転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562599797/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 00:29:58.36 ID:NVDX2Cnr0

宿直室


野明(遊馬)「ちょ、ちょ、ちょっと野明あああ!!開けろ!!」ドンドンドン!!

遊馬(野明)「あ…あ…」

シゲ「ちょっと朝から騒がしいよ泉ちゃん」

野明(遊馬)「いや!そんなことより俺と野明が入れ代わって!」


シゲ「はいはい、おやっさんにはその冗談おこられるからやめときなね。んじゃ」

ガチャ

遊馬(野明)「本当に本当に遊馬になっちゃってる…!」

シゲ「遊馬っちまで、二人でなにやってんのよ」

野明(遊馬)「本当に、本当なんだよシゲさぁん……」

シゲ「あったらしい、あーさがきたーきーぼーのあーさぁー♪」スタスタ

野明&遊馬「……あぁ。」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 00:39:54.49 ID:NVDX2Cnr0

野明(遊馬・以下略)「と、言うわけでだ。朝起きたら野明、お前になっていたと。」

遊馬(野明・以下略)「うん。わかるよ、朝起きたらなーんか変だと思ってさ」

野明「思って?」

遊馬「下の方触ったらなんか余計な物がついててさぁ。アハハハハ!」

野明「なぁに人のモノ触ってるんじゃ野明ああ!!!」グギギギギ!!

遊馬「そりゃ違和感あるんだから仕方ないじゃんかぁ!!そう言う遊馬だってどうなのさ!」

野明「え」

遊馬「胸くらい触ったんじゃないの?」ジトー

野明「ま、ま、まさか!!」

遊馬「遊馬のエッチ!スケベ!ヘンタイ!」

野明「だ、だれがお前のなんか触るかよ!熊耳さんならともかく、お、俺と一緒くらいだろ!!」

遊馬「こ、こいつぅ…!」


ドタバタ!ガタガタ!ドタバタ!ドタバタ!



後藤「……朝から元気だなぁ。」ぺたぺた



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 00:48:39.29 ID:NVDX2Cnr0

野明「しかし、これからどうする」

遊馬「え、どうするって?」

野明「どうするかってかんがえろっちゅーの!そのだな」

遊馬「でも意外と私遊馬の身体気に入ってるよ。動きやすいし、体力あるし、それに」

野明「…それに?」

遊馬「タチションしてみたかったし!」

野明「野明……お前なぁ……」

(ちなみにタチションは軽犯罪です。絶対にやめましょうね!)





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 10:39:31.41 ID:KOli/7woO

野明「…まあ、色々はともかく状況を整理しよう」

遊馬「うん」

野明「俺が野明ってことは、そのだな」

遊馬「なんでちょっと伏し目がちなのさ」

野明「いや、シャワーとかトイレとか女の方を使うわけだろ」

遊馬「まあ……遊馬に裸見られちゃうのかぁ……それは確かに…」てれっ

野明「お前の裸は別にいい。熊耳さんとか南雲さんが隣に入ってきたときが俺的にはヤバイ」

遊馬「ちょっと別にいいってどういうことだ!別にいいって!」

野明「い、いや…言葉のあやでだな……」


ギャーギャーワーワー



南雲「……全く、第2小隊は朝から騒がしいわね」ツカツカ




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 10:47:32.64 ID:KOli/7woO

野明「落ち着け野明!とにかくだ!風呂とかトイレとかはお互い我慢すればどうにかなる」 

遊馬「えぇ……隣に太田さんとか来たらやだよ」 

野明「俺もそれは元々嫌だ。しかし最大の問題いはそういうことじゃあない!」 

遊馬「最大の問題?」 

野明「……出動だ」 

遊馬「あっ」 

野明「俺達が元に戻る前に出動が掛かったらどうするっちゅー話だよ!」 

遊馬「確かに……ど、ど、どうしよう…」 


野明「俺はアルフォンスには乗りたくない」 
遊馬「遊馬にアルフォンスには乗らせたくない」 

野明・遊馬「……どうしよう」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 10:57:55.17 ID:KOli/7woO

野明「で、だ。やっぱりその辺り後藤隊長には相談しなけりゃならないと思うんだが」 

遊馬「さっきのシゲさんの反応見てると信じてくれるか心配だなぁ……」 



隊長室 



後藤「はぁ?お前たち、入れ代わってる?」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「泉が篠原で、篠原が泉で?」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「昨日やってたアニメの見すぎでそんなつもりになってる訳じゃ」 

野明・遊馬「……ないです」 

後藤「う~ん……」ヌリヌリヌリヌリ 



南雲「後藤さん、水虫の薬塗りすぎよ」 




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 15:04:38.84 ID:IkZOSB2qO

後藤「わかった、わかった。お前たちの言いたいことは一応はわかったが」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「俺にもさ、理解するというか、受け入れる時間を頂戴よ」 

後藤「まあ、お前たちが一番受け入れがたいかも知れんのだが」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「まあ、この事は下手に大事になれば精神科案件になる。ここにいる人間以外には他言無用のこと。」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「とりあえずオフィスに戻って各々待機並びに適切に対応すること」 

遊馬「て、適切に対応って隊長…?」 

後藤「篠原……じゃなかった泉か。まあ、互いに互いのふりして過ごせってことだ。お前たち、仲いいんだからできるでしょ。」 

野明・遊馬「ええ……」 




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 15:10:12.80 ID:IkZOSB2qO

後藤「僕たち私たちは入れ代わってるので仕事できませ~ん、なんてできないでしょ。ただでさえ最近出動が多いのに」 

野明・遊馬「……」 

後藤「お前たちが心配してるだろう出動については俺が考えとくから、とにかく持ち場につけ」 

野明・遊馬「……ハイ」 

後藤「ハイ、回れ右」 

野明・遊馬「……失礼しました」 

ガチャ 


後藤「……」 

後藤「……どうしよう、しのぶさぁ~ん」 

南雲「そんなこと私に聞かないで頂戴…」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 15:46:21.62 ID:NVDX2Cnr0

後藤「しのぶさん、どう思う?」 

南雲「どう思うもなにも、自分の部下があんなこと言い出したら私なら通院を薦めるわね」 

後藤「そりゃあそうなんだけどさ、二人揃って真剣なんだもんなぁ……」 

南雲「ふざけでないなら尚更よ」 

後藤「とはいえ、貴重なうちのフォワードとバックアップだよ。医者にいかせて異常だなんていわれたら」 

南雲「もちろん退職ものね」 

後藤「参ったなぁ……」 

南雲「まあ第2小隊が異常なのは常々だとはおもうけど」 

後藤「…辛口だねぇしのぶさん」 

南雲「でも、本当に人間の中身が入れ代わることなんて実際にあるのかしらね。」 

後藤「まあ、ロボットが二足歩行するくらいなんだし、なくは無いんじゃないかなぁ、アハハハハ」 

南雲「だとしたら後藤さんとは御免だわ」 

後藤「ええ~。しのぶさぁ~ん。」 








10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 15:50:40.12 ID:NVDX2Cnr0

第2小隊オフィス 

熊耳「遅いわよ、二人とも。今、何時だとおもってるの」 

野明・遊馬「ごめんなさい……」 

太田「まったく、たるんどるぞ!!」 

野明「けっ、昨日遅刻してきた功ちゃんには言われたかないね」 

一同「えっ」 

野明「あっ」 

熊耳「い……泉さん?」 

野明「いや…あのぉ、て、遊馬ならいってたかなぁて!あは、あは、アハハハハ!!」 

遊馬(遊馬のバカっ…!) 






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 15:57:16.26 ID:NVDX2Cnr0

遊馬(で…でもどうしよう、そういや遊馬ってどんなしゃべり方してたっけ……) 

遊馬(わっかんないやぁ~!!) 


熊耳「そういえば篠原くん、昨日提出した書類、間違いだらけだったわよ」 

野明「あ、すみません」 

熊耳「なんで泉さんが謝るの…?」 

野明「いや、アハハハハ、って遊馬が」 

遊馬「あ、ああ、すみません!すみません!」 

遊馬「僕が間違えた場所ってどこですか?」 

一同「僕ぅ?」 

遊馬「え……あぁ、じゃ俺……?」 


一同(なんかおかしい……) 

遊馬(遊馬のバカ~!仕事がふえちゃったじゃんか~!)



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 16:10:47.90 ID:NVDX2Cnr0

シゲ「あ、遊馬ちゃん?」 

野明「なにシゲさん」 

シゲ「いや、泉ちゃんじゃなくて遊馬ちゃんに用があるんだけど……」 

野明「げっ、あ、ああそう、そうみたいよ遊馬~」 

遊馬「……」カキカキカキ 

シゲ「もしかして取り込み中?遊馬ちゃん?遊馬ちゃ~ん」 

遊馬「あっ!えっ、あ、そうか」 

シゲ「???」 

遊馬「いや、こっちの話だよ。アハハハハ!」 

シゲ「な、なんか様子がおかしいけど…どったのよ」 

遊馬「いや、なんでもない、なんでもないって!アハハ!」 

シゲ「いや、まあ…なんでもないならいいんだけど……」 

遊馬「で、用ってなぁに?シゲさん」 

シゲ(……やっぱりなんか変なんだよなぁ) 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 16:15:38.74 ID:NVDX2Cnr0

シゲ「いやね、篠原の製品についてちょっと聞きたくて」 

野明・遊馬「げっ」 

シゲ「えっ、なんか不味いこと言った?」 

野明・遊馬「いやあ、そんなことはないけどアハハハハ!!」 

シゲ「でも遊馬ちゃん今、忙しいみたいだしねぇ」 

野明「あ、ああ!ならシゲさんお…じゃなかった、あたしが答えますよ!」 

シゲ「あれ、泉ちゃん、中身には興味は無かったんじゃなかったっけ?」 

野明「いやぁ、まあ、最近興味が沸いて…遊馬に習ってちょっとね」 

シゲ「う~~ん、でも大丈夫なの?」 

野明「大丈夫大丈夫!」 

シゲ「じゃあ…一応お言葉に甘えて……」 


野明・遊馬(……ふぅ)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 16:22:11.58 ID:NVDX2Cnr0

給湯室 

熊耳「ねぇみんな」 

熊耳「泉さんと篠原くんの様子がおかしいとは思わない?」 

ひろみ「確かに…ちょっとおかしいとは思いますねぇ」 

進士「挙動不審といいますか」 

太田「たるんどるからだ!たるんどる!」 

熊耳「たるんでいるというか、なんというか、反応がおかしいのよねぇ」 

ひろみ「まずしゃべり方がおかしいですし」 

進士「確かに、反応が変ですね」 


ウー!ウー!ウー!ウー! 


一同「!?」 


『第2小隊に出動要請!管区36!至急……』 



南雲「ですって」 

後藤「あたー……」 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 16:35:39.49 ID:NVDX2Cnr0

後藤「と、言うわけでだ。犯人はレイバーを暴走させている。上野方面に向かっているが、美術館等に突っ込まれる前に確保しろ」 

一同「了解!」 

後藤「で、だ。今回は配置に変更がある」 

一同「……変更?」 

後藤「1号機のバックアップを泉、フォワードを篠原とする」 


一同「!?!?!?」 



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 21:37:06.63 ID:NVDX2Cnr0

熊耳「待ってください隊長。その配置の根拠は?」 

後藤「いやね、泉がどうしてもイングラムに乗れないっていうんだよねこれが」 

熊耳「……イングラムに乗れない?」 

野明「ちょ、ちょっと手の調子が悪くって……アハハ」 

熊耳「さっきまで報告書書いてたじゃない」 

野明「えっ…ああ……まぁ…いや、じゃあ熱がちょっとあって……」 

太田「風邪だぁ!?日頃からたるんどるからそうなるんだぞ!泉!」 

後藤「とにかく、泉は乗れないっていうんだから仕方ないじゃないの。篠原はレイバーの免許もあるしバックアップで培った経験もある。」 

後藤「ズブの素人じゃあないんだし大丈夫だろ」 

熊耳「だからっていきなり無茶な」 

遊馬「でもあたしのアルフォンスに乗っけたくないし」ボソッ 

一同「……あたしの?」 

遊馬「……あっ、いや、あた…アタタタタタ!!」 




後藤(大丈夫かなぁ、こりゃあ……) 










17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 09:13:26.91 ID:XzaaW2BFO

犯人(ブルドッグ)「うおおお!!俺を首にしやがって!!」 

後藤「ちょっとちょっと、お宅、この辺りでやめとかないと、大事になっちゃちゃうよ」 

犯人(ブルドッグ)「じゃあ今すぐお前が金と女を用意しろ!!」 

後藤「今すぐできそうな顔、俺してる?」 

犯人(ブルドッグ)「…してねぇ」 

犯人(ブルドッグ)「うおおお!うおおお!うおおお!バカにしやがってぇ!!!」ブンブン 

後藤「電柱をさ、振り回すのはよそうよ~……」 



一同(なんでいつもこの人は犯人を煽らせるんだろう……)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 16:32:45.53 ID:1epq6ngd0

野明「とにかく、やるしかない!乗れ!」 

遊馬「うん。中身はあたしなんだもんね、きっと……きっと、アルフォンスも乗りこなせる!」ウィーン 

太田「お前ら何をぐずぐずしとる!さっさと乗るなら乗らんか篠原!!」 

遊馬「あ、ごめん太田さん…」 



一同「太田『さん』?」 




遊馬「え…あ!お、太田!」 

熊耳「やっぱり篠原巡査も泉さんも今日はおかしいわよ」 

遊馬・野明「いいや、そんなわけは!アハハハハ!!」 

一同「………」 

後藤(だめだこりゃ……) 



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 16:38:26.84 ID:1epq6ngd0

野明「野明、どうだいけそうか」ヒソヒソ 

遊馬「うん。やっぱり身体はちがっても操作は分かるもんだね。」 

遊馬「流石はあたしのアルフォンス。身体にしっくり馴染む!」 

野明「そりゃ良かった。太田一人じゃなにしでかすかわからんからな」 

犯人(ブルドッグ)「ええい!上野にいってカップルを軒並み踏み潰してやるつもりだったがまずお前たちからだ!!」 

太田「やらせるかあああ!!この犯罪者あああ!!!」ガチャッ! 

熊耳「太田くん!銃の使用許可は出してないわよ!」 

太田「しかし!」 


野明「な?」 

遊馬「……だよね」 





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 16:48:07.78 ID:1epq6ngd0

後藤「わるいが、い…じゃなかった篠原。この周辺は俺の地元なんだわ。だからなるべく太田に発砲させないようにがんばってね?」 

遊馬「了解!」ジャキ! 

遊馬「ここは電磁警棒で一気に仕留める!」 

野明「奴が太田に引き寄せられてるうちがタイミングだ!いけ!」 

遊馬「分かった!たああああああああ!!!!!」ドシ!ドシ!ドシ!ドシ! 

遊馬「……あああああああ?」ドシ…ドシ… 


野明「ど、どうした野明…?」 

遊馬「………」 

野明「お、おい、野明?野明?」 

遊馬「………」 



遊馬「おええぇぇぇぇ………」オボロロロロロロロロロ 

野明「えっ…えっ?」 


後藤(……そういや篠原がイングラムに乗ると吐くの、忘れてたわ) 











21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 17:00:24.63 ID:1epq6ngd0

野明「野明!野明!動かせ!どうにかしてアルフォンスを動かせ!」 

遊馬「無、無理だよ…!一歩でも動いたら吐きそうなんだ……」 

遊馬「おええぇぇぇ………」オボロロロロロロロ 

太田「鍛えが足りんからだ篠原!ここはやはり自分が銃で…」 

熊耳「ここは住宅密集地です!発砲は許可できないわよ!」 

太田「し、しかしですね巡査部長…!」 

後藤「まずったなぁ……今さら篠原を乗せるわけにもいかんしなぁ……」 

後藤「太田だけで対応できるかなぁ……まずったなぁ……」 







南雲「と、いいつつ私達が来るのを見越してたんでしょ。後藤さん」 

後藤「あらぁ、しのぶさん」 

南雲「やっぱり心配で来たのよ。間に合って良かったわ。第一小隊、イングラム二号機を援護!」 

後藤「しのぶさん、助かっちゃったよ~」 

南雲「まったく、後藤さんって人は……」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 17:10:07.57 ID:1epq6ngd0

20分後 

後藤「はい、11時05分、逮捕ね」 

犯人「……すみませんでした」 

太田「すみませんでしたで済むなら警察はいらんのだ!犯罪者!」 

犯人「ああん?」ギロッ 

太田「やるかぁ?」ギロッ 

進士「ちょっと太田さん、落ち着いて…」 

ひろみ「やめましょう?ね?」 



犯人「バーカ」 




太田「……」 



太田「このやろぉおおお!!!!!」 

ワーワーワーワー!ワーワーワーワー! 



南雲「第2小隊は相変わらずね」 

後藤「元気が一番だからねぇ、ところで大丈夫か泉。」 

南雲「あら、顔が真っ青よ」 

遊馬「……ハイ」 

遊馬(まさか、アルフォンスに乗れないだなんて……) 
遊馬(もう終わりだ……身の破滅だ……) 





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 17:19:10.38 ID:1epq6ngd0

特車二課 

野明「野明、お前の吐いたの、片付けといたぞ」 

遊馬「……ああ、ありがと。遊馬。」ドヨーン 

野明「まあ、野明…その、落ち込むなと言うのは無理だが」 

遊馬「落ち込むよ……アルフォンスに乗れないカラダになっちゃったんだもん」 

野明「ああ…でも、体幹を鍛えればイングラムに乗れる体質になるかもしれないってシゲさんも言ってただろ?」 

遊馬「……かも、でしょ。アルフォンスに乗れないあたしなんて……あたしなんて!!」 

遊馬「うわあああああん!!!!!」 

野明「ちょ、ちょっと野明落ち着け!俺が泣いてると……」 

遊馬「遊馬に何がわかるんだ!遊馬のバカ!バーカ!!」ダッ 

野明「ちょ、ちょっとどこに行くんだ野明!野明!」 


後藤「……まずいよねぇ、今のは」 
野明「た、たいちょお!いつの間に……」 



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 17:44:55.25 ID:1epq6ngd0

遊馬「ぐすっ……」 

遊馬「このまま戻れなかったら、戻れなかったらあたし」 

遊馬「どうやって…バックアップなんてどうやったらいいかよくわかんないし」 

遊馬「遊馬みたいにイングラムの中もよくわかんないからシゲさんに聞かれても答えられないし」 

遊馬「太田さんと喧嘩したくないし」 

遊馬「お父さんと仲悪いのもやだよぉ……」 

遊馬「……うぅ。」 

ひろみ「あ、遊馬さん、大丈夫ですか?今日はなんだか様子が変みたいですけど……」 

遊馬「あ、ひろみちゃ…ひろみ……」 

ひろみ「吐いてしまったようですし、一度気持ちを整理する為にもシャワーを浴びてきたらどうですか」 

遊馬「そうだね……ありがとう。」 

ひろみ「いえ…今日は大変でしたからね。遊馬さん。ご苦労様です」 

遊馬「ひろみちゃんの優しさが身に染みるよ…」 

遊馬「じゃあね!シャワー浴びてくる!ありがとうひろみちゃん!」スタタッ 

ひろみ「行ってらっしゃい遊馬さん」 



ひろみ(……なんか今日の遊馬さん泉さんぽいなぁ)



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 17:58:40.32 ID:1epq6ngd0

シャワー室 

遊馬「まあ、そうだよね戻れないと決まったわけじゃないし」ジャー 

遊馬「明日になったら戻ってるかもしれないし!」ジャー 

遊馬「いい方、いい方にかんがえろ、あたし!」ジャー 

遊馬「とにかく、元に戻る方法をなんとか見つけて…」 

遊馬「……元に戻る方法か」 

遊馬「う~~ん、心辺りがやっぱり昨日みたアニメくらいしか」ジャー 

ガラッ 

南雲「あら、泉さんお疲れ様」ジャー 

遊馬「あ、お疲れ様です南雲隊長。今日は本当に助かりました。」ジャー 

南雲「仕方ないわ。でもまさか、本当に入れ代わりにあってるみたいなんて驚きね。」ジャー 

遊馬「私もなにがなにやら…。でも一応隊長達には信じてもらえて助かりました。」ジャー 

南雲「そうねぇ、特車二課に長くいるとなにが起きてもおかしくない気がするからおかしいものね」ジャー 


ガラッ 

熊耳「あら、篠原くん、南雲隊長。お疲れ様」 

遊馬・南雲「お疲れ様」 

熊耳「……」ジャー 

南雲「……」ジャー 

遊馬「……」ジャー 


一同「ん?」 




熊耳「きゃ!」 

熊耳「キャアアアアアアアア!!!?!」 








26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 18:08:41.78 ID:1epq6ngd0

熊耳「な、なんで篠原くんが……」フルフル 

遊馬「い、いや……あの……熊耳さん」 

南雲「……そういえば、そうよね……」ジャー 

遊馬「す、すいません!熊耳さんでます!ごめんなさい!」 

熊耳「ご、ごめんなさいじゃすまないわよ篠原くん!どういうつもりなのよ!警官としてあるまじき……!」 

ガラッ 

後藤「どうしたのよ、叫び声が聞こえたけど」 

熊耳「聞いてください後藤隊長!篠原くんが……!!」 

遊馬「いや、だから熊耳さん違うんです!間違えて……」 

熊耳「こっちを向かないで!」 

後藤「あ~、こりゃまずったなぁ~……」 

南雲「って後藤さん!なんで中に入って来てるのよ!!」 

後藤「あっ、え、いや!」 

南雲「……」ジャー!!!! 

後藤「しのぶさん水掛けないで!水!」 

後藤「」 








27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:25:49.03 ID:1epq6ngd0

隊長室 


熊耳・南雲「………」 

遊馬・後藤「………」 

野明「一体全体なにがあったんですか熊耳さん」 

熊耳「こちらが聞きたいわ!なんで篠原巡査が女子シャワー室にいたのよ!」 

遊馬「いや、だからそれは本当に間違えてで熊耳さん……!」 

熊耳「間違えてシャワー室なんかに!」 

野明「いや…あの、熊耳さん、確かに」野明は悪気がなくて」 

熊耳「……『野明』?」 



野明・遊馬・後藤「…………」 


遊馬「じ、じつは………」 





かくかくしかじか 




熊耳「……えっ?二人がいれかわってる?」 

野明・遊馬「……ハイ」 

熊耳「でもまさか、そんな非科学的な」 

後藤「でももまさかも、本当らしいんだわ、これがさぁ。」 

熊耳「確かに……今朝から二人の様子がおかしかったけど……そんな……」ふらっ 

後藤「まあ、頭がおかしくなったと思われてもまずいから他言無用でな」 

熊耳「他言無用もなにも……にわかには……」 

後藤「アハハ~、もしかしてこれ幽霊の仕業、かもね」 

熊耳「ひぃぃ!!」 

熊耳「」 


野明「あ、気絶してる」 

遊馬「く、熊耳さん!」 


南雲「後藤さん!」ギロッ 

後藤「あ、あらら~……?」 




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:37:54.59 ID:1epq6ngd0

遊馬「このままあたしたち、元に戻れなかったらどうしよう遊馬」 

野明「さあな。でも、俺たちならなんとかなるんじゃないか?」 

野明「俺はイングラムの操作を頑張って覚える、お前はシステムを頑張って覚える。か、」 

野明「気合いでお前がイングラムに乗るか、だな」 

遊馬「アハハ、どっちもたいへんだなー、あたし」 

野明「そういや、あのあと後藤隊長、南雲隊長にお説教されてたね」 

遊馬「あの人はタチが悪いからな。シャワー室に来たのも南雲さんの裸が見たかったからだったりしてな」 

野明「アハハ、確かに後藤隊長は南雲隊長には……」 



野明・遊馬「ん?」 




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:41:16.05 ID:1epq6ngd0

野明「あれ、なんか私、声が遊馬じゃない?」 

遊馬「……ちょっと失礼」タタッ 


30秒後 

遊馬「……あった」 


野明「……あれ、ってことは」 

遊馬「ことは」 



野明・遊馬「元に戻れたアアアア!!!!!!!!」 



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:47:24.20 ID:1epq6ngd0

野明「えっでもなんで戻れたんだろう、私達!!」 

遊馬「なんでだろうな!!でももうもう戻れたんだしどうでもいいだろ!!」 

野明・遊馬「やったアアアア!!!!!!」 

シゲ「こういう話はね、大体互いが互いを受け入れた時点で戻れるってぇのが相場なの」 

野明・遊馬「シゲさん!?」 

シゲ「俺っちは、ああはいいつつ、信じて見守ってたよ。泉ちゃん、遊馬ちゃん」 

野明・遊馬「シゲさん……」 


アハハハハ!!アハハハハ!! 


シゲ(本当に入れ代わってたんだァ……)



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:55:03.99 ID:1epq6ngd0

隊長室 

コンコン!! 

野明「隊長!隊長!聞いてください!聞いてください!」 

遊馬「元に戻れたんですよぉ、俺たち!!」 

野明「アルフォンスにも乗れます!!」 

遊馬「バックアップもスペックの説明もバッチリできます!親父ともガンガン喧嘩してきますよ!!!!」 

後藤「そ、そう……」 


野明「あれ、後藤隊長、なんか暗くないですか」 

遊馬「もっと喜んでくださいよ!俺たち」 

南雲「わかった、わかった、わかった。お前たちが戻れて喜んどるのはよ~く分かった」 

野明・遊馬「ん?」 

後藤「……」(頭を抱える) 

南雲「いや、あのな…お前たち」 

後藤「……」 

野明・遊馬「え」 




南雲「俺たちな」 
後藤「……入れ代わってるのよ」 



野明・遊馬「 」 




つづく…???



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 19:57:41.47 ID:1epq6ngd0

と、いうわけでおわりです。 
君の名は面白いですね。天気の子にも期待したいです。 
マイナーかつクソスレにお付き合い本当にありがとうございました。 



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 20:54:28.23 ID:ETL8AGKq0

おつ、続きを是非読んでみたいww



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 23:08:46.00 ID:1epq6ngd0

続きはそのうち書くかもですが、なんか爽やかさが無くなるような気もするので悩んでますw 
パトレイバー30周年おめでとうございます。






他のおすすめSS