転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1336680791/

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 12:50:04 ID:Nda1HbrU

友「ふぇっ!?」

兄「いいの? いくら?」ゴソゴソ

妹「(えっ!? お金出すの!?)……じゃあ、2千円」

友「ふえぇっ!?」

兄「2千円か……。10分?」

妹「え? ……うん、10分(じゅ、10分でそんなに払うの?)」

兄「ちょっといま手持ちが5千円しかないんだけど」

妹「じゃあ初めてだし30分でいいわ」

兄「まじか。得したな」

友「ふぇえええっ!?」


みたいな。



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 19:22:08 ID:Nda1HbrU

友(どうも友です。友人である妹ちゃんに呼ばれて家に行ったら、
  妹ちゃんのお兄さんに足を舐められることになってしまいました)

友(何を言っているかわからないと思いますが、私も(ry

兄「では失礼して」

友「っ!」ビクッ

兄「あ、その前に……」カチカチ

妹「? 何してんの?」

兄「キッチンタイマーだ。ほれ」ポイッ

妹「ピッタリ30分……律儀ね」

兄「なに、紳士として当然だ」

妹「変態じゃないの。……バカ兄貴」

兄「では……」

友「ひっ!」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12(土) 19:23:05 ID:Nda1HbrU

兄「友ちゃん、こういうの初めて?」

妹「当たり前じゃない」

兄「そっか……じゃあできるだけ優しくするね?」ニコッ

友「ふぇっ……あ……はい……///」

兄「では、失礼します」スッ

友「ひゃんっ……まだ靴下はいたままですよ?///」

兄「いいんだ。まずはこのまま……」スゥーッ

妹(靴下をはいたままの足に顔を当てて臭いを嗅ぎ始めた……?)

友「ああああああのお兄さん!? そんなの臭いですから!」アタフタ

兄「大丈夫。いい匂いだよ」スンスン

兄「ちょっとだけ汗の香りがするね」

友「うぅ……///」

妹「今日体育あったからね」

兄「素晴らしい」


って感じで誰かやれください。



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:19:40 ID:PxWZ99Dw

兄「じゃあそろそろ脱がすね?」

友「はい……///」

兄「……」スルスル

兄「おお……」

友(うぅ……恥ずかしいよぉ)

兄「綺麗だ」

友「ありがとう……ございます……///」

兄「白い肌、適度な弾力がありつつもふにふにと指が埋まるふくらはぎ、華奢ながらもしっかりとした足首、土踏まずがちゃんとわかる足の形、細くしなやかな指……どれを見ても最高だ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:20:10 ID:PxWZ99Dw

友「そんな……褒めすぎですよ……」

兄「そんなことないよ」チュッ

友「ひゃんっ」ゾクリ

妹(足の甲にキス……なんか背徳的ね)ゾクリ

兄「……」チュッ チュッ チュッ

妹(ゆっくりと優しく、けれどしっかりとした、ついばむようなキスの嵐)

友「んっ……ふっ……」ピクピク

妹(友ちゃん……すごく気持ちよさそう)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:20:33 ID:PxWZ99Dw

兄「友ちゃんは足の手入れとかしてる?」チュッ チュッ

友「あっ……と、特には……んゃっ……///」

兄「それでこの足か……素晴らしいね」チュッ チュッ

兄「無駄毛もなく、産毛も薄い」チュッ チュッ

友「はぁっ……はぁっ……んっ……」

兄「爪も、丁寧に磨いたように綺麗だ」ペロッ

友「あんっ!」ビクッ

兄「ん……ちゅ」チュ...ルン

友「ふあぁぁっ!?」

妹(親指を口に含んだ?)ハァハァ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:21:03 ID:PxWZ99Dw

兄「ん……汗の味がするね」レロン

友「やだ……恥ずかしい……です///」モジモジ

兄「ん、でも甘いのが……友ちゃんの味かな? おいしいよ。ん……れろ……ちゅぱっ……」

友「あんっ……吸っちゃ……やだぁ……///」

兄「ん……指の間も掃除してあげるよ……」ペロ...

友「あっ……あっ……!」ビクンビクン

兄「んちゅ……れろ……どう? 気持ちいい……?」

友「ゃんっ……く、くすぐったいのと……気持ち……ぅんっ……いいのとが……」

妹(はぁはぁはぁはぁ)ゴクリ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:21:35 ID:PxWZ99Dw

兄「そっか。じゃあこんなのはどうかな」ヌルンッ

友「ひゃあぁっ!?」ビクンッ

兄「んっ……ふっ……ふはっ……」ヌルヌルッ グニンッ

友「ああああぁっ!? だめっ! それだめぇっ!?」

妹「な、何が起こってるの……?」

兄「ん、舐める時に唾液をのせるようにしただけだよ」

妹「唾液……それだけでこんなに?」

兄「口の中は粘膜だから元々ぬるぬるしてるんだけどね。唾液をのせることですべりがよくなるんだよ」レロレロッ

友「これ……やばいよぉ……///」

兄「当然、気持ちよさも上がるね」

妹「へ、へぇ……」ドキドキ

妹(やだ……もしかしてあたし、濡れてる……? 見てるだけなのに……)クチュッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:22:06 ID:PxWZ99Dw

兄「さて、友ちゃん」チュポン

友「ふぇ……なんでやめちゃうんですかぁ……?」

兄「約束では足を舐めるってことだったけど、どこまでがその範囲なのかな?」

友「それって……どういう」

兄「例えば、この可愛らしい足首は範囲なんだろうか」スリスリ

友「やんっ……」

兄「ふくらはぎは?」ツツーッ

友「あっ……」

兄「その先はどうだろう?」フゥッ

友「ふ……あぁんっ……」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:22:32 ID:PxWZ99Dw

兄「友ちゃんさえ良ければ」チュ

友「……っ!」ビクン

兄「もっと……気持ちよくしてあげるよ」ペロッ

友「あ……あぁ……」

友「お……お願い……します……///」カァーッ

兄「ん、了解」ニコッ

兄「じゃあ、いくよ?」

友「は……はい……」

妹「はぁはぁはぁはぁ」クチュクチュ

Pipipipipipipipipi



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:23:03 ID:PxWZ99Dw

兄「ん?」

友「えっ?」

妹「あ……」

兄「どうやら時間のようだね。残念だけど今日はここまでだ」

友「そんなっ……!」

兄「ごめんね? もう手持ちのお金がないから」スッ ナデナデ

友「(ほっぺを撫でられてる……)あ、あのっ! 私、お兄さんになら……!」

妹「友ちゃんっ!?」

兄「だーめっ」

友「そんなぁ……」

兄「お楽しみはまた今度、ね?」

友「は……はいっ///」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:23:34 ID:PxWZ99Dw

兄「それじゃあ気をつけてね」フリフリ

友「はいっ。お邪魔しましたぁ」フリフリ

妹「またねー」フリフリ

兄「……さて、今日の晩飯なにかなぁ」

妹「あ、あのさ……」

兄「ん?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:24:01 ID:PxWZ99Dw

妹「その……あたしも……」

兄「?」

妹「友ちゃんに……したみたいに……その……」ゴニョゴニョ

兄「友ちゃんになに?」

妹「あっ、あたしのっ!」

妹「あたしの足も舐めてよ、バカ兄貴!」

                                おわり



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 02:24:51 ID:PxWZ99Dw

おわり。そもそも足フェチじゃないからこれ以上は無理だよ俺。



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/13(日) 16:33:31 ID:iTNCqmVk

物足りなさはあるが乙






他のおすすめSS