転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1345684208/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:10:08 ID:6cQj54eI

友「おいおい、どういうことだよ」

男「よくわかんない」

友「こっちのセリフだよ、どういうことだよ」

男「いやぁ……何か神からのお告げで」

友「はた迷惑だな」

友「でもまぁそんなわけないから大丈夫だろ」

男「だよね」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:13:42 ID:6cQj54eI

男「キシャァァァァアア!」

友「えっ!?」

男「ゴルァァァ!」ブンッ

パリーン

友「え!?なに!?何事!?」

男「シネェェェ!」ダダダ

友「うわこっち来た!」ダダダ

男「マテヤゴルァァァァ!!」

友「いやぁぁぁぁぁ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:15:41 ID:6cQj54eI

男「どうしたの?」

友「え!?」

男「そんな声荒げてどうしたの?」

友「どうしたのって……」

友「覚えてないの?」

男「?」

友「……」

友「男、よく聞け」

男「うん?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:20:45 ID:6cQj54eI

友「今から神様n」

男「コロスゥゥゥ!」フシュー

友「うわぁぁぁぁぁ!目の前でなったぁぁぁぁ!」ダダダ

男「ゴギャァァァオオ!!」ビュン!

ドゴォ!

友「ひっ……ひぃぃぃぃ!」

男「アー……?」

友「壁に穴が……」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:22:25 ID:6cQj54eI

男「ん?大丈夫?」

友「ひっひっ……ひぃぃぃぃ…」

男「ど、どうしたの?……うわ…壁に穴が…」

男「友がやったの?」

友「ち、ちがっ…ちがちが……」

友「うわぁぁぁぁぁ!」ダダダ

男「…え?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:25:20 ID:6cQj54eI

友家

友「寝よう……」

ゴギャァァァァァ!
ガァァァァァァァ!

パリーンパリーンパリーンパリーン

友「咆哮でここまで……」

友「い、いや……忘れよう……夢だ、これは夢だ……」

トモハァァァァドコジャァァァァ!

友「」ガクガクブルブル



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:28:35 ID:6cQj54eI

―――
おい、起きんか

友「ん……?」

友「あれ……ここって……」

夢のなかじゃ

友「……え?」

時間がないから単刀直入に言うぞ

私は神だ

友「精神科に案内しますねー、こちらでーす」

いやいやマジもの

まぁよい……

あの男に能力をやったら自我を失ってしまっとる

そこでお前さんに止めてもらいたいんじゃ

友「はい?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:32:28 ID:6cQj54eI

さぁ受けとれ

『ガッシュのキャラの能力』じゃ

友「え?」

友「なに神様にも厨二病とかあるの?」

時間がないんじゃ、これであやつを倒せばよい

頼んだぞ

―――

ガバッ

友「……?」

キシャァァァァァ!

友「あいつ夜通し叫んだのか?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:34:33 ID:6cQj54eI

―――

男「あ、昨日なんで帰ったんだよ!」

友「怖かったからだよ」

男「なにが?」

友「お前が」

男「あ…そう…ついに俺に敬服した?」

友「バッカじゃねぇの?」

友(はっ……そろそろ……)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:38:37 ID:6cQj54eI

男「キシャァァァァアア!」

友「…お、力が…」

友「み な ぎ っ て き た w w w」

男「ガァァァァァ!」ビュン!

友「ラシルドぉ!」ボコッ

バキィ

男「アァァアァァァァ!!」ビュン!ビュン!ビュン!

友「ギャン・バギャム・ソルドン!」シャシャシャシャシャ

男「ギィャァァァァァァァアアアア!?」

友「止めだ……」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:41:54 ID:6cQj54eI

友「ディオガグラビd」

友「あれ?」

男「」ダラダラ

友「うぉぉ!大丈夫かぁぁぁぁ!」

男「うん?」

友「うわぁぁぁぁぁ!」

友「ザオリクったぁぁぁ!」

男「まぁ傷とかはすぐ治るよ、コメディだし」

友「え?いや……」

男「あ、後ろになんかついてるよ」

友「え?とってくんね?」クルッ

男「うん」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:45:22 ID:6cQj54eI

男「グルゥゥゥ」

ザシュッ!

友「がっは…!?」

男「ゴギャァァァオオ!!」ザシュッ!ザシュッ!ザシュッ!ザシュッ!

友「アァァァァァ!」

友「くそ……ザケルガ!」ビュルルル

男「グギャァァァ!」

友「……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:48:11 ID:6cQj54eI

男「あ、今日どこいく?」

友「なぁ、痛くない?」

男「?別に?」

友「なんだよこれ……」

男「でもさ、なんか……こう操られてる感じがする」

友「!」

男「なんだろう…取り返しのつかない何かがあるような……」

友「お前が前言ってたバーサーカーだな」

男「え?……気のせいじゃないの?」

友「あぁ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:51:16 ID:6cQj54eI

友「……グラビドン」

男「ガッ!?」

友「今のうちに……」

メリメリメリ

男「グギャァァァ!?アァァァァァ!?」

メリメリメリメリメリメリ

友「……」

フワッ

友「俺には……出来ない……」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:54:21 ID:6cQj54eI

男「…ん!?なんで俺寝てるんだ!?」

友「お前は今バーサーカーになってた」

友「俺はお前を止めるために力を貰った」

男「なっ……でもそんな記憶……」

友「お前は自我がなくなるらしい」

男「………」

友「さっき倒すこともできた……けど友達だからな……倒せなかった」

男「……約束だ」

友「?」

男「次は倒してくれ、自覚の無い破壊活動なんて嫌だ」

友「でも……」

男「約束だ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 10:58:10 ID:6cQj54eI

友「あぁ……わかった」

男「ゴォォォォ!!」

友「ぶっ倒してやる」

友「バオウザケルガァ!」ドドドド

男「アギャァァァァァァァァァァ!?」

友「……止めだ、シン・クリア・セウノウス」

シュンッ

友「!?」

シャキーン

ゴロロ

男「クックシャァァァァァァ!」

友の首「」

ブチッ

肉塊「」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 11:01:34 ID:6cQj54eI

―――
あー…倒せると思って油断したのぅ…

「では後継者は…」

うむ、あの男だ

「はっ!」

しかし……能力値は友達の方が最初は上じゃったが…

闘いの中で成長するとはのぅ……

まぁよい、頼んだぞ

時期魔界の魔王よ

―――



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 11:04:07 ID:6cQj54eI

数千年後

魔王「……そろそろ時期魔界の魔王を決めようか」

「はっ!」

「しかし誰と誰を…」

魔王「そうだな……あそこの兄妹はどうだ」

「…しかしおなごが勝ってしまっては……」

魔王「良いではないか」

魔王「さぁ、始めるんだ」

「はっ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 11:06:15 ID:6cQj54eI

男「…」スースー

「……」

男「」スースー

「魔王よ…」

男「」スースー

「やはり人間の体では……」

「ですがもう少しの辛抱です」

「お待ちください」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 11:08:34 ID:6cQj54eI

魔王「…ふん」

魔王「聞こえておるわ」

魔王「余計な心配などしおって……」

魔王「さて、俺はあの兄妹に力を分けに行くか……」

シュンッ

『1レスごとにダンテになる?』

『1レスごとにベヨネッタになる?』


おしまい







他のおすすめSS