転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1386932279/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 19:57:59 ID:jWsGUQFw

まゆ「Pさん………私は、Pさんが大好きですよ」

まゆ「運命の人」

まゆ「声を聴くだけで、私は幸せ」

まゆ「でもどうしても求めてしまう」

まゆ「私だけを見てほしいって」

まゆ「でも、それは叶わない夢かもしれない」

まゆ「なぜなら」

P「みくにゃあああん! シーフード! 体に優しいシーフードだから! 一緒にモグモグしましょ!」

みく「いやにゃあああああああ!」

まゆ「………」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 20:30:36 ID:jWsGUQFw

みく「あ、まゆちゃんにゃ! 助けてにゃ! Pちゃんが変態にゃ!」

P「人が誰しも変態よ! それを隠しているか否か、それだけ! ってコラ! まゆの後ろに隠れちゃダメでしょ! 迷惑でしょ!」

まゆ「おはようございますPさん」

P「おはようまゆ。ごめんだけど、その後ろの曲げることしか知らない珍獣を引き渡してもらってもいいかしら?」

みく「みくは自分を曲げないよ! それにみくは珍獣じゃないにゃ。かわいいチャーミングキャットだにゃん」

P・まゆ「「………」」

みく「………にゃ」

P「変な空気作ってんじゃないわよ。ニボシを喰えぇえ!」

みく「みぎゃあ! 助けてまゆちゃあん」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 20:38:58 ID:jWsGUQFw

まゆ「フフフ………Pさぁん。みくちゃんも嫌がってますし、あんまりいじめちゃダメですよ」

P「うぉう! そんな笑顔で正論言われると言うこと聞いちゃいそう。でも、ほらみくにゃんって弄りたくなるオーラ出してるじゃない? さっきもかわいいチャーミング何てアホな表現使ってたし」

みく「出してないにゃ! ね、まゆちゃん?」

まゆ「わかりますよぉ。Pさんの気持ち」

みく「え?」

まゆ「みくちゃんが、Pさんと楽しそうにしているところを見ると、湧き上がってくるんですよ『弄りたくなる気持ち』が」

みく「ひぇ~………にゃ。だ、だったらまゆちゃんも味わってみるにゃ! Pちゃんに弄られる気持ちを!」

まゆ「!」

まゆ(これは、チャンス? みくちゃんが自らPさんに弄ってもらえる権利を私に明け渡してくれる………これは、返事次第で最高の結果が………!)

何て返答するか >>6



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 20:43:35 ID:033LN4aY

好きなだけ弄り倒してもらう




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 20:52:02 ID:jWsGUQFw

まゆ「ふふ………いいですよ。味わってあげます」

みく「ま、マジにゃ? 言っとくけどその人の手付きはだれにも悟られずブドウの実を全部むしり取るほど繊細だよ」

まゆ「いいですよ。Pさん」

P「ん?」

まゆ「まゆを、好きなだけ弄り倒してください」







P「言ったわね」キュピーン

今思えばままゆの一人称まゆじゃないのよ!ごめんなさいミスりました。お詫びにみくにゃんにシーフード食べてもらいます



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 21:14:11 ID:jWsGUQFw

P「一つ問うわ。弄り倒すってことは己から何でもしてくださいって言ってるのと同じなのよね?」

まゆ「はい、なんでも」

P「なるほど、覚悟のほどを聞かせてもらったわ。こっちに来なさい」

まゆ「はぁい」

みく「Pちゃん。あんまり、きついのはダメだよ」

P「分かってるわよ。まずはソフトに」グワシスチャ

まゆ「これ、は?」

P「ハイ鏡」

まゆ「………これって」

みく「ねこみみにゃあ………」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 21:28:51 ID:jWsGUQFw

P「ん~………! 最っ高! かわいいかわいい超かわいい! 心が弾む胸が躍る!今までまゆをかわいがるなんて、天が許してくれそうになかったから、すっごい、優、越、感」

まゆ「そうなんですか? そんな、天が許さなくても、まゆはPさんのためなら何でもしますよ」

みく「というより何でそんな当たり前に猫耳を持ってるにゃ。やっぱり変態にゃ」

P「ん~待って今写真撮るから一眼レフで撮るから。はいこっち向いて~」ゴガガガガガ

まゆ「こうですかぁ?」クイッ

P「良いわよ良いわよ~。すっごい妖艶。みくにゃん何かより全然セクシー。みくにゃん完全にアイデンティティクライシス!」

みく「ちょ、みくは関係ないにゃ! 何でそこでみくの名前出すにゃ!」

P「はんっ! 見てみなさいよ。まゆの完璧な猫っぷり。セクシーとチャーミングを曲がらない道と言うみくにゃんには到達でき得ない猫っぷりね」

みく「セクシーとチャーミングを兼ねそろえた高性能キャットがみくにゃ!」

P「だったらシーフード喰えシーフードを! ニボシを食べろぉ!」

みく「やめてにゃあ!」ダダーッ

P「あ、逃げた」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 21:37:32 ID:jWsGUQFw

まゆ「………」

P「ったく。困った猫ね………どしたの?」

まゆ「Pさぁん。今、Pさんはまゆをいじってるんでしたよね?」

P「ええそうよ」

まゆ「なのに、いつの間にかみくちゃんをかまってましたよね?」

P「………ばれてた?」

まゆ「まゆを使って、みくちゃんをいじったってことですか?」

P「そう睨まないでよ。別にそんな使ってってわけじゃないわよ。まゆの可愛い格好が見れたのもすごくうれしかったわよ」

まゆ「今はまゆだけをいじってほしかった。何でみくちゃんばっかり、かまうんですか?」

P「………と言うよりね。最初からまゆをいじるつもりなんてなかったわよ」

まゆ「………何でですか?」

P「人によって、心地よさってのが違うからよ」

まゆ「………心地の良さ?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 21:46:45 ID:jWsGUQFw

P「いつもみくにゃんをかまってるのは、それこそかわいそうな言い方だけど、弄るからこそかわいい子っているじゃない。正直言えばあんだけ弄ってるのにいつもじゃれついてくるみくって結構弄られ好きなんじゃないかって思うのよね」

まゆ「………じゃあ、まゆの心地よさってなんですか?」

P「………聞きたい?」

まゆ「いつもまゆは思います。何でみくにゃんばっかりにかまってるのって。Pさんはみんなのプロデューサーなのに、何でって」

P「………まゆは弄るつもりはないのは本心だし、可愛い格好が見れたのも嬉しかったわ。でも、まゆと一緒にいるときは『無言の心地良さ』が一番気持ちいと思うのよオレ」

まゆ「無言の心地良さですか?」

P「同じ部屋にいるけど、ちょっと間を作って目も合わせない。けど、同じ空間にいるってだけで満足できる。そんな関係がオレにとってまゆと一番築きたい心地良さなの」

まゆ「………とても、素敵ですね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/13(金) 21:54:03 ID:jWsGUQFw

P「まゆとは対等な関係で、にっこり笑いあう関係より、目と目が合うと微笑みあう関係ってのもいいかもしれないわね」

まゆ「Pさんって、結構ロマンチストなんですね」

P「とんでもないわよ。さっき、まゆに弄り倒していいって言われた時はどうにかなっちゃいそうだったし。それと、あんまり弄り倒して何て言っちゃダメよ。まゆは今のまゆが一番素敵なんだから」

まゆ「Pさん………」

P「じゃあオレ仕事に戻るから。まゆもレッスン頑張ってね」

まゆ「はぁい。がんばります」

まゆ(Pさんは分かっていてくれた。まゆを見ていてくれた。一緒にいるだけで満足できる関係も素敵ですけど。いつかPさんに必ず振り向いてもらいます)

まゆ 完☆堕 親愛度 1000000/300

次のシンデレラ >>14



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 00:03:36 ID:vSxGD29U

あやめ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 01:25:42 ID:61SbXDaY

あやめ(わたくし、あやめは忍者に憧れる忍ドルなのです)

あやめ(忍者とは、『忍ぶ者』。本来はアイドルと言う華やかな場にはふさわしくないでしょう)

あやめ(しかしそんなわたくしに、このような機会を与えてくれたP殿)

あやめ(わたくしはこの恩義を全力、全身全霊を持って返そうと思っているのですがどうにも)

P「みくにゃんめ………逃げ切り追ったわね。最近逃げ足が速くなってきてて困るわ」

あやめ「中々恩返しは難しそうですね」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 01:35:36 ID:61SbXDaY

あやめ「P殿ー。おはようございます。今日は絶好の忍術日和ですな」

P「おーあやめ。おはようにんにん。絶好の忍術日和かぁ………」

あやめ「そうです。見ててください。わたくしが開発した新忍術。木の葉三枚切り!」

P「ちょっとストップ。室内で傘振り回しちゃダメでしょ。没収」

あやめ「ああぁ………わたくしの正宗」

P「ふぅ。今オレね。結構落ち込んでるのよ」

あやめ「落ち込んでる………それならわたくしが話を聞きましょう。P殿の落ち込んでいる姿など、誰も見たくないでしょうからな」

P「………いや実はさ。最近みくにゃんが俺を見た瞬間に逃げるのよ」

あやめ「ほう。それはそれは」

P「だからさ。どうやって逃がさないようにしたらいいんだろうって、ね」

あやめ(なるほど。P殿はみく殿との関係をよくしたいと言うことですね(誤認)。ここはP殿への恩返しのために、あやめは真なる答えを出さねば(みくにゃんの犠牲をもって)いけませんね)

あやめ「それならいい方法があります。それは>>17ですね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 01:50:44 ID:DkGCRLdY

奇襲



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 02:18:41 ID:61SbXDaY

P「なるほど、シンプルイズベストってわけね」

あやめ「わたくしは忍者です。奇襲は得意なんてものじゃないですよ。生業と言っても過言じゃありません」

P「全く忍べてない忍びのなのにその自信はどこから来るのかしらねー。でも、確かにあやめならその才能は有りそうね」

あやめ「お? P殿はわたくしの力を認めてくれるのですか?」

P「認めるも何も、あやめの魅力は最初から理解してるつもりよ。じゃなければ忍ドルなんてキャラ押しはしないわよ」

あやめ「流石P殿! では早速実行に移しましょうぞ」

P「まあ待ち。これは確実に成功させたい。だからここはあやめにも手伝ってもらいたいことがあるの」

あやめ「おお! それは何でしょうか!?」

P「それはね………」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:42:33 ID:61SbXDaY

みく「ふ~何とかPちゃんから逃げ切ったにゃ。全くひどいもんだよPちゃんも。黙ってればいい感じなのに。もったいないにゃ………黙ってたらなぁ」

P『最近寂しいなー』

みく「ん?」

P『みくにゃんが俺を見ただけで逃げていくー寂しいなー」

みく「………」

P『寂しいなー』

みく「何やってるにゃ? あやめちゃん?」

あやめ「P殿がみく殿の奇襲のための搖動ですよ。あ、これはただの音声機です」

みく「いや、それ言っちゃ意味無いんじゃ………」

あやめ「ふふふ。実はですね」スゥ

みく「顔に手を当てて………まさか。いや、Pちゃんならあありうる。まさか、それがマスクなんじゃ」

あやめ「ふふっふふ………なーんて、冗談ですよ。実はいうとわたくしもP殿がどこにいるか知らないのですよ」

みく「………怪しいにゃ………そう言ってみくを騙そうとするのがPちゃんにゃ。でもちょっと肝を冷やしたにゃ。ちょっとソファに腰かけるにゃ。よっこいしょっと」

P「みくにゃんつかまえたあああぁ!」

みく「みぎゃあ! ソファがみくを掴んで来たにゃ!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:54:46 ID:61SbXDaY

P「あやめありがと! みくにゃんを無事保護できたわ」

あやめ「お手伝いできて光栄です。にしても見事な変化の術ですね。このあやめ、気づきませんでしたぞ」

P「みくにゃんに座られる前に何人かに座られたけど、みくにゃんの体重はグラム単位で、体で憶えてるから見分けは簡単だったわ。ってこら! 暴れない!」

みく「離すにゃ! そんなこと言ってどうせみくにお魚を食べさせようとしてくるにゃ!」

P「落ち着きなさいって。ちょっと最近、それについて考えて、やりすぎたなーとは思ってるのよ」

みく「………そんなこと言ってだますつもりにゃ」

あやめ「とことん疑われてますな」

P「だから、お詫びも兼ねて。みくにゃんにプレゼントがあるのよ。これよ」

みく「そんな物で釣られるほどみくは軽い女じゃないにゃ。どれどれ………お?」

あやめ「何々………これは、猫耳のヘアバンドですね」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:55:36 ID:61SbXDaY


P「みくにゃんの象徴だからね。私の逸品。世界でたった一つしかないオーダーメイドの猫耳よ。みくにゃんに似合うと思うにゃ」

みく「………こ、こんなでみくが落ちると思ったら大間違いだけど、仕方ないからもらってあげるにゃ! しょうがないにゃあ」

P「あと、さっき買ってきたんだけど、みんなで食べましょ」スッ

みく「お魚の尻尾が見えたにゃ! やっぱりだましたにゃあ!」ダダー

P「ちょ、これ、たい焼きだから! 違うからー!」

あやめ「これにて任務完了ですな。ニンッ!」

あやめ ミッションコンプリート 親愛度 330/300

次のシンデレラ >>23



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 16:44:56 ID:BVfNVsNw



安価なら松原



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 22:48:29 ID:ZMo0C/m2

早耶(プロデューサーさん………早耶はプロデューサーさんについて行ってよかった)

早耶(こんなにも充実していて、プロデューサーさんとアイドル活動ができてるんだから)

早耶(もっと早耶を見てほしいなぁ)

早耶(早耶はプロデューサーさんにもっと早耶のことを知ってもらいたい)

早耶(でも、プロデューサーさん………)

P「………ふぅ………ハァ………」

早耶(なんだかとっても、悩んでる?)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 22:57:43 ID:ZMo0C/m2

P「………お? 早耶。おはよう」

早耶「おはようございますぅプロデューサーさぁん♪ どうしたんですかぁ? そんなに大きなため息をついて」

P「まあ………プロデューサーとしての悩みって奴よ。中々どうしたものか」

早耶「そうですかぁ………もしよかったら、お話を聞きますよぉ? 早耶は、プロデューサーのためならなんだってしますよぉ♪」

P「………早耶は、キュートよねぇ」

早耶「ありがとうございますぅ。プロデューサーさんにそう言ってもらえると、本当にうれしいって思えます♪」

P「………その上セクシーよね。正直、18歳のくせにセクシーすぎるのよねぇ」

早耶「もしかして、プロデューサーさぁん………早耶に魅了されちゃいましたぁ☆」

P「本当にそう思うわよ。キュートとセクシーを混然してるのに、見事に調和して、ほんとキュートって感じ………そうだ!」

早耶「どうしましたぁ?」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 23:12:17 ID:ZMo0C/m2

P「キュートとセクシーを兼ねそろえた上で調和していると言う超高性能ラブドッキュンアイドルの早耶にちょっと意見してもらいたいの」

早耶「はぁい。何でも聞いてください♪」

P「実はね。今みくにゃんにどうやって機嫌を直してもらおうかって考え中だったのよ」

早耶「機嫌って、何のですかぁ?」

P「あの子さ。セクシーキャットのあとチャーミングキャットって仕事したじゃない。みくは自分を曲げないとか言ってるのににセクシー路線からキュート路線に走るってのは自分曲げてない? って聞いたら拗ねちゃったのよね」

早耶「またですかぁ? プロデューサーさんはみくちゃんに構い過ぎですよぉ。早耶ももっとお話ししたいのにぃ」

P「あっと、それならまた時間作るわね。それで、どうやってみくにゃんに俺との間にできたケルマンディック海溝より深い深淵へと繋がる溝を直したらいいかしらねぇ。言い方がダメだったのかしら?」

早耶「ん~それはきっと言い方は関係ないと思いますけどぉ………」

P「だから、みくにゃんと同じセクシー&キューティの道を行く早耶の意見を聞きたいのよ。みくにゃんにまずどんな言葉をかけたらいいかって」

早耶「そうですねぇ………まずは>>28でしょうか?」

P「ふんふん」

早耶「そして>>30をすれば、きっと機嫌を直してもらえますよぉ☆」

P「なるほど、じゃあ良し早速」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 23:36:44 ID:KDXr8ZUM

亀甲縛り



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 00:15:47 ID:J.XVlarw

素敵なモノをプレゼント



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 00:54:20 ID:yeYRncAc

みく「Pちゃんはホントに意地悪にゃ。ホントに全くにゃ」

P「みくにゃああん! さっきはゴメーン!」

みく「おぉう!? 走りながら謝ってくる変態がいるにゃ! 仕方ないにゃあ。みくのことを認めるっているならってちょっと、何でうしろに回ってるの?」

P「ごめんねぇ、ゴメンねぇみくにゃん………」

みく「何謝りながら縛ってるにゃ! ちょ、待ちや! ほんと怒るよ!」

P「………みくにゃん。オレはね。みくにゃんのチャーミングとセクシー認めたいのよ本心では」

みく「じゃあ本心に従うにゃ猫のように」

P「チャーミングは分かるのよ。でも、みくにゃんはチャーミングの側面が強すぎてセクシーはどうしても『ん?』って思っちゃうのよ礼子さんの女豹姿がもうセクシーすぎて」

みく「ぐっ! それは………セクシーさでは勝てるわけないにゃ」

P「でもわかったわ。みくにゃんを亀甲縛りにして分かった。みくにゃんは、チャーミングであり超セクシーだって」

みく「………は? ちょっと言ってる意味が分からないにゃ」

P「俺はあんなことを言っていたことが恥ずかしい。だから、みくにゃんにお詫びの品を持ってきたわ」

みく「またにゃあこの前は猫耳だったし、今回は何にゃ? と言うより縄解いてよプレゼントわかんないにゃ」

P「これよ」スッ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 01:03:04 ID:yeYRncAc

みく「これって、イヤリング?」

P「そうよ。Pちゃんがオーダーメイドした、世界に一つだけの猫のイヤリング。着けてあげる」

みく「ちょ、まつにゃ! まずは縄解いてよ」

P「うん。とても似合ってる。すっごく素敵よみくにゃん」

みく「すっごい真顔で言われてて照れるけど、亀甲縛りとやらのせいで雰囲気台無しにゃ」

P「そして、これで俺はみくにゃんから、離れようと思うの」

みく「え? どういうことにゃ?」

P「ここ数日で分かったの。俺は誰と話す時もみくにゃん、二言目にはみくにゃんって言ってるのが分かったの。俺はプロデューサー。一人のアイドルに依存するのはよくないって気付いたのよ」

みく「べ、別にいいんじゃないかにゃあ? そんなしおらしいPちゃんなんて誰も見たくないと思うけど」

P「でも、やっぱりみくにゃんと離れたくないって思っちゃって。だから、それをプレゼントしようって思ったの」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 01:10:10 ID:yeYRncAc

みく「待ってよ! そんな、お別れみたいなこと言わないでにゃ! Pちゃんがずっとみくのプロデューサーでしょ! そう約束したでしょ!」

P「大丈夫よみくにゃん。あなたは、もうどこに出ても恥ずかしくないトップアイドルよ。シーフードさえ食べれればね」

みく「それは嫌にゃ! でもPちゃんとサヨナラするのはもっと嫌にゃ!」

P「やめてよみくにゃん………そんなこと言われたら決意が鈍っちゃうじゃない」

みく「なんで泣いてるのさ! 泣くぐらいならやめればいいにゃ!」

P「ごめん………もう行かなくちゃ」スッ

みく「Pちゃん! そんな急すぎるよ! 嫌だよ! この縄解いてよ!」

P「ゴメンね………きっと止めてくると思ったから、ゴメンね」バアン

みく「待ってよ! 仲直りするから! Pちゃんのこと許すから! シーフードもちゃんと食べるから! 戻ってきてよPちゃあん!」






P「ただいまー」

みく「え?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 01:16:12 ID:yeYRncAc

みく「え? どういう事にゃ?」

早耶「Pさぁん。どうでしたかぁ?」

P「もうばっちり! 早耶の考えた作戦は完璧ね! みくにゃんのしおらしい姿から本心まで聞けて、あなたに頼ってよかったわ」

早耶「ふふ、褒められるともっと頑張りたくなりますよぉ☆」

みく「ちょ、待つにゃ。Pちゃん、離れるって言ったよね?」

P「うん。扉の向こうまで離れたわね」

みく「サヨナラするんじゃ」

P「そんなこと一言も言ってないわよ」

みく「じゃあ、このイヤリングは?」

P「それは本心。本当にプレゼント。とっても素敵よ」

みく「みくの涙返せやコラァ!」

P「みくにゃん怒ってるわよ。仲直りしてあげるとか言っといて」

早耶「照れ隠しですよぉ」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 01:19:52 ID:yeYRncAc

みく「このド外道変態オカマPちゃんが!」

P「あえて肯定しよう!」

みく「認めんな!」

P「それとみくにゃぁん。さっき言ったわよねぇ」

みく「なにをにゃ」

P「シーフード食べるって。言ったわよねぇ? はい、どーぉぞーぉ」

みく「ちょ、やめるにゃ! みくはお魚食べたくないにゃー!」

早耶「やっぱり、この二人はこうでなくちゃ、ですよねぇ☆」

早耶 キュート&セクシー 親愛度 1000/300



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/18(水) 01:22:40 ID:yeYRncAc

完結

ヤバい。安価のアイドルあんまり書けないどんな時でもみくにゃんがいつの間にか主役になって弄られてる。これが世に聞くみくにゃんパンデミックって奴です

あと、
みくにゃんはかわいいです。みくにゃんにゃんはにゃんこにゃんこしてて可愛くてシーフードをにゃんにゃん食べさせたくなるくらいにゃんにゃんです
シーフードをにゃんにゃん食べるみくにゃんに山盛りのシーフードをにゃんにゃん置いて涙目にさせてにゃんにゃんと泣かせてにゃんにゃんです。
なんとかにゃんにゃんし終えたみくにゃんに新しいにゃんにゃんな遊びを設けて一緒ににゃんにゃんして遊ぶことがみくにゃんのにゃんにゃんだと思います。
ちなみにみくにゃんは猫です。決して曲げたりしてませんいつもにゃんにゃんですのでみんなみくにゃんににゃんにゃんかまってあげてください







他のおすすめSS
【モバマス】私「クラスメイト、一ノ瀬志希の話」 
モバP「パッションなお嬢様」 
【モバマス】乃々「もう嫌なんですけど?!」 
モバP「キュートな悪友」 
【モバマスSS】仁奈「わらしべ長者の気持ちになるですよ!」ちひろ「え?」 
楓「藍子ちゃんのお腹を触っていたら夜になっていた」 
ちひろ「未央ちゃんとプロデューサーさんの仲が良過ぎる。」 
森久保乃々「クール部門3位なんて……きっと集計ミスかなにかですし……」 
【モバマス】乃々「まゆさんへの感謝の気持ちに幸子さんを贈りたい……」 
智絵里「プロデューサーさんからカギを渡されました」