転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1384526894/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 23:48:14 ID:foEz/Bxc

許嫁「なんで兄さんなんかと」

男「え?罰ゲーム?」

許嫁「ただの例えです。馬鹿な兄さんには難しかったですか?」

男「な、何の例えさ」

許嫁「はあ」

許嫁「1から10まで説明しないといけませんか、本当世話が焼けますね」

許嫁「はあ」

男「……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/15(金) 23:55:07 ID:foEz/Bxc

許嫁「まず、罰ゲームとは何か分かりますか」

男「ええと」

男「誰もやりたがらないことをさせるんだろ」

許嫁「この婚約の事ですね」

男「え?」

許嫁「え?私がこの話を喜んで受けたとでも?」

男「……」

許嫁「そもそも、従妹との結婚なんて法律で禁止されればいいのに」

許嫁「ああもう最悪です。こんな汚い部屋、とっとと失礼しますね」

ガチャン

男「………」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:01:28 ID:J5Kkm35Y

許嫁「ただいま」


シ-ン

許嫁「……」ボフッ

許嫁「お義母さん…どうしてこんな事」


………………


男「はあぁ…」

男「死にたい」


男「……」

男「飯作るかな……」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:08:02 ID:J5Kkm35Y

許嫁「(私と兄さんは独り暮らし)」

許嫁「(お母さんとお父さんが死んで、私はお義母さんの配慮で兄さんの隣の部屋に越して今に至る)」

許嫁「(兄さんとは昔からよく顔を合わせてたけれど……)」

許嫁「……」グウゥ

許嫁「…面倒くさい…スーパーのお惣菜と冷凍してあるご飯にしますか…」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:10:49 ID:J5Kkm35Y

男「…えーと、ルーはこのくらいか……」

男「あれ?……やべ、多過ぎたかな…」ヘヘ

男「まあ良いか、カレーは残り物として優秀だし」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:17:34 ID:J5Kkm35Y

~~数時間後


許嫁「うう…だるい……」

許嫁「もうご飯抜いて良いかなぁ…」


ピンポ-ン


許嫁「………はい」

男「ああ、従妹」

許嫁「なんだ、兄さんですか…」

男「はー…誰だったら良かったんだ?」

許嫁「イケメン先輩とか」

男「……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:22:32 ID:J5Kkm35Y

許嫁「で」

許嫁「そのお鍋はなんですか?」クンクン

男「ああ、カレー作り過ぎちゃって」

男「良かったらどう?」

許嫁「どう、とは?」

男「ええと……そ、そうだ、一緒に食べない?」

許嫁「うーん……まあ、選り好みできませんし」

許嫁「仕方ないので兄さんと食べます」

男「……分かった」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:28:21 ID:J5Kkm35Y

男「あっ、俺カツ買ってくる」

許嫁「え?」

男「ほ、ほら…どうせならなるべくおいしく食べて欲しいし」

許嫁「別にそんな事しなくても…」

男「じゃ、鍋は頼んだ」

許嫁「んっ…」ズシッ

タタタッ


許嫁「……」

許嫁「…冷めないうちに帰らなかったら許しませんから…」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:32:11 ID:J5Kkm35Y

許嫁「……」

許嫁「……」


許嫁「……」

許嫁「……」


ピンポ-ン

許嫁「!」バッ

許嫁「」トテテッ

ガチャッ


許嫁「遅いです」ムスッ

男「あはは…ごめんごめん」

男「お邪魔します」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:49:14 ID:J5Kkm35Y


男「頂きます」

許嫁「いただきます」

サクッ

許嫁「このカツはおいしいですね」

男「」ガツガツ

許嫁「……」

許嫁「みっともない食べ方はやめて下さい。仮にも私の夫になるんですから……ああ、なんでこんなのと」

男「え?あ…ご、ごめん…ところで、カレーはどう?」

許嫁「具材の大きさがかなりばらついてます。それに味も薄いです、ちゃんとレシピを見ましたか?」

男「うっ…」

許嫁「まあ兄さんだから仕方ないです、昔から不器用でしたし」

男「分かった、ちゃんと練習するよ」

許嫁「期待はしませんけどね、…おかわり」

男「はいはい」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/16(土) 00:56:44 ID:J5Kkm35Y

男「」ケプッ

許嫁「では、食べ終わったのならダラダラせず早く出て行ってください」

男「そ、そんなに急かさなくて」

許嫁「部屋が汚れてしまいます、さっさと出てって」

男「っ……ごめん」ガチャ

パタン


男「……」

男「…寝るか…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 01:40:48 ID:ik72cy96

男「ふああ…ううん…今日は早いな…」

男「」ムクッ

男「(さて、飯食って学校行くか)」



男「…あれ」

男「従妹の自転車がまだある」

男「おかしいな…普段はもう出てる筈なのに」


男「…って、従妹はあんまりチャリ使ってないんだった」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 01:47:57 ID:ik72cy96

男「勿体ないよなあ…せっかく買ったってのに使わないなんて」

男「一緒にチャリ登したかったけど…」

男「俺の愛機は最近ぶっ壊れて修理nowだし」

男「って、一緒に行ってくれる訳ないか」ハハ…



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 01:53:55 ID:ik72cy96

男「……」ガラッ

知人「……」


男「……よう」

知人「よう」

男「……」

知人「……」

男「この前貸した500円返せ」

知人「また今度な」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:00:33 ID:ik72cy96

ガラッ

女「男君、おはよっ!」

男「あ、女さん、おはよう」

知人「あ、お、おはよ…」

女「男君、今日の宿題やってきた?」

男「まあ」

知人「(……総スルーかよ)」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:06:19 ID:ik72cy96

女「ほんと!?ごっめーん、ちょっと見せてくれない?」

男「…あ、やばっ…ノート忘れちゃったよ…」

女「ええっ!そんなあっ」

知人「あ、なんなら俺が」

女「仕方ないし、他の子に見せてもらわないとぉ」ギロッ

知人「っ」ビクッ

女「じゃあまたあとでね!」フリフリ

男「じゃあなー」

知人「……とんだ奴だ」

男「……」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:12:45 ID:ik72cy96

許嫁「」トテトテ

許嫁「……」チラッ



「男君、おはよっ!」

「あ、女さん、おはよう」


許嫁「えっ……」


許嫁「……」

許嫁「……っ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:21:19 ID:ik72cy96

放課後


男「ふーっ…」

女「男君ー、一緒に帰ろー!」

男「ああ、うん…」


許嫁「ちょっと待ってください」ガラッ

男「なっ」

女「……誰?あなた」

許嫁「にi……男さん」

男「なに」

パシンッ


男「っ!?」

許嫁「何故ぶたれたか、分かりますか?」

男「え………」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:29:16 ID:ik72cy96

女「お、男君!?大丈夫?」サッ

許嫁「っ……男さんに近づかないでください!!」

女「何よ、あんたこそいきなり人を叩いて何様のつもりよ!」

許嫁「っ…それは」

女「男君、私が途中まで送ってあげるから」

男「な…ま、待っ」

女「ほら、あんなのほっといて」グイグイ


許嫁「あ………」


許嫁「……」ヒリヒリ

許嫁「っ……う、うぅっ…」ジワ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:33:12 ID:ik72cy96

……………


「女ってさ、媚び媚びでうざいよねー」

「あー分かるー」

「お、おい!女さんの悪口はやめなよ!」

「ぷぷっ…何こいつ」

「あーもー目が腐るー、帰ろ」

「うん、そーしよー」


「……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:38:54 ID:ik72cy96

ピンポ-ン


男「……はい」


パシンッ!

男「っう!」

許嫁「何で!兄さんはっ」

パシンッ

許嫁「そうやってっ!」

パシンッ

男「ッ」

許嫁「他の女と……うぅ…ヒック…」ペシッ

男「…あ……」ヒリヒリ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:45:40 ID:ik72cy96

許嫁「わたし……ずっと……」

許嫁「兄さんだけに……っ」ポロポロ

男「!そうか……ご、ごめんっ」

許嫁「兄さんなんか……兄さんなんか…っ!」ギュッ

男「!…」サラサラ

許嫁「うっ……うえぇ…ヒクッ…うええぇんっ!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:50:08 ID:ik72cy96

許嫁「兄さんなんかだいっきらいっ…」グズグズ

男「……」

許嫁「自転車も買ったのに…おべんとうも作ったのにいっ……!」

男「!!」

許嫁「何でぇぇ……」

男「……ごめん、婚約解消なら俺が手伝うから」

許嫁「えっ……」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 02:55:38 ID:ik72cy96

許嫁「あ……嫌…!いやああぁぁ!」

男「だ、大丈夫だって!親に縛られる必要はなi」

許嫁「やめてえっ!!お願いだからあぁあ!!」

男「っ、落ち着い」

許嫁「せっかく兄さんと一緒になれるのにぃっ!!」

男「なっ」

男「ど、どういう」

許嫁「兄さん!好き!好き!!」ギュウゥ

男「!!…」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 03:05:57 ID:ik72cy96

男「ほ、本当に…」

許嫁「好きだからっ…もう…離れたくなよぉ……ヒック」

男「……」

許嫁「お願いだから……あの人の所に行かな…グスッ…」

男「……っ」


男「従妹!ずっと昔から好きだった!」ギュッ

許嫁「あふうっ……え…嘘…?」

男「本当だよっ!」

許嫁「ほん、とうに…?」


男「…んむっ!ーーれろっーー」

許嫁「あむっ!?ーーんーーんちゅーーんむぅぅっ…ーー」トロン



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 03:12:31 ID:ik72cy96

男「ほ、本当に……」

許嫁「好きだから……もう…ヒック…離れたくないよぉ…」

男「……」

許嫁「お願いだから……あの人の所には……ぐすっ…」

男「……っ」

男「従妹!ずっと昔から好きだった!」ギュ-

許嫁「あふっ……う、嘘……?」

男「本当だよっ!」

許嫁「ほん、とうに…」

男「っーーーんむーーれろっーー」

許嫁「あむっ!?ーーんちゅっーーむーーんむうぅーー」トロン



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 03:18:07 ID:ik72cy96

男「ぷはっ…」

許嫁「あぅ……」カアア

男「……」カァ

許嫁「………兄さん」

男「……何…?」

許嫁「私の唇を奪った罰ゲームです」



許嫁「私と一生を添い遂げてください」


男「ーー……」

男「喜んで」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 03:22:57 ID:ik72cy96

男「……キスは子供の時に何回か既に」

許嫁「わ、わあぁっ!馬鹿!兄さんのばかあっ!」ボフッ

男「…何回も頭を撫でてたような」ナデナデ

許嫁「やぁっ……ん……落ち着き、ます…」


男「(…よく分からないけど、)」


男「(……これで良かったんだよな…)」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 08:18:20 ID:jh.l7.UQ

もうハッピーエンドやね



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 09:57:08 ID:i3SYP3y.

お互いに相思相愛が判明したしハッピーエンドだな(確信)



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 04:04:35 ID:D9RH2QYI

翌朝……


男「…んーっ」

男「昨日は幸せだったなぁ…キスまでしちゃったし…」


ヌクヌク


男「(…………ふ、布団が気持ち膨らんでいる…)」

男「ま、まさかな」


男「……」オソルオソル



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 04:08:39 ID:D9RH2QYI

「ねぇ、アイツの持ち物隠しちゃわなーい?」

「あ、それ良いじゃん!面白そー!」

ワイワイ


「……ッ」


「うわ、またアイツだよきんもーっ」

「まーいーじゃん、あんなのほっといてさっさとやりましょ」


「………」チッ



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 04:21:01 ID:D9RH2QYI

男「っ、従妹ぉ!?」

許嫁「んにゅ…おはよ…兄さん」

男「ち、ちょっと何でここに」

許嫁「まだねむいよぉ…」ギュ-ッ

男「ぐっ…俺は抱き枕じゃ」

許嫁「ス-…ス-……」

男「……」

男「はあ」

男「ま、たまには遅刻も良いか」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 23:59:51 ID:D9RH2QYI

女「おはよーっ」ガラッ

「あ、女ちゃん……おはよっ」クス

「…」クスクス


女「?………あれ?椅子…どこ…?」

女「ね、ねえ。誰か知らない?」


女「………」


女「誰がやったのよ!?」



知人「……」


知人「俺だよ」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:05:27 ID:4i4EXeQw

女「………は……」

女「ふざけてんの!?」バンッ!

知人「……」

「まーたかっこつけてるよ…」ヒソヒソ

「でも、ちょうどいいしアイツ狙わない?」ヒソ

「あはは、それうけるー」

知人「(……さすがチンパンジー、思った通りに動いてくれる)」


女「いつも邪魔して、その上にこんな事!?」

知人「っ……」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:12:53 ID:4i4EXeQw

「女ちゃん、大丈夫ー?」

「アイツ、構って欲しいからってキモいよねー」

女「みんな…」

「あ、ここに椅子あったよ!」スッ


「…でさー、この前のあれ」

「へー…なら…」


知人「(案の定男子は総スルー…)」


「ほら、知人君謝りなさいよ!」

「そーよそーよ!」


知人「っ……すみません、でし…た…」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:17:02 ID:4i4EXeQw

男「な、なあ……手を離してくれよ…」

許嫁「駄目ですっ」

ガララッ


女「!!?」

知人「!!」


女「お…男、君……?その子は…」

男「いや、その…」テレテレ

許嫁「彼女です」ギュ-ッ


女「あ……」クラッ



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:20:45 ID:4i4EXeQw

女「そ、そんな…」

「女ちゃん、しっかり(ざまーみろ!)」

「もっと良い人がいるって…ぷぷっ」

女「うう…」

知人「お、女さん…」

女「っ、死ね」ギロッ

知人「っく……」



「……なあ、そろそろいい加減にしないか?」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:25:03 ID:4i4EXeQw

「!」

「イ、イケメン君!」

イケメン「女さん、その人達に騙されちゃいけない」

女「えっ…?」

イケメン「椅子を隠したのは知人じゃない。彼女たちだよ」

女「そ、そんな」

知人「っ…余計な真似を」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:32:03 ID:4i4EXeQw

「お、俺も見た!」

「そうだそうだ!」

知人「(トリガーが引かれた途端に動き出すのか。麗しい仲間意識な事で)」

「っ……」

「こ、この…」

女「ほ、本当…なの?」

「っ、そうよ!あんたの媚びた態度がうざいのよ!」

女「そんなっ…」


知人「ふざけんなよ!!」

女「え…」

「…」

知人「女さんは必死にアプローチしてたってのにそんな言い方っ!!ねーだろ!!」

女「!」

イケメン「ち、知人…落ち着いて」

知人「っ……」ハアハア



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:37:59 ID:4i4EXeQw

女「じ、じゃあ何でコイツは嘘を…」

知人「……」

イケメン「…多分、自分が的になることで場を収めようとしたんだろうね」

知人「っ……ふん、何を言って」

イケメン「でも、それは応急処置にもならない」

知人「……」

イケメン「偽善だよ」

女「………」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:42:43 ID:4i4EXeQw

知人「ふん…」

知人「でも、アンタのした事は?」

知人「女さんのグループを引き裂いて、これがベストでしたってか」

イケメン「君にとってはベストだろう」

知人「……」

イケメン「自己犠牲で格好つけたつもりか」

知人「っ」

イケメン「君こそ正々堂々アプローチすべきだよ」

知人「……」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:48:07 ID:4i4EXeQw

女「イ、イケメン君……私、どうしたら」

イケメン「君の事を考えてくれる人なら、見つかっただろう?」キラッ

女「!!」



女「…」

女「……」


女「…あ…あのっ!」



女「つ、付き合ってくださいっ」


知人「!?」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:51:42 ID:4i4EXeQw

知人「……」

女「ーーーっ」



イケメン「ぼ、……僕?」


女「はいっ」カァ


知人「(……まあそうなるワナー)」



「あの二人ってお似合いじゃね?」

「美男美女ってか…」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 00:58:01 ID:4i4EXeQw

女「」チラ

イケメン「ああ、そういう事か」

イケメン「僕をダシに使うなんてな」ハハ

女「え、あ、いや…」

イケメン「まあ頑張れ」クルッ

女「」

知人「……は?」




男「……なんぞこれ」

許嫁「出来の悪いドラマを見た気分です」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 01:04:20 ID:4i4EXeQw

男「と、とにかく!教室に急ぎなよ、従妹」

許嫁「はい」

男「いや、手ぇ離せよ…」

許嫁「私たちは頭痛がひどいので保健室に行かなければ」グイグイ

男「サボり癖か、兄さん悲しいよ…まぁいっか…」

許嫁「♪」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:14:17 ID:4i4EXeQw

………ーー


知人「(…あれから)」


知人「(女さんをいじめていた連中はクラスから排斥され、女さんには新しい友人が出来た)」

知人「(めでたしめでたしってか)」ガツガツ

男「いいから500円返せ」

知人「また今度な」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:18:58 ID:4i4EXeQw

知人「俺は今飯食うのに忙しい」ガツガツ

男「ったく…」



ガラッ

許嫁「に…男さん、一緒にお弁当食べましょう」

男「ん、分かった」

知人「ちっ…羨ましい奴」

男「はは、悪いな」


ガラッ



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:27:49 ID:4i4EXeQw

女「……」


知人「」ガツガツ

女「ね、ねえ」

知人「……何ですか」

女「こ、この前の事だけど」

知人「……」

女「責めて悪かったとは思うわ、でも、分からないわよ…あれじゃ」

知人「…」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:33:33 ID:4i4EXeQw

女「だから、その……」

知人「……」

女「ええと……えーと…」

知人「…何だよ…」

女「ああもう!ほらこれ!」ポイッ

知人「……弁当、箱?」

女「ば、罰ゲームよ!私が負けたからあんたに作ったの!」

知人「……俺って罰ゲームの標的だったのか…」ガ-ン

女「あ、ち、違っ!いいから食べなさい!」

知人「は、はい…」


……………



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:40:32 ID:4i4EXeQw

帰路


男「」テクテク

許嫁「」テクテク

男「…最近くっつきすぎじゃね?」

許嫁「私はこの位が良いです」ギュ

男「…」ペチンッ

許嫁「あぅっ!何するんですか、痛いです!」

男「いや、特には何も」

許嫁「訴えてやりましょうか」

男「すいませんでした」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:46:31 ID:4i4EXeQw

許嫁「そうです、兄さんは私がいないと駄目ですから」フン

男「そうだな」

許嫁「…改めて言われると恥ずかしいです…」

男「ああもう可愛いな畜生」

許嫁「もうっ!置いてっちゃいますよ!」タタッ

男「はは……あ」


ブロロロ

男「従妹!!トラック!危なーーー」


許嫁「ーーーえ」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:52:29 ID:4i4EXeQw

ドサッ



男「……大丈夫か…」

許嫁「う……」

男「……!?」

男「(……思いっきり引っ張った反動で押し倒された状態に…)」

許嫁「……あ」


許嫁「ば、馬鹿ぁっ!」バッ

男「ごめんなさいっ!」

許嫁「うぅ……」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 09:58:41 ID:4i4EXeQw

許嫁「花も恥じらう乙女になんて仕打ちを…」

男「こ、これは!不可抗力というかなんというか…」

許嫁「……でも」

許嫁「た、助けてくれて、その…」カァァ

男「…真っ赤だけど大丈夫?」

許嫁「うう、うるさいです」プイッ



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 10:11:23 ID:4i4EXeQw

許嫁「とにかく早く帰りましょう」

男「うん」

許嫁「……兄さんから、手を繋いで欲しいです…」

男「!」

男「じ、じゃあ…」ドキドキ


ギュッ

許嫁「えへへっ……兄さんの手、あったかいです…♪」

男「そうか」

許嫁「私は死んでも離しませんよ?」

男「そうか……ありがとうな」

許嫁「どういたしまして」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 10:32:16 ID:4i4EXeQw

  [二]
 _/  /ヽ_
/|お| |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  [二]
  /  /ヽ
 |お| |_
/|し| |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  [二]
  /  /ヽ
 |お| |
 |し| |_
/|ま| |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  [二]
  /  /ヽ
 |お| |_
/|し| |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  [二]
 _/  /ヽ_
/|農| |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

おしまい



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/19(火) 13:26:42 ID:KN3DOCbo



女のとこを除けばよかったよ






他のおすすめSS