転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1565189121/

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/07(水) 23:45:21.57 ID:SLhcFnaz

千歌の場合


千歌「ウェッ、不味い…」

千歌「お母さんの知り合いから貰った悪魔の実って、一見美味しそうに見えたのに、味が凄い最悪だよ」


~翌日~

千歌「で、昨日悪魔の実を食べたから、能力者になっちゃって」

曜「えぇっ、悪魔の実って!!ちなみに何の能力を…?」

千歌「ミカミカの実だよ。それを食べた蜜柑(オレンジ)人間で、体から無限に蜜柑を生み出したり、体を絞ればみかんジュースも抽出できるって能力」

曜「ははは、蜜柑好きの千歌ちゃんにピッタリな能力だね…」

千歌「うん。正直、この能力は私にとって実用的だから、悪魔の実を食べてよかったなって思ってるんだ♪」

曜「そうなんだ(う~ん、でも実際戦闘にでもなったら実用性は0かな。むしろ、食べるだけには困らなくていいのかもしれないけど…)」



7: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/07(水) 23:54:19.99 ID:SLhcFnaz

曜の場合


曜「不味い…。」

曜「流石は悪魔の実。噂に聞く味でありますな」


~翌日~

曜「おはヨーソロー、千歌ちゃんみてみて!」チョロチョロチョロ

千歌「わっ、曜ちゃん、なんで手から水が!!?」

曜「私、渡辺曜はミズミズの実を食べた水人間になったのであります」

千歌「曜ちゃんも悪魔の実を食べたの!!」

曜「うん。手から水を出せるから喉が渇いた時はすぐにコップに注いで飲めるし、水洗いでも水道料金の節約になって便利だよ」

千歌「凄いね(私と比べて、曜ちゃんの方がかなり実用的だね…)」



8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/08/07(水) 23:56:01.17 ID:0y4KArzP

もう飛び込みできないねぇ




12: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 00:05:46.64 ID:OeMLVp6E

梨子の場合 


梨子「うぅ…」 

梨子「悪魔の実不味いけど、どんな能力が備わるのかな…?」 


~翌日~ 

モブA「あんた、昨日はよくも!!」 

モブB「なによ、あんたこそ!」 

梨子「はいはい。喧嘩しないで仲良く…ラブファイア!」ビビビッ 

モブA・B「!!」 

モブA「ご、ごめんなさい。大切な友達なのに、傷付けるようなことしちゃって」 

モブB「うぅん。私のほうこそ、ごめん。友愛を忘れちゃうなんて」 

梨子「ふぅ…」 

千歌「梨子ちゃん、凄いよ。今のなに!?」 

梨子「ふふっ。実は昨日食べたラブラブの実の力を使ったの」 

曜「ラブラブの実?」 

梨子「私はラブラブの実の友愛人間になったのよ。ちなみにさっき使ったのは「ラブファイア」って技で、これを浴びた者は友愛を思い出して、友達を大切に思うようになるって訳」 

千歌「なんて素晴らしい能力だね!!」 

曜(友愛か。もし、私と千歌ちゃんが喧嘩して、そのあと仲直りしたいと思ったら梨子ちゃんにお願いしようかな…)



15: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 00:17:33.10 ID:OeMLVp6E

ルビィの場合 


ルビィ「凄い味がすルビィ…。これで本当に能力者になれるのかな?」 


~翌日~ 

ラビット(ルビィ)「花丸ちゃん、善子ちゃん!」ピョンピョン 

花丸「ぎょっ、ルビィちゃん、その姿はなんズラ!?」 

ラビット(ルビィ)「うゆ?」 

善子「いや、うゆじゃなくて!?あんた、ウサギになってるわよ!!」 

ラビット(ルビィ)「あ、これ。これはね、悪魔の実の力なんだよ」 

善子「悪魔の実って、味は最悪だけど、能力が授かるアレ?」 

ラビット(ルビィ)「うん。ルビィはウサウサの実を食べて、兎(ラビット)人間になったんだ」 

花丸「未来ずらーーーー!?」 

善子(でも、戦闘とかに使えそうなのかしら?戦うってよりもウサギだから逃げ足とかは速そうだけど…)



16: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 00:25:26.09 ID:OeMLVp6E

花丸の場合 


花丸「噂に聞くけど、悪魔の実はとても食えたもんじゃないずら…」 


~翌日~ 

花丸「美味い、美味い!!」バクバクバクバク 

善子「ほんと良く食べるわね、ずら丸は」 

花丸「これもイケるずら♪」ムシャムシャ 

善子「ちょっ、なに、鉄くずまで食べてんのよ!?ってか、どうして食べれるのよ!!」 

花丸「おらは、バクバクの実の雑食人間ずら。口を大きく開けて、どんな物でも美味しく食べれるずらよ」 

善子「悪魔の実の能力者になった訳ね!」 

花丸「ちなみに食べた物は体内に保存できるし、一体化させて生み出せるずら」コロン 

善子「わぁ、食べ物と鉄くずが一体化して凄いことになってる!!?」 

花丸「バクバクの実の力でこれからもずっと無限に美味しく食べれるずら♪」 

善子(というか、いつもの大食いと大して変わらないじゃないの…)



19: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 00:40:47.40 ID:OeMLVp6E

善子の場合 


善子「ふっふっふ。ヨハネもついに悪魔の実を食する時が……」 

善子「ぶはっ、やっぱマズっ!!?」 


~翌日~ 

善子「ふふふっ♪闇水(くろうず)」ズズズッ 

花丸「ひ、引き寄せられるずら!?」ガシッ 

ルビィ「す、凄い力!?」ガシッ 

善子「捕まったわよ」 

ルビィ「の、能力が使えないよ!?」 

善子「ヨハネは、ヤミヤミの実を食べた闇の能力者よ。闇はなんでも飲み込むから、当然悪魔の実をも引き込み、使用不可能にすることができるのよ」 

花丸「ど、どうすれば…」 

善子「って、痛いっ!!?ヤバッ、相手の攻撃さえも引き寄せてしまうから、普通以上にダメージを負うことを忘れたわ!!?」 

花丸「…」 

ルビィ(メリットもあれば、デメリットもあるんだね…)



22: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 00:54:22.68 ID:OeMLVp6E

果南の場合 


果南「お客さんからの貰い物「悪魔の実」ってことだから、一応口にしたけど、やっぱり不味いね…」 


~翌日~ 

鞠莉「あ~ん、財布を海にドボンしちゃった。どうしよう…」 

ザバーーン 

鞠莉「っ!?」 

巨大なタコ足「…」ニョロ 

鞠莉「………」 

鞠莉「オーーーーーーーーーーーーノーーーーーーーーーーーーーーーーーォォォォォォォォォォォォォォ!!!?」 

???「鞠莉、私だよ」 

鞠莉「……Why、そのvoiceは果南?」 

ザバーーーン 

クラーケン(果南)「よっ!」 

鞠莉「ほ、ほんとに果南よね…?」 

クラーケン(果南)「そう言ってるじゃん」 

鞠莉「だって、その姿、まるで空想上に出てくるクラーケンみたいで…」 

クラーケン(果南)「昨日、お客さんから貰った悪魔の実を食べたんだよ。おかげで今の私は、タコタコの実モデル幻獣種クラーケンだよ」 

クラーケン(果南)「あ、そうそう。海に落としたお財布、拾っておいたよ」ポトッ 

鞠莉「あ、ありがと…。けど、果南がまさか悪魔の実を食べてクラーケンに変身するなんてね…」 

クラーケン(果南)「まぁ、私自身も最初は驚いたけどね」 

鞠莉(でも、ダイビングが得意で、尚且つ海に関係のある果南にはピッタリね…)



25: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 01:02:33.93 ID:OeMLVp6E

鞠莉の場合 


鞠莉「パパが送ってくれた悪魔の実。有難いけど、味がどうもね…」 


~翌日~ 

鞠莉「Hello!」チカチカ 

果南「なっ、鞠莉が金色に輝いてる!?」 

ダイヤ「な、なにがあったんですの、鞠莉さん!?」 

鞠莉「オー、さっそくキンキンの実の金(ゴールド)人間の力が出始めたわね」 

ダイヤ「キンキンの実?金人間??」 

果南「あ、鞠莉も悪魔の実食べたんだね」 

鞠莉「もちろん。ちなみにキンキンの力は自分の体を金色にして輝かせることができる。まるでモデルになったような気分ね」チカチカチカチカチカ 

ダイヤ「ま、眩しすぎますわ!!」 

果南(体を金色に輝かせて、意味あるのか…)



27: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 01:09:36.65 ID:OeMLVp6E

ダイヤの場合 


ダイヤ「これが悪魔の実。しかし、味は…」 

ダイヤ「最悪ですわね……」 


~翌日~ 

鞠莉「ねぇ、ダイヤ。ダイヤの悪魔の実の力、見せて」 

ダイヤ「これですわ」ガキン 

果南「ダイヤの体がダイヤモンドになった!?」 

鞠莉「Wоw、これがほんとのダイヤね。ダイヤってだけに」 

ダイヤ「わたくし、黒澤ダイヤはキラキラの実を食べて、体をダイヤモンドに変えられるようになった訳ですのよ」キラキラ 

鞠莉「beautiful♪」 

果南(ダイヤにダイヤ…ややこしいな)



28: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 01:26:42.61 ID:OeMLVp6E

おまけ 

覇気 


曜「私は武装色の覇気に長けているであります。皆は?」 

梨子「私は見聞色よ」 

ルビィ「ルビィも見聞色だよ」 

花丸「おらは武装ずら」 

善子「ヨハネもなんと武装と見聞の両方よ♪」 

鞠莉「私は見聞色よ!」 

ダイヤ「わたくしは一応、善子さんと同じ武装色と見聞色の覇気の両方を使えますわ」 

果南「私は武装かな。」 

曜「千歌ちゃんは?」 

千歌「えっ、私は?」 

千歌「私は…分からないけど、時折周りの人たちが気絶しちゃって…本当に良く分からないや」 

8人『えぇーっ!!?』 

千歌「周りの人たちを気絶させるような迷惑な力はあっても、武装色も見聞色も使えないなんてまだまだだよね」 

梨子「…」 

花丸「…」 

ルビィ「…」 

善子「ま、まさかの無自覚っ!?」 

鞠莉「crazy!チカっち、勿体ない!!」 

ダイヤ「まさか、千歌さんが覇王色の覇気の素質を秘めているとは…!」 

果南「私たちよりも千歌の方が凄いっての。まだまだなんて言葉、簡単に言うもんじゃないよ!!」 

千歌「えっ?!」 

曜(流石は千歌ちゃん…。主人公補正で覇王色を……)



29: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/08/08(木) 01:27:27.87 ID:OeMLVp6E

おしまい







他のおすすめSS