転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383298473/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 18:34:33 ID:c6Cp81UY

ミカサ「どうぞ」スッ

エレン「いいのか!?」

ミカサ「ええ」

エレン「じゃ遠慮なく」

エレン「おお~!」サワサワ



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 18:38:35 ID:c6Cp81UY


エレン「長い綺麗な指、この触り心地の良い透けるような白い肌!最高だ!」

ミカサ「///」

エレン「頬ずりしちゃお」スリスリ

ミカサ「エ、エレン///!」

エレン「はあ~もうずっと触っていられるわこれ…。むしろ離したくない」

ミカサ「///」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 18:44:41 ID:c6Cp81UY


エレン「恋人繋ぎしちゃお」

ミカサ「こ、恋人///!?」

エレン「俺たち…いつかはなれるかな…」

ミカサ「えっえっ///!?」

エレン「そろそろいいか…」

ミカサ(も、もしかして…///)

エレン「俺の股間にmoveしちゃお」

ミカサ「待って」グッ




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 18:55:48 ID:c6Cp81UY


エレン「ダメか…イケると思ったんだけどな…」

ミカサ「どうして?どうして今の流れで股間にmove?」

エレン「…えーと」

ミカサ「私の手を使っていやらしいことしようとしたんでしょ!?」

エレン「ち、違う!」

ミカサ「じゃあ何しようとしたの!?」

エレン「…痒かった」

ミカサ「え?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:01:37 ID:c6Cp81UY

エレン「こ、股間が痒かったから、ミカサにかいてもらおうと…」

ミカサ「自分でかくことはできないの?できるでしょ?」

エレン「…爪切っちゃった」

ミカサ「…」

エレン「…」

ミカサ「…それで?」

エレン「うまくかけない」

ミカサ「…」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:06:22 ID:c6Cp81UY

エレン「…」

ミカサ「…はあ」

エレン「…」

ミカサ「それならしょうがない」

エレン「!!」

ミカサ「出して」

エレン「抜いてくれるのか!?」

ミカサ「…」

エレン「…あっ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:14:00 ID:c6Cp81UY

ミカサ「やっぱり…」

エレン「…」

ミカサ「エレン…」

エレン「悪い…」

ミカサ「大体股間にmoveさせたところでその後どうしようとしたの?」

エレン「こんな感じの展開になるかと思いまして…」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:19:04 ID:c6Cp81UY

エレン『俺の股間にmoveしちゃお』

ミカサ『おっ、大きい…///それに熱い…服を着てるというのにこんなにも伝わってくるなんて…///』

エレン『お前に触れるとこうなっちまうんだ』

ミカサ『そう…なの?』

エレン『いや…違うな』

ミカサ『?』

エレン『ミカサと出会った日からずっとこのままだ』

ミカサ『えっ?』

エレン『なあ…そろそろ鎮めてくれよ…。お前のその美しい手で…』

ミカサ『エレン…///』

エレン『ミカサ…///』



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:27:28 ID:c6Cp81UY

ミカサ「バカなの?」

エレン「照れんなよ///」

ミカサ「照れてない」

エレン「…」

ミカサ「普通に頼んでくれれば、それくらいすぐにしてあげるのに…」ボソボソ

エレン「本当か!?」

ミカサ「えっ///!?あっ今のは…///」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:32:55 ID:c6Cp81UY

エレン「ミカサ!抜いてくれ!お願いします!」ドゲザ

ミカサ「か、顔を上げてエレン!」

エレン「いいや、お前がフェラしてあげるって言うまで上げねえ!」

ミカサ「フェ、フェラ///!?私の美しい手で抜いて欲しいんじゃなかったの!?」

エレン「じゃあ、今日は手コキで明日がフェラだ!」

ミカサ「明日もしてもらう気!?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:41:44 ID:c6Cp81UY

エレン「嫌…なのか?」

ミカサ「…別に嫌じゃないけど…」

エレン「じゃあ頼む!」ボロン

ミカサ「キャ///!」

エレン「ふん!」

ミカサ「お、大きい…///」チラチラ

エレン「お前に触れるとこうなっちまうんだ」

ミカサ「こ、これをどうすればいいの///?」

エレン「…」

ミカサ「エレン?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 19:53:04 ID:c6Cp81UY

エレン「こんな風に…やってくれ」シコシコ

ミカサ「…やってみる」

ミカサ「…///」ドキドキ

ミカサ「…///」ニギニギ

ミカサ「…凄く熱い///」

エレン「お前に触れるとこうなっちまうんだ」

ミカサ「これを…」

エレン「…」

ミカサ「こう?」シュッシュッ

エレン「あひぃ///!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:08:22 ID:c6Cp81UY

ミカサ「ご、ごめんなさい!痛かった?」

エレン「い、いや違う///想像以上に気持ち良くてついな///」

ミカサ「そんなに///?」

エレン「ああ///」

ミカサ「良かった///」

エレン「続けてくれ」

ミカサ「うん///」

ミカサ「///」シュッシュッ

エレン「っく///はあ…ミカサ///」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:08:56 ID:c6Cp81UY

ミカサ(エレン気持ちよさそう…///)シュッシュッ

ミカサ「あっ///また大きくなった///」

エレン「お前にっ…触れ…ると…こうなっ…ちまうんだ…///」ハアハア

ミカサ「そう…なの///?」

エレン「(キタ!)いや…違」

ミカサ「すごい脈うってる///」

エレン「…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:09:31 ID:c6Cp81UY

ミカサ「出そうになったら言って、手で受け止めるから」シュッシュッ

エレン「あっ、ああ…///」ハアハア

エレン(くそ!あの台詞…あの台詞が言いたい!)

ミカサ「!、何か出てきた!」

エレン「お前に触れるとこう」

ミカサ「それは聞いた」

エレン「…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:16:30 ID:c6Cp81UY

ミカサ「もしかして…出そう?」

エレン「(こうなったら…)いや…まだ…かな?」

ミカサ「そう…」シュッシュッ

エレン「っ…気持ちいい///」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:21:30 ID:c6Cp81UY

3分後…

ミカサ「まだ?」シュッシュッ

エレン「ああ…」

ミカサ「…」シュッシュッ

エレン「あっ!」ドピュ

ミカサ「!?」ベチャ

エレン「うっ!あ…」ドピュドピュ

ミカサ「…」ベチャベチャ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:26:44 ID:c6Cp81UY

エレン「はあはあ…気持ち良すぎ///」

ミカサ「…」

エレン「ミカサ悪い!顔にぶっかけちまって…」

ミカサ「…」

エレン「好きな女にやってみたかったんだよな」

ミカサ「!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:30:53 ID:c6Cp81UY

エレン「ほらミカサ、これで顔ふ」

ミカサ「」ドゴッ

エレン「グハッ!」

ミカサ「顔洗ってくる」

エレン「ま、待てミカサ…」ガシッ

ミカサ「!」

エレン「明日はフェラしてくれよ…?」

ミカサ「」ゲシッ

エレン「グハッ!」バタッ

ミカサ「…」スタスタ





ミカサ(好きな女………///)

ミカサ「~♪」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 20:57:21 ID:WzxuktzM

やるじゃない



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/01(金) 23:38:37 ID:CfuEOKps


良かったよ
しかしこのエレンは馬鹿だなw
そしてミカサは果てしなくチョロいw






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
ジャン「なんで俺がクリスタと……」 
サシャ「モグモグ……」 キース「おい貴様、なにをやっている?」
 
サシャ「ゴホッゴホッ」エレン「!?」 
サシャ「エレン、私の屁って臭いんでしょうか?」エレン「へ?は?」 
エレン「俺、アニに告白しようと思うんだ」アルミン「えっ…?」