転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454431371/

1 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:42:51.59 ID:ZSDqN6gGO

P(夜食でも食べよう)

P「カップ麺、カップ麺……と」ペリ

P「……」


・・・・・


P「頂きます」ペリ

P「……」ズゾゾ


――ブオオォォン……


P「?」






2 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:43:50.39 ID:sWg+0aVWo

ブオオォォン


P「……」モグモグ

P「ああ。空気清浄機か」

P(自動で動き出すんだったな)モグモグ

P「事務所でこうやってなにか食べるのにちょうどいいな」


ブオオオン……


P「……」モグモグ

P「静かじゃなくなるし」ウン


ブオオオォォン……



3 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:44:54.21 ID:ZSDqN6gGO

・・・・・



P「……」カタカタ

ガチャ

仁奈「おはよーごぜーます!」

P「おー、おはよう」

ブオオォン

仁奈「」ビクッ

P「あ、自動」

仁奈「な、なんの音でごぜーますか?」

P「それ。空気清浄機」

仁奈「くうきせーじょーき?」



4 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:46:32.74 ID:sWg+0aVWo

ブオオォォン

仁奈「ゾウさんみてーな鳴き声をしやがるですね」ぺしぺし

P「叩いちゃだめだぞー」

仁奈「なにがかなしいんでごぜーますか?」ぺんぺん

P「…」

P「あ、仁奈のきぐるみに反応したのか」ホコリ?

仁奈「!」

仁奈「なるほど!今日の仁奈はゾウさんでごぜーますから話しかけてくれたんでごぜーますね」

P「なるほど」




5 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:46:46.00 ID:ZSDqN6gGO

ブオオォォ 

仁奈「ぶおおー♪」 

P「天日干しにでもするか」 

仁奈「? このキグルミはまだぴかぴかでごぜーますよ?」 

P「遊んでるうちに埃でもついたんじゃないか?」 

仁奈「ぎくん」 

仁奈「さ、さむいのでお部屋でどったんばったん遊んでたので……そーかもしれねーです」 

P「どったんばったんて」 

仁奈「むぐ」 

仁奈「ゆ、柚おねーさんには仁奈が言ったことはないしょでごぜーますよ!」 

P(あとで怒っておこう) 



6 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:47:42.79 ID:ZSDqN6gGO

ぽふぽふ 


仁奈「早く元気になるですよー」モフモフ 

P「すぐよくなるよ」 

仁奈「はい!そーしたら、またせーじょーきさんと遊ぶですよ!」 

P「うん」 


ブオオオォォン 



7 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:48:06.21 ID:sWg+0aVWo

・・・・・ 



8 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:48:59.09 ID:ZSDqN6gGO

ガチャ 


楓「……」ぽけ 

P「?」 

P「楓さん。おはようございます」 

楓「……」ぽけー 

P「…?」 

楓「…。あ、プロデューサー。おはようございます」 

P「?はい」 

ブオオォォン 

楓「?」 



9 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:49:24.74 ID:sWg+0aVWo

楓「これ、なんですか?」 

P「空気清浄機ですね」 

楓「ほう」 

P「……楓さん、ひょっとして二日酔いかなにかですか?」 

楓「ぎくん」 

P「いやまあ今日はオフだと思うのでいいんですけど……いや、オフなのにどうして事務所に?」 

楓「へ、あ、ええと、…プロデューサーの顔が見たくて……なんて」 

P「へ」 

楓「あ、あはは」 

P「は、はは」 



10 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:50:00.78 ID:ZSDqN6gGO

楓「……すいません本当は忘れ物です……」 

P「あ、はい」 

楓「……」 

P「……」 

ブオオォォン 

楓「あ、ではこの子は今私たちのあいだに流れる微妙な空気を清浄してくれている……ということで」 

P「そういうことにしましょう」 



11 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:50:34.38 ID:sWg+0aVWo

ブオオォォン 


楓「……」 

楓(そ、そんなに匂うかしら)クンクン 

P「楓さん?」 

楓「あ、はい」 

P「二日酔い覚ましに銭湯でも行きましょうか。実は昨日事務所に泊まってそのままなので……」 

楓「本当ですか?ふふ。嬉しい」 

楓「じゃあ、すぐ行きましょうか」 

P「はい。あ、忘れ物はちゃんと持って行ってくださいね」 

楓「はい。大丈夫です」 

P「?まだ何も取ってないような」 

楓「大丈夫なんですよ?」フフ 

P「はあ」 

ブオオォォン…… 



12 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:51:08.06 ID:ZSDqN6gGO

・・・・・ 



13 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:51:42.79 ID:sWg+0aVWo

ガチャ 


比奈「おはようござーまス」 

P「おう。おはよう」 

ブオオォォン 

比奈「?」 

P「働き者だなそいつ」 



14 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:52:11.55 ID:ZSDqN6gGO

比奈「空気清浄機っスか」 

P「うん」 

P「……今度は何に反応したんだ」 

比奈「…………」クンクン 

比奈「ぷ、プロデューサー、今日の私……へ、ヘンな匂い、しまス?」 

P「うん?……いや、変というよりは……」 

P「…………いいにおい」 

比奈「ほ、ホントっスか!」 

P「え、うん」 



15 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:52:40.57 ID:sWg+0aVWo

比奈「よかったぁ…」 

比奈「じ、実はでスね。お弁当を作って来てみた、というか」ゴソ 

P「弁当」 

P「ああ、料理の。からあげの匂いだ」ナルホド 

比奈「ス」コクコク 



16 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:53:20.68 ID:ZSDqN6gGO

比奈「男の人はこういうの好きかなー、と」 

P「……」 

P「あ、俺に作って来てくれたのか」 

比奈「そりゃそうっス。私おもいのいやっス」 

P「あ、そう」 

P「ありがとう」 

比奈「いえいえ」 



17 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:53:44.14 ID:sWg+0aVWo

比奈「どーぞ」 

P「どうも」 

P「それにしても、珍しいな。比奈が料理って」 

比奈「だめっスか?」 

P「からあげはな。油がはねると危ないぞ」 

P「そういうのは俺が作るから……って別に比奈は食べないのか」モグモグ 

比奈(……俺が作る) 

比奈「……」ニヘ 

比奈「じゃあ、今度はまた、べつのにしまス」 

P「うん」モグモグ 

P「うん。おいしい」 

比奈「よかった。えへへ」 


……ブオオォオォン…… 



18 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:54:18.49 ID:ZSDqN6gGO

・・・・・ 


ガチャ 

柚「おはよーございまーす!」 

P「おー。今日も元気だな。おはよう」 

ブオオオン 

P「可愛い人に反応してるだけじゃないだろうなお前」 

柚「?」 



19 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:55:16.16 ID:sWg+0aVWo

柚「なにこれ」 

P「空気清浄機」 

柚「…」クウキセイジョウ… 

柚「ゆ、柚べつにくさくないよ!?」 

P「お、なんというか、真っ当な反応」 



21 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:55:55.47 ID:ZSDqN6gGO

ブオオオン 


P「まあ別に柚が臭くて反応したわけでは……」クン 

P「?」クンクン 

柚「な、なにかな」 

P「いや、なんか臭うな」 

柚「えっ」 



22 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:57:06.16 ID:sWg+0aVWo

P「……あ、香水か」 

P「珍しいな。自分でつけてきたのか?」 

柚「あ、えっと、うん。ちょっとだけ……」 

P(ちょっとって感じじゃないな)クンクン 

柚「へ、へんかな」 

P「……ん」 



23 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:58:37.15 ID:ZSDqN6gGO

ブオオオオン 


P「……」 

P「そうだな。変ってこともないけど……」 

P「なんでまた」 

柚「お、大人っぽいかなーって」 

P(子供っぽい) 

P「いいんじゃないか。柑橘系の匂いなんだな」 

柚「そ、そう?へへっ、うん!柚だからね!」 

P「そっか」 



24 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:58:59.61 ID:sWg+0aVWo

P「でも、別に柚は香水なんてつけなくてもいいんじゃないか」 

P「つけなくてもいいにおいするし」 

柚「ほ、ホント?」 

柚「……って、なんかPサンそれ変態っぽいカナ…」 

P「…すいません」 



25 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:59:27.81 ID:ZSDqN6gGO

柚「……」 

柚「Pサンはそう思う?」 

P「うん」 

柚「そか」 

柚「じゃー香水柚はもっと大人になってからかー。うん」 

柚「Pサンがそういうなら、そうするね!」 

P「そっか」 

柚「うん!」 



ブオオオオン 



26 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 01:59:50.34 ID:sWg+0aVWo

柚「あ、Pサンは香水つけてもいいんじゃないカナっ」 

P「どういう意味だ、おい」 

柚「てへっ♪冗談じょーだん♪」ヘヘー 



27 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 02:00:23.79 ID:ZSDqN6gGO

・・・・・ 


P「夜食でも食うか」 

P「カップ……今日は焼きそばにするか」 



28 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 02:01:12.25 ID:sWg+0aVWo

P「頂きます」 

P「……」ズルズル 


ブオオオオン 


P「?」 



29 : ◆qEJgO2U6bM 2016/02/03(水) 02:01:48.20 ID:ZSDqN6gGO

ブオオオオン 


P「……」モグモグ 

P「……うん。静かじゃないし、いいな。空気清浄機」モグモグ 


ブオオオン 


P「……」モグモグ 

P「食べたらもうちょっと頑張るか」 


ブオオオン――…… 



・・・・おしまい 



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:03:42.30 ID:Bk3AmE8W0

やっぱり和むなあ 



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 07:05:01.15 ID:9L766iRSo

乙 
柚可愛い






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
喜多見柚「トクベツな毎日!」 
小早川紗枝「繋がる言葉、伝わる心」 
紗南「突然の自由時間」 
みく「りーなチャンが変な仮面つけてからおかしいにゃ」 
島村卯月「えへへ……♪」