転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1562423984/

14: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:12:08.19 ID:iSMuLlhv

ルビィ「ふーん、善子ちゃんは女同士のエッチ知らないんだ……?」

善子「……ルビィは知ってるって言うの!?」

ルビィ「……ううん?知らないよ?だって、善子ちゃんが言ったんだよ?女同士だとエッチなんて出来ない、って」

善子「……意地悪しないで教えてちょうだい、女同士のエッチ、ルビィは知ってるんでしょ?」

ルビィ「どうかな~、知ってるのかな~」



15: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:16:08.64 ID:iSMuLlhv

善子「どうしたら教えてくれるの……?」

ルビィ「ここでオナニーしてよ」

善子「はっ!?」

ルビィ「ルビィの部屋で制服を脱いでオナニーして見せてよ、そうしたら教えてあげるよ」

善子「そんなこと出来るわけないじゃない!」

ルビィ「……じゃあいいや」

善子「……うぅ、何か他に条件はないのっ、てアンタ何してるの!?」



16: 名無しで叶える物語(茸) 2019/07/07(日) 00:17:29.28 ID:awrGCOez

|c||^.- ^||なんてこと…なんてことですの…




17: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:19:10.46 ID:iSMuLlhv

ルビィ「だから、別にいいよ、善子ちゃんがオナニーしないならルビィがして見せるから」 

善子「ど、どどど、どういうことよ!何でアンタが服を脱いでるの!?」 

ルビィ「善子ちゃんのオナニーのやり方を見ながら指摘して、より気持ち良くなる方法を伝えようとしたけど、ちゃんとルビィのやり方見ててよ?」 

善子「えっ……えっと……う、うん……見てます、はい……」



20: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:26:07.65 ID:iSMuLlhv

ルビィ「善子ちゃんって、自分の気持ちいいところ理解してる?」 

善子「ま、まあ、軽くイクくらいには……」 

ルビィ「おしっこ噴いたことある?」 

善子「えっ!?な、ないけど……ルビィはあるの?」 

ルビィ「んっ♡あるよ……見たい?そこまでやろっか?」 

善子「……」 

ルビィ「ど、ぉっ♡ど、どうしたの?魅入っちゃって」



21: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:30:10.95 ID:iSMuLlhv

善子「……見たい」 

ルビィ「っ♡変態だね……友達がおしっこするとこ見たいんだっぁあ♡……っ♡あぁ♡」 

善子「見たいです……ルビィがおしっこしながらイクところ……」 

ルビィ「んっ、くっふぅ♡うぅ……ぅっ♡まずはこうやって、脇や腿から撫でってへ♡ぇえ♡全身の感度を高めていくんだよ」 

善子「私、いきなり胸や股を触ってるわよ……?」 

ルビィ「やっぱり全然分かってないね……っ♡」



23: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:34:54.35 ID:iSMuLlhv

ルビィ「ん、ふぁあっ♡ふう……ふぅ♡おなかや鎖骨の辺りを触ぁ♡あっあっ♡はぁ……さ、触っただけで体が震えるようになったら、ぁああああ♡」 

善子「だ、大丈夫!?」 

ルビィ「へ、へいぎぃっ♡ちょっとイっぢゃっただけぇへ……んっあっ、はぁ、あっ♡」 

善子「……ふぅ……ふぅ……♡」 

ルビィ「善子ちゃんはさぁっ♡いじっちゃダメだよ?ね?ぁ♡だだっ、て、ルビィの部屋でオナニーなんて、んっ♡出来ないんでしょ?」 

善子「はぁ……♡はぁ……♡」 

ルビィ「見てる、だけ、ね?いい子だねっ♡」



24: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:39:33.82 ID:iSMuLlhv

ルビィ「それで、よ、っ♡よ、うやく胸を揉んだり、乳首を触ったりしってい、いぃぃいいやっ♡あっやだ♡やだやだやだぁああああああ!!!!」 

善子「ひっ!?ちょ、ルビ、あっ、ごほっアッ、げほ……」 

ルビィ「あっ♡あっ♡ご、めんよしごちゃんん♡おしっこ掛けちゃだ、あっね♡ひっ♡ひぃっ、んっ♡」 

善子「んっ……はぁ♡はぁ……んっ……はぁ……制服びしょ濡れよ、どうしてくれるのよ……」 

ルビィ「ふふっ、ん♡善子ちゃんも裸になる口実が出来たね、へへっ♡」



34: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 09:46:33.47 ID:7DGPtOIq

ルビィ「っはぁ♡ね、イクのに股なんていじる必要ないんだよ……まあ、もっとスゴいものが欲しいなら別だけどね……?」 

善子「……私のオナニー、ルビィに見ててもらいたい……っ♡」 

ルビィ「確認するまでもなくもう始めてるよね……」 

善子「ルビィの見てたら、んっ♡」 

ルビィ「あっ!ダメだよ、まだクリトリスなんて触ったら!」 

善子「だ、だって……ぁん♡」



35: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 09:51:20.87 ID:7DGPtOIq

ルビィ「もう!ルビィの何を見てたの!?善子ちゃん、ちょっと手を止めてこっち来て!そこのベッドに寝て!」 

善子「え、ええ……」 

ルビィ「善子ちゃんは女同士のエッチを知りたいんでしょ!?今気持ちよくなりたいからって、結果を急いじゃダメだよ!」 

善子「って、え、何で手を縛るの……」 

ルビィ「足も伸ばして!善子ちゃんはほんと全然わかってないよ!まずは全身を敏感にさせることが重要なんだから!ルビィに任せて!」 

善子「えっ、動けないんだけど」



37: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 10:11:56.36 ID:7DGPtOIq

ルビィ「……善子ちゃん、日頃からストレッチ全然してないでしょ。体が固いから相当時間掛けないとダメかもしれないよ、これ」 

善子「気持ちよくなれないの……?」 

ルビィ「……何で今下半身に目を向けたの?まだ早いって言ったよね?……そんなにおまんこを気持ちよくしたいならいいよ、そっちからしてあげるから!」 

善子「ちょっと怖いんだけど……」 

ルビィ「どうなってもしらないからね!?」 

善子「だ、だったらやっぱりルビィがやってたみたいに、全身のマッサージ?から……ああっ!!ひゃぁっ♡あ、ああ……」



39: 名無しで叶える物語(とばーがー) 2019/07/07(日) 10:25:29.45 ID:2jzW6kvO

ルビィちゃんの性教育



42: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 14:29:09.09 ID:KKzxt6E4

ルビィ「いつも指は入れてるの?」 

善子「う、うっ♡ん、入れ……てるぅっ♡」 

ルビィ「この辺を擦ってるんじゃない?」 

善子「なっぁわん♡なんでわかっちゃうのよぉっおっ♡」 

ルビィ「色々触ってみてるけど、ここだけやけにほぐされてるからね」 

善子「んんっ♡んっ♡そこすきぃっ♡」 

ルビィ「でも、善子ちゃんが本当に気持ちよくなれるポイントは違うんだよ」



43: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 14:37:38.12 ID:KKzxt6E4

善子「えっ、そ、そっちも触ってぁ♡」 

ルビィ「……女の子の体は知恵の輪みたいなものなんだよ。正しい手順で慎重に先に進まなきゃ」 

善子「はっぁ♡うっ♡ん♡えっ?ぇぁ♡ああぁぁあぁあっ!!!!はぁっ♡」 

ルビィ「あれっ、今の感触!部品が一個外れたんじゃない!?」 

善子「ちょっ、ちょ待っ♡えっ?え♡待って待った何これ!ねぇ♡ねえぇえええ!!こしっ腰が……」 

ルビィ「うっわぁ……腰を痙攣させて何撒き散らしてるの……ルビィ今日もここで寝るんだからね?」 

善子「ちょっ、止めて!無理もう無理やめてやだなにこれあっ♡えっいや♡ん♡あっはっぁあ!」 

ルビィ「どれだけ潮噴いてるの……ちょっと引いちゃうよこれは……」



44: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 14:44:26.77 ID:KKzxt6E4

善子「……っはあ♡はぁ♡ルビィ、わかったわ、本当の気持ちよさ……っ♡」 

ルビィ「何言ってるの?」 

善子「っ♡えっ……?」 

ルビィ「ほんと善子ちゃんってルビィの話聞かないよね」 

善子「どういうことっよ♡っは……ぁっ♡」 

ルビィ「だから女の子の体はパズルみたいなものなの!今の善子ちゃんはたった1つのピースが動いただけなんだからね!本当の気持ちよさに辿り着く第一段階だよ今のは!」 

善子「じゃ、じゃあこれ以上があるってこと……?」



45: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 14:50:23.51 ID:KKzxt6E4

ルビィ「今日は最後までやるから覚悟してね!」 

善子「そ、そんな……そんなのダメっ!やめて!死んじゃう!これ以上なんて来たら私死んじゃうからっ!!」 

ルビィ「……次はここをほぐして、っと」 

善子「だからやめてってばぁああ!!聞いて!私の話聞いてよぉ!!」 

ルビィ「あっ♡ここじゃないかな?」 

善子「ギャアアアアアアアアアアッッ!!!!!」 

ルビィ「すごい雄叫び……もう!よだれなんて垂らさないでよ、きたない!」 

善子「あっ♡っぅふう♡んっ……ん、はあ、はあ、もうやめて、お願いっ……ゃぁあああああ♡ああああっ!!!!!」



46: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 14:57:54.93 ID:KKzxt6E4

ルビィ「ようやく自分のからだのことがわかってきたんじゃない?」 

善子「わかったから、もう十分わかりましたやめてください……」 

ルビィ「全然わかってないよ善子ちゃんは!」 

善子「いっ♡い、痛いっ!!いたっ♡もうイキすぎるほどイキました!もっ♡ぉう♡あっ、や、やめてください!!!!」 

ルビィ「まだ途中だからな~、どうせなら最後まで行ってみたいんじゃない?」 

善子「そんなこと思って、あっ♡せん!全然思ってないからっ♡ん、だかっ♡あ、もうやめて……やめてよ……んっ♡」



47: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:04:12.69 ID:KKzxt6E4

ルビィ「あとちょっとだから我慢して、ね?」 

善子「もう我慢してるからぁ……私が悪かったです……もう気持ちよくなんてならなくていいし女同士のエッチも知りたくないからやめて……だからやめてって言っめるでじょょぉおおおお!!!!!!ああああやだ!やだよぉ!やめてぇえええええええ!!!!!」 

ルビィ「これ何が噴き出してきてるんだろうね、透明な水だよ、綺麗だね……虹が出来ちゃったりして、ふふっ」 

善子「あっ!だめ!ルビィほどいて!手ほどいて!!出る!やだ!トイレ行かせてぇええ!!」 

ルビィ「散々出しといて今さらトイレに行く意味ないよね」 

善子「そうじゃないの!そっちじゃない!っ……後ろから出そうなの!早くほどいてよぉおお!!!!」 

ルビィ「えぇ、最低。人の部屋で何出そうとしてるの?……下にビニール袋広げておくね、がんばって、善子ちゃん」



48: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:11:05.91 ID:KKzxt6E4

善子「やだぁあああああ!!!!やだやだやだ!!!!こんなとこでしたくないっ!やだ出ないで出ないで出ないでよぉおおお!!!!いやぁぁあああああ!!!」 

ルビィ「臭いがこもるけど我慢してね、そんなに大声出されたら窓開けれないからさ」 

善子「うっ……うぅ……なんでこんな……ひどい……ルビィ、最低……最低よ!!なんでこんな!!最低!最低!!最低!!!……うわぁああああああああ!!!!!!ひどいよぉ!!なんで、だからほどいてって言ったのにぃいい!!!」 

ルビィ「……善子ちゃんが気持ちよくなれたみたいで良かった、今ほどくね」 

善子「もっ!もう遅いわよぉ!!なんでもっと早くほどいてくれなかったの!!!??こんなのやだよぉ!!!」



49: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:11:56.21 ID:KKzxt6E4

善子「……」 

ルビィ「また学校でね、それじゃ気を付けて」 

善子「……」



50: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:15:31.72 ID:KKzxt6E4

千歌「あれ、善子ちゃんだ!」 

善子「……」 

千歌「ってヨハネよ!……あれ?元気無いね?」 

善子「……」 

千歌「……今、ルビィちゃんの家のほうから来たよね?もしかして、喧嘩したとか?」 

善子「……っ」 

千歌「え、なに?はっきり言ってくれなきゃ聞こえないよー」 

善子「……っ、……ぅう、うわぁああああああああ!!!!」 

ルビィ「……」



51: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:19:57.21 ID:KKzxt6E4

千歌「ルビィちゃんが何とかしてくれるの?ほんとに大丈夫かな~」 

ルビィ「ルビィに任せてください!善子ちゃんも、千歌ちゃんのこと好意的に思ってくれていますよ!」 

千歌「でも、どうやって善子ちゃんに私のことを好きになってもらうの?」 

ルビィ「どうやってかは言えませんけど、あっ、そうだ!千歌ちゃんは泣いた赤鬼って昔話知っていますか?」 

千歌「それはもちろん知ってるけど……人間と仲良くしたい赤鬼のために、友達の青鬼が悪い鬼の振りをして村を襲って、人間の味方の赤鬼に成敗される、ってやつだよね?」 

ルビィ「そうです!今回もそんな感じです!」 

千歌「う~ん、全然掴めないけど、お願いしても大丈夫?」 

ルビィ「もちろんです!……ただ、その時って善子ちゃんはルビィのこと悪く言うと思うんです。ちゃんと否定せずに受け入れてあげてくださいね……?」



52: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:23:17.05 ID:KKzxt6E4

ルビィ「……善子ちゃん、女同士のエッチってね、しっかりと心と心が結ばれていないと気持ちよくないの。だから、もうすぐで本当の気持ちよさに出会えるよ」



53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:26:02.68 ID:KKzxt6E4

鞠莉「Oh...それでうちに来たんだ」 

ルビィ「そっ♡そうだよぉ♡」 

鞠莉「ルビィも難儀な性格ねぇ……」 

ルビィ「だって、こぉ♡いうのが気持ちいいんだもんぅっ♡」 

鞠莉「そういうの、マゾヒストって言うのよ?」 

ルビィ「知ってるよぉ♡ルビィは変態のマゾだよっ♡」



54: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:28:59.09 ID:KKzxt6E4

鞠莉「人にはエッチの気持ちよさを語っておいて、自分はオナニーでいいの?」 

ルビィ「いいっ♡ルビィずっとオナニーして生きていたいからぁっあ♡そだ、そこの棒、おしりの穴に突っ込んで」 

鞠莉「はぁ……じゃあ入れるわよ?」 

ルビィ「……んっ、んん♡あっ、はぁ♡あっ♡」 

鞠莉「……もっと強いほうがいいかしら?」 

ルビィ「そっ、そう♡お願っいぃ♡っあ、あぁ、あ♡なんで、なんでっぇ♡なんで……」



55: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:33:44.34 ID:KKzxt6E4

鞠莉「……」 

ルビィ「なんで千歌ちゃんはルビィじゃなくて善子ちゃんなのぉおおお!!!!なんでルビィとエッチしてくれないの!!!!なんで!!!!ルビィも千歌ちゃん好きなのにぃいぃぃいいい!!!!」 

鞠莉「……」 

ルビィ「善子ちゃんにも嫌われちゃったよぉ!!絶対仲直りなんてできないよこんなの!!!ごめんね!!!!善子ちゃんごめんね!!!あんなの嫌だったよね!!!???嫌に決まってるよ!!!善子ちゃんルビィを嫌わないで!!!いやぁああああああああ!!!!!」 

鞠莉「……」 

ルビィ「……っはぁ♡鞠莉ちゃん、いつもありがとっうぅ♡」 

鞠莉「……ほんと残念な性格してるわね」



56: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/07/07(日) 15:33:50.11 ID:KKzxt6E4

終わり



58: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 15:47:39.96 ID:iSMuLlhv

ドMルビィとかいうあまり見ないキャラ






他のおすすめSS
花丸「善子ちゃんルビィちゃん、どこ行ってたずら?」善子「内緒よ…ね?ルビィ///」ルビィ「うん///」 
善子「ルビィに懐かれたわ」 
ルビィ「善子ちゃん」ツンツン 善子「んー?」 
花丸「穴に落ちて動けなくなったずら」 
千歌「曜ちゃんは甘えんぼ」 
梨子「大好きだよ…」千歌「私も…梨子ちゃんを愛してる…!」 
千歌「あ゛〜つかれた〜ムラムラする〜…」善子「?!」 
ルビィ「返してよ…花丸ちゃん」花丸「……嫌ずら」 SS 
ルビィ「泳げるようになりたい」 
曜「千歌!おはヨーソロー!」