転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381419592/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 00:39:52 ID:IaG1OphU

*エレミカ

*一部最新話のネタバレがあります

以前に書きましたが納得がいかなかったのでまた書きます。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 00:42:16 ID:IaG1OphU

  男子寮

アルミン「朝だよエレン、起きて」ユサユサ

エレン「んー後5分」

アルミン「先も言ってたでしょ」

エレン「うー分かったよ」ノビー

アルミン「おはようエレン」

エレン「おはようアルミン」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 02:06:09 ID:tU2Kh/cw

  ー食堂ー

ミカサ「エレンおはようアルミンもおはよう」

エレン「おはよう」

アルミン「ミカサおはよう」

ミカサ「さあ食べましょう」

エレン「そうだな」

アルミン「いただきます」

エレミカ「いただきます」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 02:31:00 ID:tU2Kh/cw

ミカサ「エレン、今日の対人格闘術訓練一緒にやろう」

エレン「あー悪い今日はジャンとやる約束したんだ」

ミカサ「ジャンと?珍しい」

エレン「昨日ジャンに立体機動コツの事教えて貰ったからな。そのお礼だ」

ミカサ「私もエレンとやりたいのに・・・・」

エレン「次一緒にやろうな」ナデナデ

ミカサ「うん」パァァ




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 02:36:01 ID:tU2Kh/cw

  対人格闘術訓練

エレン「フッ」バシ

ジャン「おわ」ドテ

エレン「悪いな力の加減が出来なくて」

ジャン「いや大丈夫だ。それよりその技はアニに教えて貰ったのか?」

エレン「ああ」

ジャン「俺にも教えてくれ」

エレン「ジャンもアニの技一回喰らってみようぜ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 02:46:12 ID:tU2Kh/cw

アニ「エレンがジャンとやるなんて珍しいね」ヒュ

ミカサ「エレンに友達が出来るのは嬉しい・・けど寂しい」

アニ「・・・・・・・」

エレン「おーいアニ」

アニ「エレンか・・何か用かい?」

エレン「ジャンがアニの技を教えてほしいそうだ」

ジャン「アニ頼む」ペコ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 02:48:46 ID:tU2Kh/cw

アニ「仕方ない・・・ミカサはどうするんだい?」

エレン「ミカサは俺とやるから大丈夫だ」

アニ「分かったよ・・・・ジャン私は厳しいよ」

ジャン「宜しく頼むぞ、師匠」

エレン「ミカサやろうか」

ミカサ「分かった」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 01:18:07 ID:qoEVzGas

ミカサ「いくら訓練だからと言ってエレンでも手加減はしない」

エレン「当たり前だ」

ミカサ「エレン・・・行くよ」

エレン「ああ・・・・来い」

ミカサ「フン」ビュン

エレン「チッ」シュ

エレン(流石だなミカサ・・・でも俺はお前に守られるほど弱くねーんだよ)



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 03:30:51 ID:qoEVzGas

ミカサ(エレンの動きが変わった・・・でもまだ甘い)ヒュ

エレン「うわ」ドテン

ミカサ「エレン・・・ごめんなさい」

エレン「何で謝るんだよ?訓練だから謝る必要ないだろ」

ミカサ「でも・・・・」

エレン「ミカサは相変わらず強いな負けたよ」

ミカサ「エレンも強かった」

エレン「ミカサほどじゃないさ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 03:34:34 ID:qoEVzGas

ミカサ「アニに教えて貰った技を使われたら私は負けていた」

ミカサ「エレンはやっぱり強い」

エレン「お前を越えないと意味がないんだよ」

ミカサ「エレンは強い、ので私を越える必要はない」

ミカサ「でも無理はしないで欲しい」ニコ

エレン「なっ////」ドキ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 03:39:08 ID:qoEVzGas

ミカサ「エレン?顔が赤いけど、どうしたの?」

エレン「なっ・・・なんでもねーよ」プイ

ミカサ「私はエレンの心配をしている。」

ミカサ「風邪だったら大変」

エレン「だから大丈夫だって」

ミカサ「分かった」シュン

エレン(ミカサの笑顔見た瞬間、何か分からないけど胸の奥がドキってした・・・一体何が・・・)



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/16(水) 03:43:07 ID:xgF.Ki1A

  ー男子寮ー

ジャン「つ・・・疲れた」ボロボロ

エレン「ジャン大丈夫か?」

ジャン「エレンお前は凄いよ」

ライナー「ははは、アニにかなりやられたみたいだな」

アルミン「でもジャンも頑張ってたね」

ジャン「しばらくは遠慮したい」

エレン「・・・・・・」ボー



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/16(水) 03:46:47 ID:xgF.Ki1A

アルミン「エレンどうしたの?ボーとして」

エレン「どうすればミカサより強くなれるかなと考えていた」

アルミン「無理だよ」

ジャン「アルミン、もう少し優しく言ってやれよ」

ライナー「はっきり言ったぞ」

エレン「そうだよな」シュン

アルミン「あっ・・・ごめん」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/16(水) 03:51:33 ID:xgF.Ki1A

エレン「アルミンが言ってる事は分かるよ」

エレン「でも・・・俺はミカサを守りたい」

ジャン「よく言ったエレン」

ライナー「珍しいなジャンがエレンの味方するなんて」

ジャン「だってミカサは女だぞか弱い部分あるだろ」

アルミン「アニだって女だよ」

ジャン「男を投げ飛ばす奴は女じゃない」

ライナー「その言葉をアニの前で言ったら殺されるぞ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/16(水) 03:54:42 ID:xgF.Ki1A

ジャン「・・・・・」ガクガクブルブル

エレン「ジャンが怯えてる」

アルミン「よっぽど怖い思いしたんだね」

ライナー「さて冗談はそれくらいにして寝るぞ」

ベルトルト「皆お休み」

エレジャアルライ「お休み」

エレジャアルライ(あっ・・・ベルトルトいたんだ)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/18(金) 03:07:59 ID:tTMpJqwU

 ーー食堂ーー

ミカサ「エレン、おはよう」

エレン「ああおはよう」

アルミン「今日は立体機動の訓練だね」

ジャン「エレン、いくらコツを教えたからと言って怪我すんなよ」

エレン「ああ、ジャン心配してくれてありがとうな」

ミカサ「ジャン、ありがとう」

ジャン「エレンには世話になってるからな」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 02:17:22 ID:iEPC0646

 ー立体機動訓練ー

ミカサ「・・・・・・」ザシュ

エレン「・・・・・」ザシュ

エレン(ミカサより斬撃が浅い)

エレン(いつもミカサに守ってもらって俺は情けない)

エレン(俺がミカサを・・・・)カァン

エレン(しまった・・・・)ドサ

エレン(俺は・・・・こんな・・・所で・・・)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 02:38:08 ID:iEPC0646

  ー医務室ー

エレン(・・・・ここは?)パチ

キース「目を覚ましたか」

エレン「教官」

キース「無理して起き上がるな」

キース「貴様は立体機動訓練中に落ちた」

キース「集中力を欠けていたな」

エレン「すいません」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 02:41:03 ID:iEPC0646

キース「今日はゆっくり休め」

エレン「はい・・・・」

キース「そのうち、アッカーマンが来る」バタン

エレン(ミカサに心配かけたな)



ガチャ

ミカサ「エレン」

エレン「・・・・ミカサ」

ミカサ「エレンエレンエレン」ダキ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 02:45:30 ID:iEPC0646

ミカサ「エレンエレンエレンエレンエレン」ギュウ

エレン「ミ・・・ミカサ・・・苦しい・・・」

ミカサ「エレンエレンエレンエレンエレンエレンエレン」ギュウ

エレン(あっ母さんだ)メキメキ

アルミン「エレン大丈夫ってミカサ、エレンが死んじゃうよ」

ミカサ「ハッ・・・エレンごめんなさい」

エレン「死ぬ所だった。アルミンありがとう」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 02:51:35 ID:iEPC0646

アルミン「それより大丈夫?」

エレン「ああ、教官にはゆっくり休めと言われた」

ミカサ「良かった・・・エレンが死んだかと思った」ポロポロ

エレン「・・・ミカサ心配かけて悪かった」

ミカサ「エレンが無事ならそれでいい」ニコ

エレン(またこの感じだ/////俺は一体)ドキ

アルミン(おやおや)ニヤニヤ

アルミン「そういえばジャンに呼ばれてたんだ行かないと」

ミカサ「そうなの?」

アルミン「うん、エレンまた明日ね」バタン

エレン(アルミンの奴気づいてるな)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/22(火) 00:29:24 ID:6SK126xc

ミカサ「エレン」ジー

エレン「な・・・・何だよ」

ミカサ「あんまり無茶しないで」

ミカサ「エレンがいないと私・・・・」

エレン「大丈夫だ、ミカサを残して死にはしないからさ」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/22(火) 03:05:37 ID:6SK126xc

ミカサ「本当?」

エレン「ああ」

ミカサ「良かった」ニコ

エレン「そろそろ戻れよ」

ミカサ「名残惜しいけど仕方ない」

ミカサ「エレン、また明日」

エレン「ああ」

バタン

エレン「ふー」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/22(火) 03:09:45 ID:6SK126xc

エレン(今日のミカサはいつもと違って可愛いかったな)

エレン(今思えば俺はミカサに冷たくしていたな)

エレン(ミカサは家族だとか言っていたけど、本当は女としてみている)

エレン(俺、今日のミカサにドキってしたりしたな何でだろう)

エレン(ああそうか、そうゆう事か、俺はミカサに・・・)

エレン「恋をしたんだな」ボソ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 03:49:14 ID:n7KIGlDg

  ー食堂ー

ミカサ「・・・・・」ソワソワ

アルミン「ミカサ落ち着きなよ」

ミカサ「それは無理」

アルミン「ははは、ほらエレンが来たよ」

エレン「ミカサ、アルミンおはよう」

アルミン「おはよう」

ミカサ「エレン、おはよう」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 03:52:22 ID:n7KIGlDg

ジャン「よっエレン大丈夫か?」

エレン「ジャンにも迷惑かけたな」

ジャン「それはお互い様だろ」

ライナー「元気になって良かったな」

ベルトルト「本当だね」

クリスタ「でもまだ病み上がりなんだから無理は駄目だよ」

ライナー(結婚しよう)

ユミル(殺すぞゴリラ)



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 03:54:59 ID:n7KIGlDg

サシャ「エレン、パァン下さい」

エレン「えっ嫌だよ」

ミカサ「サシャ、ライナーがくれるそうよ」

サシャ「ライナー、パァン下さい」

ライナー「待ってサシャ」

エレン「やっぱ落ち着くな」

ミカサ「ええ」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 03:58:26 ID:n7KIGlDg

エレン「ミカサ明後日の休日出掛けないか?」

ミカサ「分かった。アルミンも行く?」

アルミン「僕はジャンと約束があるから遠慮するよ」

エレン「ジャン本当か?」

ジャン「ああ本当だ」

ジャン「たまにはミカサと二人きりでデートしてこいよ」

エレン「なっ////」

ミカサ(デート////)



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 03:15:01 ID:zUq693R.

  ー女子寮ー

ミカサ(エレンとデート////)

ミカサ「・・・・・・」

ミカサ「/////」バタバタ

サシャ「ミカサが枕に顔を埋めて足をバタバタしてますね」

クリスタ「エレンとのデートが楽しみなんだよ」

ユミル「エレンの野郎もまんざらではなかったからな」

ミーナ「クリスタ」ボソ

クリスタ「何ミーナ」ボソ

ミーナ「実は・・・・」ゴニョゴニョ



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 03:18:10 ID:zUq693R.

クリスタ「ミーナ、いいアイデアだよ」

ミーナ「そうと決まれば」

クリスタ「ミカサちょっといい?」

ミカサ「何クリスタ?」

ミーナ「今から」

クリスタ「ミカサを」

クリミナ「コーディネートしてあげる」

ユミル(クリスタの目の輝き、あれは止めるのは無理だ)

サシャ(お腹すいた)



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 03:22:46 ID:zUq693R.

クリスタ「ミカサこれ似合うよね」

ミーナ「これもいいかも」
クリスタ「これもかな」

ミーナ「こっちも」

ミカサ「・・・・・・」オロオロ

クリミナ「よし出来た」

ユミル「ミカサ似合ってるな」

クリミナ「これで明後日のデートはバッチリだね」

ミカサ「クリスタ、ミーナありがとう」ニコ



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 03:27:39 ID:zUq693R.

  ー男子寮ー

エレン(ミカサとデートか・・・・)

アルミン「エレン楽しみかい?」

エレン「当たり前だろ」

ジャン「ミカサも楽しみにしていたからな」

ジャン「後少ないけどこれやるよ」⊃金

エレン「ジャン・・・悪いけど受け取れない」

ジャン「アルミンじゃなくたまには俺にも頼ってくれ」

アルミン「エレン、せっかくだから受け取りなよ」

エレン「そうだな・・・ジャンありがとうな」

ジャン「おう」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 03:31:31 ID:zUq693R.

ライナー「ミカサとのデートか」

エレン「ああ」

ライナー「俺もクリスタと」

ベルトルト「寝言は寝てからいいなよ、ライナー」

ベルトルト「そんな事よりエレンデート頑張ってね。」

ライナー「応援してるぞ」

エレン「二人共ありがとうな」

エレン(母さん・・・俺はこんなにも友達出来たよ)



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 00:39:20 ID:5Otp4Bv6

  ーデート当日ー

エレン(確か待ち合わせは西門だったけ)

エレン(ミカサと出会ってからいろいろあったな。)

ミカサ「エレンお待たせ」

エレン「いやだいじょ・・・・」

ミカサ「エレンどうかな?」

エレン「ミカサ似合ってるよ。」

ミカサ「ありがとうエレン」ニコ



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 02:52:25 ID:aaoY4JN2

エレン「ミカサ何処に行きたい?」

ミカサ「エレンが行きたい場所でいい」

エレン「たまにはミカサが行きたい場所を選んでくれ」

ミカサ「じゃあ・・・新しく出来たパンケーキ屋がいい」

エレン「おう分かった、行こうかミカサ」ギュ

ミカサ「うん」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 02:58:47 ID:aaoY4JN2

エレン「ここか」

ミカサ「うん」

エレン「入るか」

ミカサ「うん」

店員「いらっしゃりませ」

エレン「二人で」

店員「こちらにどうぞ、メニューはこちらになります。ではごゆっくり」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 03:17:26 ID:aaoY4JN2

エレン「いろいろあるな」

ミカサ「どれも美味しそう」

エレン「ミカサは何が食べたい?」

ミカサ「このオススメがいい」

エレン「じゃあ俺もそれにするかな」

エレン「すいません」

店員「はい」

エレン「このオススメを二つ」

店員「かしこまりました。」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/29(火) 01:59:41 ID:6FRXlxJk

エレン「楽しみだな」

ミカサ「うん」

エレン「なぁミカサ」

ミカサ「何エレン?」

エレン「いずれ膝枕してくれないか」

ミカサ「エレンが望むなら今でも構わない」

エレン「流石に恥ずかしい」

店員「お待たせしました」

ミカサ「美味しそう」

エレン「食べるか」

エレミカ「いただきます」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/29(火) 02:02:16 ID:6FRXlxJk

エレン「美味いな」

ミカサ「ええ、ハチミツの甘さが合ってる」

エレン「よく母さんが作ってくれたな」

ミカサ「あの頃が懐かしい」

エレン「そうだな」

ミカサ「・・・・・・」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/29(火) 02:07:11 ID:6FRXlxJk

ミカサ「ごちそうさまでした」

エレン「美味かったな」

ミカサ「エレン幸せそうな顔してた」

エレン「ジャンとアルミンにお土産買っていこう」

ミカサ「ええ、二人のおかげでデート出来た」

エレン「ミカサもう一つ寄っていきたい所があるんだ」

ミカサ「エレン花を買ってどうしたの?」

エレン「ジカンシナはこの辺りかな」

ミカサ「エレン・・・・」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/29(火) 02:11:23 ID:6FRXlxJk

エレン「母さん」

ミカサ「・・・・・・」

エレン「ミカサ帰ろうか」

ミカサ「もういいの?」

エレン「ああ」

エレン「忘れる所だったミカサこれ」

ミカサ「これは・・・・」

エレン「花の絵柄のヘアピンだ前に買っておいたんだ」

ミカサ「エレン・・・ありがとう大事にする」

エレン「行こうか」ギュ

ミカサ「うん」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 00:33:14 ID:NvitlcD6

  ー食堂ー

アルミン「デート楽しかった」ニヤニヤ

ミカサ「楽しかった」

エレン「これアルミンとジャンにお土産」

ジャン「ありがとうな」

アルミン「二人共ありがとう」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 00:37:09 ID:NvitlcD6

エレン「ミカサ後で話があるんだ。」

ミカサ「分かった。私もエレンに話がある」

ジャン「アルミンこれって」ボソボソ

アルミン「間違いないよ」ボソボソ

クリスタ(告白だ)キラキラ



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 01:58:13 ID:NvitlcD6

  ー兵舎裏ー

ミカサ「エレンお待たせ」

エレン「俺も今来た所だ」

ミカサ「まずエレンにお礼が言いたい」

ミカサ「エレン、私と一緒にいてくれてありがとう」

ミカサ「私に・・・生き方を教えてくれてありがとう」

ミカサ「・・・・・・私にマフラーを巻いてくれてありがとう・・・」

ミカサ「そして、私はエレンが好き。一人の男性として」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 02:01:37 ID:NvitlcD6

エレン「ミカサ・・・・」

エレン「俺もミカサに伝えたい事がある」

エレン「そんなもん何度でも巻いてやる」

エレン「これからもずっとオレが何度でも」

ミカサ「エレン」

エレン「俺もミカサが好きだ家族として、一人の女性としてミカサが好きだ」

エレン「ミカサ、俺と付き合ってくれ」

ミカサ「うん」

エレン「ミカサ」

ミカサ「エレン」


チュ



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 02:04:07 ID:NvitlcD6

エレン(こうして俺はミカサと付き合う事になった)

エレン(ミカサも俺の事が好きらしく、両想いだった)

エレン(俺はミカサを守ると誓った。これからどんな事があっても)

エレン(ミカサを守る、あの頃のように)






60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 02:04:43 ID:NvitlcD6

終わりです。しばらくしたらオマケ書きます



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/05(火) 03:30:23 ID:744fXccg

オマケ

ジャン(エレンとミカサはめでたく付き合う事になった)

ジャン(これでいいんだ。あの話を聞いてしまっては勝ち目はない)

サシャ「ジャンどうしたのですか?」

ジャン「サシャか」

サシャ「最近エレンと仲がいいですね」

ジャン「ああ」

サシャ「私ジャンが好きです」

ジャン「ああ」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 02:18:49 ID:9gzk1sg6

ジャン「・・・・・・えっ」

ジャン「サシャ今何て言った」

サシャ「だから、私はジャンが好きなんです」

サシャ「私の彼氏になってください」

ジャン「こんな俺だけど、宜しく頼む」

サシャ「はい」










他のおすすめSS