

ほむら「ふふふ。こんなにも良い世界に簡単に出会えるなんて、驚いたわ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 23:21:29 ID:WRy//TA6

結局、わたしたちだけではワルプルギスの夜には勝つことが出来なかった。

キュゥべえと契約したまどかの力でワルプルギスの夜を撃退には成功したのだけれど。

被害は大きく、わたしはまた同じ時間を繰り返す道を選んだ。

それでも、次の世界なら絶対に乗り切れると信じている。

何故かを言えば、まどかの願いは「どの世界でも、わたしたちは5人で一緒にいること」だったからだ。



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/11(日) 23:23:40 ID:WRy//TA6

わたしはいつもと同じ病室で目が覚める。

いつもなら何もない空間だったけど、今は違う。

「おっそいよ、ほむら。このさやかちゃんを待たせるんじゃあない!」

「ふふ、前回はかなり惜しかったもの。今度は勝ちましょうね」

「楽勝だよ、楽勝。何せ今回は強い味方もいるからな」

「ほむらちゃん、今度は最初からわたしも頑張って戦うからね」ティヒヒ

結果としてまどかの契約を止めることはできなかったけれど、今のわたしには皆がいる。

ひとりぼっちの巻き戻しの旅は終わりを告げた。

――もう、何も怖くないわ。

終われ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 04:54:24 ID:l6Qa2Mew

いいお話なんだが尻切れトンボ感が




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/13(火) 09:44:40 ID:pidcWDo6

短すぎるので、勿体ないと言うべきなのかどうかも判断が付かん
ともあれ乙






他のおすすめSS
さやか「杏子のポニテさわさわ」杏子「やめろよ!」 
マミ「最近は鏡見るのが嫌…」 
マミ「マジカル・ミルキーウェイ」 
マミ「山と海、行くならどっち?」 
マミ「わたしの、一番のお友達」 ファービー「ファー…ブルスコ…ファー」 
マミ「佐倉さんって男っぽくて素敵…」 
杏子「…食いモンが底をついちまった」ほむら「これでも食べたら」 
杏子「好き好き大好き」 
マミ「そろそろお鍋の季節よね」杏子「ガタッ」 
マミ「ぱーん」