転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383301697/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:28:17 ID:hoMVd8oo

リン子「うっ・・・ふぅん・・・」(クチュクチュ

セイ「・・・・」


的なのを誰か頼む



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 10:35:07 ID:WKD6PLtc

リン子「あぁん…」クチュクチュ



セイ(た、大変な物を見てしまった…)



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 10:36:05 ID:WKD6PLtc

リン子「あぁ…早くしないと、セイが帰ってくるのにぃ…」クチュクチュ

リン子「指、とまらなぃぃ……」クチュクチュ

リン子「しかも、いつお客様がぁ、入って来るかもしれないのにぃ」クチュクチュクチュ

リン子「あぁっ、あなたぁ、こんなだらしない私を許してぇ」クチュクチュクチュ



セイ(母さん、あんなに激しく…)モゾモゾ




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 10:36:57 ID:WKD6PLtc

リン子「おっぱいもこんなにぃ…」モミモミ

リン子「乳首もいっぱい感じちゃてぇ」コリコリ

リン子「やめられないのぉ」コリコリモミモミ

リン子「あぁ、気持ちいぃ」モミモミモミ



セイ(はぁっ…はぁっ…母さんのおっぱい、凄く大きい…)シコシコ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 10:37:40 ID:WKD6PLtc

リン子「あっあっ…ぁあん……」クチュクチュ

リン子「はぅうっ…うぅん…」クチュクチュ

リン子「も、もうイクっ…イッちゃう…」クチュクチュクチュ

リン子「タケシさんっ、タケシさんっ!あぁっ!」クチュクチュクチュ

リン子「い、イクっ、いっくぅーーーーーーー」ビクンビクンッ



セイ(ぼ、僕も…か、母さんっ)ドピュ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:05:50 ID:EntlFmOc

近親……嫌いじゃない



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:05:43 ID:iN5j7I6w

セイ「た、ただいま、母さん」

リン子「お帰りなさい、セイ。今日は遅かったのね」

セイ「う、うん、友達と話してたらちょっと遅くなっちゃって」

リン子「それじゃ、店番お願いねー」

セイ「う、うん。任せてよ、母さん」

リン子「それでは、イオリ・リン子大佐、補給物資調達の為、08スーパーに向かいます!」

セイ「あ、うん、気をつけて行ってらっしゃい」

リン子「なによー、ノリ悪いわねー」

セイ「と、とにかく、行ってらっしゃいっ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:06:46 ID:iN5j7I6w

セイ(はぁ…まだドキドキしてる…)

セイ(母さんを驚かそうと思って、裏口から入ったら…)

セイ(まさかレジの裏であんな事してるなんて…)

セイ(確かに父さんが旅に出てから随分経つもんな……)

セイ(やっぱり…欲求不満なんだろうなぁ)



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:07:36 ID:iN5j7I6w

夕食後

セイ「はー、お腹いっぱいだー」

セイ「やっぱり母さんの野菜炒めは世界一だね」

リン子「うふふ、お粗末様でした」

リン子「はい、食後のお茶よ」

セイ「ありがとう、母さん」

リン子「いえいえ」ニコッ

セイ「っ……」ドキッ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:08:18 ID:iN5j7I6w

セイ「か、母さん、あのさ…」ドキドキ

リン子「なあに?」

セイ「と、父さんが家に居なくて、寂しい?」

リン子「そうねぇ、ちょっち寂しいかなー?」

リン子「でもセイが居るしねっ」ニコッ

セイ「そ、そう…」

リン子「急にどうしたの?」

セイ「な、何でも無いよっ」

セイ「僕、先にお風呂入って来るねっ」



リン子「……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:09:37 ID:iN5j7I6w

お風呂

セイ「はぁ……やっぱり寂しいんだなぁ」

セイ「いつも明るくしてるけど、やっぱりなぁ…」

セイ「……」ムラムラ

セイ(思い出したら、おちんちん立ってきちゃった…)ハァハァ

セイ「ち、ちょっとだけ…」シコ

リン子「セイー?」

セイ「な、ななな、なに?母さんっ」バシャッ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:10:52 ID:iN5j7I6w

ガラッ

リン子「久しぶりに、母さんが背中流してあげる」ニコッ

セイ「えっ、あっ、いいよ、そんなのっ」クルッ

セイ(…また母さんのおっぱい見ちゃった)

セイ「せめてバスタオルくらい巻いてよ!」

リン子「あら、母さんの裸を見て興奮しちゃう?」

セイ「そんな事あるわけないでしょ!もう!」

リン子「うふふ、ムキになっちゃってー」

セイ「いいから出てってよ!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:12:34 ID:iN5j7I6w

セイ「ぼ、僕もう中学生だよ?自分で背中くらい洗えるよ!」

リン子「そうねー。あっという間に中学生よね」ジャブジャブ

セイ「だからお風呂はもう…」

リン子「ほらっ!親子なんだから遠慮しないで、ね?」

セイ(うぅっ…どうしよう…)

セイ(今、湯船から出たら、おちんちんが立ってるのバレちゃう…)

リン子「ほら、早くしてくれないと、母さんが風邪引いちゃうわ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:13:33 ID:iN5j7I6w

セイ「……」

リン子「そんなに母さんとお風呂入るの、イヤ?」

セイ「!」

リン子「さっき、セイが言ってたでしょ?」

リン子「実はね…母さん、ちょっとだけ寂しいのよ…」

リン子「だから、セイの温もりを感じたいの…」

セイ「母さん……」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:14:43 ID:iN5j7I6w

セイ「じゃ、じゃあ背中だけ、お願いしようかな」

リン子「うんっ、さ、ここに座って」ニコッ

セイ(なんとかタオルで隠して…)ザバッ

リン子「……」

セイ「そ、それじゃ、お願いします」

リン子「ふふっ、なんで敬語?」

セイ「な、なんとなくだよ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:15:45 ID:iN5j7I6w

リン子「それじゃ洗うわね」ゴシゴシ

セイ(母さんに背中洗って貰うなんて…)

リン子「セイの背中洗うなんて、何年ぶりかしらね」ゴシゴシ

セイ「う、うん。4年ぶりくらいじゃないかな?」

リン子「中学生でもちゃんと男の背中ねぇ」ゴシゴシ

セイ「そ、そうかな?」

リン子「お父さんにそっくりよ」ゴシゴシ

セイ「そう…なんだ…」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 01:18:01 ID:iN5j7I6w

リン子「どう?気持ちいい?」ゴシゴシ

セイ「う、うん」

リン子「痒い所とか、無い?」ゴシゴシ

セイ「だ、大丈夫だよ」

セイ(もうおちんちんが痛いくらいだよ…どうしよう)

リン子「はい、それじゃ、次は前を洗うわね」

セイ「!!!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:18:00 ID:7rJHJG1k

リン子「さ、こっち向いてー」

セイ「ま、前はいいから!」

リン子「なんで?ちゃんと綺麗にしなきゃ」

セイ「前は自分で洗えるから」

リン子「母さんがそうしたいの…ダメなの?」

セイ「う…」

リン子「それじゃ、身体は今のままで良いから、じっとしててね…」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:18:58 ID:7rJHJG1k

セイ「え?母さん、何を…」ムニュ

セイ「!?」

リン子「そのまま、後ろから洗ってあげるね」ヌルヌル

セイ(か、母さんのおっぱいが…背中にあたってる!)

リン子「前は手に直接ボディソープをつけて洗ってあげる」ヌルヌル

セイ「そ、そんな事!」

リン子「気持ち、良いでしょ?」ヌルヌルヌル



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:19:56 ID:7rJHJG1k

セイ(す、凄い気持ちいい…母さんの手……)ハァハァ

リン子「うふふ…セイも立派な男の子なのね」ヌルヌル

セイ「か、母さん、僕、もう…」

リン子「タオルで隠してる部分が膨らんじゃってるわねー」ヌルヌル

セイ「そ、そこはっ」ビクッ

リン子「良いのよ、セイ。男の子だもの、ね?」ヌルヌルヌル

セイ「あうっ!か、母さんっ」ビクビクッビュルッ

リン子「きゃっ……たくさん出たわね…」ヌルヌル

セイ「う…うぅ…」ビクビクッ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:20:52 ID:7rJHJG1k

リン子「セイ、一度身体流すわね」
ザバーッ

セイ「ハァ…ハァ…」ポーッ

リン子「あらボーッとしちゃって、うふふ」

セイ「あ、あぅ…」ポーッ

リン子「それじゃ、母さんが綺麗にしてあげるわね」

セイ「……??」

ペロッ

セイ「!!!」ビクッ



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:21:54 ID:7rJHJG1k

リン子「うふふ、ビクってなっちゃったわね」ペロペロ

セイ「か、母さん、何を…!?」

リン子「これはね、お掃除フェラっていうのよ」ペロペロ

セイ「そ、そうじゃなくて…」

リン子「大丈夫、母さんに任せて、セイはいっぱい気持ちよくなってね」ペロペロ

セイ「うぁっ」ビクッ

リン子「ふふ…また大きくなってきちゃったわね」ペロペロ

リン子「それじゃ本格的に行くわよー」パクッ

セイ「母さん、あぁっ…」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:23:43 ID:7rJHJG1k

リン子「うっふ…はぁ…じゅるじゅぞぞ…れろれろっ…」

セイ「うぁぁぁ、気持ちよすぎるよっ」

リン子「ぐっぽぐっぽ…うっぷ…あふっ…ずずっ」

セイ「母さんっ!母さんっ!」カクカク

リン子「ぷはっ…セイったら自分で腰動かしちゃって…イキそうなの?」シコシコ

セイ「うん…僕もう…」カクカク

リン子「良いわよ、イって、母さんに思いっきりぶっかけてぇ」ペロペロモミモミ

セイ「うぁっ!また出るっ!出ちゃうーーー」ビュルビュルビュルー



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:24:44 ID:7rJHJG1k

セイ「はぁっ…はぁっ……」ポーッ

リン子「あっふぅ…また沢山出たわね、セイ」ペロペロ

セイ「か、母さん、汚いよそんなの…」

リン子「そんな事無いわよ…ぺろっ…れろっ…ずずずっ…ごくんっ」

セイ「の、飲んじゃったの?」

リン子「せっかくセイが母さんで気持ち良くなってくれたんだもの」ニコッ

セイ「母さん…」ハァハァ

リン子「さ、身体流して、一緒にお風呂につかりましょう」

セイ「…うん」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:25:37 ID:7rJHJG1k

リン子「いいお湯ねー、セイ?」

セイ「んっ、んっ…」チュパチュパ

リン子「ふふっ、一所懸命吸っちゃって…母さんのおっぱい、美味しい?」

セイ「ちゅぱっ…うん、美味しいよ、母さん」チュパカリッ

リン子「あんっ、乳首噛んじゃだめぇ」ビクッ

セイ「乳首、気持ちいいんでしょ?」モミモミチュパチュパ

リン子「うぅん…気持ちいいのぉ…もっと吸ってぇ…」

セイ「母さんっ」チュパチュパ



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:26:31 ID:7rJHJG1k

リン子「セイ、おっぱいだけじゃなくて、こっちも…ね?」

セイ「でもそれは…」

リン子「お願い、セイ…母さんをもっと気持ち良くして?」

セイ「ど、どうやれば良いの?」

リン子「まずはここを優しく触って」

セイ「ここ?」クチュッ

リン子「ひゃん!いきなりクリちゃん触らないでぇ」ハァハァ

セイ「ご、ごめんなさい…」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:27:08 ID:7rJHJG1k

リン子「だ、大丈夫、ちょっとビックリしただけだから…続けて?」ハァハァ

セイ「こう?」スリスリ

リン子「そう…ゆっくりね…っはぁ…」

セイ「気持ちいい?」スリスリ

リン子「イイわ、セイ、気持ちイイわ…」ハァハァ

セイ「母さん…」スリスリクチュクチュ



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:27:55 ID:7rJHJG1k

リン子「それじゃゆっくりと、割れ目の中に指を入れてみて…」ハァハァ

セイ「ここ?」クチュリ

リン子「ふふ、そう…ゆっくりと入れてね」ハァハァ

セイ「母さんの中、温かい…」ヌプヌプッ

リン子「あぁ、イイわ、動かして、セイ」ハァハァ

セイ「母さんっ、母さんっ!」チュパチュパクチュクチュヌプヌプ

リン子「あふっ…良いわ、セイ、気持ちいいっ」ビクッ

セイ「母さん、凄くエロい顔してるよ…」チュパチュパクチュクチュ



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:28:45 ID:7rJHJG1k

リン子「あぁ、セイ、イイわぁ。ね、母さんにキスしてぇ」

セイ「う、うん…」チュ

リン子「…舌を出して、セイ」

セイ「え?舌?」

リン子「そう…舌を絡めて、大人のキスしてぇ」

セイ「こ、こう?むにゅっ…くちゅっ」

リン子「そう、上手よ、セイ…ちゅっちゅっ…れろっ」

セイ(母さんとキスするの、凄く気持いい…)



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/14(木) 14:29:47 ID:7rJHJG1k

リン子「あぁ…気持ちいい…母さんイっちゃいそうよっ」

セイ「ちゅうちゅばっ…れろれろっ…」

リン子「むちゅぅ…ちゅばっ…んっ」シコシコ

セイ「あうっ…か、母さん、僕また…」ハァハァ

リン子「はぁはぁ…母さんと一緒にイきましょ?ね?」シコシコ

セイ「うんっうんっ」ヌプヌプ

リン子「セイっ、母さんの事、ぎゅってして!離さないでぇ…」ビクッ

セイ「うんっ」ギュウッ

リン子「もう、イクっイっちゃうっ」ギュッ

セイ「もう…出るっ」ビュルビュルッ

リン子「あぅっ…くぅぅーーーーっ」ビクンビクンッ



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 06:03:59 ID:/TnxXAds

ここで選択肢

1:そのまま一線を超える(ラブラブルート)

2:超えない(寝取られルート)

どっちがいいだろうか?



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 08:05:38 ID:3O.OVYko

1



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 08:31:49 ID:Ya4tQKjU

1



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 19:44:44 ID:D7F5U0EY

両方逝くんだ



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 17:48:36 ID:YOzmOgEw

風邪ひいた



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 20:00:57 ID:sgwD70p6

1



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:11:30 ID:YwXFekVw

セイ「はぁ…はぁ…」クタッ

リン子「はぁはぁ…ふふっ、セイ、またたくさん出ちゃったわね」ギュッ

セイ「う、うん…お湯汚しちゃった…」

リン子「うふふ、セイの精液が浮かんじゃってるわね」パチャッ

セイ「ごめんなさい、母さん」

リン子「謝る事ないのよ、母さんも凄く気持ち良かったし」ペロッ



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:15:18 ID:YwXFekVw

セイ「母さん!さすがにそれは汚いよ!」

リン子「うふふ、凄く美味しいわよ」ピチャピチャ

セイ「か、母さん」ゴクリ

リン子「…セイ、男の顔になってるわね」

セイ「母さんがエロい顔するから…」ハァハァ

リン子「そうかしら?」

セイ「昼間だって…レジの裏であんな事してたじゃないか!」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:21:30 ID:YwXFekVw

リン子「…そう…見てたのね」

セイ「あんな事してたら、いつか誰かに見つかっちゃうよ」

リン子「ふふ、そうね」

セイ「母さんは誰かに見られても良いの?」

リン子「母さん、欲求不満なの。解るでしょ?」

セイ「じゃあもしラルさんが店に入ってきてたら?」

リン子「ふふ…しちゃってたかもしれないわね」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:26:35 ID:YwXFekVw

セイ「そんな!そんなの…」

リン子「冗談よ、冗談」

セイ「どこから冗談なのさ!」

リン子「セイがね、後ろから見てたの、知ってたの」

セイ「!!」

リン子「だから見せつけるようにオナニーしたのよ」

セイ「なんでそんな事…」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:27:32 ID:YwXFekVw

リン子「欲求不満なのは本当の事なの」

リン子「でも他人と浮気は嫌だったから…」

リン子「セイが母さんの事気持ち良くしてくれないかなーと思って」

セイ「母さん…」

リン子「さ、もう一度身体を流して、上がりましょう」ザバッ

セイ「う、うん」ザバッ



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 17:39:26 ID:YwXFekVw

リン子「さ、流すわよ」ザーッ

セイ「ぷはっ…頭はさっき洗ったから…」

リン子「うふふ、いいじゃない」ゴシゴシ

リン子「人に頭を洗われるって、気持ち良いでしょう?」ゴシゴシ

セイ「うん…」ポーッ

リン子「あら?また元気になってきちゃったわね」ザーーッ

セイ「あっ、うん…」ギンギン

リン子「さ、終わり。……続きは、寝室で、ね?」ボソッ

セイ「えっ?」

リン子「母さん、先にあがってるわね」ガラッピシャッ

セイ「母さん…」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:28:34 ID:/Z3xnYJU

寝室

ガチャ
セイ「母さん、あの…」モジモジ

リン子「セイ…こっちにいらっしゃい…」ギシッ

セイ「で、でも…」

リン子「いいから、いらっしゃい」

リン子「もう母さんの方が、我慢出来ないのよ」

リン子「セイも気持ちイイことしたいでしょ?」

セイ「……うん」
パタン



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:30:50 ID:/Z3xnYJU

セイ「母さん…」ギシッ

リン子「母さんの事、名前で呼んで?」

セイ「母さん…リン子…」ギュッ

リン子「あぁ、セイ……また大人のキスしてぇ」ギュッ

セイ「うん…んちゅっれろっ」

リン子「れろっちゅぱっ…むちゅっ」

セイ「れろっ…ぷはっ」

リン子「セイの逞しいモノがお腹に当たってるわ」

セイ「リン子とキスするの、凄く気持ち良いから…ちゅうっ」

リン子「んちゅっ…もちろん私も気持良いわ…」ハァハァ



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:32:11 ID:/Z3xnYJU

リン子「ほら、見てぇ」クパァ

リン子「もう、セイを受け入れる準備出来てるの…」トロッ

リン子「だから、来て、セイ」ハァハァ

セイ「わ、わかったよ」ゴクリ

リン子「うふふ、緊張してるのね、セイ」

セイ「ぼ、僕、こういう事、初めてだし…」

リン子「大丈夫、私に任せて……」

セイ「う、うん…」ギンギン



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:36:55 ID:/Z3xnYJU

セイ「そ、それじゃ、行くよ、リン子…」クチュ

リン子「来てぇ…」ハァハァ

セイ「い、行きまーす」クニュン

リン子「あぁん…そこ、違うわよぉ」ビクッ

セイ「あ、あれ?ここじゃないの?」クニュクニュ

リン子「あぅん…焦らされるのもイヤじゃないけど」スッ

リン子「ここよ、セイ」クチュ

セイ「う、うん」ハァハァ



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:38:26 ID:/Z3xnYJU

セイ「それじゃ、行くよ、リン子…」ズニュ

リン子「ぁあっ…そう、そこよ、一気に…」

セイ「ぅんっ」ズニュニュ

リン子「あっはぁっ…久々のおちんぽぉ…」

セイ「は、入ったよ、リン子」ハァハァ

リン子「セイの童貞、母さんが貰っちゃった、えへっ」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:40:36 ID:/Z3xnYJU

セイ「気持ち良い…1人でするよりずっと…」ハァハァ

セイ「リン子の膣中、ヌルヌルなのにギュウギュウ締め付けて…」ハァハァ

セイ「すっごく気持ち良い…」ハァハァ

リン子「あぁ、セイ、私もすっごく…気持いわ…あぁ…」ハァハァ

リン子「さぁ、ゆっくり動いてぇ…」

セイ「こ、こう?」ヌッチャグッチャ

リン子「そう、んっ…上手よ、セイ」ハァハァ

セイ「はぁっ、はぁっ…気持ち良い、気持ち良いよ」グッチャグッチュ

リン子「あっ、はあぁっ、私も…イイっ…はぁぁぁ…」ブルッ



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:43:08 ID:/Z3xnYJU

セイ「ホント?僕ちゃんと出来てるかな?」ズッチャヌッチャ

リン子「あぁっ!えぇ…セイ、凄く気持良いわぁ…」ハァハァ

セイ「あぅ…リン子のアソコ、きゅってして…気持ち良い…」

リン子「セイは優しいのね」ハァハァ

セイ「えっ?」

リン子「ホントはもっと激しく動きたいんでしょ?」

セイ「……」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:44:52 ID:/Z3xnYJU

リン子「母さんの事気遣って、ゆっくり動いてるんでしょ?」

セイ「う、うん…初めてでよくわからないし…」

リン子「いいのよ、セイ」ボソッ

セイ「ホントに?母さん、痛くない?」

リン子「壊れちゃうくらい思い切り突いてみて」

リン子「あと、名前で呼んでね?」

セイ「わかったよ、リン子…それじゃ行くよ?」グチュグチュ

リン子「早くぅ…」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:46:11 ID:/Z3xnYJU

セイ「えいっ」パンパン

リン子「そうよぉ!あぁっ…いいわぁ…」

セイ「大丈夫なんだね?」パンパンパンッ

リン子「もっ、もっとぉ、もっと強くしてぇ!思いっきり突いてぇ」ハァハァ

セイ「うんっうんっ…凄い…凄く気持いぃ…」パンパンパンッ

セイ「おちんちんが溶けちゃいそうだよ」グッチャグッチョ

リン子「あぅっ!そこイイッ!子宮まで届いてるのぉ!」ブルブル



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:47:57 ID:/Z3xnYJU

セイ「うっ…リ、リン子…気持ち良すぎて…もうっ」ブルブル

リン子「私もっ!久しぶりだからっ!もうイっちゃうっ!」ビクッ

セイ「ぬ、抜かないと…」ニュル

リン子「良いのよ、セイ。私の膣に思いっきり出して…」ハァハァ

セイ「そ、それはっダメだよっ」ピタッ

リン子「あなたは何も心配しなくていいのよ、セイ…」グニュグニュ

セイ「で、でも…」ハァハァ

リン子「想像してみて…私の膣に思いっきり精液を吐き出す瞬間の事を…」ボソッ

セイ「!!」ゾクゾクッ

リン子「生で中出し…物凄く気持ち良いわよ…ね?」ボソッ

セイ「ほ、ほんとに良いの?」ハァハァ



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:49:31 ID:/Z3xnYJU

リン子「セイのザーメンでぇ…思いっきりマーキングしてぇ…」ウネウネ

リン子「奥の奥までザーメン流し込んでぇ」ウネウネウネキュッ

セイ「ぅ…うぁっ」ビクッ

リン子「さぁ、最後に思いっきり突きまくってぇ」ハァハァ

リン子「2人で、はぁ…一緒に……イきましょ、セ・イ」ボソッ

セイ「うわぁぁぁぁ」パンッ!パンッ!パンッ!

リン子「あっ!はっ…あぅっ!あはぁっ!」

セイ「気持ち良い!気持ちいいよっ!」パンッ!パンッ!パンッ!

リン子「わっ私もぉっ!おちんぽ気持ちイイっ!」ハァハァ

セイ「リン子…もう、もうイくよ!出すよ!」パンッ!パンッ!パンッ!

リン子「出してっ!私ももうっ!イくっ!イっちゃうのぉっ!」ビクッ



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:54:42 ID:/Z3xnYJU

セイ「はぁっ、はぁっ…で、出るっ…出るぅっ!」ビュルビュルビュー

リン子「あひぅっ…あはぁ…ぁぅうっ…おまんこイックゥぅぅぅ」ビクンビクン

セイ「はぁーっ…はぁーっ…」ビュッビュッ

リン子「はぁ……あぁ…まだ出てるぅ…奥まで来てるぅ……」ビクンビクンッ

セイ「か、母さん、僕…」

リン子「名前で呼んでって言ったでしょ…んちゅっ」

セイ「んちゅっ…んっ…ぷはっ」

セイ「大好きだよ、か…リン子…」

リン子「私もよ。愛してるわ、セイ……」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:55:41 ID:/Z3xnYJU

6ヶ月後

prrrrr prrrrr

セイ「母さん、電話だよ…この番号、父さんからだよ」パンッパンッ

リン子「今はいやぁ…取りたくないぃ」ガクガク

セイ「大事な用かもしれないし、ちゃんと電話に出てよ」パンッパンッ

ピッ



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:57:07 ID:/Z3xnYJU

リン子「は、はい、イオリ模型…です」

タケシ「よお!俺だ!元気か、リン子」

セイ「ゆっくり動くからね」ボソッ

リン子「タケシさん、ひ、久しぃぶりっねぇ」ガクガク

タケシ「ん?どうしたんだ?風邪でも引いてるのか?」

セイ「……」グリュグリ

リン子「んっ、何でも無いわよ、元気だけがっ取り柄なんだからぁ」ガクガク

タケシ「そうか?なんだか声が震えてるような…」

リン子「うふふっ…お得意のニュータイプの勘ってやつかしら?」

タケシ「ははっ、そうだといいんだがなぁ」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:58:08 ID:/Z3xnYJU

リン子「そっ、それより、今日はどうしたっのぉ?」

タケシ「あぁ、今インドにいるんだが」

リン子「い、インドね、イイわぁ、インドぉ」ハァハァ

タケシ「あぁ、インドは良いぞー。全ての始まりがここにあると言っても過言じゃないな」

リン子「はぁっ…それはとても素敵ねぇっ、うんっ…」

タケシ「ガンプラを広める旅も、やっと半分って所だ」

セイ「……」グッチュグチュ

リン子「は、半分…ね…んぅっ」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:59:02 ID:/Z3xnYJU

タケシ「あぁ、まだまだ世界は広い!俺はやるぞ!」

リン子「うふふ…頑張ってね、ア・ナ・タ」

タケシ「おう!ところでセイはいるか?」

リン子「セイ?今は、い、居ないわ」

タケシ「そうか…それじゃ伝言頼む」

リン子「なぁに?」

タケシ「ガンプラ魂を燃やせ!ってな!」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 15:59:53 ID:/Z3xnYJU

リン子「うふふ…そればっかりね、アナタは…」

リン子「そんなんだから…」ボソッ

タケシ「うん?何か言ったか?」

リン子「何でもないわ。ガンプラを世界中に広める旅、頑張ってね」

タケシ「おう!それじゃ、また連絡する!」

リン子「ま・た・ね」

プツッ



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:03:15 ID:/Z3xnYJU

セイ「ガンプラ魂かぁ…ふふ…ホントに父さんてばいつも同じ事ばっかだね」パンッパンッ

リン子「ちょ、ちょっと待って、セイっ」ガクガクガク

セイ「なんで?電話終わったからいいでしょ?」パンッパンッ

リン子「安定期とはいえ、激しすぎるのはダメだってばぁ」ハァハァ

セイ「お腹、随分目立つ様になったよね」パンッパンッ

リン子「あっ…うっ…だ、だからっ!」ガクガク



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:04:37 ID:/Z3xnYJU

セイ「生まれてくる子は僕の弟?妹?それとも息子か娘って事になるのかな?」パンッパンッ

リン子「今はっ、そんな事、言わないでぇ」ハァハァ

セイ「母さんのお尻、凄く大きくて揉みごたえあるし、大好き」モミモミ

セイ「おっきなおっぱいを後ろからぎゅうってするのも、大好き」モミモミギュウッ

セイ「普通にするのも好きだけど、こうして犬みたいにセックスするのも大好きだよ」パンッパンッ

リン子「あはぁ…後ろから突かれるの、イイぃ…」ガクガク

セイ「母さんはココが弱いんだよね」コツン

リン子「きゃっ!あはぁ…そこぉ…凄くイイのぉ…」ガクガク



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:05:32 ID:/Z3xnYJU

セイ「母さんの膣、キュってしてきた…もうイキそうなんだね?」パンッパンッ

リン子「うんっ…か、母さんイキそうなのぉ」ガクガク

セイ「僕ももう出すよっ、母さんの膣に全部出すよっ!」パンッパンッパンッ

リン子「来てぇ!全部出してぇっ」ガクガクガク

セイ「うっ…でっるっ」ビュルビュルビュルッ

リン子「イくっ!イっくぅぅぅ……」ビクンビクン



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:06:48 ID:/Z3xnYJU

セイ「はぁ…はぁ…気持ちよかったよ、母さん」ヌポッ

リン子「あんっ…はふぅ…私もよ、セイ」ハァハァ

リン子「それじゃ、綺麗にするわね…れろっ、んぐっ」パクッ

セイ「あっ…気持ちイイ……」

リン子「んぷはっ…また硬くなってきたわね、うふふ」

セイ「母さんの口マンコが気持良すぎるんだよっ」ズボッ

リン子「んぐっあ!?」ビクッ



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:07:53 ID:/Z3xnYJU

セイ「喉の奥まで入れるからね」ズボッズボッ

リン子「んぐっ…んぷっあっ…おぇう…じゅるっ」

セイ「母さん、出るよ!全部飲んでねっ」ズボッズボッ

リン子「んっぐ…っぐっあぁっ」

セイ「出るっ」ドプッドプッ

リン子「んん~~~~~~」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:09:40 ID:/Z3xnYJU

セイ「あぁ、最後の一滴まで吸い取って、母さんっ」ハァハァ

リン子「じゅぞぞっ…れろっんぐぽっ」

リン子「んごくっ…ごくっ…っぷはぁ」ハァハァ

リン子「ふぅ…セイ、今日はこれで終わり。ね?」

セイ「う、うん」

リン子「うふふ、明日も明後日も…時間は沢山あるんだし、ね?」チュッ

セイ「愛してるよ、リン子…ちゅうっ」

リン子「んちゅっ…ぷはっ…私もよ、セイ……うふふ」



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:10:36 ID:/Z3xnYJU

セイ「ん!今、お腹動かなかった?」

リン子「ふふ、そうね。楽しみよね」

セイ「ガンプラ作るのも楽しいけど、新しい命を創るって凄いよね!」

リン子「セイもこうやって生まれてきたのよ」

セイ「父さん、どんな顔するかなぁ」

リン子「今度ビデオでも撮って送っちゃいましょうか?」

セイ「えー?帰ってきた時、ビックリさせたいからそれは嫌だよ」

リン子「ふふ…どちらにしろ、驚くでしょうね」サスサス

スミマセーン



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:11:33 ID:/Z3xnYJU

セイ「あっ、お客さんだ!僕行ってくるね!」

リン子「えぇ、お願いね、セイ」

セイ「はーい!今行きまーす!」タタッ

コンニチハ、イオリクン

イラッシャイ、イインチョウ。キョウハドウシタノ?

リン子「ごめんね、チナちゃん…セイはもう私の物なの」サスサス

リン子「うふふ…セイ、ずっと私のそばにいてね…」サスサス


おわりおわり



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:21:25 ID:/Z3xnYJU

一応分岐した先のあらすじだけ

リン子と一線を超えない

ある日帰ったら、レイジとリン子が濃厚セックス中

傷心のセイ、家を飛び出す

委員長と会う

委員長が慰めてくれる

委員長とゴム付きアナルセックス

後日、生徒会室に呼ばれる

ユウキ先輩と委員長が生でセックスしている

委員長、実はユウキ先輩の性奴隷

ユウキ先輩からの提案(委員長と生でセックスしたいなら)

セイ、ユウキ先輩の性奴隷に

まずユウキ先輩に掘られる

アッー



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 16:28:25 ID:KJkNq5E.

一線超えてホント良かった…(安堵)



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 23:09:06 ID:9pd1iA.w

乙!書いてくれてありがとう!






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
レイジ「ガンダムMk-2ってかっこいいよな」マオ「それヒュッケバインです」 
アライさん「アラフェネねっちょりレズ本……?」 
【鉄血】ガンダムバルバトス「――あぁ、納得したよ」ガンダム「そうかい」 
【鉄血のオルフェンズ】ユージン「これで、俺らの勝ちってことでいいんだよな?」 
恭介「何故か俺の部屋にコミックL○が置かれてあった」