転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1345738525/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:15:25 ID:cwIv7TTE

巫女「……」キョロキョロ

巫女「いない……」ショボン

男「お待たせ!」

巫女「!」

巫女「こ、こんに……ちは!」

男「こんにちは」

男「じゃ、散歩でもしよっか」

巫女「は…はい!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:17:46 ID:cwIv7TTE

トボトボ

男「今日も綺麗にしてるね」

巫女「えっ……あ……いや……そ、そんな…」

男「落ち葉1つないよ」

巫女「あ………そう…ですね…」

男「でも相変わらず人少ないねぇ……」

巫女「……」コク



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:20:41 ID:cwIv7TTE

男「場所は離れてるけどいいところなのに…」

巫女「そ……そうです……よね」

男「縁結びだっけ?ここ」

巫女「は、はい…」

男「おかげで巫女さんにも会えたし……」

巫女「」ポッ

男「なんで人来ないんだろ……」

巫女「……あ、あの!」

男「ん?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:24:31 ID:cwIv7TTE

巫女「人間……って………」

巫女「いたほうが……嬉しい……ですか?」

男「まぁいたほうが賑やかだよね」

巫女「です…よね」ショボン

男「でもこうして一緒にいられるのも人がいないおかげだけどね」

男「人がいっぱい来たらもう会う時間なくなりそうだし…」

巫女「…///」

男「もう3ヶ月か……」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:27:02 ID:cwIv7TTE

男「大学でて出会いもなくて、藁にもすがる思いだったなぁ……」

巫女「……必死……でしたよね……?」

男「うん」

男「君を初めて見たらビビッと来たよ」

男「こんな可愛い子がいるなんてね」

巫女「……顔ですか?」

男「あ、いや…そういうことじゃなくて……」

巫女「……」ジー



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:33:07 ID:cwIv7TTE

男「……ごめん、最初は顔だった」

巫女「…ひどい…です」

男「でもさ、あんなオドオドしてるのをみて守ってあげたくなったんだ」

男「なんでかな」

巫女「……」

男「でもよかったよ、振られなくて」

巫女「…//」

巫女「わ……わたしも………一目惚れだったんで……す」

巫女「でも………」

男「ん?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:37:42 ID:cwIv7TTE

巫女「でも……わたし………」

男「あ!」

巫女「」ビクッ

男「こら!あっち行け!」タタタタ

巫女「??」タタタタ

子狐「クゥゥン?」

男「シッシ!」

巫女「あっ……」

子狐「」タタタタタタタタ

男「ったく……こんな綺麗なところに狐なんか……」

巫女「あ……あの」

男「…?」

巫女「狐……はお嫌いです…か?」

男「うん……だってあんななんだよ?」

巫女「………そ、そうですか……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:40:51 ID:cwIv7TTE

男「あ…日が暮れてきたな」

男「じゃ、また明日」

巫女「……」

男「?」

男「またね?」

巫女「……」コク

巫女「また……ね」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:45:32 ID:cwIv7TTE

―――真夜中

巫女「……ねぇ…」

巫女「わたし……どうしたらいいかな……」

?「辛くなったら戻っておいで」

巫女「でも……男さんが……」

?「それはあなたが決めること」

?「ただね、どうしても……どうしても無理だったら……ね?」

巫女「うん……ありがとう……お母さん」

?「神様から貰った身体、大切にね」

巫女「うん…」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:48:26 ID:cwIv7TTE

―――翌日

巫女「……でね」

子狐「クゥゥン」

男「おはよ……あ!また!」

巫女「!」

巫女「あ…あ、あの……この子は……その」

男「シッシ!」

子狐「グルルルル」

男「なんだ?人間様に逆らうのか?」バシッ

子狐「キャンキャン!」タタタタ

巫女「あ…!」

男「ふー……」

男「大丈夫だった?」

巫女「な、な……なに…するんで……すか!」

男「え?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:51:49 ID:cwIv7TTE

巫女「あの子……が何を……何をしたんですか!」

男「ちょ、ちょ……」

男「だって……あのままだったら怪我してたかも……」

巫女「するわけ……ありません!」

男「でも……」

巫女「帰って……帰って……ください!」

男「え……」

巫女「ハヤク!」

男「」ゾッ

男「あ……う、うん……」タタタタ

巫女「………グスッ……」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:54:48 ID:cwIv7TTE

巫女「やっぱり……」

巫女「やっぱり無理なんだ……」

巫女「……うぅ……」ポロポロ

―――――

男「なんであんな……」

男「……そう言えば昨日なにか言いかけてたような……」

男「関係あるのかな……あそこまで怒るのも……おかしいし」

ガサガサ

男「ん?」

子狐「クゥゥン」

男「お前は……」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 01:58:23 ID:cwIv7TTE

男宅

男「ごめんな……」

フキフキ

子狐「?」

男「なんで…叩いちゃったんだろ…」

ヨシヨシ

子狐「」ノビノビ

男「…あ、お前男だろ」

男「動物なんかに嫉妬してたのかよ……」

子狐「」グイグイ

男「お、おい……」トットット



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:04:54 ID:cwIv7TTE

ガララ

子狐「」グイグイ

男「これは……」

男「あの場所の…特集?」

ペラ

『最後の大祭りです!』

『日本最古の神社、取り壊し』

男「え……?」

子狐「」タタタタ

男「あ、おい!」タタタタ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:11:05 ID:cwIv7TTE

―――――

子狐「クゥゥン」

男「はぁ…はぁ……」

巫女「!」

巫女「おとこ……さん?」

子狐「」タタタタ

男「あ……まて…」

巫女「おとこさん…?」

巫女「おとこさん!?」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:14:12 ID:cwIv7TTE

……………

?「この方が?」

巫女「うん」

男「う、うー…ん……」パチ

?「あ」

巫女「お、おとこさん!」

男「…巫女…さん?」

男「…ん?……う、うぁぁぁぁ!?」

?「あらやだ、顔みて叫ぶなんて」

男「しゃべったぁぁぁ!?」

男「」ガクッ

巫女「あ……」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:16:54 ID:cwIv7TTE

?「でもこの子…走っただけで倒れるなんて…」

巫女「肺が1つないんだって」

?「え?それで生きれるの?」

巫女「無理……だと思う…」

?「じゃあ……あら?」

?「これ……」

巫女「……ここだね……20年前の……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:20:04 ID:cwIv7TTE

?「………あ!」

巫女「」ビクッ

?「この子……多分あなたと同じよ」

巫女「え?」

?「ここみて」

『取り壊しの様子を写真に―――』

?「この写真の奥、建物よ」

巫女「…あ!」

?「ね?多分ここにこの子がいたんだわ」

?「それであなたみたいに……」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:21:47 ID:cwIv7TTE

男「う、うーん……」

巫女「あ、また気絶しちゃうから向こうに」

?「はいはい」

?「この事……言うの?」

巫女「……うん」

?「殺されないようにね」

巫女「うん」

男「はっ」

巫女「おき……ました?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:23:46 ID:cwIv7TTE

男「あ……巫女さん……」

巫女「あの……まずは謝らせて……ください」

巫女「失礼なことをいって……申し訳ないです……」

男「う、ううん……俺も悪かったし……」

男「そ、それよりさっき喋る狐が……」

巫女「おとこさん…」

巫女「その事で……お話が……あります」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:25:28 ID:cwIv7TTE

巫女「さっきのは……わたしの母です」

男「え……?え?」

男「でも……君は…人間の……」

巫女「あなたは……覚えてま……すか?」

巫女「20年…前のこと……」

男「20年前のこと……?」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:29:41 ID:cwIv7TTE

男「………?」

巫女「記憶が……ないのですね」

巫女「20年前……恐らくあなたは死にました……」

男「!?」

巫女「そして神様によって甦った……んだと」

男「…は、話が…」

男「神様に?じゃあなんで君は知ってるの?」

巫女「わたしも……神様によって新たに生まれ……変わったからです」

男「??」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:33:04 ID:cwIv7TTE

巫女「わたしは……狐でした…」

巫女「あの時……わたしは人間……に憧れていました」

巫女「楽しそうだな……面白そうだな……」

巫女「そこで……わたしは神様にお願いした……のです」

男「な……なんで……ていうか……狐!?」

巫女「…はい……これがあの時言いたかった……言葉です……」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:35:07 ID:cwIv7TTE

男「じゃあ…あの時に言わなかったのh」

男「…!」

巫女「…狐がお嫌い……と仰った…からです」

巫女「わたし……初めて好きに……なった人に……」

巫女「嫌われ…たくなかったん…です」

男「……そうか……だから君はあの時もあんなに……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:39:00 ID:cwIv7TTE

巫女「……神様はわたしの願いを…聞き入れてくれました」

巫女「巫女になること……境内から出ないこと……これを条件にわたしは……人間になりました」

男「……」

巫女「あなたも……条件…があるはずです」

巫女「恐らく…肺が1つしかない……のと、記憶の…消去」

男「そう……なんだ…」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:41:12 ID:cwIv7TTE

巫女「……さて、なんで……わたしがこんな話を…したのか」

巫女「わかりますか?」

男「いや……」

巫女「わたしは…今日でここを…去ります」

男「なっ!」

巫女「だから…あなたにだけは…全てを知っといてもらい…たかったんです」

男「いや……いやだ…」

巫女「では……」スタスタ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:45:02 ID:cwIv7TTE

男「いやだ!待ってくれ!」

男「離れたくない!いやだ!」

男「お願いだ…!一緒に……一緒にいてくれ……」

男「狐をあまり好きじゃないのは……確かだ」

男「でも…でも……人間としての君が好きなんだ!」

男「頼む……いかないでくれ…」ポロポロ

巫女「」ニコッ

巫女「ありがとう……」

巫女「そして……ごめんなさい…」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:47:36 ID:cwIv7TTE

パチン

男「あっ…」ガクッ

―――――翌日

「大丈夫かぁ!」

「いつからここに…」

「瓦礫を退かせー!」

男「……」

―――――
母狐「もうあの子はここに来れないわね」

巫女「うん……」

母狐「良かったの?」

巫女「うん……」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 02:51:17 ID:cwIv7TTE

巫女「おとこさん……」

巫女「短い間でしたが……ありがとうございました」

巫女「また…来世ぐらいに会いましょう…」

巫女「さようなら…」

子狐「ねーちゃんはやく!」

巫女「あ、うん」タタタタ


その後、男の3ヶ月の記憶は消えた
今では新しい彼女も出来、幸せな毎日を送っている


終わり



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 03:04:05 ID:zkqDqkcY

おつ


巫女と男が結ばれるのも見てみたい






他のおすすめSS