転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1564891764/

1: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:09:24.71 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「最近、ルビィに破廉恥な目で見られてる気がしますわ」

果南「ダイヤこそどうしちゃったの!?女の子同士、しかも姉妹なんだよ!?あり得ないでしょ」

ダイヤ「ですが、先日ルビィがわたくしの下着を盗ろうとしてるところを目撃しましたわ」



3: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:10:12.55 ID:lq3BwvY+

果南「きっと大人っぽい下着を着けてみたかったからだよ」

ダイヤ「下着だけではありませんわ。昨日なんて浴室から出てくるのを見張られていましたし。」

果南「なんでさ」

ダイヤ「ただ早く風呂に入りたかったそうですが」



4: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:11:10.76 ID:lq3BwvY+

果南「もう真夏だし汗かいてたって考えればおかしくないと思うけど」
果南「考え過ぎだよ。ダイヤに甘えたいだけだったりして。」

ダイヤ「そういえばルビィが甘えてこなくなったので、あまり構ってあげてませんわね」
_ _ _
帰宅
ダイヤ(きっとただ甘えたいだけですわ)



5: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:12:34.18 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「ただいまルビィ、ちょっとこちらへ」

ルビィ「な、なに?お姉ちゃん」

ダイヤ「わたくしに言いたいことはありませんの?」

ルビィ「プリンなら食べてないよ!」



6: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:13:40.68 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「いえ、そうではなく」
ダイヤ(まあ言えませんか)
ダイヤ「えっと...甘えたいなら素直に甘えても構いませんのよ」

ルビィ「うゆ!?」




7: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:14:29.84 ID:lq3BwvY+

ルビィ(ルビィの気持ちバレてないよねっ///) 
ルビィ「じゃあ、膝枕してほしいな///」 

ダイヤ「ええ、もちろん構いませんわ」 
ダイヤ(ふふっ。やはり甘えたかったのですわね)



8: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:15:29.45 ID:lq3BwvY+

ゴローン 
ルビィ(帰ってきたばかりのお姉ちゃん、ちょっと臭う///)スンスン 
ルビィ(太もも、張りがあってすべすべしてる///)スリスリ 
腰に抱きつき股に顔を埋めるビィ 

ダイヤ「まぁ、甘えん坊さんですこと。可愛らしいですわね」ナデナデ



9: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:18:00.61 ID:lq3BwvY+

_ _ _ 
ダイヤ「そろそろいいですか?お風呂に入りたいのですが」 

ルビィ「あの、ルビィも一緒にいい?髪を洗って欲しいの///」 

ダイヤ「仕方ありませんわね。今日だけですわ」



11: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:19:36.57 ID:lq3BwvY+

ルビィ「ありがとう、お姉ちゃん!」 
(今日だけなんだ。今日しかないよねっ) 

ダイヤ「まだですの?早く脱ぎなさい、ルビィ」 

ルビィ「ルビィ、ちっちゃくて恥ずかしいよぉ///お姉ちゃんのおっぱいが欲しい///」



13: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:21:20.13 ID:lq3BwvY+

ルビィ(はっきりと存在感を放つなだらかなおっぱい。つやつやしてて美味しそう///) 
(身体もスラっとしてて肌も滑らか。天衣無縫って言うのかな) 

ダイヤ「それでジロジロ見ていたのですね。わたくしもルビィの背と同じくらいのときはそれくらいでしたわ」



14: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:22:29.18 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「下も早く脱いでしまいなさい」スッ 

ルビィ「やっ、脱がさないでぇ///」チラリ 
ルビィ「ルビィの、お姉ちゃんと違って丸見えだから見ないでぇ///」 

ダイヤ「まだまだ成長できる証ですわよ」 
ダイヤ(それなのにお尻や太もも、胸も意外とムチムチですわね。才能が羨ましいですわ)



15: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:25:01.93 ID:lq3BwvY+

_ _ _ 

ダイヤ「髪は女の子の命ですから、優しく洗うこと」 
ダイヤ「まずシャンプーをしっかり泡だててから髪に乗せますわ」シュコッシュコッピチャピチャピチャ 
ダイヤ「次は優しく空気を送るようにしてさらに泡立たせ、髪や頭皮のの隅々まで泡を行き渡らせますの」ふわっふわっ 
ダイヤ「決して焦ってはいけませんわ。じっくり時間をかけ、髪の毛はこすらない」 
ダイヤ「そして頭皮のマッサージ。洗うのではなく、優しく頭皮を動かすように」サワサワ



16: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:26:34.06 ID:lq3BwvY+

ルビィ「なんだかくすぐったいよぉ///でもポカポカしてきて気持ちいい♡」 

ダイヤ「順調に血流が良くなってますわ」 
(テレビの情報も意外と役にたちますわ) 

ルビィ「まだ?長くない?」ソワソワ 

ダイヤ「焦らない。もう少しの我慢ですわ」 

ルビィ「こんなにポカポカするの、初めて///くすぐったいのに安心するし、変な気分だよぉ///」



17: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:28:18.55 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「自分で洗えばくすぐったくないはず。しっかり覚えるのですよ、ルビィ」 
ダイヤ「あとはシャワーでしっかり流せば頭皮はキレイに。髪はこすらなくても洗えていますわ」シャーー 
ダイヤ「ルビィの髪は傷んでいないので、ツヤ出しのリンスだけでいいですわね」ピチャピチャヌリヌリ 
ダイヤ「リンスを洗い流して終了ですわ」 
シャー



18: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:29:10.89 ID:lq3BwvY+

ルビィ「お、お姉ちゃん!背中も洗って欲しいの///」(少しくらい大胆になってもバレないよねっ///) 

ダイヤ「背中だって手が届くでしょう。まぁ、どうしてもと言うなら仕方ないですわね」 
(よっぽど甘えるのを我慢していたのですね)



19: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:30:06.66 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「では椅子に」 
ダイヤ「まず泡だてて」ピチャピチャっ 
ダイヤ「優しく塗り広げていきますわ」ピトっ 

ルビィ「ひゃっ♡くすぐったい♡///」 
ヌリヌリ



20: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:32:25.37 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「そんなにくねらないの。塗りにくいでしょ」 

ルビィ「くすぐったいんだもんっ♡///」クネっ 

ダイヤ「脇は汚れやすい上に血管やリンパが通っていますわ。マッサージをしながらあらいませんと」スリスリモミモミ 

ルビィ「ぴっ♡そこダメぇ♡///」クネクネ 
(もしかしてわざと?)



21: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:41:55.07 ID:lq3BwvY+

_ _ _ 
ダイヤ「だんだんほぐれてきましたわね」モミモミ 

ルビィ「ほぐれたっ♡ほぐれたからっ♡次いってぇ♡///」 

ダイヤ「肩甲骨もけっこう凝ってますわね。ほぐさないと怪我の元ですわ」グリグリ 

ルビィ「やんっ♡そこはもっとダメぇ♡///」 
クネクネっ



22: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:43:24.18 ID:lq3BwvY+

ダイヤ「くすぐったいのはそれほど凝っている証拠です。念入りにほぐしませんと。」グリグリっ 

ルビィ「やぁっ♡お姉ちゃんのバカっ♡///」 
(もう我慢できないよぉ///♡) 

ダイヤ「もう!姉にそんなこと言って。それにルビィがお願いしたのでしょ。肩甲骨の奥まで手をいれますよ」グリグリグリ



23: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:45:30.46 ID:lq3BwvY+

ルビィ「ん~~っ♡もうっ♡!そんなに入らないのにぃ!///」 
(ルビィ怒ったもん♡) 
スッ クルリ 

ダイヤ「ルビィ?まだ途中ですから後ろを向けて座りなさい」 

ルビィ「お姉ちゃんが悪いんだよ?」 
(あんだけ誘っておいて♡ルビィをこんな気持ちにさせて///責任取ってもらわないとっ♡」 

ダイヤ「何を言って,,,やっ!ちょっと!何をするのです!」



25: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 13:52:01.71 ID:lq3BwvY+

終わりです 
ルビィに襲われるダイヤさんを書いてくれる人はいませんか



41: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:35:16.23 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「ルビィ!?何をしてるのですか!?」 

ルビィ「何ってお姉ちゃんを洗ってあげてるんだよ♡」ヌリヌリペタペタ 

ダイヤ「は、離れなさい!ルビィ!裸で抱き合うなんて破廉恥ですわ!」 

ルビィ「お姉ちゃんはルビィがやめてって言ってもきいてくれなかったよね?」 
スリスリヌルヌル



42: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:36:08.43 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「こんな破廉恥なことしてませんわ!」(そんなっ、こんなに力が強いなんて...) 

ルビィ「それに甘えても良いって言ってくれたよね♡」 
チュパチュパ♡ 

ダイヤ「んっ///限度というものがっ♡」 
(この子わざと片方の胸を残して///) 

ルビィ「でもこんなに膨らんでる♡もっと吸ってってことだよね♡」チュパチュパっ



43: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:37:16.08 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「言うこと、んっ♡聞かないと♡プリン禁止にっ♡んっ♡」 

ルビィ「こっちのプリンの方がプルプルで美味しいもん♡」ハムっ モミモミ 

ダイヤ(いけませんわ!このままでは...) 
「あんっ♡///」 
(それにさっきからなんてスベスベな太もも♡妹相手に、んっ、いけませんわ///) 

ルビィ「お姉ちゃん、ルビィのこと好き?」 
内ももスリスリ



44: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:38:28.54 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「好きだとしてもっ♡はぁっ♡妹としてですわ!」 

ルビィ「じゃあ、ルビィを受け入れてくれないとお姉ちゃん嫌いになっちゃうって言ったら?」 
ヌリヌリ 

ダイヤ「!?卑怯ですわ!」 

ルビィ「お願いお姉ちゃん♡ルビィのこと♡いっぱい愛して♡///」チュっ 

ダイヤ///(これは仕方なくですわ///) 
チュっチュっ ニュルっ 
ダイヤ「ん!?///ぷはっ///」 
(舌を///このようなこと、一体どこで!) 

ルビィ「嫌...なの?」ウルウル



45: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:42:12.49 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「嫌ではありませんわ」 

ルビィ ニコっ レロレロ♡んっ♡んむ♡ 

ダイヤ(はぁ♡わたくしはどうしたのでしょう...いけませんのに///...妹に愛される悦びが心地いい♡) 

ルビィ「なかも洗ってあげるね♡」 
にゅるりっ 

ダイヤ「あぁっ!なんてことを!泡のついた手で!いやっ!」(シミる!!) 

ルビィ「ご、ごめんなさい。シャワーで洗い流してあげるね♡」クパッ♡シャー



46: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:43:13.92 ID:L2Hp/jrn

ダイヤ「んっ♡奥の方までっ♡入って///」 
(少しシミるけど、気持ちいい♡///) 
ピクピク♡ 
(このままではっ///♡きてしまいますわ///♡)ピクピクっビクン♡プシャーっ 

ルビィ「あはっ♡泡さんも全部流れてきたね♡それに泡のときよりもなかがヌルヌルしてる///」 

ダイヤ「そんなっ♡いけませんのに♡///」 
(妹の前でいってしまうなんて///)



47: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:46:21.49 ID:L2Hp/jrn

ルビィ「そうだ、ルビィの泡も流してよ///」 

ダイヤ「?どういうことですの?」 
クチュクチュ♡ 
ダイヤ「んまっ♡まさか///無理ですわ!これ以上出ませんわ!」 
クチュクチュ♡ビクンビクンっプシャー♡ 
ダイヤ(ここまで感じてるなんて///こんなにでたこと無いのにっ♡)プシャー♡ 

ルビィ「でも止まらないね♡まだまだルビィに泡が残ってるよ」クチュクチュ♡プシャー♡ 

ダイヤ「もう♡限界ですわ♡やめてくださいまし♡」



48: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:47:28.50 ID:L2Hp/jrn

ルビィ「でも止まらないみたいだよぉ♡」 
クチュクチュ ブシャー♡ 

ダイヤ「あぁっ♡」 
(意識が限界ですわ///) 

ルビィ「見て///ルビィ、お姉ちゃんに全身を包まれてるみたい♡///お姉ちゃんの匂いがすごいよぉ♡」 

ダイヤ(なぜでしょう、ルビィをこんなに汚してしまったのに、独り占めしてる気がして悦ぶわたくしもいますわ...) 
にゅるりっ



49: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:48:51.66 ID:L2Hp/jrn

ルビィ「ぴっ!?お姉ちゃんの指が♡///」 
クチュクチュ 
ルビィ「んっ♡んっ♡気持ちいいよぉ♡こんなにっ♡んっ♡気持ちよかったんだね♡///」 
んぁっ♡ビクンビクン♡ プシャー 

ルビィ「はぁ♡はぁ♡お姉ちゃんもルビィで包んで欲しいんだね♡///」 
「ルビィも舐めるから♡、舐めてくれる?」 

ダイヤ コクり



50: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:50:57.57 ID:L2Hp/jrn

ルビィ「あっ♡お姉ちゃんが上になるんだ♡」レロレロチュパチュパ 

ルビィ.ダイヤ「んっ♡ペロペロ♡はん♡」 
ビクン♡ビクン プシャー 

ルビィ「お姉ちゃんもルビィもヌルヌルだね♡どっちのやつかもわからなくなったよぉ♡」 

ダイヤ「はぁっ♡どっちのでもっ♡構いませんわ♡一つになるのですわ♡」 
ヌチャヌチャ♡



51: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:54:00.44 ID:L2Hp/jrn

ルビィ「あっ♡お股とお股がキスしてる///」 
「ダメっ♡気持ちよすぎて腰が動いちゃうよぉ♡」ヌチュヌチュ♡ 

ダイヤ「はぁ♡なんてこと♡この快感♡いけませんわ~♡」ガクガク♡♡ 

ルビィ「どうしよう///気持ちいいのがどんどん強くなっていって♡あんっ♡あん♡やめられないよぉ♡///」ビクンビクン♡プシュッ♡ビクン♡プシャー♡ビクン... 

_ _ _ 

果南「そういえばルビィちゃんのこと、何かわかったの?」 

ダイヤ「いえ、わたくしの思い過ごしだったみたいですわ///」ドキドキ 

果南「ふーん」



52: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 20:54:18.38 ID:L2Hp/jrn

おわり



53: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/04(日) 21:01:12.93 ID:L2Hp/jrn

続きを書いたって人がいれば気にせず貼って下さい



55: 名無しで叶える物語(茸) 2019/08/05(月) 05:41:51.40 ID:CKVxKhbN

おっほ~ 
たまらん






他のおすすめSS
ダイヤ「エ○本入ったかばん誤って貸したらそのまま修学旅行行った」 
千歌「今日はキスの日なんだってー」曜「へー」 
曜「修学旅行は沖縄に決まったヨーソロー!」 
ようりこ「私たち、付き合うことにしたんだ~」 千歌「え?」 
梨子「千歌ちゃんと曜ちゃんが喧嘩してる……」 
梨子「ねぇ善子ちゃん」 
聖良「東京に行くっぺよ」 
ダイヤ「うちの妹はどこまでついて行く?」 
花丸「不器用な堕天使」 
花丸「ずらあっ・・・!!」善子「・・・ふんっ」