転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471360961/

1: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:22:41.84 ID:csr7bvcEO

裕美「………」

P「裕美? 俺の顔になにかついてる?」

裕美「あ……ううん、そうじゃないの」

P「じゃあ、なに? さっきから俺のこと見てるみたいだけど」

裕美「えっと……なんでもない」

P「? じゃあ、俺は会議に行ってくるから」

裕美「い、いってらっしゃい」

P「ああ」

ガチャ、バタン


裕美「………はあ」

裕美「もうすぐ私の誕生日……Pさん、なにかくれるのかな」

裕美「く、くれるよね。他の担当の子には、ちゃんとプレゼントしてるし。うん」

裕美「でも、もしくれなかったら……仮にくれるとしたら、なにをくれるんだろう……」

裕美「……はあ。これじゃ私、ただの卑しい子みたい」

裕美「別に、絶対にプレゼントがほしいわけじゃ………」

裕美「やっぱり、Pさんからのプレゼントはほしいな……」






2: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:23:35.28 ID:csr7bvcEO

のあ「その感情、大事にしなさい……」

ヘレン「欲望は、うまく扱えば、己を世界レベルへ高めるための道具となるわ」

裕美「………」

裕美「ひゃあっ!? き、聞いてたんですか!? 部屋、誰もいなかったはずなのに」

ヘレン「常識を疑いなさい」

のあ「固定観念を払いのけなさい」

裕美「ぐ、具体的な内容がなにひとつ出てきていないのに説得力がある……」

ヘレン「さあ、行くわよのあ」

のあ「ええ」

裕美「え、どこか行くんですか?」

ヘレン「ザッツライト。世界レベルを磨くため、私達は向かうの」

のあ「………」コクリ

裕美「は、はあ……なんだか、すごい場所に行くみたいですね」

裕美「気を付けて、くださいね?」

ヘレン「フッ、心配は無用よ。けれど、その気遣いはありがたく受け取っておくわ」

のあ「裕美。あなたは優しい……」

裕美「い、いえ。そんなことは」


のあ「ヘレン……行きましょう」

ヘレン「そうね。私達の次なる舞台」


ヘレン「中華街・制覇へ!」

のあ「今日こそ、全品コンプリートするわ……その後ハマスタへ行きましょう」

ヘレン「オーケー。あの球場の雰囲気は好きよ。外国人がメジャー風の応援をすることもあるから、まさに世界レベルね」


ガチャ、バタン


裕美「………」

裕美「あ、アジアレベル……」

裕美「しかも野球観戦まで予定に入れてるし」



3: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:24:18.85 ID:csr7bvcEO

裕美「はあ……えっと、なに考えていたんだっけ」

裕美「世界レベル……じゃなくて、えっと」

裕美「そう。Pさんからの誕生日プレゼント」

裕美「ここまで気になるなら、いっそ。それとなく内容を聞いてみるのもありかな……」

柑奈「呼びました?」にゅっ

裕美「きゃあっ!? か、柑奈さん! 全然呼んでないですけど!」

柑奈「え? でも、あり(うら)か(ん)なって」

裕美「どんな耳してるんですか!」

柑奈「だいたいちょっと~、補足しただけ~♪」ラララー

裕美「ちょっとじゃないんですけど。7文字中3文字補ってますよ……」

柑奈「ラブは互いに補い合うことで強くなるんです」キリッ

裕美「いいこと言ってる気もしますけど、今はまったく関係ないです」




4: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:25:06.44 ID:csr7bvcEO

柑奈「なるほどなるほど。プロデューサーさんからのプレゼントの内容が気になる、と」 

裕美「はい……嫌な子ですよね。私」 

柑奈「そんなことないない! 大好きな人からのプレゼントなんだから、気になって当然!」 

裕美「だ、だいす……!?」 

レナ「ダイス勝負は得意よ」 

裕美「だからみなさんどこから出てきてるんですか!」 



5: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:26:03.33 ID:csr7bvcEO

柑奈「それで、大好きじゃないの?」 

裕美「そ、それは……その。もちろん、嫌いじゃないし……好き、ではありますけど」 

柑奈「ラブ? ラブ?」 

レナ「ラブラブ?」 

裕美「も、もうっ! レナさんまでからかわないでくださいっ!」カアァ 

レナ「ふふ、ごめんなさい。この歳になると、甘酸っぱい恋愛の匂いに食いついちゃって」 

裕美「ほ、本当に違うんです。恋愛とか、そういうのじゃなくて」 

裕美「ただ、私の世界を変えてくれた人で……えと、えとえと」 

莉嘉「えとえと前からずっと~♪」 

柑奈「それからそれから~?」 

裕美「好きです……あっ」 

レナ「………」ニヤニヤ 

柑奈「………」ニヤニヤ 

莉嘉「………」ニヤニヤ 

裕美「ち、違うから! 本当にラブじゃないから!!」 

柑奈「かわいい」 

レナ「かわいいわ……私の中学時代を思い出すわね」 

莉嘉「ラブ&ピース☆」 

柑奈「あ、それ私のセリフ」 



6: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:26:41.79 ID:csr7bvcEO

柑奈「まあ、そこはひとつおいといて」 

裕美「置いとかれると困るんですけど……」 

柑奈「うまく気持ちを伝えられないときは、歌の力を借りましょう!」 

裕美「歌?」 

柑奈「そう! 歌にのせて、それとなーくプロデューサーさんにプレゼントのことを伝えるんです!」 

レナ「いい案ね」 

莉嘉「面白そう!」 

裕美「なるほど。確かに、歌で表現するなら、直接言うよりもやりやすいかも」 

裕美「でも、具体的にどうすれば」 

柑奈「そこは今からお手本を見せます」ガタゴト 

莉嘉「柑奈ちゃんがギターを構えた!」 

レナ「戦闘態勢に入ったわね」 




7: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:27:16.85 ID:csr7bvcEO

柑奈「今~、わたしの~♪」 

裕美「これは……『翼をください』?」 

レナ「なるほど。翼がほしい時にはこの歌を使えばいいのね」 

裕美「翼がほしい時ってどういう時ですか」 

レナ「………」 

レナ「なんか、飛びたいとき」 

裕美「レナさん、テキトーに答えてませんか」ジトーー 

心「翼がほしい☆ ていうかよこせ☆」 

裕美「また増えた!」 

飛鳥「翼がなくとも、飛べる空がある」 

裕美「さらに増えた!」 



8: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:27:57.44 ID:csr7bvcEO

裕美「はあ……疲れた」 

裕美「結局全員一緒にハマスタ行くって言って出て行ったし。横浜スタジアムに何があるの……?」 

夕美「もう少しで花開きそうなつぼみの野球選手たちかな」にゅっ 

裕美「はあ、そうなんですか」 

夕美「……あれ? 私がいきなり出てきたこと、驚かないの?」 

裕美「もう慣れました」 

夕美「ええー?」 



9: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:28:36.22 ID:csr7bvcEO

夕美「なるほど。Pさんがどんなプレゼントを用意してくれるのか、気になるんだ」 

裕美「はい」 

夕美「その気持ち、わかるなあ。大切な人からの贈り物って、すっごく気になっちゃうよね」 

裕美「そうなんです。どうしてかわからないけど、なんだか……知りたくて知りたくて、しかたなくて」 

夕美「どうしてかわからない、か。ふふっ」 

裕美「夕美さん?」 

夕美「ううん、なんでもない。こっちの話だから」 

夕美「うーん……そうだ! 普段と違う自分になりきってみるのはどうかな」 

裕美「普段と違う自分?」 

夕美「そう。違うキャラを演じながら、プレゼントの内容を聞いてみるの」 

夕美「そうしたら、『そういうキャラだから』ってことで聞きやすいし、Pさんも軽い感じに答えてくれるかもしれないし」 

裕美「なるほど……ちょっと、ありかもしれませんね」 

夕美「でしょ?」 




10: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:29:23.18 ID:csr7bvcEO

裕美「違うキャラ……どんな感じにしようかな」 

夕美「そこは任せて! もうなんとなく決めてるから」 

裕美「え?」 

ガチャリ 


愛梨「エースを狙え~♪」 

裕美「岡ひろみですね」 

夕美「うん♪」ニコニコ 

裕美「………」 

裕美「あの。まさか、『ひろみ』だからですか」 

夕美「うん♪」 

裕美「……どんな顔をすればいいのかな」 

夕美「笑顔?」 

裕美「今は難しいです」 

夕美「そんなことないよ。裕美ちゃん、初めて会ったころと比べてずっと笑えるようになったもん」 

裕美「その言葉はとてもうれしいですけど今は関係ないです」 




11: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:30:20.84 ID:csr7bvcEO

裕美「そもそも、岡ひろみって……」 

千秋「今、日本ハムファイターズ期待の若手外野手、岡ヒロミ選手の話をしたかしら?」 

裕美「してないです! ここでも野球につながるの!?」 

茜「あーちーちーあーちー!!!」 

裕美「それは郷ヒロミ!」 

こずえ「あたっくー、あたっくー、なーんばーわーん」 

裕美「こずえちゃん違い!! 絶対上戸アヤさんから飛んだよね!?」 

アヤ「ん? 呼んだ?」 

裕美「呼んでないです!!!」 




12: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:30:59.73 ID:csr7bvcEO

裕美「はあ、はあ……」 

裕美「疲れた……なんで私、こんなにツッコミさせられたんだろう」 

裕美「そんなキャラじゃなかったと思うんだけど……」 

P「キャラがどうかしたのか」 

裕美「うん。それが……」 

裕美「って、Pさん!?」 

P「ただいま。会議が終わったから、帰ってきたんだ」 

裕美「ああ、そうなんだ。おかえりなさい。あと、お疲れ様」 

P「うん。ありがとう」 

P「そっちも、ずいぶんお疲れみたいだな」 

裕美「うん……それがね。今日はみんな、なんだか……テンション?がおかしくて」 

P「テンション?」 

裕美「そう。みんなでいっせいにボケてきて、私ひとりがツッコむことになったの」 

P「はは、なんだそりゃ」 

裕美「本当だよ? すっごく大変だったんだから」 

P「もうすぐ誕生日なのに、災難だったな」 

裕美「まあ……いろんな人とおしゃべりできたのは、よかったけど」 



13: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:31:53.91 ID:csr7bvcEO

P「そうか。まあ、みんな誕生日には何か用意してくれるさ」 

裕美「Pさんも?」 

P「もちろん。裕美が喜びそうなものを選んだつもりだ」 

裕美「今、聞いちゃダメ?」 

P「ダメ」 

裕美「けち」 

P「ケチじゃない。雰囲気を大事にしているだけだよ」 

裕美「雰囲気かあ……」 

裕美「………あれ?」 

裕美(今、ごくごく自然に、プレゼントのことを聞けた?) 

P「裕美?」 

裕美「あ、え? ああ、うん。なんでもない、なんでもない」 

P「そうか……なんにせよ、いつもの裕美に戻っているみたいで安心したよ」 

裕美「いつもの私?」 

P「そう。俺が出かける前は、なんだか表情がこわばって、肩に力が入っているみたいだったから」 

裕美「あ………」 

裕美(そういえば……みんなに振り回されているうちに、肩の力がすっかり抜けちゃっていたような) 

裕美(まさか、みんな……私のために、わざとボケ倒していたの?) 



14: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:34:28.98 ID:csr7bvcEO

裕美「……Pさん」 

P「ん?」 

裕美「私、ちょっと出かけてくる!」 

P「どこへ」 

裕美「中華街! あと、ハマスタ!」ニコッ 


裕美(みんなの真意。本当のところは、わからないけれど) 

裕美(とにかく、お礼を言いに行こう) 

裕美「ふふっ」 




15: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:35:00.62 ID:csr7bvcEO

中華街 


のあ「……はっ」 

ヘレン「どうかしたの」 

のあ「裕美……ここに来るわ」 

レナ「あら。それはまずいわね」 

夕美「せっかく裕美ちゃんに内緒でプレゼントを買いに来たのに、バレちゃったら台無しだね」 

柑奈「ここはもう一度、誰かがボケ倒して足止めするしかないですね」 

千秋「そうね。じゃあ、誰がその役目を」 

柑奈「千秋さん」 

千秋「え?」 

莉嘉「千秋さん!」 

愛梨「千秋さん~」 

千秋「ちょ、ちょっと待ちなさい。なぜこれだけいる中で私なの」 

ヘレン「一番ボケで時間を稼げそうだから」 

千秋「それ、どういう意味ですか!?」 

のあ「わかるわ」 

柑奈「わかります」 

千秋「も、もう~、みんなして……」ワタワタ 

レナ(かわいい) 

夕美(かわいい) 


おしまい 





16: ◆C2VTzcV58A 2016/08/17(水) 00:37:35.27 ID:csr7bvcEO

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます 
関ちゃん誕生日おめでとう 

前作らしきなにか:関裕美「自然なデートの誘い方……」
その他過去作 
アナスタシア「またひとつ、約束を」 
的場梨沙「で、ハートさんの体重はいくつなのよ」 佐藤心「0キロ☆」 
依田芳乃「趣味は石川集めでしてー」 



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/17(水) 01:46:22.65 ID:RpHQ2wcTO

乙 
安定のツッコミタイプ好き



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/17(水) 22:33:09.27 ID:JsIsNCUlO

かわいい…関ちゃんかわいい…… 






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
凛「たなたな」李衣菜「ばたばた」 
武内P「……」ナデナデ 
光「麗奈がヒーローの恥ずかしい本を隠し持っていた…」 
財前時子「法子がドーナツになった……ですって?」ドーナツ(椎名法子)「そう!」 
前川みく「あなたの好きなところ」