転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1344626821/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 04:27:01 ID:DxAlV0U2

魔王「そこはかとなく無念じゃあ・・・」フヨフヨ

勇者「ホントに悲観してるのかわからないけど・・・」

勇者「自宅までついて来ないでよ!」

魔王「取り殺してやるぅ・・・」フヨフヨ バッ

勇者「わわっ!」

魔王「・・・触れない・・・」

魔王「魔法も・・・だめ・・・」

魔王「・・・・・・」

魔王「無念じゃああぁぁぁ・・・」フヨフヨ

勇者「・・・・・・」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 04:37:50 ID:DxAlV0U2

魔王「今思えば・・・」

魔王「決戦の日くらい本気を出せばよかったあぁぁ・・・」

勇者「そんな・・・本気じゃなかったの?」

魔王「いや、本気じゃったあぁぁ・・・」

勇者「へ?」

魔王「無念じゃあぁ・・・」

勇者「どっちなのさ!」

魔王「どっちもどっちじゃあぁ・・・」

勇者「えぇと・・・何の話・・・?」

魔王「知らんんん・・・」

勇者「もう!適当なこと言わないでよ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 04:46:00 ID:DxAlV0U2

魔王「そうじゃあぁぁ・・・」

魔王「私の声は聞こえているらしいぃぃ・・・」

勇者「うん、聞こえてるけど・・・」

魔王「よっしゃああぁぁぁ・・・」

魔王「ならばあぁぁぁ・・・」

魔王「睡眠を妨害してやるぅぅ・・・」

勇者「えーっと、まだお昼だから」

勇者「眠いとか、そういうのはまだ・・・ないかな、ごめんね?」

魔王「・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

魔王「寝ろぉ・・・」

勇者「寝かしてくれないんじゃなかったの?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 05:01:05 ID:DxAlV0U2

勇者「お腹すいた、お昼にしよっかな」

魔王「私もまぜろおぉぉ・・・」

魔王「・・・・・・」

魔王「そうじゃあぁぁ・・・」

勇者「どうしたの?」

魔王「私を料理に混ぜろおぉぉ・・・」

魔王「体内からつつき殺してやるうぅぅ・・・」

勇者「結末を言ったら作戦ばれちゃうと思うんだけど・・・」

魔王「よろしいいぃぃ・・・」

勇者「いいんだ」

魔王「早くしろおぉぉ・・・鮮度が落ちる前にいぃぃ・・・」

勇者「それって、野菜と一緒にきざんじゃえってこと・・・?」

魔王「・・・・・・」

魔王「死んでもいやじゃあぁぁ・・・」

勇者「たぶんできないんだけどね・・・」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 05:12:56 ID:DxAlV0U2

勇者「ん~おいしっ」モグモグ

魔王「・・・・・・」ジーッ

勇者「・・・ん、食べる?というか食べられる?」

魔王「いらんんん・・・」

勇者「わかった」

勇者「あむっ・・・ん~」モグモグ

魔王「・・・・・・」ジーッ

勇者「ん~・・・」モグ・・・ゴクッ

勇者「ねぇ、ずっと見つめられてると、その・・・」

魔王「迷惑かあぁぁ・・・」

勇者「迷惑じゃないけど・・・」

魔王「そんなあぁぁ・・・」

勇者「嫌がらせのつもりだったんだ・・・」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 05:31:57 ID:DxAlV0U2

勇者「ごちそうさま」スック

魔王「足元に石鹸を配置いぃぃ・・・」

勇者「食べたものを片付けないと」カチャカチャ

魔王「背中どーんんん・・・」

勇者「洗剤どこだっけ・・・」

魔王「中身は抜いておきましたあぁぁ・・・」

勇者「あとは水で流して」

魔王「冷水と見せかけて熱湯うぅぅ・・・」

勇者「お片付け完了・・・だね」

勇者「・・・魔王?」

魔王「どれ一つとして成らずうぅぅ・・・」

魔王「無念じゃあぁぁ・・・」

勇者「ちょっとかわいそうになってきた・・・」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 05:50:50 ID:DxAlV0U2

魔王「情けはいらんんん・・・」

魔王「かけるなら殺すなあぁぁ・・・」

勇者「あ、そうだよね・・・ごめんなさい」

魔王「死ぬ前に私が言ったことは覚えているかあぁぁ・・・」

勇者「うん・・・覚えてる」

魔王「このまま生きながらえても恥さらしいぃぃ・・・」

魔王「どうせなら一思いにやっ・・・やっ・・・」

魔王「ぐおぉぉ・・・」

勇者「う・・・うん、そうだったかな・・・」

魔王「くっそおぉぉ・・・」

魔王「かっこつけた自分死ねえぇぇ・・・」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 06:10:39 ID:DxAlV0U2

勇者「・・・そ~っと、そ~っと」ソロソロ

魔王「どこへ行くうぅぅ・・・」

勇者「ひゃっ?!」ビクッ

勇者「魔王・・・びっくりさせないでよ・・・」サッ

魔王「なぜそこを押さえるうぅぅ・・・」

勇者「で、出ちゃいそうになったから・・・」モジッ

勇者「だっ、だから、ついて来ないでね!」

魔王「・・・・・・」

魔王「嫌かあぁぁ・・・」

勇者「うん・・・ごめんだけど・・・」

魔王「よっしゃいくうぅぅ・・・」

勇者「ううぅ・・・」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 06:22:15 ID:DxAlV0U2

魔王「おいいぃぃ・・・」

魔王「入れないとかあぁぁ・・・お前やる気あんのかあぁぁ・・・」

勇者「誰にいってるの・・・?」

勇者「ホントにダメだってば、恥ずかしいし」

魔王「恥ずかしいなら嫌なんだろおぉぉ・・・」

魔王「嫌がってストレスで死ねえぇぇ・・・」

勇者「そんな死に方嫌だな・・・」

勇者「終わるまで、この結界は解かないよ」

魔王「くそがあぁぁ・・・」

魔王「お前ホントにやる気あんのかあぁぁ・・・」

勇者「だから誰に言ってるの・・・」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 07:08:44 ID:DxAlV0U2

勇者「えーっと、どれどれ?」ビリリ

魔王「なんだそれはあぁぁ・・・」

勇者「手紙だよ、えぇと・・・賢者から」

魔王「どれどれえぇぇ・・・『んちゃ、勇者どの元気にいぃぃ」

勇者「目茶苦茶に読まないでよ・・・賢者、そんな口調じゃなかったし」

勇者「今日くるねってお手紙みたい」

魔王「くせ者かあぁぁ・・・」

勇者「それは魔王だと思うけど・・・」

魔王「丁度いいぃぃ・・・」

魔王「賢者もついでに取り殺してやるうぅぅ・・・」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 07:23:23 ID:DxAlV0U2

魔王「お前まだ一人身かあぁぁ・・・」

魔王「早く孫の顔を見せろおぉぉ・・・」

勇者「僕の親じゃないんだから・・・」

勇者「そういうの断っちゃったし、これから先も考えてないかな」

魔王「おいいぃぃ・・・それじゃあぁぁ・・・」

魔王「濡れ場がおがめないいぃぃ・・・」

勇者「仮にそうだとしても、結界で絶対に入れてあげない」

魔王「大体いぃぃ・・・」

魔王「お前の性別がわからないいぃぃ・・・」

魔王「勇者七不思議かあぁぁ・・・」

勇者「想像で・・・ってことでいい・・・?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 07:38:46 ID:DxAlV0U2

魔王「おいいぃぃ・・・何をいじくってるんだあぁぁ・・・」

勇者「土だよ、土」

勇者「自分で作って、自分で食べるって、喜びがあるし有り難みがわかるから・・・」

魔王「ぐちゃぐちゃにしたいいぃぃ・・・」

勇者「そんなことしたら本気で怒っちゃうよ」

魔王「そうかあぁぁ・・・マジギレかあぁぁ・・・」

魔王「やるしかないいぃぃ・・・」

勇者「あのね!」



魔王「物理干渉ができないいぃぃ・・・」

魔王「なんで音だけえぇぇ・・・」

勇者「ヒヤヒヤした・・・」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 07:58:30 ID:DxAlV0U2

魔王「勇者を殺す方法を真面目に考えてみたあぁぁ・・・」

勇者「物騒だよそれ・・・」

魔王「ポルターガイストで重いものをぶつけるうぅぅ・・・」

魔王「これで勇者は即死いぃぃ・・・」

勇者「あのタンスとかかな」

勇者「想像しただけで痛いよ・・・」

魔王「そうかそうかあぁぁ・・・」

魔王「想像に答えられなくてごめんなさいいぃぃ・・・」

勇者「どういうこと?」

魔王「さっき試したけどおぉぉ・・・」

魔王「米粒3mmしか動かせなかったあぁぁ・・・」

魔王「無念じゃああぁぁぁ・・・」

勇者「かわいいじゃん」

魔王「うっせえぇぇ・・・」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 08:18:11 ID:DxAlV0U2

魔王「病気だあぁぁ・・・」

勇者「どうしたの?風邪引いた?」

魔王「違ううぅぅ・・・お前病気にかかれえぇぇ・・・」

勇者「へ?」

魔王「病気にかかればあぁぁ・・・私が手を下さずともおぉぉ・・・」

魔王「勝手に死ぬだろううぅぅ・・・」

勇者「それはそうだけど・・・自分から好きで病気にかかりたいなんて思わないよ」

魔王「思ええぇぇ・・・」

勇者「ごり押しなんだ・・・」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 08:39:44 ID:DxAlV0U2

魔王「こうなったらあぁぁ・・・」

魔王「暴言で精神的に追い詰めてえぇぇ・・・」

魔王「自殺に追い込んでやるうぅぅ・・・」

勇者「やり口がえぐいよ・・・」

魔王「うるせえぇぇ・・・死ねえぇぇ・・・」

勇者「魔王がやると迫力が・・・」

魔王「死ねえぇぇ・・・」

魔王「死ねえぇぇ・・・」

魔王「・・・・・・」

魔王「死ねえぇぇ・・・」

勇者「えぇと・・・それだけなんだ」

魔王「・・・・・・」

魔王「死ねよおぉぉ・・・」

勇者「悔しそうに言われても・・・」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 08:57:27 ID:DxAlV0U2

魔王「ぐあああぁぁ・・・」モゾモゾ

勇者「ん、魔王どうしたの?」

魔王「死ぬうぅぅ・・・」モゾモゾ

勇者「えっ?!大丈夫なの?!」

勇者「どこが痛いの?回復で治れば・・・」

魔王「くっそおぉぉ・・・」

勇者「・・・?」

魔王「私が死にかけてえぇぇ・・・見たお前がショック死する作戦なのにいぃぃ・・・」

魔王「死ねよおぉぉ・・・」

勇者「これは・・・ちょっと酷いかも」

魔王「そうかあぁぁ・・・そう言ってもらえるとおぉぉ・・・私はうれしいぞおぉぉ・・・」

勇者「そうですか、魔王もう好きにやったらいいよ」ツカツカ

魔王「怒らせたあぁぁ・・・でかした自分んん・・・」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 09:22:25 ID:DxAlV0U2

魔王「またもや作戦を編み出したあぁぁ・・・」

魔王「米粒程度を動かせるならあぁぁ・・・」

魔王「空気中の塵程度ならあぁぁ・・・余裕でポルターガイストできるうぅぅ・・・」

魔王「鼻に誘導してクシャミを誘発うぅぅ・・・」

魔王「これでクシャミを連発した勇者はあぁぁ・・・紆余曲折あって死ぬだろうぅぅ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「どうしたあぁぁ・・・抵抗せねば死ぬぞおぉぉ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「静かに死を受け入れるかあぁぁ・・・ゆくぞおぉぉ・・・」

魔王「いいぞおぉぉ・・・塵いぃぃ・・・そのまままっすぐうぅぅ・・・」ヒュウウ

魔王「ぐあああぁぁ・・・死ねえぇぇ・・・風があぁぁ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 09:47:40 ID:DxAlV0U2

魔王「さっきから何を書いているうぅぅ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「日記かあぁぁ・・・日記なのかあぁぁ・・・」

魔王「仮に日記ならばあぁぁ・・・私が日記を朗読しいぃぃ・・・」

魔王「勇者を悶死させることが可能うぅぅ・・・」

魔王「無用心なやつめえぇぇ・・・どれどれえぇぇ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「・・・・・・」ジーッ

魔王「おいいぃぃ・・・何語だこれえぇぇ・・・」

魔王「読めないだろうがあぁぁ・・・」

魔王「何者だこいつはあぁぁ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「勇者だったあぁぁ・・・」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 10:32:29 ID:DxAlV0U2

魔王「リアクションがないいぃぃ・・・」

魔王「これではあぁぁ・・・私の作戦の効果のほどがあぁぁ・・・知れないいぃぃ・・・」

魔王「こらあぁぁ・・・アクションを返せえぇぇ・・・」

勇者「・・・・・・」カキカキ

魔王「どうやらあぁぁ・・・また結界を張ったらしいいぃぃ・・・」

魔王「怒らせたのかあぁぁ・・・私が何かしたかあぁぁ・・・」

魔王「・・・・・・」

魔王「私が何かして怒らせた事を思い出したあぁぁ・・・」

魔王「これのせいかあぁぁ・・・だったらすまぬうぅぅ・・・」

勇者「・・・・・・」

魔王「理由がわからないから後悔も反省もないいぃぃ・・・」

魔王「だがとりあえず謝っておくうぅぅ・・・すまぬうぅぅ・・・」

勇者「・・・それ聞けたならいいよ」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 10:47:41 ID:DxAlV0U2

魔王「私だったら火球ぶつけるレベルうぅぅ・・・」

魔王「それは悪いことをしたあぁぁ・・・」

勇者「誰でも、厚意を踏みにじられるのはよく思わないよ」

魔王「心得たあぁぁ・・・ごめんなさいいぃぃ・・・」

魔王「しかしいぃぃ・・・他の嫌がらせは困らないのかあぁぁ・・・」

魔王「私としてはそこが疑問だあぁぁ・・・」

勇者「うーん・・・それは」

勇者「暇が潰れて丁度いいかな、とか・・・」

魔王「くそおぉぉ・・・なめられてたあぁぁ・・・」

勇者「そんなんじゃないよ・・・」

魔王「だったらあぁぁ・・・絶望するような作戦を考案せねばあぁぁ・・・」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 11:10:15 ID:DxAlV0U2

勇者「よいしょ」ガタッ

魔王「おいいぃぃ・・・またトイレかあぁぁ・・・」

勇者「違うよ!賢者来るから、切らしてたお茶とか買ってこないと」

魔王「何の真似だあぁぁ・・・」

勇者「お客さんをおもてなしするだけなんだけど・・・」

魔王「知ってるうぅぅ・・・」

勇者「もう・・・」

勇者「・・・魔王も来る?」

魔王「当然んん・・・お前から離れたら嫌がらせができないいぃぃ・・・」

勇者「そっか、じゃあついて来て」

魔王「言われずとも行くうぅぅ・・・」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 11:27:23 ID:DxAlV0U2

<町>

ザワザワ・・・

魔王「さすが有名人んん・・・民衆の目線が一局集中うぅぅ・・・」

勇者「穴があったら入りたい・・・」

魔王「あの娘は家の中に逃げ込んだがあぁぁ・・・」

魔王「お前何か悪いことしたかあぁぁ・・・」

勇者「魔王が見えたんじゃないの?」

勇者「・・・そうだったら少しマズイかも」

魔王「もう少しビビらせてくるうぅぅ・・・」

勇者「だ、だめだってば!」ギュッ

魔王「動けぬうぅぅ・・・」

勇者「あれ・・・触れた・・・?」ギュ-



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 11:50:51 ID:DxAlV0U2

勇者「お茶と、適当な食べ物を買った」

魔王「割には荷物が多いいぃぃ・・・」

勇者「それは・・・サービスしてもらったから・・・」

魔王「断らずにさっさともらうべしいぃぃ・・・」

勇者「だって、これでもホントに僕じゃたべきれないかも・・・」

勇者「腐らせちゃったりしたら申し訳ないよ」

魔王「食わないと大きくなれないいぃぃ・・・」

勇者「こっち見てそういうの止めてよね・・・」

魔王「なんだあぁぁ・・・悔しいかあぁぁ・・・」

勇者「・・・・・・」

勇者「うん、凄く悔しいかな」

魔王「よっしゃあぁぁ・・・」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 12:31:42 ID:DxAlV0U2

町人A・B「~♪」

魔王「見せつけてくれるうぅぅ・・・勇者がかわいそううぅぅ・・・」

勇者「僕触れるみたいだし、ひっぱたくよ?」

魔王「死んでも嫌だあぁぁ・・・」

勇者「はぁ・・・僕もひょっとしたらあんなふうになれてたのかな」

魔王「自分語りでもするのかあぁぁ・・・」

勇者「魔王幽霊だし、いいかなって思って」

魔王「根拠が幽霊だからかあぁぁ・・・」

勇者「じゃあ止めとくね」

魔王「いじれるとこありそうだから聞くうぅぅ・・・」

勇者「聞いてほしいだけなんだけど・・・」

魔王「対価だあぁぁ・・・対価あぁぁ・・・」

勇者「そういうものなのかな・・・」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 13:10:50 ID:DxAlV0U2

勇者「別に長く一緒にいたわけじゃないんだけど」

勇者「面白い話する人で、いい人だなって思った」

魔王「私旅芸人と結婚しましたあぁぁ・・・」

勇者「それはたまに聞くけど、そういう人じゃないよ」

勇者「身分の高い人で、近づける人じゃなくて人の話をなかなか聞かない人だったけど」

勇者「ようやく会えて・・・一度きり会ったあと、亡くなっちゃったんだ」

魔王「犯人は勇者だあぁぁ・・・」

勇者「・・・うん、僕みたいなものなんだ、僕の意見を通せなかった、僕のせい」

魔王「そうかあぁぁ・・・自首しろおぉぉ・・・」

魔王「そのまま死刑にされれば私が捗るうぅぅ・・・」

勇者「それはできないよ、その人との約束が守れないから」

魔王「くそおぉぉ・・・」

勇者「・・・・・・」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 13:17:26 ID:DxAlV0U2

<家>

勇者「はぁ・・・歩き疲れた」

魔王「情けないぞおぉぉ・・・あれしきの運動でえぇぇ・・・」

勇者「荷物が重かった・・・」

魔王「潰されて死ねばいいいぃぃ・・・」

勇者「いやだよ」

勇者「・・・あ、片付けておかないと」

魔王「塵をばらまけばいいんですねえぇぇ・・・」

勇者「それはちょっと・・・」

魔王「かしこまりましたあぁぁ・・・」スーッ

勇者「はぁ・・・頑張ろ」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 14:51:14 ID:DxAlV0U2

魔王「塵ぽーいいぃぃ・・・ホコリぽーいいぃぃ・・・」フワッフワッ

勇者「ここはこれくらいでいいかな、じゃあ次こっち」ゴソゴソ

魔王「どりゃああぁぁ・・・うりゃああぁぁ・・・」モフッモフッ

魔王「調子に乗ってきたあぁぁ・・・」フワモフッ

勇者「ええっと・・・これはこっち」ゴトッ

魔王「奥にもあるうぅぅ・・・出てこいやあぁぁ・・・」ブワッ



勇者「ありがと、わざわざ奥まで綺麗にしてくれて」ガサガサ

魔王「床に紙敷いてやがったあぁぁ・・・」

魔王「ばらまいた塵ホコリが回収されていくうぅぅ・・・」

魔王「無念じゃあぁぁ・・・」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 15:15:15 ID:DxAlV0U2

賢者「おいっス」

勇者「賢者、お久しぶり」

魔王「ほんとだあぁぁ・・・『んちゃ』じゃないいぃぃ・・・」

賢者「びょええっ?!なんですかこの憑き物は?!」

魔王「魔王と申しますうぅぅ・・・特技はホコリ投げえぇぇ・・・」

賢者「そうですか、魔王さんというと、以前勇者さんが倒しておられた?」

勇者「そうなんだけど、とりついちゃった?みたいで・・・」

賢者「あら、そうなんですね、おほほほほ・・・」フラッ

パタン

賢者「 」

魔王「土曜のお昼のお笑い劇みたいなリアクションんん・・・」

勇者「そんなのあったっけ・・・んしょっ」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 15:29:52 ID:DxAlV0U2

賢者「 」

魔王「これはまたとないチャンスうぅぅ・・・」

魔王「寝込みをおそううぅぅ・・・完璧だあぁぁ・・・」

魔王「手始めにホコリを少しずつ鼻につめこんでやるかあぁぁ・・・」フワフワ

ギュッ

賢者「ぅえきしっ!?」ビャッ

魔王「ぐぬああぁぁ・・・ばかなあぁぁ・・・」ヒュゥゥゥ・・・

賢者「・・・はぁ、びっくりしました、思わず法力爆発です」

勇者「あ、賢者起きたんだ」カチャ

賢者「勇者さん、どこにおられたんですか?」

勇者「お茶を用意してたんだけど・・・」

賢者「あらあらすみません、気を使っていただいて・・・あら、悪霊は?」

勇者「・・・あれ、魔王どこいったの?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 17:57:13 ID:DxAlV0U2

魔王「隣室に飛ばされておりましたあぁぁ・・・」

勇者「消えたのかと思った・・・」

賢者「ひいいい!まだいるんですか、この悪霊は!」

魔王「悪霊じゃなくて魔王うぅぅ・・・」

勇者「いたずらはするけど、別にネタ程度だから、心配はいらないよ」

魔王「言ったなお前えぇぇ・・・風呂は絶対覗くうぅぅ・・・」

勇者「ちょ、ちょっとやめてよね!」

魔王「悶死しやがれえぇぇ・・・」

賢者「この子、あなたを殺す腹積もりなんじゃないの?」

魔王「この子って言うなあぁぁ・・・」

賢者「きゃあっ?!」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 22:50:03 ID:5xTETkto

魔王が若干かわいいぃぃ…



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 01:07:20 ID:yBFHCX9c

賢者「ち、ちょっと!真面目な話をしに来たんですから、邪魔しないで下さいよ!」

魔王「クソくらええぇぇ・・・」

賢者「なんですって・・・!」

勇者「落ち着いて、賢者。賢者らしくないよ」

賢者「少々動転してるんですよ!」

魔王「これでも一端の賢者でーすうぅぅ・・・」

賢者「いい加減ぷっつんしますよ!」ガタッ

勇者「魔王、少し静かにしててくれる?」

魔王「死んでも嫌だあぁぁ・・・」

勇者「じゃあもう勝手にすれば・・・」

魔王「かしこまりいぃぃ・・・」

勇者「・・・ありがとう、魔王」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 01:29:40 ID:yBFHCX9c

賢者「あなたが魔王を倒す一ヶ月前、前の王様が暗殺されたことはしってますよね?」

勇者「うん、知ってるけど・・・」

魔王「私も知ってるうぅぅ・・・」

魔王「絶対勝ったと思ったのにいぃぃ・・・負けたあぁぁ・・・」

賢者「馬鹿な大臣がやったことですし、すぐに鎮圧されて王子が王様になったからよかったんですけど」

賢者「・・・最近ね、出るんですよ」

勇者「出るって?」

賢者「王様の幽霊が・・・です」

魔王「生き霊かあぁぁ・・・」

賢者「先代の王様に決まってるじゃないですか!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 01:40:11 ID:yBFHCX9c

魔王「どこが真面目な話だあぁぁ・・・それは井戸端会議いぃぃ・・・」

賢者「どうせ悪霊にとってはしょーもない話ですよ」

魔王「どうせ怖いからついてきてえぇぇ・・・」

賢者「・・・なんでばれたんですか」

勇者「ええと・・・僕がついてけばいいのかな」

賢者「私が調査を頼まれていたんですけど、その、そういうのは苦手で・・・」

魔王「ばああぁぁ・・・」

賢者「アンタはもう見慣れましたよ」

魔王「ちええぇぇ・・・」

勇者「どうせ年中暇だし、僕でよければ手伝うけど」

賢者「ありがとうございます!恩に着ります!」ガシッ

勇者「・・・そんなに?」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 02:04:50 ID:yBFHCX9c

~夕方~

魔王「夜出るからと二人とも寝てしまったあぁぁ・・・」

魔王「これはあぁぁ・・・二人同時に殺せるチャンスうぅぅ・・・」

魔王「しかしいぃぃ・・・ホコリいぃぃ・・・お前はダメだあぁぁ・・・」モフッ

魔王「ここで一計いぃぃ・・・」

魔王「空気中の水蒸気をかき集めえぇぇ・・・こいつらをしっとり濡らせばあぁぁ・・・」

魔王「風邪を引いて紆余曲折あり死ぬだろううぅぅ・・・」

魔王「濡れろおぉぉ・・・濡れろおぉぉ・・・」グググ



勇者「何だか今日は涼しいね」

賢者「そうですね、夏の割には気持ちいい気温です」

魔王「くそおぉぉ・・・蒸発してあんまり濡らせなかったあぁぁ・・・」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 02:22:20 ID:yBFHCX9c

<町>~夜~

魔王「くっついて歩くなあぁぁ・・・」

賢者「よっ、夜の町って、あ、あ、案外雰囲気ありますね・・・」カタカタ

勇者「そうかな・・・?」

魔王「私の話を聞いているのかあぁぁ・・・」

賢者「ひょえっ!?」ガッ

ズデンッ

賢者「痛い・・・」

魔王「頭打って死ねよおぉぉ・・・」

魔王「そうだあぁぁ・・・勇者あぁぁ・・・お前もこけろおぉぉ・・・」

勇者「無茶言わないでよ・・・賢者、手を貸すから」

賢者「あ、ありがとうございます」ギュッ

魔王「つまんないいぃぃ・・・」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 02:44:05 ID:yBFHCX9c

<王城横の森>

賢者「離してくださいぃぃ!」ズルズル

勇者「そうは言っても賢者が調査してくれないと・・・」

魔王「情けなしいぃぃ・・・ショック死すれば楽になるうぅぅ・・・」

賢者「死にたくないですうぅぅ!」

勇者「死なないってば」

魔王「バカ賢者あぁぁ・・・後ろ注意いぃぃ・・・」

賢者「びょえええっ!?!?」バッ

魔王「そこは昏倒して頭打って死ぬとこおぉぉ・・・」

賢者「嘘つきやがらないでくださいっ!」

魔王「じゃああれはなんだあぁぁ・・・」

賢者「いい加減にくださいよね!」

王様「・・・・・・」ボーッ

賢者「ほら、人影が見えるだけじゃないですか!」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 09:12:28 ID:yBFHCX9c

賢者「 」ピクピク

魔王「よっしゃあぁぁ・・・死んだあぁぁ・・・」

勇者「死んでないから・・・賢者起きて」ユサユサ

賢者「はっ!」

王様「・・・・・・」ボーッ

王様「・・・・・・」チラッ

賢者「わあああ!許してくださいいぃぃ!」ドゲザアァァ・・・

賢者「あれですか!弟子になったら許していただけますか?!なんでも致しますからあぁぁ!」シクシク

王様「・・・それは本当か?」

賢者「大マジですからあぁぁ!」シクシク

王様「それでは・・・わしについて来い」

魔王「冥府へご招待いぃぃ・・・」

賢者「嫌あぁぁ!殺されるうぅぅ!」ビエェェ・・・

勇者「賢者ったら・・・」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 09:22:59 ID:yBFHCX9c

<森奥部・沼地>

白骨「 」

賢者「はっ・・・こつ・・・」フルフル

勇者「気をしっかりもって、賢者、深呼吸」

賢者「すーっ・・・はぁーっ・・・」

賢者「・・・・・・」

賢者「もう嫌あぁぁ・・・」シクシク

魔王「バカ賢者がグロッキーだあぁぁ・・・」

賢者「バカって言うなあぁぁ・・・」シクシク

勇者「王様、これはもしや・・・」

王様「・・・ああ、そうだ」

王様「これは、わしの屍である」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 09:46:32 ID:yBFHCX9c

賢者「王様の亡きがらを、探す兵は、幾度も、だされてましたがぁ・・・」シクシク

賢者「ヒック・・・証言を得ないまま、大臣が殺されたので、難航してましたぁ・・・」シクシク

魔王「泣けえぇぇ・・・脱水症状で死ねえぇぇ・・・」

賢者「生きるうぅぅ・・・」シクシク

王様「そうか・・・それは難儀だったな」

王様「・・・王子は立派にしているか?」

賢者「よく国を納めなさっております・・・」シクシク

王様「そうか・・・そうか・・・」

王様「・・・少しわしの屍から離れる」

王様「明日、王子・・・いや、王に会いに行きなさい」

賢者「かしこまりましたあぁぁ・・・」シクシク

勇者「・・・かしこまりました」

王様「では・・・な」フッ



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 09:57:42 ID:yBFHCX9c

<家>

賢者「金輪際二度と再びあんな体験はしたくないです・・・」

魔王「王様の骨があるぞおぉぉ・・・」

賢者「ひゃっ?!」ビクッ

賢者「・・・やめてくださいよ・・・もう」

勇者「ちゃんとした入れ物に入れられないのが残念だけど」

勇者「・・・よかった、これで王様も安心かな」

賢者「ええ・・・そうですね」

賢者「明日は早いですし、もう寝ましょう」

勇者「そうなんだけど、汗が気持ち悪くて・・・」

賢者「そこの悪霊が覗くんじゃありませんか?」

魔王「当たり前えぇぇ・・・」

勇者「大丈夫だよ、結界張っちゃえば」

賢者「そうですか、ではお言葉に甘えます」

勇者「うん、じゃあお先にどうぞ」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 10:07:07 ID:yBFHCX9c

魔王「おいいぃぃ・・・開けやがれえぇぇ・・・」

勇者「今賢者が入ってるんだからダメだよ」

魔王「お前やる気無いだろおぉぉ・・・」

勇者「やる気・・・?」

魔王「大体いぃぃ・・・なんでお前は一緒に入らないいぃぃ・・・」

魔王「遠慮するってことはお前男かあぁぁ・・・」

勇者「遠慮ってそういう意味じゃないけど・・・」

勇者「その・・・見るのも見られるのも恥ずかしいし・・・」

魔王「なんだ恥ずかしがりやかあぁぁ・・・」

勇者「ま、魔王はどっちなのさ!」

魔王「お前が死んだら教えるうぅぅ・・・」

勇者「じゃあ当分先かな・・・」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 10:13:08 ID:yBFHCX9c

勇者「ふう、サッパリした」

魔王「最早やる気が微塵も感じられないいぃぃ・・・」

勇者「何の話なの・・・」

勇者「魔王はお風呂はいる?」

魔王「水は私を貫通するうぅぅ・・・よって必要なしいぃぃ・・・」

勇者「そっか」

魔王「バカ賢者はもう寝たあぁぁ・・・」

魔王「殺そうとしてたらお前が来たあぁぁ・・・」

勇者「阻止できたのかな?」

魔王「くそおぉぉ・・・」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 10:23:20 ID:yBFHCX9c

勇者「・・・ねえ、魔王」ギュッ

魔王「なんじゃこりゃあぁぁ・・・感覚ないのに動けないいぃぃ・・・」

勇者「感覚ないんだ」

勇者「・・・えぇと、魔王って、もう僕に憑いてるんだよね」

勇者「絶対に離れないのかな?」

魔王「お前が死ぬまで離れないぃぃ・・・」

勇者「・・・そう、わかった」

勇者「それじゃあおやすみ、魔王」

魔王「さっさと寝ろおぉぉ・・・殺してやるうぅぅ・・・」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 11:50:35 ID:yBFHCX9c

~朝~

ビョエエエ!?

勇者「ん・・・賢者?」

魔王「腰ぬかしたあぁぁ・・・」

賢者「もうここ嫌です・・・」グスッ

魔王「起きたとき目の前にいただけだろうがあぁぁ・・・」

勇者「もう・・・僕はともかく、賢者はやめたげてよ」

魔王「なんだあぁぁ・・・お前に全部やれってかあぁぁ・・・」

勇者「うん」

魔王「お前それ衝撃発言だよおぉぉ・・・」

勇者「え?どうして?」

魔王「自分の胸に聞いてみろおぉぉ・・・」

勇者「んむむ・・・」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 12:04:24 ID:yBFHCX9c

魔王「早く支度しろおぉぉ・・・バカ賢者あぁぁ・・・」

賢者「バカって言わないでくださいよ!悪霊!」

魔王「じゃあビビりいぃぃ・・・」

賢者「もう、無視無視」ツーン

魔王「つれないやつうぅぅ・・・」

勇者「魔王、王様の前では礼儀正しくできるよね?」

魔王「死んでも無理いぃぃ・・・」

勇者「そっか、じゃあ結界の中に」

魔王「死ぬほど頑張るうぅぅ・・・」

勇者「見えるかはわからないけど、それが助かるよ」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 13:01:26 ID:yBFHCX9c

<王城>

大臣「どうぞ、こちらです」

勇者「ご案内感謝します」

大臣「いえいえ、王子様・・・失礼、現王様は朝から何やら気分が良いようで」

大臣「『いい夢を見た』とおっしゃっておりました」

勇者「そうなんですか」

大臣「ええ、お体も軽い様子であなた様方の来訪がそれはそれは待ち遠しいと・・・」

勇者「ええ・・・」

大臣「朝食も全てご完食なさり、お顔の血色も大変よろしく・・・」

勇者「・・・・・・」

魔王「孫可愛がりかあぁぁ・・・」

賢者「今の大臣さん、王子さんのお世話係だったんです」コソッ

勇者「・・・そうなんだ」コソッ

大臣「また、今朝の食後の運動の際も・・・」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 13:32:03 ID:yBFHCX9c

現王「よく来てくれた、先ずは先日のことも含め、例を言わせてもらう」

現王「ありがとう、賢者、それに勇者」

賢者「滅相もございません・・・です」

勇者「私は賢者の手助けをしたまでですので」

現王「いやいや、勇者、昨夜はあなたがいなければ遂行できなかったようだ」

現王「昨夜、女中が森から悲鳴が聞こえたと怖がっていてね」

賢者「・・・///」カァァ

現王「無理を言って申し訳なかった」

賢者「いっ、いえ!そんな無理なんて言うものでは!///」アセアセ

勇者「賢者は頑張ってました、しっかりと役割も果たしておりましたし」

現王「それは聞いたよ、先代王・・・父にね」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 14:04:48 ID:yBFHCX9c

現王「昨夜、夢枕に父が立ってね」

現王「あなた方が見つけだしてくれたから、最高のもてなしをするよう言付かったんだ」

魔王「消えたと思えばお節介かあぁぁ・・・」

勇者「・・・魔王」

現王「ん、どうした?」

勇者「いえ、大変ありがたいですけど・・・」

賢者「調査しただけですし、そこまでの歓待を受けるわけには・・・」

現王「遠慮しないでほしい、君達には前回断られているんだ」

現王「父の願いを聞き遂げるためということでは・・・ダメだろうか?」

賢者「えーと・・・」

勇者「・・・そうだね」

王様「わしからも頼む」スーッ

賢者「ひゃっ!?」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 19:34:37 ID:yBFHCX9c

賢者「申し訳ございません!つい条件反射で!」ペコペコ

王様「仕方が無い、幽霊なんぞ慣れない者はいくつになっても慣れんものだ」

現王「悲鳴をあげたかと思うと謝りだして・・・彼女には何かみえているのかい?」

勇者「はい、先代王がお見えになってます」

現王「そうか、羨ましいな、見える人が」

現王「こんなに近くに父がいらっしゃるのに、私は半信半疑なのを拭いきれないんだ」

勇者「現王様・・・」

現王「だけど、夢枕に出てきた父はまごう事なき父だ」

現王「父は見てくれてる、悪いことなんてできないな」

勇者「・・・・・・」

現王「・・・客間で待っててほしい。準備ができたら使いを行かせる」

現王「それに、君達の仲間も呼ばせてもらってるから、久々かは知らないけど、顔を合わせてみるといい」

勇者「・・・かしこまりました」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 21:23:24 ID:yBFHCX9c

<客間>

魔王「お前敬語話せたのかあぁぁ・・・」

勇者「それはちゃんと切り替えられるよ」

魔王「似合わないいぃぃ・・・」

勇者「・・・そうかな」

魔王「つうかあぁぁ・・・」

王様「・・・・・・」フラーッ

魔王「なんでお前までいるんだあぁぁ・・・」

王様「・・・先日からいたから気になっておったが、何者だ貴様」

賢者「勇者さんに取り憑いている悪霊なんです」

魔王「魔王と申しますうぅぅ・・・」

王様「魔王!?」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 21:33:05 ID:yBFHCX9c

王様「取り憑いたまま離れないと・・・」

勇者「はい、そうです」

王様「わしならどうにかできるやもしれん」

勇者「・・・えっ」

王様「同じ霊と霊同士なら攻撃も通用するはずだ」

賢者「なるほど!さすが王様!」

勇者「ちょっと、そんな・・・」

魔王「つまり喧嘩かあぁぁ・・・」

王様「そうだ・・・ゆくぞ」フッフッ

魔王「上等うぅぅ・・・」プラプラ

勇者「やめてってば!」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 21:56:32 ID:yBFHCX9c

魔王「くらええぇぇ・・・ホコリ投射あぁぁ・・・」フワッ

王様「物理攻撃は効かないと言ったはずだ!」スカッ

魔王「なにいぃぃ・・・投げれる量を増やしたのにいぃぃ・・・」

王様「くらうがいい!」ブンッ

魔王「危ないいぃぃ・・・」スッ

賢者「見ているこっちにも力が入りますね・・・!」グググ・・・

勇者「・・・止め方わかった、止めてくるね」

賢者「へ?勇者さん?」

魔王「そこまでだあぁぁ・・・正義の鉄拳をおぉぉ・・・」

ガシッ

魔王「なにいぃぃ・・・」

ガシッ

王様「な、なにをするっ!」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 22:34:48 ID:yBFHCX9c

勇者「魔王、落ち着いて」

魔王「死んでも無理いぃぃ・・・」

勇者「僕だけにするって約束は?」

魔王「そうかあぁぁ・・・ならしょうがないいぃぃ・・・」

勇者「・・・王様」

王様「しつけが出来ているからといって、例えこんな姿であっても、こやつを野放しにはできん」

王様「潜在的に魔力を秘めておるかもしれん」

王様「ホコリ等を動かせるのはそれが発現する前触れではないのか?」

勇者「・・・ダメでしょうか」

勇者「僕が責任を持って監視する、ということでは」

王様「万が一、ということがある」

勇者「・・・これは最後の手段なのですが」

勇者「魔王は僕を殺すことを本懐としています」

勇者「それを遂げさせれば、全て事なきを得ます、いかがでしょうか?」

王様「・・・・・・」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 10:23:39 ID:/AZdIEXk

賢者「王様どこかに行っちゃいましたね」

魔王「勇者嘘つきいぃぃ・・・」

賢者「えっ・・・?」

勇者「・・・・・・」

魔王「私はお前が死んだら離れるとは言ったがあぁぁ・・・」

魔王「成仏するなんて一言も言ってないぞおぉぉ・・・」

勇者「・・・その場しのぎで言っちゃった、それしか方法を思いつかなかったから」

賢者「勇者さん、それはずるいですよ!」

勇者「そうだよね・・・自分が嫌になった」

バタン

神官「失礼致します・・・おや」

戦士「どもども~・・・って、なんじゃありゃ?」

魔王「おいでやすうぅぅ・・・」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 10:37:06 ID:/AZdIEXk

戦士「なに、じゃあ魔王飼ってんの?落ちたねぇ~魔王も」

魔王「抜かしたなあぁぁ・・・ホコリぶつけんぞおぉぉ・・・」ブワッ

戦士「うわっ!やめろって!」

神官「勇者さんがよければ掃って差し上げますが・・・」

賢者「神官はらえるんですか?」

神官「魔王が掃えるかは自信がないのですけど」

勇者「・・・僕は大丈夫だよ、そこそこ頑丈だし、魔王のやることも受け止められるし」

神官「・・・そうですか」

神官「もし、力不足と感じたら頼ってくださって結構ですので」

勇者「・・・ありがとう、神官」

魔王「こいつに撃てない代わりにいぃぃ・・・」モフッ

勇者「うわっ!?」

戦士「何っ!」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 17:57:06 ID:/AZdIEXk

<広間>

現王「・・・ん、勇者、髪に何かついているぞ」

勇者「えっ?!あ・・・失礼しました・・・」ゴソゴソ

勇者(・・・ホコリだ)ジーッ

現王「よろしい」

現王「では会食を始める、これは先代王の亡きがらの発見と」

現王「魔王討伐の功績、勝ち取った平和を祝福するものである」

現王「皆、よく飲み、よく食べよ。そして、これから国を発展させて行くための英気を養え!」

現王「乾杯っ!」バッ

「「「「乾杯ーっ!」」」」バババーッ

戦士「悪いなーなんかタダ飯食いに来たみたいになっちゃって」

神官「元来からそういうつもりだったのでしょう?」

戦士「まぁそうなんだけどなー」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 18:09:23 ID:/AZdIEXk

魔王「勇者あぁぁ・・・何ビビってるんだあぁぁ・・・」

勇者「・・・ええと、フォークとナイフの使い方を・・・ちょっと・・・」アセアセ

魔王「お前はそれでも勇者かあぁぁ・・・」

勇者「だってこういう食べ方久しぶりだし・・・」

賢者「えぇと、これはなんですっけ」

神官「ホタテですよ、賢者」

賢者「そ、そうですそうです!美味しいですよね~」

魔王「あのバカ賢者ですらいい感じに食ってるのにいぃぃ・・・お前ときたらあぁぁ・・・」

勇者「うぅぅ・・・何だか情けなくなってきた・・・」

魔王「仮にも私は王だった身いぃぃ・・・作法ぐらいは心得ているうぅぅ・・・」

魔王「今から作法を叩き込んでやるからあぁぁ・・・しっかり聞いておけえぇぇ・・・」

勇者「魔王・・・よろしく」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 18:23:37 ID:/AZdIEXk

魔王「箸持つ方が右だあぁぁ・・・右と左の区別もつかないのかあぁぁ・・・」

勇者「ごめん!ちょっと焦っちゃって・・・」アタフタ

賢者「勇者さん苦戦してるみたいですねー」

神官「賢者さん、ナイフとフォーク持つ手が逆です」

賢者「あ・・・///」カァァ

戦士「置いてあるまま持てばいいのに、なんで逆に持てるのか不思議だよなぁ」

賢者「わかりましたよ!持てばいいんでしょ!持てば!」サッ

戦士「逆ギレされちまった!」

大臣(現王様、いい食べっぷりで・・・)ニコニコ

兵士長「大臣殿、食欲不振でございましょうか」

大臣(好物の魚料理、とてもお気にめしてらっしゃる様・・・)ニコニコ

兵士長「大臣殿・・・?」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/13(月) 18:41:03 ID:/AZdIEXk

戦士「元気でなによりだよ、まったく」

賢者「はいはい、戦士さんみたいにお残しなんてしませんから」

戦士「いいだろ、付け合わせくらい・・・」

賢者「いいですよ、私がいただきますから」バクッ

戦士「おい、ミョウガをそんなに・・・」

賢者「・・・うぇぇ」

戦士「バカだよなぁ・・・」

魔王「なってないいぃぃ・・・」ピャッ

勇者「わっ!目に入った!」ゴシゴシ

兵士長「おい!今独りでに汁が飛んだぞ!」



現王「賑やかだな・・・実にいい」

現王「そう思わないか?大臣」

大臣「・・・・・・」ニコニコ

現王「・・・大臣?」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 09:59:10 ID:/lWDHI1A

思いつきでやってるので綻びが出てしまいましたね・・・
大臣のとこ、表現が足りなかったみたいですけど、亡くなってはおりませんです・・・



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 10:19:33 ID:/lWDHI1A

<勇者宅>

戦士「はぁ~、食った後にあんまり動き回るもんじゃねぇな~」

賢者「う・・・ちょっと気分悪いです・・・」

神官「食べ過ぎでしょう、ゆっくり横になられてください」

勇者「どうして僕の家に集まるのさ・・・」

戦士「近いしそこそこ広いからな」

神官「言い忘れておりました、お邪魔します」

勇者「ど、どうぞ」

勇者「確かに無駄に広いよね、この家・・・」

勇者「空いてる部屋は好きに使っていいから自由にして構わないよ」

魔王「ホコリ多めの部屋がオススメえぇぇ・・・殺しやすくなるうぅぅ・・・」

戦士「参ったな、ろくにくつろげねぇかもしれねぇ」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 13:39:06 ID:/lWDHI1A

魔王「安心しろおぉぉ・・・勇者殺した次の次がお前だからあぁぁ・・・」

戦士「二番目は誰よ?」

魔王「バカ賢者あぁぁ・・・」

戦士「うひぃ~おっかねぇなあ、なー賢者」

賢者「zzz」スヤスヤ

戦士「既に寝てらっしゃる」

勇者「二人ももう寝る?」

戦士「いや、一っ風呂浴びてぇな」

神官「私も同感です」

勇者「じゃあごめんだけど、洗って入っておいて。寝床の準備してくるから」

戦士「んじゃあそうすっか、神官清掃よろしくな」

神官「・・・・・・」

戦士「冗談だからそんな目で見ないでくれ!」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 15:18:13 ID:/lWDHI1A

勇者「んしょ、こんなもんかな」

魔王「舞い上がったホコリを集めてシュートおぉぉ・・・」ヒュッ

勇者「残念」パシッ

魔王「なにいぃぃ・・・」

勇者「動かせる量増えてきたね」

勇者「この調子なら、何年かたてば重いもの持ち上げることができたりして」

勇者「そうなったら僕はぺしゃんこかな・・・」

魔王「そうだなあぁぁ・・・現世とお別れだあぁぁ・・・」

勇者「お別れしたら・・・魔王はどうするの?」

魔王「バカ賢者を潰すうぅぅ・・・」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 15:23:59 ID:/lWDHI1A

勇者「賢者の次は?」

魔王「戦士を潰すうぅぅ・・・」

勇者「戦士の次は?」

魔王「神官を潰すうぅぅ・・・」

勇者「やっぱりパーティー全員はやられちゃうか」

魔王「当然んんん・・・」

勇者「じゃあ・・・神官の次は・・・?」

魔王「・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

勇者「まだ決まってない?」

魔王「・・・お前えぇぇ・・・」

勇者「僕?」

魔王「お前だあぁぁ・・・勇者あぁぁ・・・」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 15:34:53 ID:/lWDHI1A

勇者「僕、もうお別れしていないと思うんだけど」

魔王「いいやあぁぁ・・・潰しに行ってやるうぅぅ・・・」

勇者「・・・・・・」

勇者「・・・なんだ、そういうこと」

勇者「まぁでも、そう簡単にやられようなんて思ってないけどね!」

魔王「なんだとおぉぉ・・・抵抗するなあぁぁ・・・」

勇者「抵抗しなくちゃやられちゃうもん」

魔王「そこをなんとかあぁぁ・・・」

勇者「・・・意外と自信なかったりするのかな?」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 17:08:28 ID:/lWDHI1A

戦士「ふぅ~さっぱりーっと」

神官「飲み物はお飲みになります?」

戦士「そうだな・・・頼まれてくれるか?」

神官「ええ、遠慮なさらず」

神官「それでは飲み物の類のありかを勇者さんに・・・」

勇者「僕に何か用?」

神官「丁度よかった、飲み物はどこにしまってらっしゃいます?」

勇者「飲み物?僕が用意するけど」

神官「いえいえ、私たちはここに泊めてもらう立場ですから、これしきで勇者さんに手間をかけさせるわけには・・・」

勇者「違うよ、神官。神官はお客人なんだから頼んでくれればいいんだよ」

神官「しかしそれでは・・・」

勇者「そうだけど・・・」

戦士「・・・喉渇いたなぁ」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 19:41:53 ID:/lWDHI1A

勇者「あーもー!神官!魔法の束縛解いてってばー!」

神官「飲み物を用意したら解いて差し上げますから」カチャカチャ

戦士「ああいうのを親切の押し売りって言うのかねぇ」

戦士「つうかゴリ押しか」

勇者「戦士!解いて!」

戦士「すまんな、俺じゃ無理だ」

魔王「早く抜けないと埋まっちまうぞおぉぉ・・・」ホコリファサー

勇者「うわっぷ・・・」

戦士「何年かけるつもりだよ」

神官「はいはい、出来上がりました、召し上がれ」パッ

戦士「おう、あんがとよ」

勇者「コホッ、お風呂前でよかった・・・」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/14(火) 19:57:16 ID:/lWDHI1A

魔王「くそおぉぉ・・・相変わらず風呂に結界かあぁぁ・・・」

魔王「やる気が足りないいぃぃ・・・」

戦士「そんなに覗きたい?」

魔王「なんだ戦士いぃぃ・・・解き方でも知っているのかあぁぁ・・・」

戦士「全然」

魔王「使えねええぇぇ・・・死んでろおぉぉ・・・」オオオ

戦士「散らかるからホコリは止めとけ」

戦士「大体覗いてどーすんだよ」

魔王「身体的な弱みを握りいぃぃ・・・」

魔王「それを突きまくりいぃぃ・・・悶死させるのが狙いいぃぃ・・・」

戦士「こええなそれ」

魔王「ビビり死にするだろううぅぅ・・・」

戦士「お世辞にもそんな大層なレベルとは言えないと思うが・・・」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/15(水) 17:57:02 ID:J.2YaTQw

魔王の可愛さが青天井



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 11:09:42 ID:Y7S58MA.

魔王「お前はもう寝るのかあぁぁ・・・」

神官「はい、慣れないことをして疲れが溜まっておりますから」

魔王「食うだけで疲れるのかあぁぁ・・・体力をつけろおぉぉ・・・」

神官「いえいえ、あなたのおっしゃるようのは肉体的な疲れですが」

神官「今私が感じているのは精神的な疲れです」

神官「やはり公的な場、それも一国の王の面前ともなると、粗相を犯さぬようにとプレッシャーを感じてしまいます」

魔王「そうかあぁぁ・・・私も生きていたときはあぁぁ・・・プレッシャーを与えていたのかあぁぁ・・・」

神官「私の様な心の弱い者だと、恐らく感じていたことでしょう」

魔王「今の私からはどうだあぁぁ・・・」

神官「微塵も感じません」

魔王「おいいぃぃ・・・感じろおぉぉ・・・」

神官「無理難題を押し付けなさいますね・・・」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 11:25:38 ID:Y7S58MA.

勇者「結局一部屋しか使わないんだね」

戦士「懐かしくていいじゃねぇか」

神官「賢者を運んでもらえて助かりました」

賢者「zzz」スヤスヤ

戦士「いいのいいの、こいつデカイのついてる割に軽いし」

神官「・・・・・・」

戦士「その目は止めろってば・・・」

戦士「はぁ~あ、くたびれた。寝るか」

戦士「神官、明日はお前どうする?」

神官「・・・戦士さんが帰るならば転移魔法でお送りします」

戦士「俺次第ってことか、世話になるな。んじゃあおやすみ」

神官「おやすみなさいませ」

勇者「じゃあ僕らも・・・って魔王は寝ないんだっけ」

魔王「今四人同時に殺す方法を考えているからあぁぁ・・・話しかけるなあぁぁ・・・」

勇者「はいはい、じゃあおやすみ、魔王」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 12:52:56 ID:Y7S58MA.

~早朝~

賢者「さっ!最悪ですよっ!この悪霊っ!///」

魔王「気を使ったのが裏目に出たなあぁぁ・・・バカ賢者あぁぁ・・・」

賢者「そ、それは・・・ねてらっしゃる勇者さん起こすのは気が引けて・・・」

賢者「じゃなくて!悪霊が出ていけばいい話じゃないですかぁ!///」

魔王「むやみに朝風呂するやつが悪いいぃぃ・・・」

賢者「汗くさいのが我慢できなかったんですよ!いいからでてけ!」

魔王「敬語が消えたあぁぁ・・・バカ賢者必死いぃぃ・・・」

魔王「悶死しろおぉぉ・・・見届けてやるうぅぅ・・・」

賢者「でてけ!でてけ!でてけー!」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 13:09:49 ID:Y7S58MA.

戦士「ねむ・・・賢者の悲鳴にたたき起こされちまった・・・」

戦士「たまったもんじゃねぇな・・・ふあぁ」ウトウト

賢者「少しは同情してくれてもいいんじゃないんですか!?」

神官「先日聞いた話ではやましい考えは無いようでしたし、悲観することはありませんよ、賢者さん」

賢者「もっといい励まし方があるじゃないですかぁ・・・神官さん・・・」

神官「?」

勇者「・・・ごめんね?僕が早起きだったら大丈夫だったのに・・・」

賢者「勇者さんは悪くありません!悪いのはそこの悪霊ですから!」

魔王「不注意なバカ賢者に責任転嫁されたあぁぁ・・・」

賢者「バカを付けるのはやめてくださいよ!後あなたのせいですから!」

魔王「朝から声が大きいいぃぃ・・・近所迷惑バカ賢者あぁぁ・・・」

賢者「悪霊め!いつか絶対消してやる!」

戦士「人が変わってきてるぞ賢者・・・」



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 14:00:45 ID:Y7S58MA.

賢者「もう帰ります!これ以上何かされたら敵いませんから!」

賢者「決して勇者さんのせいじゃないですからね!悪霊のせいなんです!」

勇者「ううん・・・なんというか、ごめんね?」

賢者「そんな、勇者さんが謝ることはないですよ!」

賢者「むしろ悪霊謝れ!私と勇者さんに謝れ!」

魔王「お前が死んだら土下座でもなんでもしてやるうぅぅ・・・」

賢者「この・・・いつかずぇったい消してやりますから!」バタン!

タタタ

戦士「嵐のように去って行ったな」

魔王「返り討ちにしてやらねばあぁぁ・・・ホコリ集めの練習うぅぅ・・・」

勇者「次賢者が僕の家に来たらぐちゃぐちゃにされそう・・・」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 01:52:54 ID:LWqVH/4U

戦士「なんつーか賢者は見てて飽きないよなぁ・・・」

神官「それはどういうことなのでしょうか?」

戦士「いじられキャラというか・・・なんというか・・・な?だからその目は止めろ」

戦士「はぁ・・・そんじゃ俺達も退散するかね、やることあるし」

勇者「やることって?手伝えるなら手伝うけど」

戦士「心配すんな、ただのお使いだ、世話になったな」

神官「お世話になりました、勇者さん」

勇者「ううん、こちらこそ。いつでも来てよ」

神官「また機会があれば・・・ぜひ」

戦士「魔王にやられるんじゃねーぞー」

勇者「あはは、大丈夫だってばぁ」

戦士「そうかそうか、勇者なら大丈夫だよな。んじゃあそういうことで」

神官「~~~」ブツブツ

バシューン



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 02:11:48 ID:LWqVH/4U

勇者「また一人になっちゃったな・・・」ボソッ

魔王「くそおぉぉ・・・一人も殺せず仕舞いいぃぃ・・・バカ賢者はいけると思ったのにいぃぃ・・・」

勇者「そっか、魔王がいるんだよね」

魔王「なんだあぁぁ・・・私に何用だあぁぁ・・・」

勇者「ううん、何でもないよ」

魔王「なんだそりゃあぁぁ・・・」

勇者「・・・・・・」

勇者「・・・あのさ、魔王」

魔王「今度はなんだあぁぁ・・・」

勇者「これからもよろしくね?」

魔王「・・・お前が殺されるまでなあぁぁ・・・」



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 02:15:13 ID:LWqVH/4U

勇者「でも、魔王に僕が殺せるかな?」

魔王「・・・・・・」

勇者「んふふ~♪」ニコニコ

魔王「・・・・・・」

魔王「無念じゃあ・・・」

勇者「・・・」ニコニコ

勇者「・・・やっぱ自信なさ気?」






~END~



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 02:41:26 ID:LWqVH/4U

特に深い意味もないSSでしたが、一応終了

これからは表現の勉強の意味合いも兼ねつつ短編を投下していく予定

ここまでの支援等々、感謝します



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 03:06:21 ID:zOxxBrDM


けっこう好きだった



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/17(金) 08:14:30 ID:hePk06Cc


面白かった






他のおすすめSS