転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561984700/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:38:20.51 ID:lCVrPTby0

けいおん!SS。紬×梓。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:39:51.69 ID:lCVrPTby0

 銀のスプーンが、ぴりりと震えた。


「梓ちゃん。よく見ててね」

 ムギセンパイが左手を揺らすのに合わせて、スプーンも揺れる。
 右に揺らせば右に、左に揺らせば左に。スプーンの頭が、ぐにゃりぐにゃりとまるで飴細工のようだ。

 ありえないことが起ころうとしている。私は視線をくぎ付けにされていた。

 センパイが、えいっ、と掛け声をかけた。

 すると、スプーンは首の部分からぽっきりと折れ、乾いた音を立ててテーブルに落ちた。

 口をぱくぱくさせている私をよそに、ムギセンパイは、悠々と右手をあげて店員さんを呼び止め、替え玉を追加注文した。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:41:07.17 ID:lCVrPTby0

 夏休みも後半に入っていたある日のことだった。

 合宿が終わり、始業式まであと数日。残った宿題を終えて、気づくとお昼を過ぎていた。買い置きの冷凍食品を切らしていたので、お昼ご飯を食べに外に出た。律センパイにメールを送ったけれど返事がない。しかたなくひとりで駅前までやってきてラーメン屋に入ろうとしたとき、声をかけられた。振り向くと、ムギセンパイがいた。休みの日にふたりで会うのははじめてだった。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:42:28.80 ID:lCVrPTby0


「ねぇ梓ちゃん。わたしも一緒に入っていい?」とムギセンパイは訊いた。

 断る理由もないので頷くと、センパイはうれしそうに、

「ラーメン屋さんに入るの、夢だったの」と微笑んだ。

 たしかにムギセンパイがラーメンを食べている姿はあまり想像できない。

 お店に入り、こってりラーメンと半チャーハンを注文する。ムギセンパイも私と同じものを頼んだ。
 私が紅しょうがをたくさん乗せると、センパイも真似をする。ふたりでもくもくとラーメンを食べた。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:43:27.78 ID:lCVrPTby0

 お昼を少し回っているせいで、店内にお客は少ない。
 水を注ぎにきた店員さんがちらりとムギセンパイに視線を向けた。ムギセンパイはかなり美人だ。金髪、青い目、抜けるように白い肌。おっぱいも大きい。床が脂でギトギトの中華屋でラーメンなんて柄じゃない。まさに掃き溜めに鶴だった。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:44:25.29 ID:lCVrPTby0

「ふぅ」ムギセンパイが満足そうに息を吐いた。 

 センパイの丼にはスープの汁一滴、チャーハンのお米一粒も残っていない。 
 すっかり食べ終えた後は、「これは何に使うの?」と言いながら爪楊枝を手に取ってみたり、メニュー表を隅から隅まで舐めるように見回しては「替え玉、ってなぁに?」と訊ねたり。その都度、私はムギセンパイの疑問に答えた。



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:45:33.81 ID:lCVrPTby0

「もう一杯、頼んでもいい?」両手を合わせたムギセンパイが上目遣いに訊いた。 

 えっ。驚いた私は思わず声に出した。ラーメンに、半チャーハンまで食べたのに。 
 無理でないなら、どうぞ。そう答えるとムギセンパイはにっこりと笑い、店員さんを呼び止めて替え玉を追加注文した。やってきた替え玉をもくもくと平らげて、にっこり笑い、「こんなにおいしいもの食べたの、はじめて」とおおげさに喜んだ。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:46:26.87 ID:lCVrPTby0

「そんなにおいしかったですか」 

「うん。とっても。さいきん、しょっぱいものとかあぶらっこいものとか、無性に食べたくなるの」 

 お酒飲みみたいだな。って思ったけど、口には出さず、黙って頷く。 

「疲れてるときとか、味の濃いもの食べたくなるじゃない?」 

 おじさんみたいだな。って思ったけど、黙って頷く。 

「超能力って、使うとすごく疲れるのよね」 

「ちょうのうりょく?」 

 私は思わず声に出して聞き返した。



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:48:02.26 ID:lCVrPTby0

「そう、超能力」 

 ムギセンパイが真顔で答える。 

 もしかして、ボケてる? ムギセンパイなりの、精いっぱいの冗談かもしれない。ツッコんだほうがいいのかな。 

 ムギセンパイはまじめな表情を崩さず、私をじっと見据えている。え? マジ話? どっちだろう。 

「超能力」 

 迷った私はとりあえず同じ言葉を繰り返した。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:50:00.33 ID:lCVrPTby0

「そうね。たとえば、スプーン曲げ、とか」 

「えーっと、それは手品的なやつ、ってことですか?」 

 なるほど。ムギセンパイはさいきん手品にハマってる、というわけか。 

「ちがうわ。手品は手品。超能力は超能力。17歳の女の子にだけ現れる特別な力よ」 

 そう言ってムギセンパイは超能力について解説を始めた。



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:51:35.83 ID:lCVrPTby0

 琴吹家に生まれた女の子は、17歳になると超能力が発現する。 

 ムギセンパイのお母さんもおばあさんも、ひいおばあさんもそのまたおばあさんも、みんなそうだった。 
 ただしそれは18歳になると失われる。一年間限定の力。 
 超能力といっても、力には制限がある。 
 もちろん個人差もある。 
 ビームを出したり、空を飛んだり、透視をしたり、他人の心を読んだり、変身したりはできない。 



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:52:17.49 ID:lCVrPTby0

 ムギセンパイにできるのは〝スプーン曲げ〟。 

 実際に見せたほうが早いかしら。ムギセンパイがポケットからスプーンを取り出した。 
 どうしてそこからスプーンが? 疑問を封じ込めたまま触らせてもらう。 
 特におかしなところはない。何の変哲もないよくある銀のスプーンだ。お店のじゃなくて、わたしのだから大丈夫、と注釈をつける。スプーンを持ち歩いてるのか、このひと。



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:53:53.50 ID:lCVrPTby0

「梓ちゃん。よく見ててね」 

 ムギセンパイは左手にスプーンの柄の端を持ち、右手の親指と人差し指でスプーンの首もとをつまむと、ゆっくりと擦りだした。 

 私はセンパイの手元をじっと見つめた。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:54:27.33 ID:lCVrPTby0

 何も起こらないまま、静かに呼吸だけが続く。 

 しばらくしてムギセンパイが大きく息を吸い込んだ。 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:55:32.12 ID:lCVrPTby0

 右手をスプーンから離し、左手を左右に振る。 

 スプーンが揺れる。 

 スプーンの頭はぐにゃぐにゃと左右に傾げる。 




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:56:10.92 ID:lCVrPTby0

 揺れは次第に大きくなってゆく。 



 まるで飴細工だ。 




 私の視線はスプーンにくぎ付けだった。  




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:56:59.86 ID:lCVrPTby0

 センパイが、えいっ、と掛け声をかけた。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:57:34.57 ID:lCVrPTby0

 スプーンは柄の部分からぽっきりと折れ、乾いた音を立ててテーブルに落ちた。 



 私は口をぱくぱくさせながら、ただ呆然としていた。 

 ふぅ、とため息をついたムギセンパイは、まっすぐに右手をあげて店員さんを呼び止めると、替え玉を追加注文した。



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:58:33.46 ID:lCVrPTby0

 超能力の話の続き。 

 超能力を使わないでいると、身体の中に余計なエネルギーが溜まってしまう。 
 ムギセンパイ曰く、おなかの下のほうがムズムズするっていうか、ムラムラするっていうか、気持ち悪くてたまらないらしい。 
 だから定期的に発散する必要がある。排便みたいなものね。とムギセンパイは言う。例えが悪すぎる。 

 ただし超能力を発散する際、大量のエネルギーを消費する(使いすぎると気を失うこともあるそうだ)。 
 おなかペコペコになり、特にしょっぱいものとかあぶらっこいものとか、ほしくなる。 
 けれどムギセンパイのおうちにはそういうジャンクフード的な食べ物はない。 
 効率よくエネルギーを補給できる食べ物はないかな、と探していたら、ラーメン屋を見つけた。
 ひとりでは入りづらいな、とまごまごしていると、たまたま私に遭遇した。 
 予想通り、ラーメンはエネルギー補給に最適だった。



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:59:23.49 ID:lCVrPTby0

「他のセンパイ方には見せたんですか?」 

 ムギセンパイは首を横に振った。 

「どうしてです? 今度部室でやってみせてほしいです!」 

 生で見るスプーン曲げはすごかった。 
 超能力なんて全然信じてなかったけど、実際に目の前で見せられて、私は感激した。唯センパイや律センパイはこういうのきっと大好きだ(澪センパイは腰を抜かすかもしれないけれど)。きっと喜ぶに決まってる。 

 けれど私がどれだけ言ってもムギセンパイは乗り気にならなかった。うーん、とか、そうかなぁ、とか、でもねぇ、とか、繰り返し首を傾げてばかり。



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:03:12.62 ID:lCVrPTby0

「だって。ただスプーンを曲げるだけよ」 

「十分すごいですって!」 

「そうかなぁ。ビームとか、ワープとか、空中浮揚とか、マンドリルに変身とか、そういう派手さはないじゃない? タツマキも出せないし。期待させるだけさせおいて、がっかりさせちゃったらわるいもの」 

「そんなことないと思いますけど」 

「わたし、スプーン曲げより、もっとすごいことしたいの!」 

 ムギセンパイは高らかに宣言した。 

「なんです、すごいことって」 

「うーん、閉鎖空間で神人と戦って人知れず世界の平和を守る、とか」 

「いつの話ですか」 

「でもそういう正義の味方みたいな、かっこいいことしたいなぁ」 

 はぁ。そうですか。ムギセンパイがそう言うなら、まぁ、それで。すごいこと、見つかるといいですねぇ。 
 そうねぇ、見つかりますように。ムギセンパイは両手を組んで祈るように頭を垂れた。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:04:33.79 ID:lCVrPTby0

 その日以来、ときどきムギセンパイとラーメン屋に行くようになった。 

 いまだにひとりでは入りづらいようで、私はいつも付き合わされる。 

 ムギセンパイは何杯もラーメンをお替りする。食べても食べても太らない。その身体のどこにラーメンが消えてゆくのか。不思議でしかたない。太りやすい体質を気にしていたはずなのに。超能力のカロリー消費量はかなりのものらしい。役得ね、とムギセンパイは嬉しそうに言っていた。



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:06:13.13 ID:lCVrPTby0

 私たちは雑談にふける。放課後はお茶とお喋りの毎日だというのに、それでも話のタネは尽きない、 
 私とふたりのとき、ムギセンパイはやたらとコイバナをしたがる。 

 梓ちゃんは彼氏とかいなかったの? 中学校は共学でしょ? 共学だからって彼氏がいるとは限りませんよ。そのとき、ぶるぶるとケータイが震えた。こっそり見ると律センパイからのメールだった。あ~彼氏でしょ。ムギセンパイが楽しそうに訊いてくる。違います。私は淡々と答える。うふふ、隠したってムダよ。ムギセンパイは意味ありげに笑う。人の心は読めないって言ってはずだけど、本当だよね? ムギセンパイはにこにこ楽しそうだ。やっぱりこのひときれいだな。ニンニクくさいけど。 



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:13:21.94 ID:lCVrPTby0

「センパイはいないんですか? 彼氏とか」 

「彼氏? うーん、今はいないよ」 

「じゃあ、どんなタイプが好みなんです?」 

「そうねぇ、あっ、あのひと、かっこよくない?」 

「どのひとですか?」 

「ほら、あそこ!」 

「どこですか?」 

 ムギセンパイが指さす方向に、それらしき人は見当たらない。 

「ねえねえ梓ちゃん。あのひとってあのひとに似てない?」 

 あのひとがどのひとかわからないのに、また別のあのひとまで登場させないでください。 

「ほら、映画とかテレビに出てるでしょ! えっと、アレ、アレに似てる! 名前が出てこないわ、えーっと、えーっと、、 





  

 思い出したわ! オダギリジョー!」 
  
 髭を生やしたおじさんが、ひとりきりでマックシェイクをすすっていた。



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:14:20.21 ID:lCVrPTby0

 秋になり、冬が来て、年を越し、桜が咲いて、散った。緑のまぶしい季節を過ぎると、今週はずっと雨ばかり。梅雨に入った。 

 日曜日も雨だった。 

 朝から降り続ける雨のせいか、ラーメン屋はいつもよりさらにお客が少ない。店員さんは口を半開きにしながら、店内のテレビを眺めていた。 


 すごいことを思いついたの。 
 ムギセンパイが鼻の穴を膨らませながら言った。



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:15:12.12 ID:lCVrPTby0

「なんですか。それ」 

 私はすっかり忘れていた。 

 スプーン曲げを見せてくれたのは初めの一回だけだったし、このころじゃもう、コイバナばかりで超能力の話は全くしていない。気づけばムギセンパイの誕生日までひと月を切っていた。18歳になってしまえば、超能力はなくなってしまう。時間があまりない。



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:15:57.67 ID:lCVrPTby0

「で、すごいことってなんなんです」 

「どろぼう」 

「はぁ!?」 

 私は思わず大声を出した。店員さんがギロリとこちらに視線をよこした。



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:18:17.22 ID:lCVrPTby0

 私は思わず大声を出した。店員さんがギロリとこちらに視線をよこした。 

「すみません、あの、自分でなに言ってるかわかってますか?」 

「もちろんよ」 

「どろぼう、って言ったんですよ」 

「そうよ、どろぼう」 

「正義の味方になりたいんじゃなかったんですか」 

 うふふ。ムギセンパイが思わせぶりに笑う。



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:19:04.65 ID:lCVrPTby0

「だいたい、どろぼうって、なに盗むんです」 

「鯉よ。学校の。噴水のところにいる」 

「はぁ?!」 

 私はふたたび大声を出した。通路を挟んで向こう側の客のひとりがこっちを睨んだ。私はぺこりと頭を下げた。



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:20:14.39 ID:lCVrPTby0

「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ。梓ちゃん落ち着いて」 

 噴水の鯉なら知っている。人面魚と評判の不気味な鯉で、私も一度だけ見たことがある。濁った水中を泳ぐ姿は、噂通り気味が悪かった。それをいったい、どうやって? そもそも、どうして? 


 ムギセンパイの情報網によると、元々あの鯉は校長先生個人の鯉らしい。 

 校長先生は一時期ニシキゴイの世話にご執心で、私財をつぎ込み鯉を買いあさり、熱心に育てて品評会に出るほどだった。ところが、校長先生には養鯉の才能がなかった。いつまでたっても入賞できない。いつしかぽっきり心が折れた。ある時期を境に情熱は冷め、売るなり譲るなりして鯉たちを処分していった。そうして最後に三匹の鯉が残った。どんなに探しても受け取り手が現れない。それもそのはず、池の上から見ると、まるで人の顔のように見える不気味な鯉だった。困った校長先生はその鯉たちを学校で飼うことにした。情操教育の一環と銘打って、個人の鯉を学校の噴水に放ち、生物委員に世話を任せきり。餌代も学校の経費から出させているという。



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:20:54.22 ID:lCVrPTby0

「公私混同よ。鯉が可哀そうだわ」 

 ムギセンパイは静かに、けれど確かに怒りを湛えた口調で言った。 
 確かに鯉は哀れだった。 
 生徒や教師、学校中から不気味と言われ、飼育担当である生物委員にさえ、避けられていた。本当は毎日餌をやらないといけないのに、一年のとき生物委員だった純は、三日に一度しか餌やりをしていなかった。私が咎めても、鯉は強いから大丈夫、とへらへら笑って取り合わない。私もそれ以上は言わなかった。完全に他人事だったし。 



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:22:08.20 ID:lCVrPTby0

「だからわたしが鯉を救うの。そうしたらみんなきっと気づくわ。いなくなって初めてわかるのよ。大切なものの存在に」 

 眉をきりりと吊り上げ、瞳をらんらんと輝かせ、ムギセンパイは断言した。このひとはマジだ。 

「あのう、で、鯉を、どうやって?」 

「それはもう、これで」 

 と、ムギセンパイがスプーンを取り出した。 

「スプーンで掬う気ですか」 

「やだなぁ梓ちゃんってば。スプーンはたとえ。超能力で、ぴゅぴゅっと」 

「んん? どうゆうことです?」 

「物質転送よ」 

 草木も眠る、丑三つ時。学校に忍び込み超能力を使い、噴水の鯉をムギセンパイの家の池に転送する。それがムギセンパイの作戦だった。



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:23:46.26 ID:lCVrPTby0


「あの、物質転送だなんて大がかりなこと、本当にできるんですか」 

「どうかしら。わたし、スプーン曲げ以外やったことないから」 

「全然だめじゃないですか」 

「梓ちゃん。諦めたらそこで試合終了よ? 人生やってみなきゃわからないわ。超能力はね、とにかくイメージが大事なの。できる、やればできる、わたしならきっとできる。心の底から自分を信じなきゃいけないの」 

 いいことっぽい言ってるけど、騙されちゃいけない。 

「いや、でも、仮にできたとしてですよ? 超能力を使うとすっごく疲労するんですよね? 物質転送ってスプーン曲げよりずっとたくさんエネルギー消費するんじゃないですか? そんなことして本当に大丈夫なんですか??」 

「やってみないとわからないわ」 

 ムギセンパイは同じセリフを繰り返した。 

 なんて杜撰な計画だ。なんとか思いとどまらせなくては。



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:25:11.94 ID:lCVrPTby0

「決行は明日よ。善は急げ、ね」 

「ちょ、ま、待ってください! まずは生徒会に相談してみましょう。それからでも遅くないですよ」 

「それじゃ時間がかかりすぎるわ。はやく鯉を助けないと」 

「いやいやいや、和センパイならきっとなんとかしてくれますよ」 

「人に頼っちゃダメ。自分のことは自分でしなきゃ」 

 それなら鯉が自分で脱走すればいい。いつからムギセンパイは鯉になったのか。



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:26:24.45 ID:lCVrPTby0

「とめないで梓ちゃん。わたしは決めたの」 

「わ、わかりました。でも明日はやめましょう? ほら、どうせなら大安の日にしましょう」 

「梓ちゃん」 

「なんです」 

「正義の味方はね。自分がどうなろうと、くじけちゃだめなの。それがヒーローの宿命なのよ」 

 ダメだ。このひとはダメだ。 

 私は説得を断念した。



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:30:06.04 ID:lCVrPTby0

 そして運命の朝を迎える。 

 前夜は雨だった。 

 雨の日は意識が散漫になるので超能力には不向きと言っていた。朝までやまなければ決行は延期のはずだ。どうかこのままセンパイの誕生日まで雨が続きますように。私はてるてる坊主を逆さに吊るし、天に祈った。 


 どうにも嫌な予感がして朝早くに目が覚めた。カーテンを開くとなんと雨が上がっていた。天気予報は雨だったのに。これも超能力のしわざ?? 朝ご飯も食べずに家を飛び出した。 


 早朝の朝靄のなか、閉じられた校門を乗り越えると、噴水の傍らにムギセンパイが倒れていた。 


 慌てて駆け寄り抱き上げる。すぅすぅと穏やかに呼吸している。眠っているようだった。きっと力を使い切ったんだ。 

 水面をのぞき込む。鯉の姿が見えない。水が濁りすぎて、水中の様子がまるでわからない。 

 成功した? 失敗した? 

 目を凝らしていると、水面に波紋が広がった。雨だ。眠り続けるムギセンパイを背負うと、私は昇降口へ駆け出した。



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:32:09.01 ID:lCVrPTby0

 なにごともなく一週間が過ぎた。 


 鯉のことは、まったく噂になっていない。毎日登下校のたびに水面を見るようにしているのだけど、相変わらず水が濁っていて中の様子がわからない。どうしても気になって仕方がなくて、私は生物委員の伊賀崎さんに訊いてみた。 

 一週間前は元気にしてたけどなぁ。のんびりと答える伊賀崎さんを急かして一緒に噴水へ。濁っているせいでやはり中を確認できない。 

 みえないけど、いるんじゃなぁい。やる気のない伊賀崎さんをせっついて、たも網を持ってこさせる。池の中をぐるーっとかき回す。何度繰り返しても鯉は引っかからない。伊賀崎さんの顔色がようやく変わった。そうしてようやく、池の鯉が盗まれていることが周知のこととなった。



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:33:23.53 ID:lCVrPTby0

 噴水の人面魚が消えた。いや、盗まれた? いったい、だれが、なんのために? 

 実は超高級魚で、元々怪盗に狙われてたとか、突然変異で怪物化して自力で逃げ出したとか、とっくの昔にしんで捨てられただけとか、いろんな噂が駆け巡った。 

 軽音部内も人面魚の話でもちきりだ。 

 唯センパイと律センパイがくだらない推理を繰り広げ、澪センパイはいちいち丁寧にツッコミを入れていた。 
 ムギセンパイはニコニコ笑ってばかりで、何も言いださなかった。 

 エスパーが超能力で盗んだ、という噂は耳にしなかった。 

 思えばこのときがいちばんしあわせだった。 
 学校の怪談として盛り上がっているうちが花だった。



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:34:39.90 ID:lCVrPTby0

 あることをきっかけに事態は毛色を変えた。事件が新聞に取り上げられたのだ。 

 地方新聞の小さな記事とはいえ、新聞の影響力はバカにできなかった。 
 記事を目にしたひとりの地域住民が学校に問い合わせたのを皮切りに、噂は広がり始めた。 
 マスコミ・PTA・教職員・地域住民を巻き込み、しまいにはテレビ局までやってきた(ローカル局だけど)。 
 確かにたかが鯉といっても、外部からの侵入者の仕業であれば、生徒の安否に関わる一大事だ。もはや生徒の間だけの噂話では済まない。 

 学校は犯人捜しに本腰を入れだした。 
 手始めに全校集会が開かれ、鯉の盗難事件について、どんな些細なことでもいい、知ってることがあれば連絡するように、と全校生徒にお達しが下った。このままじゃ、警察沙汰になるかもしれない。どうしよう。



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:36:44.01 ID:lCVrPTby0

 全校集会の直後、ムギセンパイは職員室へ足を運び、自ら犯行を名乗り出た。 

 超能力のくだりを巧妙に隠しながらも、侵入時刻や鯉の様子など、細部に渡り犯行の全てを自供した。 
 ところが先生たちはムギセンパイの供述を一笑に付した。 
 成績優秀品行方正、先生の評価も高いムギセンパイが、そんなアホなことをするなんて、だれも信じるわけがない。 

 あるひとりを除いて。 

 軽音部の顧問であるさわ子先生。 

 さわ子先生だけがもしやと考え、後日ムギセンパイの家を訪れた。 
 案の定とも言うべきか、先生がそこで見たのは、広々とした池で悠々と泳ぐ不気味な人面魚だった。



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:38:10.47 ID:lCVrPTby0

 ムギセンパイはめためたに怒られた。 
  
 今までの人生でいちばん怒られたわ、と頭を垂れたムギセンパイが言った。 

「自分勝手すぎたな、って」 

 俯いたままのムギセンパイは、割りばしでラーメンのスープをかき回している。 
 しゅんとしたムギセンパイは傍からみればはかない美人に見えてしまう。けれどラーメンのスープは豚骨で、ギトギトとした白い脂がいくつも浮かんでいた。 

「まぁ、そうですね。ご両親にも先生にも、いろんな人に迷惑かけちゃいましたもんね」 

「そうじゃなくて」 

「ん?」 



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:40:02.02 ID:lCVrPTby0

「ほら。鯉たちが自分で、噴水から出たい、なんて言ったわけじゃないでしょう」 

「はい?」 

「わたしの勝手な正義感を押し付けて、あの子たちを振り回したのはよくなかったわ」 

「はぁ」 

「だから責任を持って、わたしが世話をする!」 

「生物委員がいるんですから、勝手なことしちゃダメです」 

 背中をひと筋の汗が流れていく。 
 また面倒事を起こされちゃかなわない。センパイを鯉から遠ざけないと。 

「じゃあ生物委員に立候補する!」 

「三年生は受験がありますから、生物委員の募集はありません」 

「そうだっけ?」 

「そうですよ」 

「ほんとうに?」 

「ほんとうです」 

「ほんとうかなぁ」 

「ほんとにほんとですって」 

「あやしいわね」 

「あやしくないです」 

「それならわたしは何をしたらいいかしら?」 

「大人しく普通にしててください」 

「普通ね! わかったわ!」 

 ずいぶんと威勢のいい返事。本当にわかっているんだろうか。



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:41:00.07 ID:lCVrPTby0

 二学期になると、私は生物委員に立候補した。 

 帰ってきた鯉たちは、何事もなかったかのようにゆるゆると泳いでいる。 
 やっぱり不気味だけど、きちんと毎日餌をやっているうちにちょっとは愛着も湧くかもしれない。 
 濁り切った水もなんとかしてあげたいし、水質改善のためにはフィルターが必要らしいので、次の会議で予算申請してみるつもり。



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:44:44.34 ID:lCVrPTby0

 ムギセンパイとは今でもいっしょにラーメン屋へ通っている。 

 18歳になったムギセンパイに、もう超能力は備わっていない。 
 エネルギー補給の必要はないけれど、ラーメンのおいしさを覚えて、やめられなくなっちゃったみたい。 
 太らないようにしなきゃね、とセンパイは困ったように笑って言った。



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:46:30.10 ID:lCVrPTby0

 ムギセンパイとふたりで話すと、やっぱりコイバナばかりになる。 

 律センパイのことはまだ話していない。いつかちゃんと言わなきゃな、とは思ってる。 

 ムギセンパイはバイト先で知り合った大学生といい感じらしい。 

 夏休みにふたりきりで海に行って、手をつないだのに、告白はされなかったらしい。 
 告白されるのを待つか、自分からしちゃうか、最近もっぱらそればかり相談される。 
 海で撮ったというツーショットも見せてもらった。美的感覚には大いに個人差があるものですね。 

 どうやらムギセンパイの頭の中には、鯉のことも超能力のことも、すっかりないみたいだ。 
 アホな騒動に振り回されるのはもうたくさんだけど、もう一度くらいスプーン曲げを見せてほしかったなとも思う。



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:47:29.95 ID:lCVrPTby0

 17歳の女の子は特別、とムギセンパイは言っていた。 

 そうだ、私も17歳だ。もしかして。 


 台所から借りてきたスプーンを左手に握り、じいっと見つめて念を送る。 

 えいっ、と小声で掛け声をかけた。 


 銀のスプーンが、ぴりりと震えた。 



 おしまい。



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:48:07.49 ID:lCVrPTby0


以前別のところで世に出したものを加筆修正しました。 

一日早いけどムギちゃんお誕生日おめでとう。だいすきです。 

桜高のモデルになった豊郷小学校にも鯉はいますが、噴水の水はとてもきれいで、みんな元気に泳いでいます。







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
梓「唯先輩じゃなきゃ嫌です!!!」バタバタ 
澪「君がくれたゴールデンチョコパン」 
梓「ムギにゃんとテニスに行くです」 
律「だったら帰りに、家電量販店へ寄ってみるか」 
澪「汗でベタベタだからいったん家でシャワー浴びてくる」