転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1349277467/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 00:17:47 ID:AWPSUvSE

アムロは逆襲のシャアの時の、刹那は2nd時です。

ープトレマイオスー

アムロ「聞いた事もない名前だ…」

刹那(この男…なぜガンダムを…)

ティエリア「ガンダムを持っているという事はあなたも武力介入を?」

アムロ「いや、俺はロンド・ベルに所属してシャアの野望を阻止している」

ロックオン「ロンド・ベルなんて知らねぇぜ?」

フェルト「データにもありません」

アムロ(どういうことだ…?)



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 00:21:12 ID:AWPSUvSE

ビー!ビー!

刹那「!?」

ロックオン「おいでなすった!」

アムロ「いったいどうしたんだ?」

スメラギ「アロウズよ」

アムロ「アロウズ?」

アレルヤ「説明は後で!」

刹那「ガンダムで出る!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 00:30:06 ID:AWPSUvSE

アムロ「俺も手伝わせてくれ!」

スメラギ「だめよ!まだあなたの事を知らない以上、勝手な行動は」

アムロ「しかし!」

「くっ…イノベイドか…!」

アムロ「!?この感じは…」

アムロ「すまない!今出なければいけないんだ!」

スメラギ「ちょっと!?」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 00:48:06 ID:AWPSUvSE

ー戦闘宙域ー

ヒリング「ほらぁ!ほらぁ!!」

ヒリングのガデッサの射撃に加え、

アロウズ兵「もらったぁぁ!」

アロウズ兵操るジンクスIIIの猛攻。

刹那「っ…まずい、押されている…!」

他の仲間達はそれぞれ、イノベイド達、またはアロウズの兵に手間取っている。

刹那「オーバーロード覚悟でトランザムで…!」

その時、

太陽炉でもない、擬似太陽炉でもない光な迫ってきた。

刹那「あれは…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 14:19:26 ID:AWPSUvSE

>>5様、申し訳ありません。
以後このような事がないよう気をつけますm(_ _)m

アムロ「νガンダム、行きます!」

刹那「ガン…ダム…!」

ヒリング「脳量子波?イノベイターなの!?」

アムロ「あれか…」

アムロはカデッサに狙いをつけた。



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 18:09:56 ID:AWPSUvSE

アムロ「やはり…NTか!」

アムロはガデッサとの距離を一気に詰めてビームライフルを撃ち出した。

刹那「ビーム兵器だと!?」

ヒリングは難なく避ける。

ヒリング「そんな攻撃…!?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 18:18:10 ID:AWPSUvSE

ヒリングはビームを避ける事に気を取られ、アムロを見失なった。

ヒリング「消えた…?」

目の前にガンダムの姿はない。

ヒリング「…脳量子波が…後ろ!?」

次の瞬間、ガデッサの腕が吹っ飛んでた。

アムロがビームサーベルで斬ったのだ。

ヒリング「そんな!?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 18:24:27 ID:AWPSUvSE

ヒリングの頭の中に声が響く。

「ヒリング、一度引くんだ」

ヒリング「…分かったよ」

ヒリングは戦闘宙域を離脱した。



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 18:31:59 ID:AWPSUvSE

アムロはアロウズのMS、GN-X?决達による妨害を受けてた。

アムロ「チィッ!」

この状態であのMSを追撃するのは無理だ。

アムロは残りの敵MSを撃破することにした。



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 19:47:59 ID:AWPSUvSE

ープトレマイオスー

スメラギ「なんとか撃退できたわね」

アムロ「一つ聞きたい事があるんだが」

刹那「なんだ?」

アムロ「敵はNTなのか?」

ティエリア「NT?いや、違う。」

刹那「イノベイター…いやイノベイドだ」

アムロ「イノベイド?詳しく聞かせてくれないか?」

刹那「分かった」

説明略



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 19:54:45 ID:AWPSUvSE

アムロ「聞くことすべてが初耳だ…」

ミレイナ「ずばりアムロさんは別の世界から来たのでは!?」

刹那「別の…」

ロックオン「世界…」

スメラギ「そんな事ある訳ないじゃない」

ティエリア「しかし、そう考えと納得がいく…」

アムロ「そんな事が…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 22:27:17 ID:7SGED2i2

刹那はもうイノベイタ―なん?



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 22:38:54 ID:AWPSUvSE

>>17
いえ、まだイノベイターではないです。
時期的にいうと、ダブルオーライザーに乗る前の刹那です。



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 22:48:11 ID:AWPSUvSE

ロックオン「よかったらアムロ大尉の'世界'についても教えてくれないか?」

ティエリア「なにかわかるかもしれないしな」

アムロ「あぁ」

説明略



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 22:52:37 ID:AWPSUvSE

刹那「NT…」

ロックオン「ガンダムのパイロットか…」

ティエリア「我々の'世界'との共通点はガンダムのみか…」

アムロ「役に立てなくてすまない」

アレルヤ「強化人間…僕やマリーと同じ…」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 22:59:45 ID:AWPSUvSE

刹那「それで、あのガンダムは?」

アムロ「あれはνガンダム、俺が基礎設計をして、作ってもらった機体だ」

イアン「見たこともない装甲だが…なぜGNドライブ無しでビーム兵器を使えるんだ?」

アムロ「そこが上手くわからないんだ…'世界'の差なのかもしれない」

イアン「あんたを見つけた時にそばにあった放熱板のような物は?」

アムロ「それは…



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 23:05:02 ID:AWPSUvSE

1時間後…

イアン「じゃあ、なんであんなに早く動けるんだ?」

アムロ「そ、それは」

スメラギ「ちょっと!アムロさん困ってるじゃない!」

アレルヤ「珍しい装備だったから興奮してるんだよ…」

アムロ「そうか…」

刹那「…俺も」

アムロ「え?」

刹那「興味がある…!」

ロックオン「アムロさん…同情するよ…」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/04(木) 23:23:23 ID:AWPSUvSE

さらに2時間後…

アムロ「」

刹那「νガンダムか…」満足

アレルヤ「だ、大丈夫ですか?」

アムロ「あぁ…ちょっと疲れた…」

ティエリア「少し休んだほうがいい」

アムロ「…そうさせてもらうよ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 11:29:54 ID:PfB6JjBY

ー格納庫ー

アムロ「すまない、修理までしてもらって」

イアン「いいって事よ、こっちも'新しい'ガンダムをいじれるのは光栄だしな!」

アムロ(いじれる…?)

刹那「…イアン」

イアン「ん?」

刹那「例の物を…」

イアン「分かった!任せとけ!」

アムロ(この世界の技術はすごいな…)

アムロ(ん?)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 11:35:44 ID:PfB6JjBY

ハロ「ハロ!ハロ!」

アムロ「ハロ!?こっちの世界にもいたのか!?」

ロックオン「なんだい、知ってるのか?」

アムロ「俺の世界では、俺が作ったロボだよ」

ロックオン「作ったのか?すげえな…」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 13:08:25 ID:PfB6JjBY

イアン「そういえばあと少しでラグランジュ3に着きそうだな」

アムロ「ラグランジュ3?」

ティエリア「僕達、ソレスタルビーイングの基地だ」

アムロ(アナハイムみたいなものか…)



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 13:20:02 ID:PfB6JjBY

ーラグランジュ3ー

ロックオン「やっと羽休めができるぜ」

アムロ「イアンは?」

アレルヤ「ダブルオーの強化パーツのテストらしいです」

アムロ「強化パーツか…、いったいどんな物だろうか…」

刹那「…」ワクワク



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 22:43:42 ID:PfB6JjBY

20分後…

イアン「ようやく完成した!これが強化パーツ、オーライザーだ!」

アムロ(コアファイター見たいだな…)

アムロ「ん?」チラッ

刹那「…!」キラキラ

ロックオン「また始まったよ…」

ティエリア「全くだ」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 22:57:37 ID:PfB6JjBY

アムロ「…!」

ティエリア「どうした?」

アムロ「邪気を感じる…」

ロックオン「邪気?」

アムロ「この感じ…アロウズだ!」

ロックオン「またかよ!?」

ティエリア「仕方ない、ガンダムで応戦する!」

刹那「ダブルオーで出る!」いそいそっ

イアン「刹那」

刹那「なんだ?」

イアン「悪い、これ二人乗りなんだ」

刹那「…」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 23:00:08 ID:PfB6JjBY

今日はここまでです。
あとこの話の中のOOは原作と違う所がありますので、一部のキャラが出てこないことがあります。
ご容赦をm(_ _)m



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 16:22:08 ID:teE1vW0o

刹那「ハロでも乗せればいい!早く行くぞ!」

イアン「わ、分かった」

ロックオン「…必死だねぇ」

ティエリア「…」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 21:09:48 ID:teE1vW0o

プトレマイオス カタパルト

νガンダム

アムロ「イアンのおかげでファンネルも使えるようになった、これなら…」

アリオス

アレルヤ「なんとかしてラグランジュ3から離さないと…」

ケルディム

ロックオン「まぁ、いっちょやるか!」

セラヴィー

ティエリア「最初から飛ばしていく!」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 21:12:38 ID:teE1vW0o

ダブルオー

刹那「くっ…!アロウズめ…!」

ハロ「マケナイ、マケナイ!」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 21:18:55 ID:teE1vW0o

スメラギ「ミッション…スタート!」

「「「「発進する!!」」」」

各々のガンダムが、今、動きだす。

ケルディム、セラヴィーはラグランジュ3の防衛。

νガンダム、アリオス、ダブルオーは敵の撃破に動きいた。



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 21:44:14 ID:teE1vW0o

アムロ「イノベイドの気配はまだ遠い…だったら!」

アムロはイノベイド以外の敵兵を撃破することにした。

正面にオレンジ色の光が見える。数は6。

アムロはその中の一体にビームライフルを撃った。

アムロは気付いた。ビームの出力が上がっている。

どうやらイアンが'いじった'おかげだろう。

アムロ「帰ったら礼を言わなければな」

アムロは目の前で一つの光が開くのを見ながら呟いた。



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 16:30:04 ID:CXdHfzU6

敵のうち、MS3機がアムロを狙い、近づいてくる。

その中の一体、アヘッドがアムロに斬りかかろうとした時

アヘッドは真っ二つにされた。

刹那だ。あの僅かな時間で敵の背後にまわったのだ。

アムロ「すごい早さだ…」

残りの2体を見ると、2体とも腹の部分からビームサーベルが突き出している。

アリオスだ。



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 16:43:52 ID:CXdHfzU6

アレルヤ「他のMSは僕がやります!アムロさんと刹那はイノベイドを!」

アムロ「分かった」

刹那「了解」

アリオスは変形すると、ラグランジュ3に迫るオレンジ色の光の群れに向かった。

アムロは意識を集中させる。多くの人の意識の中に明らかに違う意識を持つ者がいる。

アムロ「見つけた!」

刹那「どこだ?」

アムロ「戦艦の方向に一機、ラグランジュ3の近くに一機、そして」

強力なビームが飛んできた。正確な射撃だ。2人は散開して避ける。

アムロ「今のビームを撃ってきた奴だ」

刹那「分かった」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 19:44:59 ID:CXdHfzU6

刹那「ラグランジュの方はティエリア達がいる。俺は今のビームの奴を」

アムロ「分かった、無理はするなよ」

刹那「あぁ」

緑色の光を放ちながら、刹那はダブルオーを走らせた。

アムロ「さて…俺も行くか…」

アムロもバーニアを噴かせ、動きだした。



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 21:59:17 ID:CXdHfzU6

アムロ「…あそこか!」

戦艦を背に一機のMSが待ち構えていた。

リヴァイブ「…?、ガンダムは4機だったはずだが」

この前やりあったMSと同じ、しかし色が違う。

前は薄い緑と白だったが、今目の前にある機体は薄いグリーンと白色の機体だ。

アムロ「悪いが、仕掛けさせてもらう!」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 22:24:00 ID:yHiWx8Tw

アムロはまずにガンダムの背中にあるフィン・ファンネルを3つ飛ばした。

そして、すかさずビームライフルを敵に放った。

リヴァイブ「脳量子波!?くっ…」

間一髪、ライフルを避けることに成功した。

しかし、様々な方向から断続的にビームが向かってくる。

リヴァイブ「なんなんだ!あのガンダムは!?」

頭の中で声が響く。

ヒリング(だから言ったでしょ!そのガンダムのパイロット、普通じゃないよ!)

リヴァイブ(まさか…イノベイターか!?)

ヒリング(そんなはずが…)



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 22:34:10 ID:CXdHfzU6

直後、ファンネルの間を縫ってアムロがビームサーベルで仕掛けた。

リヴァイブは咄嗟にビームサーベルで受け止める。

互いのサーベルが火花を散らす。

リヴァイブ「っ!?」

リヴァイブの背後、真下、真横にファンネルが滞空している。

アムロ「捉えた!」

アムロはファンネルに念を送る。



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 22:48:23 ID:CXdHfzU6

ファンネルから光が走る。

リヴァイブ「まずいっ!」

リヴァイブは真上に、ビームをかわしながら上昇した。

リヴァイブ「くそっ!ただ黙ってやられるわけにはいかない!」

νガンダムの攻撃をかわしている間、GNメガランチャーにGN粒子をチャージしていた。

リヴァイブ「こいつで…」

問題はタイミングだ。サーベルで連続して切りかかれば隙が生まれるはずだ。

ビームサーベルを抜き、一気にファンネルのビームをかいくぐり接近する。



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 22:54:21 ID:CXdHfzU6

アムロはファンネルをさらに2つ放出し、フィン・ファンネル・バリアーを作る。

リヴァイブ「そんなバリアーなど!」

ビームサーベルで切り払う。そして…

リヴァイブ「食らいな!!」

メガランチャーを撃ち放った。



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 23:03:37 ID:CXdHfzU6

ビームの激しい波が放出される。

リヴァイブ「所詮ガンダムなど、僕の敵じゃ」

真上からνガンダムが、ビームサーベルを抜き放ち、接近してきた!

リヴァイブ「そんな!?確かに当たったはずじゃ…」

ガデッサは首をはねられた。

リヴァイブ「いつか…必ず借りを…‼」

リヴァイブは小型の脱出機で後退した。



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 23:06:18 ID:CXdHfzU6

アムロは、メガランチャーが放たれる瞬間、ダミーと入れ替わったのだ。

アムロ「俺のフィン・ファンネルを全部避けるとは…」

敵は相当な輩のようだ。



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 23:13:42 ID:CXdHfzU6

戦艦やMSも後退していく。刹那達も上手くいったようだ。

アムロ「もどるか…」

アムロは周囲に漂うファンネルに念を送り、背に装着させた。

どうやらファンネルまでいじったらしい。流石CBのメカニックだ。

アムロ「アストナージが見たらなんて言うかな」

アムロは苦笑しながら、ラグランジュ3に戻った。



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 01:54:42 ID:Rg/TOihQ

薄い緑と薄いグリーンって一緒じゃね?



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 13:51:59 ID:nO8BCqE.

>>56様
そうでしたw
うっかりしてましたw



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 14:32:37 ID:nO8BCqE.

ープトレマイオス 格納庫ー

アムロ「イアン、νガンダムには一体どういう装備を付けたんだ?」

イアン「まずファンネル…だったな?あれには粒子貯蔵タンク(小)を付けた」

アムロ(だからあんなに速かったのか…)

イアン「次にライフルには擬似GNドライブを…」




59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 14:36:02 ID:nO8BCqE.

ロックオン「お、アムロさんお疲れ~」

アムロ「あぁ」

ロックオン「なんかあんたのガンダム、最初に見たときと比べてなんか変わったな」

アムロ「…どんどんνガンダムじゃなくなっている気する」

ロックオン「まぁ、おやっさんだから仕方ねぇなw」

アムロ「仕方ないのか?これ」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 15:24:35 ID:nO8BCqE.

ーブリッジー

スメラギ「新しい任務が決まったわ」

ティエリア「任務とは?」

スメラギ「アロウズの衛星兵器、メメントモリを破壊する事よ」

アムロ(衛星兵器…コロニーレーザーのような物か…)



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 15:27:57 ID:nO8BCqE.

スメラギ「各自、準備を怠らないでね」

ロックオン「了解」

刹那「ガンダムを見てくる」

アムロ「少し休むよ」

アレルヤ「僕も」

ロックオン「着くまではのんびりするさ」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 22:06:08 ID:nO8BCqE.

ーメメントモリー

アムロ(…無数の悪意が蠢いている…)

スメラギ「いい?最終目的はメメントモリの破壊よ?」

スメラギ「必ず破壊しないと…」

刹那「分かっている。あんな物、あってはいけない…」

ロックオン「同感だ…」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 22:13:33 ID:nO8BCqE.

フェルト「どうやら、敵側にガンダムタイプのMSがいるようです」

刹那「数は?」

ミレイナ「1機ですっ」

ティエリア「ガンダムタイプか…」

ロックオン「まだ、'あいつ'だって決まったわけじゃない」

ティエリア「そうだな…」

アムロ「とりあえず急ごう!」

スメラギ「作戦…スタート!」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 12:48:12 ID:qqBC7C6E

≫65様、応援ありがとうございます!m(_ _)m

5機のガンダムがそれぞれ発進する。

アムロ「ガンダムタイプは誰がやるんだ?」

刹那「俺が行く」

ティエリア「刹那…」

アムロ「分かった、俺はイノベイドをなんとかする。ティエリア達はメメントモリを」

ロックオン「任せな!」

ティエリア「イノベイドは任せた」

アムロ「あぁ」

アムロと刹那はトレミーから離れ、前進していった。

アレルヤ「あの…僕は?」

ティエリア「トレミーで待機」

アレルヤ「…」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 15:13:04 ID:qqBC7C6E

ダブルオー

刹那「確かアムロはこっちに居ると言ったな…」

ガンダムタイプ、つまり

刹那「アリー・アル・サーシェス!」

いた。赤く、異様な姿のガンダム。

刹那「こんどこそ…貴様だけは!!」

ビームを撃ち、GNソードで斬りかかる。

???「なにを勘違いしている?」

避けられた。そして、消えた。

刹那「なにっ!?」

咄嗟にGNフィールドを展開する。

直後、四方八方からビームが降りかかる。

刹那「この動き!?あの男の動きじゃない…!」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 15:34:12 ID:qqBC7C6E

シャア「私、シャア・アズナブルに出会った不幸を呪うがいい!」

刹那「くっ…この程度!」

GNフィールドを解除。同時にビームを拡散させて撃ち出す。どうやら真上にいるようだ。

シャア「中々良い動きだ…だが!」

拡散ビームを避け、背中に背負った大剣を抜き放ち接近する。

刹那は2本のGNソードを連結させて、GNツインランスにし、受け止める。

シャア「まだ、甘い!」

ダブルオーの背後にGNファングが迫る。

刹那「トランザム!」

鍔迫り合いを押し返し、ツインランスを激しくふり回す。



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 15:38:54 ID:qqBC7C6E

背後に迫ったGNファングを破壊する。

シャア「あれが、トランザムか…」

青かった機体が赤く発光している。

シャア「'赤'か…面白い!」

全GNファングを射出。ファングは赤く糸を引き、刹那に襲いかかる。



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 15:51:15 ID:qqBC7C6E

νガンダム

アムロ「この感覚…シャアか!!」

シャアの強い力の波をアムロは感じ取った。

アムロ「俺だけがこの世界にくるはずが無いと思ってはいたが…」

ヒリング「余所見してる暇があるのかい!」

リヴァイブ「落ちろ!」

ヒリングとリヴァイブのガデッサが襲いかかる。

ヒリングはサーベルを、リヴァイブはランチャーで攻めてくる。

アムロ「舐めるな!」

ヒリングのサーベルを避け、避けた反動でハイパーバズーカを発射。

そしてファンネルをリヴァイブに飛ばす。

リヴァイブ「一瞬で…!?」

バズーカとファンネルが迫る。

バズーカは避けたが、ファンネルのビームが機体を掠めた。



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 16:12:25 ID:qqBC7C6E

ヒリング「このぉ!」

ヒリングは振り返りつつサーベルで斬りかかる。

アムロ「そんな攻撃!」

アムロは上昇してサーベルを避ける。

そして、バーニアを噴射。その勢いでヒリングのガデッサに殴りかかる。

ヒリング「ぐあっ!」

アムロ(出来るだけこちらに引きつけなければ…)

遠くでトレミーがメメントモリに高速で接近しているのが見えた。



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 17:14:47 ID:qqBC7C6E

ダブルオー

ダブルオーが粒子化する。

シャア「…そこか!」

ライフルを撃つ。

刹那「甘い!」

アルケーガンダムの背後にまわる。

シャア「どうかな?」

シャアは後ろを見ずに大剣を突き出す。

刹那「なに!?」

再び離れるダブルオー。

刹那(なぜこうも居場所がバレる…?」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 17:27:49 ID:qqBC7C6E

トレミー

スメラギ「ロックオン!頼んだわよ!」

アレルヤ「ロックオン!」

ティエリア「ロックオン・ストラトス!」

ロックオン「その名のとおり…」

ロックオン「狙い撃つぜぇ!!」

ケルディムのビームがコアを撃ち抜いた!



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 18:01:50 ID:qqBC7C6E

νガンダム

アムロ「終わったようだな」

ヒリング「しまった!?」

リヴァイブ「くそっ!」

ダブルオー

刹那「ロックオン…上手くやったか!」

シャア「ほぅ…」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 18:13:40 ID:qqBC7C6E

刹那「後退する!」

シャア「ただで帰れると思ったか?」

アルケーのビームが刹那を捉えた。

刹那「しまった!?」

撃ちどころが悪かったらしい。

そのままダブルオーは地球に落ちていった。

シャア「ダブルオーがどれほどのものかは分かった」

シャア「引き上げるとしよう」

アルケーは赤い光を撒き散らしながら飛翔した。



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 18:50:19 ID:qqBC7C6E

ートレミー

スメラギ「刹那がいないですって!?」

フェルト「どうやら地球に落ちたようです!」

ティエリア「まさか…あのガンダムタイプに…?」

ロックオン「すぐに地球に降りるぞ」

スメラギ「トレミー進路、地球!」

ラッセ「了解!」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 19:00:59 ID:qqBC7C6E

ー元メメントモリ宙域ー

アムロ「刹那が地球に!?」

スメラギ「ええ。アムロ大尉、これから地球に降りるわよ!」

アムロ「分かった、俺はこのままガンダムで降りる!」

スメラギ「では、地球で会いましょ!」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 22:33:57 ID:qqBC7C6E

ー地球ー

刹那「少し傷が付いてしまったか…」

ビームで装甲が少しこげてしまっている。

空を見ると、赤いガンダムが自分を見下ろしていた。

刹那「貴様!まだ来るのか!?」

刹那は急いでダブルオーに乗った。

しかし、アルケーガンダムから聞こえてきた声は刹那がよく知る人物の声だった。

サーシェス「よお!クルジスのガキィ!」

刹那「アリー・アル・サーシェス!?」

刹那「なぜここに!?」

サーシェス「着いてきな…」

刹那「なにっ!?」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 22:56:04 ID:qqBC7C6E

νガンダム

アムロ「地球か…俺の世界の地球はどうなったんだ…」

アムロ「ん?この感じ…刹那か」

アムロ「!…強い敵意を感じる」

アムロ「刹那が危ない!」

アムロはνガンダムを刹那がいるであろう方角に走らせた。



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 00:28:28 ID:GOIygIE.

ートレミー

スメラギ「地球には降りたけど…」

ロックオン「刹那はどこにいるんだ?」

ティエリア「どうやら…クルジスにいるようだ」

ロックオン「クルジス?なんたってそんなとこに」

フェルト「現在、アムロ大尉が刹那の後を追っています」

ロックオン「なら安心だな」

スメラギ「トレミーはこのまま待機!損傷箇所を修理して!」

「「「「了解!」」」」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 02:11:51 ID:HRzd7FAU

シャアは自前のMSじゃないのか



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 12:38:36 ID:GOIygIE.

≫85様
シャアもアムロもアクシズの戦い後という設定なので、

シャアのサザビーは今は修理中という事になっています。

なので、急遽アルケーガンダムを使っていますw



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 12:47:09 ID:GOIygIE.

ークルジスー

刹那「こんな所に連れてきてどうするつもりだ!」

サーシェス「お前に会いたいってお方がいてなぁ…」

刹那「なに?」

サーシェス「ほら、あの方だ」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 12:52:38 ID:GOIygIE.

リボンズ「久しぶりだね、刹那・F・セイエイ。いや、ソラン・イブラヒム」

刹那「なぜその名を!?」

リボンズ「簡単な事さ、CBになる前の君に会っているからさ」

刹那「貴様など知らない!」

リボンズ「覚えていないかい?君が見上げていたガンダム…」

刹那「まさか…」



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:05:51 ID:m.wCXQP.

リボンズ「あのOガンダムには…



リボンズ「というわけなんだよ、刹那・F・セイエイ」

サーシェス(話し長ぇぜ…)

刹那「なにが言いたい!?」

リボンズ「返して欲しいんだよ、そのOOを…ね」

刹那「最初からそれが目的か!?」

銃を構える。



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:11:52 ID:GOIygIE.

サーシェス「やっと暴れられるぜぇ!!」

刹那がリボンズに狙いを定めるよりも早く、サーシェスは刹那を撃とうとする。

リボンズ「サーシェス。後退するよ」

サーシェス「⁉、そりぁないぜ大将!?」

リボンズ「上を見てみなよ」

サーシェス「上?」

上空を見ると、一機のガンダムがいた。



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:15:05 ID:GOIygIE.

刹那「あ…」

刹那の脳裏にある光景と重なる。

刹那「ガンダム…」

アムロ「刹那!無事か!?」

サーシェス「何だあいつは!?」

リボンズ「引くよ、君じゃ勝てない」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:18:13 ID:GOIygIE.

サーシェス「うるせぇっ!俺は今遊ぶぞ!」

リボンズ「サーシェス!僕の言う事が聞けないのか!!」

サーシェス「っ!?す、すまねぇ大将…」

刹那「後退した…?」

アムロ「…そうみたいだな」



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:21:15 ID:GOIygIE.

アムロ「刹那、とりあえずトレミーに戻ろう」

刹那「分かった…」

刹那(俺は…奴に選ばれたのか…)



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:25:38 ID:GOIygIE.

トレミー

ロックオン「やっと戻ってきたか!」

ティエリア「全く、だか無事ならそれでいい」

アレルヤ「そうだね」

刹那「すまなかった…」

スメラギ「皆、再開の所悪いけど次のミッションよ」

アムロ「今度はどうしたんだ?」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:38:51 ID:GOIygIE.

スメラギ「軌道エレベーターが占拠、それにメメントモリ2号機が攻撃しようとしているの」

刹那「メメントモリ2号機!?」

ロックオン「まじかよ…」

ティエリア「すぐに宇宙に上がろう!」

イアン「無理だな。トレミーも、何回も大気圏を越えるとさすがにボロがでる」

スメラギ「そんな!」

刹那「俺が行く」



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:41:24 ID:GOIygIE.

スメラギ「刹那…」

刹那「他はここに残ってくれ。いざという時のために」

アムロ「俺も行かせてもらおう」

刹那「…分かった」

スメラギ「二人とも、頼んだわよ!」



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 13:47:49 ID:GOIygIE.

ー格納庫ー

刹那「ダブルオーの傷が直っている…」

イアン「あぁ、整備はバッチリだ!」

整備「感謝する」

アムロ「…またνガンダムが変わった気が…」

イアン「気にすんな!」

アムロ「わ、分かった」



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 14:30:19 ID:GOIygIE.

ーメメントモリ宙域ー

刹那「あれか…」

アムロ「前方からイノベイド!」

デヴァイン「ブリングの仇!」

どうやらMAのようだ。

アムロ「こいつは俺がやる!」

刹那「任せた!」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 15:44:49 ID:GOIygIE.

デヴァイン「くっ!邪魔をするな!」

デヴァインのエンプラスがνガンダムに襲いかかる。

アムロ「それはこちらの台詞だ!」

アムロはビームライフルとハイパーバズーカを両手に持ち、エンプラスと戦う。



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 19:55:01 ID:GOIygIE.

エンプラスは爪を突き出しながら突進してきた。

νガンダムはそれをバズーカを発射した反動で避ける。

デヴァイン「そんな攻撃、当たったところで意味などない!」

爆風が晴れる。νガンダムは斜め後ろにいた。

アムロ「食らえっ!」

アムロはビームライフルのエネルギーを最大まで溜めて撃ち出した。

デヴァイン「くっ!」

エンプラスはGNフィールドを展開する。危うくコクピットに直撃する所だった。



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:00:40 ID:GOIygIE.

GNフィールドを展開しているにも関わらず、フィールドを貫通してきた。

デヴァイン「なにっ!?」

なんとか機体を動かすデヴァイン。

エンプラスの左半分が焼け焦げた。

デヴァイン「そんな!?」

νガンダムを見る。背中に背負っていたファンネルが全部射出されている。

アムロ「落ちろっ!」

アムロはファンネルをビームライフルの銃身に直結させて、ビームを撃ち出した。



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:04:11 ID:GOIygIE.

ただでさえ強力だったビームライフルにファンネルが追加されたのだ。

デヴァインはそれだけで、もうフィールドを展開しても無駄だという事を悟った。

デヴァイン「これまでか…」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:08:15 ID:GOIygIE.

しかし、ビームの波は自分の機体の真上を通りすぎた。

デヴァイン「な、なにっ…?」

その先にはメメントモリがあった。

アムロ「上手く当たってくれよ!」



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:29:42 ID:GOIygIE.

ダブルオー

刹那はトランザムを発動。

全エネルギーを集めたビームサーベル、ライザーソードでメメントモリを斬りつけた。

刹那「あと…少し!!」

メメントモリのコアまで半分。

そこに、6機小隊のアロウズのMSが迫る。

刹那「くそっ!GNフィールドは…無理か!」

全エネルギーをライザーソードに使っているのだ。

当然、動けるはずもない。

刹那「ライザーソードを止めるわけには…!」

6機のMSがそれぞれ武器を構え、特攻して来る。

刹那「間に合え…間に合ってくれ!!」

6機の内の3機がサーベルで斬りかかってくる。

刹那「っ!?後方からエネルギー!?」

アムロのνガンダムから放たれたビームだ。



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:33:21 ID:GOIygIE.

それは6機のMS達をなぎ払うには、十分すぎる程のエネルギーだった。

刹那「アムロ…!感謝する!」

もう何者も邪魔者はいない。

刹那は全GN粒子を放出し、ライザーソードを振り下ろした。



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 22:27:38 ID:GOIygIE.

ー元メメントモリ2号機宙域ー

デヴァイン「…なぜ俺を殺さなかった?」

デヴァイン「その気になれば俺も、あのMS達も消し飛ばす事ができたはずだ」

デヴァイン「なのになぜ!?」

アムロ「人を殺さない事に理由が必要なのかい?」

デヴァイン「!?敵のパイロットを殺さないとはどういう事だ!?」

アムロ「敵だとしても人間だ。俺は殺さないという事に最善を尽くす」

デヴァイン「…」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 22:34:06 ID:GOIygIE.

アムロ「俺は戻る、君も帰った方がいい」

デヴァイン「なに…?」

アムロ「その状態では戦う事はできない。だが、戻ることはできる」

デヴァイン「…」

アムロ「命は無駄にしてはならない。そうだろ?」

アムロはそう言うとνガンダムを地球に向け、降下させていった。

デヴァイン「命…か…」

デヴァインは青いバーニアの光と、緑の光が地球に落ちていくのを見つめながらそう呟いていた。



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 10:43:18 ID:4RWLRtrc

軌道エレベーターの破壊工作、人質の虐殺。

今回のアロウズの行動で、アロウズの地位は急激に下落。

占拠を行ったハーキュリーの証言により、情報の隠ぺいが発覚。

アロウズは軍の解体を迫られる。

トレミー

スメラギ「よくやってくれたわね二人とも!」

刹那「あぁ」

アムロ「これで敵の動きも止まるはずだ」

ロックオン「アロウズも大人しくなるだろう」



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 20:09:27 ID:4RWLRtrc

ートレミー(宇宙)ー

スメラギ「残す所はイノベイドだけね…」

刹那(あの男…シャア・アズナブル奴もイノベイド側だとしたら…)

フェルト「前方に七色の光!」

スメラギ「なんですって!?」

ティエリア「あの光は…」

アムロ(サイコフレームの光!)

ロックオン「アムロ大尉を見つけた時の光か!」



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 20:14:14 ID:4RWLRtrc

七色の光から巨大な戦艦が姿を表す。

あの戦艦には見覚えがある。

アムロ「ラー・カイラム!」

間違いない、ブライト達だ。

ティエリア「知っているのか?」

アムロ「俺がいた軍の船だよ」

アレルヤ「大きいですね…」



125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 20:21:50 ID:4RWLRtrc

アムロ「通信をさせてくれ!」

ミレイナ「はいですっ!」

アムロ「すまない!」

アムロ「こちらアムロ!ブライトか!?」

ブライト「アムロ!?なぜここに!?」

アムロ「ひとまず合流しよう!理由はその時話す!」



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 20:40:15 ID:4RWLRtrc

合流…

ブライト「ラー・カイラム艦長兼部隊司令、ブライト・ノアです」

スメラギ「プトレマイオス艦長兼戦術予報士、スメラギ・李・ノリエガです」

ブライト「早速ですが、少し聞きたい事があります」

スメラギ「この世界について、よね?」

ブライト「話が早くて助かります」

説明中…

ロックオン「あれがあんたの所の指揮官か…」

アムロ「あぁ、長年一緒に戦ってきた仲間だ」

ロックオン「へぇ…」

「アムロ大尉!」

アムロ「ん?」



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 20:52:17 ID:4RWLRtrc

シロー「自分は第08MS小隊隊長、シロー・アマダ です!」

シロー「お噂は予々聞いていました!実際に会えて感激ですっ!」

アムロ「あ、あぁ、そうかい?」

ユウ・カジマ(以下、ユウ)「あの、光を放っていたのはあんたか…」

アムロ「自分から放っていたという感覚はなかったが…俺のνガンダムの光だよ」

ユウ「会えて光栄だ…!」

アムロ「?あぁ…ありがとう」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:00:02 ID:4RWLRtrc

↑ミスですw

ワ~ワ~

ロックオン「アムロって人は…あっちの世界じゃどんな人物だったんだ?」

ティエリア「少なくとも英雄であった事に間違いはないだろう…」

アレルヤ「あれ?刹那は?」




130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:05:35 ID:4RWLRtrc

ー ラー・カイラム 格納庫 ー

アストナージ「このジム系のMSはアムロ大尉が初めて乗ったガンダムを参考に作られたMSだ」

刹那「ガンダム…!」

アストナージ「驚くのはまだ早いぞ?こっちのは…」

刹那「おぉ…!」



131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:08:43 ID:k8IBAhqo

アストナージさんが心強すぎるww



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:10:32 ID:4RWLRtrc

ートレミーー

ティエリア「…あっちの戦艦にいるようだ」

アレルヤ「刹那らしいな…」

ロックオン「全くだぜ…」

ブライト「…つまり、アムロのサイコフレームの…?」

スメラギ「その可能性が高いわね」



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:16:06 ID:DhAd197g

何で戦艦はシャアの反乱時代なのに、一年戦争時代の旧式ばっか積んでんの?とか、Ezって宇宙じゃ使えねーだろって野暮なツッコミはナシだよな



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 22:18:31 ID:4RWLRtrc

≫133様
ジム系のMSというのはジム?决の事です。
(逆襲のシャアのラスト、アクシズを押し返そうとした時にアムロの援護にきた機体ですね)
アクシズの出来事の後、ジェガンが不足してしまい、その穴埋めとしてジム?决を…てな感じですw
Ezは…。シローが何に乗るか考えてませんでしたw



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 21:54:46 ID:4RWLRtrc

ラー・カイラム

刹那「…このガンダムは?」

アストナージ「あぁそれか、ユニコーンガンダムっていうらしい」

刹那(アムロのνガンダムと…似た感じがする…)

アストナージ「俺もこいつの事はよくわかんねぇ。パイロットも知らねぇしな」

刹那「パイロット?」

アストナージ「今医務室に居るよ」

アストナージ「敵の機体を抱えたまま着艦許可を求めて来てな?」

アストナージ「頭いかれてるのかと思ったよ」

刹那「…」



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 22:34:54 ID:4RWLRtrc

ラー・カイラム 医務室

「こ、ここは…」

マリーダ「気が付いたか」

「マリーダさん…」

マリーダ「なにを驚いている?お前がこの場所に連れてきたんじゃないか」

マリーダ「バナージ・リンクス」

バナージ「俺が…?」

ユニコーンガンダムに乗って、マリーダさんを説得していた途中で…

覚えてない…

マリーダ「…マーシンに飲まれていたんだな」

バナージ「マシーンに…飲まれる…」

マリーダ「…あぁ」



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 22:39:25 ID:4RWLRtrc

トレミー

ブライト「だとすると、やはりシャアも…?」

アムロ「あぁ…たぶんな…」



ロックオン「シャア・アズナブルって奴はなんなんだ?」

シロー「アムロ大尉の因縁の敵ですよ」

ティエリア「因縁?」

ユウ「俺が聞いた話では…」



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 23:42:20 ID:4RWLRtrc

ブライト「あぁ、そうだアムロ」

アムロ「なんだい?」

ブライト「お前当てに新しいガンダムがアナハイムから届いた。目を通しておいてくれ」

アムロ「新しいガンダム?分かった後で…」

イアン「新しいガンダムだって!?」

アムロ「あぁ、νガンダムの完成版さ」

イアン「アムロ大尉、一生のお願いだ!」

アムロ「…なんだい?」

イアン「俺に新しいガンダムを改造させてくれ!」

アムロ「やっぱりな…」



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 23:47:22 ID:4RWLRtrc

アムロ「…まぁいいか。程々にしておいてくれよ?」

イアン「恩に着る!!」

アストナージ「俺にもやらせてくれないか?」

アムロ「いつのまに…」

アストナージ「ちょうど刹那にラー・カイラムのMSを紹介し終わった所なんだ」

刹那「…」満足っ

アムロ「じゃあ頼んだよ」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 23:53:00 ID:4RWLRtrc

イアン「おぉ!あんたがνガンダムの整備をした人か!」

アストナージ「そっちも、すげぇガンダム達じゃねぇか!あんたも中々やるなぁ!」

イアン「まぁな!新しいガンダムにとっておきのシステムとか、武装があるんだ!」

アストナージ「ほんとかっ!?早く格納庫に行こう!」

イアン「おうよ!」



アムロ「…」



153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 15:03:20 ID:ZUqw9txA

コロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイング(以下、母艦ソレスタルビーイング)

リベンズ「…どうやら僕でも知らない'異変'が起きているようだ」

ヒリング「異変?」

リボンズ「この宇宙のあちこちに'穴'が空き初めている…」

リボンズ「いや、扉と言った方がいいか」

リボンズ「君が来た扉はアムロ・レイとνガンダムが作った扉だね」

シャア「扉…」



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 15:15:32 ID:ZUqw9txA

リボンズ「君達もさ」

シャギア「…」

オルバ「…」

ギンガナム「その扉のせいで、∀との決着が邪魔されたのか!?」

ミリアルド「妙な所に呼び出されたわけだ…」



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 15:26:33 ID:ZUqw9txA

シャア「ナナイはともかく、なぜお前がここにいる?。お前は死んだはずだ」

ハマーン「知らんな、そんな事」

リボンズ「あの扉の奥はどうやら時間の流れがおかしいようだ」

リボンズ「死んだ人間も、死ぬ前、生きていた時の人が出て来てもおかしくはないよ」

リボンズ(ヴェーダの予測ではね…)

シャア「デタラメだな…」



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 15:35:13 ID:ZUqw9txA

トレミー

フェルト「9時の方向、MSによる戦闘ありです」

スメラギ「戦闘?もっと早く気付けなかったの?」

フェルト「それが…突然現れて…」

スメラギ「突然現れた?」

アムロ「そのMS達も別の世界から来たんじゃないか!?」

ティエリア「なるほど…」

スメラギ「モニターに出して!」

ミレイナ「了解ですっ!」



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 15:47:00 ID:ZUqw9txA

モニターの画面には2機のガンダム。そして白い大きなMAが映っている。

刹那「ガンダム…」

アムロ「MAからは強烈な悪意を感じる…」

アレルヤ「どうします?」

スメラギ「加勢するに決まってるでしょ!」

ロックオン「どっちに?」

スメラギ「それはもちろん」

刹那「ガンダムだ!」

ロックオン「やっぱりな…」



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 16:17:51 ID:ZUqw9txA

キンケドゥ「くっ!こんな所でも勝負を仕掛けてくるなよ!」

ドゥガチ「死ね…死ねぇ!!」

どうやら聞こえてもいないようだ。

ドゥガチは巨大MA、ディビニダドから羽状のファンネル、フェザーファンネルを展開する。

トビア「くそっ!しつこいぞ!」

クロスボーンでも限界が近い。

このまま攻撃を避け続ければ間違いなくやられる。

トビア「一気に勝負を決める!」

トビアは守りを捨て、攻めに出る。

キンケドゥ「待て!トビア!」



159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 16:44:21 ID:ZUqw9txA

おそらくトビアの位置からフェザーファンネルで見えていないのだろう。

ディビニダドが超大型メガ粒子砲を撃とうとしているのを。

今のトビアのX3のIフィールドでは防ぎきれないだろう。

キンケドゥ「くそっ!間に合わない!」

助けに行こうとするキンケドゥをフェザーファンネルが邪魔をする。



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 17:22:01 ID:ZUqw9txA

キンケドゥ「トビア!!」

トビア「うおおぉぉぉ!!」

ディビニダドに斬りかかろうとするトビア。

フェザーファンネルの攻撃が止む。

トビア「!?」

目の前にはエネルギーをチャージし終わった ディビニダドがいた。

トビア「しまった!?」

キンケドゥ「トビアァ!!」

ディビニダドはトビアにメガ粒子砲を発射した。

トビアの目の前の真っ白になる。



162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 18:20:47 ID:ZUqw9txA

真っ白になった'だけ'だった。

トビア「え…?」

キンケドゥ「あれは…」

X3の前にビームのバリアが張られている。

ドゥガチ「!?」

バリアによってディビニダドのメガ粒子砲が四方に拡散していく。

メガ粒子砲が消えるとバリアを形成していたファンネルは、ある場所へと飛んで行く。

その場所とは…



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 18:47:23 ID:ZUqw9txA

キンケドゥ「νガンダム!!…?」

自分が知っているνガンダムとはどこか…違う。

緑色の光なんて出してなかったはずだが…。

緑の光以外にも色々とおかしい所があるが…。

νガンダムから通信が入る。

アムロ「大丈夫か!?」

この声は聞いた事がある。伝説のNT。

アムロ・レイだ。



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 19:59:16 ID:ZUqw9txA

アムロ「共にあのMAを落とすぞ!」

そう言いながらνガンダムはキンケドゥを追い越した。

キンケドゥ「了解!」

νガンダムの後に続く。

キンケドゥ「トビア!仕掛けるぞ!」

トビア「は、はい!」



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 20:08:01 ID:ZUqw9txA

X1がグレネードランチャーで ディビニダドを攻撃する。

ディビニダドはフェザーファンネルをバリア状に展開して、グレネードを破壊した。

アムロ「いくら、ファンネルを纏ったとしても…!」

アムロはフィン・ファンネルを全射出。

ディビニダドの四方八方に展開。

アムロ「僅かな隙間があるはずだ!」

そして攻撃させた。



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 20:46:56 ID:ZUqw9txA

ディビニダドに光の槍が降り注ぐ!

ドゥガチ「無駄だぁ!!」

ドゥガチはディビニダドの全フェザーファンネルを射出。

全てのファンネルをバリアにまわした。

ドゥガチ「貴様のファンネルと、わしのファンネル、どちらが持つかな…!?」

アムロ「舐めるな!」



167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 20:54:57 ID:ZUqw9txA

3分後…

ピシュン!ピシュン!

アムロのファンネルがディビニダドを狙う!

ディビニダドがバリアで防ぐ!

ドゥガチ「ぬぬぬ…」バシュ!バシュ!

いまだアムロのファンネルのビームは止まらない。



168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 21:04:05 ID:ZUqw9txA

6分後…

ドシュン!ドシュン!

アムロのファンネルが図太い光の矢を撃つ!

ドゥガチ「ぐ…う…」バシ!バシ!

ドゥガチ「必死で防ぐ!

いまだアムロのファンネルは(ry



169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 22:04:24 ID:ZUqw9txA

9分後…

バチチチ(溜め)…ズガガガァァ!!!(照射)

アムロのファンネルがえげつない程の量のエネルギーを溜め、解き放った!

ドゥガチ「!?」

白いMAは宇宙の藻屑になった!

アムロ「よし!帰投する!」

キンケドゥ「…」

トビア「」



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 23:42:28 ID:ZUqw9txA



トレミー

スメラギ「それじゃあ、あなた達もガンダムのパイロットなのね?」

キンケドゥ「はい」

アムロ(俺が居なくなった後にそんな事が…)

イアン「クロスボーンガンダムねぇ…」

ロックオン「宇宙海賊か…」

ティエリア「さすがの刹那も、これには興味なんて…」

刹那「…」キラキラ

ティエリア「」



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 23:44:00 ID:ZUqw9txA

今日はここまでです。
読み返してみて気づきました。
スパロボですねこれw



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 01:37:14 ID:awXwwq9Y

最近のGジェネでもある



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 16:41:37 ID:rFnGxe4o

ティエリア「味方が増えるのはありがたいが…MSに問題がある者はどうしたら?」

ユウもシローもMSはジム?决だ。しかもこの世界のMSと比べると性能さがモロにでる。

イアン「その点は問題ないだろう。ラグランジュ3に行けばなんとかなる」

ティエリア「ならいいんだが…」



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 16:45:42 ID:rFnGxe4o

ブライト「一応、ユウ・カジマの前使っていたMSは、ありますが…」

ブライト「なにぶん、損傷が激しく…」

イアン「ならそのMSを修理(改造)しよう!」

ブライト「ユウ、問題ないか?」

ユウ「…あぁ」

イアン「許可も降りたし、ラグランジュ3に着いたらすぐに修理するさ」



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 16:53:29 ID:rFnGxe4o

ラー・カイラム 格納庫

アムロ「…」

アムロは1機のMSを眺めていた。

アムロ「ユニコーンガンダムか…」

アストナージの話だと、サイコフレームを使ってるらしい。

それも全身に。



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 17:00:12 ID:rFnGxe4o

バナージ「あの…」

アムロ「なんだい?」

バナージ(この人…確か…)

バナージ「ユニコーンがどうかしましたか?」

アムロ「いや、大した事じゃないよ。珍しいMSだなってね」

バナージ「これ、ガンダムなんですよね…」

アムロ「あまりガンダムという感じじゃないな」

バナージ「えぇ。今の姿は、仮の姿なんで…」

アムロ「仮?」



177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 17:04:10 ID:rFnGxe4o

バナージ「俺も…あまりよくわからないんです」

アムロ「そうか…。すまないな、質問ばかりで」

バナージ「いえ、いいんですよ」

アムロ「じゃあ、俺はこれで…」

バナージ「あ…」

格納庫から出て行くアムロ。



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 17:11:18 ID:rFnGxe4o

バナージ「名前…聞きそびれたな…」

何か…他の人とは違う。そんな人だった。

バナージ「また、会えた時にでも聞こう」



181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 18:56:15 ID:rFnGxe4o

ラグランジュ3

イアン「じゃあ、行ってくる!」

アストナージ「俺も!」

アムロ「…元気だな、あの2人」

ティエリア「お互い通じる所があるんだろう…」

アムロ「メカニックマンだからか…」

ティエリア「そういう事だ」



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 21:22:00 ID:rFnGxe4o

アムロ「…俺が居なくなった後、世界はどうなった?」

ブライト「あぁ…なにひとつ変わってはいない…」

ブライト「いつも犠牲になるのは子供達だ…」

アムロ「俺の見せた光は…無意味だったのか…」

ブライト「だが、お前が見せた光は…次の時代の子供達が受け継いでる」

ブライト「無意味ではない」

アムロ「!…そうか」



183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 22:00:54 ID:rFnGxe4o

母艦 ソレスタルビーイング

リボンズ「シャア。君の機体、修理終わったよ」

シャア「すまないな」

リボンズ「君の要求全てクリアーするのも大変だったよ」

シャア「これくらいやらねばアムロには勝てんよ」

リボンズ「一度僕も戦ってみたくなってきたよ」



184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 22:05:48 ID:rFnGxe4o

リボンズ「ところで、修理するまで使っていたアルケー」

リボンズ「あれの乗り心地はどうだった?」

シャア「あれは動きが複雑すぎる。私には使いこなせんよ」

リボンズ「ダブルオーを手玉に取っていたくせに…」

シャア「あの機体の問題ではない。運がよかったのだよ」

リボンズ「運?」



185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 22:12:20 ID:rFnGxe4o

シャア「あのパイロットは私と初めて戦った。それだけさ」

リボンズ「あまりうまくわからないけど?」

シャア「慣れ、が必要だという事だ」

シャア「現にあの機体、ダブルオーライザーに乗り換えてから間も無かったのだろう?」

リボンズ「僕は一度も、刹那が機体を乗り換えたなんて言ってないはずだけど?」

シャア「フフッ、感だよ」



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 23:37:13 ID:rFnGxe4o

リボンズ「君の機体、余裕があったから2機作ったけど、どうする?」

シャア「詳しく聞かせてくれ」

リボンズ「一つ目は君のMS、サザビーの強化型」

リボンズ「二つ目はサザビーの'発展'型だよ」

シャア「発展型?」

リボンズ「例の扉があったよね?あれを覗いていたら半壊したMSが流れて来てね」

リボンズ「持ち帰ってよく見てみたら、君のサザビーに似た所があった」

リボンズ「それを修理して作ったんだよ」

シャア「私のサザビーに似た機体?」



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 23:40:50 ID:rFnGxe4o

リボンズ「君の世界のMSじゃないのかい?」

シャア「…よくわからんな」

リボンズ「見た感じ、君の機体より後の世代のようだった」

リボンズ「だから君のサザビーの発展型だと思ってね」

シャア「…場合によって使い分けるさ」

リボンズ「フッ…欲張りなんだね」

シャア「よく言われるな」



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 15:27:10 ID:Mfhcbnhg

シャギア(オルバ…やるぞ!)

オルバ(分かったよ。兄さん!)

リボンズ「僕を殺そうとしたって無駄だよ」

シャギア「なにっ!?」

リボンズ「どうやら僕達イノベイターのようにテレパシーを使えるようだね」

オルバ「なぜそれを!?」

リボンズ「無駄な事はしない方がいい。君達の会話は僕に筒抜けなんだよ」

シャギア「くっ…」



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 15:41:07 ID:Mfhcbnhg

リボンズ「僕はただ君達に手伝ってもらいたいだけだよ」

リボンズ「CBのガンダムを倒すのを…ね」

シャギア「…断ると言ったら?」

リボンズ「消えてもらうだけだよ」

オルバ「くそっ…」

リボンズ「もちろんタダでとは言わないよ?」



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 15:49:57 ID:Mfhcbnhg

リボンズ「君達のガンダムを強化する。っていうのはどうだい?」

シャギア「なにっ…?」

オルバ「ガンダムを…?」

リボンズ「君達が憎んでいるNTを簡単に消せる力をあげるって事だよ」

シャギア「…」



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 16:11:37 ID:Mfhcbnhg

シャギア「…分かった」

リボンズ「交渉成立だね」

リボンズ「CBが来るまでくつろいでていいよ」

リボンズ「彼等が来たら働いてもらうからね?」

シャギア「あぁ」

オルバ「兄さん…」



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 16:14:28 ID:Mfhcbnhg

ラグランジュ3

イアン「よし!修理完了だ!」

ユウ「すまないな」

イアン「いや~いじるのは楽しいな!」

ユウ「いじる?」

イアン「いや、こっちの話だ」

ユウ「…そうか」

アムロ「…」



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 16:17:28 ID:Mfhcbnhg

イアン「シロー!君のMSも出来たぞ!」

シロー「本当ですか!?」

イアン「これだ!」

X2

シロー「…どこかで見たような…」

イアン「細けぇこたぁいいんだよ!」



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 16:22:27 ID:Mfhcbnhg

イアン「アムロ大尉、後もうちょっとだけ時間をくれ!」

アムロ「別に構わないよ」

イアン「ありがてぇ!」

アムロ(あの奥にあるのは…νガンダムの強化型か?)

アムロ「アストナージがなんか叫んでいるな…」

イアン「あぁ、ちょっとトランザムがな…」

アムロ「え?」

イアン「いや、なんでもない」



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 17:03:56 ID:Mfhcbnhg

イアン「まぁ気にせずゆっくりしててくれ」

アムロ「?分かった」

アムロは開発ブロックから出て行った。

イアン「出来てからのお楽しみってやつだ」

アストナージ「イアン、擬似GNドライブを付けるから手伝ってくれ!」

イアン「おう!任せろ!」



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 18:06:13 ID:/0jwOOjo

それにしてもこのメカニック達、ノリノリである。



202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 18:11:44 ID:Mfhcbnhg

スメラギ「刹那、あなたに果たし状が来てるわよ」

刹那「果たし状?」

「メメントモリ跡で待つ!」

ロックオン「なんだこれ?」

アレルヤ「悪質な嫌がらせかも…」

刹那(あの男か…)



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 18:22:42 ID:Mfhcbnhg

スメラギ「本当に行くの?」

刹那「あぁ」

ティエリア「大丈夫なのか?」

刹那「問題ない」

刹那「ダブルオー!刹那・F・セイエイ、出る!」

ロックオン「行っちまったよ…」



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 20:07:11 ID:Mfhcbnhg

メメントモリ跡

ブシドー「待ち兼ねたぞ!少年!」

刹那「貴様…フラッグの…」

ブシドー「昔の話などに興味はない。私が求めているのは!」

ブシドーのMS、スサノオが赤く染まる。

ブシドー「戦いによる勝利のみ!」

両者のMSが赤い光を放ちながら激突した。



206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:02:21 ID:Mfhcbnhg

20分後…

ブシドー「良い勝負だった!」ガシッ!

刹那「お互いな」ガシッ



ロックオン「心配だから来てみたが…」

ティエリア「無駄足だったようだな」



207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:08:46 ID:hsAd2XwU

こいつら何があったんだよww



208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:14:42 ID:Mfhcbnhg

ラグランジュ3

スメラギ「…それで、意気投合して仲間になったって?」

ブシドー「そういう事になるな」

スメラギ「あなた確かこの前までアロウズだったんでしょ?」

ブシドー「この前はこの前だ。今はフリーのMS乗りだ」

スメラギ「まったく…」チラッ

刹那「…」タノムッ

スメラギ「まぁ良いわ」

アレルヤ(良いのか…)



209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:17:45 ID:Mfhcbnhg

スメラギ「でも、偽名を使うのはナシよ?今日から仲間なんだから」

ブシドー「熟知している」

ブシドー「もはやこの仮面も必要あるまい」

スメラギ(最初から必要ないわよそんなもの…)



210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:31:54 ID:Mfhcbnhg

イアン「ようやく出来上がったぞ!アムロ大尉!」

アムロ「出来たか!」

アストナージ「バッチリだ!」

青と白のガンダム。背中に付いているのは…GNドライブだ。

アムロ「太陽炉が付いているな…」

イアン「擬似だけどな」

イアン「オリジナルの太陽炉は数が限られていてな…」

イアン「すまんな」

アムロ「いや、擬似だろうが太陽炉だ。俺には勿体無い程だよ」



212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:37:26 ID:Mfhcbnhg

アムロ「で?」

イアン「ん?」

アムロ「また何か付けたんだろ?」

イアン「さすがアムロ大尉。ばれちまったか」

アストナージ「なんとトランザムが使えるようになっているんだ!」

アムロ「トランザムが?」

イアン「ああ、さすがに苦労したがな。なんとか使えるようにしたぞ」

アムロ「さすがだな、2人共」

アストナージ「ラグランジュ3の技術がすごかっただけさ」

イアン「まぁな」



213: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 22:41:24 ID:Mfhcbnhg

アムロ「これで全力で戦える!」

イアン「トランザムシステムも付けたからな!」

アムロ「トランザムを使えるようにしたのは俺のMSだけじゃないんだろ?」

アストナージ&イアン「~♪」口笛

アムロ「ハハッ。全く、すごい才能だよ君達は」



220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 14:57:08 ID:uQ4qYaM.

イアン「まぁこれだけ強化してるから、イノベイド達も楽勝だろ!」

アムロ「いや…さすがにそう上手くはいかないさ」

イアン「そうか?」

アムロ「シャアがいるからな…」

アストナージ「あぁ…」

アムロ「おそらくシャアの機体も…」



221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 15:13:31 ID:uQ4qYaM.

リボンズ(…そうか。分かった)

リボンズ「…」

シャア「どうかしたのか?」

リボンズ「CBの基地、ラグランジュ3に送り込んだスパイから情報を…ね」

シャア「どんな情報なんだ?」

リボンズ「秘密さ」



222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 15:19:10 ID:uQ4qYaM.

リボンズ「これで、ようやくCBを消すことが出来そうだよ」

シャア「ほぅ?」

リボンズ「全ての決着をつける時が来たんだよ」

シャア「相当な自信だな?」

リボンズ「まぁね…」



223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 15:32:59 ID:uQ4qYaM.

リボンズ「邪魔者を消すチャンスでもあるしね」

リボンズ「そして、世界が僕達イノベイターの物になるチャンスでもある」

リボンズ「フフフッ…楽しみだ」


デヴァイン「…」



224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 15:47:54 ID:uQ4qYaM.

トレミー

スメラギ「イノベイドの本拠地が見つかったわ!」

ロックオン「何だって!?」

ティエリア「なぜ急に…」

スメラギ「突然現れたのよ」

ティエリア「突然?」

アレルヤ「光学迷彩でも使っていたのかも…」

刹那「すぐに行こう!」

スメラギ「そうね、ブライト艦長に伝えて」

スメラギ「敵の本拠地を落とすってね!」

フェルト「了解、ラグランジュ3にいるパイロット達にも伝えます」



225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:04:41 ID:uQ4qYaM.

母艦ソレスタルビーイング

リボンズ「まさか君が僕を裏切るなんてね…」

デヴァイン「ごふっ…!」

リボンズ「一体どういうつもりだい?光学迷彩まで壊して…」

デヴァイン「未来…」

リボンズ「ん?」

デヴァイン「あの男の中に…未来を見たからだ…」

リボンズ「未来?僕が作ろうとしているじゃないか」

デヴァイン「あの男とお前は違う…」

リボンズ「?」



226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:11:21 ID:uQ4qYaM.

デヴァイン「あの男は…俺の事を道具としてではなく、一人の人間として見てくれた」

リボンズ「人間?君はイノベイターじゃないか。そんなもの…」

デヴァイン「お前だって気付いてるはずだ…!」

デヴァイン「俺達'イノベイド'はただの道具、作られた存在」

リボンズ「!?」



227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:17:16 ID:uQ4qYaM.

デヴァイン「俺や、ヒリング、リヴァイブでさえもお前は道具としてしか見ていない」

デヴァイン「同じ存在なのにだ。」

リボンズ「…なにが言いたい?」

デヴァイン「俺はお前より…あの男を選ぶ」

リボンズ「そうかい」ドンッ!

デヴァインの意識が霞んでいく…。

デヴァイン(俺も…一人の人間として…生きたかっ…)



228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:19:14 ID:uQ4qYaM.

リボンズ「人間?下等な人類など…」

一人になったリボンズはどことなく呟いた。



シャア「…」



229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:21:36 ID:uQ4qYaM.

トレミー

スメラギ「見えてきたわ」

アレルヤ「大きいですね…」

ティエリア「こんな物が…」

フェルト「敵基地からビーム、来ます!」

スメラギ「避けて!」



230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 16:29:45 ID:uQ4qYaM.

敵の基地から放たれビームはどことなくある物に似ていた。

アムロ「まるでメメントモリだな…」

スメラギ「あんな物、あってはならないわ…」

刹那「…出撃する!」

ロックオン「だな!」

各々のマイスター達が格納庫に向かうのを見て、アムロも格納庫に向かった。

「未来を…」

アムロ「え?」

アムロ「…気のせいか?」



231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 19:15:01 ID:zzyeJ.jg

フェルト「敵基地から、MS多数!」

スメラギ「種類は?」

フェルト「擬似太陽炉搭載機と…ガンダムタイプです!」

スメラギ「またガンダム…」

ラッセ「主砲の操作に行ってくる。出来るだけ落としてやるさ!」

スメラギ「無理はしないでね?」

ラッセ「分かってるさ」



232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 19:54:31 ID:uQ4qYaM.

Hi-ν

アムロ「良い機体だ…」

ダブルオー

刹那「羨ましい…」

アリオス

アレルヤ「え…」

セラヴィー

ティエリア「なんて贅沢な…」

ケルディム

ロックオン「ダブルオーだけでも贅沢だ」



233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 19:59:59 ID:uQ4qYaM.

スメラギ「刹那!前方からすごい数のMSが来るわよ!」

刹那「なに!?」

アムロ「皆、このまま前進してくれ」

アレルヤ「このままですか!?」

ティエリア「…なにかあるんだろう。任せるよ」

ロックオン「だな」

アムロ「ありがとう」

アムロ「イアン。頼む」



234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 20:12:42 ID:uQ4qYaM.

トレミー 格納庫

イアン「了解だ!全部射出するか?」

アムロ[いや、7割程でいい]

イアン「分かった!上手く操ってくれよ!」

イアン「フィン・ファンネル、全300個。210個入りコンテナ放出!」

メカニック達「おぉぉ!!」



235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 20:14:54 ID:uQ4qYaM.

ラー・カイラム 格納庫

アストナージ「よし!こっちも放出しろ!」

メカニック達「了解!」

2つの戦艦からMA程の大きさのコンテナが射出される。



236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 20:20:03 ID:uQ4qYaM.

2つのコンテナがアムロの元に。

アムロ「来たか!」

Hi-νの真上を通った後、コンテナは自動で開いた。

そして中から無数のファンネルが!

アムロ「俺とこの機体ならやれる!行け!フィン・ファンネル!」

アムロのその言葉の直後、ファンネルは緑色の光を放ちながら敵のMS群に迫った。



237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 20:55:04 ID:55w50h5g

チートすぎだろwww



238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 21:00:30 ID:uQ4qYaM.

リボンズ側のMS、ガガの群はなんとかトランザムを起動し、避けようとする。

しかし、圧倒的なファンネルの数と、アムロの技術によって次々と行動不能にされていった。

アムロ「よし!このまま突破するぞ!」

ティエリア「…羨ましい」

ロックオン「…だな」



239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 21:15:02 ID:uQ4qYaM.

アムロは感じとった。

複数の方向に飛ばしたファンネルが壊されているのを。

おそらくエースパイロットだ。

アムロ「皆!ここから先は分かれて行こう!俺も出来るだけファンネルで援護する!」

ティエリア「レーダーを見て分かる。ファンネルが壊されている」

ロックオン「つまり手練れのパイロットがいるって事だな」

アムロ「あぁ、皆…頼んだぞ!」

アレルヤ「任せください!」

刹那「俺も…お前を信じる」

アムロ「よし!行くぞ!」



240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 21:27:20 ID:uQ4qYaM.

トレミー

スメラギ「アムロ大尉、すごいわね…」

フェルト「イアンさんとアストナージさんもです」

スメラギ「そうね…」

イアン「敵は何体残ってる?」

スメラギ「さっきのファンネルで8割減ったわ」

イアン「やっぱりか…」

スメラギ「やっぱり?」



241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:22:11 ID:uQ4qYaM.

イアン「アムロ大尉、敵を殺さないで無力化させてるんだよ」

スメラギ「え?」

フェルト「レーダーに敵のMS反応はありませんが…」

イアン「レーダーが感知しなくなったのは相手側のMSの擬似太陽炉が壊されて、粒子がでなくなったからだ」

スメラギ「なんで敵を…」

イアン「なんでも、「強化人間もイノベイドも好きで戦ってるわけじゃない」とかなんとか…」

スメラギ「強化人間?」



242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:27:51 ID:uQ4qYaM.

スメラギ「…気になるけど今は目の前の敵に集中しましょ」

イアン「あぁまだ残っているからな」

スメラギ「トレミーを前進させて!敵基地からヴェーダを取り返すわよ!」

フェルト「了解!」

ミレイナ「はいです!」

ラッセ[おい!奥の方からビーム攻撃が来てるぞ!]

スメラギ「ビーム攻撃?どこから?」

フェルト「敵の戦艦です!データーに該当無し!」



243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:30:54 ID:uQ4qYaM.

レウルーラ

ナナイ「これも…大佐のため!」

ナナイ「レウルーラ!CBに特攻を掛ける!」

シャア[ナナイ!何をしている!?馬鹿な真似はやめろ!]



244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:38:05 ID:uQ4qYaM.

トレミー

スメラギ「くっ…邪魔しないで欲しいわね…」

?「そのまま進んでくれたまえ」

フェルト「後方からビームによる援護、来ます!」

スメラギ「援護?」

ミレイナ「戦艦、これも照合なしですっ!」



245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:43:42 ID:uQ4qYaM.

宇宙空母

トレーズ「ここは私、トレーズ・クシュリナーダが受け持った!」

スメラギ[援護、感謝します!]

スメラギ[失礼ですが、援護というのは誰から…?]

トレーズ「カタロンから、と言っておこう」

スメラギ「カタロンが…?」

トレーズ「事情は聞いている、いきたまえ」

スメラギ「ありがとう…」



246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:49:22 ID:uQ4qYaM.

ナナイ「邪魔を…!」

トレーズ「その言葉、そっくりそのまま返そう」

[トレーズさん、出撃いいですか?]

トレーズ「頑張るといい」

[了解!]

トレーズ「さぁ、見せてくれ…!別の世界のガンダムの力を!」

マフティー「マフティー・ナビーユ・エリン、Ξガンダム行きます!」



248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:25:28 ID:d3e93egE

Hi-ν

後ろからビームが走る。避ける。

斜め上からファングが迫る。上に上昇。

下からビームライフルの光が追って来る。ファンネルのバリアーを展開。

前でビームサーベル輝く。同じくビームサーベルで受け止め、切り結ぶ。

リボンズ「君のガンダム…素晴らしい力を持っているね」

Hi-νのバルカンを連射する。リボンズの機体、リボーンズガンダムは横に回転しながら避けた。

アムロ「褒め言葉として受け取っておく!」



249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:36:38 ID:d3e93egE

アムロは回転して避けたリボーンズガンダムにビームサーベルで斬りかかる。

リボンズ「甘いよ」

アムロは気付く。ガンダム'じゃない'。

背中にあったはずのフィン・ファングから強力なビームが放たれる。

Hi-ν、ファンネルバリアーで防ぐ。

リボンズ「今のを避けるとはね」

Hi-νはバリアーの向こう側からリボンズの機体、リボーンズキャノンを撃つ。



250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:38:54 ID:d3e93egE

避けられる。

アムロ「…貴様こそ!」

Hi-ν、フィン・ファンネルを全展開。

先ほど、ガガをなぎ払った分のファンネルはもう無い。

今'ここ'にあるのはHi-νに積まれた分だけだ。

リボンズ「さすがに分が悪いね」

リボンズは機体を変形させ、リボーンズガンダムにする。

そしてフィン・ファングを全展開。



251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:49:13 ID:d3e93egE

リボンズ「これなら丁度いいね」

両者、遠隔操作型兵器を相手に向ける。

アムロ「行け!フィン・ファンネル!」

リボンズ「ゆけ!フィン・ファング!」

緑の光と赤い光が激しく入り乱れる。

その中心で

青と白のガンダムと

赤と白のガンダムが

互いにビームサーベルを構え、

互いにビームライフルを撃ち、

激突していた。



253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 02:29:13 ID:lv4aZk/U

乙です

よく考えたらアムロとリボンズって声一緒だね



255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 17:10:03 ID:d3e93egE

ケルディム

ロックオン「またガンダムタイプか…」

セラヴィー

ティエリア「しかも2機か」

ヴァサーゴ

シャギア「ちょうど2対2だな、オルバよ」

アシュタロン

オルバ「やはり見たことのない形をしている…」



258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 18:43:37 ID:d3e93egE

アリオス

アレルヤ「あの機体は…ガンダム?」

エピオン

ミリアルド「ここでもガンダムか!やり甲斐がある!」



260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 18:47:28 ID:d3e93egE

ラー・カイラム

ブライト「MS、第二波出撃させろ!」

「了解!」

ブライト「急げよ!敵は待ってはくれないぞ!」

「はい!」



261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 19:01:40 ID:d3e93egE

ユニコーン

バナージ「また…出撃か…」

クシャトリヤ

マリーダ「これは戦争だ、文句を言う暇は無い」

バナージ「はい…」

マリーダ「私達を助けてくれた者達への恩返しでもある」

バナージ「恩返し…?」

マリーダ「そうだ。…出撃する!」

バナージ「は、はい!」



262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 21:36:15 ID:d3e93egE

x1

キンケドゥ「俺達も行くぞ!」

x3

トビア「はい!」

BD

ユウ「…色々と変わっている…」

x2

シロー「これもガンダムなのか…」



263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 21:38:53 ID:d3e93egE

トレミー

スメラギ「じゃあ、頼んだわよ」

グラハム[了解だ。グラハム・エーカー、スサノオ!出陣!]

スメラギ「私達も早く行くわよ」

フェルト「了解」



264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 21:46:17 ID:d3e93egE

ダブルオー

刹那「邪魔をするな!」

GNフィールドを展開して、砲撃を防ぐ。

ギンガナム「つれないことを言うな!一度手合わせしたいだけだと」

ターンXの右手が光り輝く。

ギンガナム「言ってるだろうがあぁぁぁ!!」

刹那は間一髪、避ける。

刹那「こんな所で時間を食ってるわけにはいかないんだ!」

その時、ダブルオーの隣をなにかが通り過ぎた。

グラハムのスサノオだ。



265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 21:52:57 ID:d3e93egE

グラハム「少年!お前はこんな所で油を売ってる暇はないはずだ!」

グラハム「ここは私が引き受けた!先へ進め!」

スサノオがターンXに斬りかかる。

刹那「…感謝する!」

刹那は先を急いだ。今回、出撃してからなんとなく敵の位置が分かるようになった。

一種の感のようなものだ。

刹那「あそこにいるのか…シャア・アズナブル!」

そう言って刹那はダブルオーを走らせる。

この時、刹那の目は金色を帯びていた。



266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 22:03:07 ID:d3e93egE

ギンガナム「先の獲物を逃したのは惜しいが…」

ギンガナム「貴様ともやりあってみたくなったぞ!!」

グラハム「いいだろう!貴様の相手、このグラハム・エーカーが務めさせてもらう!」

ギンガナム「良い覚悟だぁぁ!!」

ターンXが突っ込んで来る。グラハムもスサノオで迎え撃つべく構えた。

グラハム「うぉぉぉ!!」

グラハムはこの時、初めてガンダム以外の機体との戦闘で心を踊らせていた。



267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 22:31:39 ID:d3e93egE

アリオス

アリオスは、ツインビームライフルを縦横無尽に飛び回りながら撃ち続ける。

アレルヤ「くっ…当たらない!」

エピオンはそのビームの雨を変形しながら避け、アリオスに急接近していく。

ミリアルド「射撃だけでは私には勝てんぞ!」

アリオスの目の前まて行くと、ミリアルドはエピオンをMAからMSに変形させ、ビームサーベルを抜きはなった。

アレルヤは瞬間的にビームサーベルを2本取り出し、受け止めた。

相手のガンダムのビームサーベルの出力は予想以上に強力だった。

アレルヤ(2本で受け止めていなければ、斬られていた…)



269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 00:11:37 ID:QzFmSZyk

このまま切り結んでいてもいずれは押し切られる。

アレルヤ「トランザム!」

アリオスの機体が赤に染まる。

ミリアルド「!?」

一瞬でエピオンのビームサーベルから抜け出した。

次の瞬間、前からビームサーベルが飛んで来た。

ミリアルド「そんなもの!」

ビームサーベルを避ける。

しかし、ミリアルドはエピオンのすぐ後ろにアリオスがいる事に気付いてなかった。



270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 00:27:57 ID:QzFmSZyk

アレルヤ「貰った!」

アリオスはあらかじめ、エピオンの真正面からビームサーベルを投げ、

サーベルがエピオンに届く前に変形し、エピオンの後ろに移動。

そして、エピオンが避けてその脇を飛んで来たサーベルをキャッチし、エピオンに斬りつける。

ミリアルド「!…ここまでか…」

直後、エピオンは爆発。

アレルヤはトランザムを解除。

アレルヤ「ガンダムタイプ…厄介な相手だった…」

アリオスは機体を方向転換させ、他のMSの援護に向かった。



272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:21:40 ID:QzFmSZyk

ユニコーン

バナージ「ファンネル!?くっ!」

アルケーから放出されたファングをバナージは避けた。

クシャトリヤ

マリーダ「違う…!それはファンネルではない!」

クシャトリヤがはファンネル放出し、ファングを牽制する。

アルケー

サーシェス「おらぁ!!」

アルケーのGNバスターソードがユニコーンを捉える。



273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:47:18 ID:QzFmSZyk

バナージ「速いっ!」

ユニコーンで切り結ぶ。

バナージ「一撃が重い…!」

マリーダ「バナージ!後ろに下がれ!」

クシャトリヤのファンネルがアルケーを狙う。

サーシェス「甘ぇんだよ!!」

アルケーはバスターソードを縦に振り切り、そのまま上昇した。



274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:59:35 ID:QzFmSZyk

その反動でユニコーンは後ろに押された。

アルケーはクシャトリヤのファンネルを次々と避けていく。

マリーダ「バナージ!私と戦え!」

バナージ「え!?何を言ってるんですか!」

マリーダ「早くしろ!」

バナージ「…分かりました!」

クシャトリヤと向き合うユニコーン。



275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:07:01 ID:QzFmSZyk

サーシェス「なんだぁ?同士討ちか?」

サーシェスは2機が戦い始めたのを見ながら呟いた。

マリーダ「今、奴は油断している。今のうちに解放しろ!」

クシャトリヤのファンネルがユニコーンに襲いかかる。

ユニコーン「そんなこと言ったって!…うわ!?」

ファンネルがユニコーンに直撃する瞬間、ビームが曲がり、ユニコーンが赤く発光し始めた。



276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 15:28:06 ID:QzFmSZyk

バナージ「NT-D…!」

ユニコーンの装甲の各部がスライドし、赤く輝くサイコフレームが露出する。

そして、ユニコーンの額の角が割れ、左右に開く。

サーシェス「どんな手品か知らねぇが!」

ユニコーンが変形したのを見たサーシェスはユニコーンに斬りかかろうとする。

バナージ「くっ…言う事を聞け!ユニコーン!」

NT-Dを発動したことにより、ユニコーンが強化人間であるマリーダに反応し、

クシャトリヤに襲いかかろうとする。

マリーダ「バナージ!マシーンに呑まれるな!」

バナージ「うぐ…く!」



277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 15:44:53 ID:QzFmSZyk

バナージ「ユニコーン!!」

バナージはNT-Dの力をねじ伏せ、アルケーに向き合い、

ビームトンファーでバスターソードを受け止める。

サーシェス「動きが…変わった…!?」

先程と違い、ユニコーンが切り結びで押している。

バナージ「うおぉぉぉ!!」

ユニコーンが押し切り、2本のビームトンファーでアルケーに接近する。

サーシェス「面白ぇ!面白ぇぞ!ガンダムゥ!」

ファングを放ち、アルケーも迎え撃つ。



マリーダ「バナージ…ユニコーンに打ち勝ったか…」



278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 15:59:20 ID:QzFmSZyk

スサノオ

ギンガナム「月光蝶であ…」

グラハム「やらせんっ!」

ターンXが月光蝶を発動する直前、スサノオがターンXに斬りかかった。

ギンガナム「ぬぅ…!小細工は通じないという事か!」

ギンガナム「気に入った!ならばサーベルのみで勝負してやろう!」

ターンXは右腕にIフィールドを利用してサーベルを形成。

スサノオと'真剣勝負'を開始する。



279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 16:42:39 ID:QzFmSZyk

グラハム「私の期待に答えてくれるか!」

グラハムは強化サーベル、シラヌイ、ウンリュウを連結、ソウテンにし、

ターンXを迎えた。

ギンガナム「行くぞ!おらぁ!!」

ターンXのビームサーベルとスサノオのソウテンが火花を散らす。

グラハム「これだ!これこそ私が求めていた極み!!」

ギンガナム「そうだ!これが戦いというものだ!!」

そこには、純粋に戦いを求めた2人の武人の'世界'があった。



280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 16:50:13 ID:QzFmSZyk

ダブルオー

刹那「見つけた!」

母艦ソレスタルビーイングを背に、赤きMS、シナンジュがそこにいた。

シャア「来たか!ガンダム!」

シナンジュはビームライフルとシールドを構え、ダブルオーを迎え撃つ。

ダブルオーは新たな装備、GNソード?决からビームを放ち、シナンジュに接近する。



281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 18:26:11 ID:QzFmSZyk

シナンジュはそれを避け、一気に距離を詰めてくる。

刹那「速い…!」

おそらくアルケー以上。

シナンジュはサーベルを振り上げ、ダブルオー目掛けて振り下ろした。

GNソード?决で受け止める。

するとシナンジュはシールドをダブルオーの脇に滑り込ませた。

刹那はその行動になんらかの恐怖を感じ取り、後方に引いた。



282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 20:29:55 ID:QzFmSZyk

刹那が引いた直後、シールドからビームが発生した。

あのままあそこにいればあのビームで…

シャア「ほぅ…さらに出来るようになったな」

刹那「くっ…」

シナンジュはさらに距離を詰めてきた。

両の腕のサーベルを使って恐ろしい程の速さで攻撃してくる。



283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 20:38:49 ID:QzFmSZyk

刹那「トランザム!」

ダブルオーが赤く染まる。

シャア「ここからだな…」

シャアはシールドを捨て、ビームサーベルを2本構えた。

あの状態になった以上、シールドがあっても意味は無い。

シャア「攻撃は最大の防御というしな…」



284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 22:13:56 ID:QzFmSZyk

ダブルオーが動く。真っ直ぐこちらに向かってきた。

シャア「考えも無しに突っ込んで来るとはな!」

シナンジュを加速させて、ダブルオーをサーベルで切り崩す。

ダブルオーは粒子化して避けた。

シャア「…相変わらず不思議なガンダムだ」



285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 22:18:42 ID:QzFmSZyk

シャア「だが動きを読めばどうということはない」

シャアは集中する。

シナンジュの後方にダブルオーがいる。

粒子化していても意識、感覚はそのままだ。

シャア「そこか!!」

シャアは機体を後方に加速させ、ダブルオーがいるであろう場所を切り裂いた。



286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 22:41:21 ID:QzFmSZyk

しかし、シナンジュが斬りつけたのは

シャア「!?」

ガガだった。

斬りつけた直後、ガガは爆発した。シナンジュは爆発に巻き込まれた。

シャア「馬鹿な!確かに気配が!…!?」

後ろから斬られている。シナンジュの装甲に傷がつく。

シャア「ちぃっ!」

サーベルを振り抜きながら振り返る。

いない。

シャア「何故だ!?」

今度は右側が斬られる。

シャア「み、見えない!感じない!奴はどんな動きを!」



287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 22:48:33 ID:QzFmSZyk

ダブルオーは凄まじい速さで粒子化、再構築を繰り返していた。

刹那「うおぉぉぉ!」

シナンジュの各部が次々に壊されていく。

シャア「貴様…!」

刹那「ハァッ!ハァッ!!」

高速で機体を粒子、構築しているためいくらダブルオーでもかなりの負担がある。

現に今、ダブルオーには片脚、左腕、頭部がない。



288: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 00:21:29 ID:RpDzCYHA

>>1
つまらん横槍入れて済まないが
粒子化じゃなくて量子化じゃないの?



289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 00:36:53 ID:YaVMxGBk

≫288様
見た目から「粒子」と書いてしまいましたw
申し訳ありませんm(_ _)m
以後、量子と書きますw



290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 00:46:17 ID:YaVMxGBk

機体を再構築し終わる前にまた量子化しているからだ。

これにより、機体の各部が徐々に欠損していく。

そしてパイロットにも、量子化、構築を促し続けるのにも過度の負担がかかる。

刹那「まだだ…!もってくれ…ダブルオー!!」

シャア「うぬ…!!」

シナンジュが崩れるのが先か、ダブルオーが朽ちるのが先か、

それで勝負が決まる。



291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 00:54:24 ID:YaVMxGBk

BD&x2

ユウ「トランザム!」

青き機体が赤に染まる。

リヴァイブ「なに!?トランザムだと!?」

BDはリヴァイブのビームを避けながら肉迫する。

ユウ「トランザムだけではない!」

BDの目が発光する。

EXAMシステム
スタンバイ

BDの動きがさらに変わる。

リヴァイブ「う、うわぁぁ!!」

次の瞬間、ガデッサのコクピットが貫かれた。



292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 01:06:15 ID:YaVMxGBk

ヒリング「リヴァイブ!!」

シロー「今だ!攻めるぞ!!」

隙ができたヒリングのガデッサに特攻。

マシンガンを撃ち、そしてショットランサーを撃ち出した。

ヒリング「くっ!」

間一髪避ける。

シロー「そこだぁ!!」

シローがヒリングの機体に激突する。



293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 01:10:23 ID:YaVMxGBk

そして、零距離からバスターランチャーを撃ち込んだ。

ヒリング「そんな!うぁぁ!!」

ヒリングの機体は光に呑まれた。

シロー「間一髪だったな…」

X2の脇腹にはビームサーベルの跡が残っていた。

後少し発射が遅れていたら危なかった。



296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 01:25:41 ID:YaVMxGBk

X1&x3

キンケドゥ「この攻撃なら!」

X1のスクリュー・ウェッブがファンネルを次々とはたき落とす。

ハマーン「図に乗るな!」

キュベレイがX1にビームサーベルで斬りかかろうとする。

トビア「させるか!」

そのビームサーベルをトビアがX3のIフィールド・ハンドで防ぐ。

ハマーン「邪魔をするな!」

キュベレイはもう片方の手もサーベルを持たせ、横になぎ払う。

X3は下に屈んで除ける。



297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 01:30:18 ID:YaVMxGBk

避けた向こう側にはX1が。

キンケドゥ「今だ!」

トビアが屈んだのとほぼ同時にスクリューウェッブを横に振るった。

ハマーン「…!!」

キュベレイは2つに分かれた。



299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 10:39:22 ID:YaVMxGBk

ユニコーン

サーシェス「まだだ!もっと暴れようぜぇ!!」

アルケーの回し蹴りがユニコーンを狙う。

バナージ「くっ…」

シールドで受け止めた。

ビームトンファーを突き出す。

アルケーは上昇して避ける。

サーシェス「危ねぇだろがぁ!!」

上昇してから一気に下降。そしてバスターソードを振り下ろす。



300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 10:47:54 ID:YaVMxGBk

ユニコーンは後方に引いて避けた。

マリーダ「バナージ!私のファンネルを使え!」.

クシャトリヤがファンネルを飛ばしてくる。

バナージ「分かりました!」

ユニコーンは右手から赤い光を放ち、クシャトリヤのファンネルを操り始めた。

バナージ「これなら!」

クシャトリヤのファンネルを纏ってアルケーに突撃する。



301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 10:53:19 ID:YaVMxGBk

サーシェス「面白ぇ機体じゃねぇか!」

アルケーもファングを放ち、バスターソードで切り結ぶ。

ファンネルがアルケーを狙う。後方に大きく下がり避ける。

サーシェス「ファング!行け!」

ファングに突撃を命じる。

しかし、ファングは動かない。

サーシェス「あぁ!?」

ユニコーンに突撃するどころかファングはアルケーに襲いかかってきた。

サーシェス「あの野郎!!」

ユニコーンの右手が赤く光っている。



302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 10:58:36 ID:YaVMxGBk

アルケーはファンネル、ファングに撃たれながらユニコーンに接近してきた。

サーシェス「てめぇ…!!なぶり殺しにしてやるぜ!!」

アルケーはファンネルによるビーム、ファングが機体を蝕んでなお、ユニコーンに斬りかかろうとした。

バナージ「これで…終わりだぁ!!」

バスターソードを弾き飛ばし、すれ違いざまににアルケーを切り捨てた。



303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 12:06:37 ID:YaVMxGBk

ケルディム&セラヴィー

シャギア「我らの世界に栄光あれ!」

リボンズにより改造されたガンダムによるサテライトキャノンが連発される。

ロックオン「…」

狙いを定める。

引き金を引く。

シャギア「甘い!」

アシュタロンと分離し、避ける。

ロックオン「甘くはねぇよ」

セラヴィーがアシュタロンを捉えた。

ティエリア「そこだ!トランザム!」

セラヴィーが赤く染まる。



304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 13:11:13 ID:fk8/JVv2

ヴァサーゴとアシュタロンのゲロビはサテライトランチャーじゃなかったっけ?



306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 14:00:46 ID:YaVMxGBk

≫304様
そういえば名前が違ってましたねw
サテライトキャノンかと…w



305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 13:57:51 ID:YaVMxGBk

ティエリア「高濃度圧縮粒子、解放!」

ティエリア「ハイパーバースト!」

オルバ「しまった!?兄さ…」

アシュタロンは光に呑まれる。

シャギア「オルバ!」

ロックオン「ガンダムの力に酔いしれて、周りが見えていなかったなようだな」

シャギア「なんだと!!」

シャギアは激昂してケルディムに襲いかかる。

ケルディムはライフルビットを展開。ヴァサーゴに囲ませた。



307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 14:10:09 ID:YaVMxGBk

ライフルビットにビームを撃たせる。

ヴァサーゴはそれを避け、腕を伸ばし、ケルディムを抉ろうとする。

ロックオン「おっと、危ねぇ」

その腕をシールドビットで防ぐ。

シャギア「くそおぉぉ!!」

ヴァサーゴはトリプルメガソニック砲を撃とうとする。

その瞬間、コクピットが撃ち抜かれる。

ロックオン「ヤケを起こしたらお終いだろうが」

シールド、ライフルビットを纏わせながら、呟いた。



308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 15:15:33 ID:YaVMxGBk

Hi-ν

アムロ「使ってみるか…トランザム!」

アムロのガンダムが赤く発光する。

リボンズ「見せてもらおうか!NTの力を!」

リボンズのガンダムも輝きだす。

2機のガンダムが激しく交錯する。

サーベルで切り払い、ビームライフルを乱れ撃つ。



309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 15:35:01 ID:YaVMxGBk

アムロ「そこっ!」

アムロはビームサーベルでリボンズの機体の右肩を突き刺す。

リボンズ「くっ…貴様!」

リボンズのビームライフルがHi-νの左腕を吹き飛ばす。

アムロ「まだだ!まだやれるはずだ!」

アムロのフィン・ファンネルがリボンズを狙う。

リボンズ「チィ!」

リボンズのフィン・ファングがHi-νの頭部を抉った。

頭部が破壊されたと同時にフィン・ファンネルがリボーンズガンダムのコクピットを撃ち抜いた。



310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 15:44:27 ID:YaVMxGBk

トレミー

フェルト「…ヴェーダの奪取、終わりました!」

スメラギ「でかしたわ!引き上げるわよ!」

ミレイナ「はいですっ!」



311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 16:24:38 ID:YaVMxGBk

母艦ソレスタルビーイング イノベイド 生産区間

リボンズ「くっ…アムロ・レイめ…!」

アムロと交戦していた個体が活動停止したので新しい体に意識を移す。

リボンズ「!?ヴェーダが僕を拒絶している!」

リボンズ「ティエリア・アーデか!!」

ヴェーダとのリンクが絶たれた。

つまりリボンズはもう生き返る事が出来ない。

リボンズ「せめてオリジナルのGNドライブだけでも…」

リボンズは最後に残ってあったMSに乗り、刹那がいるであろう宙域に向け

機体を走らせた。



312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 16:58:06 ID:YaVMxGBk

スサノオ

ギンガナム「ぬぅ…!」

グラハム「ハァッ…ハァッ…」

ギンガナム「…お互い、後一撃が限界だろう」

グラハム「悔しいが貴様の言う通りだ」

スサノオは強化サーベル1本を両手で構え、姿勢を低くする。

ターンXはビームサーベルを極限まで鋭く、鋭利な物に変えていく。

グラハム「…名を聞こう」

ギンガナム「ギム・ギンガナムだ」

グラハム「グラハム・エーカーだ…」

互いに距離を縮め、そして…

グラハム「うおおぉぉぉ!!」

ギンガナム「おらぁぁぁぁ!!」

最後の力を振り絞り、激突する。



313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 17:07:41 ID:YaVMxGBk

グラハム「…」

ギンガナム「…」

訪れる沈黙。

激闘を制したのは。

ギンガナム「見事…!」

ターンXが崩壊する。

グラハムだった。

グラハム「ギム・ギンガナム。覚えておくぞ!」



314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 17:22:29 ID:YaVMxGBk

サザビー

リボンズ「あった…!」

赤いMSの残骸、その近くにオリジナルのGNドライブがあった。

リボンズ「…?ダブルオーはどこに?」

見ると周囲には残骸がない。なのにGNドライブだけがある。

リボンズ「まぁいい。これで僕はイオリア計画の体現者に、

いや、それすらも超越した存在となる」



315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 17:35:01 ID:YaVMxGBk



刹那「う…ここは…?」

何もない。薄い緑のような、真っ白のような

そんな色をした世界が広がっていた。

刹那「俺は…」

何かがこちらに向かって来る。

Tの形をした不思議な物体だ。

刹那「これは…」



316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 19:44:35 ID:YaVMxGBk

刹那「うっ…」

刹那がそれに触れると、刹那の体が光に包まれた。

刹那(暖かい…)



317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 19:47:48 ID:YaVMxGBk

トレミー

スメラギ「刹那は!?」

フェルト「レーダーに反応ありません!」

スメラギ「そんな…」

イアン「機体が壊れたんじゃないのか?」

スメラギ「…そうね!予備のMSを刹那がいたポイントに飛ばして!」

イアン「分かった!」



318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 19:54:04 ID:YaVMxGBk

ダブルオー

残骸が漂う宙域で突如緑の光があたりに漂った。

刹那「…!」

刹那のダブルオーだ。

あちこちが擦りへっているが、コクピットの中にいる刹那は無事だった。

刹那「俺は一体どこに…」

そこで刹那は気付く。リボンズの気配、そして背中のGNドライブが片方無くなっていること。

刹那「このままでは…!」

しかし、刹那の目にはあるものが映った。

刹那「あれは…!」



319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 19:58:53 ID:YaVMxGBk

サザビー

リボンズ「GNドライブ。マッチングクリア」

サザビーの擬似太陽炉を外し、オリジナルの太陽炉を接続。

思った通り、上手くいった。

リボンズ「行ける!」

リボンズ「!?刹那・F・セイエイ!」

刹那の気配がする。ならばもう片方の太陽炉を持っている可能性がある。

リボンズ「頂くぞ!もう一つの太陽炉を!」

リボンズは刹那のいる場所に向け、動き出した。



320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 20:35:00 ID:R.1AGMDE

対話は?



325: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 22:16:07 ID:YaVMxGBk

≫320様
対話は無しですw



321: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 20:37:15 ID:YaVMxGBk

サザビー

リボンズ「どこだ!どこにいる!刹那・F・セイエイ!」

先程の太陽炉があった場所に来た。

リボンズ「ん?」

糸が切れた人形のような状態のダブルオーが漂っている。

リボンズ「そこか!?」

しかし

リボンズ「太陽炉が無い!?」

何者かの気配を感じる。



322: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 22:10:22 ID:YaVMxGBk

リボンズ「まさか…」

近づいて来る。

リボンズ「まさか!!」

上を見上げる。

緑の一筋の光が走った。

刹那だ。そして、彼が乗る機体は



323: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 22:14:04 ID:YaVMxGBk

刹那「RX-93、νガンダム…」

刹那「刹那・F・セイエイ…」

刹那「未来を切り開く!!」

刹那がνガンダムて突っ込んで来る。

リボンズ「この…!人間風情が!!」

サザビーはファンネルを放ち、刹那を襲う。



326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 22:23:06 ID:YaVMxGBk

リボンズ「やはり僕にも扱えた!」

ファンネルを縦横無尽に動かし、サザビーのビームサーベルで攻める。

刹那「今の俺なら…フィン・ファンネル!」

ファンネルは刹那に応え、サザビーのファンネルと交錯し、互いにビームを放ち始めた。

リボンズ「貴様も…?貴様なんかが…純粋種であるものか!!」

サザビーは腹部からメガ粒子を放った。

それに合わせ、刹那もνガンダムのビームライフルでサザビーを撃った



327: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 22:32:05 ID:YaVMxGBk

サザビーのメガ粒子がνガンダムの左脚を掠める。

刹那「くっ!」

νガンダムのビームがサザビーの左腕を抉る。

リボンズ「チィ!」

νガンダムはビームサーベルを構え、サザビーに接近する。

リボンズ「近寄るな!!」

サザビーはビームショットライフルを乱射した。



328: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 23:53:24 ID:YaVMxGBk

νガンダムはそれらを避け、サザビーにサーベルを突き刺す。

サザビーはビームトマホークからビームをサーベル状に放出。

ビームソードにして受け止める。

サザビーはそのままνガンダムに押される形で母艦ソレスタルビーイングの地表に叩きつけられる。

片腕がない分、サザビーの方が不利であった。



330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 22:14:10 ID:5JvvaPL6

そして2機は地表すれすれを飛行して斬り合う。

νガンダムのサーベルがサザビーの頭部を。

サザビーのビームソードがνガンダムの右肩を。

2機のMSはしだいに擦りへっていく…



331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 22:21:57 ID:5JvvaPL6

リボンズ「しつこいな…!次で決めさせてもらうよ!」

サザビーはビームトマホークをνガンダムに向けて投げつける。

そして同時にνガンダムと争っていたファンネルでνガンダムを後方から狙い撃った。

リボンズ(後ろから撃たれるとは思うまい…さよならだ!)



332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 22:26:22 ID:5JvvaPL6

しかし、刹那はファンネルに気付く。

刹那「間に合え!」

フィン・ファンネルを手元に戻し、νガンダムの後方にファンネルを飛ばす。

刹那「フィン・ファンネル!頼む!」

νガンダムの後方にファンネルから作られたバリアーが形成された。

そして、前から来たトマホークを掴み、投げ返す。

リボンズ「そんな!?」



333: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 22:30:34 ID:5JvvaPL6

トマホークがサザビーに突き刺さる。

リボンズ「僕は…イノベイターを超える…」

すかさずνガンダムのビームライフルの照準を

サザビーのコクピットに合わせる。

刹那「これで…最後だ!!」

引き金を引く。

リボンズ「君達人間なんかに!!」

リボンズは光に包まれた。



334: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 22:47:23 ID:5JvvaPL6



サザビーがいた場所の地面が抉れている。

刹那「終わった…」

リボンズは完全に消失したようだ。

刹那「戻ろう…皆の所へ…」

刹那はνガンダムをトレミーに走らせる。

金色に光る目が、ゆっくりと元の目の色に戻っていった。



335: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 23:53:03 ID:5JvvaPL6

トレミー

スメラギ「刹那!無事でよかった…」

ロックオン「心配かけやがって!」

アレルヤ「無事ならいいさ」

刹那「俺は大丈夫だ」



336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 23:56:09 ID:5JvvaPL6

刹那「すまない、アムロ」

アムロ「ん?」

刹那「νガンダムを壊してしまった…」

アムロ「心配することはない。イアンが直してくれるからな」

ロックオン「おやっさん、またなんか付けるつもりだぜ?」

アムロ「ほらな?」

刹那「…あぁ!」



337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 23:57:55 ID:5JvvaPL6

刹那「ティエリアは?」

スメラギ「ヴェーダの中心にいるわ…」

刹那「中心?」

ロックオン「まぁ、間違ってはいないな」

アレルヤ「だね」



338: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 00:02:58 ID:jIZE11fg

スメラギ「さて、イノベイドを倒した事だし、お祝いしましょ!」

刹那「あぁ」

スメラギ「母艦ソレスタルビーイングでね!」

アレルヤ「いいのかなぁ…」

スメラギ「平気!平気!散らかしても、ティエリアがなんとかしてくれるわよ!」

ロックオン「あははは…」

スメラギ「ブライト艦長に連絡して!宴を始めるってね!」

ミレイナ「了解ですっ!」



339: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 00:07:22 ID:jIZE11fg

母艦ソレスタルビーイング

皆が皆、それぞれ祝いあっている。

本来、決して交わる事の無い者達が。

様々な'世界'を超え、今ここにいる。



340: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 00:09:46 ID:jIZE11fg

バナージ「あ、あの!」

アムロ「なんだい?」

バナージ「失礼かと思いますが、名前を聞きたいんです」

アムロ「名前?」

バナージ「前会った時、聞きそびれてしまったので…」

アムロ「ああ、悪かった。俺の名前は…」



341: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 00:10:26 ID:jIZE11fg



アムロ「アムロ・レイだよ」



342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 00:12:52 ID:jIZE11fg

これにて、この話は終わりとなります!
最後の方が適当になってしまった事にお詫び申し上げます。
見てくださった方々、ありがとうございました!



345: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 02:00:28 ID:HwP2lr8o

乙だった



347: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 17:18:15 ID:QcK5wRBU

乙!
劇場版の奴も見たいな……



348: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 22:17:29 ID:jIZE11fg

≫347様
劇場版の方は…気が向いたら書きたいと思いますw



349: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 22:51:22 ID:u6t3kTJ2

おつした

またガンダムss書いてくれ!!






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
マクギリス「ついに念願のバエルを手に入れた」 
かばん「ツチノコさん?」ツチノコ「ぉわ゛ぁああ!」 
【シンフォギアSS】調「突然の」切歌「授業参観デース!」 
【鉄血】ガンダムバルバトス「――あぁ、納得したよ」ガンダム「そうかい」 
【鉄血のオルフェンズ】ユージン「これで、俺らの勝ちってことでいいんだよな?」